【7月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7
海外FX業者おすすめ比較ランキング!日本人に人気の口座TOP10【2024年最新版】

海外FXでおすすめされるのは高いレバレッジ・豪華ボーナス、そして追証や借金のないゼロカットがあり「ローリスクハイリターン」を狙える業者です。また、近年ではHPから会員ページまで全て日本語で利用できる業者も増えてきました。

この記事では、海外FXが初めての方でも安心して利用できる海外FX業者について、安全性と信頼性の評価によりスクリーニングした後、これまでの実績を踏まえた総合的な観点からおすすめの10社にまで絞ってランキングにしました。

また、現役プロトレーダーが利用しているハイスペックな海外FX口座を3つ厳選し、トレード手法に応じて使い分けできるように各口座の特徴を解説しています。

海外FXおすすめランキング

※業者名をタップで記事内の詳細説明の箇所へジャンプします。

初心者向けおすすめ業者ランキング

プロが使うおすすめ口座ランキング

なお、入金額に応じて資金が増やせる「海外FXの高額入金ボーナスランキング」や無料の口座開設だけで取引資金がもらえる「海外FXの口座開設ボーナスランキング」も、別ページで日々最新情報を更新しているので興味があればご覧ください。

この記事は、金融庁財務局消費者庁国民生活センターの発信する情報を元に、株式会社グローバル・ファイナンスがコンテンツ制作ポリシー・編集基準に則り独自で作成しています。なお、ランキングの決定にあたり海外FX業者との間で金銭の授受等は一切ございません。

目次

海外FXのおすすめ比較ランキングTOP10一覧表【2024年5月】

さっそく海外FX業社のおすすめランキングを表にまとめました。

スクロールできます
海外FX業者特徴・強み解説


XMTrading
日本人ユーザー数No.1の安全性と信頼性
・豪華ボーナスで海外FXの資金をサポート
XMTradingの詳細

第2位
FXGT
仮想通貨取引で海外FX業界をリード
・豪華ボーナスで海外FXの資金をサポート
FXGTの詳細
Exnessのロゴ
第3位
Exness
無制限レバレッジで少額から爆益を狙える
・業界No.1クラスの狭小スプレッド
・FX中級者〜上級者向け
Exnessの詳細
第4位
BigBoss
・業界最高クラスの
豪華ボーナスキャンペーン
最大2,222倍レバレッジ
BigBossの詳細
第5位
easyMarkets
独自性と機能性が高いサービスを提供
・dealCancellationで損失の出た取引をキャンセルできる
・相場が急変動したときにレートを止めて注文できる
easyMarketsの詳細
第6位
AXIORY
・1注文1億通貨まで大口取引に対応
・安定した低スプレッドと高い約定力
AXIORYの詳細
第7位
TitanFX
・サービスとサーバー環境の改善が早い
・安定した低スプレッドと高い約定力
TitanFXの詳細
第8位
ThreeTrader
主要銘柄のスプレッドが業界最狭ThreeTraderの詳細
第9位
IS6FX
期間限定ボーナスキャンペーンが豊富IS6FXの詳細
第10位
IronFX
入金ボーナスが高額で口座の種類が多いIronFXの詳細
海外FXおすすめ比較ランキング

海外FX初心者の方は、ボーナスで資金を増やしてトレードできるXMTradingFXGTがおすすめです。

スプレッドや高いレバレッジを駆使して、スキャルピングなど短期爆益を狙いたい方はExnessが最適な業社になります。

いきなり業社を紹介されても、海外FX業社を選ぶ基準が分からなくて決められない方は次の「海外FX業者の選び方」の章をご覧ください。

海外FXを始める前に知っておくべき注意点

海外FXで余計なリスクを取らないために、注意点も確認しておきましょう。

国内FXとは大きく異なる重要なポイントを順番に解説します。

日本の金融ライセンスを保有していない

海外FXのサービスを提供する業者は、日本の金融ライセンスを保有していません。金融庁の監督下に入ると、海外FXならではの以下の取引サービスの提供が禁止されるためです。

  • 最大25倍~無制限のハイレバレッジ
  • 口座残高のマイナス分を補填するゼロカット
  • 豪華な新規口座開設・入金ボーナス

海外FXがおすすめな理由は、豪華なボーナスを使って損失リスク0でトレードができることと、口座残高がマイナスになっても業者が全額補填してくれる(ゼロカット)ので、恐れずにハイレバレッジが使えることです。

一方で、日本の金融ライセンスを保有していない海外FX業者とトラブルが生じた場合には、全て自己責任となります。特に名の知れないマイナー業者にてトレードで稼いだ利益を出金拒否される事例が度々報告されています。

そのため、海外FXを始める際には安全性と信頼性が高い業者を選ぶ必要があり、その評価基準の一つとして海外における金融ライセンスが有効です。

日本の金融ライセンスとは:第一種金融商品取引業に登録して、FXなどの金融サービスを提供することを金融庁から許可されることです。

海外FX口座の利用は違法ではない

海外FX業者は日本で金融ライセンスを取得していませんが、ユーザーが海外FX口座を利用すること自体は違法ではありません

海外FX業者の情報を調べていて「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」の書類をすでにご覧になったのではないでしょうか。

無登録で金融商品取引業を行う海外FX業者
引用:金融庁「警告書の発出を行った無登録の海外所在業者

金融庁は、海外FX業者が公式サイトやブログを日本語にして各種商品を紹介していることが営業行為に当たるとして警告を発しています。

つまり「海外でハイレバレッジなどのサービスを提供するのは構わないが、日本居住者がインターネットを通じて利用するように勧誘しないで下さい」と言っているわけです。

海外FX業者側としては日本に居住する日本人向けにサービス提供を行なっているのではなく、海外在住の日本人向けに日本語でサービス提供をしています。

いずれにしても、金融庁の警告は海外FX業者の日本語による勧誘行為を対象にしており、利用するユーザーの行為の違法性は問われていません

この点について詳しく理解されたい方は「海外FXの違法性」の記事を合わせてご覧ください。

悪質な出金拒否・停止する業者がある

海外FXの最大の注意点は、悪質な出金拒否や出金停止をする業者がいまだに存在することです。SNSを通じたキャンペーンで日本人ユーザーに入金させ、その後にお金を持ち逃げするマイナー業者の報告が上がっています。

2023年に業界を騒がせたのが、大手海外FX業者のGEMFOREX(ゲムフォレックス)による出金拒否です。5月31日にサービス停止を決定する直前までユーザーに入金を促していたため、批判の声が数多く見られます。

悪質な出金拒否や停止への対策は、最初から安全性が約束されている海外FX業者を利用することです。XMTrading(エックスエム)のように2009年に設立されてから信頼と実績を積み上げ、日本人ユーザー数が圧倒的No.1の業者であれば余計な心配をせずにすみます。

当サイトでは、過去に悪質な出金トラブルを起こしたことがなく、十分なサービス提供の実績を残しており、取引環境に優れた海外FX業者を選び抜いて紹介しています。

各業者の出金拒否の実績や噂については「業者別の出金拒否検証ページ」を参考にしてください。

ハイレバレッジで大きな損失を出すリスク

ハイレバレッジは海外FXの魅力ですが、大きな損失を出すリスクを併せ持っています。レバレッジ1,000倍を提供する業者も増えてきており、Exness(エクスネス)に至っては無制限レバレッジを提供しています。

1万円ほどの少額資金から高額利益を目指す「海外FXの1万円チャレンジ」や「海外FXで億り人を目指す」などハイレバで稼ぐ夢も膨らみますが、入金したお金にフルレバレッジをかければ一瞬で資金を溶かすリスクがあるので注意してください。

ただし、ハイレバレッジは初心者にこそ活用してほしいサービスです。ロット数を小さくすれば、少ない資金でもロスカットされずにトレードの練習ができます。

一攫千金を狙ったギャンブルトレードが注目されがちですが、レバレッジを活用して証拠金維持率を高くして安全なトレードができるメリットのほうが遥かに大きいでしょう。

取引手数料が発生する

海外FXではスプレッドの他にも取引手数料が発生する場合があるので注意しましょう。初心者の方が利用するスタンダード口座では手数料がかからない口座が多いものの、プロ向けのスプレッドが狭い口座には一般的に取引手数料がかかります。

比較項目スタンダード口座プロフェッショナル口座
スプレッド0.5pips~0pips~
取引手数料無料往復4ドル/ロット~
初心者向け/プロ向け口座のスプレッドと取引手数料の例

国内FXの取引コストの計算ではスプレッドのみで算出できますが、海外FXでは口座タイプによって異なります。

海外FXでスプレッド意外に発生する手数料については「海外FXの手数料一覧」のページをご覧ください。

出金や資金移動でボーナスが消失する

海外FXの口座から銀行やオンラインウォレットに出金するとボーナスが消失するのが一般的です。また、同じ業者で作ったA口座からB口座へ資金を移動した際にもボーナスが消失する場合があるので注意してください。

例えば、XMTradingでは口座から出金した金額と同じ割合のボーナスが消失します。また、XM内の口座間の資金移動でボーナスが消失することはなく、移動させる資金と同じ割合のボーナスがいっしょに移動します。

海外FX業者によってボーナスの消失ルールが異なるので、受け取ったボーナスを消滅させないために注意しましょう。

各社のボーナス消滅条件については「海外FXの入金ボーナス一覧とランキング」のページにまとめています。

税金の未払い(課税逃れ)はバレる

海外FXでたくさん稼いだ後に確定申告をしないと税務署にバレます。意図的な税金の未払い(課税逃れ)がバレた場合、追徴課税でより多くの税金を払わされます。

税務署が海外FX口座の取引履歴を要求した場合、業者には開示する義務があります。また、海外FX口座を経由した100万円以上の入出金は国外送金等調書が発行されて税務署に通知されています。

税務署は海外FX口座のお金の流れを細かく調査できることから、当局次第で税金の未払い(課税逃れ)はすぐにバレる仕組みができています。

海外FXで稼いだ利益の税金や確定申告のルールについては別ページに詳しくまとめています。

続いて、海外FXのメリット・デメリットを国内FXと比較して解説します。すでに海外FXのことを知っている方は、海外FXのおすすめ業者ランキングから読み進めていただき、ご自身の目的に合った業者の発見にお役立てください。

海外FX口座のメリット|国内FXよりも選ばれる理由

海外FX口座のメリットを12個に絞って紹介します。

国内FXよりも選ばれる理由そのものでもあるので参考にしてください。

口座開設ボーナスで損失リスクゼロで始められる

海外FX口座の最大のメリットは、口座開設ボーナスのみを使って損失リスクをゼロにしたトレードができることです。

国内FXでは、新規で口座開設した後に1万通貨以上の取引を完了することで数千円のキャッシュバックがもらえる程度ですが、海外FXであれば最初から1万円以上のボーナスを受け取れてそのまま取引に使うことができます

海外FX業者口座開設ボーナス金額リンク
FXGT15,000円分
(通常5,000円分)
>ボーナスを受け取る
XMTrading13,000円分>ボーナスを受け取る
IS6FX当サイト限定23,000円分
(通常3,000円分)
>ボーナスを受け取る
海外FXでおすすめの高額な口座開設ボーナス

口座開設ボーナスを出金することはできませんが、トレードの証拠金として使うことができるので未入金ボーナスとも呼ばれています。

例えば、FXGTで口座開設をして受け取った15,000円分のボーナスに100倍のレバレッジをかければ、150万円分の取引が可能です。

新たに作ったFXGTの口座にお金を入金することなく取引できるので、仮に負けトレードになっても失うのはボーナスのみとなり、ユーザーが損することはありません。

海外FXの口座開設ボーナスについての最新情報をチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。常に最新の入金不要ボーナスについての情報を更新しています。
関連記事:海外FXの口座開設ボーナス高額ランキング

入金ボーナスで証拠金を増やせる

海外FXでは口座に入金するだけでボーナスがもらえる入金ボーナスもあります。金額にして5万円〜最大1,000万円まで、還元率では20%〜1,000%までと幅広く、証拠金に補充してトレードを有利にすることができます。

海外FX業者対象口座入金ボーナス金額
XMTradingスタンダード口座
マイクロ口座
最大10,500ドル分
(150万円相当)
FXGTスタンダード+
口座ミニ口座
Crypto Max口座
最大130万円分
BigBossスタンダード口座
デラックス口座
プロスプレッド口座
MASSスタンダード口座
最大約205万円分
海外FXでおすすめの高額な入金ボーナス

入金ボーナスを出金することはできませんが、証拠金にしてロスカットされにくくしたり、ハイレバレッジをかけて数千万円から1億円以上の金額を売買できるようになります。

国内FXでは、トレードに勝って利益を上げるまでは少ない資金だと証拠金維持率が低くて大きな勝負ができません。

一方で海外FXでは入金するだけでボーナスがもらえるので、証拠金にゆとりをもたせてハイレバトレードに使ったり計画的なナンピンに充てるなどしてトレードの選択肢を広げられます。

海外FXの入金ボーナスについての最新情報をチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。常に入金ボーナスについてのお得な情報を更新しています。
関連記事:海外FXの入金ボーナスキャンペーン一覧

ハイレバレッジで少額から大きく稼げる

海外FX口座を利用するメリットはハイレバレッジで1万円から数百万円、さらには1億円を稼ぐことも夢ではなくなります。

今回おすすめする海外FX業者の中でも、AXIORY(アキシオリー)のレバレッジ400倍が最も小さく、最大レバレッジはExness(エクスネス)の無制限となっています。予め失って良い金額さえ決めておけば、ハイレバレッジでギャンブルするのもありでしょう。

初心者の方には証拠金維持率を高くするために活用して、小ロットでリアルトレードの練習をすることをおすすめします。

海外FXのハイレバレッジには注意点や制限のルールがあります。最大レバレッジが高い業者とともに、有効活用するために知っておきたい内容をまとめたので、ぜひ参考にしてください。
関連記事:海外FXレバレッジ比較ランキング一覧

ゼロカットで追加証拠金の心配がない

海外FX口座で100倍を超えるハイレバレッジを安心して利用できるのは、ゼロカットシステムが導入されているからです。

国内FXでは相場が急変動して証拠金がマイナスになった場合、マイナス金額分を追加証拠金(追証)として入金しなければなりません。

一方で、海外FXでは業者がマイナス金額分を全額補填するゼロカットシステムにより、追証の心配をすることなくハイレバレッジで大胆に勝負を仕掛けることができます。

ゼロカットの詳細やシステムを悪用した場合の罰則については以下の記事を参考にしてください。
関連記事:海外FXのゼロカットとは?

