海外FXスキャルピング最強業者
Exnessは現行海外FXで最強のスキャルピング業者
最新ボーナス情報
【11月最新】海外FXの口座開設ボーナス高額ランキング2023 ※マイナー業者含む
海外FXのおすすめ業者ランキング
【4月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

仮想通貨FXの海外取引所おすすめランキング【2024年最新版】

仮想通貨FXの海外取引所おすすめランキング【2023年最新版】

海外の仮想通貨FXがおすすめされるのは、国内取引所よりもトレードに有利な条件が揃っているためです。

1,000種類を超える銘柄から自由に取引対象を選ぶことができ、100倍を超えるハイレバレッジや極めて狭いスプレッドで稼ぎやすいなどの特徴があります。

この記事では、レバレッジ・スプレッド・ボーナスなどの観点から、仮想通貨FXでおすすめの海外取引所をランキング形式で紹介します。

新規登録をした後には、将来性が高いアルトコインをもらったり、毎週オファーされる期間限定キャンペーンに参加することも、海外取引所ならではの楽しみ方です。

海外の仮想通貨FXを迷うことなく安心して始めるため、ぜひ参考にしてください。

なお、ビットコインをはじめとした仮想通貨も取引できるおすすめの海外FX業者を「海外FXおすすめランキング」にまとめたので、海外FXを新たな収益の柱にしたい方はご参考ください。

目次

仮想通貨FX(ビットコインFX)で海外取引所を利用するメリット

仮想通貨FX(ビットコインFX)で海外取引所を利用するメリットを紹介します。

国内取引所よりも選ばれる理由そのものですので、参考にしてください。

口座開設ボーナスで損失リスクをゼロにできる

海外取引所の最大のメリットは、自分のお金を1円も入金することなく、口座開設ボーナスのみを使って仮想通貨FXを始められることです。

FXGT・Bybit・XMTradingは高額な口座開設ボーナスがもらえることから、仮想通貨FX初心者の海外ファースト口座として人気です。

海外取引所口座開設ボーナス金額Web登録ページ
FXGT15,000円分>ボーナスを受け取る
Bybit14,000円相当分
期間限定9月1日まで
>ボーナスを受け取る
XMTrading13,000円分>ボーナスを受け取る
海外の仮想通貨FXの高額な口座開設ボーナス

>>>海外業者の口座開設ボーナスランキング

いずれも口座開設ボーナスをそのまま出金することはできませんが、トレードの証拠金として使えるため、ビットコインFXを無料で体験できます。

例えば、FXGTで口座開設をして受け取った15,000円分のボーナスに100倍のレバレッジをかければ、150万円分もの取引が可能です。ビットコインを購入した直後に値上がりすれば、全ての利益をそのまま出金できます。

一方で値下がりしてロスカットされた場合には、失う金額が口座開設ボーナス分のみなので、損失リスクをゼロにして海外の仮想通貨FXを始められます。

入金ボーナスでトレード資金が増える

海外の仮想通貨FXでは口座に入金するだけでボーナスがもらえたり、一定の取引条件を満たすことで受け取れる入金ボーナスもあります。

海外取引所入金ボーナス金額
XMTrading最大10,500ドル分
(150万円相当)
FXGT最大130万円分
Bybit最大5,000 USDT
(70万円相当)
取引条件を満たす必要あり
海外の仮想通貨FXの高額な入金ボーナス

>>>海外業者の入金ボーナスランキング

XMTrading・FXGTの入金ボーナスは業界の中でも群を抜いて高額なため、口座開設ボーナスと合わせると、初心者の方ほど2つの取引所で仮想通貨FXを始めるメリットが大きくなります。

Bybitのように一定金額の入金と取引を完了することで入金ボーナスがもらえる海外取引所もあり、すでに仮想通貨FXを始めている方が活用しやすい内容です。

いずれも入金ボーナスを出金することはできませんが、証拠金に足してロスカットされにくくしたり、ハイレバレッジをかけて1億円分を超えるビットコインを取引することもできます。

また、Bybitのボーナスは取引手数料の支払いにも使えるので、XMやFXGTよりも使い道が多いことを押さえておきましょう。

ハイレバレッジで大きな金額を取引できる

海外の仮想通貨FXを利用する大きなメリットは、100倍を超えるハイレバレッジが使えることです。

国内取引所の最大レバレッジが2倍に制限されているため、少ない資金から仮想通貨FXで大きく稼ぎたい方が海外取引所を選ぶ理由にもなっています。

海外取引所最大レバレッジ
FXGT1,000倍
XMTrading500倍
Bybit100倍
海外の仮想通貨FXの最大レバレッジ

日本の方に大人気のBybitでは100倍までレバレッジを使えますが、海外取引所の中では小さな方です。仮想通貨のレバレッジランキング1位のFXGTでは1,000倍までレバレッジを活用できます。

仮にビットコインFXで100万円分を購入するとき、レバレッジ2倍だと50万円もの資金が必要になる一方、レバレッジ1,000倍であれば1,000円で済み、元手が少なくても短期トレードで不利になりません。

余裕を持って仮想通貨FXの資金を準備できない方は、海外取引所のハイレバレッジを利用するのが良いでしょう。

FXGTの仮想通貨FXの取引環境については、別ページに詳しくまとめています。

ゼロカットで追加証拠金が発生しない

海外の仮想通貨FXで100倍を超えるハイレバレッジを安心して利用できるのは、ゼロカットにより追加証拠金が発生しないからです。

国内取引所では、仮想通貨が急落して証拠金が0円を割り込んだ場合、マイナス金額分を追加証拠金(追証)として入金しなければなりません。

一方で、海外取引所はマイナス金額分を全額補填して口座残高を0円に戻すゼロカットがあるので、追証の心配をすることなく数万円から一攫千金を狙うことを可能にします。

ゼロカットは国内取引所にはないシステムです。基本ルールや悪用した場合の罰則などは海外FXと同様なので、詳細は以下の記事でご確認ください。
関連記事:海外FXのゼロカットとは?

ロスカット水準が低くて損切りされにくい

海外で仮想通貨FXをするメリットは、低いロスカット水準で損切りされにくくなる上に資金効率を高くできることです。

国内取引所のロスカット水準が概ね50%以上(*1)であるのに対して、海外取引所(*2)では20%が標準になっています。ビットコインFXでロスカット水準が低い海外取引所は以下の通りです。
(*1)日本の大手取引所の例 bitFlyer:50%、GMOコイン:75%、SBI VC Trade:80%
(*2)日本の仮想通貨取引所と同じく有効証拠金を基にしてロスカット水準を定めた業者に限定

海外取引所最低ロスカット水準最大レバレッジ
Exness0%400倍
XMTrading20%500倍
FXGT20%または40%1,000倍
海外の仮想通貨FXのロスカット水準と最大レバレッジ

Exness・XMTrading・FXGTはレバレッジ取引を有利にするCFDと呼ばれる商品に強みがあり、中でもExnessは証拠金が消失するまでポジションを保有できる数少ない業者となります。

海外の仮想通貨FXは一般的に上限レバレッジが低く設定されていますが、FXGTはFX(通貨ペア取引)と同じく最大1,000倍のハイレバレッジを利用できます。

少ない資金を短期間で大きく増やしたい場合は、Exness・XMTrading・FXGTでのレバレッジ取引を検討しましょう。

スプレッドが狭くて取引手数料が安い

海外取引所はスプレッドが狭くて取引手数料が安いので、仮想通貨FXに慣れた方ほど取引コストを少しでも下げるために利用する傾向にあります。

流動性が高い(売買が活発に行われる)時間帯における、ビットコインFXの参考スプレッドは以下の通りです。

スクロールできます
海外取引所1 BTCのスプレッド取引手数料(*2)取引コスト
(ビットコイン3万ドルで計算)
MEXC(*1)0.10 USDTMaker:0.00%
Taker:0.01%
Maker:0.10 USDT
Taker:3.1 USDT
Bybit(*1)0.10 USDTMaker:0.020%
Taker:0.055%
Maker:6.1 USDT
Taker:16.6 USDT
Exness(プロ口座)7.50ドル無料7.50ドル
海外取引所のビットコインFXの取引コスト(参考値)

(*1)無期限契約ならびに割引なしの通常手数料を採用
(*2)ファンディングコストとスワップポイントは含まない

海外の仮想通貨FXの取引手数料は、Maker(メイカー)手数料やTaker(テイカー)手数料(*3)が発生する方式と、手数料を無料にしてスプレッドが広くなる方式があります。

MEXCやBybitのスプレッドは、流動性が高い時間帯であれば1 BTCあたり0.00または0.10 USDTで前後しています。MEXCなら1 BTCの購入で、取引コストは高くても430円相当(3.1 USDT)で済みます。

USDTとは:米ドル(USD)と価値が連動するように設計されたステーブルコインと呼ばれる仮想通貨です。発行元はUSDTの価値の裏付けとして、現金・短期預金・社債などを保有しています。

多くの国内取引所は相対取引ができる販売所方式の案内を優先していますが、スプレッドが広いためにTwitterでも多くの不満が見られます。

一方の海外取引所は、機関投資家や個人も関係なくユーザー同士で売買できる価格操作されない取引方式の上に、取引所が大きな手数料を取らない慣習になっているため、国内取引所よりも大幅にコストが安くなります。

(*3)Maker手数料とTaker手数料 

仮想通貨FXでは取引手数料が「Maker(メイカー)手数料」と「Taker(テイカー)手数料」に分かれている場合があります。

Makerとは指値注文を出したトレーダーのことで、流動性を供給してユーザーが売買しやすい状況を作る(make)ことが名称の由来です。Maker(指値注文)手数料はTaker手数料よりも安く、マイナスになる(手数料をもらえる)こともあります。

TakerとはMakerの指値注文を成行注文で消費するトレーダーのことで、流動性を奪う(take)ことが名称の由来です。Taker(成行注文)手数料は、通常Maker手数料よりも高くなります。

流動性が高くて希望の注文が通りやすい

仮想通貨FXの中上級者が海外取引所を選ぶメリットは、流動性が高いので大きな注文を一回で約定できることです。

流動性が高いとは希望の数量を希望の価格で約定しやすいことを指し、仮想通貨を狭い価格帯の中でたくさん注文できる状態です。

海外取引所のZoomexと国内大手の仮想通貨取引所におけるビットコインFXの注文状況を比較します。

Zoomexと国内大手仮想通貨取引所の板情報の比較
Zoomexと国内大手仮想通貨取引所の板情報の比較
  • 左側:ZoomexにおけるBTCUSDTの板情報
  • 右側:国内取引所におけるBTCJPYの板情報

Zoomexであれば0.1 USDT(約14.3円)ごとに10 BTC ~ 60 BTCで売りの指値注文が詰まっています。1 BTCを約400万円で計算すると、4,000万円相当以上の注文が0.1 BTCごとに次々と約定できる状態です。

一方で国内取引所のスプレッドは100円以上まで広がることもあり、注文量が示す通り、大きな買い注文を入れると自ら価格を押し上げてしまいます。

例えば右上の板で、4,137,753円で1 BTCだけ成行き買いをすると、板情報の上限となる4,139,229円を超えた価格まで買い上げることになります。

日本の仮想通貨取引所は、円建て取引のみをする日本人が主なユーザーのために流動性が低い傾向にあります。

その一方、Zoomexなどの海外取引所は世界中のトレーダーが顧客になるので毎日高い流動性を確保でき、仮想通貨FXの大口注文が速やかに通ります。

仮想通貨の種類が豊富で草コインも売買できる

仮想通貨トレーダーが盛り上がる一つのイベントが、草コインが一斉に急上昇する相場です。海外取引所であればアルトコインが豊富で、10倍以上の価格上昇を期待できる草コインもガチホ(*1)できます
(*1)将来が有望だと思われる仮想通貨を売却せずに長期保有すること。塩漬けとは異なります。

草コインとは:知名度が低いために投資されず、時価総額が小さい状態で市場から見放されたままのアルトコイン

海外と国内の仮想通貨取引所で購入できる現物の仮想通貨の種類を確認しましょう。 

海外取引所銘柄数
Bybit329
MEXC1,620
Bitget560
海外取引所で現物取引できる仮想通貨の銘柄数(2023年8月付 参考:CoinMarketCap)
国内取引所銘柄数
コインチェック19
bitFlyer22
DMM Bitcoin20
国内取引所で現物取引できる仮想通貨の銘柄数(2023年8月付 参考:各社公式サイト)

国内取引所は日本の法規制により、投資家への金銭的リスクが少ないビットコインやイーサリアムをはじめ、時価総額が大きめの銘柄を中心に取り扱っています。

一方で海外取引所(*2)では日本の法規制は関係ないため、トークン発行元が詐欺集団でない限りはハイリスクな草コインも上場しています。
(*2)企業が運営する海外取引所(CEX)が対象です。

