【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

AXIORYはスキャルピングに強い!大口取引の上級者トレーダーにおすすめ

AXIORYはスキャルピングに強い!大口取引の上級者トレーダーにおすすめ

AXIORYはスキャルピング向きの業者というのがトレーダーたちの共通認識になっています。

狭いスプレッドに高約定力、MT4やMT5よりもさらに高速取引が可能なcTraderが使える点が大きな魅力です。

大口取引にも対応しており、どんな局面でもなるべくストレスの少ないトレードをしたい方に選ばれています

海外FXのスキャルピング向き業者ランキングの中でも上位に位置するAXIORYをぜひお試しください。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にAXIORYを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:AXIORYの評判・口コミまとめ

目次

AXIORYがスキャルピングに向いている理由

AXIORY(アキシオリー)は、上級者トレーダーのスキャルピングに向いている海外FX業者です。

ここでは、AXIORYがスキャルピングに向いている以下6つの理由を詳しくご紹介します。

他社と比べた細かな取引条件まで深堀りしてみましょう。

スキャルピングに制限がない

AXIORYでは、スキャルピングに一切の制限がありません。

スキャルピング(超短期売買)はできますか?

スキャルピング(超短期売買)は可能です。また、スキャルピングの回数に制限は設けておりません。

引用:AXIORYのよくある質問「取引条件全般」

国内FX業者や一部の海外FX業者では、スキャルピング禁止あるいは、高頻度のスキャルピングが禁止されてる場合もあります。

AXIORYは、全取扱銘柄でロット数や頻度に関係なくスキャルピングが公認されているので安心です。

NDD ECN方式を採用している

AXIORYでは、高い約定力と低スプレッドの提供に向いている「NDD ECN方式」を採用しています。

AXIORYでは、すべての取引注文をリクイディティ・プロバイダーを介して、最良のレートで自動的に注文を執行します。そのため、ディーリングデスクが介入することによる利益の相反がなく、透明性の高い、公正な取引環境を提供することができます。

引用:AXIORY 注文執行ポリシー

NDD ECN方式では、私設の電子取引システムを使って、顧客の注文が金融市場で直接約定します。

一般的なNDD STP方式と違い、FX業者が注文を一旦決済して市場へ流す行程がないため、低スプレッドで約定力も維持できることが特徴です。

NDD ECN方式は、スキャルピングに必須の約定スピードと、取引が有利になる低スプレッドを両立できます。

スプレッドが業界で最狭水準

AXIORYは、低スプレッドの提供で有名な海外FX業者です。

実際に、AXIORYのナノスプレッド口座と他社口座でスプレッド比較を確認してみましょう。

AXIORYのナノスプレッド口座を、同じNDD ECN方式を採用する他社口座を対象に同時刻のスプレッド比較表を作成しました。

スクロールできます
銘柄AXIORY
ナノスプレッド口座
ThreeTrader
Raw Zero口座
BigBoss
プロスプレッド口座
LAND-FX
ECN口座
ドル円
USDJPY
0.50pips0.30pips0.80pips0.90pips
ユーロドル
EURUSD
0.10pips0.10pips0.70pips0.50pips
ポンドドル
GBPUSD
0.20pips0.30pips1.10pips0.80pips
ゴールド
XAUUSD
0.20pips0.80pips3.50pips
AXIORYのスプレッド比較

主要通貨ペアやスキャルピングで人気のXAUUSD(ゴールド)のスプレッドがいずれもAXIORYは業界最狭水準を提示しています。

>関連記事:AXIORYのスプレッド一覧と比較

取引手数料が安い

AXIORYは、スプレッドだけでなくナノスプレッド口座・テラ口座の取引手数料が安いことも魅力です。

他社でも低スプレッド特化の口座タイプでは、取引手数料が発生します。

実際にドル円を1ロット取引する場合の1ロット当たりの取引コストを一覧表で比較してみましょう。

スクロールできます
業者/口座タイプドル円のスプレッド片道取引手数料1ロット当たりの取引コスト
AXIORY
ナノスプレッド口座
0.50pips3.0ドル903円
ThreeTrader
Raw Zero口座
0.30pips2.0ドル569円
TitanFX
ブレード口座
0.40pips3.5ドル870円
BigBoss
プロスプレッド口座
0.80pips4.5ドル1,405円
LAND-FX
ECN口座
0.90pips3.0ドル1,303円
ECN方式の手数料と取引コスト

