【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMの口座タイプ4種類の違いを比較して分かった初心者おすすめ口座

XMの口座タイプ4種類の違いを比較|おすすめはスタンダード口座

XMの口座タイプは4種類。

それぞれスプレッドや取引手数料、最大レバレッジ、最低取引通貨量などの違いがあります。

基本的には入金ボーナスがもらえてXMの良いところが全て詰まったスタンダード口座がおすすめですが、中にはボーナスよりもスプレッド重視の方もいるでしょう。

この記事ではXMの4つの口座タイプをあらゆる面から比較表にまとめ、それぞれの特徴をわかりやすく見ていきましょう。

XMのリアル口座の開設がまだ済んでいない方は「XMの口座開設方法と操作手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。

実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

XMのボーナスキャンペーン

XMTradingでは新規口座開設をするだけで取引に使える13,000円分のボーナスを配布中

通常3,000円のボーナスが大幅に増額されている今がチャンスです。

ボーナス自体の出金はできませんが、ボーナスを使って稼いだ利益は無制限に出金可能

さらに!入金額に応じて最大10,500ドル(約130万円)のボーナスがもらえる入金ボーナスキャンペーンも。
※対象はスタンダード口座、マイクロ口座のみ

資金2倍ボーナスを活用してFXトレードを有利に進めましょう!

\海外FXで人気No.1!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

>>>XMのボーナスの詳細はこちら

XMって実際どうなの?という方は「XMTrading(エックスエム)の評判・口コミまとめ」の記事を参考にしてください。実際にXMを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。

目次

XMの口座タイプ4種類の違い【比較表あり】

XMでは以下の4種類の口座タイプを用意しています。

XMの口座タイプ4種類

※リンクをタップすると詳細記事に遷移します。

各口座にはそれぞれ特徴があるので、トレードスタイルや目的ごとに使い分けることをおすすめします。

XMの各口座タイプの基本情報は以下の通りです。

違いがある箇所にはオレンジ色の下線を引いています。

項目スタンダード口座マイクロ口座
口座の基本通貨米ドル・ユーロ・日本円米ドル・ユーロ・日本円
1ロットの通貨単位100,000通貨1,000通貨
最大レバレッジ1,000倍1,000倍
スプレッド1.0pips~1.0pips~
取引手数料なしなし
スワップポイントありあり
最大保有ポジション200ポジション200ポジション
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)MT4:0.01ロット(10通貨)
MT5:0.1ロット(100通貨)
最大ロット数50ロット100ロット
口座開設ボーナスありあり
入金ボーナスありあり
最低入金額5ドル5ドル
ロスカット水準20%20%
両建て取引可能可能
複数口座の保有可能可能
取扱銘柄FX通貨ペア:55種類
貴金属CFD:4種類
株価指数CFD:24種類
コモディティCFD:8種類
エネルギーCFD:5種類
仮想通貨:31種類
FX通貨ペア:55種類
貴金属CFD:4種類
株価指数CFD:24種類
コモディティCFD:8種類
エネルギーCFD:5種類
仮想通貨:31種類
XMの口座タイプの比較表

ここからは4つの口座タイプの違いについてそれぞれ詳しく解説していきます。

  1. スプレッドと取引手数料の違い
  2. ボーナスの違い
  3. 最大レバレッジの違い
  4. 取引単位の違い
  5. スワップポイントの違い
  6. 取り扱い銘柄の違い

スプレッドと取引手数料の違い

まず最初は「スプレッドと取引手数料の違い」です。

以下はドル円のスプレッドと取引手数料を比較した表になります。

項目スプレッド取引手数料
スタンダード口座1.6pipsなし
KIWAMI極口座0.7pipsなし
ゼロ口座0.1pipsあり
(1ロットあたり往復10ドル)
マイクロ口座1.6pipsなし
ドル円のスプレッド・取引手数料比較表

スプレッドだけで比較すると「ゼロ口座」が最小ですが、ゼロ口座のみ手数料が往復で10ドル(1.0pips)かかるのでスプレッドと取引手数料を合計したトータルコストは平均1.1pipsとなります。

