12/4〜12/8:週間ドル円予想レポートまとめ

XMのFX1万円チャレンジから100万円を攻略!手法やロット目安を解説

XMの1万円チャレンジとは、1万円の資金からFXを始めていくらまでお金を増やせるか挑戦することです。

SNSを中心に多くの挑戦者が見受けられ、中には10倍〜100倍に増やして利益を出金し、また1万円チャレンジをして稼いで出金というサイクルを繰り返すトレーダーも。

この記事では1万円からのFXトレードで徐々に資金を増やしながらの立ち回りや資金管理、目安ロット数を段階を追って解説します。

XMのリアル口座の開設がまだ済んでいない方は「XMの口座開設方法と操作手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。

実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

この記事のまとめ!
  • 海外FXの1万円チャレンジはXMが王道
  • 口座開設ボーナスを使えば入金せずに1万円チャレンジが始められる
  • 100%入金ボーナスを使えば5,000円の入金で1万円チャレンジに挑戦できる
  • スタンダード口座のスプレッドが気になる方はKIWAMI極口座がおすすめ
  • ハイレバで1万円チャレンジしたいならレバレッジ無制限のExnessも使ってみよう!
XMのバナー

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

※XMの口座開設方法はこちら

関連記事:海外FXで1万円チャレンジに適した口座ランキング

XMの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にXMを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:XMの評判・口コミまとめ

目次

XMの1万円チャレンジとは?

XMの1万円チャレンジとは、「口座残高1万円」からどこまでFXで資金を増やすことができるかチャレンジする企画です。

Twitterでは、下記のように1万円を増やしていく様子を公開しているFXトレーダーも多くいます。

出典:Twitter「@zowKkFjf65Sb5VB」
出典:Twitter「@zowKkFjf65Sb5VB
出典:Twitter「@sukimacom123

2人とも1万円から5万円ほどまで資金を増やしている様子です。

XMの1万円チャレンジは仮に失敗しても1回あたり1万円の損失しか出ませんので、1人目の方のように最初に2回失敗しても3回目で5万円まで増やせればトータル3万円の利益が稼げることになります。

-1万円-1万円+5万円=3万円

もちろんそのままFXトレードを続けてさらなる利益を目指しても良いですし、一度利益を出金してしまえばその後3回連続で失敗してもプラマイゼロです。

1万円チャレンジは入金額以上の損失は業者側が負担するXMのゼロカットあってこそできるFXチャレンジと言えます。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

※XMの口座開設方法はこちら

ゼロカットの他にも、XMが1万円チャレンジをするためのFX会社として選ばれるのは理由があります。

XMが1万円チャレンジの口座に選ばれる4つの理由

「1万円チャレンジ」で多くのFXトレーダーがXMを選ぶ理由は次の4つです。

XMが選ばれる4つの理由
  • 口座開設ボーナスと入金ボーナスがある
  • 最大レバレッジ1,000倍
  • ゼロカットシステムを採用している
  • ロスカット水準が20%である

それぞれ詳しく解説していきます。

口座開設ボーナスと入金ボーナスがある

XMには口座開設ボーナスと入金ボーナスがありますが、国内FX業者ではどちらのボーナスキャンペーンも提供していません。

項目XMTradingみんなのFX
(国内FX業者)
口座開設ボーナスあり
(13,000円)
なし
100%入金ボーナスあり
(最大500ドルまで)
なし
20%入金ボーナスあり
(最大10,000ドルまで)
なし
XMと国内FX業者の比較表

XMでは、口座を開設することで13,000円分のボーナスクレジットを受け取ることができるので、ボーナスのみで取引をすることができます。

また、1度失敗してしまっても、100%入金ボーナスを利用すれば「5,000円」の入金で、20%入金ボーナスでは「8,500円」の入金で1万円チャレンジに挑戦することができます。

しかし、国内FX業者ではどちらのボーナスの提供も行っていないので、毎回「1万円」の入金が必要です。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

