【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

TitanFXのスプレッド一覧|手数料も含めて競合他社と比較

TitanFXのスプレッド一覧|手数料も含めて競合他社と比較まで解説

TitanFXは業界トップクラスに低スプレッドの業者として有名です。

特にブレード口座はスプレッドが狭く、取引手数料を加味してもスキャルピング用口座として活躍します。

古くから海外FX業者を利用しているトレーダーからの信頼が厚く「約定力の高さも考慮すると短期トレードならTitanFXと太鼓判を押す方も多いです。

そんなTitanFXに関してスプレッドや取引環境、高速トレードを実現するインフラなど詳しく見ていきましょう。

競合業者とのスプレッドや取引手数料を含めた実質取引コストも比較していきます。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

目次

TitanFXのスプレッドの特徴とは?

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)のスプレッドについて以下4つの特徴をご紹介します。

TitanFXの低スプレッドを実現する独自技術などの特徴をみてみましょう。

自動でスプレッドが最小化されるシステム

TitanFXでは、自動でスプレッドが最小化される「ZP-ASM(自動スプレッド最小化システム)」を採用しています。

Titan FX ZP-ASM独自のシステムが、ダークプール(プライベート・リクイディティ)やパブリックプールを含めた、全ての可能なリクイディティプールのレートとマーケットのボリュームを、1秒あたり数百万回比較します。そしてお客様の注文決済に最良のリクイディティ・プロバイダが自動的に抽出されます。

引用:TitanFX「Zero Pointテクノロジー:ゼロピップスプレッドとゼロレイテンシ

ZP-ASMは、TitanFXが提携する金融機関の提示価格を毎秒数百万回も比較して、常に最適なレート(スプレッド)を提示するシステムです。

TitanFXは、膨大なレートの比較を行い、安定して低スプレッドを提示できます。

複数の金融機関から常に低スプレッドを提供

TitanFXでは、取引する際の価格の提示元として複数の金融機関と提携しています。

多くの金融機関と提携することで、低スプレッドと約定力を両立していることも特徴です。

Titan FXは複数のアセットクラスにおいてリクイディティ・プロバイダーと密接な関係を築いており、他のブローカーより幅広いアセットクラスで、より深いリクイディティの提供が可能となりました。

70種類以上のFX通貨ペア、株価指数CFD、貴金属、エネルギー商品(石油)を、約定遅延、リクオート、第三者による介入なく、ベストなプライスでお取引頂けます。

引用:TitanFX「Zero Pointテクノロジー:ゼロピップスプレッドとゼロレイテンシ

野村証券やJPモルガンなど大手金融機関との提携によって、通貨ペア以外にも各種CFDが低スプレッドになっていることもTitanFXの特徴です。

大口取引も快適な通信インフラ

低スプレッドだけでなく、海外FX業者では遅延のない通信インフラも重要になります。

なぜなら、低スプレッドでもサーバーとの接続遅延があるとスリッページが発生しやすいからです。

スリッページとは注文価格と実際の約定価格がズレる現象になります。

しかし、TitanFXではスリッページ耐性が高く、大口取引にも対応できる快適な通信インフラを備えています。

業界大手のEquinix社のデータセンターを中心に、アジア圏にも取引サーバーがあるため、低遅延で快適にトレードが可能です。

ブレード口座はスプレッドとは別に取引手数料がかかる

TitanFXのブレード口座では、スプレッドと別に「1ロット往復7ドル」の取引手数料が発生します。

口座タイプ取引手数料
Zeroスタンダード口座無料
Zeroブレード口座往復7ドル
Zeroマイクロ口座無料
口座タイプ別取引手数料

なぜなら、ブレード口座はNDD ECN方式を採用しており、金融機関の提示価格と取引が成立する方式を採用しているからです。

金融機関の価格と自動マッチングするため、FX業者の上乗せスプレッドがないのがNDD ECN方式の特徴になります。

取引手数料が無料の取引口座では、通常だとスプレッドを上乗せすることでFX業者の利益を確保しています。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TitanFXの通貨ペアの平均スプレッド一覧