このため実質的な取引コストは「KIWAMI極口座」がもっとも安いです。

スキャルピングや短期トレードなど取引回数が多いのであれば「KIWAMI極口座」、デイトレードであれば最大150万円の入金ボーナスがもらえる「スタンダード口座」がオススメです。

XMのスキャルピングの取引環境について、詳しくは別ページを参考にしてください。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

ボーナスの違い

続いて2つ目は「ボーナスの違い」です。

口座開設ボーナスはすべての口座で受け取ることができますが、その他の「KIWAMI極口座」と「ゼロ口座」は入金ボーナスとXMポイントを受け取ることができません。

項目口座開設ボーナス入金ボーナスXMポイント
スタンダード口座ありありあり
KIWAMI極口座ありなしなし
ゼロ口座ありなしなし
マイクロ口座ありありあり
XMの口座タイプごとのボーナス比較表

「KIWAMI極口座」と「ゼロ口座」はボーナスに制限がありますが、その分スプレッドを狭く設定して、「スタンダード口座」・「マイクロ口座」よりも取引コストを抑えています。

XMのボーナス種類やキャンペーン内容は別ページにまとめています。

最大レバレッジの違い

続いて3つ目は「最大レバレッジの違い」です。

XMでは最大レバレッジ1,000倍でトレードできますが、「ゼロ口座」のみ最大レバレッジが500倍となっています。

項目最大レバレッジ
スタンダード口座1,000倍
KIWAMI極口座1,000倍
ゼロ口座500倍
マイクロ口座1,000倍
XMの口座タイプごとの最大レバレッジ比較表

最大レバレッジ1,000倍とは、入金した資金の1,000倍までの取引が可能になるということです。つまり、レバレッジが大きいほど少ない資金(証拠金)でトレードができるようになります。

ドル円(USDJPY)が140円の場合、1ロット(10万通貨)をトレードするために必要な証拠金は以下の通りです。

レバレッジ必要証拠金
1倍14,000,000円
10倍1,400,000円
100倍140,000円
500倍28,000円
1,000倍14,000円
XMレバレッジごとの必要証拠金

最大レバレッジ1,000倍であれば、証拠金は14,000円で利用できますが、レバレッジが500倍になると倍の金額の26,000円が必要となります。

ただし、最大レバレッジでのトレードは、少額の資金でも大きな利益が得れるので魅力的ですが、その分損切り幅が狭くなるので難易度は高くなります。

XMの最大レバレッジは2022年6月より、888倍→1,000倍に上限が変更されました。

取引単位の違い

続いて4つ目は「取引単位の違い」です。

XMの1ロットはスタンダード口座、KIWAMI極口座、ゼロ口座で10万通貨が基準となっています。

唯一マイクロ口座のみ1,000通貨です。

項目1ロットの通貨単位最小ロット数
スタンダード口座100,000通貨0.01ロット(1,000通貨)
KIWAMI極口座100,000通貨0.01ロット(1,000通貨)
ゼロ口座100,000通貨0.01ロット(1,000通貨)
マイクロ口座1,000通貨MT4:0.01ロット(10通貨)
MT5:0.1ロット(100通貨)
XMの1通貨単位の比較表

最小ロットの0.01は、「スタンダード」・「KIWAMI極」・「ゼロ」では1,000通貨、「マイクロ口座」では10通貨となります。

スワップポイントの違い

続いて5つ目は「スワップポイントの違い」です。

「スタンダード」・「マイクロ」・「ゼロ」では、スワップポイントを受け取ることができますが、「KIWAMI極」では一部の銘柄を除き受け取ることができません。

項目スワップポイントの有無
スタンダード口座あり
KIWAMI極口座なし(一部の銘柄を除く)
ゼロ口座あり
マイクロ口座あり
XMの口座タイプごとのスワップポイント比較表

スワップポイントとは、取引する通貨間の「金利の差」のことです。

実際にドル円(USDJPY)をスタンダード口座で1ロット保有した場合を紹介します。

通貨ペアドル円(USDJPY)
買いポジション+1,306円
売りポジション-2074円
ドル円のスワップポイント

上記のように、スワップポイントがある口座でドル円を買いポジションで保有していた場合は、毎日1,306円プラスになっていきますが、売りポジションで保有していた場合には、2,074円の損失が発生します。