※XMの口座開設方法はこちら

最大レバレッジ1,000倍である

下記はXMと国内FX業者の最大レバレッジを比較したものになります。

項目XMTradingみんなのFX(国内FX業者)
最大レバレッジ1,000倍25倍
1ロット10万通貨1万通貨
1万円で保有できる最大ロット0.68ロット
(約68,000通貨)
0.17ロット
(約1,700通貨)
XMと国内FX業者の最大レバレッジ比較表

※最大ロットはドル円(USDJPY)=145円で計算

国内FX業者は、日本の法律で投資家を保護する目的で最大レバレッジが25倍までに規制されています。

一方でXMは、世界中のライセンスを取得していますが日本の金融ライセンスは保有していないのでレバレッジ規制を受けることなく1,000倍のレバレッジを提供することができます。

1万円で保有できる通貨数を比べると、XMが68,000通貨に対して国内FXでは1,700通貨が限界です。

つまり少額の資金でFXを行う「1万円チャレンジ」では、最大レバレッジの高いXMの方が有利になります。

ゼロカットシステムを採用している

XMを含むほとんどの海外FX業者では、「ゼロカットシステム」を採用しています。

スクロールできます
項目XMみんなのFX(国内FX業者)
ゼロカットありなし
XMと国内FX業者のゼロカットシステム比較表

ゼロカットシステムとは、相場の急変で口座残高以上の損失が発生しても、不足分は運営側が補填してくれるシステムです。

反対に国内FX業者は法律上ゼロカットシステムを採用できないので、万が一の際には不足分をトレーダーが支払わなければなりません。

このように、追加で支払わなければならないお金のことを追証と呼び、XMには追証がありません

特に「1万円チャレンジ」では、レバレッジを大きく効かせてFXトレードを行うので、相場が急変した際には口座残高以上の損失が発生する可能性が高くなります。

そのため、国内FX業者でチャレンジを行ってしまうと1万円以上の資金を失ってしまうことになるので、ゼロカットシステムは必須となります。

ロスカット水準が20%である

項目XMみんなのFX(国内FX業者)
強制ロスカット水準20%100%
強制ロスカットまで
許容できるpips
(0.1ロット保有時)
97.3pips49.4pips
XMと国内FX業者のロスカット水準比較表

※ドル円(USDJPY)=131円で計算

上記はXMとのみんなのFX(国内FX業者)のロスカット水準と強制ロスカットまでの許容できるpipsを比較した表です。

XMのロスカット水準は20%に設定されていますが、みんなのFXでは100%に設定されています。

ロスカット水準が低いことで、急激な相場変動でも強制ロスカットになることなくFXトレードを続けることができます。

また、ロスカット水準が低いことで強制ロスカットになるまで耐えることのできる損失幅が倍近く違っています。

つまり、XMの方が相場が急騰・急落してもロスカットになる可能性が低く、損切り幅も広く設定することができます。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

※XMの口座開設方法はこちら

XMの1万円チャレンジから100万円に到達するロードマップ

XMの1万円チャレンジから100万円まで到達するロードマップを「1万円から10万円」・「10万円から100万円」の2つのステージに分けて紹介します。

最初は「XMの1万円から10万円の目指し方」を紹介します。

口座残高ロット数1万円稼ぐのに必要なpips数
1万円0.1ロット100pips
2万円0.2ロット50pips
3万円0.3ロット34pips
4万円0.4ロット25pips
5万円0.5ロット20pips
6万円0.6ロット17pips
7万円0.7ロット15pips
8万円0.8ロット13pips
9万円0.9ロット12pips
1万円から10万円への口座残高とロット数の一覧

1万円から10万円へは口座残高が1万円増えるごとに「0.1ロット」ずつ増やしていきます。

最初は1回のトレードで1万円を稼ぐことは難しいですが、口座残高が4万円を超えたあたりから徐々に1回のトレードで1万円の利益を狙う難易度が下がってきます。

詳しいトレード条件は「XMの1万円から10万円の目指し方」の章を参考にしてください。

続いて、「XMの10万円から100万円の目指し方」を紹介します。

口座残高ロット数10pipsの変動額必要なpips数
10万円1ロット1万円100pips
20万円2ロット2万円100pips
40万円4ロット4万円150pips
10万円から100万円への口座残高とロット数の一覧

