【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMTradingとAXIORYを比較!細かな取引条件までチェック

XMTradingとAXIORYを比較!細かな取引条件までチェック

XMとAXIORYを比較するとそれぞれ強み・弱みが異なり、おすすめできるトレーダーが異なります。

利用する取引口座に求める条件別にどちらがおすすめの業者なのか、そしてその理由となる口座スペックを解説していきます。

XMとAXORYはどっちがおすすめ?
  1. XMはボーナス・コスパ重視したい方におすすめ
  2. スプレッド・約定力を重視したい方にはAXIORYがおすすめ
目次

XMTradingとAXIORYはどちらがおすすめ

先に結論から申し上げるとXMTradingとAXIORYは、海外FXで重視するポイントに応じて以下の方におすすめします。

ここでは、コスパを重視して海外FX口座を選びたい方にXMTrading、約定力を重視したい方にAXIORYをおすすめな理由をみてみましょう。

XMTradingはボーナス・コスパ重視したい方におすすめ

XMTrading(エックスエム)は、以下のいずれかに当てはまる方におすすめします。

XMTradingがおすすめな人
  • ボーナスでトレード資金を追加調達したい
  • スプレッドの狭さは求めるが取引手数料は無料がいい
  • 少額資金なのでレバレッジは高い方が助かる

XMTradingは、豊富なボーナスとコスパの高いトレード環境が魅力の海外FX業者です。

豪華なボーナスキャンペーン5種類を常時開催しており、口座開設で13,000円相当入金で最大10,500ドル相当のトレード資金を調達できます。

また、口座開設ボーナス以外が受け取れないものの、取引手数料が無料で低スプレッドなKIWAMI極口座のコスパが良く人気です。

AXIORYはスプレッド・約定力を重視したい方におすすめ

AXIORY(アキシオリー)は、以下のいずれかに当てはまる方におすすめします。

AXIORYがおすすめな人
  • スプレッド重視でFX口座を選びたい
  • ロット数・高速スキャルピングに制限のない約定力が欲しい
  • 極端に高いレバレッジやボーナスに興味はない

AXIORY(アキシオリー)は、約定力やスプレッドを重視する中級者以上のトレーダーから人気の海外FX業者です。

XMTradingのように常時開催の豪華なボーナスや1,000倍のレバレッジはAXIORYにありません。

しかし、高速スキャルピングや複数口座の両建てに制限がない自由度の高いトレード環境と約定力がAXIORYの強みです。

自分のトレード技術でしっかり稼ぎたい方にAXIORYをおすすめします。

XMTradngとAXIORYの運営会社を比較

ここでは、XMTradingとAXIORYの運営会社を比較します。

運営会社の所在地やFX業者としての規模、そして認可を受けている金融ライセンスから両社の信頼性と安全性を詳しくみてみましょう。

XMTradingの運営会社

XMTrading(エックスエム)は、世界的に有名なXMグループがアジア向けに展開する海外FX業者です。

現在は、以下の運営会社と金融ライセンスのもとで共同運営の体制がとられています。

運営会社所在地金融ライセンス
Tradexfin LimitedUnit E, F28, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychellesセーシェル金融庁
(ライセンス番号:SD010
Fintrade Limited7TH FLOOR, TOWER 1, NEXTERACOM, CYBERCITY, EBENE 72201モーリシャス金融サービス委員会(ライセンス番号:GB20025835
XMTradingの運営会社とライセンス

セーシェル金融庁とモーリシャス金融サービス委員会は、どちらも日本居住者の口座開設が受付できる金融ライセンスです。

セーシェル金融庁のライセンスでは、分別管理(※)が義務となっており、モーリシャス金融サービス委員会は、経営状況の悪化や取引環境に不備があるとライセンスが取り消されます。

