【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMはスプレッド広すぎて勝てないはもう古い!2024年の勝ち方のコツ

"XMは勝てない"はもう古い|スプレッドのせいにしない考え方と勝ち方

XMTrading(エックスエム)でトレードすると勝てないと感じる主な原因は、多くのトレーダーが利用しているスタンダード口座のスプレッドの広さによるものです。

スタンダード口座のドル円の平均スプレッドは1.6pips。

その数字だけ見ると、XMTradingと同様に透明性の高い取引方式「NDD方式」を採用している国内FX業者のスプレッドと比べるとかなり広い水準です。

FX業者ドル円のスプレッド
XMTrading
スタンダード口座
1.6pips
AvaTrade
MT4口座
1.0pips
OANDA
Tokyo srv口座
0.6pips
XMTradingのスプレッドを比較

しかし、XMTradingには独自のポイントシステムである「XMポイント」があり、キャッシュバックを利用することで実質的な取引コストは国内FX業者と遜色ないレベルに抑えられます

また、2022年10月に新しく登場した低スプレッドのKIWAMI極口座では、スタンダード口座の半分以下のスプレッドで、最大レバレッジ1,000倍のまま取引可能です。

XMTradingで勝てないと感じている方やこれからXMTradingを使うに当たって不安が残っている方は、XMポイントやKIWAMI極口座を利用して勝ちやすい環境を整えましょう!

XMのリアル口座の開設がまだ済んでいない方は「XMの口座開設方法と操作手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。

実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

この記事をまとめると!
  • XMは基本的にデイトレード〜スイングトレードが勝ちやすい業者
  • スタンダード口座のスプレッドは広いものの、XMポイントというキャッシュバックを考慮すると実質取引コストは安い
  • スキャルピングで勝てない方はスプレッドの狭いKIWAMI極口座を使ってみよう
  • 既存ユーザーがKIWAMI極口座を使うにはXMで追加口座を開設
  • 業界トップクラスの低スプレッド×ハイレバで短期勝負したい方には、レバレッジ無制限のExnessがおすすめ
XMのバナー

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMって実際どうなの?という方は「XMTrading(エックスエム)の評判・口コミまとめ」の記事を参考にしてください。実際にXMを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。

目次

XMは勝てないは古い?スプレッドに関する問題

XMTrading(エックスエム)はスプレッドが広いから勝てないといった口コミをSNSで見かけることがあります。

実は「XM=スプレッドが広い」といった情報は古く、最新の情報と異なる場合が多いです。

ここでは、XMTradingのスプレッドが広いこととトレードで勝てない問題について、下記のポイントで解説します。

XMはスプレッドが広いから勝てない“と言われる原因

まずは「XMはスプレッドが広いから勝てない」と言われる理由から正しく理解しておきましょう。

下記のグラフは、同時刻のスプレッド変動をXMTradingと国内FXで比較したものです。

XMと国内FXのスプレッド変動
※出典元:リアルタイム スプレッド比較 | Myforex™(マイフォレックス)

XMTradingと同じく機械的に注文が処理される「NDD方式」を採用する国内FXとスプレッドを比較しました。

同じ発注方式の業者と比較することで、実際にXMTradingのスプレッドが同じ系統の他社と比べて広いのかを確認することが可能です。

NDD方式とは、ディーラーが介入せずに取引システムが機械的に注文を処理する方式で約定力の高さが強みです。一方で、国内FXに多いDD方式は、ディーラーの介入によって低スプレッドが提示しやすいですが、約定力が落ちやすくなります。また、DD方式では注文処理が追い付かないためスキャルピング制限も多いです。

XMTradingでスプレッドが広がるタイミングは、他の業者でも同じくスプレッドが広がっています。XMはスプレッドが原因で勝てないと言われるのは、スプレッドの広がりやすさについて言われているわけではないことが分かります。