1万円から10万円への道のり同様に口座残高が増えていくごとにロット数を増やしていきます。

ただし、40万円からは4ロットに固定して100万円を目指します。

4ロットでトレードを行うと、10pipsの変動で4万円の損益が発生します。大きなロットで取引をしていると大金が動くので、チキン利食いなど本来のトレードができなくなってしまうことがあるので、注意しましょう。

詳しいトレード条件は「XMの10万円から100万円の目指し方」で解説します。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

※XMの口座開設方法はこちら

XM1万円チャレンジの基本ルール

1万円チャレンジでおすすめのトレードスタイルはデイトレードになります。

デイトレードはスキャルピングよりも、1回のトレードで多くの値幅を狙うことができ、スイングトレードのようにオーバーナイト(日を跨ぐポジションの持ち越し)のリスクがないのでオススメです。

各トレードスタイルの概要は次の通りです。

スクロールできます
トレード手法スキャルピングデイトレードスイングトレード
ポジションの保有時間数秒~数分数十分〜数時間数日~数週間
利幅~10pips程度10pips~100pips程度100pips~
1日の取引回数数十回1~2回数日に1回
FXトレード手法の概要

また、XMで1万円チャレンジを成功させるためには、5つの基本ルールを守る必要があります。

どれか1つでも、破ってしまうと成功する確率が下がってしまうので必ず確認しておきましょう。

  1. 取引する通貨ペアはドル円のみ
  2. 口座残高ごとにロットを引き上げる
  3. ナンピンはせず逆行したら損切りする
  4. 日をまたいでポジションを持たない
  5. 失敗したらまた1万円チャレンジすればOK

それぞれ順番に解説していきます。

取引する通貨ペアはドル円のみ

1万円チャレンジでは、ドル円(USDJPY)のみでトレードすることが基本ルールとなります。

XMでは数多くのFX銘柄を取引することができますが、ドル円(USDJPY)が1番値動きが安定しており、スプレッドも狭くなっています。

通貨ペアスタンダード口座
ドル円
(USDJPY)
1.5pips
ユーロ円
(EURJPY)
2.3pips
ポンド円
(GBPJPY)
3.6pips
スタンダード口座のメジャー通貨のスプレッド一覧

1万円チャレンジでは、損切り幅をある程度狭く設定してトレードを行うので、スプレッドが狭い方が損切りまでの値幅を広くすることができます。

また、ドル円(USDJPY)は世界的にも取引量が多いので、マイナー通貨のように急な相場変動も少なく1万円チャレンジにはオススメのFX通貨ペアになります。

XMのドル円取引に特化したノウハウは別記事でも詳しく扱っています。

口座残高ごとにロットを引き上げる

口座残高が増えるごとにロット数を引き上げることで、1万円の利益を得るために必要なpips数を少なくすることができます。

口座残高ロット数1万円稼ぐのに必要なpips数
1万円0.1ロット100pips
2万円0.2ロット50pips
3万円0.3ロット34pips
口座残高とロット数一覧

0.1ロットの時は1万円稼ぐのに100pipsも必要ですが、0.2ロットになると半分の50pipsで済みます。

つまり、ロット数を増やすことで少ない値幅でも多くの利益を稼ぐことができるようになります。

1回のトレードで大きく稼ぐのではなく、コツコツ利益を積み上げていくことが成功への近道です。

ナンピンはせず逆行したら損切りする

相場は一方向へ動き出すと数日から数か月継続する傾向があるので、ポジションが逆行したら必ず損切りを行いましょう。

損切りをしなければ負けることはないので海外FXの必勝法である、というような考えもあるようですが、1万円チャレンジの場合は少額である程度レバレッジをかけてポジションを取るので損切りをしないとすぐにロスカットになります。