いずれのライセンスも、一定の安全基準が設けられているため、信頼性は十分です。

分別管理とは、顧客と運営の資金を分けて保管する仕組みのことです。万が一、FX業者が倒産しても分別管理された資金の安全が確保されます。

また、XMグループでは日本居住者が利用できないものの、各グループ会社で以下のライセンスの認可も受けています。

グループ会社の名称金融ライセンスとライセンス番号
Trading Point of Financial Instruments Ltdキプロス証券投資委員会
(ライセンス番号:120/10
スペイン国家証券市場委員会
(ライセンス番号:2010157773
イタリア企業および取引委員会
(ライセンス番号:3046
ベリーズ国際金融サービス委員会
(ライセンス番号:000261/309
Trading Point of Financial Instruments UK Limited英国金融行動監視機構
(ライセンス番号:705428
TRADING POINT OF FINANCIAL INSTRUMENTS PTY LTDオーストラリア証券投資委員会
(ライセンス番号:443670
Trading Point of Financial Instruments Ltd.ドイツ連邦金融監督局
(ライセンス番号:10124161
XMグループと金融ライセンス

XMグループの各社では、キプロス証券取引委員会(Cysec)や英国金融行動監視機構(FCA)など、最難関クラスの金融ライセンスを取得しています。

XMTradingの評判・口コミに関する詳しい内容は、下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

XMTradingは、母体の大きさと複数の金融ライセンスを取得していることがAXIORYにはない特徴です。

AXIORYの運営会社

AXIORY(アキシオリー)は、以下はAxiory Global Limitedが運営する海外FX業者です。

Axiory Global Limitedは、L.F. International Investment Limitedの子会社として2012年に設立されています。

AXIORYの運営と親会社の所在地と金融ライセンスは以下の通りです。

運営会社所在地金融ライセンス
Axiory Global LimitedNo. 1 Corner of William Fonseca Street, Marine Parade, Belize City, Belize, C.A.ベリーズ金融サービス委員会
(ライセンス番号:000122/405
L.F. International Investment Limited11 Louki Akrita, 4044, Germasoyia, Limassolキプロス証券投資委員会
(ライセンス番号:271/15
AXIORYの運営会社とライセンス

AXIORYが直接の管轄となる金融ライセンスは「ベリーズ金融サービス委員会」は、取引記録を毎月提出するなど、ライセンスの維持に一定の基準が設けられています。

また、Axiory Global Limitedの親会社であるL.F. International Investment Limitedは、難関ライセンスCysec(キプロス証券投資委員会)を取得しています。

AXIORYの評判・口コミに関する詳しい内容は、下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

XMTradingと比べて取得ライセンスは少ないものの、安全性・信頼性は十分でしょう。

XMTradingとAXIORYの取引条件を比較

ここでは、XMTradingとAXIORYの取引条件を以下のポイントで比較します。

コスパ重視のXMTradingとトレード環境重視のAXIORYでは、具体的な取引条件の違いを詳しくみてみましょう。

また、XMTradingとAXIORYの取引条件を簡単に確認したい方は、以下の一覧表をどうぞ。

項目XMTradingAXIORY
取引プラットフォームMetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
cTrader
発注方式NDD OTC方式NDD STP方式
NDD ECN方式
証拠金通貨JPY(日本円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
最大レバレッジ1,000倍400倍
初回最低入金額5ドル相当額200ドル相当
1ロットの通貨単位10万通貨10万通貨
最小ロット0.01ロット0.01ロット
最大ロット数50ロット1,000ロット
取り扱い銘柄数127種類130種類
マージンコール証拠金維持率50%証拠金維持率50%
ロスカット証拠金維持率20%証拠金維持率20%
XMTradingとAXIORYの取引条件一覧

XMTradingとAXIORY:レバレッジを比較

ここでは、XMTradingとAXIORYで最大レバレッジと必要証拠金の目安を比較してみましょう。

まず、XMTradingとAXIORYの最大レバレッジは以下の通りです。

業者名最大レバレッジ
XMTrading1,000倍
(ゼロ口座:500倍)
AXIORY400倍
(アルファ口座:1倍)
XMTradingとAXIORYの最大レバレッジ

