【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMのドル円|スプレッドやスワップポイントなど重要な取引条件まとめ

XMのドル円|スプレッドやスワップポイントなど重要な取引条件まとめ

最も多くの日本人がトレードしている通貨ペア、ドル円。

1番スプレッドが狭い通貨であり値動きも安定していることから、XMの高いレバレッジを使って高勝率のトレードをすれば大きな利益を積み重ねやすく人気を集めています。

スプレッドが広いと言われる海外FX業者のXMでも、ドル円なら0.7pipsから取引できるので初心者でも十分に利益が狙えます

この他、XMでのドル円取引について重要なスワップポイントや必要証拠金、適正ロット数の計算方法などを分かりやすくまとめていきます。

XMのリアル口座の開設がまだ済んでいない方は「XMの口座開設方法と操作手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。

実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

XMのボーナスキャンペーン

XMTradingでは新規口座開設をするだけで取引に使える13,000円分のボーナスを配布中

通常3,000円のボーナスが大幅に増額されている今がチャンスです。

ボーナス自体の出金はできませんが、ボーナスを使って稼いだ利益は無制限に出金可能

さらに!入金額に応じて最大10,500ドル(約130万円)のボーナスがもらえる入金ボーナスキャンペーンも。
※対象はスタンダード口座、マイクロ口座のみ

資金2倍ボーナスを活用してFXトレードを有利に進めましょう!

\海外FXで人気No.1!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

>>>XMのボーナスの詳細はこちら

目次

XMのドル円取引条件まとめ

XMのドル円は低スプレッドかつ、最大1,000倍のハイレバレッジ取引が可能です。

他の通貨ペアと比べてもかなり良い条件で取引できます。

まずは、XMのドル円の取引条件を見ていきましょう!

スプレッドは0.7pips〜

XMのスプレッドは0.7pips〜となっています

口座タイプごとのスプレッドと取引手数料は、以下の通りです。

口座タイプドル円のスプレッド取引手数料
(1ロット往復取引当たり)
実質取引コスト
(スプレッド+取引手数料)
スタンダード口座1.6pips無料1.6pips
KIWAMI極口座0.7pips無料0.7pips
ゼロ口座0.1pips10ドル1.1pips
マイクロ口座1.6pips無料1.6pips
XM口座タイプごとのドル円の取引コスト

実質取引コストだけをみると、KIWAMI極口座が最もスプレッドが狭くなっています。

詳しくは、後述する「XMのドル円スプレッドの詳細」で解説しているので、そちらの章をお読みください。

スワップポイントは買いでプラス・売りでマイナス

XMのドル円のスワップポイントは、以下の通り「買いでプラス・売りでマイナス」となっています。

保有ポジションドル円
(買い)
ドル
(売り)
スワップ値13.06-20.74
1ロットあたりの損益1,306円-2,074円
XMのドル円スワップポイント

買いポジションなら1ロットあたり1,306円の利益がスワップにより毎日加算されますが、売りポジションの場合は-2,074円の損失が毎日生じてしまいます。

KIWAMI極口座ならドル円をスワップフリーで取引できるので、売りポジションを長期保有する場合は、KIWAMI極口座を使うといいでしょう。

自分でスワップ損益を計算したい場合は、XM公式サイトにある「スワップ計算機」を利用してみてください。

スワップ計算機を使えば「口座の基本通貨」「通貨ペア」「口座タイプ」を選択し、「ロット数量」を入力するだけで、簡単にスワップ計算が行えます。

「口座の基本通貨でいくらもらえるか」も表示されるため、コスト計算も簡単になります。

最大レバレッジ1,000倍

XMの最大レバレッジは、以下のように口座タイプごとに異なります。

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座1,000倍
マイクロ口座1,000倍
KIWAMI極口座1,000倍
ゼロ口座500倍
XMの口座タイプごとの最大レバレッジ

スタンダード口座・マイクロ口座・KIWAMI極口座は最大1,000倍で、ゼロ口座のみ500倍となっています。

ただし、XMでは証拠金残高によるレバレッジ制限が設けられているため、資金量の多い方は注意が必要です。

XMの証拠金残高によるレバレッジ制限は、以下の通りです。

証拠金残高最大レバレッジ
5ドル〜20,000ドル1,000倍
20,001ドル〜100,000ドル200倍
100,001ドル以上100倍
XMの証拠金残高によるレバレッジ制限