また、損切りを行わないままでいると、チャンスが来た時に証拠金が足りなくてトレード機会を失う可能性があります。

トレードチャンスは1度きりではないので、しっかりと損切りを行い次のチャンスを待ちましょう。

小さく負けて、大きく勝つことがFXトレードの基本になります。

日をまたいでポジションを持たない

日をまたぐと相場急変動のリスクや私生活に支障をきたすリスクがあるため、ポジションはその日のうちに決済しておきましょう。

日本時間の早朝は大きな市場が閉まっている時間なので、大きなニュースなどが発表されると急激な値動きになり、損切りになる可能性が高くなります。

また、値動きが気になって深夜まで監視し続けるなど私生活にも影響が出てくるので、日をまたいでポジションを保有することはおすすめできません。

さらに、XMのスワップポイントは日本時間の6:05(冬時間7:05)に発生するので注意しておく必要があります。

ドル円(USDJPY)を0.1ロット保有時を例に解説します。

口座タイプ買いポジション売りポジション
スタンダード口座130円-207円
ドル円(USDJPY)0.1ロット保有時のスワップポイント

買いポジションを保有していると130円の利益を得ることができますが、売りポジションを保有していると207円の損失が発生します。

つまり、日をまたいでポジションを保有しているとトレードの結果とは別にスワップポイント分の損益が発生するので、必ずポジションはその日のうちにクローズしておきましょう。

失敗したらまた1万円チャレンジすればOK

低資金でもXMの入金ボーナスを利用すれば、何度でも挑戦することができます。

項目上限金額
100%入金ボーナス500ドル
20%入金ボーナス10,000ドル
XMと国内FX業者の比較表

100%入金ボーナスであれば、「5,000円」の入金で、20%入金ボーナスであれば「8,500円」の入金で1万円チャレンジに挑むことができます。

また、XMにはXMP(XMポイント)という取引量に応じてポイントを獲得できるロイヤルティプログラム」があり、最大で1ロットのトレードで約870円のボーナスを受け取ることができます。

最終的には、貯まったXMPだけで1万円チャレンジに挑戦することもできるので、諦めずに何度もチャレンジしてみましょう。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

※XMの口座開設方法はこちら

XM1万円チャレンジで使うトレード手法はこれだけ

XMの1万円チャレンジで使うのはシンプルにライントレードのみです。

ライントレードは初心者から上級者まで、誰でも再現しやすい手法なのでオススメです。

  1. 基本はライントレード
  2. エントリーはロールリバーサル(レジサポ転換)
  3. 損切りは15pips以内

それぞれ順番に解説していきます。

基本はライントレード

ライントレードは、高値・安値にラインを引くシンプルな手法なので初心者でも再現しやすい方法です。

また、ラインを引くことで現在のトレンドの確認や相場環境の認識などもできるので、多くのトレーダーが採用しています。

現在の価格よりも上にあるラインを「レジスタンスライン(抵抗線)」、下にあるラインを「サポートライン(支持線)」と呼びます。

エントリーはロールリバーサル(レジサポ転換)

エントリーはロールリバーサル(レジサポ転換)を狙います。

ロールリバーサルとは、今まで「レジスタンスライン(青色)」だったのが、「サポートライン(赤色)」に役割転換する部分を狙う方法です。

下図のように、❶の赤い矢印の箇所は今まで「レジスタンスライン」として上値を抑えていたライン(青線)を上方向にブレイクし、価格が戻ってくると今度は「サポートライン」として機能しています。

レジサポ転換
レジサポ転換

反対に❷の青い矢印の箇所は今まで「サポートライン」として機能したラインを下方向にブレイクして価格が戻ってくると今度は「レジスタンスライン」として上値を抑えています。

このようにレジスタンスラインとサポートラインの役割が転換する場面でエントリーを行います。

買いポジションの場合は、直近のレジスタンスラインを利確目標、損切りラインをサポートラインに設定します。

売りポジションは反対に、直近のサポートラインを利確目標に、レジスタンスラインを損切りラインとしてエントリーをします。

損切りは15pips以内

損切り幅は15pips以内でトレードを行うことが重要です。

1日に1~2回程度の取引を行うので、15pipsほど逆行したら積極的に損切りを行い次のトレードに備えましょう。

価格が戻ってきて「あの時損切りをせず保有しておけば」と思うかもしれませんが、必ず相場が戻ってくるとは限らないので、絶対に損切りは行いましょう。

負けないことよりも、相場から退場しない方が大切です。退場せずに待っていれば必ずトレードチャンスは訪れるので、その時までしっかりと資金管理を行い準備しておきましょう。