「KIWAMI極口座」のスワップフリーとは、上記のスワップポイントが発生しないことを指します。

スワップフリーのメリット

・スワップポイントによる損失を無くすことができる。

→ドル円を売りポジションで長期的に保有していてもスワップポイントによる損失(-2,074円)が発生しません。

スワップフリーのデメリット

・スワップポイントによるプラス分を受け取ることができない。

→ドル円を買いポジションで保有していても、プラス分の1,306円を受け取ることができません。

スワップフリーは、長期的に保有すればするほど、他の口座とプラス面でもマイナス面でも差が出ます。

スワップポイントがプラスの通貨ペアであれば、「スタンダード口座」で、マイナスの通貨ペアであれば「KIWAMI極口座」で保有するのも1つの手段です。

各通貨のスワップポイントは、「XM公式サイト」→「FXを学ぶ」→「FX計算ツール」→「スワップ計算ツール」から確認できます。

XMのスワップポイントの仕組みや一覧は別ページにまとめているので、参考にしてください。

取り扱い銘柄の違い

続いて5つ目は「取り扱い銘柄の違い」です。

XMのゼロ口座では「USDCNH(米ドル・中国元)」のみ取り扱っていません。また、貴金属・株価指数・コモディティ・エネルギー・仮想通貨もトレードできません。

KIWAMI極口座は、貴金属・株価指数・コモディティ・エネルギーのトレードができません。

スクロールできます
項目スタンダードKIWAMI極ゼロマイクロ
FX
通貨ペア
55種類55種類54種類55種類
貴金属
CFD
4種類4種類4種類4種類
株価指数
CFD
24種類24種類
コモディティ
CFD
8種類8種類
エネルギー
CFD
5種類5種類
仮想通貨31種類31種類31種類
XMの口座タイプごとの取り扱い銘柄比較表

スタンダード・マイクロ口座はすべての銘柄をトレードすることができます。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの口座タイプおすすめはスタンダード口座

項目スタンダード口座
口座の基本通貨米ドル・ユーロ・日本円
1ロットの通貨単位100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍
スプレッド1.0pips~
取引手数料なし
スワップポイントあり
最大保有ポジション200ポジション
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)
最大ロット数50ロット
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスあり
最低入金額5ドル
ロスカット水準20%
両建て取引可能
複数口座の保有可能
注文方式STP口座
取扱銘柄FX通貨ペア:55種類
貴金属CFD:4種類
株価指数CFD:24種類
コモディティCFD:8種類
エネルギーCFD:5種類
仮想通貨:31種類
XMのスタンダード口座の特徴

XMでおすすめのスタンダード口座の特徴ついて解説していきます。

  1. 入金ボーナスがある口座タイプ
  2. 最大レバレッジ1,000倍
  3. 約定力が業界トップクラス
  4. スプレッドはやや広いのでデイトレードがおすすめ

それぞれ順番に解説していきます。

入金ボーナスがある口座タイプ

まず最初の特徴は、「入金ボーナスがある口座タイプ」であることです。

XMの入金ボーナスは、「スタンダード口座」と「マイクロ口座」の2種類のみが対象です。

入金ボーナスを利用するメリットは主に2つあります。

入金ボーナスを利用するメリット
  • 有効証拠金を増やすことができるので、大きくロットを張ることができる
  • 証拠金維持率を上げて、損切り幅を広く設定することができる

上記のように、入金ボーナスを利用することで、「有効証拠金」・「証拠金維持率」を増やすことができるので、初心者や低資金でもトレードを始めることができます。

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは保有できるロット数のみなので特別なこだわりがない限り、スタンダードをおすすめします。