AXIORYの取引コストは、最安クラスとは言えないものの、NDD ECN方式を採用する口座タイプとしては十分に安く設定されています。

取引回数の多くなりやすいスキャルピングでは、コスト面から取引手数料も重要です。

最大1,000ロット対応で大口取引が快適

AXIORYは、大口取引に対応しているため、上級者トレーダーのスキャルピング環境に最適です。

AXIORYでは、1度の注文で最大1,000ロットの発注に対応しています。

各社のNDD ECN方式採用の口座タイプの最大ロットとAXIORYで比べてみましょう。

銘柄最大ロット数
AXIORY
ナノスプレッド口座
1,000ロット
ThreeTrader
Raw Zero口座
80ロット
TitanFX
ブレード口座
100ロット
BigBoss
プロスプレッド口座
50ロット
LAND-FX
ECN口座
30ロット
ECN方式の各社の最大ロット数

他社口座では、最大30~100ロットが上限に対して、AXIORYの最大1,000ロットは大口取引に強いことが分かります。

他社でポジションを複数回に分けてエントリーする手間がある上級者トレーダーに方には、AXIORYの最大ロット数は便利です。

cTraderが使える

cTrader(シートレーダー)とは、デイトレードやスキャルピングに特化した取引プラットフォームです。

MT4やMT5とcTraderの機能などを比較表にまとめました。

スクロールできます
取引プラットフォームcTraderMT4MT5
対応する発注方式NDD ECN方式専用ほぼ全てに対応ほぼ全てに対応
約定スピード約0.3秒平均1.5秒平均1.5秒
チャートの種類豊富普通普通
チャートの時間軸豊富少ない普通
カスタムインジケータ少ないかなり豊富豊富
自動売買少ないかなり豊富豊富
ストップリミット注文可能不可不可
一括決済可能不可可能
板情報ありなしあり
経済指標カレンダーありなしあり
日本時間の表示可能不可不可
取引プラットフォームの比較

MT4やMT5と比べて、cTraderは拡張性に劣るといったデメリットがあります。

しかし、ストップリミット注文や日本時間の表示、また独自の分析機能がcTraderのメリットです。

また、約定スピードが早いこともスキャルピング向きの特徴になります。

初心者の方には、利用者が多いMT4・MT5がおすすめです。cTraderは、約定スピードが早いため、取引のタイミングにこだわりたい上級者の方におすすめします。

AXIORYのスキャルピングにおすすめの口座タイプとは?