このレバレッジ制限は1つの口座の証拠金残高ではなく、1アカウントの口座の証拠金残高によって制限がかかります

したがって、複数の口座を持っている方は、各口座の証拠金残高を合算して考慮しなくてはなりません。

また、レバレッジ規制は各口座に付与されているボーナス(クレジット)も含んだ残高で計算される点にも注意しましょう。

ドル円1ロットの取引に必要な証拠金は最低13,000円

仮にドル円が「1ドル=130円」というレートの時にレバレッジ1,000倍で取引した場合、スプレッドを考慮せずに計算すると、ポジション保有するのに必要な証拠金の最低金額が理論上13,000円となります。

ただし、証拠金に余裕を持たせていないとすぐにロスカットされてしまうため、1ロットで取引するときの理想資金は10万円以上、0.1ロットなら1万円以上を目安と考えるのがいいでしょう。

資金量に余裕がない場合は、最小0.01ロットまでポジション量を調節できます。

さらに、「1ロット = 1,000通貨」となっているマイクロ口座なら、より少額でポジションを保有できます。

自分の資金量に合わせたロット数で取引できるので、取引数量を調整してポジションを保有しましょう。

最大ロット数は50ロット・最大ポジション数は200ポジション

XMの口座タイプごとの最大ロット数と最大ポジションは以下の通りです。

口座タイプ通貨単位 (1lot)最大ロット数最大ポジション数
スタンダード口座100,000通貨50ロット200ポジション
マイクロ口座1,000通貨100ロット200ポジション
ゼロ口座100,000通貨50ロット200ポジション
KIWAMI極口座100,000通貨50ロット200ポジション
XMの最大ロット数の比較表

上記の表の通り、マイクロ口座以外の口座タイプでは、最大ロット数は50ロット・最大ポジション数は200ポジションとなっています。

マイクロ口座では、最大ロット数がほかの口座タイプの倍の100ロットとなっていますが、通貨単位 (1lot)が1,000通貨となっているのでご注意ください。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのドル円と他社の取引条件を比較【国内FX口座含む】

次に、XMのドル円と他社の取引条件を比較していきましょう。

比較する項目は、実質取引コスト・最大レバレッジ・ボーナス金額(有無)・スワップポイントです。

比較対象は国内FX業者(DMM FX)、GEMFOREX、FXGT、AXIORY、TitanFX、ThreeTrader、Exnessとなります。

スタンダード口座を比較

以下の表は、XMのスタンダード口座と、各ブローカーのスタンダード口座に相当する口座タイプの取引条件を比較したものになります。

FX業者実質取引コスト最大レバレッジボーナスの有無スワップポイント
XM
(スタンダード口座)
1.6pips1,000倍有りスワップ:13.06
ショートスワップ:-20.74
国内FX業者
(DMM FX)
0.2pips25倍有りロングスワップ:15.9
ショートスワップ:-16.2
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1.9pips5,000倍有りロングスワップ:4.11
ショートスワップ:-9.12
FXGT
(FX専用口座)
1.7pips1,000倍有りロングスワップ:-8.77
ショートスワップ:1.09
AXIORY
(スタンダード口座)
1.3pips400倍有りロングスワップ:13.72
ショートスワップ:-19.91
TitanFX
(Zeroスタンダード口座)
1.33pips500倍無しロングスワップ:6.94
ショートスワップ:-23.0
ThreeTrader
(Pure Spread口座)
1.5pips500倍有りロングスワップ:8.97
ショートスワップ:-23.4
Exness
(スタンダード口座)
1.1pips無制限無しロングスワップ:0
ショートスワップ:-4.27
XMのスタンダード口座のドル円と他社の取引条件の比較

