海外FXスキャルピング最強業者
Exnessは現行海外FXで最強のスキャルピング業者
最新ボーナス情報
【11月最新】海外FXの口座開設ボーナス高額ランキング2023 ※マイナー業者含む
海外FXのおすすめ業者ランキング
【4月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

Exness(エクスネス)の口座開設方法と手順【2024年4月最新】

Exnessの口座開設からトレード開始までの手順【完全保存版】

Exnessの口座開設は最短3分で完了します

すべて日本語ページで進められるものの、細かいポイントで選択肢に迷う点もあるかもしれません。

この記事では実際の口座開設画面に沿って正しい入力方法をお見せするので、2つの画面を開いて読み進めながら取引開始まで進めていきましょう

\最短3分で完了!/

※公式サイト:https://www.exness.com/ja/

目次

Exness(エクスネス)の口座開設:大まかな流れ

Exnessの口座開設:大まかな流れ
Exnessの口座開設の流れ
  1. 新規会員登録フォームから申し込み
  2. メールアドレス・電話番号の認証
  3. プロフィール詳細と必要書類の提出
  4. 書類の審査・承認で完了

Exness(エクスネス)の口座開設は、上記の流れに沿って行います。

全てウェブ上で完結するため、手続きの完了目安は3分程度です。必要な書類の提出・受理が完了すれば、その日から取引を始めることもできます。

口座開設に必要なもの

Exness(エクスネス)の口座開設を最短で終えるために、あらかじめ必要な書類を手元に準備しておきましょう。

身分証明書
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
居住証明書
  • 国民健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 在留カード
  • 銀行口座の明細書
  • 電気・ガス・水道などの領収書
  • クレジットカード明細書
  • 住民票

上記の中から、身分証明書と居住証明書(現住所確認書類)を各1点ずつ用意しましょう。

身分証明書は両面、居住証明書は住所・フルネーム・発行日もしくは有効期限が確認できる画像をExnessへ提出します。

口座開設できる人の条件

Exness(エクスネス)の口座開設ができる人の条件は以下の2つです。

  • 18歳以上であること
  • 身分証明書・居住証明書を提出できること

年齢が18歳以上であり、本人確認書類(身分証明書・居住証明書)の提出が可能であれば、誰でもExnessの口座を開設することができます。

Exness(エクスネス)の新規口座開設手順①:会員登録

Exnessの新規口座開設手順①:会員登録

ここではExness(エクスネス)の新規口座開設手順を、実際の手続きの画像にそってご紹介します。

まずは「Exnessの新規会員登録フォーム」を開きましょう。

ステップ1:フォームに必要事項を入力する

Exnessの新規会員登録フォームでは、以下の3つの項目を入力しましょう。

  • 居住国/地域:住んでいる国を選択する
  • メールアドレス:メールアドレスを半角で全て入力する
  • パスワード:設定したいパスワードを入力する

必要事項に入力したメールアドレスは、Exnessにログインする際など今後も使うため、有効なメールアドレスで登録しましょう。

また、パスワードは「8文字~15文字の英数字かつ、大文字・小文字を混ぜて使用する」など設定条件に注意が必要です。

ステップ2:新規会員登録を申請する

必要事項の入力が完了したら「納税義務のある米国市民・米国居住者ではないこと」に関する同意欄にチェックを入れましょう。

ここまで完了しましたら「続行」をクリックしてExnessの新規会員登録を申請します。

ステップ3:リアル口座かデモ口座を選択する

次に本取引口座(リアル口座)かデモ口座を選択します。

利益を稼ぐには本取引口座に入金して、リアルマネーで取引を始める必要があります。

Exnessは少額からでも始められるため、どれだけトレードしても利益にならないデモ口座よりは少額ずつからでも実際のお金で実戦経験を積む方が身になります。

ステップ4:取引プラットフォームを選ぶ

Exnessの口座開設ステップ「取引プラットフォームを選ぶ」

最後に取引プラットフォームを選択します。

後から追加口座を開設する際に違う取引プラットフォームを選ぶこともできます。

他の海外FX業者で既にMT4やMT5に慣れている方はMetaTrader5を選ぶ方が使いやすくおすすめです。

ステップ5:Exnessの口座開設が完了

自動的にExnessのパーソナルエリア(会員ページ)が表示されます。

こちらの画面が表示されていれば、Exnessの本取引口座(リアル口座)の開設は完了です。

Exnessの口座開設では、初回だと口座タイプが「スタンダード口座(米ドル建て)」で開設されます。他の口座タイプや取引プラットフォームを選択したい場合は、新たに追加口座として開設しましょう。