最大レバレッジでは、1,000倍レバレッジを提供するXMTradingの方がAXIORYより有利な結果となりました。

具体的に最大1,000倍レバレッジと最大400倍レバレッジで必要証拠金の差を確認してみましょう。

それぞれの通貨ペアを1ロット(100,000通貨)保有する際に必要な証拠金は、次の通りです。

スクロールできます
通貨ペアXMTrading
最大1,000倍
AXIORY
最大400倍
必要証拠金の差
ドル円
USD/JPY
14,811円37,027円22,216円
ユーロドル
EUR/USD
16,084円40,210円24126円
ポンドドル
GBP/USD
18,803円47,016円28,213円
オージードル
AUD/USD
9,739円24,352円14,613円
ドルカナ
USD/CAD
14,813円37,032円22,219円
主要通貨ペアの1ロット当たりの必要証拠金

XMTradingの最大1,000倍レバレッジと、AXIORYの最大400倍レバレッジでは必要証拠金が2倍近く差があります。

少額資金でトレードを始めたい方は、AXIORYよりXMTradingの方が使いやすいでしょう。

XMTradingとAXIORY:スプレッドを比較

ここでは、XMTradingとAXIORYのスプレッドを比較してみましょう。

それぞれ以下の口座タイプ別に平均スプレッドを比較していきます。

それぞれ取引手数料が無料の口座タイプや、有料の取引手数料で低スプレッドとなる口座タイプでスプレッド差を確認しましょう。

スタンダード口座でスプレッド比較

まずは、XMTradingとAXIORYのスタンダード口座で同期間の平均スプレッドを比較していきます。

通貨ペアXMTrading
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
USDJPY
米ドル/日本円
1.8pips1.5pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
1.6pips1.1pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
1.9pips1.7pips
AUDUSD
豪ドル/米ドル
1.6pips1.7pips
USD/CAD
米ドル/カナダドル
2.0pips2.1pips
スタンダード口座のスプレッド比較

取引手数料が無料のスタンダード口座では、スプレッド自体に大きな差はありません。

しかし、XMTradingのスタンダード口座が最大1,000倍レバレッジで、各種ボーナスが使えることを踏まえると総合的な取引条件としては有利です。

KIWAMI極口座とスタンダード口座でスプレッド比較

次にXMTradingのKIWAMI極口座とAXIORYのスタンダード口座でスプレッド比較を行いましょう。

通貨ペアXMTrading
KIWAMI極口座
AXIORY
スタンダード口座
USDJPY
米ドル/日本円
0.7pips1.5pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
0.7pips1.1pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
0.6pips1.7pips
AUDUSD
豪ドル/米ドル
0.9pips1.7pips
USD/CAD
米ドル/カナダドル
1.2pips2.1pips
KIWAMI極口座とスタンダード口座でスプレッド比較

XMTradingのKIWAMI極口座は、ボーナス対象外となるものの、取引手数料が無料でスタンダード口座より狭いスプレッドが提供される口座タイプです。

AXIORYでは、低スプレッド&取引手数料が無料の口座タイプがありません。

XMTradingのKIWAMI極口座とAXIORYのスタンダード口座では、0.4~0.9pipsほどKIWAMI極口座のスプレッドが狭い結果となりました。

ゼロ口座とナノスプレッド口座でスプレッド比較

続いて、最も低スプレッドな口座タイプであるXMTradingのゼロ口座とAXIORYのナノスプレッド口座でスプレッドを比較しましょう。

通貨ペアXMTrading
ゼロ口座
(平均スプレッド
+往復取引手数料)
AXIORY
ナノスプレッド口座
(平均スプレッド
+往復取引手数料)
USDJPY
米ドル/日本円
1.1pips
(0.1pips+10ドル)
1.1pips
(0.5pips+6ドル)
EURUSD
ユーロ/米ドル
1.1pips
(0.1pips+10ドル)
0.9pips
(0.3pips+6ドル)
GBPUSD
ポンド/米ドル
1.2pips
(0.2pips+10ドル)
1.3pips
(0.7pips+6ドル)
AUDUSD
豪ドル/米ドル
1.4pips
(0.4pips+10ドル)
1.1pips
(0.5pips+6ドル)
USDCAD
米ドル/カナダドル
1.5pips
(0.5pips+10ドル)
1.5pips
(0.9pips+6ドル)
ゼロ口座とナノスプレッド口座のスプレッド比較

