【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMスタンダード口座の特徴|デメリットとメリットを他口座と比較

XMスタンダード口座の特徴|デメリットとメリットを他口座と比較

XMのスタンダード口座は、文字通り海外FX口座として標準的な取引環境を提供している口座タイプです。

最大1,000倍のレバレッジや追証の発生しないゼロカットに加え、XMが提供しているボーナスキャンペーンの全てを利用可能です。

一方でスプレッドが標準的で、業界トップレベルに狭いわけでもありませんが、特別広いということもありません。

一般的な海外FXトレードを始めてみたい方に必要なものは全て兼ね備えた入門用口座ということもあり、もっとも人気のある口座タイプと言われています。

XMのリアル口座の開設がまだ済んでいない方は「XMの口座開設方法と操作手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。

実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

この記事をまとめると!
  • 海外FX初心者はスタンダード口座からがおすすめ!
  • XMの入金ボーナス対象はスタンダード口座とマイクロ口座のみ
  • 5万円入金で5万円ボーナスがついて資金10万円から始められる
  • スプレッドは狭くないためスキャルピングよりもデイトレード向き
  • もちろんゼロカット対応で追証なし!
XMのバナー

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの各口座タイプの違いや比較については「XMの口座タイプ4種類の違いとおすすめ口座タイプ」の記事をご覧ください。それぞれの特徴やどんな人におすすめかを分かりやすく解説しています。

目次

XM最初の口座はスタンダード口座でOK

XMTrading(エックスエム)で初めて口座を開設するなら、迷わずスタンダード口座を選べば間違いないでしょう。

項目スタンダード口座
口座の基本通貨米ドル
ユーロ
日本円
1ロットの通貨単位100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍
スプレッド1.0pips~
取引手数料なし
スワップポイントあり
最大保有ポジション200ポジション
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)
最大ロット数50ロット
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスあり
最低入金額5ドル
ロスカット水準20%
両建て取引可能
複数口座の保有可能
取扱銘柄FX通貨ペア:55種類
貴金属CFD:5種類
株式CFD:1,300種類
株価指数CFD:29種類
コモディティCFD:8種類
エネルギーCFD:8種類
仮想通貨:58種類
スタンダード口座の概要

XMTradingで初めての口座としてスタンダード口座をおすすめする具体的な理由は以下の通りです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

最も標準的な口座タイプ

XMTradingで最初にスタンダード口座を選ぶべき理由1つ目は「最も標準的な口座タイプ」ということです。

項目スタンダード口座
1ロットの通貨単位100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍
取引手数料なし
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスあり
最低入金額5ドル
ロスカット水準20%
取扱銘柄FX通貨ペア:55種類
貴金属CFD:5種類
株式CFD:1,300種類
株価指数CFD:29種類
コモディティCFD:8種類
エネルギーCFD:8種類
仮想通貨:58種類
スタンダード口座の概要