XMの1万円から10万円の目指し方

XMで1万円から10万円を目指す時に知っておきたい知識を3つ紹介します。

どれも基本的なことですが重要なのでよく確認しておきましょう。

  1. 口座残高1万円ごとに0.1ロット増やす
  2. 口座残高が増えるごとに必要なpips数は減っていく
  3. 目安期間は1ヶ月

それぞれ順番に解説していきます。

口座残高1万円ごとに0.1ロット増やす

口座残高が1万円増えるごとに取引ロットを0.1ずつ増やしていきます。

具体的なロット数は下記の通りです。

口座残高ロット数
1万円0.1ロット
2万円0.2ロット
3万円0.3ロット
5万円0.5ロット
9万円0.9ロット
口座残高とロット数の一覧

口座残高が1万円の時は、0.1ロットでスタートして、最終的には0.9ロットまでロット数を引き上げていきます。

最初から保有できる最大ロット数でポジションを持つのではなく、ある程度余裕をもってトレードすることで資金管理がしやすくなります。

口座残高が増えるごとに必要なpips数は減っていく

下記は1万円稼ぐために必要なロット数とpipsをまとめたものです。

口座残高ロット数1万円稼ぐのに必要なpips数
1万円0.1ロット100pips
2万円0.2ロット50pips
3万円0.3ロット34pips
4万円0.4ロット25pips
5万円0.5ロット20pips
6万円0.6ロット17pips
7万円0.7ロット15pips
8万円0.8ロット13pips
9万円0.9ロット12pips
口座残高とロット数の一覧

最初の0.1ロットでは1万円稼ぐために100pips必要となりますが、0.9ロットでは12pipsで1万円を稼ぐことができます。

つまり、ロット数を大きくしていけば少ない値幅でも1万円を稼ぐことができるようになります。

しっかりと資金管理とロット数を設定して、コツコツ利益を積み上げていくことが重要になります。

目安期間は1ヶ月

相場状況によっては、数日で達成することができるかもしれませんが、基本的には1か月を目安にトレードを行っていきましょう。

早く達成しようと大きなロットでエントリーしても、強制ロスカットの可能性が高くなるだけです。

また、焦ってトレード回数を増やしても、良い結果にはつながりません。

トレードのコツは少しずつ利益を積み上げていくことなので、まずは稼ぐことよりも、ロスカットにならないことを意識していきましょう。

XMの10万円から100万円の目指し方

XMで10万円から100万円の目指し方で重要なポイントは3つです。

1万円を10万円にするように口座残高を10倍にするのですが、動く金額が大きくなるので難易度は高くなります。

以下のことをしっかりと意識しておいてください。

  1. 口座残高2倍ごとにロットも2倍
  2. 大きな含み損益に惑わされない
  3. 1〜2ヶ月かけて着実に達成していく

それぞれ順番に解説していきます。

口座残高2倍ごとにロットも2倍

10万円から100万円を目指す際の、ロット数は以下のようになります。

口座残高ロット数1pipsの変動額
10万円1ロット1,000円
20万円2ロット2,000円
40万円4ロット4,000円
口座残高とロット数一覧

口座残高が2倍になるごとにロット数も2倍に引き上げていきます。

スクロールできます
口座残高ロット数目標金額必要なpips数
10万円1ロット20万円まで100pips
20万円2ロット40万円まで100pips
40万円4ロット100万円まで150pips
口座残高とロット数一覧

10万円の時は1ロットで、40万円以降は4ロットでトレードを行います。

10万円の目指し方とは違い3段階で100万円を目指していくので、必要なpips数が100~150pipsと次の段階に移行するまでに時間が掛かりますが、急ぐことなくコツコツ続けていきましょう。