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)で取り扱う通貨ペアの平均スプレッドを一覧でご紹介します。

TitanFXで取り扱う各通貨ペアの平均スプレッドを口座タイプ別で比較・確認していきましょう。

TitanFXと他社との比較は「TitanFXの平均スプレッドを他社比較」で解説しています。

TitanFXの平均スプレッド:メジャー通貨ペア

TitanFXで取り扱う「メジャー通貨ペア」の平均スプレッドは以下の通りです。

スクロールできます
通貨ペアZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
Zeroマイクロ口座
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1.20pips0.9pips
(0.2+$7)
1.40pips
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.57pips1.27pips
(0.57+$7)
1.77pips
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
1.52pips1.22pips
(0.52+$7)
1.72pips
USDJPY
(米ドル/日本円)
1.33pips1.03pips
(0.33+$7)
1.53pips
USDCHF
(米ドル/スイスフラン)
1.92pips1.62pips
(0.92+$7)
2.12pips
メジャー通貨ペアの平均スプレッド

メジャー通貨ペアは、TitanFXで取り扱う通貨ペアの中で最も狭いスプレッドとなります。

ユーロドルやドル円は、取引量が多く、十分な流動性が確保できるからです。

メジャー通貨ペアの取引量は、通貨ペア全体の40%以上を占めます。(参考:国際決済銀行 2019年

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TitanFXの平均スプレッド:マイナー通貨ペア

TitanFXで取り扱う「マイナー通貨ペア」の平均スプレッドは以下の通りです。

スクロールできます
通貨ペアZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
Zeroマイクロ口座
AUDCAD
(豪ドル/カナダドル)
2.51pips2.21pips
(1.51+$7)
2.71pips
AUDCHF
(豪ドル/スイスフラン)
2.41pips2.11pips
(1.41+$7)
2.61pips
AUDNZD
(豪ドル/NZドル)
3.03pips2.73pips
(2.03+$7)
3.23pips
AUDSGD
(豪ドル/SGドル)
3.55pips3.25pips
(2.55+$7)
3.75pips
EURAUD
(ユーロ/豪ドル)
2.75pips2.45pips
(1.75+$7)
2.95pips
EURCHF
(ユーロ/スイスフラン)
2.04pips1.74pips
(1.04+$7)
2.24pips
EURGBP
(ユーロ/ポンド)
1.53pips1.23pips
(0.53+$7)
1.73pips
GBPAUD
(ポンド/豪ドル)
3.94pips3.64pips
(2.94+$7)
4.14pips
GBPCHF
(ポンド/スイスフラン)
3.32pips3.02pips
(2.32+$7)
3.52pips
NZDUSD
(NZドル/米ドル)
1.86pips1.56pips
(0.86+$7)
2.06pips
マイナー通貨ペアの平均スプレッド

