海外FXスキャルピング最強業者
Exnessは現行海外FXで最強のスキャルピング業者
最新ボーナス情報
【11月最新】海外FXの口座開設ボーナス高額ランキング2023 ※マイナー業者含む
海外FXのおすすめ業者ランキング
【4月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

Exnessの1万円チャレンジ!少額から稼ぐコツと成功者の実例を紹介

Exnessほど1万円チャレンジに適した海外FX業者はありません。

数少ないレバレッジ無制限が使える業者であり、業界トップクラスの低スプレッド・高約定力・ロスカット水準0%など少額から稼ぐための取引環境が揃っています

1万円チャレンジでまとまった資金が作れたら、Exnessで億り人を狙う次のフェーズへ進むのもありですね!

口座開設がまだ済んでいなければ「Exnessの口座開設方法と手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。画像の手順通りに進めるだけで迷わずExnessで取引が始められます。

この記事のまとめ
  • Exnessは1万円チャレンジに最適
  • Exnessでやるならハイレバで攻めるべし
  • ハイレバが苦手ならXMTradingでボーナスを活用して有利に進めよう
  • ボラの高いゴールドの取引がおすすめ
  • 1万円チャレンジは値動きの活発なニューヨーク時間に集中して取り組むべし
Exnessがレアル・マドリードのパートナーだった時の画像

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

関連記事:海外FXで1万円チャレンジに適した口座ランキング

目次

Exness(エクスネス)の1万円チャレンジとは?

Exness(エクスネス)の1万円チャレンジとは、文字通り「Exnessで元手1万円から稼ぐチャレンジ」です。

1万円チャレンジはExness公式のイベントではなく、高いレバレッジを使える海外FX界隈特有の用語です。

SNSを中心に、少額から大きな利益を目指すトレーダーたちに使われています。

近年では最もメジャーな海外FX業者であるXMで1万円チャレンジをする方が多くいました。

しかしレバレッジ無制限のExnessの人気が出てくるにつれ、より大きな利益を目指せることからExnessで1万円チャレンジに挑む方が増えています

例えば、Exnessの無制限レバレッジ(実質21億倍)なら、1万円で1ロット近いポジションを持つことも可能です。

1ロットなら10pipsの値幅だけで1万円の利益が稼げます。

ただし、反対に10pips逆行すると1万円の損失となるため、スプレッドを考慮すると8pipsほどでロスカットになることを考慮する必要があります。

勝てる確率の高い局面だけに絞ってエントリーしたり、ロット数をもう少し下げて余裕のあるトレードをするなど戦い方はさまざまです。

実際にExnessで1万円チャレンジをして資金を5倍ほどに増やしたトレード手法を参考に、トレード戦略を練ってみてください。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)が1万円チャレンジに向いている理由