つまり、平均スプレッドが国内FXと比べて広いことが「XMで勝てない」と言われる原因ということになります。

ロイヤルティプログラムで取引コストは最安

XMTradingの平均スプレッドは確かに国内FXと比べて広いものの、実質的な取引コストは最安クラスです。

なぜなら、XMTradingは独自のロイヤルティプログラム(キャッシュバック)で「1ロット当たり最大で約888円のボーナス」が受け取れるからです。

XMのロイヤルティプログラム
※出典元:XMTRADINGロイヤルティプログラム

XMTradingのロイヤルティプログラムとは、取引毎にXMポイントが自動で貯まり、トレード資金として使えるクレジットと交換ができる取引ボーナスになります。

FX業者ドル円のスプレッド取引コスト(実質コスト)
XMTrading
スタンダード口座
1.6pips1,500円
(実質コスト:約700円)
AvaTrade
MT4口座
1.0pips1,000円
(ボーナス無し)
OANDA
Tokyo srv口座
0.6pips600円
(ボーナス無し)
XMTradingの実質コストを比較

XMポイントは、1ロット当たり最大で約888円(約0.8pips相当)と交換が可能です。

XMTradingはXMポイントを加味すれば、実質的な取引コストは国内FXと比べても最安クラスに改善できます。

KIWAMI極口座の登場でスプレッド問題は解決

2022年10月以前までは、以下のようにXMTradingのスプレッドが広いといった口コミは多く見受けられました。

とは言え、2022年10月以降は低スプレッド&取引手数料無料の「KIWAMI極口座」の誕生でスプレッド問題は解決されています。

スクロールできます
通貨ペアスタンダード口座KIWAMI極口座ゼロ口座
(往復手数料込み)
USDJPY
(ドル円)
1.6pips0.7pips1.1pips
EURJPY
(ユーロ円)
2.3pips1.2pips1.4pips
GBPJPY
(ポンド円)
3.6pips1.4pips2.2pips
XMの口座タイプ別スプレッド

KIWAMI極口座のスプレッドは、スタンダード口座の半分以下も狭くなっています。

現在はKIWAMI極口座で改善されているため、スプレッドが広いからXMで勝てないといった口コミは古い情報です。

この他、詳しいXMの口座タイプ比較については別ページを参考にしてください。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMのKIWAMI極口座のスプレッドやレバレッジ、対象ボーナス、メリット・デメリットなど詳しい特徴は以下の記事を参考にしてください。
関連記事:XMのKIWAMI極口座|メリットとデメリットを既存口座と比較

勝てないFX業者とは?

ここでは、勝てないFX業者の特徴について以下4つをご紹介します。

信頼性が低く、悪質な運営がされている勝てないFX業者を見分ける方法を覚えておきましょう。

金融ライセンスを取得していない

金融ライセンスを取得していないFX業者は、健全な運営がされていない可能性が高いと言えます。

なぜなら、金融ライセンスの認可を受けていれば、少なくとも最低限の安全基準を満たした運営だと評価できるからです。

  • Cysec(キプロス証券取引委員会)
  • FCA(英国金融行動監視機構)
  • ASIC(オーストラリア証券投資委員会)

数ある金融ライセンスの中でも、上記は特に厳格な審査基準で信頼性が高く評価されています。

XMTradingは、グループ全体で業界最難関の金融ライセンスを全て取得しており、世界的にも信頼の厚いFX業者です。

Cysec・FCA・ASICの管轄では、日本からの口座開設が受け付けられません。したがって、グループ会社が難関ライセンスを取得しているかが重要です。

約定力がなく不安定

約定力がなく不安定なトレード環境は、勝てないFX業者の典型的な例と言っても良いでしょう。

なぜなら、約定力が不安定だと、取引に関わる以下の問題が起こるリスクがあるからです。

約定力が原因でおこるトラブル例
  • 注文価格と約定価格に差(スリッページ)が起きる
  • 注文が通らない約定拒否(リクオート)が起きる
  • スキャルピングの制限が起きる

約定力が不安定だと、ポジションのエントリーだけでなく、相場が急変動しても適切な価格で決済できないといった致命的な問題も起きます。

XMTradingは、2010年以来、先駆けてリクオートなし、約定拒否なしの注文方針を採用しています。弊社では100%の注文執行を提供しており、全注文の99.35%を1秒未満で執行しております。