XMTradingのスタンダード口座は、XMTradingの口座タイプとしてだけでなく、海外FX業者の取引口座としても標準的なトレード環境と言えます。

海外FX業者の取引口座としては平均的な上記の取引条件がスタンダード口座には備わっており、今から海外FXでトレードデビューするために最適な環境と言えるでしょう。

全てのボーナスが対象

XMTradingで最初にスタンダード口座を選ぶべき理由2つ目は「XMの全てのボーナスが対象」ということです。

まずトレードを始める上で、少しでも多く調達しておきたいのはトレード資金であることは間違いありません。

XMTradingでは、総額1,000,000円相当以上のボーナスキャンペーンを常時開催しています。

XMTradingのボーナスと対象口座タイプ

>>>XMの全ボーナスキャンペーン5種類はこちら

ボーナスは基本的にトレード資金として活用できるクレジットとして支給され、スタンダード口座は全てのボーナスキャンペーンの対象となる口座タイプです。

したがって、スタンダード口座はボーナスで追加のトレード資金を一番多く手に入れることができます。

XMPなど全てのサービスが利用できる

XMTradingで最初にスタンダード口座を選ぶべき理由3つ目は「XMPなど全てのサービスが利用できる」ということです。

XMTrading独自のサービスといえば、やはりロイヤルティプログラムでしょう。

ロイヤルティプログラムとは、スタンダード口座・マイクロ口座で取引を行うと貰える「XMP(XMポイント)」をクレジットやキャッシュバックと交換できるサービスです。

XMポイントは、取引毎に貰えるため、スタンダード口座は実質無制限でボーナスを受け取り続けることができます。

XMPに関する詳しい解説は下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

ゼロカットにも対応

XMTradingで最初にスタンダード口座を選ぶべき理由4つ目は「ゼロカットにも対応」していることです。

入金額以上の損失を被る可能性はありますか?

いいえ、当社ではマイナス残高リセット(NBP)をすべてのお客様に提供しておりますので、ご入金額以上の損失は発生いたしません。

引用元:XMTrading公式サイト>ヘルプセンター>「取引条件:入金額以上の損失を被る可能性はありますか?」より

ゼロカットとは、相場の急変動等によって強制ロスカットで発生した損失が口座残高を上回った場合、不足分をXMTradingが補填する制度になります。

【例】もし100万円の損失が発生した場合
  • XMTradingで50万円の口座残高:50万円は損失となるが不足した50万円はXMが補填
  • 国内FX業者で50万円の口座残高:50万円は損失となり不足分の50万円は追証として入金

XMTradingでは、スタンダード口座を含めた全口座タイプで顧客を守るためのゼロカットが採用されているので安心です。

口座残高を超える損失を追証として支払う必要がありません。

最大8口座まで複数口座を開設できる

XMTradingで最初にスタンダード口座を選ぶべき理由5つ目は「最大8つまで複数口座を開設できる」ということです。

複数の取引口座を開設できますか?

はい、ご開設いただけます。同一の個人情報を用いて、有効な取引口座を最大8口座同時に保有していただけます。

引用元:XMTrading公式サイト>ヘルプセンター>「取引条件:複数の取引口座を開設できますか?」より

XMTradingでは、最初に開設した口座以外にも1つのアカウントで最大8口座まで追加口座を開設できます。

また、最初に開設した口座タイプ以外でも追加口座は開設することが可能です。

  • スタンダード口座:XMTradingの標準的な口座タイプで全ボーナスが獲得可能
  • マイクロ口座:少額トレードに特化した口座タイプで数十円規模の取引が可能
  • KIWAMI極口座:入金ボーナスの対象外だが低スプレッド&スワップフリーで快適な取引が可能
  • ゼロ口座:1ロット往復10ドルの取引手数料で入金ボーナス対象外だが最も低スプレッドで取引可能

したがって、まずは標準的なスタンダード口座を試してから、トレードスタイルに合わせて他の口座タイプを利用することが一番ベストな使い方になります。

XMの追加口座の開設方法は別ページに画像付きでまとめているので、複数口座を利用したい方は参考にしてください。

\人気No.1の口座タイプ!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのスタンダード口座の特徴

ここではXMTrading(エックスエム)のスタンダード口座とはどのような口座タイプなのか、以下7つの特徴からご紹介します。

初心者から中級者まで使いやすい条件がそろっているスタンダード口座の特徴を詳しくみてみましょう。

1ロット=10万通貨

スタンダード口座の特徴1つ目は「1ロット=10万通貨」ということです。

口座タイプ通貨量
スタンダード口座1lot=100,000通貨
マイクロ口座1lot=1,000通貨
ゼロ口座1lot=100,000通貨
KIWAMI極口座1lot=100,000通貨
口座タイプごとの通貨量