ロスカット水準が低くて資金効率アップ

海外FX口座のメリットは、ロスカット水準が低くて資金効率がアップすることです。国内FXのロスカット水準が50~100%に対して、海外FXでは20%が業界のスタンダードになっています。

海外FX業者ロスカット水準最大レバレッジ
Exness0%無制限
XMTrading20%1,000倍
FXGT20%1,000倍
BigBoss0%or20%
※設定により変動
2,222倍
easyMarkets30%2,000倍(MT5口座のみ)
海外FX業者の最大レバレッジとロスカット水準

Exness(エクスネス)はハイレバレッジにフォーカスできる条件を追求しており、ロスカット水準を0%にしています。ルール通りに損切りできないと大損失を出すリスクにもなりますが、プロトレーダーには資金を有効活用できるメリットになります。

コピートレードで成功者と同じ稼ぎになる

コピートレードのメリットは、いま一番稼いでいるプロトレーダーと同じ成績を出せることです。ユーザーの口座が自動的に紐づけされて、プロトレーダーの取引結果がそのまま海外口座に反映されます。

日本では免許が必要になるので選べるコピートレード(ストラテジー)が少ないですが、世界では優秀なトレーダーが自ら稼ぎつつ、ユーザーからも手数料を受け取れることから海外FX業者に多数登録しています。

毎月勝ち続けているプロトレーダーを選べば、ユーザーは取引をしていなくても海外口座の資金が勝手に増えていきます。成果報酬制のストラテジーにしておけば損を出しているのに手数料まで差し引かれることはありません

また、エントリーから決済までのタイミングをプロの取引から学習できるメリットもあります。FX初心者の方が独学で稼げるようになるまでは長い道のりなので、海外FXのコピートレードの活用がおすすめです。

10通貨から損失100円未満でFXができる

大手業者は初心者向けに少額から取引できるマイクロ口座を用意しています。この口座では10通貨から取引できるので、損失額を100円未満にしてリアルトレードを実践できます。

ドル円が150円のときに10通貨をロングすると1,500円分(150円 × 10通貨)のポジションになり、1円(100pips)の値下がりで損切りしても、損失額は10円で済みます。

スキャルピングならもっと小さな損失額で済むので、スプレッドを考慮しなければ、1日100円の予算で何十回も練習ができるでしょう。

毎月の収支がプラスで安定していない方は、海外FXのマイクロ口座で10通貨からトレードの検証をしてみてはいかがでしょうか。

XMTradingではマイクロ口座かスタンダード口座の新規口座を開設するだけでリアルトレードの練習につかえる13,000円分のボーナスがもらえます。XMのマイクロ口座の詳細は以下の記事を参考にしてください。
関連記事:XMマイクロ口座の特徴 メリット/デメリット

最大1億通貨で数億円単位の取引もできる

海外FXの大口取引におけるメリットは、1回の取引で1,000万通貨を超える注文に対応する業者が複数あることです。購入した通貨の数量に対して、どれくらいの取引金額になるかを確認しましょう。

海外FX業者最大取引数量ドル円140円の取引金額
AXIORY1億通貨140億円
FBS5,000万通貨70億円
Exness2,000万通貨28億円
TitanFX1,000万通貨14億円
海外FXの1注文における最大取引数量と取引金額

いずれの海外FX業者も流動性が確保されている限り、1回あたり10億円を超える注文を処理できます。

流動性とは:取引がどれくらい行われているかを表す尺度です。流動性が高いと言った場合、市場に買い注文と売り注文がたくさんあるため、希望の価格と数量で売買が成立しやすくなります。

続いて、国内FXを確認しましょう。

国内FX最大取引数量ドル円140円の取引金額
SBI FXトレード1,000万通貨14億円
みんなのFX500万通貨7億円
楽天FX200万通貨2.8億円
DMM FX100万通貨1.4億円
国内FXの1注文における最大取引数量と取引金額

大口取引に対応するSBI FXであっても最大取引数量は1,000万通貨となり、DMM FXの100万通貨が国内FXでは標準的な水準となるため、海外FXの方がスケールしやすい環境です。

FX・仮想通貨・株式など商品数が多い

海外FX業者が提供する商品はFXだけではなく、仮想通貨(暗号資産)や株式など複数の商品を同時に取引できます。

日本の証券会社では異なる商品を取引するために、新たな口座開設が必要になる場合もありますが、海外FX業者は1つの口座から全ての商品を取引できるのが一般的です。

ロンドン時間にハイレバレッジを利用したポンド円で10万円を稼ぎ、その利益をそのままビットコインに投資することもできます。

口座を切り替えることなく複数の商品を取引できるため、絶好のトレードタイミングを捉えやすくなります。

高機能ツール(MT4/MT5/cTrader)を無料で使える

海外FXでは、FXとCFDで世界標準の取引ツールであるMT4と機能性がアップしたMT5を無料で利用できます。また、スキャルピングの注文をより早く実行できるcTraderを無料提供する業者もあります。

MT4/MT5/cTraderには高機能チャートが標準搭載されており、トレンド系/オシレーター系インジケーターを使った高度なテクニカル分析が可能です。

国内FXでは初心者向けとプロ向けで取引アプリが分かれていたり、各社が独自に開発しているのでそれぞれのツールに慣れる必要があります。

一方で海外FX業者はMT4/MT5を無料で提供しているので、どの業者を利用してもツールの使い方を一から調べる必要がありません。

NDD方式で取引の透明性が高い

海外FXでは注文を約定させる方法としてディーラーが仲介しないNDD(No Dealing Desk)方式を採用しているので、取引の透明性が高くなります。

一方で、DDではユーザーとインターバンク市場の間にFX業者のディーラーが入って取引するので、不正行為が働きやすいとされています。

NDDのデメリットは、インターバンク市場の流動性への依存性が高く、相場状況によってはスリッページが多発することです。自社でユーザーの注文を処理しない前提なので、市場からの価格提供に従うにほかなりません。

NDDは透明性の高い取引方式ですが、DDの即時約定のメリットが失われている点を押さえておきましょう。

XMの次世代NDD方式に注目:XMは自社の潤沢な流動性の中でユーザー同士の注文を成立させる完全にシステム化したDD方式を導入し、NDD方式と組み合わせることで高い約定力を実現しています。

EA(自動売買)を運用しやすい

海外FXでMT4/MT5を使えるメリットは、EA(自動売買)を運用しやすいことです。

EAとは:Expert Adviserの略称で、MT4/MT5にセットすることで自動的に売買が行われるプログラムを指します。

海外FX業者はMT4/MT5を無料提供しているので、EAのみセットすれば自動売買で不労所得のチャンスが広がります。

国内FXでは業者が選定したストラテジー(自動売買の戦略)に限定してユーザーが選べるサービスはありますが、一般的にストラテジー自体は相場に合わせて調整できません。また、ストラテジーの種類が少ないために、いま稼ぎやすい銘柄で運用できないことが多くなります。

その一方、MT4で稼働できるEAは7,200本、MT5では3,620本が販売(※)されています。ドル円の上昇相場に特化したスイングトレードなど、銘柄・相場状況・トレードスタイルごとにご自身の希望に合わせてEAを運用しやすくなります。
(※)MQL5マーケットにおける販売本数(2023年7月11日付)

海外FX口座のデメリット|国内FXにはないリスクも紹介

続いては、海外FX口座のデメリットを解説します。

国内FXにはないリスクも含まれるので、しっかり確認していきましょう。

信託保全が義務化されていない

1つ目のデメリットは、海外FX口座で運用している資産が信託保全されていない場合があることです。

信託保全とは:ユーザーが海外口座に入金したお金やFXで得た利益を業者が外部の金融機関に預けて管理する仕組み

信託保全では海外FX業者の経営資金とユーザーの資産が別々に管理されるので、業者が経営破綻した場合には信託先の金融機関から全額返還されることが前提となっています。

国内FX業者には信託保全が義務化されている一方で、多くの海外FX業者は分別管理を採用しています。分別管理とは海外FX業者自身がユーザーの資産を自社の経営資金と分けて管理することで、外部の金融機関は一切関与していません。

そのため、経営が悪化した際にはユーザーの資産が横領されたり、破綻した場合には差し押さえられて返還されないリスクがあります。

また、信託保全をしているとする海外FX業者は複数ありますが、国内FX業者とは異なり、信託保全先と破綻時の資産返還スキームを明示しないことが海外FXの慣習となっているため、ユーザーが信頼しきれないデメリットと言えます。

国内FXのスプレッドより広い傾向にある

2つ目のデメリットは、国内FXのスプレッドより広い傾向にあることです。国内FXではドル円0.2銭原則固定など、日本人に人気のクロス円に絞り込んで極狭スプレッドが提供されています。

一方で海外FXでは変動スプレッドが採用されているため、時間帯や相場状況に応じてスプレッドが変化しており、日本時間の早朝や経済指標前後でスプレッドが広がる原因になります。

ただしExness(エクスネス)をはじめ、一部の海外FX業者はトレーダーがたくさん売買する時間帯における主要通貨ペアで固定スプレッドを提示しています。

海外FX口座の固定スプレッドの例
  • Exnessの全ての口座:主要通貨ペアでは90%の時間帯で固定スプレッドを提示
  • Exnessのゼロ口座:主要通貨ペア28銘柄において取引時間の95%でゼロスプレッドを提示

Exnessの他に固定スプレッド方式を提供する業者はeasyMarkets(イージーマーケット)IronFX(アイアンFX)FBS(エフビーエス)です。

また、変動スプレッドが固定スプレッドよりも劣っているわけではなく、銘柄や時間帯によって狭くもなります。この特性を上手に活用して、取引コストを下げていきましょう。

国内銀行あての海外送金の手数料が高い

海外FX口座のデメリットは、出金手段の1つである国内銀行あての海外送金の手数料が高いことです。国内FXでは通常無料ですが、海外FXでは以下の手数料が差し引かれます。

手数料名内容負担区分
出金手数料海外FX業者の
送金手続きの手数料
海外FX業者
または
受取人
円貨送金手数料
(リフティングチャージ)
円貨建てで海外から
送金する際にかかる手数料
受取人
被仕向送金手数料海外からの送金を
受け取る際にかかる手数料
受取人
受取銀行手数料国内銀行の
受け取り手続きの手数料
受取人
国内銀行あて海外送金の手数料の内訳

出金手数料は海外FX業者によって異なり、その他3つの手数料は海外送金を中継する銀行やユーザーが指定した受取銀行によって変わってきます。

海外FXでは出金手数料を海外FX業者がどれくらい負担してくれるかに注目します。例えば、XMTrading(エックスエム)では出金額が40万円以上が無料、40万円以下は2,500円の手数料がかかります。

出金手数料を考慮した上でいくらの利益を目指すのか考える必要があります。

クロス円のスワップポイントが低い

4つ目のデメリットは、高金利通貨のクロス円であってもスワップポイントが低いことです。国内FXではメキシコペソ、南アフリカランドのクロス円の買いスワップが高く、不労所得を得る投資対象としても人気です。

一方で海外FXでは高金利通貨のクロス円に高いスワップポイントが付きません。円建てで買い持ちしたい投資家には海外FX業者を利用する理由がなくなります。

ただし、海外FXでは高金利通貨の米ドルストレートに高いスワップポイントが付与される傾向にあります。そのため、米国と対象国の政治・経済のファンダメンタルズ分析が得意な方にはインカムゲインを得る手段として有効です。

トルコリラについて:大統領選挙を終えてからの暴落により、国内FX業者は更に見直しを行っているようです。海外FX業者では新規注文を停止している業者が複数あります。

個人がたくさん稼ぐと税金が高くなる

海外FX口座で稼ぎすぎると国内FXよりも税金が最大3倍にまで高くなります。

所得税の比較海外FX国内FX
所得税率最大45%一律15%
課税方法総合課税申告分離課税
海外FXと国内FXの所得税の比較

高すぎる税金によって海外FXで稼いでも意味がない(収益性が悪い)と考えがちですが、海外FXの税金の計算に適用される超過累進課税によって、一定の所得までは国内FXよりも税金が安くなります

超過累進課税とは:年間所得が一定額を超えた場合に、超えた分の金額に対してのみ、最も高い税率を適用する課税方式

国内FXの所得税率が一律15%であることを踏まえて海外FXと比較しましょう。

課税所得金額所得税率
195万円~329万9,000円10%
330万円~694万9,000円20%
海外FXの課税所得金額と所得税率

ざっくり見ると、海外FXのみの利益として330万円までであれば、国内FXよりも明らかに税金が安くなります。

課税所得金額とは、海外FXの利益(為替差益やスワップポイントなど)から必要経費を差し引き、さらに所得控除を受けた金額です。

個人が海外FXで納める税金の節税・計算・確定申告等の詳細については以下の記事を参考にしてください。税金を納めないで逃げ切れる抜け道がないことも確認できる内容です。
関連記事:海外FXの税金はいくら?