ここでは、Exness(エクスネス)が1万円チャレンジに向いている理由の以下3つをご紹介します。

1万円という超少額資金から稼ぐための具体的なExnessのメリットを詳しく見てみましょう。

Exnessは無制限レバレッジ(実質21億倍)が使える

Exnessが1万円チャレンジに向いている最大の理由は「無制限レバレッジ(実質21億倍)」です。

Exnessの無制限レバレッジとは、以下の条件を満たすと使える実質21億倍のレバレッジになります。

Exnessの無制限レバレッジの利用条件
  • 口座残高10万円未満
  • リアル口座で最低10回以上の取引
  • リアル口座で合計5ロット以上の往復取引

実質21億倍のトレードでは、必要証拠金が基本的に1円未満なのでスプレッドのコストより口座残高があれば、ポジションが建てられます。

例えば、Exnessのメジャー通貨ペアの平均スプレッドを参考にすると、それぞれ以下の取引コストを目安にロット数が決められます。

スクロールできます
通貨ペアスタンダード口座プロ口座ゼロ口座ロースプレッド口座
ドル円
(USD/JPY)
1.1pips
(1,100円)
0.7pips
(700円)
0.4pips
(400円)
0.4pips
(400円)
ユーロドル
(EUR/USD)
1.0pips
(1,349円)
0.6pips
(809円)
0.4pips
(539円)
0.4pips
(400円)
オージードル
(AUD/USD)
1.4pips
(1,888円)
0.9pips
(1,214円)
0.5pips
(674円)
0.6pips
(809円)
ポンドドル
(GBP/USD)
1.2pips
(1,618円)
0.7pips
(944円)
0.5pips
(674円)
0.5pips
(674円)
ゴールド
(XAU/USD)
2.0pips
(2,866円)
1.25pips
(1,791円)
1.6pips
(2,292円)
7.0pips
(10,031円)
平均スプレッドと1ロットあたりの取引コスト

例えば、無制限レバレッジでドル円を取引する場合、Exnessでは口座タイプを問わず、最低でも400円~1,100円以上の口座残高があれば1ロットでエントリー可能です。

ロスカット水準が0%で少額資金をフル活用できる

ロスカット水準0%も、Exnessが1万円チャレンジに向いてる理由の1つです。

業者名強制ロスカット水準
Exness0%
XMTrading20%
FXGT20%
TitanFX20%
BigBoss20%
AXIORY20%
海外FX業者の強制ロスカット水準

ロスカット水準が低いほど、強制ロスカットまで許容できる含み損の金額が大きくなります。

1万円チャレンジのスタート時点では、損切りを行うより、ハイレバレッジで口座残高を大きく増やす方が有利になります。

例えば、1万円の資金で損切りを行いつつ、コツコツ稼ぐには高勝率を維持しなければ資金を効率よく増やすのは難しいです。

ロスカット水準0%のExnessなら、元手1万円をフル活用したハイレバレッジ取引が行えます。

ゼロカットで追証が発生しない

Exnessでは口座残高を超える損失は業者側が補填する「ゼロカット」を採用しています。

マイナス残高保護とは何ですか?

マイナス残高保護とは、トレードによって取引口座の残高がマイナスになった場合でも、そのマイナス分を解消し、取引口座の残高をゼロにリセットする機能です。

例えば、取引口座の残高がUSD 50のトレーダーが、一晩でUSD 100の損失を出した注文を決済するとします。 マイナス残高保護がなければ、残高をゼロにリセットして取引口座を再有効化するには、USD 50を入金する必要があります。 しかし、マイナス残高保護により、トレーダーは自己資金で損失を補填する必要なく、残高はゼロにリセットされます。

引用元:Exnessヘルプセンター>取引>一般的な質問>「マイナス残高保護とは何ですか?」より一部抜粋

海外FX業者ではゼロカットシステムが一般的です。

1万円チャレンジをゼロカット無しのFX業者で行うと、1万円以上の損失が発生する可能性があります。

相場の急変動によってロスカットが間に合わず、口座残高以上の損失が発生することがあるからです。

国内FXでは「顧客の損失補填」が金融商品取引法で禁止されているため、ゼロカットが提供できません。

Exnessはゼロカットが使える海外FX業者であり、無制限レバレッジでも損失を限定できることが強みです。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)で1万円チャレンジを成功させるためのコツ

ここでは、Exness(エクスネス)で1万円チャレンジを成功させる以下4つのコツをご紹介します。

Exnessが無制限レバレッジだからと言っても、適当に取引を行って大金を稼ぐことはできません。

Exnessの取引条件や少額取引の考え方を理解して、1万円チャレンジを成功させましょう。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessの1万円チャレンジはハイレバで攻める

Exnessで1万円チャレンジをするなら、他の業者では使えないレバレッジ無制限を大いに活用します。

資金1万円の時の目安ロットは以下の4パターンです。

ロット数ロスカットまでの
pips数
資金2倍までの
pips数
0.1ロット100pips100pips
0.2ロット50pips50pips
0.5ロット20pips20pips
1ロット10pips10pips
※スプレッドは考慮しない場合