特にMEXCは草コインの宝庫なので、テンバガーを超える銘柄の発掘を楽しめるでしょう。

米国株(GAFAM+NT含む)など仮想通貨以外の商品あり

海外取引所を利用するメリットは、仮想通貨FX以外の商品が複数あるので、仮想通貨のトレード成績が悪くても他の商品で稼げるチャンスが多いことです。

FTX破綻以降にようやく仮想通貨冬の時代が終わりを見せ始めていますが、株式や債券の投資家と比較したら、リスクに見合わない投資パフォーマンスの方も多いでしょう。

海外取引所であれば仮想通貨FXで稼いだ利益を、時価総額世界第1位のアップル(AAPL)を含むGAFAM+NTへそのまま投資することもできます。

GAFAM+NTとは:Google、Apple、META(旧Facebook)、Amazon、MicrosoftにNVIDIAとTeslaを加えた7社のことで、世界経済を牽引する米国大手テクノロジー企業です。

海外取引所株式CFDの銘柄数
ExnessGAFAM+NTを含む98銘柄
いつでもスワップフリー
FXGTGAFAM+NTを含む50銘柄
マイナススワップが多い
仮想通貨FXと米国株CFDを取引できる海外取引所(2023年8月付)

FXGTとExnessは、現物株式ではなくレバレッジ取引ができるCFDでトレードできます。

Exnessは取引手数料が無料ですし、いつでもスワップフリーなので長期投資にも適しています。仮想通貨FXの短期トレードで稼ぎ、株式投資で長期的なキャピタルゲインも狙えるメリットがあります。

ビットコインFXの種類(合成銘柄)が多い

海外取引所はビットコインFXの種類が多いので、ビットコインを軸にしながら銘柄ごとの値動きを予測しやすくなります。

BTC/USDのようにビットコインを米ドルなどの法定通貨で買ったり、ETH/BTCのようにビットコインでイーサリアムを買うなどの仮想通貨同士のクロスは多くの海外取引所が取り扱っています。

これらに加えて、FXGTであれば法定通貨や仮想通貨以外の商品と組み合わた独自性の高いビットコインFXができます。

FXGTのビットコインFX(合成銘柄)

BTC/XAU(ゴールド)、BTC/XAG(シルバー)、BTC/SPX(S&P500)、BTC/NAS(ナスダック100)、BTC/DOW(ダウ30)、BTC/APL(アップル)、BTC/MET(メタ)、BTC/AMZ(アマゾン)

これらはビットコインFXの合成銘柄とも呼ばれていて、実際の取引を可能にするには流動性等に考慮した商品設計力が必要になります。

FXGTは仮想通貨FXの豊富な種類と取引環境に定評があり、BTC・ETH・XRPなど主要12銘柄で構成されたGTi12指数で仮想通貨のインデックス投資までできる優れた取引所です。

FXGTの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にFXGTを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:FXGTの評判・口コミまとめ

MT4/MT5/TradingViewを無料で使える

海外取引所のメリットは、MT4/MT5/TradingViewで仮想通貨FXができることです。MT4/MT5であればFX(通貨ペア取引)とビットコインFXを1つのプラットフォーム内で取引できます。

TradingView(トレーディングビュー)については、最先端のチャート機能のみが各取引所の独自アプリに搭載されている場合が多いです。

海外取引所取引プラットフォーム
BybitMT4、TradingView搭載の独自アプリ
ZoomexTradingView搭載の独自アプリ
FXGTMT4、MT5
海外の仮想通貨FXの取引プラットフォーム

MT4/MT5/TradingViewが採用される理由は、高度なチャート分析ができるからです。取引所が開発した独自アプリはシンプルで直感的な操作に優れていますが、デメリットとして機能性が乏しくなります。

ビットコインFXなど大型銘柄の流動性が増えてきました。海外FXのようにチャート分析が有効になった際に、高機能なMT4/MT5/TradingViewのメリットを十分に実感できるでしょう。

TradingViewは月間利用者数5,000万人を超えるSNS型金融プラットフォームです。おすすめの海外取引所BitgetはTradingViewから口座連携ができ、全ての機能を活用した仮想通貨FXが可能になります。

本人確認(KYC)なしで取引できる

仮想通貨FXができる海外取引所のメリットは、本人確認(KYC)なしで手軽に取引を始められることです。

マネーロンダリング対策の一環として仮想通貨FXをする前の本人確認が義務化されていますが、海外取引所は入出金などに制限を設けることで、本人確認なしでも取引が体験できるようにしています。

本人確認なしで仮想通貨FXができる海外取引所

Bybit、Zoomex、FXGT、XM、Exness、MEXC、Bitget

海外取引所で本人確認しないことの注意点は、口座開設ボーナスがもらえないことです。その他、法定通貨を出金できないなど各種サービスの利用を制限されます。

仮想通貨FXで海外取引所の優れた機能をフル活用するため、口座開設をしたらそのまま本人確認まで完了してしまいましょう。

海外FXと損益通算して節税できる

海外の仮想通貨FXのメリットは、海外FX(通貨ペア取引)と損益通算して節税できることです。まずは仮想通貨FXの税金に関する内容を確認しましょう。

項目内容
所得区分雑所得
課税区分総合課税
税率所得税率:5~45%
損失繰越個人は不可
海外の仮想通貨FXの税金に関する内容

海外FXの税金も上記の通りです。ビットコインFXで年間損益がマイナスになると損失繰越ができないため、海外FXなどで得た利益と合算して税金対策をしていきましょう。

個人が海外の仮想通貨FXで納める税金の節税・計算・確定申告等の詳細については以下の記事を参考にしてください。海外FXを例にした解説ですが、仮想通貨FXも同様です。
関連記事:海外FXの税金はいくら?

仮想通貨FX(ビットコインFX)で海外取引所を利用するデメリット

続いては、仮想通貨FX(ビットコインFX)で海外取引所を利用するデメリットを解説します。

日本の仮想通貨取引所にはないリスクが含まれるので、しっかり確認していきましょう。

日本の金融ライセンスを保有していない

海外取引所は日本の法律で禁止されているハイレバレッジやゼロカットなどを提供するため、日本で金融ライセンスを取得していません。

仮想通貨FXに有利な海外サービスを利用できる反面、投資家の不安材料として2つのデメリットが上げられます。

資産1,000万円まで補償されない

日本の株式を販売する証券会社の場合、経営破綻して万が一信託保全先から資産が返還されなかったとしても、投資者保護基金制度により一人当たり1,000万円まで補償されます。

日本の仮想通貨取引所(暗号資産交換業者)は法定通貨の信託保全が義務化されており、仮想通貨についてはコールドウォレットを用いた管理方法を明示していることから、一定の安全性が保たれていると言えます。

コールドウォレットとは:インターネットと完全に切り離された環境で仮想通貨を保管できるウォレットです。ハッキングによる盗難リスクを極めて小さくできます。

一方で、海外取引所の中には資産保護や補償が義務化されていないライセンスで事業を行っていたり、経営破綻した際の資産返還スキームが開示されていない場合も多いです。

現状を踏まえ、一部の海外取引所はユーザーの資産を保護する対策を講じることで、安全性の向上と信頼獲得に努めています

海外取引所補償サービス・組織補償概要
FXGT賠償責任保険への加入をRenaissance Insurance Brokers Ltdが証明最大100万ユーロを補償するFXブローカー向け損害賠償責任保険
ExnessThe Financial Commissionに加盟顧客とブローカーの間の問題解決、最大2万ユーロを補償
BitgetBitget保護基金の設立口座の漏洩や資産の盗難・紛失に遭われた場合など、基金を通じて補償
MEXCMEXC保護基金の設立口座の漏洩や資産の盗難・紛失に遭われた場合など、基金を通じて補償
海外の仮想通貨取引所における金銭等損害の補償概要

Exnessの加盟する組織は主要な海外FX業者が利用している信頼性の高い第三者機関です。FXGTは保険加入を第三者が証明する形式をとっています。

MEXCとBitgetの補償は自己資金から賄うものではありますが、Bitgetはウォレットを公開して現在の保護基金の資産価値が誰でも分かるようにし、MEXCは補償事例を逐次レポートにして公開しています。

信託保全が義務化されていない

海外取引所の補償面におけるデメリットは、信託保全が義務化されていないことです。信託保全とはユーザーの資金・利益・含み益などを信託金融機関に預けて管理してもらう仕組みです。

日本の仮想通貨取引所(暗号資産交換業者)が経営破綻した場合、日本円などの法定通貨については信託先から返還されることが基本にあります。

ユーザーが保有する仮想通貨については、海外と国内の取引所ともにコールドウォレットでの分別管理が基本です。国内取引所については、ホットウォレットで管理するユーザーの仮想通貨について、法令に基づいて同種・同量の仮想通貨をコールドウォレットに保有することが義務付けられています。(履行保証暗号資産)

法定通貨および仮想通貨の補償制度について、日本の仮想通貨取引所が盤石な体制を敷いていることから、仮想通貨FXの経験を重ねて取引金額が大きくなるほど、海外取引所に国内と同等の補償制度を求めたくなるのは自然なことと言えるでしょう。

暴落リスクがある仮想通貨が含まれる

海外の仮想通貨FXのデメリットは、暴落リスクがある仮想通貨が含まれていることです。日本の仮想通貨取引所にはホワイトリスト銘柄のみが上場しており、一般的に安全性と信頼性が高いと考えられています。

ホワイトリスト銘柄とは:仮想通貨(暗号資産)の取引全般の自主規制団体(JVCEA)が定める一定の基準を満たし、金融庁が公開している事務ガイドラインに沿って厳選された仮想通貨です。

海外取引所(*1)独自審査でスキャム(詐欺)コインを排除しているものの、上場するトークンの価値を決めるプロジェクトの詳細・スマートコントラクト等の組みや用途・流通状況など、一般的に詳細までは審査していません。
(*1)特定の企業が運営している仮想通貨取引所(CEX)に限ります。

そもそも、大半の仮想通貨には裏付けとなる資産が紐付けられていません。海外取引所で投資する際、匿名性が高い銘柄であれば入念な調査が必要でしょう。

たくさん稼ぐと税金が高くなる

海外の仮想通貨FXでたくさん稼ぐと高い税金を支払わなくてはなりません。国内取引所と同じく、仮想通貨FXによる雑所得には総合課税が適用されて、トレードの利益が大きくなるほど税率が高くなる累進課税です。

日本の証券会社を通じた株式取引やFXは、税率が約20%で損失を3年間繰り越せます。一方で仮想通貨FXでは、税率は最大55%(住民税含む)となり損失繰越ができません。

ただし、所得が仮想通貨FXのみであれば年間利益330万円までは明らかに税金が安くなることや、海外FXと損益通算して節税できるメリットがあることも押さえておきましょう。

日本円を直接入出金できない取引所がある

海外で仮想通貨FXをするデメリットは、日本円を直接入出金できない海外取引所が多数あることです。日本の仮想通貨取引所のように日本円を口座に預け入れておいて、そのお金でビットコインを購入するということができません。

まずは仮想通貨FXができる主要な海外取引所において、日本円の預け入れができるかを確認しましょう。

海外取引所日本円の預け入れ
FXGT可能
XMTrading可能
Exness可能
Bybit不可
Zoomex不可
MEXC不可
Bitget不可
仮想通貨FXができる海外取引所の日本円の預け入れの可否

FXGT・XMTrading・Exnessの口座には銀行送金などで日本円を直接入出金できます。Bybitなどの日本円を取扱わない取引所では、決済会社を通じて仮想通貨を購入するか、予め別の場所で仮想通貨を準備して送付する方法の2つがあります。

前者はクレジットカードや銀行送金を利用しますが非常に手数料が高いので、後者の中でも手数料が安い上に安全で簡単な国内取引所を利用した入金方法を紹介します。

取引手数料を安くして海外取引所へ入金する方法
  • 国内取引所(コインチェックなど)に日本円を入金する
  • 国内取引所で送金手数料が安い仮想通貨を購入する
  • 国内取引所から海外取引所に仮想通貨を出庫(送付)する
  • 海外取引所で仮想通貨の入庫を確認する

国内取引所については、アプリダウンロード数4年連続「国内No.1(2019年1月〜2022年12月)」のコインチェック(Coincheck)が使いやすくておすすめです。

東証プライムに上場するマネックスグループの一員のため、金融分野の知見を共有し合い、資本面における強力なサポートを受けられる安全な仮想通貨取引所の一つです。

続いて、海外の仮想通貨FXが初めての方に向けて取引所の選び方のポイントを解説します。すでに海外取引所に使い慣れている方はおすすめランキングから読み進めていただき、取引パフォーマンスを高められる新たな取引所を選ぶためにお役立てください。