マイナー通貨ペアは、メジャー通貨ペアと比べてスプレッドが広くなりやすいです。

しかし、価格変動もメジャー通貨ペアより大きいため、十分にスキャルピングで取引できます。

TitanFXの平均スプレッド:クロス通貨ペア

TitanFXで取り扱う「クロス円通貨ペア」の平均スプレッドは以下の通りです。

Zero

クロス通貨ペアは、マイナー通貨ペアよりも一段階広いスプレッドとなります。

通貨ペアの構成に米ドルを含まない通貨ペアも多く、メジャー通貨ペアと比べると価格変動も不安定です。

マイクロ口座のスプレッドが非常に広いため、短期トレードではブレード口座で取引しましょう。

TitanFXの平均スプレッド:クロス円通貨ペア

TitanFXで取り扱う「クロス円通貨ペア」の平均スプレッドは以下の通りです。

スクロールできます
通貨ペアZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
Zeroマイクロ口座
AUDJPY
(豪ドル/日本円)
2.12pips1.82pips
(1.12+$7)
2.32pips
CADJPY
(カナダドル/日本円)
2.1pips1.80pips
(1.1+$7)
2.30pips
CHFJPY
(スイスフラン/日本円)
2.31pips2.01pips
(1.31+$7)
2.51pips
CNHJPY
(人民元/日本円)
1.55pips1.25pips
(0.55+$7)
EURJPY
(ユーロ/日本円)
1.74pips1.44pips
(0.74+$7)
1.94pips
GBPJPY
(ポンド/日本円)
2.45pips2.15pips
(1.45+$7)
2.65pips
MXNJPY
(メキシコペソ/日本円)
1.32pips1.02pips
(0.32+$7)
NZDJPY
(NZドル/日本円)
2.62pips2.32pips
(1.62+$7)
2.82pips
THBJPY
(タイランドバーツ/日本円)
2.95pips2.65pips
(1.95+$7)
ZARJPY
(南アフリカランド/日本円)
1.44pips1.14pips
(0.44+$7)
クロス円通貨ペアの平均スプレッド

クロス円の通貨ペアは、メジャー通貨ペアの次に狭いスプレッドで取引が可能です。

クロス円は、他の通貨ペアに分解して取引される合成通貨ペアが多くあります。

例えば、豪ドル円は、豪ドル/米ドルと米ドル/円と流動性の高い通貨ペアに分解されるため、取引量が少なくても低スプレッドの維持が可能です。

TitanFXの平均スプレッド:エキゾチック通貨ペア

TitanFXで取り扱う「エキゾチック通貨ペア」の平均スプレッドは以下の通りです。

スクロールできます
通貨ペアZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
Zeroマイクロ口座
CHFSGD
(スイスフラン/SGドル)
5.95pips5.65pips
(4.95+$7)
6.51pips
EURCZK
(ユーロ/チェコ・コルナ)
13.53pips13.23pips
(12.53+$7)
EURSGD
(ユーロ/SGドル)
5.18pips4.88pips
(4.18+$7)
5.38pips
EURZAR
(ユーロ/南アフリカランド)
8.01pips7.36pips
(0.44+$7)
GBPSGD
(ポンド/SGドル)
6.48pips6.18pips
(5.48+$7)
6.68pips
GBPTRY
(ポンド/トルコリラ)
27.43pips27.13pips
(26.43+$7)
NZDCAD
(NZドル/カナダドル)
4.24pips3.94pips
(3.24+$7)
4.44pips
NZDCHF
(NZドル/スイスフラン)
3.99pips3.69pips
(2.99+$7)
4.19pips
SGDJPY
(SGドル/日本円)
3.16pips2.86pips
(2.16+$7)
3.36pips
USDCNH(米ドル/人民元)9.28pips8.98pips
(8.28+$7)
USDCZK
(米ドル/チェコ・コルナ)
61.80pips67.8pips
(60.8+$7)
USDMXN
(米ドル/メキシコペソ)
4.52pips4.22pips
(3.52+$7)
USDSGD
(米ドル/SGドル)
3.37pips3.07pips
(2.37+$7)
3.57pips
USDTHB
(米ドル/タイランドバーツ)
3.22pips2.92pips
(2.22+$7)
USDZAR
(米ドル/南アフリカランド)
36.69pips36.39pips
(35.69+$7)
エキゾチック通貨ペアの平均スプレッド