初めての海外FX業者がXMという方は、まず1ロット=10万通貨であることを知る必要があります。

なぜなら、1ロット=10万通貨が世界的にみても、通貨ペアの標準的な取引サイズとなるからです。

一方で国内FXでは最大レバレッジの低さなどから1ロット=1万通貨の取引サイズが一般的になっています。

  • 海外FX業者:1ロット=10万通貨が一般的
  • 国内FX業者(日本):1ロット=1万通貨が一般的

まず、スタンダード口座もとい海外FXの標準が1ロット=10万通貨であることが1つ目の特徴です。

1ロットの必要証拠金は約15,000円

スタンダード口座の特徴2つ目は「1ロットの必要証拠金は約15,000円」ということです。

ドル円の為替レートが150円なら1ロットの取引金額は「150円×10万通貨=1,500万円」となります。

この取引を最大1,000倍のレバレッジを利用して行えるため、必要最低限の証拠金(資金)は「1300万÷1,000=13,000円」となります。

同様に他の通貨ペアでもいくらあれば取引が可能な見てみましょう。

通貨ペア1ロット当たりの
必要最低限の証拠金
ドル円(USDJPY)
算出レート:149.255
14,930円
ユーロ円(EURJPY)
算出レート:157.951
15,803円
ポンド円(GBPJPY)
算出レート:182.639
18,273円
ユーロドル(EURUSD)
算出レート:1.05829
15,803円
ポンドドル(GBPUSD)
算出レート:1.22349
18,273円
最大1000倍レバレッジの必要証拠金目安

必要証拠金=取引サイズ(通貨数量)÷レバレッジ×口座の通貨換算レート

ポジションを建てるための必要証拠金は上記の計算式で求めることができます。

例えばドル円では最低限13,000円があれば1ロットの取引は可能ですが、ある程度の変動を見越して余力が残せる口座残高が資金の目安となります。

例えばドル円を1ロット取引する目安として10万円ほどの資金があると余裕を持たせられるでしょう。

また、XMTradingでは「必要証拠金計算ツール」も無料で提供しているので、余力を残せる資金を計算するために上手く活用しましょう。

最小ロットは0.01ロット=1,000通貨

スタンダード口座の特徴3つ目は「最小ロットは0.01ロット=1,000通貨」ということです。

XMTradingのスタンダード口座は、1,000通貨単位(0.01ロット)から取引することができます。

1ロットでは10,000円前後の必要証拠金でしたが、0.01ロットなら10,000円の100分の1にあたる100円前後の必要証拠金で取引できます。

余裕を持たせるなら1,000円ほどが目安です。

したがって、スタンダード口座で受け取れる13,000円相当の口座開設ボーナスでも、十分に一通りのトレードを試すことができます

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

最大ロットは50ロットで最大200ポジションまで

スタンダード口座の特徴4つ目は「最大ロットは50ロットで最大200ポジションまで」ということです。

少額資金から取引を始めやすいXMTradingのスタンダード口座ですが、上級者向けの大口取引にも対応しています。

同時に50ロット(5,000,000通貨)も発注することができ、最大で200ポジション(20,000ロット)まで同時保有が可能です。

また、取引ツールにMT5を選べば、一括決済機能をつかって複数ポジションを一気に決済することもできます。

XMのスタンダード口座は大口の取引にも対応した口座タイプです。

スプレッドは標準

スタンダード口座の特徴5つ目は「スプレッドは標準的」ということです。

スタンダード口座は、XMTradingの口座タイプとして標準的なスプレッドが提示されています。

スクロールできます
通貨ペアスタンダード口座KIWAMI極口座ゼロ口座
+往復取引手数料
ドル円
USDJPY
1.7pips
(1,700円)
0.6pips
(600円)
1.1pips
(1,100円)
ユーロ円
EURJPY
2.1pips
(2,100円)
1.4pips
(1,400円)
2.1pips
(2,100円)
ポンド円
GBPJPY
3.2pips
(3,200円)
1.2pips
(1,200円)
2.2pips
(2,200円)
ユーロドル
EURUSD
1.6pips
(2,230円)
0.7pips
(918円)
1.1pips
(1,443円)
ポンドドル
GBPUSD
1.9pips
(2,492円)
0.7pips
(918円)
1.2pips
(1,574円)
ゴールド
GOLD
2.5pips
(3,280円)
1.3pips
(1,705円)
3.1pips
(4,067円)
平均スプレッドと1ロット当たりの取引コスト
※ゼロ口座は往復分の取引手数料を加算