仮想通貨FX(ビットコインFX)をする海外取引所の選び方

仮想通貨FX(ビットコインFX)をする海外取引所の選び方について、失敗しないためのポイントを解説します。

安全性が高い上にトレードしやすい海外取引所を選ぶ方法を確認しましょう。

取引所の安全性が実績で示されている

海外取引所を選ぶ際は実績やサービス内容を重視して、2020年前後に設立された新興ブランドも対象にしましょう。

日本の大手取引所は2015年以前に設立されていますが、不祥事とともに規制が厳しくなり市場が大幅に縮小しました。

その後に誕生したBybitをはじめ、世界をリードする海外取引所は2015年以降に設立されており、かつての国内取引所とは比較にならないほどの顧客を抱え、日々膨大な取引が行われています。

海外取引所安全性を示す実績
Bybit・世界160国(16言語)に展開
・累計利用者数1,650万人超
・システム障害・不正被害ゼロ
XMTrading・世界196か国(20言語)に展開
・日本人ユーザー数No.1の圧倒的ブランド力
Exness・世界150か国(15言語)に展開
・月間取引量3兆ドル以上
MEXC・世界170か国(18言語)に展開
・登録ユーザー数1,000万人以上
Bitget・登録ユーザー数2,000万人到達
・世界60か国から1,300人以上のスタッフが在籍
仮想通貨FXを世界展開する海外取引所

日本人からも大人気のBybitをはじめ、万全のセキュリティ対策のもとで世界展開に成功している5つの取引所を取り上げました。

海外の仮想通貨取引所は法規制が厳しくない環境で英語をベースにして市場規模を拡大し続けており、投機と投資の両方において国内取引所よりも優れた仮想通貨サービスが提供されています。

日本語サポートがある

特に初心者の方は日本語サポートがある海外取引所を選ぶようにしましょう。口座開設や入出金の手続き、仮想通貨FXにおける取引ツールの操作法など、次々に質問が湧いてくるものです。

個別のお悩みや質問にEメールとライブチャットで速やかに対応している海外取引所は以下の通りです。

海外取引所サポート対応時間
Bybit【Eメール・チャット】
5:00または9:00~翌日1:00
Zoomex【Eメール・チャット】
9:00~翌日2:00
FXGT【Eメール・チャット】
24時間365日
XMTrading【Eメール】平日24時間
【チャット】平日9:00~21:00
Exness【Eメール】24時間365日
【チャット】平日08:00~24:00
MEXC【Eメール・チャット】
24時間365日
Bitget【Eメール・チャット】
24時間365日
海外取引所の日本語サポーターの対応時間

Eメール・チャットの他にも、日本語サポートの品質は以下を目安にすると良いでしょう。

  • 公式サイトの日本語情報が分かりやすく充実している
  • よくある質問のカテゴリに過去のFAQがまとめられている
  • X(旧Twitter)にある現役ユーザーの口コミ・評判が良い

これらを多く満たす海外取引所ほど、日本語サポートの対応が優れている傾向にあります。

なお、近年は一定の時間帯にAIチャットボットが対応していることも多いです。的確な回答が得られない場合には、日本語サポーターの対応時間を確認するようにしましょう。

スプレッドが狭い・取引コストが安い

仮想通貨FXのスキャルピングで利益率を高めるためには、取引コストが安い業者を選ぶ必要があります。

海外取引所はスプレッドが狭くて取引手数料が安いので、トレードの中上級者ほど海外の仮想通貨FXを利用する傾向にあります。

スクロールできます
海外取引所(*1)1 BTCのスプレッド取引手数料(*3)取引コスト(*4)
(ビットコイン3万ドルで計算)
MEXC(*2)0.00または0.10 USDTMaker:0.00%
Taker:0.01%
Maker:0.10 USDT
Taker:3.1 USDT
Bitget(*2)0.00または0.50 USDTMaker:0.017%
Taker:0.051%
Maker:5.6 USDT
Taker:15.8 USDT
Bybit(*2)0.00または0.10 USDTMaker:0.02%
Taker:0.055%
Maker:6.1 USDT
Taker:16.6 USDT
Zoomex(*2)0.00または0.10 USDTMaker:0.02%
Taker:0.06%
Maker:6.1 USDT
Taker:19.0 USDT
Exnessプロ口座7.50ドル前後無料7.50ドル前後
FXGTプロ口座14.50ドル前後無料14.50ドル前後
XMTrading
KIWAMI極口座
26.50ドル前後無料26.50ドル前後
海外取引所のビットコインFX(BTCUSDまたはBTCUSDT)のスプレッド比較(2023年8月4日付)

(*1)複数の口座タイプがある取引所は、スプレッドが狭い口座タイプを対象に測定
(*2)無期限契約ならびに割引なしの通常手数料を採用
(*3)ファンディングコストとスワップポイントは含まない
(*4)1BTCのスプレッドが広い方を採用して計算

MEXCは取引手数料が安く、業界No.1クラスの安い取引コストです。取引手数料を計算したくない場合、Exnessがスキャルピングで稼ぎやすい海外取引所となります。

最大レバレッジが高い(ゼロカット付)

海外の仮想通貨FXでは、ゼロカット付きで100倍以上のハイレバレッジが標準になっています。

海外取引所最大レバレッジ
FXGT1,000倍
XMTrading500倍
Exness400倍
MEXC200倍
Zoomex150倍
Bitget125倍
Bybit100倍
海外の仮想通貨FXの最大レバレッジ

FXGTの1,000倍と比較すると、その他全てのレバレッジは小さく見えますが、仮想通貨のボラティリティの大きさを考慮すれば十分ではないでしょうか。

2023年1月2日をゼロベースにした際の価格変動率を確認しましょう。

仮想通貨FXとドル円の価格変動率の比較
仮想通貨FXとドル円の価格変動率の比較

ドル円の上昇率が約8.5%に対して、ビットコインFX(BTCJPY)が約90%でドル円の10倍超、イーサリアム(ETHJPY)が約64%です。

国内FXの最大レバレッジ2倍では、さすがに少ない資金の方に不利な状況が生まれますが、Bybitの100倍もあれば、仮想通貨FXのレバレッジとして十分であることを押さえておきましょう。

売買できる仮想通貨の種類が多い

草コインで仮想通貨FXをしたい方は、間違いなく海外取引所を選んだ方が有利です。また、将来が有望で値上がり期待が高いアルトコインに投資したい方にもおすすめです。

海外取引所銘柄数
(USDTまたはUSD建て)
銘柄数
(円建て)
MEXC1,600以上0
Bitget550以上0
Bybit400以上0
Zoomex200以上0
FXGT60以上8
XMTrading310
Exness111
海外取引所が取り扱う仮想通貨の種類

MEXC・Bitget・Bybit・Zoomexについては、現物や先物(仮想通貨FXを含む)などを合わせた大よその銘柄数です。

MEXC・Bitget・Bybitはローンチパッドと呼ばれるイベントを開催し、上場前の新しい仮想通貨を安く買えるチャンスがあります。

海外取引所であれば、日本のホワイトリストのように厳しく制限されることはありません。特に草コインで100倍以上の値上がり益を狙いたい方は、海外の仮想通貨取引所を選びましょう。

仮想通貨以外の商品を取引できる

仮想通貨FXのボラティリティが低下したときや、2022年以降の冬の時代と言われた頃のように大半の仮想通貨の価格が上昇しないときに、投機や投資で稼げなくなってしまいます。

リスクヘッジの一つとして、仮想通貨以外の商品を取り扱っている海外取引所を選ぶことを検討しておきましょう。

海外取引所商品の種類
FXGT仮想通貨・FX・貴金属・株価指数・株式・エネルギー
Exness仮想通貨・FX・貴金属・株価指数・株式・エネルギー
XMTrading仮想通貨・FX・貴金属・株価指数・ソフトコモディティ・エネルギー
Bybit仮想通貨
Zoomex仮想通貨
MEXC仮想通貨
Bitget仮想通貨
海外取引所が取り扱う商品の種類

FXGT・XMTrading・Exnessはレバレッジ取引がしやすいCFD商品に強みがあり、仮想通貨と相関性の低い商品の短期トレードで収益チャンスを増やしたい方におすすめです。

Bybit・Zoomex・MEXC・Bitgetは、仮想通貨でインカムゲインが得られるステーキング・レンディングといったサービスや、AI搭載の自動売買・コピートレードによる不労所得が得られる仮想通貨に特化したサービスが充実しています。

仮想通貨の管理・運用のセキュリティが高い

海外取引所における仮想通貨の保管方法とセキュリティ対策の例として、Bybitの顧客保護と法令遵守の取り組みのほんの一部を紹介します。

仮想通貨の保管については、インターネットから完全に切り離されたマルチシグ・コールドウォレットで顧客の大半の資産を保管しています。

マルチシグとは:仮想通貨を売買・送金するときに必要になる電子署名(シグネーチャー)を複数(マルチ)利用する仕組み

これは、世界でも最高レベルのセキュリティ環境下にある国内取引所の対策と同じ方式です。コールドウォレットでハッキングによる盗難リスクを極めて小さくした上に、マルチシグでセキュリティを強化しています。

セキュリティ対策には国際的な規制当局との連携も必要です。Bybitは各国・地域の法執行機関と連携しながらマネーロンダリング対策などを講じて、サイバー犯罪の撲滅にも取り組んでいます。

仮想通貨取引所が最先端技術を導入して、プラットフォームの安全性の強化と顧客資産の保護に全力を尽くすことは当然の時代です。

これらに加えて、ByBitのように準備金証明(PoR)として監査データの証明と準備金比率を公開するなど、ユーザーにリスク管理やセキュリティに関する情報を積極的に提供する海外取引所を選ぶようにしましょう。

準備金証明とは:仮想通貨取引所が実際に資産を保有していることを第三者機関の監査により証明する仕組みです。Proof of Reserveを略してPoRと呼ばれています。

流動性が高い(取引量が多い)

希望の価格と数量で仮想通貨を売買するために、海外取引所の板を確認しましょう。板にはビットコインが400万円で3 BTC、401万円で5 BTC買えるといったように、いくらでどれだけ買えるかの情報が表示されています。

流動性が高いとは、売買が活発で希望の価格と数量で約定しやすい状況を指します。このとき、最小単位の価格に指値注文が詰まっていることから「板が厚い」と言った表現をします。

実際にBybitの公式サイトから確認しましょう。画面上部の「デリバティブ(①)」→「USDT無期限(②)」→「BTCUSDT(③)」へと進んでいきます。

Bybitで板を表示する手順
Bybitで板を表示する手順

チャートの右側にあるのが板情報です。ビットコインの価格(A)とその価格で売買できる数量(B)が表示されます。

BybitのBTCUSDTの板情報
BybitのBTCUSDTの板情報

板の売りの指値注文を見ると「29.045.50 USDTに40.296 BTC」「29,045.60 USDTに3.623 BTC」とあり、ビットコインが0.10USDT単位でどれだけ買えるかの詳細が分かります。

Bybit・Zoomex・MEXC・Bitgetであれば、すべての仮想通貨FXで板を確認できます

FXGT・XMTrading・Exnessには板がないものの、大口取引をしない限り、流動性が高いロンドン・ニューヨーク時間であれば快適に取引できるでしょう。また、指値注文をすることでスリッページを防げるので安心してください。

スマホアプリとチャートツールが使いやすい

仮想通貨FXのレバレッジ取引は短期トレードで利用することが多いため、取引プラットフォームの操作性が重要になります。

海外取引所取引プラットフォーム
BybitMT4、独自アプリ(TradingView搭載)
Zoomex独自アプリ(TradingView搭載)
FXGTMT4、MT5
XMTradingMT4、MT5、独自アプリ
ExnessMT4、MT5、独自アプリ(TradingView搭載)
MEXC独自アプリ(TradingView搭載)
Bitget独自アプリ(TradingView搭載)
海外の仮想通貨FXで使用する取引プラットフォーム

テクニカル分析を重視する方は、MT4またはMT5、独自アプリにTradingView(トレーディングビュー)の高機能チャートを搭載していれば最先端の機能を利用できます。

用途をワンタップ注文や資産状況に限定していれば、独自アプリの方がシンプルで使いやすいでしょう。

MT4・MT5・TradingViewは世界標準の金融プラットフォームとなっており、チャート機能だけではなくSNSやトレードアイデアを共有できるコミュニティまで作られています。

入金ボーナスの還元率が高い

仮想通貨FXで安定して稼げるまでは入金ボーナスの還元率が高い海外取引所を選ぶことにより、損失で減少する資金の負担を軽減できます。

海外取引所入金ボーナス
FXGT最大130万円分
XMTrading最大10,500ドル分(147万円相当)
Bybit最大5,000 USDT分
(70万円相当、入金額&取引の条件あり)
海外取引所の入金ボーナス

FXGTとXMは入金するだけでボーナスがもらえるので初心者の方にもおすすめです。Bybitでは入金額と取引金額の条件を満たす必要はありますが、アクティブな方であればすぐにクリアできるでしょう。