上記のpips数からスプレッド分のコストを引いた数字が耐えられる逆行値幅です。

短期で大きな利益を狙うなら、1分足や5分足チャートを見てなるべく逆行の少ないエントリータイミングを見極めてポジションを持ちましょう

1分足や5分足チャートでエントリータイミングを計るなら、おすすめのロット数は0.5ロットです。

もちろん、1分足や5分足チャートを見る前に、日足や4時間足、1時間足、15分足チャートでの環境認識(短中長期での方向性の把握)を怠らないようにしましょう。

低スプレッドな口座タイプを使う

1万円チャレンジを成功させるには、低スプレッドな口座タイプを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、Exnessでは全口座タイプで無制限レバレッジが利用できるからです。

スクロールできます
通貨ペアスタンダード口座プロ口座ゼロ口座ロースプレッド口座スタンダードセント口座
USDJPY
(ドル円)
1.1pips0.7pips0.7pips
(0+$7)
0.7pips
(0+$7)
1.1pips
EURJPY
(ユーロ円
2.2pips1.4pips1.0pips
(0+$10)
1.1pips
(0.4+$7)
2.2pips
GBPJPY
(ポンド円)
2.5pips1.6pips1.5pips
(0+$15)
1.2pips
(0.5+$7)
2.5pips
EURUSD
(ユーロドル)
1.0pips0.6pips0.7pips
(0+$7)
0.7pips
(0+$7)
1.0pips
GBPUSD
(ポンドドル)
1.2pips0.7pips0.9pips
(0+$9)
0.8pips
(0.1+$7)
1.2pips
XAUUSD
(ゴールド)
2.0pips1.25pips1.6pips
(0+$16)
7.0pips
(6.3+$7)
2.0pips
各口座タイプの平均スプレッド・手数料比較

無制限レバレッジでは、スプレッド以上の口座残高があれば、基本的にポジションが建てられます。

まずはスタンダード口座で1万円チャレンジを始め、低スプレッドな口座タイプの初回最低入金額を超えたら、資金移動で口座タイプを乗り換えましょう。

口座タイプ最低入金額
スタンダード口座10ドル
プロ口座1,000ドル
ゼロ口座1,000ドル
ロースプレッド口座1,000ドル
スタンダードセント口座10ドル
口座タイプごとの初回最低入金額

低スプレッドな口座タイプへ移行すれば、より必要証拠金が少なく済み、有利なスプレッドで1万円チャレンジを継続できます。

Exnessの口座タイプの違いや比較は別ページにまとめています。

ボラティリティの大きい通貨ペア・銘柄を取引する

ボラティリティの大きい通貨ペア・銘柄を取引することも1万円チャレンジを成功させるコツになります。

やはり短時間で大きな値動きがある相場を取引した方が、効率よく大きな利益を狙いやすいからです。

例えば、短期トレードで利益を増やすには、根本的に以下の2つしか方法がありません。

  • ロット数を増やして損益金額を大きくする
  • 大きな値幅を狙って損益金額を大きくする

ボラティリティの大きい通貨ペア・銘柄を取引すれば、無理にロット数を増やさなくても、短時間でまとまった利益が狙いやすいです。

また、ボラティリティの大きい通貨ペアでExnesの無制限レバレッジでロット数を大きくすれば、爆発的に口座残高を増やせます。

Exnessでおすすめの銘柄はゴールドです。Exnessのゴールド取引で爆益を狙う方法は別記事で詳しく解説します。

参考:1カ月間の主要通貨ペア・人気CFDのボラティリティ
通貨ペア1日当たりの平均スプレッド
(2023年9月)
USDJPY
(米ドル/日本円)
127.7pips
USDCAD
(米ドル/カナダドル)
74.8pips
EURUSD
(ユーロドル)
82.3pips
GBPJPY
(ポンド/日本円)
152.9pips
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
94.3pips
XAUUSD
(ゴールド/米ドル)
294.5pips
JP225
(日経平均株価)
330.5pips
US30
(ダウ平均株価)
316.6pips
US100
(ナスダック平均株価)
195.9pips
1カ月間の主要通貨ペア・人気CFDのボラティリティ