ここでは、AXIORY(アキシオリー)の口座タイプ比較の記事でもご紹介している通り、スキャルピングにおすすめの口座タイプの以下2つをご紹介します。

裁量と自動売買でそれぞれスキャルピングにおすすめの口座タイプを詳しくみてみましょう。

裁量でスキャルピングは「テラ口座」

取引の全てを自分で行う裁量取引のスキャルピングなら、AXIORYの口座タイプ「テラ口座」をおすすめします。

テラ口座とは、MT5に対応する低スプレッド特化の口座タイプです。

MT5には、MT4と比べて裁量取引に向いている以下の機能を備えています。

  • MT4より動作が軽快な設計
  • ミニチャートや一括決済など便利な機能
  • 板情報・取引で市場の動向を確認できる
MT5のミニチャート

例えば、MT5のミニチャート(挿入→オブジェクト→チャート)を使うと同じチャート上に、異なる時間軸のチャートを表示できます。

5分足でスキャルピングを行う場合に、リアルタイムで1時間足の形成を確認するといった使い方が可能です。

自動売買(EA)のスキャルピングは「ナノスプレッド口座」

スキャルピングに特化した自動売買(EA)をAXIORYで運用する場合は「ナノスプレッド口座」をおすすめします。

なぜなら、ナノスプレッド口座は、自動売買のEAが多く流通しているからです。

MT4の公式ストアのEA販売
※出典元:MetaTrader「MetaTrader Market

MT4は、2005年にリリースされて以降、有料・無料を問わず、自動売買のプログラムであるEAが数多く公開されてきました。

MT4のEA公開数は、開発元のメタクオーツ社の公式ショップだけでも常時300種類以上が公開されています。

AXIORYでスキャルピングをする際の注意点

ここでは、AXIORY(アキシオリー)でスキャルピングをする際の注意点の以下5つをご紹介します。

AXIORYは、禁止されている取引方法が他社と比べて少ないため、細かな仕様の違いを確認しておきましょう。

複数口座の両建て取引が可能

AXIORYでは、複数口座間の両建てが禁止されていません。

複数口座間の両建てとは、同一銘柄を対象に、A口座でロングポジション、B口座でショートポジションを保有する取引方法です。

複数口座間の両建てがAXIORYでは禁止されていないため、同じ通貨ペアを対象にスキャルピング系の自動売買を複数の口座で運用すこともできます。

複数口座の両建てが禁止されている業者では、自動売買で意図せず両建てが行われ、取引が制限される場合があります。

裁定取引(アービトラージ)は禁止

AXIORYでは、裁定取引(アービトラージ)が禁止されています

裁定取引とは、提示されるスワップポイントの差や、複数口座の両建てによって細かなレートの差を狙うといったシステムの穴を突いた勝率の高い取引方法です。

コンマ数秒の差を狙うため必然的に取引回数が膨大な数になったり、機械的な取引システムを使うことになります。

すると、FX業者の取引サーバーに負荷がかかり、他のトレーダーにも影響が出ます。

ゆえに、一般的にどのFX業者でも裁定取引は禁止されています。

口座残高によるレバレッジ制限がある

AXIORYでは、口座残高によるレバレッジ制限ルールがあります。

具体的にAXIORYでレバレッジ制限が発生する口座残高の基準は以下の通りです。

  • 口座残高1,000万円相当未満:最大400倍
  • 口座残高1,000万円相当以上:最大300倍
  • 口座残高2,000万円相当以上:最大200倍

AXIORYのレバレッジ制限は、3段階で口座残高が1,000万円を超えるまで発生しません。

ポジション保有中に関しても、口座残高が基準を上回るとレバレッジ制限が発生するため注意しましょう。

窓・接続遅延・レートエラー発生時の取引が可能

AXIORYでは、週明けの窓や接続遅延・レートエラー発生時の取引も制限がありません。

窓

窓とは、ごく短時間に注文が殺到し、チャート上に空間ができるほど大きく値が動く現象です。

窓などの急変動は、取引のリスクが高いものの、スキャルピングで瞬時に大きな利益幅が確保できる場合もあります。

スリッページの発生リスク

スリッページが発生すると、意図しない価格でポジションが建てられるため注意しましょう。

AXIORYでは、自社のスリッページ発生を公開しています。

AXIORYのスリッページ発生
※出典元:AXIORY「取引統計

スリッページとは、注文価格とポジションの約定価格に発生する差のことです。

相場が急変動を起こすと、注文が市場へ届き、約定するまでの過程でスリッページが発生します。

スリッページは、有利な価格に差額が生じる場合もありますが、不利な価格になることもあるため注意しましょう。

また、MT4・MT5から許容スリッページを設定することもおすすめです。

MT4・MT5の許容スリッページ設定方法
MT4・MT5の許容スリッページ設定方法
STEP
PC版のMT4・MT5を起動する

許容スリッページの設定は、PC版のMT4・MT5のみで行えます。

AXIORYのMT4・MT5を起動しましょう。

STEP
スリッページの設定画面を開く
オプションを開く

PC版のMT4・MT5を起動しましたら、上部メニューから「ツール」→「オプション」を開きましょう。

STEP
許容スリッページを設定する
許容スリッページを設定する

オプションでは「取引」のタブからスリッページの設定を行います。

スリッページの設定は「By Default」を選択して右側の欄で許容するスリッページをポイント単位(pipsの10倍に相当する数値)で設定します。

許容スリッページは狭いほど正確なレートで約定しますが、極端な数値は成行注文だと約定拒否(リクオート)が起きる可能性が上がります。

AXIORYのスキャルピングで勝てない時は?