その他、Zoomex・MEXC・Bitgetでは、期間限定や条件付きのボーナス、手数料割引に使えるクーポンを配布しているので、口座開設した後の案内を楽しみにしておきましょう。

口座開設ボーナスがもらえる

仮想通貨FXや海外取引所の利用が初めての方は、トレードの資金にできる口座開設ボーナスを受け取って、まずはリスクフリーでお試しをしましょう。

海外取引所口座開設ボーナス
FXGT15,000円分
Bybit100 USDT分
(14,000円相当、8月19日まで)
XMTrading13,000円分
Zoomex最大20ドル分
(2,800円相当、8月31日まで)
MEXC終了 50USDT分
(7,000円相当)
Bitget1,000USDT分の割引クーポン
(14万円相当、現物取引の手数料割引)
海外取引所の口座開設ボーナス

Bybitでは期間限定で、100 USDT分(14,000円相当)もの口座開設ボーナスがもらえます。トレードの証拠金に加えて取引手数料の支払いにも使える実用性の高いボーナスです。

仮想通貨FXは海外取引所ごとに銘柄の種類や取引環境に特徴があるので、まずは各取引所の口座開設ボーナスを利用して取引ツールの使いやすさなどを試してみるのが良いでしょう。

なお、Bybit・Zoomex・MEXC・Bitgetは次々に新たなキャンペーンを開催するので、期限が過ぎてしまっても上記のご案内から公式サイトで確認してみてください。

その他、海外業者の最新口座開設ボーナスについては別ページで随時更新しています。

仮想通貨FX(ビットコインFX)の海外取引所おすすめランキング

海外取引所特徴・強み解説
Bybit・世界最高水準のセキュリティ体制で業界を牽引
・仮想通貨で資産運用もできる統合プラットフォーム
Bybitの詳細
Zoomex・初心者にやさしい商品プラン
・丁寧な日本語サポートでいつでも安心
Zoomexの詳細
FXGT・豪華ボーナスで仮想通貨FXの資金をサポート
・独自性の高いビットコインFXの種類が多い
FXGTの詳細
XMTrading海外FXで日本人ユーザー数No.1の圧倒的なブランド力XMTradingの詳細
Exness取引コストが安くてスキャルピングにおすすめExnessの詳細
MEXC草コインの宝庫でアルトコインのガチホにもおすすめMEXCの詳細
Bitget投機から投資までをワンストップで提供Bitgetの詳細
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所比較ランキング

2023年までの実績を通じて、仮想通貨FX(ビットコインFX)でおすすめの海外取引所をランキングで紹介します。

特に海外取引所を初めて使う方やこれから仮想通貨FXを始める方は、一番上のBybitから順番に口座開設を検討してみてください。

口座開設ボーナスの受け取りには、本人確認(KYC)が業界標準になっています。スマホやパソコンから手順どおりに進めて完了するので、各取引所への新規登録後にそのまま済ませてしまいましょう。

第1位 Bybit:仮想通貨業界をリードする海外取引所

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所Bybit(バイビット)

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所ランキング、第1位はBybit(バイビット)です。

Bybitの特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

Bybitの概要

Bybitの特徴
  • 累計登録者数1,650万人を超えた業界をリードする仮想通貨取引所
  • 2018年創業以来システム障害・不正被害ゼロで世界最高水準のセキュリティ体制
  • 仮想通貨FXやDefi・NFTマーケットプレイスなど次世代Web3サービスを提供

Bybitは期間限定のキャンペーンを次々に開催する人気の仮想通貨取引所で、世界累計で1,650万を超えるユーザーが登録しています。

2018年創業以来、世界最高水準のセキュリティで顧客満足度の高いサービスを提供し続けたことから、2020年にはアジア太平洋地域で最も成長したスタートアップ企業として表彰(*1)されています。
(*1)APAC BUSINESS Headlines STARTUPS OF THE YEAR 2020

2024年現在は世界最大級の取引所として、仮想通貨FXをはじめとした短期トレードから長期投資に関する資産運用サービスをワンストップで提供しています。

メリットデメリット
期間限定キャンペーンや賞金を獲得できるイベントが豊富
資産運用サービスにより長期でインカムゲインが得られる
取引ボットやコピートレードで自動収入の仕組みを作れる
板取引およびTradingView搭載の最先端ツールを利用できる
現物仮想通貨の保有量を第三者が証明(PoR)
魅力的な体験型のVIP限定特典がある
高品質な日本語サポートを受けられる
口座開設ボーナスあり Bybitのボーナスキャンペーンで解説
日本円直接入出金できない
無期限契約のテイカー手数料が高め

仮想通貨FXの初心者や海外取引所を初めて利用する方は、Bybitを選べば口座開設から取引に慣れるまで不安や心配になることがほぼないでしょう。

日本人の専門スタッフが在籍し、各種手続きやトレードに関する細かな質問にも、早く丁寧な対応をしていただけて安心です。

仮想通貨FXについては、ハイレバレッジと最先端ツールで有利なトレードができます。稼いだ利益をそのままビットコインの積立投資に充てたり、銀行金利のように仮想通貨を増やしていくサービス(*1)も充実しています。
(*1)Bybitステーキングは、銀行金利や株式投資の配当のように分かりやすく手軽に始められます。

約4,000円相当のボーナスを無料プレゼント!

Bybitのボーナスキャンペーン

Bybitの常時開催ボーナスキャンペーン
  • 新規登録で20 USDT(2,800円相当)の口座開設ボーナスをプレゼント
  • 最大5,000 USDT分(70万円相当)のボーナスがもらえる(入金額&取引の条件あり)
Bybitの期間限定ボーナスキャンペーンの例
  • 新規登録で30 USDT分(約4,000円相当)の口座開設ボーナスがもらえる(9月1日まで)
  • 新規登録+MT4アカウントの作成で最大5,877 USDT(82万円相当)が受け取れる
  • 2,800円相当以上の入金で20 USDT(2,800円相当)の入金ボーナスがもらえる

Bybitで新規登録をすると30 USDT分(約4,000円相当)の口座開設ボーナスが9月1日までの期間限定でプレゼントされています。

ボーナスのみの出金はできませんが仮想通貨FXの資金として使えるので、1円すら入金することなく、損失リスクが一切ないまま海外の仮想通貨FXをスタートできます。

Bybitでは、口座開設した後にほぼ毎週案内される様々なキャンペーンやイベントに参加できます。上記の期間限定キャンペーンの他にも、チーム戦で最大1,000USDT(14万円相当)が当たるイベントなど、金額的に魅力あるボーナスキャンペーンが豊富です。

Bybitは日本語サポートが早く丁寧なので、海外取引所の利用が初めての方でも安心です。まずは14,000円分の口座開設ボーナスをもらって、海外の仮想通貨FXをリスクフリーで試してみましょう。

約4,000円相当のボーナスを無料プレゼント!

Bybitの口コミ・評判

初めて当選させて頂き50ドル頂きました
 バイビットで何を買い増しするか悩むの楽しいです。ありがとうございました

引用:X

バイビットさんのリツイート企画で見事当選致しました
迅速な対応で本当にありがとうございます

(後略)

引用:X

優待でもらったXRP全部をBybitでステーキングしてみた
これで何年後に億れますかねぇ

引用:X

ARBのエアドロ。
もらった1,500ARBをバイビットで ステーキングした。 
結果、16ARBが増えた。
しかも、ARB自体も値上がりしている ので、ウマウマ

引用:X

Bybitでは口座開設した後にもボーナスを獲得できるチャンスが多いことから良い評判が集まっています。

Bybitステーキングと呼ばれる自動的に収入が得られるサービスも好評です。タダで受け取ったアルトコインを預け入れておくだけで、銀行金利のように定期収入があります。

現金の他にもAmazonギフト券など日々の生活ですぐに使えるものから、ロレックスやランボルギーニが当たるイベントまで開催されます。

また、BybitのVIPプログラムは大口取引をする方から好評です。

本日はご招待頂き ありがとうございました! スタッフの皆さんとも楽しい時間を過ごさせて頂きました! 今後ともどうぞよろしくお願いします!

引用:X

F1の観戦もとても楽しかったですが、bybit @BybitJP のスタッフの皆様、インフルエンサー、VIPトレーダーの方々との交流できたのもとても楽しかったです。 今回お関わりさせていただいた皆様誠にありがとうございました。
(後略)

引用:X

Bybitには、仮想通貨FXを含む投機や長期投資で成功できるサービスが充実しています。大きく稼げるようになった後のVIP限定特典も、楽しみにしておきましょう。

運営会社Bybit Fintech Limited
創業年月2018年3月
本社所在地アラブ首長国連邦
ドバイ世界貿易センター
最大レバレッジ仮想通貨FX:100倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス20 USDT(2,800円相当)の口座開設ボーナス

サポート対応時間
Eメール:通常5:00/9:00~翌日1:00
チャット:通常5:00/9:00~翌日1:00
ホームページhttps://www.bybit.com/ja-JP
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所1位Bybitの概要

約4,000円相当のボーナスを無料プレゼント!

第2位 Zoomex:初心者にやさしい仮想通貨取引所   

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所Zoomex(ズームエックス)

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所ランキング、第2位はZoomex(ズームエックス)です。

Zoomexの特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

Zoomexの概要

Zoomexの特徴
  • 初心者の方が迷わない充実した日本語情報とシンプルなサービス内容
  • 日本語サポーターの丁寧なアドバイスを受けながら各種手続きができる
  • 河北麻友子さんがアンバサダーをつとめる親しみやすい仮想通貨取引所

Zoomexは仮想通貨FXに初めて挑戦する方や海外に不安を覚える方が安心してご利用いただける仮想通貨取引所です。

河北麻友子さんをアンバサダーに起用し、J1 サガン鳥栖のスポンサーを務めるなど、日本の方が親しみやすい取引所と言えるでしょう。

取引サービスは仮想通貨FX(先物)とコピートレードに限定していて、どちらかの取引に集中できるプラットフォームです。

メリットデメリット
初心者の方が迷わないシンプルなサービス内容
各種手続きで親切な日本語サポートを受けられる 期間限定キャンペーンや賞金獲得イベントを実施 コピートレードで自動収入の仕組みを作れる
板取引およびTradingView搭載の最先端ツールを利用できる
日本円を直接入出金できない
長期投資用のサービスがない
無期限契約のテイカー手数料が高め

Zoomexの公式サイトにアクセスしたとき、柔らかなデザインに好印象を抱いたのではないでしょうか。海外の取引所は情報量が多すぎたり、サイバースペースを連想させられる場所も多く、スタートガイドさえ用意されていない所もあります。

Zoomexであれば午前9時~翌日2時(深夜)まで日本語サポートを受けられるので、仮想通貨FXしているときのトラブルにも速やかに対応していただけて安心です。

口座開設をした後には「テスラ Model 3」「iPhone 14 Pro」が当たるラッキードローや、0.1 BTC(40万円相当)がもらえるイベントをお楽しみいただけます。

\無料で10ドルのボーナスを付与!/

Zoomexのボーナスキャンペーン

Zoomexの期間限定ボーナスキャンペーンの例
  • 新規口座開設で20ドル(2,800円相当)の口座開設ボーナスをプレゼント
  • 一定金額の入金・取引完了で人気トークンをプレゼント
  • 毎週土曜日に取引するとテイカー手数料最大50%オフ

8月31日までにZoomextで新規登録をすると20 USDT(2,800円相当)の口座開設ボーナスがプレゼントされ、その後には取引高に応じてボーナス(USDT)がもらえるようになります。

ボーナスのみの出金はできませんが仮想通貨FXの資金として使えるので、自分のお金を1円も入金しないまま、損失リスクをゼロにして海外の仮想通貨FXに挑戦できます。

Zoomexで口座開設した後には、定期的に開催されるボーナスキャンペーンに参加できます。2023年の夏はBybitとの共済でWSOT 2023のイベントを開催し、9.8億円相当(700万USDT)もの賞金が話題を集めました。

Zoomexも日本語サポーターの対応が丁寧で安心できます。レバレッジ取引とコピートレードに選択肢がしぼられていて使いやすいので、初心者の方も海外の仮想通貨FXを迷わず始められるでしょう。

\無料で10ドルのボーナスを付与!/

Zoomexの口コミ・評判

★ZOOMEXについて 
2021年に誕生した新興の取引所だぜ! DEX+CEXという珍しい取引所だぜ! 
★流動性について 
Bybitからの流動性提供があるので新興取引所にありがちの変なレートの心配がないぜ!