>>>XM全銘柄のスプレッド比較はこちら

XMの各口座タイプの1ロット当たりの取引コストを比べると、スタンダード口座は他の口座タイプよりもやや高めです。

ただし、取引コストが安く抑えられるKIWAMI極口座・ゼロ口座は入金ボーナスの対象外となるため、まずスタンダード口座でボーナスを受け取って取引に慣れてから乗り換える方が良いでしょう。

XMの入金ボーナスは2段階になっており、初めの500ドル(約7万円)の入金分には同額のボーナスクレジットが付与されます。例えば7万円入金すると、7万円のボーナスが付与され14万円の資金で取引できます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

EAによる自動売買も可能

スタンダード口座の特徴6つ目は「EAによる自動売買も可能」ということです。

取引プラットフォームではエキスパートアドバイザー(EA)や取引ロボットを使用できますか?

はい、MT4とMT5の両方のプラットフォームで、EAや取引ロボットを使用して取引することができます。

引用元:XMTrading>ヘルプセンター>「取引プラットフォームではエキスパートアドバイザー(EA)や取引ロボットを使用できますか?」より

XMTradingでは、スタンダード口座を含めた全口座タイプで、MT4・MT5のEAによる自動売買が公認されています。

もちろん、EAの自動売買なら基本的にトレード方法に制限はありません。

例えば、取引回数が多くなりやすいスキャルピングや、複数ポジションでトレードを行うナンピン、ピラミッティングなど様々なトレード戦略を行うことができます。

XMでの自動売買の設定方法やコツについては別記事にまとめます。

取り扱い銘柄(通貨ペア)はFX・CFDを含む1,463種類

スタンダード口座の特徴7つ目は「取り扱い銘柄(通貨ペア)はFX・CFDを含む1,463種類」ということです。

種別取り扱い銘柄数
FX通貨ペア55
貴金属CFD5
株式CFD1,300
株価指数CFD29
コモディティ(商品)CFD8
エネルギーCFD8
仮想通貨CFD58
合計1,463
スタンダード口座の取り扱い銘柄

XMTradingのスタンダード口座は、他の口座タイプと比べても非常に豊富な取り扱い銘柄を取りそろえています。

まず、通貨ペアだけでもドル円などのクロス円、ユーロドルを始めとするドルストレート、そしてマイナーなクロスペアまで全55種類がラインナップされています。

また、ボラティリティが魅力のゴールドや、2022年からは最大250倍レバレッジで仮想通貨CFDの取り扱いも再開、その後2023年には仮想通貨の最大レバレッジが500倍に引き上げられています。

\人気No.1の口座タイプ!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのスタンダード口座のデメリット

ここでは、XMTrading(エックスエム)のスタンダード口座のデメリット2つをご紹介します。

上記のスタンダード口座のデメリットを詳しくみてみましょう。

KIWAMI極口座よりスプレッドが広い

スタンダード口座のデメリット1つ目は「KIWAMI極口座よりスプレッドが広い」ということです。

スタンダード口座は、各種ボーナスで追加のトレード資金が調達できる反面、KIWAMI極口座よりスプレッドが広いというデメリットがあります。

通貨ペアスタンダード口座KIWAMI極口座
ドル円
USDJPY
1.7pips0.6pips
ユーロ円
EURJPY
2.1pips1.0pips
ポンド円
GBPJPY
3.2pips1.5pips
ユーロドル
EURUSD
1.6pips0.7pips
ポンドドル
GBPUSD
1.9pips0.6pips
ゴールド
GOLD
2.5pips1.3pips
KIWAMI極口座と平均スプレッドを比較