大きな含み損益に惑わされない

ロット数が大きくなると1pipsでも1,000円単位で損益が変動するので、メンタル面での負担が大きくなり難易度が上がります。

絶対に金額で利確・損切りをするのはやめておきましょう。

大きな金額が動くため正常な判断ができなくなることがあるので、エントリーしたら損切りラインと利確ラインを設定し、チャートを閉じておくのも1つの対策です。

1〜2ヶ月かけて着実に達成していく

1万円から10万円に増やして行く感覚と同じでロット数を守って、1〜2ヶ月かけて着実に達成していきましょう。

急いでもエントリー根拠のない不利な場所でトレードする可能性が高くなるので、じっくりエントリー根拠が重なるまで待ちましょう。

しっかり資金管理を行って、勝ち負けを繰り返して少しずつ資金を増やしていくことが大切です。

XM1万円チャレンジ:ゴールド編

XMの1万円チャレンジをゴールド(GOLD)で挑戦する方法を紹介します。

ゴールド(GOLD)はドル円(USDJPY)と比べて値動きが激しいのでより難易度が高くなります。

使用する口座やトレードスタイルも変わってくるので、しっかりチェックしておいてください。

  1. KIWAMI極口座の活用が肝
  2. デイトレードからスキャルピング
  3. 手法は変わらずライントレードのロールリバーサル

それぞれ順番に解説していきます。

KIWAMI極口座の活用が肝

KIWAMI極口座を活用することが、ゴールド(GOLD)で1万円チャレンジを成功させるためのポイントになります。

KIWAMI極口座は、スタンダード口座と比べてどの通貨ペアも狭いスプレッドでトレードすることができます。

通貨ペアKIWAMI極口座スタンダード口座
ドル円
(USDJPY)
0.6pips1.5pips
ゴールド
(GOLD)
1.5pips3.5pips
口座タイプごとのスプレッド一覧

スタンダード口座のゴールド(GOLD)は3.5pipsですが、KIWAMI極口座では半分以下の1.5pipsで取引可能です。

ゴールド(GOLD)はドル円(USDJPY)よりも値動きが激しいので、スプレッドが広い口座であると損切り幅も広くしなければならないので、スプレッドは狭い方が有利になります。

\XMはKIWAMI口座でも13,000円もらえる!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp

デイトレードからスキャルピング

ゴールド(GOLD)で1万円チャレンジを行う際の手法は、デイトレードよりもスキャルピングの方がオススメです。

それぞれの手法の特徴は下記の通りです。

トレード手法スキャルピングデイトレード
取引時間数秒~数分数分~1日
利幅~10pips程度10pips~100pips程度
1日の取引回数数十回1~2回
ポジションの保有時間数秒~数分数十分〜数時間
トレード手法の概要

スキャルピングとは、デイトレードよりもさらに短時間でトレードを繰り返す方法です。

デイトレードによりも利幅は少ないですが、その分回数を重ねることで利益を積み重ねていくので、経験と高度な分析力が必要となります。

注意点として、スキャルピングは基本的トレードが終わるまで画面から離れることができないので、体力面と精神面での消耗が激しくなるので上級者向きの手法になります。

手法は変わらずライントレードのロールリバーサル

KIWAMI極口座でゴールド(GOLD)をトレードする場合でも、手法はライントレードになります。

口座タイプと通貨ペアが異なっても、ロールリバーサルは有効な手法なので、基本的なトレード戦略を変える必要はありません。

ドル円(USDJPY)よりも、値動きが激しいので短期的な動きに惑わされずに、しっかりとラインまで引き付けるようにしましょう。

XMでのゴールド取引に特化したノウハウは別記事で詳しく扱います。

また、ゴールドの取引を極めたい方は海外FXの中でもゴールドの取引条件が良い業者を選ぶのがおすすめです。ゴールドの取引条件は業者によってかなり変わるので必ず比較検討しましょう。