引用:X

DEXはブロックチェーン上で自動化された仕組み(スマートコントラクト)の中で仮想通貨を売買できる取引所で、CEXは特定の企業が運営している仮想通貨取引所を指します。

ZoomexのBTCUSDT無期限先物の板めちゃくちゃ厚い。binanceなんて比較にならない。
(後略)

引用:X

FTX事件で不安になって普段使ってるZoomexに、財務状況は健全か、ボラティリティの高い資産がバランスシートの大部分を占めていないか問合せてみた。 
いかなる暗号資産の取引,投機買いはしていないこと、倒産の問題に直面していないことを保証する、という経営陣からの回答がきて安心した

引用:X

Zoomexは2021年に設立したばかりなのに、安心して利用できる海外の仮想通貨FXの取引所として定評があります。

Bybitから流動性を供給されているので、新設の取引所にありがちな約定できない問題も起こりにくいです。WSOT 2023の共同開催もしていることから、業界の仲間としてBybitから信用されている証とも言えるでしょう。

その他、J1リーグに所属するサガン鳥栖とユニフォームスポンサー契約を締結、芸能人の河北麻友子さんをアンバサダーに起用、F2 フェラーリドライバーのオリバー・ベアマン氏とのパートナーシップ締結をしています。

2022年11月のFTX破綻以降は海外取引所に向けられる目線が厳しくなりましたが、Zoomexは信用度を高める施策と日本向けの分かりやすい情報配信で着実にユーザー数を伸ばしています。

運営会社Octochain Fintech Limited
設立年2021年
設立国シンガポール共和国
最大レバレッジ仮想通貨FX:150倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナスなし

サポート対応時間
Eメール:9:00~翌日2:00
チャット:9:00~翌日2:00
ホームページhttps://www.zoomex.com/ja-JP
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所2位Zoomexの概要

\無料で10ドルのボーナスを付与!/

第3位 FXGT:豪華ボーナスと独自性あるビットコインFXに強み

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所FXGT(エフエックスジーティー)

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所ランキング、第3位はFXGT(エフエックスジーティー)です。

FXGTの特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

FXGTの概要

FXGTの特徴
  • 最大レバレッジ1,000倍で仮想通貨FXができる
  • 高額の口座開設&入金ボーナスで仮想通貨FX初心者から大人気
  • ビットコインと米国株式を組み合わせるなど独自性の高い銘柄を提供

FXGTは仮想通貨FXの種類が豊富な海外取引所として海外FX業界で脚光を浴び、豪華ボーナスキャンペーンで人気に火が付いた日本人に人気の業者です。

Web3時代に向けたNFTやDeFi銘柄を海外FX業界でいち早く取り扱い、仮想通貨でインデックス投資を可能にしたGTi12指数を提供するなど、FX(通貨ペア取引)と仮想通貨FXの両方に強みがあります。

メリットデメリット
口座開設ボーナスのみで仮想通貨FXを始められる
最大1,000倍のハイレバレッジでトレードできる
FX・貴金属・株価指数・株式・エネルギーも取引できる
スワップフリーで仮想通貨FXができる
高機能ツールMT4/MT5が使える
日本円で入出金できる
豪華ボーナスあり FXGTのボーナスキャンペーンで解説
アルトコインの種類が少ない
板情報がない(MT5の板は実用性に欠ける)

ビットコインFXと海外FXの両方を取引する方は、FXGTがベストな選択と言えるでしょう。ビットコインを円・ドル・ユーロで購入でき、主要アルトコインのビットコイン建ても可能です。

自然とリスク分散が効くGTi12指数(BTC・ETH・XRPなど主要12銘柄で構成)へ投資するのも良いですし、ビットコインと米国株・貴金属・エネルギーをクロスした合成通貨をポートフォリオに組み入れるなど、ビットコインを軸にしたトレードの選択肢が広がります。

また、ゼロカット付きのハイレバレッジを最大1,000倍まで利用できる上に、口座開設ボーナスがもらえるので、最初の資金が少なくても海外の仮想通貨FXを手軽に始められます。

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

FXGTのボーナス・キャンペーン

FXGTの常設ボーナスキャンペーン(*1)
  • 新規登録で15,000円分の口座開設ボーナスをプレゼント
  • 最大10万円分の100%入金ボーナスがもらえる
  • 最大120万円分の25%・50%入金ボーナスも受け取れる
  • 25%ボーナスを使い切った後に再度最大120万円分もらえる

(*1)ボーナスの対象口座は、スタンダード+口座/ミニ口座/Crypto Max口座です。

FXGTで新規登録をすると、15,000円分の口座開設ボーナスがプレゼントされます。

ボーナスのみの出金はできませんが証拠金として使えるので、1円も入金しないまま損失リスクゼロで海外の仮想通貨FXをお試しできます。

さらには、初回入金額に応じて最大10万円分の100%入金ボーナスまでプレゼントされ、10万円分を受け取りきった方に限り、最大120万円分の25%または50%入金ボーナスをもらうことができます。

仮想通貨FXの資金を10万円まで用意できるなら、FXGTで新規登録をして15,000円分をもらった後に、100%入金ボーナスまで受け取り切るのがいちばんお得な方法です。

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

FXGTのボーナスについて、詳しい情報や最新キャンペーンについては下記のページを参考にしてください。
関連記事:FXGTのボーナス6種類の受け取り方やキャンペーン内容

FXGTの口コミ・評判

FXGTが最高の信頼度 
迅速な入出金、サポート対応も迅速・丁寧 
豊富な顧客サービス 
めっちゃ使わせて貰ってるけど、入金ボーナス120万を使い果たしてからの取引毎に付加されるボーナスが非常にありがたい!

引用:X

(前略)
100%ボーナスありがたい 
xmの100%残ってるしFXGTも5万円分ボーナス残ってるからどっかで出金してまたボーナスで戦いたい
証拠金増えてきたから少しずつロット上げて2つの利益で7月は40万目指したいね

引用:X

(前略)
 6月13日出金申請→6月14日11時fxgtより書類提出のお願い→10分後書類提出→18時半着金
不安な人のためにシェアしときます。
(後略)

引用:X

Fxgtは最高!!!!
一日で700万を出金してくれた
(後略)

引用:X

FXGTは高額なボーナスをトレードの証拠金として使えることから人気があり、最大120万円分のクレジットが付与される25%・50%入金ボーナスを上手に使っているユーザーが多いようです。

競合のXMも20%入金ボーナスキャンペーンを行っているので、FXGTの分だけで足りないときには、XMをサブ口座として利用することでボーナスメリットを大きくできます。

海外取引所は出金について心配されがちですが、FXGTでは申請後の即時処理が基本です。数百万円単位の出金への対応が速やかなことからも、安心してご利用いただけるでしょう。

なお、FXGTに関する詳しい評価は、FXGTの評判・口コミまとめをご覧ください。

運営会社360 Degrees Markets Ltd
設立年2019年
登録住所Room 12, First Floor, Kingsgate House, Victoria, Mahe, Seychelles
最大レバレッジ仮想通貨FX:1,000倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス・15,000円分の口座開設ボーナス
・最大130万円分の入金ボーナス
関連記事:FXGTのボーナス6種類

サポート対応時間
Eメール:24時間365日
チャット:24時間365日
ホームページhttps://fxgt.com/ja
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所3位FXGTの概要

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

第4位 XMTrading:海外FX業界人気No.1の成功モデルを導入

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所XMTrading(エックスエム)

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所ランキング、第4位はXMTrading(エックスエム)です。

XMの特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

XMTradingの概要

XMTradingの特徴
  • 海外FXで日本人ユーザー数No.1の実績が誇る業界を代表するブランド力
  • 世界196か国(20言語)で金融サービスを展開するグローバル企業の一員
  • 高額の口座開設&入金ボーナスで仮想通貨FX初心者から大人気

XMは海外FXで日本人ユーザー数No.1とされる業界を代表する業者です。2022年5月からビットコインをはじめとした仮想通貨FXの提供をはじめ、海外FXの成功モデルが仮想通貨FXに活かされています。

XMは仮想通貨FXでも豪華ボーナスが好評です。口座開設するだけで13,000円分のボーナスを受け取ることができ、1円も入金せずにビットコインFXを無料体験できます。

メリットデメリット
口座開設ボーナスのみで仮想通貨FXを始められる
海外FX業界の日本人ユーザー数No.1で情報に困らない
最大500倍のハイレバレッジでトレードできる
FX・貴金属・株価指数・ソフトコモディティ・エネルギーも取引できる
仮想通貨FXの全銘柄がスワップフリーになる
高機能ツールMT4/MT5が使える
日本円で入出金できる
豪華ボーナスあり XMのボーナスキャンペーンで解説
利益の出金が銀行送金のみ
アルトコインの種類が少ない
板情報がない(MT5の板は実用性に欠ける)

こちらのXMの口座開設手順を参考にしていただくことで、初めての海外口座の利用であっても迷うことなくスムーズに仮想通貨FXをスタートできるでしょう。

日本人に人気No.1の海外FXサービスを活かした仮想通貨FXができるため、日本円で入出金できることや最大500倍のレバレッジはBybitなどが提供していない強みです。

海外口座を初めて利用する方や、海外FX業者が提供する仮想通貨FXを試してみたい方は、まずは自己資金を使うことなくXMのサービス品質を確認してみたいでしょう。

XMでは新規ユーザー全員を対象に13,000円分のボーナスをプレゼントしているので、ご自身のお金を一切入金することなく、海外の仮想通貨FXを無料体験してください。

\今なら100%入金ボーナス約15万円分!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

>>XMの口座開設方法はこちら

XMTradingのボーナスキャンペーン

XMTradingの常設ボーナスキャンペーン
  • 新規口座開設で13,000円分の口座開設ボーナスをプレゼント(*1)
  • 最大500ドル(約7万円)分の100%入金ボーナスがもらえる(*2)
  • 最大10,000ドル(約140万円)分の20%入金ボーナスが受け取れる(*2)

(*1)口座開設ボーナスの対象口座は、全ての口座タイプです。
(*2)入金ボーナスの対象口座は、スタンダード口座とマイクロ口座です。

XMで新規に口座開設すると、13,000円分の口座開設ボーナスがプレゼントされます。

XMの口座開設ボーナスはそのままトレード資金として使えるので、自分のお金を1円も使うことなく完全にリスクフリーで仮想通貨FXを始められます。

日本のホワイトリストにもある仮想通貨が多く、30銘柄ほどが厳選されていて安心です。レバレッジは最大500倍まで使えるので、少ない資金でも証拠金に余裕をもたせた取引ができます。

既に仮想通貨FXをしている方であっても、海外取引所の利用が初めての方は、海外FXで業界最大手のXMで無料体験から始めてみるのも良いでしょう。

\今なら100%入金ボーナス約15万円分!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

>>XMの口座開設方法はこちら

XMのボーナスについて、詳しい情報や最新キャンペーンについては下記のページを参考にしてください。
関連記事:XMのボーナス5種類の受け取り方やキャンペーン内容

XMTradingの口コミ・評判

XMの口座開設ボーナスで13000 貰えたから、頑張って10倍増やした笑

引用:X

XM13000円入金口座(クレ13000)2ヶ月かかりましたが利益率100%に到達しました
(中略)
次は損切りしながらも、今年中に例の300%を目指したいと思います

引用:X

XMTradingでは現在、
専門知識を備えたスタッフが在籍しており、
スタッフの複合的な専門知識は他のFX業者では見られない素晴らしい才能の集結となっています。

引用:X

XMでは口座開設ボーナスの13,000円を利用して「稼いだ!」「負けた…..」という報告が多く見られます。海外の仮想通貨FXやハイレバレッジに慣れていない方は、まずはXMで無料体験することをおすすめします。

また日本人スタッフが在籍しているので、口座開設の手続きや取引の技術的なトラブルにも丁寧な回答をいただけて安心できます。

現役ユーザーから見たXMについては、XMの評判・口コミまとめをご覧ください。

運営会社Tradexfin Limited
設立年2017年
登録住所F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
最大レバレッジ仮想通貨FX:500倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス13,000円分の口座開設ボーナス
最大10,500ドル分の入金ボーナス
関連記事:XMのボーナス5種類

サポート対応時間
Eメール:平日24時間
チャット:平日9:00~21:00
ホームページhttps://www.xmtrading.com/jp/
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所4位XMの概要

XMの口座開設がまだ済んでいない方は「XMの口座開設方法と操作手順」のページを参考にしてください。実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

\今なら100%入金ボーナス約15万円分!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

>>XMの口座開設方法はこちら

第5位 Exness:仮想通貨FX中上級者を満足させる海外FX業者 

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所Exness(エクスネス)

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所ランキング、第5位はExness(エクスネス)です。

Exnessの特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

Exnessの概要

Exnessの特徴
  • 世界150か国(15言語)でサービスを展開するグローバル企業の一員
  • 月間アクティブユーザー数50万人超、月間取引量3兆ドル以上の大規模プラットフォーム
  • 海外FXで無制限レバレッジや固定式ゼロスプレッドを提供する取引環境重視のプロ向け業者

Exnessは2008年に設立された海外取引所で、XMとともに海外FX業界を牽引する存在です。2024年現在、月間50万人超のユーザーにより3兆ドル以上もの売買が行われる、世界的なトレードプラットフォームとなっています。