引用:XMTradingの執行方法

XMTradingでは「全注文の99.35%を1秒未満で執行、注文執行率100%」のトップクラスの約定力を備えています。

XMの約定力について詳しい説明は別ページで行なっています。興味があれば参考にしてください。

ノミ行為が行われている

口座で取引を行っても勝てないFX業者では、悪質な「ノミ行為」が行われている可能性もあります。

ノミ行為とは、FX業者が顧客の注文を受け取った際、実際には注文を約定させない行為のことです。

ノミ行為を行った場合、顧客が取引で負けた金額を自社の利益として呑み、逆に顧客が取引で勝った金額が自社の損失となります。

ノミ行為は、顧客利益と自社の利益が相反する仕組みです。

XMTradingでは、顧客の取引を取引システムが処理する方式(NDD方式)を採用しており、人為的な操作がないため安心です。

悪質な出金拒否を行っている

勝てないFX業者では、稼いだ利益が出金できない「悪質な出金拒否」が行われる可能性があります。

悪質な出金拒否の被害にあえば、取引で利益が発生しても手元に出金できません。

先にご紹介した、金融ライセンスの未認可、ノミ行為を行っているFX業者で悪質な出金拒否が起きるリスクが高いです。

XMTradingは、悪質な出金拒否が行えない金融ライセンスの管轄を受けており、SNSでも「XMの出金スピードが早い」と高く評価されています。

XMの出金拒否に関する実際の口コミは関連記事をご覧ください。

ストップ狩りを行うFX業者

ストップ狩りとは、機関投資家や大口トレーダーが一般の個人トレーダーが設定しているストップロス注文を狙って、一時的な急騰急落を起こす現象になります。

ストップ狩り自体は、健全な市場でも起きる値動きです。しかし、FX業者の中には悪意のある不正なレートを提示して、顧客に損をさせる悪質なストップ狩りが存在しています。

複数のFX業者でチャートを比較して、不自然なレートの動きが目立つ業者は、悪質なストップ狩りを行っている可能性があるため注意しましょう。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingの信頼性を徹底評価

ここでは、XMTrading(エックスエム)の信頼性に不安が残っている方へ、以下3つのポイントを解説していきます。

XMTradingの運営や認可を受けている金融ライセンスまで詳しくみてみましょう。

1,000万人が利用するXMグループ

XMTrading(エックスエム)とは、業界大手のXMグループが運営するアジア向けのブランドです。

XMグループ全体では、2023年時点で世界190か国に展開しており、1,000万人以上のクライアントを抱えています。

日本国内のFX業者だと、大手でも50~80万口座程度です。

利用者数の多さは、信頼してXMを利用しているユーザーが多いことの裏付けと言えるでしょう。

XMTradingの金融ライセンス

XMグループは、190か国以上から利用できるように、以下の金融ライセンスを取得して運営されています。

グループ会社の名称認可を受けている金融ライセンス
Trading Point of Financial Instruments Ltdキプロス証券投資委員会
(ライセンス番号:120/10
スペイン国家証券市場委員会
(ライセンス番号:2010157773
イタリア企業および取引委員会
(ライセンス番号:3046
ベリーズ国際金融サービス委員会
(ライセンス番号:000261/309
Trading Point of Financial Instruments UK Limited英国金融行動監視機構
(ライセンス番号:705428
TRADING POINT OF FINANCIAL INSTRUMENTS PTY LTDオーストラリア証券投資委員会
(ライセンス番号:443670
Trading Point of Financial Instruments Ltd.ドイツ連邦金融監督局
(ライセンス番号:10124161
XMグループの金融ライセンス(一部)

XMグループでは、日本の金融庁のベースとなったFCA(英国金融行動監視機構)を始め、難関金融ライセンスを全て取得しています。

  • Tradexfin Limited:セーシェル金融庁(ライセンス番号:SD010
  • Fintrade Limited:モーリシャス金融サービス委員会(ライセンス番号:GB20025835

日本から利用できるXMTradingに関しても、2社による共同運営で2つもの金融ライセンスを取得済みです。

日本の金融庁からの警告

XMTradingは、日本の金融庁より「無登録で金融商品取引業を行う者」として警告を受けたことがあります。

金融庁からの警告
引用:無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

金融庁からの警告に関しては事実であるものの、以下の3つは理解しておきましょう。

  • 海外に所在を置くFX業者は日本の法律・規制の対象外であること
  • 海外FX業者が日本居住者向けに直接勧誘することが禁止されている
  • 海外FX業者を日本居住者が利用することは問題がないこと

実は海外FX業者を利用すること、海外FX業者が日本居住者を受け入れること自体は特に問題ありません。

海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)