最大レバレッジ1,000倍

続いて2つ目の特徴は「最大レバレッジ1,000倍」です。

業者名最大
レバレッジ
ボーナス
XMTrading
(スタンダード口座)
1,000倍あり(常時開催)
Exness
(スタンダード口座)
無制限(21億倍)なし
Gemforex
(オールインワン口座)
1,000倍あり(抽選)
Titan FX
(Zeroスタンダード口座)
500倍なし
AXIORY
(スタンダード口座)
400倍なし
各社の最大レバレッジとボーナスの有無

XMのスタンダード口座は、他の人気海外FX業者のスタンダードな口座と比べても、「最大レバレッジ」・「ボーナス」で非常に使いやすい仕様になっています。

最大レバレッジでは、Exness(エクスネス)には劣りますが、ボーナス面では唯一の常時開催となっており、1番バランスが取れている口座タイプです。

約定力が業界トップクラス

続いて3つ目の特徴は「約定力が業界トップクラス」であることです。

XMは注文の99.35%を1秒以内に約定させており、リクオートや約定拒否もありません。

XMでは透明性の高いNDD方式を採用しており、スリッページや約定拒否が発生しにくくなっています。

NDD方式とは顧客の注文をFX業者を介さずにインターバンクと直接取引する方式です。FX業者に取引コントロールされないので、非常に透明性が高く約定までのタイムラグが少ない取引方法です。

スプレッドはやや広いのでデイトレードがおすすめ

続いて4つ目の特徴は「スプレッドはやや広いのでデイトレードがおすすめ」であることです。

スクロールできます
業者名ドル円
(USDJPY)
ユーロ円
(EURJPY)
ポンド円
(GBPJPY)
ゴールド
(XAUUSD)
XMTrading
(スタンダード口座)
1.52.13.22.5
Exness
(スタンダード口座)
1.11.92.02.0
Gemforex
(オールインワン口座)
1.72.82.83.1
Titan FX
(Zeroスタンダード口座)
1.331.742.452.33
AXIORY
(スタンダード口座)
1.71.72.42.9
各社スタンダード口座のスプレッド比較

XMのスタンダード口座は、他の人気海外FX業者に比べてメジャーな通貨ペアのスプレッドが広めに設定されています。

スプレッドの広さは、トレード回数が増えるほど影響するので、トレード回数の多いスキャルピングトレードには不向きです。

反対にトレード回数の少ないデイトレードであれば、スプレッドの影響をあまり受けることはありません。

総額130万円超えの豪華ボーナスあり!

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの口座タイプの基礎知識

XMの口座タイプの覚えておきたい基礎知識を3つ紹介します。

  1. XMの口座タイプを変更したい場合は追加口座を作る
  2. 基本的に1ロット=10万通貨
  3. 口座数は1人あたり最大8口座まで

それぞれ順番に解説していきます。

XMの口座タイプを変更したい場合は追加口座を作る

まず最初の基礎知識は、「XMの口座タイプを変更したい場合は追加口座を作る」です。

XMでは、口座タイプを変更することはできません。

口座タイプを変更したい場合には追加口座を開設する必要があります。

XMで追加口座を開設する方法は別ページに画像付きでまとめているので参考にしてください。

基本的に1ロット=10万通貨

続いて2つ目の基礎知識は「基本的に1ロット=10万通貨」であることです。

先ほども紹介しましたが、XMの1ロットは10万通貨に設定されています。(マイクロ口座のみ1,000通貨)

業者名1ロットあたりの通貨量
XM100,000通貨
国内FX業者10,000通貨
国内外の基本通貨量

一方で国内FX業者の1ロットは、1万通貨となっています。つまり、XMの10分の1となります。

国内FX業者からXMへ乗り換えた場合に、国内FX業者と同じ感覚で1ロットのポジションを保有すると、XMでは10倍の利益・損失が発生するので注意してください。

口座数は1人あたり最大8口座まで

続いて3つ目の基礎知識は「口座数は1人あたり最大8口座まで」あることです。

XMでは、1アカウントにつき最大8口座までしか開設することができません。

万が一口座タイプを変更したい場合には、以下の「削除方法」を参考に不要な口座を解約してから追加口座を開設しましょう。

口座の解約方法
  1. マイページにログイン
  2. 「マイアカウントの概要」の「アクション」のプルダウンを選択し、「口座を解約する」をクリック
  3. 「取引口座を解約する」をクリック
  4. 「XMTradingの口座解約」というメールが届くので「取引口座を解約する」をクリック