Exnessプレミアと呼ばれる、大口トレーダーがVIP待遇を受けられるプログラムも用意されています。Exnessの経営トップから直接情報を仕入れられ、年次プレミアガライベントにも招待されるので、仮想通貨FXで成功した後には特別な体験が待っています。

メリットデメリット
最大400倍レバレッジで仮想通貨FXができる FX・貴金属・株価指数・株式・エネルギーも取引できる
仮想通貨FXの全銘柄がスワップフリーになる
ビットコインの法定通貨建ての種類が多い
ロスカット水準0%で強制決済されにくい
高機能ツールMT4/MT5が使える
日本円で入出金できる
体験型のVIP特典が充実している
アルトコインの種類が少ない
板情報がない(MT5の板は実用性に欠ける)

すでに仮想通貨FXをしている方で、海外FXや株式などのトレード対象を増やしたい方にExnessはおすすめです。

仮想通貨FXにおける際立った強みはないものの、その他の商品で無制限レバレッジを使えることや、狭小スプレッドでスリッページやリクオートの極めて少ないトレードができます。

FX(通貨ペア取引)では、口座タイプに応じて主要銘柄が90%の時間帯で固定スプレッドにされたり、ドル円を含む主要30銘柄ほどが95%の時間帯でゼロスプレッドに固定されています。

年々増加するユーザー数と取引量が、高い顧客満足度の証明とも言えるでしょう。仮想通貨FXをベースにしつつ、特に海外FXを収益の柱にしたい方はExnessをご利用ください。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessの口コミ・評判

Exnessならビットコもできるし、プラマイともにスワpなし 保有時間を気にせず、純粋に相場で勝負できる 
ただし、ボナは無い

引用:X

(前略)
Exnessで、ビットコの詳細見たら、スワップフリーやん。
こりゃ、のんびりEAを回しても負担ないから助かる~~~

引用:X

え!Exnessのレバ無制限ゴールドもいけるの?? ならばワンチャンチャレンジの選択肢にはいりますな!! 仮想通貨と同じでボラやばいから証拠金システムだと勝手に思い込んでたわ。
(後略)

引用:X

Exnessでは優れた取引環境に関する良い評判が多く見られます。仮想通貨FXは全ての銘柄がスワップフリーなので、スイングトレードやEA(自動売買)の運用におすすめです。

海外の仮想通貨取引所が提供する無期限先物では、海外FXのマイナススワップのように、ファンディングコスト(資金調達費用)を一定時間ごと支払わないとなりませんが、Exnessの仮想通貨FXであればポジション保有中のコストを気にしないで済むことが高く評価されています。

ゴールドやFXでは無制限レバレッジが使えるので、少ない資金でもトレードの選択肢を広げられるおすすめの海外取引所です。

なお、Exnessに関する詳しい評判については、Exnessの評判・口コミまとめをご覧ください。

運営会社E​xness(SC) Ltd
設立年2008年
登録住所9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles
最大レバレッジ仮想通貨FX:400倍
ゼロカットあり(追証なし)
ボーナスなし

サポート対応時間
Eメール:24時間365日
チャット:平日08:00~24:00
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所5位Exnessの概要

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

第6位 MEXC:最速最多クラスのIEO&アルトコインの宝庫

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所MEXC(メックスシー)

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所ランキング、第6位はMEXC(メックスシー)です。

MEXCの特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

MEXCの概要

MEXCの特徴
  • 世界170か国(18言語)で登録ユーザー数1,000万人以上の仮想通貨プラットフォーム
  • 2018年創業以来システム障害・不正被害ゼロの世界最高水準のセキュリティ体制
  • 業界最速のIEOかつ業界最多クラスの仮想通貨の中から期待値の高い銘柄を選べる

2018年に設立されたMEXCは、2019年に急速に成長して仮想通貨市場で5%のシェアを獲得しました。ブロックチェーンの産業発展に積極的なドバイで開催されるCrypto Expo Dubaiにおいて「Best Crypto Exchange Asia」を受賞して実力が証明されています。

Bybitや世界最大のBinance(バイナンス)(*1)よりも早く仮想通貨を上場させることが強みとなり、現物だけで1,600種類以上を取り扱っていることから「MEXCなら買えない仮想銘柄はない」といったユニークなポジションを確立しています。
(*1)日本居住者はBinanceを利用できません。

メリットデメリット
現物取引のMaker・Taker手数料が0%
先物取引のMaker手数料0%、Taker手数料0.01%
現物で1,600銘柄を超える仮想通貨を取り扱う
価格上昇の期待値が高いアルトコインに投資できる
アクティブトレーダー向けのボーナスが豊富 板取引およびTradingView搭載の最先端ツールを利用できる
MEXC投資家保護基金を設立
現物仮想通貨の保有量を第三者が証明(PoR)
日本円を直接入出金できない
価格下落率が大きい草コインが含まれる

MEXCを利用すれば、ビットコインやイーサリアムでは体験できない、仮想通貨コミュニティの楽しさを体験できるでしょう。

みんなが注目しない草コインにも誕生した背景があり、Discord(ディスコード)と呼ばれるコミュニティプラットフォームでホルダー参加型のミーティングが行われていたりもします。

法定通貨やビットコインとは異なり、一つのコミュニティを支えながら、そこが発行する仮想通貨の値上がり益まで受け取ると言った新たな投資体験です。

また、MEXCは仮想通貨の種類の多さを第一のメリットに掲げられがちですが、実は取引環境が大変優れています。

取引手数料が先物取引(仮想通貨FXを含む)のTaker手数料0.01%以外は無料ですし、流動性不足に悩まされることもなく、TradingView搭載の最先端ツールで快適なトレードが可能です。

\ 仮想通貨スキャルピングで大人気! /

MEXCのボーナスキャンペーン

MEXCの常時開催ボーナスキャンペーン

取引条件を満たした方に毎日ボーナス抽選会のチケットを配布

MEXCの期間限定ボーナスキャンペーン
  • 新規登録で50 USDT分(7,000円相当)の口座開設ボーナスをプレゼント
  • 初回入金限定で最大20 UDST分(2,800円相当)の入金ボーナスがもらえる
  • 賞金プール分配イベントで毎日最大900 USDT分(12万6,000円相当)が当たる

MEXCはアクティブトレーダーを対象にしたボーナスキャンペーンを強化しています。口座開設・入金ボーナスを控えているせいか取引ボーナスの還元率が高く、仮想通貨FXの取引量が大きくなるほどお得になります。

仮想通貨FXの手数料が安い(メイカー:0%、テイカー:0.01%)ことも考慮すると、BybitやZoomexなどと差別化するために、アクティブトレーダーを優遇するキャンペーンに期待できそうです。

また、トークンを無償配布するエアドロップや、電気自動車のTeslaがあたるラッキードローなどの期間限定イベントが豊富なので、ボーナス以外の金銭的メリットが大きい海外取引所です。

\ 仮想通貨スキャルピングで大人気! /

MEXCの口コミ・評判

チャートの使いやすさは断トツでバイビットなので主要コインはこちらで買って、海外で話題の草コインを買うならMEXCってとこですね。

引用:X

(前略) 
なぜ海外取引所はMEXCなのか? 
仮想通貨がものすごく安い状態で取り扱うのがMEXCで、バイナンスはその後に取り扱いを開始するから、バイナンス上場が決まると価格が一気に上昇する
(後略)

引用:X

mexc global取引所 非常に使いやすい取引所です。 
草コインの数は業界随一 もちろんレイヤー1以上の 銘柄もほぼ網羅してますね 
手数料は業界最安値 ステーキングも非常に簡単 
海外の取引所をまだお持ちでない方に非常にオススメしたい取引所 
(後略)

引用:X

MEXCは草コインの話題で持ちきりの印象です。手数料が安い、先物取引がやりやすいと言った良い評判も多いのですが、やはり、最近上場した草コインについての口コミに溢れています。

仮想通貨FX初心者の方に参考にしていただきたいのは、MEXCに上場した草コインは日数を経てから価格上昇する可能性があることです。

バイビットや世界最大のバイナンス(*1)への上場がMEXCより後に決まり、投資家の資金が後に決まった取引所に殺到して、MEXCに上場済みの同じ銘柄が連れ高する仕組みです。MEXCは草コイン投資家にとって欠かせない海外取引所と言えるでしょう。
(*1)バイナンスは日本居住者の口座開設を受け付けていません。

運営会社MEXC Global
設立年2018年
所在地シンガポール共和国
最大レバレッジ仮想通貨FX:200倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス取引条件を満たした方に
ボーナス抽選会のチケットを配布

サポート対応時間
Eメール:24時間365日
チャット:24時間365日
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所6位MEXCの概要

第7位 Bitget:コピートレードと元本保証型サービスに注目

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所Bitget(ビットゲット)

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所ランキング、第7位はBitget(ビットゲット)です。

Bitgetの特徴とメリット・デメリットを順番に解説します。

Bitgetの概要

Bitgetの特徴
  • 登録ユーザー数2,000万到達、22言語で世界展開する仮想通貨取引所
  • フォロワー数41万人超の世界最大級コピートレードプラットフォームを提供
  • サッカー界のレジェンド、リオネル・メッシ氏をブランドアンバサダーに起用

2018年に設立されたBitgetが世界的取引所になったきっかけは、2020年5月に仮想通貨のコピートレードを最初に導入したことです。2023年8月時点で41万人のフォロワーに490億円相当の利益をもたらしています。

3億ドル(420億円相当)の投資家保護基金の導入やBitgetの資産を毎月公開(PoR)の実施カストディアン(*1)と提携して法人が仮想通貨に投資できる環境を整えるなど、web3時代を見据えて信頼獲得に必要な施策を着実に行っています。
(*1)カストディとは、機関投資家の代理人として有価証券の保管・管理等を行う業務の総称です。

メリットデメリット
元本保証型の投資商品が販売されている
投資収益率を高めるVIP特典が充実している
裁量型・AIボット型コピートレードの種類が豊富
実証済みトレード戦略を基にAIが売買シグナルを発生する
板取引およびTradingView搭載の最先端ツールを利用できる Bitget保護基金の設立
現物仮想通貨の保有量を第三者が証明(PoR)
日本円を直接入出金できない
価格下落率が大きい草コインが含まれる

Bitgetは仮想通貨FX(レバレッジ取引)の短期トレードをはじめ、長期投資に合わせてAIを活用した仮想通貨サービスまで幅広く用意しています。

元本保証型の投資サービスとして、年間収益率3%の「スマートトレンド」と7%の「Shark Fin」は、安全性を理解した上でインカムゲインを得る有効な手段となるでしょう。

また、Bitgetでたくさん取引するほど優遇されるVIP特典が充実しています。体験型の優待を控えて投資収益率を高めるサービスが用意されています。

Bitgetはセキュリティ対策にも余念がないことから、仮想通貨で大きな資産を築いていきたい方におすすめの海外取引所です。

\ 新規登録で1,000USDTの割引クーポンをもらう! /

Bitgetのボーナスキャンペーン

Bitgetの常設ボーナスキャンペーン
  • 新規登録で1,000USDT(14万円相当)の手数料割引クーポンをプレゼント
  • 50USDT以上の初回入金限定で2UDST(280円)の入金ボーナスがもらえる

Bitgetで新規登録すると、14万円相当(1,000USDT)の現物取引の手数料割引クーポンがプレゼントされています。

現物取引の手数料は通常メイカーとテイカーともに0.1%なので、仮想通貨への長期投資の際に利用するのが良いでしょう。

Bitgetは常設ボーナスが地味ではあるものの「BTC価格予想キャンペーンで50,000円分のBTCを毎日プレゼント!」などのオファーがくるので、新規登録をしてどんどん参加していきましょう。

\ 新規登録で1,000USDTの割引クーポンをもらう! /

Bitgetの口コミ・評判

gm #Bitget  #コピートレード 昨日は3月にコピトレを始めてから最高の爆益でした。 #コピトレ 収支前日比+2,854USDT

引用:X

BitgetはPOR(投資家保護基金)が224%と規模感も業界ダントツに強い。殆どのプロジェクトが融資を受けていたりVC募るしかない中でBitgetは融資ゼロで優秀なため安心。
(中略)
去年はコピトレのイメージしかなかったけど、凄くなってるんだなぁ

引用:X

暗号資産って初心者には心配ですが、世界50ヵ国で展開されているBitgetさんなら安心ですね♪ 
応募させて頂きます Amazonギフト券希望です 
ワクワクするキャンペーンをありがとうございます!
(後略)

引用:X

Bitgetでコピートレードをしている日本の方が多いこともあり、その収益報告や成績優秀なトレーダーの口コミが豊富です。

世界1,300人以上のスタッフが在籍する企業規模に加えて、PoRの実施と投資家保護基金により、特にBitgetの安全性・信頼性に良い評判が見られます。

Bitgetでは新規登録した後にAmazonギフト券がもらえたり、入金や取引の度にUSDTと交換できるクーポンがもらえるので、実用性が高いボーナスにも定評があります。