XMのスタンダード口座は口座開設ボーナスや入金ボーナス、ロイヤルティプログラムなど全てのキャンペーンが利用できる口座タイプです

基本的な取引条件も他の業者と比べて遜色なく、まさにスタンダードな内容の口座タイプとなっています。

KIWAMI極口座を比較

以下の表は、XMのKIWAMI極口座と、各ブローカーのKIWAMI極口座に相当する口座タイプの取引条件を比較したものになります。

FX業者実質取引コスト最大レバレッジボーナスの有無スワップポイント
XM
(KIWAMI極口座)
0.7pips1,000倍有りスワップ:0
ショートスワップ:0
国内FX業者
(DMM FX)
0.2pips25倍有りロングスワップ:15.9
ショートスワップ:-16.2
GEMFOREX
(ロースプレッド口座)
0.3pips5,000倍有りロングスワップ:4.11
ショートスワップ:-9.12
FXGT
(ECN口座)
1.3pips1,000倍有りロングスワップ:-8.77
ショートスワップ:1.09
AXIORY
(スタンダード口座)
1.3pips400倍有りロングスワップ:13.72
ショートスワップ:-19.91
TitanFX
(Zeroブレード口座)
1.03pips500倍無しロングスワップ:6.94
ショートスワップ:-23.0
ThreeTrader
(Rawゼロ口座)
0.9pips500倍有りロングスワップ:8.97
ショートスワップ:-23.4
Exness
(プロ口座)
0.7pips無制限無しロングスワップ:0
ショートスワップ:-4.27
XMのKIWAMI極口座のドル円と他社の取引条件の比較

KIWAMI極口座は口座開設ボーナスのみ対象となっており、入金ボーナスやロイヤルティプログラムは対象外となっています。

その代わり、スプレッドが狭く、レバレッジも1,000倍までかけられるという好条件な取引環境を実現しています。

ドル円はスワップフリーとなっているため、他ブローカーでマイナスとなっているショートスワップを気にすることなく長期保有が可能です

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのドル円おすすめトレード手法

次に、XMのドル円おすすめトレード手法について解説していきます。

XMのドル円おすすめトレード手法は以下の3つです。

XMのドル円おすすめトレード手法
  • 重要経済指標の直後に指標トレード
  • 50pipsおきの節目を狙ったキリ番トレード
  • ローソク足の上下を線で結ぶライントレード

それぞれどんな手法なのか、詳しい内容を解説していきます。

重要経済指標の直後に指標トレード

XMのドル円おすすめトレード手法1つ目は、重要経済指標の直後に指標トレードです。

重要経済指標の発表直後というのは、必ずと言ってもいいほどレートが大きく動きます。

世界的に大きな注目を集めている指標の発表直後は、ドル円であっても数分で100pips以上動くことも珍しくありません。

そんな重要経済指標の直後にできたレートの動きにうまく乗れれば、短期で大きな利益を狙えます

XMでは指標前後だけを狙ったトレードはXMの禁止事項に含まれますが、完全に禁止されてるわけではありません。

日常のトレードの一部で指標トレードするのは問題ないので、ぜひ一度試してみるといいでしょう。

50pipsおきの節目を狙ったキリ番トレード

XMのドル円おすすめトレード手法2つ目は、50pipsおきの節目を狙ったキリ番トレードです。

FXでは、50pipsごとの「キリ番」でレジサポラインを形成することが多い傾向にあります。

そのため、キリ番で押し目を作って反発していたり、キリ番に到達してから反転していたりするのです。

キリ番は世界共通で誰もが引けるラインで、そこを目安にトレード判断をする人が多くなり、このような動きになると言われています。

特に、ドル円はその傾向が強く出るため、50pipsおきの節目を狙ったキリ番トレードはかなり相性の良い手法といえるでしょう。

ローソク足の上下を線で結ぶライントレード

XMのドル円おすすめトレード手法3つ目は、ローソク足の上下を線で結ぶライントレードです。

ライントレードとは、チャートに高値や安値を結んで引いたラインを根拠にトレードを行う手法です。

水平線・トレンドライン・チャネルラインの3種類を使ってトレードしていきます。

ドル円は取引量が多く、イレギュラーな値動きがあまり多くありません。

そのため、ローソク足の上下を線で結ぶラインが機能しやすく、そのラインを基準にしてチャートが動くのです。

ライントレードは基本的なテクニカル分析の方法でもあるので、まだ試したことがない方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのドル円スプレッドの詳細