上記の方法を行えば任意の口座を解約することができます。

ただし解約時の注意点として、以下の3つの条件をクリアしておく必要があります。

XM口座解約時の注意点

・出金中の資金、残高、資金振替がない

・ポジションを保有していない

・ポジションの決済・資金振替から24時間以上経過している

上記の条件をすべてクリアしていないと解約できないので、解約前に確認しておきましょう。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの口座タイプの変更方法

XMの口座タイプの変更方法(追加口座の開設方法)を紹介します。

追加口座の開設方法
STEP
マイページにログインする

XM公式サイトから「マイページにログイン」します。

STEP
追加口座開設を選択する

マイページ上部の「口座」→「追加口座開設」を選択します。

XM追加口座開設01
XM追加口座開設01
STEP
各種必要情報を入力する

取引口座詳細・パスワードを順番に入力、選択し最後に確認にチェックをして「リアル口座開設」をクリックします。

XM追加口座開設02
XM追加口座開設02

各項目の入力内容は以下の通りです。

入力・選択項目内容
取引プラットフォームタイプMT5・MT4のどちらかを選択
口座タイプ「スタンダード口座」・「マイクロ口座」・「KIWAMI極口座」・「ゼロ口座」の中から開設したい口座タイプを選択
口座の基本通貨EUR(ユーロ円)・USD(米ドル)・JPY(日本円)から証拠金にする通貨を選択
レバレッジ希望するレバレッジを選択する
口座ボーナス「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選択します
パスワード任意のパスワードを設定します
追加口座開設時の入力・選択事項
STEP
メールを確認

「リアル口座開設」をクリックすると上記の画面が表示されます。

登録しているメールアドレスに「お口座の詳細」というメールが届けば追加口座の開設は完了です。

「マイページ」の「アカウントの概要」に口座が追加されています。

XMのKIWAMI極口座がおすすめの人の特徴

項目KIWAMI極口座
口座の基本通貨米ドル・ユーロ・日本円
1ロットの通貨単位100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍
スプレッド0.6pips~
取引手数料なし
スワップポイントなし(一部の銘柄を除く)
最大保有ポジション200ポジション
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)
最大ロット数50ロット
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスなし
最低入金額5ドル
ロスカット水準20%
両建て取引可能
複数口座の保有可能
注文方式STP口座
取扱銘柄FX通貨ペア:55種類
貴金属CFD:4種類
仮想通貨:31種類
XMのKIWAMI極口座の特徴

XMのKIWAMI極口座がおすすめの人の特徴を3つ紹介します。

  1. 低スプレッドで取引したい人
  2. スワップフリーで長期トレードしたい人
  3. KIWAMI極口座のデメリットはボーナスとスワップ

それぞれ順番に解説していきます。

低スプレッドで取引したい人

まず最初の特徴は「低スプレッドで取引したい人」です。

スクロールできます
通貨ペアスタンダードKIWAMI極ゼロマイクロ
ドル円
(USDJPY)
1.50.61.1
(0.1+$10)
1.5
ユーロ円
(EURJPY)
2.31.21.4
(0.4+$10)
2.3
ポンド円
(GBPJPY)
3.61.42.2
(1.2+$10)
3.6
ゴールド
(GOLD)
3.51.51.2
(0.2+$10)
3.5
XM各口座タイプの主要通貨ペアのスプレッド・手数料一覧