実際に平均スプレッドを比べると、おおよそスタンダード口座の半分程度のスプレッドでKIWAMI極口座では取引が可能です。

とは言え、KIWAMI極口座は入金ボーナスXMポイントが受け取れないため、ボーナスを重視する場合はスタンダード口座を選びましょう。

口座タイプボーナス
スタンダード口座口座開設ボーナス
入金ボーナス
XMP(XMポイント)
KIWAMI極口座口座開設ボーナス
口座タイプごとのボーナス受取状況

マイクロ口座より証拠金が必要

スタンダード口座のデメリット2つ目は「マイクロ口座より証拠金が必要」ということです。

以下は最小取引単位である0.01ロットでの必要証拠金を比較した表です。

通貨ペアスタンダード口座
1ロットの必要証拠金
マイクロ口座
1ロットの必要証拠金
ドル円(USDJPY)
算出レート:149.255
149.3円1.50円
ユーロ円(EURJPY)
算出レート:157.951
157.9円1.58円
ポンド円(GBPJPY)
算出レート:182.639
182.6円1.83円
ユーロドル(EURUSD)
算出レート:1.05829
157.9円1.58円
ポンドドル(GBPUSD)
算出レート:1.22349
182.6円1.83円
1ロット当たりの必要証拠金を比較

1ロット当たりの通貨単位が100分の1のマイクロ口座では、必要証拠金もスタンダード口座の100分の1となります。

小さなロット数で取引すれば損失リスクが軽減できるものの、その分利益金額も小さくなるためより大きな利益を求める方にはスタンダード口座が適しています。

XMTradingの証拠金に関する詳しい解説は下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

\人気No.1の口座タイプ!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのスタンダード口座のメリット

ここでは、XMTrading(エックスエム)のスタンダード口座のメリット4つをご紹介します。

上記のスタンダード口座のメリットを詳しくみていきましょう。

口座開設ボーナス13,000円がもらえる

スタンダード口座のメリット1つ目は「口座開設ボーナス13,000円がもらえる」ことです。

XMTradingのスタンダード口座は、13,000円相当のクレジットがもらえる口座開設ボーナスの対象になります。

ボーナスで支給されるクレジットとは、そのまま有効証拠金として使えるため、未入金でスタンダード口座を試すことが可能です。

>>>無料口座開設で13,000円分の取引ボーナスをゲット

入金ボーナス最大10,500ドル(約130万円)も対象

スタンダード口座のメリット2つ目は「入金ボーナス最大10,500ドル(約130万円)も対象」ということです。

口座タイプ入金ボーナス
スタンダード口座対象
マイクロ口座対象
ゼロ口座対象外
KIWAMI極口座対象外
口座タイプごとのボーナス対応状況

スタンダード口座は、口座開設ボーナスに加えて、XMTradingの入金ボーナスの対象となります。

  • 100%入金ボーナス:初回入金から入金額の100%を最大500ドル相当まで
  • 20%入金ボーナス:100%入金ボーナス以降の入金額の20%を最大10,000ドル相当まで

入金を行うと、自動的にボーナスクレジットがスタンダード口座に支給されるため、トレード資金を増やして有利に取引ができます。

最低入金額が500円からと安い

スタンダード口座のメリット3つ目は「最低入金額が500円からと安い」ということです。

XMTradingでは、全ての口座タイプを最低500円の入金から使うことができます。

少額資金からトレードを始めたい方はもちろん、少しずつトレード資金を足していきたい方にも使いやすいことがメリットです。

ただし、入金方法によっては最低入金額が異なるためあらかじめXMの入金方法の比較表を確認しておきましょう。

XMP(XMポイント)が貯まる

スタンダード口座のメリット4つ目は「XMP(XMポイント)が貯まる」ということです。

口座タイプXMP(XMポイント)
スタンダード口座対象
マイクロ口座対象
ゼロ口座対象外
KIWAMI極口座対象外
口座タイプごとのXMポイント対応状況

スタンダード口座は、お得なXMポイントが貯まるロイヤルティプログラムの対象となります。

貯まったXMポイントは「3XMP=1ドル相当」でクレジットと交換することが可能です。

ステータス初回取引からの継続利用日数1ロット毎の獲得XMP
Executive10XMP
Gold30日13XMP
Diamond60日16XMP
Elite100日20XMP
獲得XMPとステータス