FXをするなら、取引コストとなるスプレッドについて気になりますよね。

次に、XMのドル円スプレッドについてもう少し詳しく見ていきましょう。

ドル円が一番スプレッドが狭い通貨ペア

XMで一番スプレッドが狭い通貨ペアは、ドル円となっています

以下の表は、XMの口座タイプごとのドル円・ユーロ円・ポンド円・ゴールドのスプレッドをまとめた表になります。

口座タイプドル円ユーロ円ポンド円ゴールド
スタンダード口座1.6pips2.3pips3.6pips3.5pips
マイクロ口座1.6pips2.3pips3.6pips3.5pips
KIWAMI極口座0.7pips1.2pips1.4pips1.5pips
ゼロ口座
(取引手数料10ドル込み)
1.1pips1.4pips2.2pips3.0pips
XMの口座タイプごとのスプレッド比較

人気のある上記の通貨ペアの中でも、ドル円が最も狭いスプレッドとなっています。

メジャー通貨で一番スプレッドの狭い通貨ペアを取引したいなら、ドル円を取引するといいでしょう。

XMのスプレッドを金額に変換する計算方法

ドル円のスプレッドは1pips=0.01円(1銭)です。

取引にかかるコストを計算したいなら、「スプレッド(pips)×0.01×取引通貨量」をすれば割り出せます

例えば、スプレッドが1.6pipsの時に米ドル/円で1ロット(100,000通貨)取引したなら、1.6pips×0.01×100,000通貨=1,600円となります。

XMのスプレッドを金額に変換する時には、ロット数に応じて1pipsあたりいくらになるか覚えるていると計算が早いです。普段取引するロット数は大体同じ数値だからです。

「1ロットで1pips動いたら1,000円、0.1ロットで1pipsなら100円、10ロットで1pipsなら10,000円」というように覚えておけばスムーズに計算できるでしょう。

損益金額の計算にも応用できるので、スプレッドを金額に変換する計算方法は必ず覚えておきましょう。

XMのスプレッドは変動制

XMに限らず、変動制スプレッドを採用しているブローカーのスプレッドは、取引の流動性に影響を受けています

流動性が高いとスプレッドは狭くなり、逆に流動性が低いとスプレッドは広がります。

基本的には、極端に流動性が下がらない限り、XMのスプレッドは平均値で安定しています。

早朝や指標前後の時間帯はスプレッドが広がりやすい

XMのスプレッドは安定しているとはいえども、気をつけておかなくてはならない時間帯もあります。

それが、早朝や注目度の高い経済指標が発表される前後です。

早朝や注目度の高い経済指標が発表される前後は、取引をする人がかなり減ってしまい、スプレッドも広がる傾向にあります

スプレッドの広がりの影響を受けたくないという方は、欧州・ロンドン市場やニューヨーク市場が開いている時間帯など取引が活発に行われている時間にトレードするようにしましょう。

リアルタイムスプレッド表示の見方・確認方法

時間帯によってスプレッドが変動するからこそ、取引前のリアルタイムスプレッドの確認が大事です。

XMではMetaTrader4(MT4)/ MetaTrader5(MT5)が取引ツールとして提供されており、リアルタイムスプレッドはその取引画面から確認できます

リアルタイムスプレッドを確認するには、まず、ダウンロードしてあるMT4/MT5を開いてログインしてください。

ログインができたら、PCなら気配値表示内で右クリックをして「スプレッド」をクリックします。 スマホの場合は気配値一覧の箇所にリアルタイムスプレッドが表示されています。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのドル円スワップポイントの詳細

スワップポイントは長期保有をする人にとって非常に重要になります。

次に、XMのドル円のスワップポイントについても詳しく見ておきましょう。

ロールオーバー時に加算

ロールオーバーとは、スワップポイントが加算される時間のことを指します。

XMの日本時間におけるロールオーバー時間は、以下の通りです。

XMのロールオーバー時間(日本時間)