「KIWAMI極口座」は、XMの全口座の中で一番取引コストを抑えることができます。

スプレッド自体は、「ゼロ口座」の方が狭いですが、往復10ドルの取引手数料が発生するので、トータル的には「KIWAMI極口座」の方が低いと言えます。

スワップフリーで長期トレードしたい人

続いて2つ目の特徴は「スワップフリーで長期トレードしたい人」向きであることです。

「KIWAMI極口座」は、一部の銘柄を除きスワップポイントが発生しないスワップフリーとなっています。

スワップフリーであれば、マイナススワップの通貨ペアでも発生する損失を回避することができます。

ポンドドル(GBPUSD)を1ロットを長期的に保有した場合のスワップポイントを「スタンダード口座」と「KIWAMI極口座」で比較してみます。

通貨ペア買いポジション売りポジション
スタンダード口座-925円-91円
KIWAMI極口座0円0円
ドル円のスワップポイント比較

スタンダード口座では、1日保有しているだけで買いポジションで「925円」、売りポジションで「91円」の損失が発生します。

反対にKIWAMI極口座では、スワップフリーなので買い・売りどちらのポジションを保有していても損失は発生しません。

各通貨のスワップポイントは、「XM公式サイト」→「FXを学ぶ」→「FX計算ツール」→「スワップ計算ツール」から確認できます。

KIWAMI極口座のデメリットはボーナスとスワップ

続いて3つ目の特徴は「KIWAMI極口座のデメリットはボーナスとスワップ」です。

項目入金ボーナススワップポイント
スタンダード口座ありあり
KIWAMI極口座なし一部なし
ゼロ口座なしあり
マイクロ口座ありあり
XMの口座タイプごとのボーナスと取引方式比較表

XMの「KIWAMI極口座」は、他の口座よりもトータルコストを抑えることができますが、入金ボーナスを利用することができません。

また、主要銘柄はスワップフリーでプラススワップがもらえません。

スワップよりも値幅で稼ぎたい方には最適な口座タイプです。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのゼロ口座がおすすめの人の特徴

項目ゼロ口座
口座の基本通貨米ドル・ユーロ・日本円
1ロットの通貨単位100,000通貨
最大レバレッジ500倍
スプレッド0.0pips~
取引手数料あり
(1ロットあたり往復10ドル)
スワップポイントあり
最大保有ポジション200ポジション
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)
最大ロット数50ロット
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスなし
最低入金額5ドル
ロスカット水準20%
両建て取引可能
複数口座の保有可能
注文方式STP口座
取扱銘柄通貨ペア:54
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
【合計】95種類
XMのゼロ口座の特徴

XMのゼロ口座がおすすめの人の特徴を2つ紹介します。

  1. コストを抑えつつスワップポイントで稼ぎたい人
  2. ゼロ口座のデメリットは業界最高額の取引手数料とボーナス

それぞれ順番に解説していきます。

コストを抑えつつスワップポイントで稼ぎたい人

ゼロ口座は元祖取引コストが安い口座タイプです。

2022年の10月に新しくKIWAMI極口座が誕生してからは、コストだけで選ぶならKIWAMI極口座がベストになりました。

一方でKIWAMI極口座は主要銘柄がスワップフリーのため、スワップポイントで稼ぎにくい弱点があります。

コストを抑えつつスワップポイントで稼ぎたい方には引き続きゼロ口座がおすすめの口座タイプです。

ゼロ口座のデメリットは業界最高額の取引手数料とボーナス

続いて3つ目の特徴は、「ゼロ口座のデメリットは業界最高額の取引手数料とボーナス」です。

業者名取引手数料(往復)ボーナス
XMTrading
(ゼロ口座)
10ドルなし
Exness
(ゼロ口座)
0.4ドルなし
Gemforex
(ロースプレッド口座)
無料なし
Titan FX
(Zeroブレード口座)
7ドルなし
AXIORY
ナノスプレッド口座)
6ドルなし
各社ECN口座のスプレッド比較

上記は、人気海外FX業者のECN口座での手数料を比較したものです。

XMのゼロ口座はどの口座と比べてもダントツで取引手数料が高く設定されています。

また、ボーナスにおいても他社と同様に対象外であるので、どうしてもXMを使いたい場合を除けば、他の業者を利用する方が取引コストを抑えることができます

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのマイクロ口座がおすすめの人の特徴

項目マイクロ口座
口座の基本通貨米ドル・ユーロ・日本円
1ロットの通貨単位1,000通貨
最大レバレッジ1,000倍
スプレッド1.0pips~
取引手数料なし
スワップポイントあり
最大保有ポジション200ポジション
最小ロット数0.01ロット(MT4)10通貨
0.1ロット(MT5)100通貨
最大ロット数100ロット
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスあり
最低入金額5ドル
ロスカット水準20%
両建て取引可能
複数口座の保有可能
注文方式STP口座
取扱銘柄FX通貨ペア:55種類
貴金属CFD:4種類
株価指数CFD:24種類
コモディティCFD:8種類
エネルギーCFD:5種類
仮想通貨:31種類
XMのマイクロ口座の特徴