平均スプレッドで比較すると、XMTradingのゼロ口座よりAXIORYのナノスプレッド口座の方が狭い結果となりました。

どちらの口座タイプでも、それぞれ以下の取引手数料が発生するため、平均スプレッドに実質のスプレッドとして加算して比較しています。

  • XMTradingのゼロ口座:1ロット当たり往復10ドル相当(1.0pips相当)
  • AXIORYのナノスプレッド口座:1ロット当たり往復6ドル相当(0.6pips相当)

取引手数料を踏まえた実質スプレッドでも、AXIORYのナノスプレッド口座の方が0.2pips~0.3pipsほど狭いスプレッドで取引が可能です。

スプレッドを重視するなら、XMTradingよりAXIORYのナノスプレッド口座(テラ口座)がおすすめです。

XMTradingとAXIORY:ボーナスを比較

ここでは、XMTradingとAXIORYでボーナスを比較してみましょう。

まず、前提として両社のボーナス提供には以下の違いがあります。

XMTradingは、以下のボーナスキャンペーンを常時開催しており、新規で海外FXデビューを考えている方に人気です。

常時開催のボーナス以外にも、お正月はお年玉ボーナス、春には新春ボーナスと題して期間限定の入金ボーナスがXMTradingでは実施されます。

一方で、AXIORYのボーナスは、期間限定で入金+取引で5万円前後のキャッシュバックが受け取れる内容が多いです。

口座開設や入金だけで、追加のトレード資金を調達したい方にはXMTradingのボーナスがおすすめです。逆にトレード資金は十分なので、少額でも現金のキャッシュバックが良い方にはAXIORYのボーナスをおすすめします。

XMTradingとAXIORY:取り扱い銘柄を比較

ここでは、XMTradingとAXIORYで取り扱い銘柄を比較します。

両社の取り扱い銘柄の比較表は以下の通りです。

取り扱い銘柄XMTrading
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
通貨ペア5561
貴金属44
株価指数2410
コモディティ
(商品先物)
8
エネルギー55
仮想通貨31
株式55
合計127130
取り扱い銘柄の比較

スタンダード口座に関しては、XMTradingとAXIORYで取り扱い銘柄の総数に大きな差はありませんでした。

取り扱い銘柄の種類に関しては、XMTradingのみ商品先物(コモディティ)と仮想通貨CFDの取り扱いがあり、AXIORYのみ株式CFDが取引できることが違いです。

また、AXIORYでは株式の現物取引の専用口座「アルファ口座」も提供されています。

アルファ口座では、米国と欧州を中心とした120種類の株式とETFが取引可能です。

為替との関連性も高い株式の取引も行いたい場合はAXIORY、近年のトレンド銘柄である仮想通貨CFDや、日常生活とも関連深い商品先物を取引するにはXMTradingを利用しましょう。

XMTradingとAXIORY:約定力を比較

ここでは、XMTradingとAXIORYの約定力を比較しましょう。

約定力とは、発注してからポジションが約定するまでの約定スピードや、注文価格・約定価格の差であるスリッページの耐性、大口取引への対応可否といった取引能力のことです。

結論から申し上げると、約定力ではXMTradingよりAXIORYの方が優れています。

なぜなら、AXIORYの発注方式は、電子取引システムを介して金融機関と取引が成立する「NDD ECN方式」を主に採用しているからです。

AXIORYでは、すべての取引注文をリクイディティ・プロバイダーを介して、最良のレートで自動的に注文を執行します。そのため、ディーリングデスクが介入することによる利益の相反がなく、透明性の高い、公正な取引環境を提供することができます。