なお、海外FXで700万円を超えるようになったら法人化を検討しましょう。国内FX法人と同じ税率が適用されて大幅に節税できます。

続いて、海外FX初心者に向けて業者の選び方のポイントを解説します。すでに海外FXに取り組んでいる方は、海外FXのおすすめ業者ランキングから読み進めていただき、取引目的に合った業者選びにお役立てください。

失敗しない海外FX業者の選び方

海外FX業者の選び方について、失敗しないためのポイントを解説します。

目的に合った海外口座を利用するための参考にしてください。

会社オフィスを構えて従業員を雇っている

海外FX業者の中には租税回避のためにタックスヘイブンでペーパーカンパニーを作り、Web上のみで金融サービスを提供するところがあるようです。

タックスヘイブンとは:課税の免除や大幅に軽減される国や地域のことです。書類審査のみで作った会社(ペーパーカンパニー)によるサービス提供で得た利益に対する税金も安くなるので、課税逃れのために利用されています。

その一方、XMTrading(エックスエム)のように所在地を公開し、2009年設立からの歴史があり、実際に日本人サポーターの早く丁寧な対応を受けていれば、安全性が高くて信頼できる海外FX業者であることを体感で理解できます。

世界的ブランドとスポンサー契約済み

世界的に有名なブランドとスポンサー契約をしていれば、十分な資本力を備えており、健全な経営を行っている証明になります。

例えば、サッカークラブチームのレアルマドリードとアディダスのスポンサー契約では、2020年~30年までの契約金額は1年間で1億1000万ユーロであることが知られています。

また、海外FX業者はスポンサーシップの意義を明確にし、ブランド価値向上の施策をブランド側に受け入れてもらい、独自の審査基準に合格する必要があります。

この過程で、ブランド側は海外FX業者のビジネス戦略の卓越性はもとより、企業の実体を調査して問題がないことを確認するのが一般的です。

XMTrading(エックスエム)はエナジードリンク「レッドブル」グループでF1に参戦しているスクーデリア・アルファタウリとスポンサー契約をしています。

過去に悪質な出金拒否・遅延がない

過去に悪質な出金拒否・遅延があった海外FX業者を選ばないでください。たとえ豪華ボーナスキャンペーンや取引条件が良かったとしても、数ある海外FX業者の中から余計なリスクを取ることは避けましょう。

当サイトでは、日本人ユーザーが定着しており、強みのある取引条件を安定して提供する信頼性の高い海外FX業者を選りすぐっています。

当然、業者側の悪質行為による金銭的トラブルを引き起こしたところを排除しているのでご安心ください。

悪い評判がTwitterでシェアされていない

Twitterは詐欺行為をした海外FX業者を知るために役立ちます。悪い評判・口コミの拡散が早いので、入出金のトラブルはもとより、異常にスプレッドが広がったり、スリッページが連発するなどの取引に関する情報も調べられます。

2023年前半には、GEMFOREX(ゲムフォレックス)が出金停止をする傍らで入金ボーナスを配布していたことから、Twitterで警告的発信がされていました。同社は5月31日にそのままサービスの提供を停止したことから詐欺との疑いがかけられています。

海外FX業者各社のSNSやネットの口コミについては「海外FX業者の評判・口コミ」まとめページを参考にしてください。

海外FXの初心者は口座開設ボーナスで選ぶ

海外FX初心者には口座開設ボーナスが受け取れる業者をおすすめします。

口座開設ボーナスをそのまま引き出すことはできませんが、取引の証拠金として使えるので新しく作った口座に1円も入金せずに、ボーナスだけでトレードをしてそのまま口座資金を増やすこともできます。

初心者の方に海外FXをおすすめする理由は、口座開設ボーナスにハイレバレッジをかけてたくさんのトレード練習ができることです。

例えばXMTrading(エックスエム)で13,000円分のボーナスを受け取れば、一切入金しないまま、1,000倍のハイレバレッジによって1,300万円分の取引ができます。

ギャンブルトレードをしないで10通貨からコツコツ練習を重ねれば、口座資金を大きく減らすことなく安定して海外FXで稼げるときがくるでしょう。

稼いだ利益については制限なく出金できるので、未入金のまま資産を築くことも夢ではありません。

XMの口座開設ボーナスの受け取り方は別ページを参考にしてください。

海外FXの中上級者は取引スペックを重視する

すでに国内FXで毎月安定して稼いでいる方は、海外FX業者の比較はもちろん、同じ業者であっても口座タイプごとで異なる取引スペックまで比較して選ぶことをおすすめします。

例えば、Exness(エクスネス)ではプロトレーダー向けに3種類の口座タイプが用意されており、取引の目的に応じて使い分けができます。

スクロールできます
Exnessの
プロ向け口座の比較
約定方式スプレッドの特徴取引手数料
プロ口座Instant Execution
(スリッページなし、
リクオートあり)
0.1pips~
90%の時間帯で
固定スプレッドを提供
無料
ロースプレッド口座Markets Execution
(スリッページあり、
リクオートなし)
0.0pips~
90%の時間帯で
固定スプレッドを提供
最高で往復7ドル/ロット
ゼロ口座Markets Execution
(スリッページあり、
リクオートなし)
・0.0pips~
90%の時間帯で
固定スプレッドを提供
・95%の時間帯で

主要通貨ペア上位30銘柄を
ゼロスプレッド提示
・最低で往復0.4ドル/ロット
・主要通貨ペアは往復7ドル/ロットが標準
Exnessのプロ向け口座のスプレッドと取引手数料の違い

小口取引であればプロ口座がおすすめです。スリッページがなく、業界最狭クラスのスプレッドかつ取引手数料無料でトレードできます。

大口取引では、取引する銘柄ごとにロースプレッド口座とゼロ口座のスプレッドと手数料を比較して選びます。

このように業者間の比較だけでなく、口座タイプごとの比較をすることでご自身に最適な取引環境でトレードすることが可能になります。

スキャルピングトレーダーは安い取引コストで選ぶ

スキャルピングの利益率を高めるためには、取引コストが安い業者を選ぶ必要があります。スプレッドが狭いことに加えて取引手数料も安くなければなりません。また、業者によってはリアルタイムスプレッドが公表値とは随分異なることがあります。

海外FXのおすすめ業者ランキングの後で紹介する「スキャルピングでおすすめの海外FX口座」では約定力も考慮して海外口座を厳選したので、すでに海外FXを利用している方は業者の見直しとしてお役立てください。

海外FXのおすすめ業者ランキング

海外FX業者特徴・強み解説
XMTrading・日本人ユーザー数No.1の安全と信頼
・豪華ボーナスで海外FXの資金をサポート
XMTradingの詳細
FXGT・仮想通貨で海外FX業界をリード
・豪華ボーナスで海外FXの資金をサポート
FXGTの詳細
Exness・無制限レバレッジを誰でも使える
・業界No.1クラスの狭小スプレッド
Exnessの詳細
BigBoss・ボーナスキャンペーンが豪華
・最大2,222倍レバレッジ
BigBossの詳細
easyMarkets独自性と機能性が高いサービスを提供
・dealCancellationで損失の出た取引をキャンセルできる
・相場が急変動したときにレートを止めて注文できる
easyMarketsの詳細
AXIORY・1注文1億通貨まで大口取引に対応
・安定した低スプレッドと高い約定力
AXIORYの詳細
TitanFX・サービスとサーバー環境の改善が早い
・安定した低スプレッドと高い約定力
TitanFXの詳細
ThreeTrader主要銘柄のスプレッドが業界最狭ThreeTraderの詳細
IS6FX期間限定ボーナスキャンペーンが豊富IS6FXの詳細
IronFX入金ボーナスが高額で口座の種類が多いIronFXの詳細
海外FXおすすめ比較ランキング

2023年までの実績を通じて、安全で信頼できるおすすめの海外FX業者をランキングで紹介します。

特に海外FXを初めて使う方やこれからFXを始める方は、一番上のXMTrading(エックスエム)から順番に口座開設を検討してみてください。

第1位 XMTrading:業界最大手!日本人ユーザー数No.1の実績と信頼

海外FXでおすすめのXMTrading

海外FXのおすすめ業者ランキング、第1位はXMTrading(エックスエム)です。

XMの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

XMTradingの概要

XMTradingの特徴
  • 日本人ユーザー数No.1の実績が誇る海外FXを代表するブランド力
  • 世界196カ国(20言語)でサービスを展開するグローバル企業の一員
  • FCAラインセンスの保有継続など法令を遵守した経営の知見をグループで共有する

XMは日本人ユーザー数No.1で大人気の海外FX業者です。XMグループとして欧米やアジアの各国・地域に合わせた金融ライセンスを取得し、FXやCFDのサービスを世界中に提供しています。

XMは海外FXを象徴する豪華ボーナスで業界をリードしています。口座開設するだけで13,000円分のボーナスを受け取ることができ、1円も入金せずにXMの全サービスを無料体験できます。

メリットデメリット
日本人ユーザー数No.1で情報取得に困らない
初回の最低入金額が5ドルで負担が少ない
初心者向けの口座で10通貨からお試しできる
現金&ボーナスと交換できるポイントが貯まる
豪華ボーナスあり XMのボーナスキャンペーンで解説
利益の出金が銀行送金のみ
株式CFDの取り扱いがない

XMを利用すれば、口座開設から取引開始まで迷うポイントがなく、スムーズに海外FXをスタートできるでしょう。

日本語サポートデスクの正確な対応が素晴らしい上にXMの日本語情報が充実しているので、一人で疑問点を解決しやすいことが日本人ユーザー数No.1ならではの強みです。

海外FXは国内FXとは違う点がいくつかあります。ハイレバレッジやゼロカットなどの取引条件の他にも、海外口座への入金や利益の出金など、初めて利用する方は心配になることが多いでしょう。

だからこそ、XMで口座開設するだけでもらえる13,000円分のボーナスを利用して、ご自身のお金を一切入金することなく海外FXを試してみることをおすすめします。

\無料の13,000円ボーナスあり!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

>>XMの口座開設方法はこちら

XMTradingのボーナスキャンペーン

XMの常設ボーナスキャンペーン
  • 新規口座開設で13,000円分の口座開設ボーナスをプレゼント
  • 最大500ドル(約7万円)分の100%入金ボーナスがもらえる
  • 最大10,000ドル(約140万円)分の20%入金ボーナスが受け取れる

(※)口座開設ボーナスの対象口座は、全ての口座タイプです。
(※)入金ボーナスの対象口座は、スタンダード口座とマイクロ口座です。

XMで新規に口座開設すると、13,000円分の口座開設ボーナスがプレゼントされています。

XMの口座開設ボーナスはそのまま証拠金として使えるので、自己資金を1円も使うことなくリスクフリーで海外FXを始められます。

XMでは最大1,000倍のハイレバレッジが使えるため、証拠金維持率を高くした守りのトレードや一攫千金を狙ったギャンブルトレードにまで幅広く利用できます。

業界最大手のXMでボーナスがもらえることもあり、FX初心者から上級者を問わず、海外FXが初めての方はXMからスタートすることが定着しています。

日本のFX業者よりも海外FXに興味がある方は、安全・安心が約束されているXMで海外FXを始めていきましょう。

\無料の13,000円ボーナスあり!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

>>XMの口座開設方法はこちら

XMのボーナスについて、詳しい情報や最新キャンペーンについては下記のページを参考にしてください。
関連記事:XMのボーナス5種類の受け取り方やキャンペーン内容

XMTradingの口コミ・評判

XM自体は海外FXの中では大手で比較的安心ですよ。 日本向け営業のサイトからなら普通に円で入金できるし、円換算で取引もできます。
(後略)

引用:Twitter

一番簡単な海外FXの選別と運用法。
 不当な出金拒否が無く、有名かつ老舗の業者→XM一択!!
 XMに必要最小限の証拠金のみ入金。ハイレバなので、10万もあればそれなりのロットでトレード可能。 
(後略)

引用:Twitter

XMTradingでは現在、 
専門知識を備えたスタッフが在籍しており、 
スタッフの複合的な専門知識は他のFX業者では見られない素晴らしい才能の集結となっています。

引用:Twitter

XMは有名・老舗・大手だから安心という口コミ・評判が多く見られます。

最初は口座開設ボーナスがもらえるので入金する必要がないですし、大きな金額で取引したい場合には1,000倍までのハイレバレッジを利用すれば十分でしょう。

また、日本語サポーターのアドバイスが丁寧かつ正確なので、困ったときほど、XMで海外FXを始めて良かったことを強く実感できるはずです。

なお、XMに関する詳しい評判については、XMの評判・口コミまとめをご覧ください。

運営会社Tradexfin Limited
設立年2017年
登録住所F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
金融ライセンスセーシェル金融サービス庁(FSA)
ライセンス番号:SD010
資産管理方法分別管理
保険による補償非開示
最大レバレッジ1,000倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス・13,000円分の口座開設ボーナス
・最大10,500ドル分の入金ボーナス
関連記事:XMのボーナス5種類
取引ポイントXMロイヤルティプログラム
(対象口座:スタンダード口座、マイクロ口座)
初回入金額5ドル(全口座)
サポート対応時間Eメール:平日24時間
チャット:平日24時間
電話:サポートなし
ホームページhttps://www.xmtrading.com/jp/
海外FXでおすすめ1位のXMの概要

XMのリアル口座の開設がまだ済んでいない方はすぐにボーナスが受け取れるようにXMの口座開設方法と操作手順」に沿って取引口座を開いておきましょう。

実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

\無料の13,000円ボーナスあり!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

>>XMの口座開設方法はこちら

第2位 FXGT:豪華ボーナスでリスク0の仮想通貨FXができる

海外FXでおすすめFXGT

海外FXのおすすめ業者ランキング、第2位はFXGT(エフエックスジーティー)です。

FXGTの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

FXGTの概要

FXGTの特徴
  • ビットコインFXは業界No.1クラスの狭小スプレッド
  • 複数の仮想通貨商品で短期トレードから長期投資まで対応
  • 高額の口座開設&入金ボーナスで海外FX初心者から大人気