運営会社Bitget Limited
設立年2018年
所在地シンガポール共和国
最大レバレッジ仮想通貨FX:125倍
ゼロカットあり(追証なし)
常設ボーナス・1,000 USDT分の手数料割引クーポン(口座開設時)
・2 USDT分(280円相当)の入金ボーナス

サポート対応時間
Eメール:24時間365日
チャット:24時間365日
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所7位Bitgetの概要

海外取引所の仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッド比較

仮想通貨FXでおすすめの上記7つの海外取引所について、ビットコインFXのスプレッドを比較します。

ビットコインFXのスプレッドが狭い海外取引所は、アルトコインのスプレッドも狭い傾向にあります。イーサリアムやリップルなどを取引する方も、ぜひ参考にしてください。

ビットコイン円(BTCJPY)のスプレッド比較

流動性が高い(売買が活発に行われる)時間帯において、ビットコイン円(BTCJPY)のスプレッドを比較します。

スクロールできます
海外取引所(*1)1 BTCのスプレッド取引手数料1 BTCの実質コスト
Exness
プロ口座
1,050円前後無料1,050円前後
FXGT
プロ口座
2,550円前後無料2,550円前後
XMTrading
Bybit
Zoomex
MEXC
Bitget
海外取引所のビットコインFX(BTCJPY)のスプレッド比較(2023年8月4日付)

(*1)複数の口座タイプがある取引所は、スプレッドが狭い口座タイプを対象に測定

円建てのビットコインFXを取り扱う海外取引所が少ない中でも、Exnessはスプレッドを広げることもなく、取引手数料が無料の優れた業者です。

1 BTCが400万円の場合の実質コストは0.026%(1,050円 ÷ 400万円)なので、Bybitなどのメイカー手数料と同等の安さとなります。

FXGTのプロ口座も、海外取引所全体では決して高くない水準です。日本の仮想通貨取引所と同じく変動制スプレッドなので、時期や時間帯によってはさらに狭いスプレッドが提示されることもあります。

なお、ビットコインFXの円建て(BTCJPY)を取引したい方は、TitanFX(タイタンFX)やIS6FX(アイエスシックスFX)も参考にしてみてください。

TitanFXはFXGTよりも狭いスプレッドが期待できます。IS6FXはスプレッドは広いのですが、口座開設ボーナス(23,000円分)をもらって、1円も入金しないまま無料でビットコインFXを始められます。

BTCUSD(ビットコインドル)とBTCUSDTのスプレッド比較

続いては、BTCUSD(ビットコインドル)とBTCUSDTのスプレッドについて、流動性が高い時間帯で比較します。

スクロールできます
海外取引所(*1)1 BTCのスプレッド取引手数料(*3)取引コスト(*4)
(ビットコイン3万ドルで計算)
MEXC(*2)0.00または0.10 USDTMaker:0.00%
Taker:0.01%
Maker:0.10 USDT
Taker:3.1 USDT
Bitget(*2)0.00または0.50 USDTMaker:0.017%
Taker:0.051%
Maker: 5.6 USDT
Taker: 15.8 USDT
Bybit(*2)0.00または 0.10 USDTMaker:0.02%
Taker:0.055%
Maker:6.1 USDT
Taker:16.6 USDT
Zoomex(*2)0.00または0.10 USDTMaker:0.02%
Taker:0.06%
Maker:6.1 USDT
Taker:19.0 USDT
Exness
プロ口座
7.50ドル前後無料7.50ドル前後
FXGT
プロ口座
14.50ドル前後無料14.50ドル前後
XMTrading
KIWAMI極口座
26.50ドル前後無料26.50ドル前後
海外取引所のビットコインFX(BTCUSDまたはBTCUSDT)のスプレッド比較(2023年8月4日付)

(*1)複数の口座タイプがある取引所は、スプレッドが狭い口座タイプを対象に測定
(*2)無期限契約ならびに割引なしの通常手数料を採用
(*3)ファンディングコストとスワップポイントは含まない
(*4)1BTCのスプレッドが広い方を採用して計算

まずはMEXCの最も安い取引手数料に注目です。Taker(テイカー)手数料0.01%は相当安い水準なので、成行注文を多用するスキャルピングの取引コストを大幅に削減できるでしょう。

MEXC・Bitget・Bybit・Zoomexは、流動性が高い時間帯であればゼロスプレッドで取引できます。いずれも板が使えるので、スプレッドとともに流動性を確認してからトレードしましょう。

Exness・FXGT・XMTradingは米ドル建てのビットコインFX(BTCUSD)を提供しています。Exnessのスプレッドが最も狭く、取引コストは1,050円相当(7.50ドル)あたりで1 BTCを購入できます。

海外取引所の仮想通貨FX(ビットコインFX) サービス別おすすめランキングTOP3

海外の仮想通貨FXで特定のサービスを重視する際、それに適した海外取引所を利用していただけるように選別しました。

上記いずれかのサービスを重視する方は、こちらで紹介する海外取引所を参考にしてください。

口座開設ボーナスでおすすめの海外取引所

海外の仮想通貨FXが初めての方には、自分のお金を1円も入金することなく、口座開設ボーナスのみで取引を始めることをおすすめしています。

損失リスクをゼロにできるメリットの他にも、海外口座ならではの見方や使い方、高機能ツールの操作法や日本語サポーターの対応などを詳しく知ることができます。

海外取引所口座開設ボーナスWeb登録ページ
Bybit100 USDT分(14,000円相当)
【8月19日まで】
>ボーナスを受け取る
FXGT15,000円分>ボーナスを受け取る
Zoomex最大20ドル分(2,800円相当)
【8月31日まで】
>ボーナスを受け取る
仮想通貨FXでおすすめの海外取引所と口座開設ボーナス

Bybitを1番におすすめする理由は、期間限定としながらも次々に口座開設ボーナスキャンペーンを開催してくれることと、ボーナス金額を超える賞金獲得イベントが豊富なことです。

そして、仮想通貨FXに限定して提供するFXGTとは異なり、自動売買から長期投資に至るまで、仮想通貨の幅広いサービスにボーナスを利用できるメリットがあります。

FXGTは独自性の高いビットコインFXの種類が多くレバレッジ取引の環境が充実しているので、15,000円分の高額ボーナスの使い道はトレーダーのレベルによって様々でしょう。

ZoomexもBybitと同じく、期間を区切りながら新たなボーナスキャンペーンを開催します。プラットフォームがとても見やすくて使いやすいので、初心者の方が仮想通貨FXに挑戦しやすい取引所としておすすめしています。

スキャルピングでおすすめの海外取引所

スキャルピングでは取引コストの安さに加えて、希望の価格と数量を小さな値幅で約定できるかを知る必要があります。

今回は仮想通貨FXで板読みができる海外取引所に限定し、取引コストの安さで選別して紹介します。

スクロールできます
海外取引所(*1)1 BTCのスプレッド取引手数料(*2)取引コスト(*3)
(ビットコイン3万ドルで計算)
MEXC0.00または
0.10 USDT
Maker:0.00%
Taker:0.01%
Maker:0.10 USDT
Taker:3.1 USDT
Bybit0.00または
0.10 USDT
Maker:0.02%
Taker:0.055%
Maker:6.1 USDT
Taker:16.6 USDT
Zoomex0.00または
0.10 USDT
Maker:0.02%
Taker:0.06%
Maker:6.1 USDT
Taker:19.0 USDT
海外取引所のビットコインFX(BTCUSDT)のスプレッド比較(2023年8月4日付)

(*1)無期限契約ならびに割引なしの通常手数料を採用
(*2)ファンディングコストとスワップポイントは含まない
(*3)1BTCのスプレッドが広い方を採用して計算

MEXCは、Bybit・Zoomexよりも取引コストが50%超も安くなるスキャルピングにおすすめの海外取引所です。取引板も十分に厚く、0.10 BTCの価格ごとに10 BTC~数十BTCを目安に取引できます。

BybitとZoomexもスプレッドが狭く、流動性も確保されているので、スキャルピングに適した海外取引所である点は押さえておきましょう。

ビットコインFXのスプレッドが狭い海外取引所は、アルトコインでも狭いスプレッドを提示する傾向にあるので、イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)のみ確認しましょう。

海外取引所1 ETHのスプレッド1 XRPのスプレッド取引手数料
MEXC0.00または
0.01 USDT
0.0000または
0.0001 USDT
Maker:0.00%
Taker:0.01%
Bybit0.00または
0.01 USDT
0.0000または
0.0001 USDT
Maker:0.02%
Taker:0.055%
Zoomex0.00または
0.01 USDT
0.0000または
0.0001 USDT
Maker:0.02%
Taker:0.06%
海外取引所のアルトコインFX(ETHUSDTまたはXRPUSDT)のスプレッド比較(2023年8月4日付) 

ビットコインFXと同じく、3つの取引所のスプレッドに差はありません。イーサリアムとリップルの取引手数料も同じなので、MEXCがスキャルピングで稼ぎやすい海外取引所と言えるでしょう。

ハイレバレッジでおすすめの海外取引所

ハイリスク・ハイリターンな取引で一攫千金を狙いたい方は、純粋にレバレッジの高さだけで海外取引所を選ぶのが良いでしょう。

以下の取引所はゼロカットシステムを導入しているので、入金した資金以上に損失が出ることがなく安心です。

海外取引所最大レバレッジ口座開設ボーナス
(対象口座)
FXGT1,000倍15,000円分
(スタンダード/ミニ/Crypto Max口座)
XMTrading500倍13,000円分
(全ての口座)
Exness400倍なし
ハイレバレッジで仮想通貨FXができるおすすめの海外取引所

FXGTでは、口座開設をするだけでそのまま仮想通貨FXに使える15,000円分のボーナスがもらえます。これに最大1,000倍までのハイレバレッジを利用すれば、1円も入金しないまま上限1,500万円分の取引が可能です。

XMTradingも同様なので、FXGTと合わせて口座開設しておき、13,000円分のボーナスも使い切っていきましょう。

Exnessからはボーナスをもらえませんが、仮想通貨FXで400倍ものレバレッジを利用できる数少ない取引所です。

仮想通貨FX(ビットコインFX)で海外取引所を利用する際の注意点

仮想通貨FX(ビットコインFX)で海外取引所を利用する際の注意点を確認しましょう。

日本の仮想通貨取引所にはないリスクを含めて解説します。

海外取引所の利用は違法ではない

海外を拠点にして仮想通貨FXを提供する取引所は日本で暗号資産交換業の登録を行っていませんが、ユーザーが海外取引所を利用すること自体は違法ではありません

2017年4月1日以降、日本で仮想通貨(暗号資産)の現物取引サービスを提供するには暗号資産交換業の登録が必要です。(参考:金融庁「暗号資産に関連する事業を行うみなさまへ

日本の金融庁は、海外取引所が公式サイト等で各種サービスを紹介していることが営業行為に当たるとして警告を発しています。

海外取引所は日本に居住する日本人向けにサービスを提供しているのではなく、海外在住の日本人向けに日本語でサービス提供をしています。

金融庁の警告は、海外取引所の日本語による勧誘行為を対象にしています。利用するユーザーの行為の違法性は問われていないので、安心してご利用ください。

悪質な出金拒否をする取引所がある

仮想通貨FXで海外取引所を利用する際の最大の注意点は、悪質な出金拒否をする取引所が依然として存在することです。金融ライセンスを保有せず、第三者機関の監督下に入っていないマイナー業者に見られます。

日本人の利用者が多いX(旧Twitter)で豪華キャンペーンを宣伝し、それらを通じて入金させた後に出金を拒否する手口が報告されています。

悪質な出金拒否への対策は、最初から安全性が約束されている海外の仮想通貨取引所を利用することです。

Bybitのように、2018年3月の設立からCEOのBen Zhou氏自らが積極的にメディアへ出演し、ユーザーメリットを第一に掲げ、着実に信頼と実績を積み上げている海外取引所であれば安心です。

Bybitは設立からわずか5年間で顧客数が1,650万人を超え、取引所ランキングで5位以内(*1)を競い合い、業界をリードする仮想通貨取引所です。
(*1)参考:CoinMaketCap(仮想通貨のデータプロバイダー&世界で最も参照されている情報サイト)

なお、仮想通貨も取引できる海外FX業者の出金拒否の実績や噂については「業者別の出金拒否検証ページ」を参考にしてください。

日本人が口座開設できない取引所が増えている

日本で金融ライセンスを取得していない海外取引所の中から、日本国内からの新規ユーザーの登録を停止する取引所が現れています。

2023年5月、世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が日本国内からの新規ユーザーの登録を停止しました。代わりとして、日本で暗号資産交換業者のライセンスを取得したBinance Japan(旧サクラエクスチェンジビットコイン)が営業を始める予定です。