XMのマイクロ口座がおすすめの人の特徴を3つ紹介します。

  1. 数百円からXMを使いたい人
  2. 長期目線で利益を狙いたい人
  3. デメリットは資金10万円以上の取引効率が悪いこと

それぞれ順番に解説していきます。

数百円からXMを使いたい人

まず最初の特徴は「数百円からXMを使いたい人」です。

項目1ロットの通貨単位最小ロット数
スタンダード口座100,000通貨0.01ロット(1,000通貨)
KIWAMI極口座100,000通貨0.01ロット(1,000通貨)
ゼロ口座100,000通貨0.01ロット(1,000通貨)
マイクロ口座1,000通貨・0.01ロット(MT4)10通貨
・0.1ロット(MT5)100通貨
XMの1通貨単位の比較表

XMの「マイクロ口座」は他の3つの口座タイプに比べて1ロットあたりの通貨量が1,000通貨と非常に低く設定されています。

他の口座タイプは最小ロット数が1,000通貨ですが、マイクロ口座は10通貨となっているので少ない資金でもトレードをすることができます。

10通貨からトレードができるので、スタンダード口座などではできない細かいロット設定をすることもできます。

長期目線で利益を狙いたい人

続いて2つ目の特徴は、「長期目線で利益を狙いたい人」です。

マイクロ口座では他の口座と比べると、小ロットでのトレードしかできないので利益も少ないですが、その分損失額も抑えることができます。

トレード経験を積みたい方や、ついつい不利な状況でもトレードしてしまう方にはおすすめの口座です。

デメリットは資金10万円以上の取引効率が悪いこと

続いて3つ目の特徴は「デメリットは資金10万円以上の取引効率が悪いこと」です。

項目1ロットの通貨単位最大ロット数
スタンダード口座100,000通貨50ロット
KIWAMI極口座100,000通貨50ロット
ゼロ口座100,000通貨50ロット
マイクロ口座1,000通貨100ロット
XMの1通貨単位の比較表

「マイクロ口座」の最大ロット数は100ロットと一見大きく見えますが、そもそも1ロットが1,000通貨なので100ロット保有しても他の口座の1ロット分です。

マイクロ口座:1ロット(1,000通貨)×100(最大ロット数)=100,000通貨=スタンダード等の1ロット

ある程度の資金があると、非常に取引効率が悪くなります。

ドル円(USDJPY)をスタンダード口座とマイクロ口座で各ロットでトレードした時に、10pipsの利益が出た場合は以下のようになります。

ロットマイクロ口座スタンダード口座
0.01ロット1円100円
1ロット100円10,000円
50ロット5,000円500,000円
100ロット10,000円
スタンダード口座・マイクロ口座のポジション数比較

上記のようにマイクロ口座で最大ロットの100ロット保有しても、スタンダード口座の1ロット分と同じ利益しか稼げないので資金に余裕ができたら、他の口座へ移行することをおすすめします。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの口座タイプに関する注意点

XMの口座タイプに関する注意点を5つ紹介します。

  1. ゼロ口座では仮想通貨トレードができない
  2. ゼロ口座はCFD取引の対象外
  3. EAによる自動売買は全口座タイプで可能
  4. 口座開設ボーナスがもらえるのは最初の口座のみ
  5. 口座タイプは後から変更できない