Exness(エクスネス)の新規口座開設手順②:口座有効化

ここではExness(エクスネス)の口座を有効化する方法を、実際の手続き画面にそってご紹介します。

ここでご紹介する口座有効化の手順は、各ステップを完了するごとにマイページでできることが徐々に追加されていく仕組みになっています。

Exnessの口座有効化の流れ
  1. メールアドレスと電話番号の確認:最大2,000USDの入金と出金
  2. 本人確認書類の認証:最大50,000USDの入金
  3. 居住地認証:入金額無制限、クレカ入金の解放

クレジットカードでの入金や高額資金でのトレードを考えている方は、この機会に全ての操作を完了させておきましょう。

メールアドレス・電話番号・個人情報の確認【最大入金額2,000USD】

Exnessの新規口座開設手順ステップ②メールアドレス・電話番号・個人情報の確認

Exnessのパーソナルエリア(会員ページ)にログインしたら、上部に表示されている「プロフィールを完了」の黄色いボタンをクリックしましょう。

以下3つの項目が表示されるので、順に確認作業を完了させていきます。

  • メールアドレスの確認
  • 電話番号の確認
  • 個人情報
STEP
メールアドレスの確認

「コードを受信する」ボタンを押して、メールを受け取ります。

STEP
届いた番号をフォームに入力する

登録したメールアドレスに届いた6桁の番号を先ほどの画面に戻って入力します。

メールアドレスの確認が済んだら、次は電話番号の確認に移ります。

上記の3つの基本情報を提出すると、最大2,000USD(約28万円)の資金まで入金し取引を始めることができるようになります。

本人確認書類の認証【最大入金額50,000USD】

Exnessの本人確認書類の認証

メールアドレス・電話番号・個人情報の確認が完了しましたら、次は本人確認です。

まずはプロフィール詳細の入力と質問事項に回答していきます。

入力内容によって審査で落とされることはないので、正直に記入して問題ありません。

Exnessの必要プロフィール情報
  • 職業/業種:当てはまる職種や業界を選択
  • 雇用状況:働き方や身分を選択
  • 取引経験:FXに限らず株など含め投資の経験を回答
  • 口座開設の理由:当てはまるものを選択
  • 年収:おおよその年収に近いものを選択。
       20,000ドルは約280万円。50,000ドルで約700万円。
  • 財産総額:現金と口座預金の合計を回答
  • 収入・財産の出所:会社員の場合は「雇用/事業収益」を選択

プロフィールの詳細を入力したら、身分証明書の表面・裏面をアップロードします。

スマートフォンで撮影したものをアップロードするだけでOKです。

身分証明書
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード

身分証明書の提出が済み、無事に承認されると最大2,000USDまでの入金制限が緩和され、最大50,000USDまで入金できるようになります。

とは言えあとは住所確認書類を提出するだけで全てのステップが完了するため、最後までやりきってしまいましょう!

居住地認証【クレカ入金が解放】

住所確認書類に使える書類は以下の通りです。

居住証明書
  • 国民健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 在留カード
  • 銀行口座の明細書
  • 電気・ガス・水道などの領収書
  • クレジットカード明細書
  • 住民票

ページ内に記載されている必要な要件も確認して、アップロードが完了しましたら「書類を送信」をクリックします。

提出書類が承認・口座の有効化が完了

確認書類の提出を行った後、Exnessで承認されるとメールでお知らせが届きます。

ここまででExnessの口座の有効化は完了です。

基本的にExnessの審査は書類に不備がなければ通ります。だいたい24時間以内には審査が完了し、早ければ10分ほどで結果が来ることもあります。

審査が完了したらその勢いのままトレードを開始できる状態まで完了してしまいましょう。

Exness(エクスネス)でトレード開始するまでの流れ

Exnessでトレード開始するまでの流れ

ここではExness(エクスネス)の口座の有効化まで完了した後、実際にExnessでトレードを始めるまでの流れをご紹介します。

ステップ1:入金する

スクロールできます
入金方法最低入金額口座への反映出金手数料
クレジットカード
デビットカード(JCB/Master/VISA)
10ドル相当即時なし
国内銀行送金10ドル相当24時間以内
(最短20分)
なし
仮想通貨送金(BTC/USDT/USDC)10ドル相当72時間以内トランザクション手数料
Bitwallet10ドル相当即時なし
SticPay10ドル相当即時なし
Perfect Money10ドル相当即時なし
Webmoney10ドル相当即時なし
Exnessの入金方法