引用元:AXIORY公式サイト>取引条件>「注文執行ポリシー」より一部抜粋

AXIORYでは、MT4やMT5から注文を受けると、市場の流動性を担うリクイディティ・プロバイダーと即時にポジションが約定します。

取引相手のリクイディティ・プロバイダーには、大手銀行が複数含まれており、大口取引も快適で同時に1,000ロットまで発注が可能です。

注文約定実績 (約定スピード、スリッページ率)と時間毎のスプレッドは、投資判断の参考になる情報の提供が目的となり、実際のトレーディングサーバーから毎月の取引実績のデータを数値化して提供しています。

引用元:AXIORY公式サイト>取引条件>「約定率」より一部抜粋

AXIORYの約定率は99.99%で非常に高く、公式サイト内で約定スピードやスリッページに関する取引統計まで公開しています。

一方で、XMTradingの発注方式は、自社で顧客の注文を決済する相対取引(NDD OTC方式)です。金融機関が直接の取引相手とならないため、最大50ロットが上限で大口取引には不向きになります。

XMTradingの約定力に関する詳しい内容は、下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

XMTradingとAXIORY入出金対応を比較

ここでは、XMTradingとAXIORYの入出金について比較してみましょう。

両社ともに以下のポイントに沿って詳しくみていきます。

海外FXの入出金は、対応の早さも問われます。

SNSの口コミも含めて実際の着金スピードを比較することも重要です。

XMTradingは国内銀行送金が主流

XMTradingでは、国内銀行送金による入出金をメインに以下の決済手段に対応しています。

スクロールできます
入出金方法入金反映目安出金反映目安利益分の出金
国内銀行送金1時間以内2~5営業日可能
クレジットカード
デビットカード
即時カード会社による不可
コンビニ決済即時2~5営業日
(国内銀行送金扱い)
可能
(国内銀行送金扱い)
Bitwallet
(ビットウォレット)
即時即時不可
STICPAY
(スティックペイ)
即時即時不可
BXONE
(ビーエックスワン)
即時即時不可
XMTradingの入出金方法

XMTradingでは、取引による利益は「国内銀行送金」で出金するルールがあります。

したがって、入金と出金のどちらも国内銀行送金を使うのが主流です。

XMTradingの国内銀行送金は、入出金ともに着金の早さがSNS上でも高評価です。

XMTradingは、海外FX業者ながら決済代行業者と提携して、入出金が早い国内銀行送金を提供しています。

AXIORYも国内銀行送金の評価が良い

AXIORYでは、XMTradingと同じく国内銀行送金をメインに以下の入出金方法に対応しています。

スクロールできます
入出金方法入金反映目安出金反映目安利益分の出金
国内銀行送金
(Curfex)
1営業日24時間以内可能
海外銀行送金3~20営業日3~10営業日不可
クレジットカード
デビットカード
即時3~20営業日不可
STICPAY
(スティックペイ)
即時即時不可
PayRedeem即時即時
不可
AXIORYの入出金方法

出金ルールに関しても、XMTradingと同様に取引の利益は国内銀行送金で出金するルールがAXIORYでも採用されています。

XMTradingが対応しているBitwalletに関しては、AXIORYでは契約終了となり、現在は提供されていません。

一時的にAXIORYとBitwalletの契約終了を受け、出金が遅延するといったトラブルが過去にありました。

しかし、現在は送金業者として日本の金融庁から認可を受けている「Curfex」との提携により、便利な国内銀行送金に対応しています。

AXIORYの出金拒否に関する詳しい内容は、下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

XMTradingとAXIORYの日本語サポートを比較

ここでは、XMTradingとAXIORYの日本語サポート体制を比較してみましょう。

海外FXを快適に利用するなら、各種サービスやサポート窓口の日本語対応は必須です。

XMTradingとAXIORYは、どこまで日本語対応しているか確認しましょう。

XMTradingの日本語サポート

XMTrading(エックスエム)では、以下の日本語サポート体制を提供しています。

項目日本語対応
公式サイト
各種サービス
アプリ
MT4・MT5
ライブチャット
公式メール
XMTradingの日本語サポート
XMTrading:サポート営業時間
  • ライブチャット:月曜日から金曜日の24時間
  • メール:24時間受付で順次対応