FTX破綻以降に米国で仮想通貨業界の規制強化の機運が高まりました。資本力のある大手の海外取引所ほど、市場規模が大きな国・地域を優先し、各エリアで定められた金融ライセンスを取得する動きも見られます。

仮にBybit・Zoomex・MEXC・BitgetがBinanceと同じ方針にかじを切ったら、豪華ボーナスでゼロカット保証付きのハイレバレッジを利用したトレードや、100倍の値上がりを期待できる草コインへの投資ができなくなります。

現在利用している海外取引所が使えなくなったときのリスク対策として、2つ以上の取引所で口座開設をしておくのが良いでしょう。

ハイレバレッジで資金を溶かすリスクがある

ハイレバレッジは短時間に大きく稼げるメリットとは反対に、口座の資金を溶かすリスクも併せ持っています。海外の仮想通貨FXではFXGTの1,000倍を筆頭にして、数百倍のレバレッジを提供する取引所は珍しくありません。

仮想通貨FXは株式や通貨ペアよりも価格変動リスクが高いため、取引量が多いビットコインFXであってもハイレバレッジの利用には注意が必要です。

イーサリアム以外の流動性の小さいアルトコインに至っては、ビットコインFXより遥かに大きな値動きをすることがあるため資金管理を徹底しましょう。

ハイレバレッジはリスクが高いと思われがちですが、レバレッジ自体に危険性はありません。自己資金に対して適切なポジション量を保有できさえすれば、トレードの選択肢を広げるメリットの方が大きくなります。

税金を払わないとばれる

仮想通貨FXでたくさん稼いだ場合、海外の取引所であっても確定申告をしないと税務署にバレます。ばれないと思って無申告でいると、追徴課税分が上乗せされて、正しく申告したときよりも多くの税金を支払うことになるでしょう。

個人を管轄する税務署は国税局が管轄する区域内にあり、国税局は国税庁の指導監督を受けています。その国税庁は海外の国と、脱税や税金を払っていない疑いがある者の情報を交換することで合意しています。
(参考:国税庁「租税条約等に基づく情報交換」)

また金融機関は、100万円超を海外へ送金したり、海外から送金を受領した場合に、国外送金等調査書と呼ばれる証明書類を発行して税務署に通知しています。その他にも税務署は金額の大小に関わらず、税金に関わる日本と海外のお金の流れを調査する権利を有しています。
(参考:内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律

「納税額が1億円に満たない個人だから税金を払わなくてもばれないだろう」などの安易な考えを持つことなく、海外の仮想通貨FXで稼いだら確定申告を行いましょう。

セルフGOXのリスク

GOXとは仮想通貨(暗号資産)を預けている取引所がハッキングされて仮想通貨を失うことで、セルフGOXは自分(セルフ)の不注意で仮想通貨を失ったり引き出せなくなることです。

海外取引所を利用することで、一段と注意が必要になるセルフGOXは以下2つになります。

  • 送金先のアドレスを間違える
  • フィッシング詐欺によるシードフレーズ・秘密鍵の漏洩

入出金が仮想通貨に限定されている海外取引所を利用すると、仮想通貨ウォレットや国内取引所からの送付が多くなるため、送付先のアドレスを間違えないように注意しましょう。

フィッシング詐欺ではX(旧Twitter)を悪用した事例が多く報告されています。エアドロップを行って実在する海外取引所の公式サイトを装った偽サイトへ誘導し、ウォレットの情報を抜き取る手口です。

エアドロップとは:決められた条件を満たしたユーザーに仮想通貨やトークンを無償配布するイベント

海外の仮想通貨FXに慣れて気が緩んできた頃にこそ、セルフGOXへの注意が必要でしょう。

スキャムコインを取り扱う取引所がある

DEX(分散型取引所)ではスキャムコイン(詐欺目的で発行された仮想通貨)が取り扱われていることがあるので注意しましょう。

DEXとは:ブロックチェーン上で自動化された仕組み(スマートコントラクト)の中で仮想通貨を売買できる取引所

DEXでは発行元のプロジェクトの審査をせずに仮想通貨やトークンを売買できるのが通例です。そのためDEXには上場という概念がなく、パーミッションレス(許可不要)な取引所のため、全ての取引が完全に自己責任となります。

一方でBybitやZoomexであれば専門家による審査に合格した仮想通貨が上場しているため、詐欺の被害に遭う心配をせずにすみます。

Bybitではローンチパッド(IEO)と呼ばれるイベントが行われています。仮想通貨プロジェクトの正当性や実現可能性、スケーラビリティ(成長性を含めた市場変化への対応力)等の審査を通過した、最新の仮想通貨へ投資するチャンスとして注目されています。

仮想通貨ウォレットと海外取引所の保管方法

仮想通貨ウォレットの種類や海外取引所の保管方法を確認した後、初心者の方が現物の仮想通貨(暗号資産)を安全に保管するための方法を紹介します。

セルフGOXやハッキングの被害を防ぐためにも順番に確認していきましょう。

仮想通貨FXなら盗難リスクなし

仮想通貨FXは現物のビットコインやアルトコインを購入しないので、盗難リスクがありません。

例えばFXGTでビットコイン円(BTCJPY)を0.1ロット買った場合、実際にFXGTが所有するビットコインを日本円で購入してユーザーに割り当てられたウォレットなどに保管されているわけではありません。

そもそも仮想通貨FXとは、ビットコインFXや暗号資産FXとも呼ばれていて、レバレッジをかけて仮想通貨を法定通貨で取引する差金決済取引(CFD)を指すことが一般的です。

海外取引所は仮想通貨の価格に連動する派生商品を複数提供しているので、初心者の方は現物と仮想通貨CFDの違いだけでもその都度確認するようにしましょう。

海外取引所現物取引仮想通貨FX
Bybitありあり
Zoomexなしあり
FXGTなしあり
XMTradingなしあり
Exnessなしあり
MEXCありあり
Bitgetありあり
海外取引所の現物取引と仮想通貨FXの提供の有無

仮想通貨ウォレットの種類

現物の仮想通貨(暗号資産)を保管するウォレットは大きく2つに分けられ、その中で用途に合わせて使い分けできる仮想通貨ウォレットが分類されています。

ウォレットの概要ホットウォレットコールドウォレット
種類・ウェブウォレット
・デスクトップウォレット
・モバイルウォレット
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット
特徴ネット環境があれば場所や端末に関係なく仮想通貨の入庫・出庫ができるネットから隔離された状態で手持ちの仮想通貨を安全に保管する
メリット仮想通貨の購入や入出庫を速やかに行えるセキュリティの強度が高く、ハッキングのリスクが低い
デメリットハッキングされる仮想通貨が盗まれるなどのリスクがある・仮想通貨の入出庫に手間がかかる
・故障・紛失・破損のリスクがある
仮想通貨ウォレットの概要

海外の取引所で購入したビットコインやイーサリアムは、まずは取引所のウェブウォレットに保管された後、ユーザーが目的に応じて異なるウォレットへと取引所から出庫(送付)します。

2010年代に起きた仮想通貨取引所のハッキング事件の頃とは全く異なり、国内・海外ともに大手取引所のセキュリティは著しく改善されています。

海外取引所の保管方法とセキュリティ対策

海外の仮想通貨取引所はマルチシグ・コールドウォレットで大半の顧客資産を保管しています。最先端技術を導入して取引所自体のセキュリティを強化することはもちろん、顧客資産とプライバシーの保護を徹底しています。

コンプライアンスに関する取り組みとしては、各国・地域の規制当局および第三者機関と連携しながらのマネーロンダリング対策や、盗難に遭った仮想通貨の追跡および復旧を支援するなど、サイバー犯罪の撲滅に取り組んでいます。

概要を海外取引所の選び方「管理・運用のセキュリティが高い」にまとめたのでご参考ください。

仮想通貨取引所のウォレットを利用する

仮想通貨(暗号資産)の取引に慣れていない方は、万全のセキュリティ対策を実施する仮想通貨取引所のウォレットを利用した方が安全でしょう。

国内取引所のコインチェックで口座開設をしてビットコインを購入しておけば、Bybitで仮想通貨FXをする際に、コインチェックから直接ビットコインを送付できます。

ちなみに、リップル(XRP)は海外取引所への送付手数料が安く済むので、送付と購入専用の仮想通貨として保有しておくのも良いでしょう。国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)であれば、安い取引コストでリップルを購入できます。

コールドウォレットで完全に自己管理する場合、仮想通貨を移動させるたびにセルフGOXのリスクが伴います。また、ハードウェアウォレットやペーパーウォレット自体の取り扱いへの注意も必要です。

海外取引所のウォレットに仮想通貨を預け入れておけば、草コインが急激に上昇するタイミングを逃すリスクも減らせます。

上記7つのおすすめ取引所であれば、当然、2段階認証などで本人だけがウォレットにアクセスできるセキュリティ対策をしているのでご安心ください。

リスクをゼロにしようとするのではなく、Bybitのように安全性の高い取引所のウェブウォレットをメインにしながら、用途に応じて各ウォレットを使い分ける利便性を重視した考え方も必要でしょう。

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる海外取引所に関するよくある質問

海外の仮想通貨FXに関するよくある質問と回答をまとめたので参考にしてください。

仮想通貨FXでスプレッドが狭い海外取引所は?

仮想通貨FXでスプレッドが狭い海外取引所は、MEXC・Bybit・Zoomexです。1 BTCのスプレッドは、0.00または0.10 USDTです。

仮想通貨FXのスキャルピングでおすすめの海外取引所は?

仮想通貨FXのスキャルピングでおすすめの海外取引所は、MEXC・Bybit・Zoomexです。MEXCはBybit・Zoomexよりも取引コストが50%超安くなります。

仮想通貨FX(ビットコインFX)の取引時間は?

仮想通貨FX(ビットコインFX)の取引時間は、大半の取引所は原則24時間365日としていますが、詳細は取引所により異なります。例えば、XMTradingやExnessはサーバーメンテナンス中に取引が停止されるため、各取引所ごとで取引時間を確認しましょう。

ビットコインFXでMT4が使える海外取引所は?

ビットコインFXでMT4が使える海外取引所は、Bybit・FXGT・XMTrading・Exnessです。

仮想通貨FXの資金を日本円で入金できる海外取引所は?

仮想通貨FXの資金を日本円で入金できる海外取引所は、FXGT・XMTrading・Exnessです。銀行送金・クレジットカード・オンラインウォレットに対応しています。

仮想通貨FXの利益を日本円で出金できる海外取引所は?

仮想通貨FXの利益を日本円で出金できる海外取引所は、FXGT・XMTrading・Exnessです。アンチマネーロンダリングの観点から各取引所でルールが定められています。例えば、FXGTでクレジットカードで入金額以上(利益分)の出金を行うには、銀行送金やbitwalletなど他の出金方法を利用する必要があります。

海外取引所で仮想通貨FXをするためにウォレットは必要?

FXGT・XMTrading・Exnessのように日本円による出金に対応する海外取引所であれば、多くの場合は日本円による入金も可能であり、仮想通貨FXをするためのウォレットは必要ありません。Bybitのようにクレジットカードで仮想通貨の購入ができても、出金が仮想通貨に限定される海外取引所があるので注意しましょう。

日本人が仮想通貨FXで海外取引所を利用しても大丈夫?

はい、日本人が仮想通貨FXで海外取引所を利用しても大丈夫です。Web上でご覧いただいたであろう金融庁の警告は、日本の金融ライセンスを保有していない海外取引所による日本居住者への勧誘行為を対象にしており、利用するユーザーの行為(仮想通貨FXなど)の違法性は問われていません。

金融庁が警告していない海外取引所の中で仮想通貨FXができるのはどこ?

2024年1月現在、海外取引所のZoomexは金融庁から警告されておらず、仮想通貨FXができます。

海外の仮想通貨FXの税金はばれない?

海外の仮想通貨FXの税金はばれます。税務署が取引と海外口座の入出金の履歴を調査できるからです。

海外の仮想通貨取引所のレバレッジは最大で何倍?

海外の仮想通貨取引所のレバレッジは、最大でFXGTの1,000倍です。

仮想通貨FXで口座開設ボーナスがもらえる海外取引所は?

仮想通貨FXで、新規登録をしただけで口座開設ボーナスがもらえる海外取引所は、Bybit・Zoomex・FXGT・XMTrading・Bitgetです。ExnessやMEXCの期間限定キャンペーンも確認すると良いでしょう。

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所は?

仮想通貨FXでおすすめの海外取引所は、BybitとZoomexです。Bybitは長期投資サービスも充実しており、仮想通貨で資産運用ができる総合プラットフォームです。Zoomexは日本語の説明が丁寧で仮想通貨FXの始め方が分かりやすく、初心者の方にやさしい取引所としておすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次