FXGTは仮想通貨(暗号資産)の取引で人気の海外FX業者です。web3時代に向けたNFTやDeFi銘柄をいち早く取り扱い、仮想通貨でインデックス投資を可能にしたGTi12指数も注目されています。

グループ各社が各国・地域で金融ライセンスを保有して知見を共有しています。確かな経営体制のもとで開催される豪華キャンペーンにより、日本でもシェア拡大中です。

メリットデメリット
仮想通貨の銘柄をテーマ別に選べる
ビットコインFXは業界首位級の狭小スプレッド
FXとゴールドは業界No.2クラスの低スプレッド
Twitterとブログで活発な情報発信
最大100万ユーロの補償あり
豪華ボーナスあり FXGTのボーナスキャンペーンで解説
仮想通貨と主要通貨ペア以外のスプレッドが広い傾向
2019年設立のため老舗ブランドに信頼性で劣る

海外FXのゼロカット補償つきのハイレバレッジで仮想通貨FXを始めたい方は、FXGTを選べば後悔しないでしょう。業界首位級の低スプレッドでビットコインをはじめとした豊富な仮想通貨をトレードできます。

また、プロトレーダー向けの口座ではFXとゴールドCFDが業界No.2クラスの低スプレッドです。近い将来に口座タイプのグレードを上げた場合でも、安い取引コストのままFXGTを利用できます。

FXGTはユーザーの損害を補償する保険に加入しているので、最大100万ユーロまで補償される点でも安心です。新興ブローカーの弱点を、複数金融ライセンスの保有と損害保険加入でカバーしています。

\20,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

FXGTのボーナスキャンペーン

FXGTの常設ボーナスキャンペーン
  • 新規登録で20,000円分の口座開設ボーナスをプレゼント
  • 最大10万円分の100%入金ボーナスがもらえる
  • 最大120万円分の25%・50%入金ボーナスも受け取れる
  • 25%ボーナスを使い切った後に再度最大120万円分もらえる

(※)全ボーナスの対象口座は、スタンダード+口座/ミニ口座/Crypto Max口座です。
(※)FXGTでは100%入金ボーナスを「100%Welcomeボーナス」、25%入金ボーナスを「25%Loyaltyボーナス」、50%入金ボーナスを「50%Loyaltyボーナス」と呼んでいます。

現在FXGTで新規登録をすると期間限定で20,000円分の口座開設ボーナスがプレゼントされます。

ボーナスのみの出金はできませんが証拠金として使えるので、1円も入金せずにノーリスクで海外FXをスタートできます。

さらに、初回入金額に応じて最大10万円分の100%入金ボーナスをもらうことができ、10万円分を受け取りきった方に限り、最大120万円分の25%または50%入金ボーナスがプレゼントされます。

FXGTで新規登録したら、100%ボーナスまでもらい切るのが良いでしょう。10万円までの資金を2倍に増やして、海外FXや仮想通貨FXに挑戦したい方におすすめです。

\20,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

FXGTのボーナスについて、詳しい情報や最新キャンペーンについては下記のページを参考にしてください。
関連記事:FXGTのボーナス6種類の受け取り方やキャンペーン内容

FXGTの口コミ・評判

FXGTの次回100%ボーナスで、上限40万円振込みボーナス40万円ゲットできました。 
最初上手くボーナス反映されませんでしたが、チャットで日本人スタッフに相談すると迅速に対応してもらえました 
(後略)

引用:Twitter

おはよ〜
朝イチから出金かけたんだけど 
着金まで30分 鬼早い fxgt優勝

引用:Twitter

FXGTの出金がとにかく早い! 
18時半過ぎに出金申請して、19時過ぎには指定の銀行口座に着金してた!

引用:Twitter

FXGTが日本人専門ブローカーだと思ってる人は完全にとんだ間違いです
まんぼう総裁が見学させて頂いただけで社員の方々は50名以上居ました 
総人数は別のオフィスとリモートワーク含めて150人以上居るとの事です

引用:Twitter

FXGTは豪華ボーナスで人気があり、特に100%入金ボーナスへの感謝のツイートが多く見られます。

また、出金時間が早いことへの評判が良く、銀行送金で5営業日が目安とされていますが、実際には平日の営業時間であれば即時に処理されます。

FXGTは2019年設立の新興ブローカーのため、不安に感じる方もいるでしょう。逆に言えば、いまから最も成長する海外FX業者と考えることもできます。

キプロスを拠点とするFXGTのグループ会社には150名以上のスタッフが在籍しており、盤石な経営体制の下でグローバルにサービスを提供しています。

なお、FXGTに関する詳しい評判については、FXGTの評判・口コミまとめをご覧ください。

運営会社360 Degrees Markets Ltd
設立年2019年
登録住所Room 12, First Floor, Kingsgate House, Victoria, Mahe, Seychelles
金融ライセンスセーシェル金融サービス局(FSA)
ライセンス番号:SD019
資産管理方法分別管理
保険による補償最大100万ユーロ
最大レバレッジ1,000倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス・15,000円分の口座開設ボーナス最大
・130万円分の入金ボーナス
関連記事:FXGTのボーナス6種類
初回入金額5ドル(全口座)
サポート対応時間Eメール:24時間365日
チャット:24時間365日
電話:サポートなし
ホームページhttps://fxgt.com/ja
海外FXでおすすめ2位のFXGTの概要

FXGTでの口座開設がまだ済んでいない方は「FXGTの口座開設方法と操作手順」のページを参考に、リアル取引口座を作成してみてください。実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

\20,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

第3位 Exness:ハイレバレッジと業界No.1クラスの低スプレッド

海外FXでおすすめのExness

海外FXのおすすめ業者ランキング、第3位はExness(エクスネス)です。

Exnessの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

Exnessの概要

Exnessの特徴
  • 世界150カ国(15言語)でサービスを展開するグローバル企業の一員
  • 世界最難関FCAラインセンス保有をはじめ法令遵守の経営の知見をグループで共有する
  • 月間アクティブユーザー数45万人超、月間取引量3兆ドル以上のメガプラットフォーム

Exnessは2008年に設立された海外FX業者で、XMと肩を並べて業界を牽引する存在です。

英国FCAやキプロスCySECの金融ラインセンスを保有するグループ各社と知見を共有し、安全・安心の経営で15年目を迎えています。

無制限レバレッジなどのハイスペックな取引環境を誰でも利用できることが話題を呼び、TwitterなどのSNSに頼らずとも、トレードを追求するユーザー同士でおすすめし合える海外FX業者です。

メリットデメリット
業界大手で安全性・信頼性が高い
無制限レバレッジでトレードの自由度が高い
ロスカット水準0%で強制決済されにくい
業界No.1クラスの狭小スプレッドでコストが安い
初心者向けの口座で10通貨から取引できる
ポジション保有中に出金できる
最大2万ユーロの補償あり
常設のボーナスキャンペーンがない
レバレッジ制限のルールが細かい

海外FXが初めての方は歴史ある業界大手のExnessから始めることで、出金拒否などの余計な心配や対策をせずにトレードに集中できます。

口座開設や入出金に関して困ったときなど、専門スタッフがチームを組んで対応しているので、高品質な日本語サポートを受けられます。

口座開設ボーナスがもらえないのは残念ですが、その分スプレッドが狭くて取引コストが安くなり、ゼロカット保証付きの無制限レバレッジをロスカット水準0%で利用できます。

最高クラスの取引環境を個人トレーダーにも開放しているExnessで、FXトレードを有利に進めていきましょう。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessの口コミ・評判

今日は途中Exnessの無制限でハイレバ乱れ打ちしました。無制限レバレッジは心臓バクバクしますね…

引用:Twitter

一旦Exnessから出金しました。金曜日の夕方に申請して今朝だから実営業日で考えると1日も経ってない。実に早いね。実際に出金できたから安心。証拠金入れてるとトレードしたくなるから0にした。
(後略)

引用:Twitter

海外ブローカーはXMとExnessが個人的には良いと思ってます 
老舗という事もあり、他社より安心感あるし信用してるから使ってる 
(後略)

引用:Twitter

無制限レバレッジを開放しているExnessは「一攫千金の勝負ができる」「トレードの選択肢が広い」として評判が良いです。

ポジション保有中であっても出金できるので、ハイレバトレードで稼いだ利益の元本分はすぐに出金してしまいましょう。出金処理が早いことでも評価が高く、平日であれば即時処理で速やかに金額が反映されます。

ExnessはXMと同様に世界各国で金融ライセンスを保有してグローバルに事業展開するグループの一員です。2008年の設立から築かれた実力あるブランドのもとで、海外FXのハイレバトレードに挑戦することをおすすめします。

なお、Exnessに関する詳しい評判については、Exnessの評判・口コミまとめをご覧ください。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

運営会社E​xness(SC) Ltd
設立年2008年
登録住所9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles
金融ライセンスセーシェル金融サービス局(FSA)
ライセンス番号:SD025
資産管理方法分別管理
保険による補償最大2万ユーロ
最大レバレッジ無制限
ゼロカットあり(追証なし)
初回入金額10USD
(スタンダード/セント口座)
ボーナスなし
サポート対応時間Eメール:24時間365日
チャット:平日08:00~24:00
電話:平日08:00~24:00
海外FXでおすすめ3位のExnessの概要

口座開設がまだ済んでいなければ「Exnessの口座開設方法と手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。画像の手順通りに進めるだけで迷わずExnessで取引が始められます。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

第4位 BigBoss:期間限定キャンペーンの金額が業界No.1

※出典:BigBossホームページ

海外FXのおすすめ業者ランキング、第4位はBigBoss(ビッグボス)です。

BigBossの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

BigBossFXの概要

BigBossの特徴
  • 豪華キャンペーンが業界を活性化
  • 書類審査なしで口座開設からトレードまで可能

BigBossは最大2,222倍の高いレバレッジや常設のボーナス最大13,7000ドルで業界トップクラスのサービスを提供する業者です。

設立10周年を迎えた2023年夏には、総額2,000万ドル(28億円相当)がもらえる入金ボーナスキャンペーンを開催し話題を集めました。

BigBossは書類審査なしで口座開設ができる手軽さも人気です。

メリットデメリット
最大2,222倍のハイレバレッジ
初回入金額の設定なしで負担なく始められる
書類提出せずに口座開設からトレードまで可能
現金&ボーナスと交換できるポイントが貯まる
取引ポイントでハズレなしのガチャを回せる
現物投資に特化した独自の仮想通貨取引所を運営
期間限定のキャンペーンが豪華 BigBossのボーナスキャンペーンで解説
銀行送金の出金で手数料2,000円がかかる
プロスプレッド口座の取引手数料が高い(往復9ドル/ロット)
金融ライセンスを保有していない

BigBossのボーナス以外のメリットに注目すると、最大2,222倍のハイレバレッジや取引ポイントでハズレなしのガチャが回せる楽しさがあります。

BigBossはユーザーが使いやすい独自プラットフォームの開発に積極的で、自ら仮想通貨(暗号資産)に現物投資できるCRYPTOS(クリプトス)を運営しています。

すでにレバレッジ取引対応の仮想通貨FXを提供しているので、BigBossで仮想通貨のトレーディングから長期投資までが可能になりました。

その他にも、2024年の提供再開に向けて公式モバイルアプリの大型アップデートを進めています。ユーザービリティの向上を追求するBigBossの独自サービスに期待していきましょう。

口座開設ボーナス5,000円プレゼント!/

※公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

BigBossのボーナスキャンペーン

項目内容
開催時期終了時期未定
入金ボーナス最大100%入金ボーナス
※BBC入金の場合+10%還元
ボーナス上限金額13,700ドル相当
対象の口座タイプ・スタンダード口座
・デラックス口座
・プロスプレッド口座
・MASSスタンダード口座
ボーナスの消滅条件口座からの出金・資金移動
BigBossの入金ボーナス

BigBossはボーナスキャンペーンに力を入れている業者の1つです。設立10周年を祝して、2023年の夏は総額2,000万ドル(28億円相当)がもらえる入金ボーナスキャンペーンを開催していました。

BigBossでは書類審査なしで口座開設ができるので、先に口座だけ作ってみてはいかがでしょうか。入金ボーナスも証拠金として使えるので、少ない資金を大幅に増額できます。

口座開設ボーナス5,000円プレゼント!/

※公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

BigBossの口コミ・評判

(前略)
ビッグボスから誕生日ボーナス30ドル頂いて、早速ユロルLしました。 
先月新規開設ボナ50ドル瞬殺で飛ばしたけど、今回はせめてガチャ回せるまでは頑張りたい。

引用:Twitter

ディアージェは複数のブローカーで差を見るためにテストしてるんだけど、BIGBOSSが意外と良い感じなのよね。 
4/25〜フル稼働開始で+140%になってた。 頻繁にボーナスキャンペーンもやってるし2013年設立である程度の実績はあるしね。
(後略)

引用:Twitter

④の対応がスピーディなところは、 bigbossをおすすめできる最大のポイントかも。 
返信の丁寧さは本当に安心感があります。 
出金は1-2日で国内口座に着金します 
早すぎてびっくり 
こんな感じで 今年に入ってからbigbossを愛用中

引用:Twitter

BigBossは入金ボーナスキャンペーンが高額なことから評判が良く、この期間を狙って利用したユーザーの中には、快適な取引環境を実感してそのまま使っている方も多いようです。