XMTradingでは、口座開設から入出金まで全サービスが日本語に対応しています。

ライブチャットとメールのサポートセンターは、日本人スタッフが在籍しているため海外FX初心者でも安心です。

SNS上でも、XMTradingは評判が非常に良いです。

メールのサポート窓口は、24時間受付で土日に送った場合でも、週明けから順次対応されます。

AXIORYの日本語サポート

AXIORY(アキシオリー)では、以下の日本語サポート体制を提供しています。

項目日本語対応
公式サイト
各種サービス
MT4・MT5
ライブチャット
公式メール
AXIORYの日本語サポート
AXIORY:サポート営業時間
  • ライブチャット:月曜日から金曜日の10:30~23:30
  • メール:9:00~24:00
  • 電話(コールバック):10:00~23:00

AXIORYでは、XMTradingと同様に口座開設から入出金まで全サービスが日本語に対応しています。

もちろん、各サポート窓口では日本人スタッフが在籍しているため、海外FX初心者の方も安心です。

ただし、どのサポートに関しても営業時間が限られており、XMTradingのように24時間体制ではありません。

AXIORYのサポートは、対応の良さが高く評価されています。

こちらの口コミでは、通常は補填されないことが多い、マイナススリッページの補填まで行って貰ったといった内容でした。

まずはXMTradingを無料で試してみる

XMTradingとAXIORYのどちらも好条件で取引できる海外FX業者であることは間違いありません。

どちらを使うべきか迷った場合は、まずXMTradingから試すことをおすすめします。

なぜなら、XMTradingは新規口座開設ボーナスを使って、入金不要でリアル口座を試せるからです。

XMTradingの口座開設に関する詳しい方法は、下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

まずは、XMTradingをボーナスで試し、約定力やスプレッドが自分に合わなければAXIORYへ移行しましょう。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingとTitanFXに関するよくある質問

XMTradingの口座タイプは何がありますか?

XMTradingの口座タイプにはスタンダード口座、マイクロ口座、KIWAMI極口座、ゼロ口座の4種類があります。

AXIORYの口座タイプは何がありますか?

AXIORYの口座タイプにはスタンダード口座、ナノスプレッド口座、テラ口座、アルファ口座の4種類があります。

AXIORYで出金拒否はありますか

はい、利用規約に違反したユーザーやボーナスを悪用する行為があった場合に、罰則として不正取得した利益の出金拒否が行われます。

AXIORYでボーナスはありますか?

はい、AXIORYでは期間限定でボーナスキャンペーンが実施される場合があります。AXIORYで行われた直近の期間限定ボーナスは以下の通りです。

AXIORYの過去ボーナス一覧
スクロールできます
キャンペーン名実施時期ボーナス内容対象の口座タイプ
あら、はじめまして!こんにちは!どうもどうもキャンペーン2023年3月20日~2023年4月14日初回入金の100%相当(最大50,000円相当)スタンダード口座
ナノスプレッド口座
テラ口座
お年玉ボーナスキャンペーン20232023年1月2日~2023年2月28日初回入金の100%相当(最大100,000円相当)スタンダード口座
ナノスプレッド口座
テラ口座
ハロウィンボーナスキャンペーン20222023年10月3日~2023年10月31日30,000円以上の入金で最大45,000円相当スタンダード口座
ナノスプレッド口座
テラ口座
お中元ボーナスキャンペーン20222022年7月1日~2022年8月26日入金額の100%相当(最大50,000円相当)スタンダード口座
ナノスプレッド口座
テラ口座
「2しか勝たん.」入金キャンペーン2022年2月22日22時22分抽選で222名様へ22,222円相当のクレジットスタンダード口座
ナノスプレッド口座
テラ口座
AXIORYの過去ボーナス一覧
XMTradingとAXIORYは日本から利用してもよいのですか?

はい、XMTradingとAXIORYは日本から利用して問題ありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次