また、スタンダード口座で1ロットの取引当たりで手に入るXMポイントは、XMTradingを継続利用が長いほど多くもらえるステータス制度も魅力です。

XMポイントやロイヤルティプログラムについて詳しくは別ページにまとめています。

XMのスタンダード口座をおすすめしない人の特徴

ここでは、以下のXMTrading(エックスエム)のスタンダード口座をおすすめしない人の特徴をご紹介します。

上記に当てはまる場合は、他の口座タイプを使った方が有利な条件でトレードできることが多いです。

なるべくスプレッドを抑えたい人

なるべくスプレッドを抑えたい人には、スタンダード口座をおすすめしません。

なぜなら、スプレッドの狭さを重視する場合は、スタンダード口座よりKIWAMI極口座の方が良いからです。

通貨ペアスタンダード口座KIWAMI極口座
ドル円
USDJPY
1.7pips0.6pips
ユーロ円
EURJPY
2.1pips1.0pips
ポンド円
GBPJPY
3.2pips1.5pips
ユーロドル
EURUSD
1.6pips0.7pips
ポンドドル
GBPUSD
1.9pips0.6pips
ゴールド
GOLD
2.5pips1.3pips
KIWAMI極口座と平均スプレッドを比較

例えば、ドル円(USD/JPY)はスタンダード口座では、1.7pipsですがKIWAMI極口座は0.6pipsでトレード可能です。

KIWAMI極口座では、外付けの取引手数料も発生しないため、スプレッドで比べるとスタンダード口座よりKIWAMI極口座が有利な条件です。

XMのKIWAMI極口座について詳しくはこちらのページを参考にしてください。

超少額から始めたい人

超少額から始めたい人には、スタンダード口座よりマイクロ口座をおすすめします。

なぜなら、マイクロ口座は超少額トレードに特化した口座タイプだからです。

口座タイプ通貨量
スタンダード口座1lot=100,000通貨
マイクロ口座1lot=1,000通貨
ゼロ口座1lot=100,000通貨
KIWAMI極口座1lot=100,000通貨
口座タイプごとの通貨量

マイクロ口座は、1ロット=1,000通貨となるため、数十円の証拠金からポジションをエントリーできます。

トレード資金を数千円程度にして、超少額からトレードの経験を積みたい方にはマイクロ口座が良いでしょう。

XMのスタンダード口座をおすすめする人の特徴

ここでは、以下のXMTrading(エックスエム)のスタンダード口座をおすすめする人の特徴をご紹介します。

上記の特徴に当てはまるなら、XMTradingのスタンダード口座が最適です。

ボーナスを最大限に活用したい人

ボーナスを最大限に活用したい人には、スタンダード口座をおすすめします。

なぜならスタンダード口座は、XMTradingの実施する全てのボーナスを受け取ることができるからです。

  • 口座開設ボーナス:13,000円相当
  • 2段階入金ボーナス:最大10,500ドル相当
  • ロイヤルティプログラム:取引に応じて何度でも

上記以外にも、お年玉ボーナスやおみくじプロモなど、スタンダード口座は全ボーナスの対象なので最もXMTradingをお得に使える口座タイプです。

とりあえず海外FXを始めてみたい人

とりあえず海外FXを始めてみたい人には、もちろんスタンダード口座をおすすめします。

海外FX業者のおすすめランキングでも1位を獲得しているXMで、さらにスタンダード口座ですから、海外FXの標準的な取引口座と言って良いでしょう。

最大1,000倍レバレッジや1つの口座で株価指数や仮想通貨まで取引できるバラエティ、そして追証なしのゼロカットなど今から海外FXを始めるのに最適な環境が整っています。