2013年に設立されてから日本人の既存ユーザーからの信頼は厚く、日本語サポーターの細やかな対応に好感を持つ方も多いでしょう。

その他にも、2,222倍までのレバレッジを使えることや現物投資に特化した仮想通貨取引所を運営するなど、個性ある独自サービスを提供しています。

まずはBigBossの評判・口コミまとめをご覧いただき、安心して利用できる海外FX業者であることを確認しましょう。

口座開設ボーナス5,000円プレゼント!/

※公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

運営会社Prime Point LLC
設立年2013年
登録住所1/F, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
ライセンス・コモロ連合ムワリ国際サービス局(MISA: BFX2024045)
・セントビンセント・グレナディーン金融庁(SVGIBC: 380 LLC 2020)
・カナダ金融ライセンス(FINTRAC: M20388636)
・ジョージアFIZライセンス(N128)
資産管理方法分別管理
保険による補償非開示
最大レバレッジ2,222倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナスあり
初回最低入金額設定なし
サポート対応時間Eメール:平日10:00~24:00
チャット:平日10:00~17:00
電話:サポートなし
海外FXでおすすめ4位のBigBossの概要

第5位 easyMarkets:老舗の地位に安住しない開発体制

海外FXでおすすめのeasyMarkets

海外FXのおすすめ業者ランキング、第5位はeasyMarkets(イージーマーケット)です。

easyMarketsの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

easyMarketsの概要

easyMarketsの特徴
  • 2001年設立の老舗業者だが積極的に実用性の高い独自サービスの開発に取り組む
  • 規制が厳しいASICライセンスをはじめコンプライアンスを重視したグループ経営
  • 名門サッカークラブ「レアルマドリード」の公式スポンサーに就任

easyMarketsはグローバルに金融事業を展開する海外FX業者です。アジア太平洋地域ではASIC(オーストラリア証券投資委員会)、欧州ではCySEC(キプロス証券取引委員会)の監督の下でグループ経営をしています。

2001年の設立当初から独自プラットフォームにおいて、トレーダーにメリットの大きな取引サービスを提供しています。損失トレードをキャンセルできる「dealCancellation」や価格変動を数秒間止めて発注できる「フリーズレート」は、機能性を追求した代表例です。

長きに渡り海外FXの発展に貢献する老舗業者ですが、厚い信頼と実績の地位に安住しない開発体制を崩していません。

メリットデメリット
負け取引の損失を0にキャンセルできる(手数料あり)
相場が急変動したときにレートを止めて注文できる
固定スプレッドでトレードできる(取引手数料なし)
MT5の使用で最大レバレッジが2,000倍になる
1つの口座でFX・CFD・先物・オプション取引ができる
口座開設ボーナスあり easyMarketsのボーナスキャンペーンで解説
最大レバレッジが使用するツールによって異なる
VIP口座以外の固定スプレッドが広い傾向
入金・出金の選択肢が少ない

easyMarketsは固定スプレッドを取引手数料なしで利用できる数少ない海外FX業者です。日本のFX会社の人気サービスを柔軟に取り入れ、スリッページを気にせずストレスフリーで取引できます。

1つの口座タイプからFX・CFD・先物・オプションまで取引できるので、効率的なアセットアロケーションが可能です。

VIP口座の固定スプレッドを0.7pips~よりも狭くすることができたら、大口のスキャルピングでも取引コストを大幅に安くできます。固定スプレッドのデフォルト値が狭くなることに期待しましょう。

\ 5,000円分のトレード資金がもらえる /

easyMarketsのボーナスキャンペーン

easyMarketsの常設ボーナスキャンペーン
  • 当サイト限定で5,000円分の口座開設ボーナスをプレゼント
  • 最大23万円分の50%初回入金ボーナスがもらえる
  • 最大23万円分の20%再入金ボーナスも受け取れる

当サイトからeasyMarketsで口座開設をすると、5,000円分の口座開設ボーナスがプレゼントされます。

受け取った5,000円を出金することはできませんが証拠金として使えるので、新しく作った口座に入金しないままリスクフリーで海外FXを始められます。

最大23万円分の初回入金ボーナスは50%還元になるので、無理のない範囲でご利用ください。2回目以降は最大23万円分まで入金額の20%がボーナスとして還元されます。

海外FX業者で歴史と実績を重視する方にeasyMarketsはおすすめです。レアルマドリードともスポンサー契約する確かなブランドの下、当サイト限定の5,000円ボーナスをご活用ください。

\ 5,000円分のトレード資金がもらえる /

easyMarketsの口コミ・評判

左、スリトレですらこれやから 
右、固定スプレッドのイージーマーケット を再び使う日が来たか
プロ口座ならもっとせまい。 固定スプはこんな時に便利
(後略)

引用:Twitter

イージーマーケットいいよ。VIP口座担当者つくよ話早いし。朝スプも無いから。

引用:Twitter

easymarketsの正解な情報
ASICライセンスはグループ別会社であります 
まんぼうが好きな理由の一つとしてこういう業務時間外(日本時間4時20分)に回答してくれる事と業界歴1年以内なのに丁寧でレスポンスが早い どう考えてもブローカーとしての格が違うと思いますよ

引用:Twitter

easyMarketsは設立から20年以上が経過した老舗業者です。グループ経営で監査が厳しく継続コストの高いASICとCySECライセンスを保有し、レアルマドリードのスポンサーを務め、長年かけて培った信頼と実績が海外FX業界の中で秀でた強みになっています。

変動制スプレッドが一般的な海外FXにおいて、国内FXと同じ固定スプレッドでトレードできることから、変動リスクを気にする必要がなくなりコスト管理が簡単になるため評判が良いです。

海外FXを知り尽くしたインフルエンサーが、easyMarketsはブローカーとしての格が違うとして太鼓判を押してくれています。

easyMarketsは安全と信頼の観点から全てのトレーダーにおすすめできます。また、ハイスペックな条件で取引できるVIP口座が用意されているので、FXで成功している方は取引環境を見直す際にご検討ください。

運営会社EF Worldwide Limited
設立年2001年
登録住所Trinity Chambers, PO Box 4301, Road Town, Tortola, British Virgin Islands
金融ライセンス英国領バージン諸島金融サービス委員会(BVIFSC)
ライセンス番号:SIBA/L/20/1135)
資産管理方法分別管理
保険による補償非公開
最大レバレッジ2,000倍(MT5使用)
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナスなし
キャッシュバック1ロットの取引毎に1.25ドル
※5,000ドル以上の入金が必要
初回最低入金額25USD(スタンダード口座)
サポート対応時間Eメール:平日24時間対応
チャット:平日24時間対応
電話:メール・チャットで事前予約
海外FXでおすすめ5位のeasyMarketsの概要

第6位 AXIORY:安定した低スプレッドで大口取引が可能

海外FXでおすすめのAXIORY

海外FXのおすすめ業者ランキング第6位はAXIORY(アキシオリー)です。

AXIORYの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

AXIORYの概要

AXIORYの特徴
  • 取引機能の改善に余念がなく安定した低スプレッドを提示する
  • 最大1億通貨の大口取引を処理できるハイスペックな取引環境
  • リアルタイムスプレッドや約定データを公開する透明性の高い経営

AXIORYは2011年7月にベリーズに設立された海外FX業者です。XMやExnessのグループ経営とは異なり、規模を拡大することなくハイスペックな環境への投資に集中して大口取引にも対応し、プロから高い評価を得ています。

レバレッジ対応商品に加えて投資対象の現物株とETFを満遍なくそろえ、短期トレーダーから長期投資家までがAXIORYのプラットフォームを利用しています。

メリットデメリット
初回入金額が1,100円で負担が少ない
約定力に関連するデータが公開されている
大口スキャルピングに有利なcTraderが使える
大口用に1億通貨/回かつ無制限ポジションに対応
欧米の有名ブランド企業に現物株投資できる
優良グローバル企業で構成されたETFに投資できる
最大2万ユーロの補償あり
常設のボーナスキャンペーンがない
最大レバレッジが400倍で見劣りする

AXIORYは低スプレッドで約定力の高い環境を安定して提供する海外FX業者です。豪華ボーナスキャンペーンを開催しない分の資金を取引環境への投資に充てています。

1回の注文につき1億通貨(1,000ロット)まで処理ができ、無制限にポジションを保有できることから大口取引をするプロトレーダーからも定評があります。

ロンドン市場やニューヨーク市場における売買が活発な時間帯では、数百万通貨ごとのスキャルピングの回数が多くなるでしょう。AXIORYであれば、スリッページやリクオートが少ない安定した取引で、注文の遅れによる利益減少を軽減できます。

正直な話、AXIORYよりもスプレッドが狭い業者は複数あります。それでもプロトレーダーからAXIORYが高く評価される理由は、安定した低スプレッドと高い約定力を提供し続けていることを押さえておきましょう。

\低スプレッドの大口取引に最適!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYの口コミ・評判

gemからAxioryに引越したんですが、、、 
①読み込み早くローソク足が滑らかに動く 
②約定早い ③ローソク足の表示本数が多い と大正解。 
しいてデメリットと言えば、レバが1000から400になった程度。明らかにトレード環境はAxioryが上

引用:Twitter

(前略)
Axioryは老舗感ありますしトラブル聞かないですよね、個人的にノーボナ業者ならスワップフリーが欲しくなりますが環境と信頼は別物ですね

引用:Twitter

Axioryでバックテストをするためにヒストリカルデータをダウンロードして…っていう作業をネットで調べた通りにやってたらMT4が回線不通に 何をしてもダメでAxioryサポートにチャットで相談したら対応がとってもわかりやすいし丁寧で親切!感動 まだ解決してないけど、Axioryへの信頼度が高まった!

引用:Twitter

AXIORYは狭いスプレッドでスキャルピングトレーダーからの評判が良い海外FX業者です。

最大レバレッジが400倍で海外FXにしては物足りなさを感じるでしょうが、希望した価格と数量を確実に通す高い約定力など、取引環境が優れている点で高い評価を得ています。

ちなみに、AXIORYの悪い評判を見かけないことについては、日本語サポーターの丁寧かつ親切な対応を体験した方であれば不思議に思わないでしょう。

口座開設の手続きから技術的な質問に至るまで、サポートデスクがチームで対応しているので、海外FXに対する安心感を重視する方におすすめです。

なお、AXIORYに関する詳しい評判については、AXIORYの評判・口コミまとめをご覧ください。

\低スプレッドの大口取引に最適!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

運営会社Axiory Global Ltd.
設立年2011年7月
登録住所No. 1 Corner of William Fonseca Street, Marine Parade, Belize City, Belize, C.A.
金融ライセンスベリーズ金融サービス委員会(FSC)登録番号
ライセンス番号:000122/405
資産管理方法分別管理
保険による補償最大2万ユーロ
最大レバレッジ400倍
ゼロカットあり(追証なし)
初回入金額1,100円(全口座)
常設ボーナスなし
サポート対応時間Eメール:平日9:00~24:00
チャット:平日9:30~23:30
電話:サポートなし
海外FXでおすすめ6位のAXIORYの概要

第7位 TitanFX:全銘柄で満遍なく安定した低スプレッドを提供

海外FXでおすすめのTitanFX

海外FXのおすすめ業者ランキング第7位はTitanFX(タイタンFX)です。

TitanFXの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

TitanFXの概要

TitanFXの特徴
  • 信頼・安心・実績を証明する数々のFXブローカーアワードを受賞
  • ユーザーの要望を適切に分析してニーズの高いサービスを速やかに反映
  • 独自技術Zero Pointテクノロジーでハイスペックな取引環境を実現

TitanFXはアジア太平洋地域におけるフィンテック分野の顧客満足度が高いトップブランドとして2023年に表彰されている海外FX業者です。

国際的な多国間グループと協力して活動するVFSC(バヌアツ金融サービス委員会)の金融ライセンスを保有し、厳しい監査のもとで海外FXサービスを提供しています。

メリットデメリット
初心者向け口座で100通貨から取引できる
初心者向け口座の初回入金額の設定なし
有効証拠金残高によるレバレッジ制限なし
Titan FX Socialでコピートレードができる
最大2万ユーロの補償あり
常設のボーナスキャンペーンがない
最大レバレッジが500倍で見劣りする

2014年に設立されたTitanFXは、着実にサービスの改善を続けています。2023年には仮想通貨FXに24時間365日対応したことやソフトコモディティの取り扱いを開始するなど、ユーザーにメリットが大きなサービス内容を充実させてきています。

海外FXでは口座残高が増えるとレバレッジを制限されるのが一般的ですが、TitanFXにはその規制がないので、フルレバぎみで保有するポジションの利益が増加してもロスカットの心配が不要です。

また、独自開発したZero Pointテクノロジーにより、1秒以内の成行注文の約定率100%・平均約定スピード37ミリ秒・約定率99.99%を安定して提供することから、プロからも定評ある海外FX業者です。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TitanFXの口コミ・評判

#TitanFX は本当に対応が丁寧だなぁ 
とにかくユーザーの疑問を解決しようという意気込みが違うんだよなぁ

引用:Twitter

titanFXって凄い対応丁寧だけど遅いな 矛盾してること言ってるけど、他海外より断然早い、国内より遅いって感じ。

引用:Twitter

TITAN FXは中級者以上には激しくおすすめ。 
ボーナスに頼らないトレードできるなら、確実な約定を期待でる安心の業者。

引用:Twitter

TitanFXってさ、約定も早い、スプも安定、入出金速い 
って当たり前のことがちゃんと出来てるから好きなんだよね。 
ボーナスないのとレバ500で避けてる人いるだろうけど、中級者以上には不要なことだしね。

引用:Twitter

TitanFXは取引スペックで際立つ強みがないものの、ユーザーから絶大な信頼を寄せられている海外FX業者です。

国内FX業者のカスタマーサポートのレベルの高さは周知の通りですが、TitanFXではその水準に近い正確かつ丁寧なサポートを受けられます。

TitanFXは多くの銘柄で安定した低スプレッドを提示し、約定力が高く、証拠金残高の制限がないことから取引がし易いとして定評があります。

ボーナスキャンペーンを必要とせず、安定した取引環境のもとで信頼できるスタッフのサポートに支えられながら海外FXをしたい方におすすめです。

なお、TitanFXに関する詳しい評判については、TitanFXの評判・口コミまとめをご覧ください。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