ボラティリティの大きい通貨ペア・銘柄は、値動きの落ち着いた銘柄より取引が難しいです。初心者の方は、無理にリスクをとらず、ロット数を小さくして経験を積むことをおすすめします。

ボラティリティの大きい時間帯を狙う

1万円チャレンジに限らず、短期トレードでは取引する時間帯も重要です。

金融市場では、時間帯によってメインとなる市場が変わり、また活発に動く通貨も変わります。

具体的な時間帯別のメイン市場と活発に動きやすい通貨は以下の通りです。

時間帯(日本時間)メイン市場関連する通貨
午前4時~午前11時ウェリントン市場NZドル
午前6時~午後4時シドニー市場豪ドル
午前8時~午後7時東京市場日本円
午後4時~翌午前3時ロンドン市場ポンド・ユーロ
午後10時~翌午前6時ニューヨーク市場米ドル
時間帯別のメイン市場と関連する通貨

特に日本時間で午後10時から翌午前3時までの時間帯では、世界的にも市場規模の大きいロンドン市場とニューヨーク市場が重なるため、特に大きく値が動きやすいです。

市場規模の大きい時間帯では、取引が活発になるため全通貨ペア・各種CFDのボラティリティが大きくなります。

値動きの少ない午前中の時間帯で取引するより、値動きの大きい夜間の取引の方が短時間で大きな利益を狙いやすいです。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)では1万円から億り人は可能?

結論から申し上げると「Exnessで億り人は可能」です。

どのFX業者でも自分のトレードスキルと相場次第で、誰でも1万円から1億円までを目指せます。

特にExnessは、1万円チャレンジで有利な取引条件なので、1万円から億り人を目指しやすい環境と言えるでしょう。

項目詳細
最大レバレッジ無制限
ロスカット水準0%
ゼロカットシステムあり
ドル円0.7pips〜
Exnessのトレード環境

当サイトでは、Exnessを使って億り人を目指すための具体的なロードマップも解説しています。

Exness(エクスネス)で1万円チャレンジを成功させたトレーダーを紹介

ここでは、Exness(エクスネス)で1万円チャレンジを成功させた事例をSNSからいくつかご紹介します。

こちらの投稿では、Exnessで1万円チャレンジを始めてすぐに10倍以上の含み益が発生していました。

無制限レバレッジによってロットサイズを上げ、相場のボラティリティも大きければ、数秒で数倍といった感覚で1万円チャレンジを成功させることも可能です。

また、Exnessの無制限レバレッジなら、資金1万円からでも含み益で追加エントリーを行い、1回のトレードあたりの利益を大きく伸ばすことも可能です

1万円チャレンジで稼いだら、しっかり出金して利益を手に入れましょう。

初心者の方は特に、続けて資金を増やすよりも、手堅く出金してから再度1万円チャレンジを始めることをおすすめします。利益分を出金して1万円で再スタートすれば、ゼロカットが発生しても利益は残せるので安心です。

同様のことをこちらの方も投稿しています。

Exnessで65万円稼いだので、明日は1万円チャレンジに65回挑戦できると言うことです。

1万円チャレンジで65倍を達成するのは簡単ではありませんが「Exnessで1万円チャレンジを成功させるためのコツ」を意識すれば、多くの口コミがあるように5万円前後までは手堅く狙えるでしょう。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)で1万円チャレンジを行う際の注意点

ここでは、Exness(エクスネス)で1万円チャレンジを行う際の注意点を以下4つご紹介します。

1万円チャレンジで失敗しないためにも、細かな取引条件などの注意点を知っておきましょう。

口座残高によるレバレッジ制限

Exnessの1万円チャレンジで資金が増えてきたら「口座残高によるレバレッジ制限」に注意しましょう。

具体的なExnessの口座残高によるレバレッジ制限が発生する基準は以下の通りです。

口座残高最大レバレッジ
~999ドル相当無制限(実質21億倍)
1,000〜4,999ドル相当2,000倍
5,000〜29,999ドル相当1,000倍
30,000ドル相当以上500倍
Exnessの口座残高によるレバレッジ制限