\XMはKIWAMI口座でも13,000円もらえる!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp

XM1万円チャレンジのコツ

XMの1万円チャレンジを成功させるには5つのコツがあります。

エントリー根拠の重なるポイントを厳選することであったり、損切りを徹底するなど基本的なことばかりですが、しっかりと確認しておきましょう。

  1. 勝てる勝負だけする
  2. トレード手法を絞る
  3. 取引通貨ペアを絞る
  4. 損切りを徹底する
  5. スタンダード口座の入金ボーナスを活用

それぞれ順番に解説していきます。

勝てる勝負だけする

XMの1万円チャレンジを成功させるコツは、勝てる勝負だけに徹することです。

利益を積み上げるためには、トレード回数を多くするのではなく、負けの回数を減らすことの方が重要です。

多くの利益を獲得したいために、エントリー根拠の薄いポイントでもトレードを行っていると負ける確率が高くなり、遠回りになってしまうので、絶対にやめましょう。

また、勝てる勝負を見極められるようになったら最大1,000倍レバレッジのXMだけでなく、レバレッジ無制限のExnessを使った1万円チャレンジもおすすめです。

単純にロット数が変われば、同じ値幅でも利益金額が大きくなります。

トレード手法を絞る

トレード手法はライントレードのみに絞ってチャレンジしましょう。

ライントレードは、初心者から上級者まで誰でも使うことのできる手法で、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

勝てないからといって、いろいろな手法を試すのではなく1つの手法をひたすら繰り返して勝率を高める努力をしましょう。

FXに勝率100%の手法は存在せず、勝ち負けを繰り返して資金を増やしていく感覚を身に着けていきましょう。

取引通貨ペアを絞る

XMでは57種類のFX通貨ペアをトレードすることができますが、それぞれの通貨ペアで値動きに特徴があり、時間帯によって活発に取引される時間が違います。

その中でも1万円チャレンジに最も適しているのは、XMのドル円(USDJPY)になります。

ドル円(USDJPY)は、世界的にも取引量が多く値動きが安定しスプレッドが狭いのでオススメです。相場の急変が起こりにくいので、想定外のリスクを抑えることができます。

反対にマイナー通貨は、取引量が少なく流動性が低いので、価格が急騰急落するリスクがメジャー通貨よりも高くなるので1万円チャレンジには向いていません。

損切りを徹底する

損切りを徹底して行い、機会損失がないようにすることが重要です。

損切りができずに含み損を抱えたままでは、複数の根拠が重なった絶好のエントリーポイントが訪れても、エントリーすることができません。

また、相場は継続する傾向があるので、ポジションが逆行したらすぐに損切りを行い次のチャンスまで資金を残しておきましょう。

スタンダード口座の入金ボーナスを活用

XMの入金ボーナスを活用することで、1万円を入金しなくても1万円チャレンジを開始することができます。

項目上限金額
100%入金ボーナス500ドルまで
20%入金ボーナス10,000ドルまで
XMの入金ボーナス

100%入金ボーナスを利用すれば、5,000円の入金で上限金額に達するまで挑戦することができます。

また、100%入金ボーナスをすべて使い切っても、20%入金ボーナスを利用すれば「8,500円」の入金で1万円チャレンジに挑むことができます。

どちらの入金ボーナスも上限金額になるまで何度でも利用可能なので、ぜひ活用してください。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

※XMの口座開設方法はこちら

XM1万円チャレンジの注意点

XMで1万円チャレンジを成功させるために、注意しておきたいことが4つあります。

通常のFXトレードよりもリスクを抱えてのトレードとなるので、徹底した資金管理と正確な判断力が求められます。

トレード技術も必要ですが、メンタル面の強さも肝心です。

  1. 負けても取り返そうとしてチャレンジルールを破らない
  2. 早朝のスプレッド拡大時間は取引を避ける
  3. 焦って短期の急拡大を狙わない
  4. 5回連続負けたら一度出金する