(冬時間)平日:6:50~7:05/土曜:6:50~7:05
(夏時間)平日:5:50~6:05/土曜:5:50~6:05

日本時間の朝方に付与されるので、スワップを受け取りたい場合はロールオーバー時間の15分間は保持するようにしましょう。

サマータイム制度が採用されているため、夏時間と冬時間とで1時間ずれが生じる点にも注意してください。

スワップポイントを金額に変換する計算方法

スワップポイントは、以下の計算式を使えば付与される金額を割り出すことができます。

スワップポイントにより付与される金額の計算式

表示されているスワップポイント× 取引通貨量÷1,000 = スワップポイントにより付与される金額

例えば、スワップポイントが「13.06」となっている時に1ロット(100,000通貨)のポジションを保有していたなら、付与される金額は「13.06×100,000通貨÷1,000=1,306円」となります。

毎週水曜日はスワップ3倍デー

XMのスワップポイントは、土・日には付きません。

その代わり、土・日の分が水曜日(日本時間:木曜日の朝)に付与されるため、水曜日はスワップが3倍になります。

曜日スワップ付与額
月曜日1日分
火曜日1日分
水曜日3日分
木曜日1日分
金曜日1日分
土曜日無し
日曜日無し
XMのスワップ付与日程

スワップをより多く受け取りたい場合は、水曜日に受け取れるようポジション保有期間を調節するといいでしょう。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのドル円取引に関する注意点

最後に、XMのドル円取引に関する注意点について確認しておきましょう。

XMのドル円取引に関する注意点は、以下の3つです。

XMのドル円取引に関する注意点
  • 雇用統計などの重要経済指標の前後は急な相場変動に備える
  • 複数口座・複数業者での両建ては禁止
  • EAを使った自動売買も可能

それぞれ順番に詳しい内容を解説していきます。

雇用統計などの重要経済指標の前後は急な相場変動に備える

XMのドル円を取引する時には、雇用統計などの重要経済指標の前後は急な相場変動に備える必要があります。

先述したように、重要経済指標の前後は大きな動きがあり、ドル円であっても数分で100pips以上動くことも珍しくありません。

うまく波に乗ってトレードできればいいのですが、もし予想が外れて逆の動きをすると、大きな損失を出すことになります

雇用統計などの重要経済指標の前後は、大きな損失を出さないようにポジションの整理をしておきましょう。

複数口座・複数業者での両建ては禁止

XMでは複数口座・複数業者での両建ては禁止となっているため注意が必要です。

両建てとは、同じ通貨ペアにおいて「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することで、一時的に損失の拡大を防いだり、つなぎ売買したりする手法のことです。

この両建てですが、XMでは同じ口座内での両建てのみが許可されており、複数口座・複数業者での両建てをすると厳しいペナルティが課されます

禁止行為をすると、出金ができなくなったり、口座が凍結されるなどの措置が取られるので、絶対にしなように注意しましょう。

EAを使った自動売買も可能

XMでは、どの口座タイプでもEAを使った自動売買が可能です

ただし、複数口座でEAを稼働させる場合は、利用規約で禁止されている「複数口座間の両建て」に該当する可能性が出てくるため注意が必要です。

複数の口座でEAを稼働させる場合は、「それぞれ違う取引通貨ペアをトレードする」などの対策をしておきましょう。

XMのドル円取引に関するよくある質問

XMでドル円を1ロット取引するには証拠金がいくら必要でしょうか?

レートが変わると必要証拠金も変わりますが、約13,000円ほどの証拠金で取引可能です。

XMではEAを使った自動売買でドル円を取引できますか?

XMではどの口座でもEAを使った自動売買が可能です。

XMはドル円を最大何倍のレバレッジでトレードできますか?

XMでは最大1,000倍のレバレッジでドル円を取引することができます。

XMはボーナスを使ってドル円を取引することができますか?

はい、可能です。

XMは口座開設ボーナスや入金ボーナスなどを使ってドル円を取引することができます。

XMのボーナスキャンペーン

XMTradingでは新規口座開設をするだけで取引に使える13,000円分のボーナスを配布中

通常3,000円のボーナスが大幅に増額されている今がチャンスです。

ボーナス自体の出金はできませんが、ボーナスを使って稼いだ利益は無制限に出金可能

さらに!入金額に応じて最大10,500ドル(約130万円)のボーナスがもらえる入金ボーナスキャンペーンも。
※対象はスタンダード口座、マイクロ口座のみ

資金2倍ボーナスを活用してFXトレードを有利に進めましょう!

\海外FXで人気No.1!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

>>>XMのボーナスの詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次