Exnessで取引を始めるには、まずトレード資金の入金が必要です。

Exnessが対応する7種類の入金方法から、ご自身の使いやすい決済・送金手段で入金をしましょう。

パーソナルページから入金する際の手順や各入金方法の詳細は以下の記事でご紹介しています。

ステップ2:MT4・MT5にログインする

Exnessの取引口座へMT4・MT5からログインしましょう。

パソコンから取引する場合は、口座に設定した取引プラットフォーム(MT4・MT5)をインストールしてログインします。

スマートフォンから取引する場合は、MT4・MT5のアプリからのログインが必要です。

ステップ3:取引する通貨ペアを選ぶ

MT4・MT5からExnessの口座にログインしましたら、取引したい通貨ペアを選んで取引を始めましょう。

PCからの場合は、上部メニューの「表示」→「気配値表示」をクリックして銘柄の一覧から通貨ペアを選択します。

スマートフォンのMT4・MT5アプリからは、下部の「気配値」から取引したい通貨ペアを選択しましょう。

Exness(エクスネス)の追加口座開設方法

Exness(エクスネス)では、新規口座開設だと初回は自動的に「スタンダード口座(MT5・米ドル建て)」が開設されます。

したがって、他の口座タイプで取引するには、追加口座の開設が必要です。

Exnessの各口座タイプの違いについて詳しく知りたい方は別ページを参考にしてください。

追加口座の開設方法
STEP
Exnessのパーソナルページにログインする

追加口座を開設するには、Exness公式サイトからパーソナルページ(会員ページ)にログインしましょう。

STEP
追加口座開設のページを開く

Exnessのパーソナルページにログインしたら、マイアカウントの画面に表示されている「新規口座開設」を選択しましょう。

STEP
口座タイプ・口座詳細を選択して完了

追加口座開設ページでは、最初に口座タイプの選択画面が表示されます。

使いたい口座タイプの「本取引口座開設」を選択しましょう。

口座の設定項目

口座タイプ:デモ口座・本取引口座(リアル口座)
取引プラットフォーム:MT4・MT5
最大レバレッジ:口座の最大レバレッジ
通貨:口座の証拠金通貨
口座のニックネーム:口座に任意の名前を設定
口座パスワードの設定:MT4・MT5のログインパスワードを設定

口座の詳細設定ページが表示されますので、上記の項目を設定して「口座開設」を選択すれば、Exnessの追加口座開設は完了です。

Exnessのデモ口座開設方法

ここでは、Exness(エクスネス)のデモ口座を開設する方法を確認しておきましょう。

取引の練習をしたい方は、リアル口座の利用をおすすめします。なぜならExnessは、100,000円以下の少額資金でも、無制限レバレッジで十分にトレードができるからです。

自動売買やトレード手法の検証などがExnessのデモ口座の主な使い道になります。

デモ口座の開設方法
STEP
Exnessのパーソナルページにログインする

デモ口座を開設するには、Exness公式サイトからパーソナルページ(会員ページ)にログインしましょう。

STEP
新規口座開設のページを開く

Exnessのパーソナルページにログインしたら、マイアカウントの画面に表示されている「新規口座開設」を選択しましょう。

STEP
口座タイプ・口座詳細を選択して完了

新規口座開設ページでは、デモ口座で使いたい口座タイプを選択しましょう。

口座の設定項目

口座タイプ:デモ口座を選択
取引プラットフォーム:MT4・MT5
最大レバレッジ:デモ口座の最大レバレッジ
初期残高:デモ口座のトレード資金
通貨:デモ口座の証拠金通貨
口座のニックネーム:口座に任意の名前を設定
口座パスワードの設定:MT4・MT5のログインパスワードを設定

上記の項目を設定して「口座開設」を選択すれば、Exnessのデモ口座の開設は完了です。

Exness(エクスネス)の法人口座開設方法

Exness(エクスネス)では、法人口座も提供しています。

しかしExnessの法人口座を開設するには、法人格であること以外に、個人口座である程度の取引実績が必要です。

Exnessの法人口座の開設条件
  • 個人口座で3ヵ月以上の取引実績がある
  • Exnessプレミアプログラムで「シグネチャー会員」になる
  • 法人口座の必要書類が提出できる

法人口座を開設する場合は、上記の条件を満たした状態でExnessのサポートへ連絡しましょう。

Exness(エクスネス)で口座開設する際の注意点

ここでは、Exness(エクスネス)の口座開設に関する注意点を3つをご紹介します。

  • デモ口座より少額でもリアル口座がおすすめ
  • 居住地域に注意
  • 口座開設ボーナスがない

デモ口座より少額でもリアル口座がおすすめ

Exnessのデモ口座を利用する際は、デモ取引の利用目的に注意しましょう。

なぜなら、取引の練習をする目的でExnessのデモ口座を利用することは効率が悪いからです。やはり、自己資金を使ったリアル口座の方がトレードの勝敗を大きく左右するメンタル面でも重要な経験をつめます。