\人気No.1の口座タイプ!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのスタンダード口座の注意点

ここでは、XMTrading(エックスエム)のスタンダード口座に関する以下5つの注意点をご紹介します。

口座タイプの種類やレバレッジ倍率の上限がない海外FXならではの注意点も含めて事前に確認しておきましょう。

口座残高によってレバレッジ制限あり

スタンダード口座の注意点1つ目は「口座残高によってレバレッジ制限あり」ということです。

スタンダード口座を含めて、XMTradingではアカウント内の口座残高の合計に応じて、最大レバレッジが制限されるというルールがあります。

口座残高最大レバレッジ
5ドル〜40,000ドル未満最大1,000倍
40,001ドル~80,000ドル未満最大500倍
80,001ドル〜200,000ドル未満最大200倍
200,001ドル以上最大100倍
口座残高に基づくレバレッジ制限

スタンダード口座で最大1,000倍レバレッジを使えるのは、追加口座を含めた全口座残高の合計が20,000ドル相当未満の場合なので注意しましょう。

そのほかのXMのレバレッジルールは別ページにまとめています。

口座開設ボーナスがもらえるのは最初の口座のみ

スタンダード口座の注意点2つ目は「口座開設ボーナスがもらえるのは最初の口座のみ」ということです。

誰が獲得できますか?

本プロモーションはXMTradingのリアル口座を初めて開設していただいた全てのトレーダー様が対象です。しかし、地域によっては別のプロモーションが優位な場合があります。口座開設日から30日以内にボーナスの請求をしないと無効となります。

引用元:XMTrading公式サイト>「取引ボーナス」より一部抜粋

XMTradingの口座開設ボーナスは、XMTradingで最初に開設した口座のみとなっており、追加口座は受け取れません。

また、別のメールアドレスを使って再び口座開設ボーナスを受け取る行為は規約違反となり、口座凍結や強制退会といった罰則の対象となるため絶対に行わないようにしましょう。

ボーナスだけの資金移動はできない

スタンダード口座の注意点3つ目は「ボーナスだけの資金移動はできない」ということです。

XMTradingが提供しているボーナスは、ほとんどクレジットで支給されます。

クレジットは、有効証拠金として口座内で扱われるものの、現金残高ではないため単体で資金移動ができません。

口座資金移動前資金移動後
資金移動元の口座口座残高:100,000円
クレジット:20,000円相当
口座残高:50,000円
クレジット:10,000円相当
資金移動先の口座口座残高:50,000円
クレジット:50,000円相当
口座残高:100,000円
クレジット:55,000円相当
資金移動とクレジット移動の例

したがって、上記の様にXMTradingでは口座間資金移動を行った現金残高の割合と同割合のクレジットが移動する仕様になっています。

口座タイプは後から変更できない

スタンダード口座の注意点4つ目は「口座タイプは後から変更できない」ということです。

XMTradingでは、口座タイプを後から変更することはできません。

口座タイプは変更できますか?
口座タイプを変更することはできませんが、会員ページ にて、ご希望の口座タイプを選択していつでも追加口座を開設いただけます。

引用元:XMTrading公式サイト>ヘルプセンター>口座開設・管理>「口座タイプは変更できますか?」より

例えば、最初にスタンダード口座を開設した後、ゼロ口座やKIWAMI極口座を使いたい場合は、追加口座として開設して使うことになります。

また、口座間の資金移動は手数料が無料なので、スタンダード口座から追加口座へ資金移動を行うことで、簡単に口座タイプを乗り換えることが可能です。

XMTradingの追加口座に関する詳しい解説は下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

あわせて読みたい

1アカウントにつき8口座まで

スタンダード口座の注意点8つ目は「1アカウントにつき8口座まで」ということです。

複数の取引口座を開設できますか?