ここでは、AXIORY(アキシオリー)でスキャルピングを行っても勝てない時の対処法として以下3つをご紹介します。

AXIORYは、海外FX業者の中でも上級者向けに分類されます。

他社でスキャルピングをする・思い切ってトレードスタイルを変えるなどの対処法をみてみましょう。

時間帯と取引銘柄を変えてみる

スキャルピングで上手く利益が伸ばせない方は、取引する時間帯と取引銘柄を変えてみるとよいでしょう。

なぜなら、取引する時間帯に応じて以下の様に活発に動く通貨ペアが変わるからです。

時間帯(日本時間)メイン市場活発に動く通貨
午前8時~午後3時東京市場JPY(日本円)
SGD(シンガポールドル)
AUD(豪ドル)
午後4時~翌午前1時ロンドン市場EUR(ユーロ)
GBP(ポンド)
午後9時~翌午前6時ニューヨーク市場USD(米ドル)
時間帯別のメイン市場と通貨

例えば、日中の時間帯でスキャルピングをするなら、ドル円や豪ドル円といった東京市場で活発な通貨ペアを選ぶと良いでしょう。

各通貨が動きやすい時間帯にスキャルピングをすることで、短時間でも利益幅が確保しやすいです。

デイトレード・スキャルピングに移行する

スキャルピングの勝率が安定しない場合は、スキャルピングにこだわらないことも有効です。

一日を通してトレンド方向へ相場が動くなら、何度も決済を繰り返すより「デイトレード」で値幅を大きく狙う方法もあります。

スキャルピングとデイトレードの使い分け

例えば、上昇トレンドの発生中なら、何度も注文→決済を繰り返すより、トレンドの勢いが衰えるまでポジションを保有する方が無難です。

取引回数が多ければ、利益機会と同時に損をするリスクも発生します。無理にスキャルピングにこだわらず、場面に合わせた取引方法を選びましょう。

レバレッジの高いFX業者を選ぶ

AXIORYの最大400倍レバレッジでは、スキャルピングが勝てないといった方は他社口座を選びましょう。

海外FX業者には、最大400倍超のレバレッジを提供している口座が多数存在しています。

人気の海外FX業者の最大レバレッジは以下の通りです。

業者名最大レバレッジ
AXIORY400倍
BigBoss1,111倍
Exness無制限(実質21億倍)
FXGT1,000倍
TitanFX1,000倍
XMTrading1,000倍
各社の最大レバレッジ

例えば、Exness(エクスネス)の最大レバレッジは条件付きで「無制限レバレッジ(実質21億倍)」を提供しています。

Exnessの無制限レバレッジ利用条件をみる
Exnessの無制限レバレッジ利用条件
  • 口座残高100,000円未満
  • リアル口座で10回以上の取引実績
  • リアル口座で合計5ロットの取引する

無制限レバレッジは、1円の証拠金でも21億円相当のポジションが建てられます。含み損に耐えられる範囲であれば、数万円の資金でも十分にスキャルピングが可能です。

AXIORYのスキャルピングに関するよくある質問

AXIORYでスキャルピングはできますか?

はい、AXIORYではスキャルピングが可能です。

AXIORYで自動売買(EA)はできますか?

AXIORYで自動売買(EA)は運用できます。複数口座の両建ても禁止されていないため、同じ銘柄を対象に複数口座で複数のEAを稼働させることも可能です。

AXIORYでスキャルピングにおすすめの口座タイプは?

AXIORYでは、裁量取引でスキャルピングを行う場合は「テラ口座」、自動売買(EA)によるスキャルピングは「ナノスプレッド口座」をおすすめします。

AXIORYの最大ロットは?

AXIORYでは、最大1,000ロットまで同時に発注可能です。

AXIORYでは経済指標の発表時でもスキャルピングができますか?

はい、AXIORYでは経済指標発表時でもスキャルピングが可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次