引用:金融庁

金融庁より公表されている通り、日本に拠点を置く場合は、日本の金融庁で登録を受けなければなりません。

日本の金融庁に登録するとレバレッジ25倍規制や、ゼロカットが提供できないといった問題があるため、海外FX業者は日本に拠点を置いていない背景があります。

XMが金融庁から警告されている経緯や背景について、詳しくは別ページも参考にしてみてください。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingで悪質なストップ狩りはない

ここでは、勝てないFX業者で話題になりやすい「ストップ狩り」について以下3つを解説します。

悪質な運営がされているFX業者で起きる、意図的にレートを操作するストップ狩りについて確認しておきましょう。

そもそもストップ狩りとは?

ストップ狩りとは、意図的に価格を操作して損切り注文(ストップロス注文)を約定させる行為のことです。

  • 悪質なFX業者によるストップ狩り:意図的に提示レートを大きく動かす行為
  • 機関投資家によるストップ狩り:大量の注文が約定され大きく価格が動く行為

ストップ狩りが発生する原因には、上記の2つが挙げられます。

勝てないと言われるFX業者では、意図的にストップ狩りを行い顧客の損失で自社の利益を得ようとするため注意が必要です。

XMはNDD方式で人為的な操作はない

XMTradingで意図的にストップ狩りが行われることはありません。

なぜなら、XMTradingでは人為的な操作が行われない「NDD方式(ノンディーリング・デスク方式)」を採用しているからです。

NDD方式では、顧客から受け取った注文を取引システムが処理します。

また、金融ライセンスによって健全な運営体制が求められるため、意図的にストップ狩りが行われることはないでしょう。

スリッページを対策することも重要

スリッページとは、注文価格と実際の約定価格に差が発生する現象です。

ストップ狩りのように、想定外の価格で約定すると取引の利益を逃したり、損失が拡大する可能性があります。

スリッページは発生しますか?
当社で取引される場合、スリッページはほとんど発生しません。しかし、特に重要な経済ニュースの発表時などは、市場価格の急騰または急落により、お客様の注文はリクエストされたものと異なるレートで執行される場合があります。

XMTradingでは、お客様の注文は可能な限り最良の市場価格で執行され、お客様に有利な場合もございます。

引用:XMTradingのヘルプセンター

とは言え、XMTradingでは「許容スリッページ」を取引プラットフォームから自由に設定可能です。

スリッページは、どのFX業者でも起きる現象なので、必要に応じて許容スリッページの設定を行いましょう。

許容スリッページの設定方法をみる
許容スリッページの設定方法
STEP
PC版のMT4・MT5を起動する

許容スリッページの設定は、PC版のMT4・MT5のみで行えます。まずは、XMTradingのPC版MT4・MT5を起動しましょう。

STEP
オプションを開く
許容スリッページの設定その1

PC版のMT4・MT5を起動しましたら、上部メニューから「ツール」→「オプション」を開きましょう。

STEP
許容スリッページを設定する
許容スリッページの設定その2

オプションでは「取引」のタブからスリッページの設定を行いましょう。

スリッページの設定は「By Default」を選択して右側の欄で許容するスリッページをポイント単位で設定します。

許容スリッページは狭いほど、注文通りの価格で約定させるため、極端な数値は約定拒否が起きる可能性が上がります。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingで出金拒否はある?

XMTrading(エックスエム)では、悪質な出金拒否はありません。

むしろ、海外FX業者の中でもXMTradingの出金は早いことで知られています。しかし、XMTradingも他社と同じく「利用規約に違反した場合に出金拒否」が行われます。

具体的に、XMTradingでは以下の禁止行為・禁止取引が出金拒否の対象となるので注意しましょう。

  • 複数口座間の両建て
  • 経済指標の発表前後だけを狙ったハイレバレッジ取引
  • 第三者名義の使用等によるボーナスの不正取得
  • AIなどXM非公認とツールを使った自動売買
  • サーバーに過剰な負荷を与える高頻度売買(HFT)

上記の禁止行為・禁止取引は、意図的に行わない限り、間違って起こることはありません。

XMTradingの禁止事項に違反した場合の罰則として出金拒否が行われます。

XMTradingの勝ち方とは?