はい、ご開設いただけます。同一の個人情報を用いて、有効な取引口座を最大8口座同時に保有していただけます。

引用元:XMTrading公式サイト>ヘルプセンター>「取引口座:複数の取引口座を開設できますか?」より一部抜粋

XMTradingでは、1つのアカウントで最大8つの口座まで追加口座を開設することができます。

追加口座は、どの口座タイプでも自由に開設することができますが、合計8口座を超えて開設することはできません。

新しく9口座目を開設する際は、XMTradingの会員ページで解約の手続きを行って8口座以下にする作業が必要です。

\人気No.1の口座タイプ!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMで追加口座を開設する方法

ここでは、XMTrading(エックスエム)で追加口座を開設する方法をご紹介します。

先に解説した通り、XMTradingでは後から口座タイプの変更ができないため、他の口座タイプを試したい時は、追加口座として開設しましょう。

さらに詳しい追加口座の開設方法は「XMの追加口座・複数口座開設方法」のページをご覧ください。

追加口座の開設方法
STEP
XMTradingの会員ページにログイン

まずはXMTradingの会員ページにログインしましょう。

XM会員ページにログインする
STEP
追加口座開設ページを開く
追加口座開設をクリックする

XMTradingの会員ページにログインしましたら「追加口座開設」をクリックしましょう。

STEP
口座タイプを選ぶ
追加口座を開設する

追加口座で開設する口座タイプなど、各項目を設定して「リアル口座開設」をクリックしましょう。

STEP
追加口座の開設が完了
ログイン情報が送られてくる

以上でXMTradingの追加口座開設は完了です。XMTradingからメールで口座へのログイン情報が届きます。

STEP
乗り換えて使う場合は資金移動
資金移動で乗り換え

他の口座タイプから乗り換えて使う場合は、XMTrading会員ページの「マイアカウントの概要」の「オプションを選択する」から資金振替を行いましょう。

XMのスタンダード口座に関するよくある質問

スタンダード口座の10万通貨(1ロット)の取引の規模感を知りたい。

スタンダード口座の1ロットは、クロス円の通貨ペアだと1pips=1,000円の損益変動があります。クロス円以外の通貨ペアで1pips当たりの損益変動を計算する場合は、XMTrading公式が提供している「ピップ値計算ツール」を使うと最新の為替レートを元に簡単に計算できます。

スタンダード口座とマイクロ口座はどちらがおすすめ?

基本的にはスタンダード口座をおすすめします。なぜなら、スタンダード口座が海外FXの口座としても標準的であり、少額資金からある程度まとまった金額を稼ぐことも十分に可能だからです。超少額トレードならマイクロ口座も選択肢にあがるものの、利益も小さくなりやすいため結果的にロット数を上げる必要も出てきます。

スタンダード口座とKIWAMI極口座の違いとは?

スタンダード口座は、ボーナスがあり初心者でも使いやすい仕様になっています。一方で、KIWAMI極口座は、ほとんどのボーナスが対象外になるかわりに、低スプレッドやスワップフリーなど取引で稼ぐことに特化した仕様となっていることが両者の違いです。

スタンダード口座から他の口座タイプに乗り換えることはできますか?

はい、追加口座として開設することで乗り換えが可能です。XMTradingでは、後から口座タイプの変更ができないため、追加口座として他の口座タイプを開設する必要があります。追加口座の開設後、口座間資金移動を行うことで簡単に口座タイプの乗り換えが可能です。

XMのスタンダード口座で最小の取引サイズは?

0.01ロット(1,000通貨)が最小ロットです。また、通貨ペア以外の銘柄に関しては、1ロット当たりの数量が異なるためご注意ください。

XMのスタンダード口座でスキャルピングはできますか?

はい、XMTradingでは全口座タイプでスキャルピングが可能です。

XMのスタンダード口座のデモ口座は提供していますか?

はい、XMTradingのスタンダード口座はデモ口座で試すことも可能です。

XMのボーナスキャンペーン

XMTradingでは新規口座開設をするだけで取引に使える13,000円分のボーナスを配布中

通常3,000円のボーナスが大幅に増額されている今がチャンスです。

ボーナス自体の出金はできませんが、ボーナスを使って稼いだ利益は無制限に出金可能

さらに!入金額に応じて最大10,500ドル(約130万円)のボーナスがもらえる入金ボーナスキャンペーンも。
※対象はスタンダード口座、マイクロ口座のみ

資金2倍ボーナスを活用してFXトレードを有利に進めましょう!

\海外FXで人気No.1!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

>>>XMのボーナスの詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次