それぞれ順番に解説していきます。

負けても取り返そうとしてチャレンジルールを破らない

1万円チャレンジに限らずFXトレードの失敗でよくあるのが、自分の決めたルールを守らないことです。

特に次の2つのことには、注意しましょう。

  • 負け分を取り返そうとして、ロット数を上げる
  • 1回のトレードですべてを補填しようとする

負けた分を取り返そうと口座残高で決めていたロット数を無視して、1回のトレードですべてを回収しようとして余計に損失を抱えるケースはよくあります。

また、1回のトレードで損失すべてを補填しようとして利確せずに保有し続けた結果、損切りになることもあります。

特にロット数を上げてのトレードは危険で、コツコツ積み上げてきた利益が一発で吹き飛ぶことになるので、絶対にやめましょう。

早朝のスプレッド拡大時間は取引を避ける

日本時間の早朝(6:00~7:00)ごろは、大きな市場が閉まっており、マーケット参加者が少ないのでスプレッドが広くなっています。

1万円チャレンジのように、低資金でレバレッジを効かせたトレードではスプレッドが広いのは致命的です。

さらに早朝の値動きは、安定せず突発的に上下することがあるので、やめておきましょう。

値動きが落ち着く東京市場が開く9:00頃からトレードを行うのがオススメです。

XMのスプレッドルールについて、詳しくは以下のページを参考にしてください。

焦って短期の急拡大を狙わない

経済指標などの発表時には大きくレートが変動するので、エントリーは控えましょう。

負けが続いていると大きな価格の変動につられて、焦って取引したくなりますが短期的な急拡大はどちらにレートが進むのかはっきりしない為、ロスカットになる可能性が高くなります。

また、スプレッドも大きく開きかなり不利な状況なので、しっかりと見送って価格が落ち着くまで待ちましょう。

ただし、XMの経済指標トレードで稼ぐテクニックもあるので、ある程度FXに慣れている方はそちらもチャレンジしてみてください。

5回連続負けたら一度出金する

5回連続で負けたら一度出金して、気持ちをリセットしましょう。

負けが続くと取り返そうとして、ロット数を大きくしてみたり、損切りを行わずトレードを続けるなど正常判断ができなくなることがあります。

大切な資金を失わない為にも、気持ちをリフレッシュしてから再びトレードを行うようにしましょう。

利益分以外の出金は入金時のルートと合わせる必要があります。

詳しくはXMの出金ルールをわかりやすくまとめたページをご確認ください。

XMの1万円チャレンジに関するよくある質問

XMの1万円チャレンジに関するよくある質問を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

XMの1万円チャレンジとはどんなものですか?

XMの1万円チャレンジとは、口座残高1万円からFXでどこまで資金を増やすことができるか挑戦する企画です。

XMの1万円チャレンジでおすすめの通貨ペアを教えてください。

おすすめのFX通貨ペアは、ドル円(USDJPY)です。値動きが安定しており、スプレッドも狭いので最適の通貨ペアです。XMのドル円取引条件やトレードのコツを参考にしてください。

XMの1万円チャレンジでおすすめの口座タイプを教えてください。

スタンダード口座がおすすめです。入金ボーナスを利用すれば、5,000円からチャレンジすることができます。

XMの1万円チャレンジでのロット数を教えてください。

ロット数は口座残高によって変動していきます。最初は「0.1ロット」から始めて残高が1万円増えるごとに0.1ロット刻みで上げていきます。

XMの1万円チャレンジで両建て取引は有効ですか?

いいえ、有効ではありません。1万円チャレンジは比較的短期間で資金を回転させていくので、両建て取引は向いていません。

期間限定ボーナス増額中!

XMTradingでは新規口座開設をするだけで取引に使える13,000円分のボーナスを配布中

通常3,000円のボーナスが大幅に増額されている今がチャンスです。

ボーナス自体の出金はできませんが、ボーナスを使って稼いだ利益は無制限に出金可能

さらに!入金額に応じて最大10,500ドル(約130万円)のボーナスがもらえる入金ボーナスキャンペーンも。
※対象はスタンダード口座、マイクロ口座のみ

豪華ボーナスを活用してFXトレードを有利に進めましょう!

\海外FXで人気No.1!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

>>>XMのボーナスの詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次