ここでは、XMTrading(エックスエム)で勝てない方向けに「XMTradingで有利に取引するコツ」を5つご紹介します。

トレード資金を増やし、トレード知識を学び、有利な取引条件でXMTradingを使う方法を見てみましょう。

XMTradingの口座開設ボーナスを活用する

XMTradingで口座開設をする際は、まずスタンダード口座で13,000円相当の新規口座開設ボーナスを受け取りましょう。

新規口座開設ボーナスは、XMTradingのリアル口座の開設を完了するだけで13,000円相当のクレジットが貰えます。

クレジットは、トレード資金として利用でき、取引で得た利益は全て現金で出金が可能です。

つまり、自己資金なしでもFXで稼げるのがXMTradingの新規口座開設ボーナスになります。

XMTradingでは、新規口座開設ボーナスを含む以下3つのボーナスを開催しており、スタンダード口座が全ボーナス対象で最もお得に取引が可能です。

XMTradingで実施中のボーナスキャンペーン
  • 口座開設ボーナス:13,000円相当
  • 2段階入金ボーナス:最大10,500ドル相当
  • ロイヤルティプログラム:取引毎に上限無しのボーナス
  • 関連記事:XMのボーナス全種類まとめ

XMTradingの入金ボーナスは可能な範囲で使い切る

XMTradingで常に有利な資金力でトレードするには、可能な範囲で入金ボーナスを使い切ることをおすすめします。

なぜなら、XMTradingの入金ボーナスは満額受け取っても、不定期でリセットされるからです。

XMTradingでは、以下の2段階で入金ボーナスを実施しているため、累計50,500ドル相当(約700万円)の入金までボーナスが受け取れます。

  • 1段階目の入金ボーナス:ボーナス合計500ドル相当を上限に入金額の100%相当のボーナス
  • 2段階目の入金ボーナス:ボーナス合計10,000ドル相当を上限に入金額の20%相当のボーナス

無理のない範囲で入金ボーナスを多く受け取ることで、ボーナスがリセットされた時に無駄なく追加のトレード資金が調達できるのでおすすめです。

XMTradingでスプレッドの狭い通貨ペアを取引する

XMTradingでスプレッドの狭い通貨ペアを取引することも取引で勝ちやすくなる1つの要因になります。

なぜなら、XMTradingのスプレッドは通貨ペアによって、実は狭い場合があるからです。

例えば、メジャー通貨ペアの中でも以下の通貨ペアに関しては、同じ他社のスタンダード口座と比べても決して広いスプレッドではありません。

スクロールできます
海外FX業者USDJPY
(ドル円)
EURUSD
(ユーロドル)
EURGBP
(ユーロポンド)
GBPJPY
(ポンド円)
XMTrading1.6pips1.6pips2.0pips3.6pips
FXGT1.9pips1.6pips2.4pips3.9pips
Exness1.7pips1.0pips2.1pips2.6pips
TitanFX1.7pips1.3pips1.7pips3.0pips
IS6FX2.1pips1.9pips2.9pips4.6pips
スタンダード口座のスプレッド比較

※その他の銘柄についてはXMのスプレッド一覧の記事をご覧ください。

また、XMTradingのスタンダード口座は、入金ボーナスや取引毎にクレジットと交換できるXMポイントが貯まります。

ボーナス面を踏まえると、実際はスプレッドの差以上にXMTradingはボーナスで取引コストが抑えやすいです。

XMTradingの口座タイプを使い分ける

XMTradingで勝てない方は、トレードスタイルに合った口座タイプを使い分けることをおすすめします。

なぜなら、XMTradingは口座タイプによって、最適なトレードスタイルが異なるからです。

XMTradingの口座タイプと特徴
  • マイクロ口座:1ロットが1,000通貨で小ロット取引に最適
  • スタンダード口座:全ボーナスの対象で海外FXデビューに最適
  • KIWAMI極口座:低スプレッド&スワップフリーで短期トレード全般に対応
  • ゼロ口座:取引手数料1ロット往復10ドルの超低スプレッドでスキャルピング&EAに最適