運営会社Titan FX Limited
設立年2014年
登録住所1st Floor Govant Building, 1276 Kumul Highway, Port Vila, Republic of Vanuatu
金融ライセンスバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
ライセンス番号:40313
資産管理方法分別管理
保険による補償最大2万ユーロ
最大レバレッジ500倍
ゼロカットあり(追証なし)
初回入金額設定なし(マイクロ口座)
常設ボーナスなし
サポート対応時間Eメール:24時間365日
チャット:24時間365日
電話:サポートあり
海外FXでおすすめ7位のTitanFXの概要

第8位 ThreeTrader:最狭スプレッドでプロ大注目の新興ブローカー

海外FXでおすすめのThreeTrader

海外FXのおすすめ業者ランキング、第8位はThreeTrader(スリートレーダー)です。

ThreeTraderの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

ThreeTraderの概要

ThreeTraderの特徴
  • 主要銘柄で業界最狭スプレッドを安定して提供する
  • 巧みな経営戦略で新興ブローカーの弱点を完全にカバー

ThreeTraderは2021年5月にバヌアツで設立された新興ブローカーではあるものの、国際的な多国間グループと協力して活動するVFSC(バヌアツ金融サービス委員会)の厳しい監査をクリアして金融サービスを提供しています。

主要銘柄で業界最狭スプレッドを提供することから、プロトレーダーが注目する海外FX業者です。投資家の金銭的な損害を補償する組織「The Financial Commission」に加盟しているので、最大2万ユーロの補償が受けられます。

メリットデメリット
主要通貨ペアとゴールドで業界最狭スプレッド
現金&豪華賞品と交換できるポイントが貯まる
最大2万ユーロの補償あり
MT5が使えない
常設のボーナスキャンペーンがない
最大レバレッジが500倍で見劣りする

新興ブローカーのThreeTraderがここまで注目されるのは、業界No.1の狭いスプレッドを提供することです。

ThreeTraderのRawゼロ口座とライバル業者XMやExnessのプロ向け口座で、主要通貨ペアとゴールドのリアルタイムスプレッドを比較すると、多くの時間帯でThreeTraderが狭いスプレッドを提示することがわかります。

AXIORYやTitanFXが満遍なく全商品の取引条件が優れているのに対して、ThreeTraderは海外FXでNo.1の狭いスプレッドという突出した強みを持っています。

いま現在、他の海外FX業者のスプレッドの広がりに不満を感じていたり、さらに取引コストを安くする方法を探している方にThreeTraderをおすすめします。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの口コミ・評判

今の感じだとスリトレとExnessがいい。
Exnessは朝8時まではスプレッドが広がりすぎて使えない。スリトレも多少は広がるが全然大丈夫。
(後略)

引用:Twitter

ThreeTrader、ゴールドもしくはユロドル限定で使い続けることにしました。この2銘柄のスプレッド条件は他社の追随許しませんね。 
(後略)

引用:Twitter

スリトレでEA回してて何がいいかっていつの間にかガンガンポイント貯まっていくことなんだよね。
Exnessにもこういうのあればな… ポイント大好き日本人にはマッチすると思うんだけど。提案しておこ。
(後略)

引用:Twitter

ThreeTraderはFXの主要銘柄やゴールドなど、流動性が高い銘柄を業界最狭のスプレッドで取引できる海外FX業者です。

流動性が低い早朝には他の業者よりもスプレッドの広がりを大幅に抑えられる傾向にあるので、朝スキャEAの運用口座にも適しています。

その他、現金や実用的な豪華商品と交換できる取引ポイントが貯まり、無駄のない還元サービスとして好評です。

ThreeTraderなら業界最安クラスのコストで取引できます。常設キャンペーンを開催していないので、余計なコストを一切払いたくないトレーダーにおすすめです。

なお、ThreeTraderに関する詳しい評判については、ThreeTraderの評判・口コミまとめをご覧ください。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

運営会社ThreeTrader Global Limited
設立年2021年5月
登録住所1276, Govant Building, Kumul Highway, Port Vila, Republic of Vanuatu
金融ライセンスバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
ライセンス番号:40430
資産管理方法分別管理
保険による補償最大2万ユーロ
最大レバレッジ500倍
ゼロカットあり(追証なし)
初回入金額1万円(Pureスプレッド口座)
常設ボーナスなし
サポート対応時間Eメール:平日07:00~20:00
チャット:平日07:00~20:00
電話:メールまたはチャットで事前予約
海外FXでおすすめ8位のThreeTraderの概要

第9位 IS6FX:期間限定キャンペーンの種類が多い

海外FXでおすすめのIS6FX

海外FXのおすすめ業者ランキング、第9位はIS6FX(アイエスシックスFX)です。

IS6FXの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

IS6FXの概要

IS6FXの特徴
  • TECワールドグループの買収後に旧is6comから変革
  • CEOや社員の姿が見える透明性の高い経営
  • ボーナスキャンペーンに力を入れている

IS6FXはTECワールドグループに買収されて以降、旧is6com時代の悪い評判を完全に払拭して変革を遂げました。

CEOのNuno Amaral(ヌーノ・アマラル)氏が前面に出て会社が目指す方向性を説明しています。海外FX業者が通常行わない資本金と社員数を公開して透明性の高い経営の一端を示しています。
(※)資本金3,600万ドル・社員数82名(共にグループ全体)

また、100%ウェルカムボーナスの導入や業界初のボーナスが現金に変わるEX口座の新設、プロ向け口座のリニューアルなど、ユーザーのニーズを速やかに反映して明らかな進化を続けています。

メリットデメリット
仮想通貨がJPY・USD・EUR建て可能
初心者向け口座で50通貨から取引できる
取引量に応じてボーナスが現金に換金される口座あり
Twitterとブログで活発な情報発信
イーサリアム配布など魅力的なキャンペーンを開催
豪華ボーナスあり IS6FXのボーナスキャンペーンで解説
スプレッドが広い
取引できる通貨ペアが少ない
金融ライセンスを保有していない

IS6FXはボーナスを有効活用するためのサービスに力をいれている海外FX業者です。当サイトから口座開設するだけでもらえる23,000円ボーナスはそのまま証拠金として使えます。

広いスプレッドは見過ごせませんが、ボーナスを上手に活用することで1円も入金しないまま資金を増やすことができ、金銭的メリットを大きくすることでスプレッド手数料をカバーできるでしょう。

IS6FXは期間限定で開催するキャンペーンが豊富です。過去には仮想通貨のイーサリアムをプレゼントしていたので、気になるキャンペーンが開催されたときにのみIS6FXで取引をするという使い方もおすすめです。

\当サイト限定:口座開設ボーナス23,000円!/

※公式サイト:https://is6.com/ja

IS6FXのボーナスキャンペーン

IS6FXの常設ボーナスキャンペーン
  • 新規口座開設で23,000円分の口座開設ボーナス(当サイト限定)
  • 最大6万円分の100%入金ボーナスがもらえる
  • 友達一人を招待して現金5,000円が受け取れる

(※)口座開設ボーナスの対象は、スタンダード口座とクリプト口座
(※)100%入金ボーナスの対象は、スタンダード口座とEX口座

IS6FXで新規に口座開設すると、当サイト限定で23,000円の口座開設ボーナスがプレゼントされます。23,000円をそのまま出金することはできませんが、証拠金として使えるのでご自身のお金を1円も入金することなく海外FXを始められます。

さらに、初回入金額に応じて最大6万円分の100%入金ボーナスがもらえます。口座開設後に6万円を入金するだけで8万円が上乗せされた合計14万円の証拠金となるため、最大レバレッジ1,000倍を利用すれば証拠金の準備に困ることもないでしょう。

海外FXの中でも、IS6FXは最もボーナスキャンペーンに力を入れている業者の1社です。期間限定で開催される魅力的なイベントに参加して海外FXを楽しんでいきましょう。

\当サイト限定:口座開設ボーナス23,000円!/

※公式サイト:https://is6.com/ja

IS6FXの口コミ・評判

IS6のEX口座(ボーナスクッションなし)で出金拒否された人っています? 
クッションありの口座は丁半やったせいかカバー先を理由に取引停止されてたけどEX口座はすぐ取引できるようにしてくれた その後50万くらいの利益は出金できました

引用:Twitter

is6、100万超えの出金でしたが1営業日で着金!迅速な対応素晴らしい 100万未満なのに1ヶ月半も着金しないゲムは。。 100万未満なのに3ヶ月も着金しないハストは。

引用:Twitter

さっき確認したら既に1000万着金してました!意外とすんなり出金できて所要時間も1営業日で悪くなかった!これにてIS6出金検証終了!

引用:Twitter

IS6FXは期間限定キャンペーンの種類が多く、ユーザーへのおもてなし精神に溢れています。

2023年には仮想通貨の取引開始、ポイント&ガチャシステムの導入、ポイントを現金に交換できるEX口座の新設など、ユーザーの声をもとにして本当に求められているサービスの開発力に定評があります。

また、IS6FXは企業改革に成功した海外FX業者の1つです。旧is6com時代の名残からかネット上には悪い評判がいくつか見られますが、XMなどの大手業者と同じく規約を守っていればペナルティを受けることはありません。

現役ユーザーからの評価をIS6FXの評判・口コミにまとめているので、現在のIS6FXを深く知るための参考にしてください。

\当サイト限定:口座開設ボーナス23,000円!/

※公式サイト:https://is6.com/ja

運営会社IS6 Technologies Ltd
設立年2021年11月19日
登録住所Suite 305, Griffith Corporate Centre, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines
法人ライセンスセントビンセント・グレナディーン諸島で国際事業会社として登録
資産管理方法分別管理
保険による補償非開示
最大レバレッジ1,000倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス・5,000円分の口座開設ボーナス
・最大6万円分の100%入金ボーナス
初回最低入金額5,000円(プロゼロ口座のみ20,000円)
サポート対応時間Eメール:10:00~17:00 365日対応
チャット:10:00~17:00 365日対応
電話:サポートなし
海外FXでおすすめ9位のIS6FXの概要

第10位 IronFX:日本での躍進が期待される大手ブランド

海外FXでおすすめのIronFX

海外FXのおすすめ業者ランキング、第10位はIronFX(アイアンFX)です。

IronFXの会社概要とメリット・デメリットを順番に解説します。

IronFXの概要

IronFXの特徴
  • 世界180カ国(30言語)で150万社以上の顧客を有するグローバル企業の一員
  • 世界最難関FCAラインセンス保有をはじめ法令遵守の経営の知見をグループで共有する
  • 豊富な入金ボーナスキャンペーンと様々な口座タイプで有利なトレードを実現

IronFXは取得・維持が困難なFCA/ASIC/CySECの金融ライセンスを保有するグループ企業と知見を共有して、日本に最先端の海外FXサービスを提供しています。

豊富な入金ボーナスで証拠金を大幅に増額できることや、取引の目的に合わせて口座タイプを使い分けられることから、海外FXに慣れている方におすすめできる業者です。

メリットデメリット
固定スプレッドで取引できる
口座タイプを細かく使い分けできる
Twitterで積極的に情報発信・豪華コラボ企画を開催
トレードコンテストを実施
出金手数料が無料
入金ボーナスが高額 IronFXのボーナスキャンペーンで解説
MT5が使えない
日本向けは法人登録のみ

IronFXは取引目的を明確にしているトレード中級者以上の方が、入金ボーナスを利用する際におすすめの海外FX業者です。

FX・CFD・先物の銘柄数が豊富ですし、スプレッド方式は変動制と固定制から選べます。取引手数料が無料と有料に分かれていることや約定方式の違いなども比較して口座タイプを選ぶことを考えると、海外FXの経験者に向いていると言えます。

また、IronFXを調べていると過去の悪い評判を目にすることがあるでしょう。この点についてはIronFXの評判・口コミを徹底調査にまとめたので、IronFXに非がなかった事実確認として参考にしてください。

IronFXは取引スペックが高い一方で、口座開設ボーナスがないことと100%入金ボーナスにクッション機能が付いていないので、海外FXに慣れている方におすすめします。

\当サイト限定3,000円口座開設ボーナス!/

専用のGoogleフォームの提出が必須

IronFXのボーナスキャンペーン

IronFXの常設ボーナスキャンペーン
  • 100%入金ボーナス(クッション機能なし)が無制限でもらえる
  • 最大4,000ドル(56万円相当)分の40%入金ボーナスを受け取れる
  • 最大2,000ドル(28万円相当)分の20%入金ボーナスを受け取れる

(※)IronFXでは100%入金ボーナスを「100%無制限シェアリングボーナス」、40%入金ボーナスを「40%パワーボーナス」、20%入金ボーナスを「20%アイアンボーナス」と呼んでいます。

IronFXは、ロット数を大きくして実効レバレッジを高くした取引がしたい場合に、上限なしの100%入金ボーナスをフル活用できます。クッション機能がないことを押さえておきましょう。

クッション機能がある40%・20%入金ボーナスの合計金額は、ボーナス付与額が業界首位のXM、2番手のFXGTに次いで高額なため、海外FXのボーナスの使い方に慣れている方におすすめです。

\当サイト限定3,000円口座開設ボーナス!/

専用のGoogleフォームの提出が必須

IronFXの口コミ・評判

相場があり得ない動きをしたときに、証券会社のスペックの違いが特に分かる。 
本当に #IronFX の約定力は素晴らしい! 
ビットウオレットを使えば、入金、出金も早いし、自分のアカウント無いの資金移動もスムーズ!

引用:Twitter

3種類で13年! 
・シェアリングボーナス 
・IronFX ネクストトレーダーコンテスト 
・過去の 取引コンテスト 
新人もベテランも楽しめる土壌がそろっていますね♪ 
楽しみながらトレードできます♪

引用:Twitter

インターネットでの昔の評判が悪かったので心配でしたが、問い合わせや出金の対応が早くて安心しました! 
ボーナスはクッションがあれば嬉しいです!!