それぞれ順番に解説していきます。

ゼロ口座では仮想通貨トレードができない

まず最初の注意点は、「ゼロ口座では仮想通貨トレードができない」ことです。

XMの「ゼロ口座」は、他の3つの口座タイプでトレードできる仮想通貨をトレードすることができません。

仮想通貨をトレードする予定がないのであれば、特に問題はありません。

ゼロ口座はCFD取引の対象外

続いて2つ目の特徴は「ゼロ口座はCFD取引の対象外」です。

スクロールできます
項目スタンダードKIWAMI極ゼロマイクロ
FX
通貨ペア
55種類55種類54種類55種類
貴金属
CFD
4種類4種類4種類4種類
株価指数
CFD
24種類24種類
コモディティ
CFD
8種類8種類
エネルギー
CFD
5種類5種類
仮想通貨31種類31種類31種類
XMの口座タイプごとの取り扱い銘柄比較表

XMの「ゼロ口座」は、貴金属CFDを除く「株価指数CFD」・「コモディティCFD」・「エネルギーCFD」3つのCFDをトレードすることができません。

先ほど紹介した仮想通貨同様に、FX通貨ペアや貴金属をメインにトレードするのであれば特に問題はありません。

EAによる自動売買は全口座タイプで可能

続いて3つ目の特徴は「EAによる自動売買は全口座タイプで可能」です。

XMは、すべての口座タイプでEAによる自動売買の利用することができます。

他の一部の海外FX業者では、EAの利用を禁止しているところもありますが、XMではEAによる自動売買を禁止していないので安心してトレードすることができます。

口座開設ボーナスがもらえるのは最初の口座のみ

続いて4つ目の特徴は「口座開設ボーナスがもらえるのは最初の口座のみ」です。

XMの「口座開設ボーナス」を受け取ることができるのは最初の1回のみです。4種類の口座タイプすべてが口座開設ボーナスの対象になります。

ただし、一度でもボーナスを受け取っていると、どの口座を開設してもボーナスの対象外となります。

口座を開設してもボーナスを受け取れない場合には、過去にボーナスを受け取っていないか確認してみましょう。

口座タイプは後から変更できない

続いて5つ目の特徴は「口座タイプは後から変更できない」です。

XMでは、一度開設した口座タイプを変更することはできません。

別の口座タイプを使用したい場合には、「追加で口座を開設」することで問題を解決することができます。

追加口座の開設方法は、「XMの口座タイプの変更方法」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

\無料の口座開設で13,000円ゲット!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの口座タイプに関するよくある質問

最後にXMの口座タイプに関するよくある質問を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

XMで口座タイプを変更する方法を教えてください。

XMでは1度開設した口座タイプを変更することはできません。ただし追加口座を開設することで口座タイプを変更することができます。詳細は、「XMの口座タイプの変更方法」を参考にしてみてください。

XMの口座タイプの違いを教えてください。

XMの口座タイプにはそれぞれ違いがあります。「XMの口座タイプ4種類の違いを比較」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

XMのおすすめの口座タイプを教えてください。

XMのおすすめ口座タイプはスタンダード口座です。初心者でも使いやすく、入金ボーナスの対象でもあるので効率的に利益を狙うことができます。

XMの各口座のスプレッドを教えてください。

XMのドル円スプレッドは、スタンダード口座:1.6pips、KIWAMI極口座:0.7pips、ゼロ口座0.1pips、マイクロ口座:1.6pipsです。ただし、ゼロ口座は別途約1.0pips分の取引手数料がかかるため、取引コストに加味して考えましょう。

XMで開設できる口座数を教えてください。

XMでは1アカウントにつき最大で8口座まで開設することができます。

XMのボーナスキャンペーン

XMTradingでは新規口座開設をするだけで取引に使える13,000円分のボーナスを配布中

通常3,000円のボーナスが大幅に増額されている今がチャンスです。

ボーナス自体の出金はできませんが、ボーナスを使って稼いだ利益は無制限に出金可能

さらに!入金額に応じて最大10,500ドル(約130万円)のボーナスがもらえる入金ボーナスキャンペーンも。
※対象はスタンダード口座、マイクロ口座のみ

資金2倍ボーナスを活用してFXトレードを有利に進めましょう!

\海外FXで人気No.1!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

>>>XMのボーナスの詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次