XMTradingでは、上記の口座タイプを追加口座で最大8口座まで開設できます。

例えば、デイトレードからスイングトレードなら、低スプレッドとスワップフリーのKIWAMI極口座がおすすめです。

また、自動売買(EA)も運用するなら、よりスプレッドが狭いゼロ口座を使うこともできます。

XMTrading主催の無料ウェビナーで学ぶ

XMTradingを使っていて、トレード資金も十分あるのに勝てない場合は「無料のウェビナー」がおすすめです。

XMTradingは、日本人の個人投資家が講師をつとめるオンライン上のセミナー(ウェビナー)を無料で定期的に開催しています。

XMTradingのウェビナーでは、初心者向けの基礎から中級者向けの実践的なトレードスキルまで学ぶことが可能です。

XMTradingのウェビナー 講義テーマ(一部)
  • FXと他の金融取引との圧倒的な違いと、交換レートについて
  • 交換レートの推移を表すローソク足
  • ローソク足で見る市場参加者の心理 最強の和製テクニカル指標
  • チャートに騙されるな!
  • サポート&レジスタンス 何故か意識されるポイントについて

無料で相場のプロから学び、XMTradingで勝てない現状を打開しましょう。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

どうしてもXMで勝てない人は取引環境を変えてみよう

XMTrading(エックスエム)で色々試してみたけど勝てない・・・といった方は、思い切って取引環境を変えることもおすすめです。

ここでは、下記のそれぞれ異なる取引環境を提供している海外FX業者を参考にご紹介します。

Exnessでレバレッジを引き上げる

XMTradingの最大1,000倍レバレッジでは勝てないといった方は、業界で最もレバレッジ倍率の高い「Exness(エクスネス)」がおすすめです。

Exnessでは、以下の条件を満たした口座で無制限レバレッジ(実質21億倍)を提供しています。

Exnessの無制限レバレッジの利用条件
  • 証拠金残高が1,000ドル相当以下
  • リアル口座で最低10回以上の取引を行う
  • リアル口座で合計5ロット以上の取引を行う

少額資金からレバレッジを効かせて取引したいなら、Exnessの無制限レバレッジが最適です。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessって実際どうなの?という方は「Exness(エクスネス)の評判・口コミまとめ」の記事を参考にしてください。実際にExnessを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。

FXGTでスプレッド(取引コスト)を下げる

XMTrading(エックスエム)のスプレッドが原因で勝てないといった方は、スプレッド(取引コスト)が低い「FXGT(エフエックスジーティー)」をおすすめします。

FXGTは、取引手数料が無料で低スプレッドのプロ口座と、1ロット片道3ドルの手数料で超低スプレッドのECN口座が優秀です。

スクロールできます
通貨ペアXMTrading
KIWAMI極口座
FXGT
プロ口座
FXGT
ECN口座
(往復手数料込み)
USDJPY
(ドル円)
0.7pips0.3pips0.7pips
EURJPY
(ユーロ円)
1.2pips0.6pips0.9pips
GBPJPY
(ポンド円)
1.4pips1.5pips1.7pips
EURUSD
(ユーロドル)
0.6pips0.5pips0.6pips
GBPUSD
(ポンドドル)
0.6pips0.4pips0.8pips
XMTradingとFXGTのスプレッド比較

FXGTとXMTradingで比べてみると、通貨ペアによってはXMTradingの半分以下の低スプレッドとなります。

XMTradingのスプレッドの広さで勝てない場合は、より低スプレッドなFXGTを試してみましょう。

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

海外FX業者の低スプレッドランキングについては別ページにまとめていますので、そちらも参考にしてください。

TitanFXで約定力を高める

XMTradingの約定力が原因で勝てない場合は、約定力の高さが強みの「TitanFX(タイタンエフエックス)」がおすすめです。

TitanFXは、金融機関との提携や通信設備を整え、機関投資家向けのトレード環境を提供しています。

Titan FXは複数のアセットクラスにおいてリクイディティ・プロバイダーと密接な関係を築いており、他のブローカーより幅広いアセットクラスで、より深いリクイディティの提供が可能となりました。

70種類以上のFX通貨ペア、株価指数CFD、貴金属、エネルギー商品(石油)を、約定遅延、リクオート、第三者による介入なく、ベストなプライスでお取引頂けます。

引用:TitanFX「Zero Pointテクノロジー:ゼロピップスプレッドとゼロレイテンシ

上記の通りに、通貨ペアだけでなく、各種CFDに関しても安定した約定力でスキャルピングや大口取引が可能です。

ロット数が多く、XMTradingの約定力に不安がある方は、TitanFXを試してみましょう。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次