引用:Twitter

2010年に設立されたIronFXは、グループで180カ国以上に顧客を有する大手ブローカーの一員です。入金ボーナスがXMとFXGTに次いで高額なことと、取引の目的に応じた口座タイプを選べることから、海外FXの中上級者から定評があります。

IronFXの評判は、良い口コミとともに悪い評判も結構な数で見られますが、いずれもIronFXに非はありません。少しでも不安や心配事がある方は、まずはIronFXの評判・口コミまとめの記事より、過去の出来事に関するありのままの事実をご確認ください。

運営会社Notesco Limited
設立年2010年
登録住所Nineteen, Second Floor #19 Queen Street, Hamilton HM 11, Bermuda
ライセンスバミューダで法人登録
資産管理方法分別管理
保険による補償非開示
最大レバレッジ1,000倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス・上限なしの100%入金ボーナス(クッション機能なし)
・最大4,000ドル分の40%入金ボーナス
・最大2,000ドル分の20%入金ボーナス
初回入金額10,000円(セント口座)
サポート対応時間Eメール:平日24時間対応
チャット:平日14:00~翌日1:00
電話:平日14:00~翌日1:00
海外FXでおすすめ10位のIronFXの概要

プロが使う海外FX口座おすすめランキング

海外FX業者口座タイプ口座タイプの解説
Exnessプロ口座プロ口座の詳細
XMTradingKIWAMI極口座KIWAMI極口座の詳細
ThreeTraderRawゼロ口座Rawゼロ口座の詳細
プロが使う海外FX口座おすすめランキング

FXを専業・本業にするプロトレーダーは、初心者の方とは海外FX口座の選び方が異なります。

ここからは、ボーナスキャンペーンのコストを抑えている分だけ狭いスプレッドなどの優れた取引条件により、プロからの評価が高い3つの海外FX口座を紹介します。

なお、プロが使う海外FX会社7選でも詳しく解説しているので、海外口座を選ぶ際にお役立てください。

第1位 Exnessのプロ口座:即時約定かつ固定スプレッド提示

プロが使う海外FXでおすすめのExnessのプロ口座

プロが使う海外口座のおすすめランキング、第1位はExness(エクスネス)のプロ口座です。

Exnessのプロ口座の特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

>> Exnessの会社概要はこちら

Exnessのプロ口座の特徴

Exnessのプロ口座の特徴
  • 主要通貨ペアは90%の時間帯で固定スプレッドを提示
  • 希望の価格・数量で約定するInstant Execution方式でスリッページなし
  • 最大ロット数200ロット・最大ポジション数無制限で大口取引に対応

Exnessのプロ口座では0.1pips~の低スプレッドで主要通貨ペアを取引できる上に、1日の90%の時間帯で固定スプレッドになるので、取引コストが業界最安クラスになります。

ユーザーが希望する価格と数量で即時に約定するInstant Execution方式により、流動性が高い時間帯であればスリッページが発生しません。

プロ口座は大口取引にも対応しており、1回の注文あたり最大2,000万通貨(200ロット)のポジションを無制限に保有することができます。

メリットデメリット
無制限レバレッジを利用できる
ロスカット水準0%で損切りされにくい
0.1pips~の固定スプレッドあり(取引手数料無料)
希望の価格・数量で即時約定する
スキャルピングに制限なし
全銘柄のストップレベルが0
1回あたり最大2,000万通貨の注文ができる
無制限にポジションを保有できる
複数口座・業者からの両建てが可能取引量に応じてVIP待遇を受けられる
最大2万ユーロの補償あり
法人口座を開設して節税できる
リクオートが多くなる場合がある
初回入金額が1,000ドルで負担が大きい

Exnessのプロ口座は取引手数料が無料です。流動性が高いロンドン・ニューヨーク時間であれば主要通貨ペアが狭いスプレッドで固定されるため、取引コストを大幅に安くできるでしょう。

海外FXでは大変珍しいことに複数口座・他業者からの両建てが許可されているので、リスクヘッジとしての活用や多数ポジションを保有するEA運用で余計な心配をする必要がなくなります。

プロ口座のリクオートが気になるときは、ゼロ口座を検討してください。Market Execution方式なのでスリッページが生じやすくはなりますが、大口注文を確実に処理してくれます。ゼロ口座は取引手数料がかかるものの、主要通貨ペア28銘柄において取引時間の95%でゼロスプレッドを提示しています。

また、Exnessプレミアと呼ばれる大口トレーダーがVIP待遇を受けられるプログラムも用意されています。経営トップから直接情報を仕入れられますし、年次プレミアガライベントにも招待されるので、ぜひ挑戦してみてください。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

取扱商品FX
貴金属CFD
エネルギーCFD
仮想通貨CFD
株式CFD
株価指数CFD
最大レバレッジ無制限
ゼロカットあり(追証なし)
スプレッドの特徴主要通貨ペアで0.0pip~の
固定スプレッドあり
取引手数料無料
最大取引数量2,000万通貨/回
最大ポジション数無制限
約定方式STP方式(Instant Execution)
取引ツールMT4、MT5
VIP待遇Exnessプレミア
初回入金額1,000ドル
プロが使う海外FXでおすすめのExnessのプロ口座

第2位 XMTradingのKIWAMI極口座:業界首位を狙う狭小スプレッド

プロが使う海外FXでおすすめのXMのKIWAMI極口座

プロが使う海外口座のおすすめランキング、第2位はXMTrading(エックスエム)のKIWAMI極口座です。

XMのKIWAMI極口座の特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

>> XMの会社概要はこちら

XMのKIWAMI極口座の特徴

XMのKIWAMI極口座の特徴
  • 次世代型NDDシステムで即時約定を実現
  • 13,000円の口座開設ボーナスがもらえる
  • 業界トップクラスの低スプレッド

XMのKIWAMI極口座は世界中に顧客を有するXM内の潤沢な流動性により、500万通貨(50ロット)まではスリッページほぼ0で即時に約定します。

ユーザーからの注文は完全にシステム化されたマリー取引(DD方式)で処理し、余剰分の注文は数々のリクイディティプロバイダーから提供されるレートの中で一番有利なものとマッチングさせ、2つの約定方式の強みを融合しています。

スプレッドはExnessとThreeTraderに次ぐ狭さです。約定力が高くて滑りにくいことを考慮した際、取引手数料を加えた合計コストではXMのKIWAMI極口座が安くなることもあるでしょう。

海外FXでは通常プロ向け口座の開設でボーナスをもらえませんが、XMはKIWAMI極口座を開設するだけで13,000円を受け取れます。そのまま証拠金として使えるので、まずはノーリスクでKIWAMI極口座のスペックを確認するために利用しましょう。

メリットデメリット
主要通貨やゴールドのスプレッドが狭い
500万通貨までの約定力が高い 全銘柄のストップレベルが0
スキャルピングに制限なし
初回入金額が5ドルで負担が少ない
口座開設ボーナスを証拠金として使える
節税目的の法人口座を開設できない

XMのKIWAMI極口座は13,000円分の口座開設ボーナスがもらえます。すでにFXで稼いでいる中上級者の方で、ハイスペックな取引環境で海外FXをノーリスクで始めたい方、自己資金を入金せずにボーナスだけで利益を増やしていきたい方におすすめです。

ボーナスだけの出金はできませんが稼いだ利益は無制限に引き出せるので、腕に自信のあるプロトレーダーであれば、自己資金を使わないでどれほど資産を増やせるか挑戦する楽しみにもなるでしょう。

KIAWMI極口座はXMのスプレッドを劇的に改善したものの、ExnessとThreeTraderに劣るのが実状です。ただし、500万通貨までであれば自社内の豊富な注文で大半を処理できるため、スリッページほぼ0で快適ですし、手数料を加味した取引コストが安くなることもあるでしょう。

また、数千万円から億単位の出金まで考えると、スプレッドばかり重視していられません。業界最大手のXMであれば安心して資産を預け入れておけるので、KIWAMI極口座は海外FXで資産を築くことを長期的に考えている方にもおすすめです。

\XMはKIWAMI口座でも13,000円もらえる!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp

取扱商品FX
仮想通貨CFD
ソフトコモディティCFD
株価指数CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
最大レバレッジ1,000倍
ゼロカットあり(追証なし)
スプレッドの特徴FXは0.6pips~
取引手数料無料
最大取引数量500万通貨/回
最大ポジション数200ポジション
約定方式次世代NDD方式
(DD方式の強みを導入)
取引ツールMT4、MT5
VIP待遇XMロイヤルティプログラム
初回入金額5ドル
プロが使う海外FXでおすすめのXMのKIWAMI極口座

第3位 ThreeTraderのRawゼロ口座:業界最狭スプレッド

プロが使う海外FXでおすすめのThreeTraderのRawゼロ口座

プロが使う海外口座のおすすめランキング、第3位はThreeTrader(スリートレーダー)のRawゼロ座です。

ThreeTraderのRawゼロ口座の特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

>> ThreeTraderの会社概要はこちら

ThreeTraderのRawゼロ口座の特徴

Rawゼロ口座の特徴
  • 海外FX業界No.1の最狭スプレッド
  • 取引手数料は業界最安の往復4ドル/ロット

ThreeTraderのRawゼロ口座は、スキャルピングトレーダーにおすすめする海外FX口座の一つです。

0.0pips~のスプレッド提示で、Exnessと常に業界No.1の狭いスプレッドを競い合っています。両社ゼロスプレッド(※)で固定されたときには、取引手数料の差額3ドル/ロット分だけThreeTraderの方が安くなります。
(※)Exnessのロースプレッド口座とゼロ口座はスプレッドが0.0~(取引手数料あり)となります。

興味深いことに、主要通貨ペアやゴールドのような人気銘柄のスプレッドについては、Exnessよりも若干狭くなっていることが多いです。

小口取引ではExnessのプロ口座の即時約定はスリッページが起きずに有利ですが、数百万通貨の注文でリクオートが連発する場合には、ThreeTraderのRawゼロ口座へ切り替えるのが良いでしょう。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

メリットデメリット
業界首位の極狭スプレッド
取引手数料が業界最安の往復4ドル/回
全銘柄のストップレベルが0
スキャルピングに制限なし
最大2万ユーロの補償あり
法人口座を開設して節税できる
MT5が使えない
初回入金額が10万円で負担が大きい
2021年設立のため老舗ブランドに信頼性で劣る

ThreeTraderのRawゼロ口座で気になる点はMT5が使えないことです。MT4とは各種パネルの仕様や操作性が多少異なるので、MT5に慣れている裁量トレーダーの方にはデメリットと言えます。

2021年設立の新興ブローカーではあるものの、国際的信用力を高めているバヌアツの金融規制当局の監査を受けながら経営しています。また、The Financial Commissionの加盟により最大2万ユーロの補償を受けられることから、一定レベルの安全性を担保しています。

The Financial Commissionとは:FXやCFD取引における業者と顧客の間に生じた問題解決に特化した国際機関です。Exness・AXIORY・TitanFXも加盟しています。

Exnessのプロ口座のスプレッドと比較しながら使い分けたり、XMでもらったボーナスを使い切ったあとに切り替えるなど、海外FXの取引コストを大幅に安くするためにThreeTraderのRawゼロ口座を活用していきましょう。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

取扱商品FX
貴金属CFD
エネルギーCFD
株価指数CFD
仮想通貨CFD
最大レバレッジ500倍
ゼロカットあり(追証なし)
スプレッドの特徴主要通貨ペアとゴールドで
業界最狭スプレッド
取引手数料往復4ドル/ロット
最大取引数量800万通貨/回
最大ポジション数200ポジション
約定方式ECN方式
取引ツールMT4
初回入金額10万円
プロが使う海外FXでおすすめのThreeTraderのRawゼロ口座

海外FX口座カテゴリ別おすすめランキングTOP3

海外FXで特定のサービスを重視する際に、優れたスペックの口座タイプを選べるように3つずつ取り上げました。

上記いずれかのサービスを重視する方は、こちらで紹介する海外FX口座を参考にしてください。

口座開設ボーナスでおすすめの海外FX口座

海外FX初心者にはお金を一切入金することなく、口座開設ボーナスのみで取引を始めることをおすすめしています。

損失リスクをゼロにできるメリットの他にも、海外FX口座の見方や使い方・取引ツールの操作方法・日本語サポートデスクの対応などを詳しく知ることができます。

海外FX業者対象口座口座開設ボーナス
FXGTスタンダード+口座
ミニ口座
Crypto Max口座
15,000円分
(通常5,000円分)
XMTradingスタンダード口座
マイクロ口座
KIWAMI極口座
ゼロ口座
13,000円分
IS6FXスタンダード口座
クリプト口座
当サイト限定
23,000円分
(通常3,000円分)
口座開設ボーナスでおすすめの海外FX口座の比較

XMとFXGTはボーナス金額が高いだけでなく、取引環境が優れていることはもちろん、安全性・信頼性の観点からも安心して利用できます。

特にXMのKIWAMI極口座とゼロ口座はプロも使用する口座であるにも関わらず、口座開設ボーナスを提供しています。通常、海外FXではプロ向けの口座ではボーナスを提供していませんが、2つの口座タイプは例外です。

海外FXの口座開設ボーナスについての最新情報は、以下の記事でご確認ください。常に入金不要ボーナスについてのお得な情報を更新しています。
関連記事:海外FXの口座開設ボーナス高額ランキング