また、Exnessのレバレッジ無制限とゼロカットを活用すれば、少額資金のトレードで十分にトレードが可能です。

居住地域に注意

Exnessで口座開設をする際は「居住地域」に注意しましょう。

居住地域(住んでいる国・地域)によっては、Exnessが利用できない場合があるからです。

Exnessが利用できない・Exnessが口座開設を受け付けていない国と地域は以下の通りになります。

アメリカ合衆国、アメリカ領サモア、ベーカー島、グアム、ハウランド島、キングマン・リーフ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、プエルトリコ、ミッドウェー島、ウェーク島、パルマイラ・アトール、ジャービス島、ジョンストン環礁、ナバッサ島、マルティニーク、 米領バージン諸島、合衆国領有小離島の国籍を有する方および居住者*のお客様を、Exnessは受け付けておりません。

Exnessのヘルプセンターより引用

また、Exnessは以下の国の居住者**であるお客様は受け付けておりません:

北米:カナダ、キュラソー、キューバ、シント・マールテン
南米:フォークランド諸島、ウルグアイ
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド、バヌアツ
アジア:北朝鮮、マレーシア、シンガポール
ヨーロッパ:オーランド諸島、アンドラ、オーストリア、ベラルーシ、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、アイルランド、コソボ、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、ノルウェー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、バチカン市国
アフリカ:セイシェル、スーダン、南スーダン、レユニオン島
中東:イラク、イラン、イスラエル、シリア、イエメン、パレスチナ自治区

Exnessのヘルプセンターより引用

上記の居住地域以外で「18歳以上で本人確認書類が提出できる方」なら、誰でもExnessで口座を開設できます。

口座開設ボーナスがない

Exnessでは「口座開設ボーナスはない」ことに注意しましょう。

多くの海外FX業者では、口座の開設・有効化が完了すると、トレード資金に使えるクレジットが貰える口座開設ボーナスを実施しています。

しかし、Exnessでは口座開設ボーナスを含めて、一切のボーナスキャンペーンを実施していません。

これにはExnessのハイスペックな取引環境が関係しています。詳しくはExnessのボーナスに関するページをご覧ください。

Exness(エクスネス)の口座開設に関するよくある質問

ここではExness(エクスネス)の口座開設に関するよくある質問にお答えしていきます。

Exnessへの細かな疑問や口座開設でつまづいた際は参考にしてください。

Exnessで初回の口座タイプを選べない?

Exnessでは、初回の口座タイプは選べません。

Exnessの口座開設の仕様上、新規会員登録の手続きを行うことになり、初回の口座は自動的に「スタンダード口座(MT5・米ドル建て)」で開設されます。

他の口座タイプは、追加口座で開設しましょう。

無制限レバレッジが選べない場合は?

無制限レバレッジは、口座開設が完了した段階では選択できません。

Exnessの代名詞と言える無制限レバレッジは、以下の条件を満たしていると選択できます。

無制限レバレッジの利用条件
  • リアル口座で10回以上の取引を行う
  • リアル口座で往復5ロット以上の取引を行う
  • 口座残高が1,000ドル相当以下

Exnessの無制限レバレッジは、10回以上の取引と往復5ロット以上の取引実績で選択できます。

ただし、口座残高によるレバレッジ制限があるため、口座残高は1,000ドル相当以下で無制限レバレッジは利用可能です。

Exnessの運営会社はどこですか?
項目詳細内容
運営会社Exness (SC) Ltd
登録番号8423606-1
登記国セーシェル共和国
運営会社の所在地9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles
設立2008年
ウェブサイトhttps://www.exness.com
電話番号(+248) 4346767
メールアドレスsupport@exness.com
金融ライセンスセイシェル金融庁(FSA)ライセンス番号:SD025
Exnessの運営情報

日本を含めてアジア圏で利用できるExnessとは、Exnessグループの1つである「Exness (SC) Ltd」によって運営されています。

Exness本社は、キプロス共和国にあり、月間の取引量が300兆円を超えるほどの大手FXブローカーです。

口座のログイン情報の確認方法は?

ExnessでMT4・MT5から取引する際に必要なログイン情報は以下の手順で確認できます。

ログイン情報の確認方法
STEP
パーソナルエリアにログインする

Exnessの公式サイトから、パーソナルエリア(会員ページ)にログインしましょう。

STEP
口座の操作メニューから口座情報を開く

パーソナルエリアでは、口座の横にある「操作メニュー(歯車のアイコン)」をクリックして「口座情報」を開きましょう。

STEP
MT4・MT5のログイン情報を確認する

MT4・MT5のログイン情報が表示されます。

サーバーアドレスや口座の番号はこちらで確認しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次