Exnessの口座残高によるレバレッジ制限は、ポジションの損益を含めた有効証拠金を基準としています。

したがって、1万円チャレンジ中にポジションの含み益が1,000ドル相当以上になった場合から、順次レバレッジが制限されるため注意しましょう。

経済指標発表前後のレバレッジ制限

Exnessでは、経済指標発表前後にレバレッジ制限があります。

1万円チャレンジで、経済指標に乗じてハイレバレッジ取引を行う場合は、以下のレバレッジ制限に注意しましょう。

重要な経済ニュースが公開される15分前から5分後まで、ニュースの影響を受ける外国為替金融商品で発注された新規ポジションの必要証拠金は、最大レバレッジ1:200で計算されます。

重要な経済ニュースの発表スケジュールは、経済指標カレンダーでご確認いただけます。

引用:Exness 取引条件

Exnessでは「経済指標が発表される15分前から、発表から5分後まで」を対象に最大200倍レバレッジへ制限されます。

対象となる通貨ペア・銘柄と経済指標は、Exnessの「経済指標カレンダー」で確認しましょう。

週末・週明けのレバレッジ制限

週をまたいで1万円チャレンジを行う際は、Exnessの「週末・週明けのレバレッジ制限」に注意しましょう。

取引金融商品の外国為替および貴金属は、週末および祝祭日に取引が中断される場合があります。 市場取引終了前の3時間および市場取引再開後1時間は、これらの金融商品には証拠金所要額の引き上げ(最大レバレッジの1:200)が適用されます。

引用:Exness 市場取引の終了と再開

Exnessでは、週末の取引時間終了の3時間前から週明けの取引時間開始から1時間経過するまで最大200倍にレバレッジが制限されます。

1万円チャレンジでハイレバレッジ取引を行う場合は、週末・週明けを抜いて取引を行いましょう。

口座タイプによる発注方式の違い

Exnessで1万円チャレンジを行う際は、口座タイプによる発注方式の違いに注意しましょう。

なぜなら、口座タイプによる発注方式によって約定拒否(リクオート)やスリッページへの耐性が異なるからです。

口座タイプ約定方式
スタンダード口座成行約定
プロ口座即時約定
ゼロ口座成行約定
ロースプレッド口座成行約定
スタンダードセント口座成行約定
口座タイプごとの約定方式
  • プロ口座の即時約定方式:スリッページが起きづらいが約定拒否(リクオート)がある
  • プロ口座以外の成行約定方式:約定拒否(リクオート)がないがスリッページが起きやすい

口座タイプによる発注方式の特徴を考えて、1万円チャレンジのトレード方法を考えましょう。

例えば、ボラティリティの大きい通貨ペアでスキャルピングを行う場合は、スリッページの起きづらいプロ口座がおすすめです。

Exness(エクスネス)の1万円チャレンジに関するよくある質問

Exnessの1万円チャレンジとはどんなキャンペーンですか?

1万円チャレンジとは、Exnessが行うキャンペーンではありません。1万円を元手にトレードする行為のことを指します。

Exnessの無制限レバレッジを使うには?

Exnessの無制限レバレッジを使うには、以下の条件を満たす必要があります。

Exnessの無制限レバレッジの利用条件
  • 口座残高10万円未満
  • リアル口座で最低10回以上の取引
  • リアル口座で合計5ロット以上の往復取引

無制限レバレッジは、どの口座タイプでも条件を満たしていれば利用可能です。

Exnessで出金拒否はありますか?

はい、Exnessでは利用規約に違反する行為によって、不正に利益を取得した場合に該当金額を出金拒否する可能性があります。

Exnessで1万円チャレンジにおすすめの口座タイプは?

Exnessで1万円チャレンジにおすすめの口座タイプはプロ口座です。プロ口座は、取引コストが安く、スリッページも少ないため、1万円チャレンジで短期トレードをするのに最適です。

Exnessで億り人になれますか?

はい、Exnessは無制限レバレッジや口座タイプ別の低スプレッドや優待スワップフリーなど、億り人を達成するために理想的なトレード環境を備えています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次