1万円チャレンジができる海外FX口座

海外FXでは1万円にハイレバレッジをかけて大きなリターンを狙う1万円チャレンジが人気です。

国内FXよりも海外FXで1万円チャレンジをする人が多いのは、口座開設ボーナスを利用して自分のお金を一切入金しないで挑戦できるからです。

海外FX業者口座開設ボーナス
(対象口座)
最大レバレッジ
FXGT15,000円分
(スタンダード/ミニ/
Crypto Max口座)
1,000倍
Exnessなし
(全ての口座)
無制限
XMTrading13,000円分
(全ての口座)
1,000倍
1万円チャレンジでおすすめの海外口座の比較

Exness(エクスネス)は口座開設ボーナスを配布していないものの、業界最大の無制限レバレッジを利用できるので、自己資金を使っても良い方にはおすすめです。

XMTrading(エックスエム)なら全ての口座タイプでもらえる口座開設ボーナスで1万円チャレンジができますが、FXGTなら2,000円分多くもらえるメリットの方が大きいでしょう。

海外FXが初めての方は、まずはFXGTの口座開設ボーナスで1万円チャレンジを行い、使い切ってしまったあとにFXGTでの反省を活かして、XMの口座開設ボーナスで再チャレンジする方法もおすすめです。

1万円チャレンジでお金を増やすシミュレーションやおすすめ銘柄について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
関連記事:海外FXの1万円チャレンジ完全攻略

入金ボーナス(クッション機能あり)でおすすめの海外FX口座

海外FXに慣れてきたら、クッション機能がついている入金ボーナスの活用をおすすめします。

クッション機能とは:受け取ったボーナスをトレードの証拠金として利用できる上に、口座残高が0円になった場合でも消失することなく証拠金としての役割を果たすこと

口座開設ボーナスとは異なり実際に入金する必要があるため、キャンペーンに惹かれて実体が分からない新興FXブローカーへ安易に入金しないようにしましょう。

XMTrading(エックスエム)を筆頭に、以下の業者であれば安全性が高くて安心して入金できます。

海外FX業者対象口座上限金額
XMTradingスタンダード口座
マイクロ口座
最大10,500ドル分
(150万円相当)
FXGTスタンダード+口座
ミニ口座
Crypto Max口座
最大130万円分
IronFXライブ変動口座
ライブ固定口座
最大6,000ドル分(※)
(84万円相当)
入金ボーナスでおすすめの海外FX口座の比較

(※)IronFXの100%入金ボーナスにはクッション機能がないので対象外とし、40%・20%入金ボーナスで計算しています。

XMとIronFX(アイアンFX)は米ドルで提示されるので、入金時におけるドル円の為替レートで日本円に換算しましょう。

XM・FXGT・IronFXは、取引の目的に応じてハイスペックな口座タイプを使い分けできる点でもおすすめの海外FX業者です。

海外FXの入金ボーナスについての最新情報は、以下の記事でご確認ください。常に入金ボーナスについてのお得な情報を更新しています。
関連記事:海外FX 入金ボーナスランキングTOP10

ハイレバレッジでおすすめの海外FX口座

積極的にリスクをとって一攫千金を狙いたい方は、純粋にレバレッジの高さだけで海外FX口座を選ぶのが良いでしょう。

以下の業者はゼロカットシステムを導入しているので、入金した資金以上に損失が出ることがなくて安心です。

海外FX業者最大レバレッジ
(ロスカット水準)
残高に対する
レバレッジ制限
Exness
(全口座)
無制限(※)
(0%)
口座残高が
1,000ドル以上で2,000倍
TitanFX500倍
(20%)
残高による制限なし
XMTrading1,000倍
(20%)
有効証拠金残高が
4万ドル以上で500倍
ハイレバレッジでおすすめの海外FX口座の比較

(※)無制限レバレッジは、口座残高が1,000ドル未満で、最低10回(指値注文を除く)のポジション決済と合計5ロット以上の取引を完了した後に利用できます。

Exness(エクスネス)は無制限レバレッジをロスカット水準0%で利用できます。入金した資金を全て失う覚悟で一発勝負をしても良いでしょう。

TitanFX(タイタンFX)は有効証拠金に応じたレバレッジ規制を設けていない数少ない海外FX業者です。保有ポジションに利益が発生して証拠金が増えた際にロスカットを気にしないで済みます。

XMTrading(エックスエム)を紹介する理由は、13,000円の口座開設ボーナスのみでハイレバレッジを試せることです。最大1,000倍以上の業者は他にもありますが、ボーナスメリットと業者の安全性の観点より、XMからハイレバレッジを体験してみることをおすすめします。

海外FXのハイレバレッジには注意点や制限のルールがあります。最大レバレッジが高い業者とともに、有効活用するために知っておきたい内容をまとめたので、ぜひ参考にしてください。
関連記事:海外FXレバレッジ比較ランキング一覧

実質スプレッドが狭い海外FX口座

海外FXの取引では取引手数料がかかる口座タイプがあるため、純粋なスプレッドに手数料分を追加した実質スプレッドを比較する必要があります。

業界首位の狭いスプレッドを競い合う海外FX口座を確認しましょう。

海外FX業者
(口座タイプ)
ドル円ユーロドル
ThreeTrader
(Rawゼロ口座)
0.4pips~(0.0)0.4pips~(0.0)
Exness
(ロースプレッド/ゼロ口座)
0.7pips~(0.0)0.7pip~(0.0)
Exness
(プロ口座)
0.1pips~(0.1)
リアルタイムスプレッドは広い
0.1pip~(0.1)
リアルタイムスプレッドは広い
実質スプレッドが狭くておすすめの海外FX口座の比較

(※)丸括弧内の数値は取引手数料を加えていない純粋な最小スプレッド

ThreeTrader(スリートレーダー)とExness(エクスネス)は常にNo.1の狭いスプレッドを競い合っています。両社は主要通貨ペアをゼロスプレッドから提供しており、その他業者と比較しても固定スプレッド(0pip~)を提示する時間が長い傾向にあります。

主要通貨ペアの取引手数料は、ThreeTraderの往復4ドル/ロットに対して、Exnessのロースプレッド口座とゼロ口座は往復7ドル/ロットと高いために実質スプレッドは大きくなります。

Exnessで取引手数料が無料のプロ口座の最低スプレッドは0.1pips~ではありますが、リアルタイムスプレッドはロースプレッド口座とゼロ口座よりも広いため、平均的な実質スプレッドはほぼ同じになる仕様です。

Exnessの3つの口座タイプは同じ銘柄であってもスプレッドが変わるため、取引コストの管理の仕方や取引の目的に応じて実質スプレッドが小さい口座タイプを選んでいきましょう。

海外FXのスプレッドが狭い業者については、以下の記事を参考にしてください。FXに加えてゴールドとビットコインのスプレッドも比較し、変動方式の特徴や取引における注意点もまとめています。
関連記事:海外FX低スプレッドランキングTOP10

スキャルピングでおすすめの海外FX口座

スキャルピングでは実質スプレッドに加えておおよその約定力を知る必要があります。約定力を一言でいえば、希望した価格と数量通りに約定させられる力のことです。

海外FXでは約定力の客観的データが公表されていないため、こちらではプロトレーダーから定評あるスキャルピングにおすすめの海外FX口座を紹介します。

海外FX業者
(口座タイプ)
おすすめ理由主要通貨ペアのスプレッド
(取引手数料)
Exness
(プロ口座)
即時約定でスリッページが
発生しない
0.1pips~
(無料)
ThreeTrader
(Rawゼロ口座)
流動性が高い時間帯であれば
Exnessよりも取引コストが
安くなる傾向
0.0pips~
(往復4ドル/ロット)
AXIORY
(ナノ/テラ口座)
最大1,000万通貨の
大口取引が可能
0.0pips~
(往復6ドル/ロット)
スキャルピングでおすすめの海外FX口座の比較

Exness(エクスネス)が用意している3つの中上級者向け口座の中でも、プロ口座のみが即時約定方式を採用しています。

自社の顧客内の注文同士をマッチングさせるため、希望の数量と価格が満たされていればリクオートなく約定してストレスフリーな高速スキャルピングも可能です。

ThreeTrader(スリートレーダー)については、リアルタイムスプレッドがExnessよりも狭い時間帯が長い傾向にあり、取引手数料を加えた合計コストがExnessよりも安くなるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)はゼロスプレッドを提示する時間帯は長くないものの、最大取引数量が1,000万通貨で無制限にポジションを保有できることから、大口取引をするプロトレーダーから定評があります。

スキャルピング専用口座として他の海外FX業者を検討したい方は、以下の記事を参考にしてください。国内FXと比較したメリットとデメリット、稼ぎ方から注意点までまとめています。
関連記事:海外FXスキャルピングおすすめ口座と稼ぎ方

コピートレードでおすすめの海外FX口座

優秀なプロトレーダー(ストラテジープロバイダー)が登録しており、コピートレードの評判が良い海外FX口座は以下の通りです。

スクロールできます
海外FX業者
(口座タイプ)
システム名称フォロワーの手数料
Exness
ソーシャルプロ/ソーシャルスタンダード口座)
Exnessソーシャルトレーディング成果報酬制利益の0~50%
HFM
(HFコピー口座)
HFコピー成果報酬制利益の0~50%
TitanFX
(専用口座は不要)
Titan FX Social成果報酬制
海外FXでおすすめのコピートレード

Exnessソーシャルトレーディングでは、トレード戦略の利益率・リスクスコア・リターンなどのデーターが公開されているので、フォロワーがストラテジーの信頼性をある程度評価できます。

HFコピーのストラテジー数はExnessより少ないものの、良好なパフォーマンスがTwitterで報告されています。コピートレードを開始するタイミングや運用のコツを聞いてみるのも良いでしょう。

Titan FX Socialでは専用口座を開設する必要がなく、Titan FX Socialアプリから登録済みの口座とリンクさせるだけで利用できます。2023年1月にリリースされたばかりでストラテジー数が少ないため、優秀なプロトレーダーの登録数が増えることを心待ちにしましょう。

海外FXに関するよくある質問

海外FXに関するよくある質問と回答をまとめたので参考にしてください。

海外FXの世界最大手は?

海外FXの世界最大手はXMTrading(エックスエム)です。英国金融行動監視機構(FCA)の金融ライセンス保有をはじめ、グループ各社が各国金融監督当局の下でコンプライアンスを遵守し、世界196カ国(20言語)に金融サービスを提供するグローバルカンパニーです。

海外FXで1億円以上を出金できる?

はい、海外FX業者は1億円以上の出金に対応していますが、個人情報保護のために受付日時や依頼者などの詳細情報は明かされていません。数千万円規模の出金であれば、主要業者のユーザーがTwitterに画像付きで報告しています。

海外FXの出金拒否で弁護士に相談する意味ある?

はい、海外FXの出金拒否で弁護士に相談する意味はあります。仮に日本で共同不法行為をした者や組織が存在する場合、それらを対象に賠償請求ができます。

金融庁から警告されていない海外FX業者は?

金融庁から警告されていない海外FX業者は、日本語の公式サイトを運営せず、日本語でサービスを提供していない業者が該当します。

海外FXはおすすめしないと言われる理由は?

海外FXはおすすめしないと言われる理由は「金融商品取引業に登録していないこと」「悪質な出金拒否があること」「信託保全が義務化されていないこと」があげられます。

海外FXの評判をどうやって調べるの?

海外FXの評判はTwitterから現役ユーザーの口コミを入手できます。その他にも世界最大のFX口コミサイト「FPA」の書き込みから海外FX業者の評判が分かります。

GEMFOREX(ゲムフォレック)で何があった?

GEMFOREX(ゲムフォレック)では2022年12月から出金遅延が始まり、通常の取引で得た利益の出金拒否が起こり、2023年5月31日にはサービスの提供が停止されました。

海外FXのGEMFOREXの評判は?

海外FXのGEMFOREXの評判は悪いと言えます。最新の評判・口コミは、Twitterのフォロワー数が多くて信頼性が高い現役ユーザーが参考になるでしょう。

信頼性が高いまともな海外FX業者は?

信頼性が高いまともな海外FX業者は、海外FXのおすすめ業者ランキングで紹介した10社が代表例です。特にXMTrading(エックスエム)は2009年に設立されてから信頼と実績を積み重ね、世界196か国にサービスを提供する業界最大手のFXブローカーです。

海外FXと国内FXで税金が安いのはどっち?

海外FXが国内FXよりも確実に税金が安くなる目安は、利益(為替差益やスワップポイントなど)が330万円以下です。

海外FXの税金の確定申告はいくらから?

海外FXの税金の確定申告は、利益が20万円を超えてからです。

海外FXはスキャルピングが禁止なの?

海外FX業者によりスキャルピングが禁止か否か変わります。詳しくは各社の利用規約をご確認ください。

スキャルピングでおすすめの海外FX業者は?

スキャルピングでおすすめの海外FX業者は、Exness(エクスネス)、ThreeTrader(スリートレーダー)、AXIORY(アキシオリー)です。

ゴールドのスプレッドが狭い海外FX業者は?

ゴールドのスプレッドが狭い海外FX業者はThreeTrader(スリートレーダー)です。

海外FXで固定スプレッドの業者は?

海外FXで固定スプレッドの業者は、easyMarkets(イージーマーケット)、IronFX(アイアンFX)、FBS(エフビーエス)で固定スプレッドの口座タイプが用意されています。

海外FXのハイレバ手法とは?

海外FXのハイレバ手法とは、ハイレバレッジを使ったトレード手法の全般を指しますが、その中でも少ない資金をフルレバで勝負する一攫千金・ギャンブル要素が強い手法を指すことが多いです。

国内FX会社にゼロカットはある?

いいえ、国内FX会社にゼロカットはありません。追加証拠金が発生するので注意してください。

初心者におすすめの海外FX業者は?

初心者におすすめの海外FX業者は、XMTrading(エックスエム)とFXGT(エフエックスジーティー)です。取引に使える口座開設ボーナスがもらえるので、自己資金を1円も入金することなく海外FXを始めることができます。

目次