エキゾチック通貨ペアは、非常に取引量が少なく、数ある通貨ペアで最も流動性が低いです。

金融機関から提示される価格も少ないため、低スプレッドで取引することはできません。

高金利通貨で構成されるエキゾチック通貨ペアは、スプレッドよりもスワップポイントに注目しましょう。

TitanFXの平均スプレッド:欧州通貨ペア

TitanFXで取り扱う「欧州通貨ペア」の平均スプレッドは以下の通りです。

スクロールできます
通貨ペアZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
EURNOK
(ユーロ/ノルウェー・クローネ)
52.95pips52.65pips
(51.95+$7)
EURPLN
(ユーロ/ポーランド・ズロチ)
21.31pips21.03pips
(20.31+$7)
EURSEK
(ユーロ/スウェーデン・クローナ)
30.73pips30.43pips
(29.73+$7)
EURTRY
(ユーロ/トルコリラ)
26.92pips26.62pips
(25.92+$7)
GBPNOK
(ポンド/ノルウェー・クローネ)
87.57pips87.27pips
(86.57+$7)
GBPSEK
(ポンド/スウェーデン・クローナ)
57.73pips57.13pips
(56.73+$7)
NOKJPY
(ノルウェー・クローネ/日本円)
2.07pips1.77pips
(1.07+$7)
NOKSEK
(ノルウェー・クローネ/スウェーデン・クローナ)
2.49pips2.19pips
(1.49+$7)
SEKJPY
(スウェーデン・クローナ/日本円)
3.05pips2.75pips
(2.05+$7)
USDNOK
(米ドル/ノルウェー・クローネ)
41.47pips41.17pips
(40.47+$7)
USDPLN
(米ドル/ポーランド・ズロチ)
3.24pips2.97pips
(2.27+$7)
USDSEK
(米ドル/スウェーデン/クローナ)
29.25pips28.95pips
(28.25+$7)
USDTRY
(米ドル/トルコリラ)
11.57pips11.27pips
(10.57+$7)
欧州通貨ペアの平均スプレッド

欧州通貨ペアは、他社ではエキゾチック通貨ペアに分類されることが多いです。

TitanFXでは、エキゾチック通貨ペアの中でも欧州通貨が含まれる通貨ペアを分類しています。

ほとんどの欧州通貨ペアはボラティリティが大きく、平均スプレッドも非常に広いです。

欧州通貨ペアはマイクロ口座で取り扱いがありません。

TitanFXの貴金属CFDの平均スプレッド一覧

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)で取り扱う貴金属CFDの平均スプレッドを一覧表でご紹介します。

スクロールできます
貴金属Zeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
Zeroマイクロ口座
XAU/EUR
(金/ユーロ)
2.39pips2.33pips
(2.27+$0.6)
2.71pips
XAU/USD
(金/米ドル)
2.23pips2.17pips
(2.11+$0.6)
XAU/AUD
(金/豪ドル)
2.72pips2.66pips
(2.6+$0.6)
XAU/CHF
(金/スイスフラン)
3.3pips3.24pips
(3.18+$0.6)
XAU/GBP
(金/英ポンド)
2.75pips2.69pips
(2.63+$0.6)
XAU/JPY
(金/日本円)
3.02pips2.96pips
(2.90+$0.6)
XAG/EUR
(銀/ユーロ)
2.73pips2.67pips
(2.61+$0.6)
XAG/USD
(銀/米ドル)
2.13pips2.07pips
(2.01+$0.6)
2.61pips
XAG/AUD
(銀/豪ドル)
1.74pips1.68pips
(1.62+$0.6)
XPD/USD
(パラジウム/米ドル)
275.12pips275.06pips
(275+$0.6)
XPT/USD
(プラチナ/米ドル)
51.62pips51.56pips
(51.5+$0.6)
貴金属CFDの平均スプレッド

貴金属CFDは、CFD銘柄の中でもボラティリティが高く、低スプレッドの実現が難しいです。

しかし、TitanFXのブレード口座では、人気のゴールドが2pips前後となるなど、非常に狭いスプレッドで取引できます。

ただし、ブレード口座の貴金属CFDは「1ロット往復0.6ドル」の取引手数料が必要です。

海外FXのゴールド取引環境を比較した結果も別ページにまとめているので、興味があればご覧ください。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TitanFXのエネルギーCFDの平均スプレッド一覧

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)で取り扱うエネルギーCFDの平均スプレッドを一覧表でご紹介します。

エネルギーCFDZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
XBR/USD
(ブレント原油/米ドル)
0.71pips0.65pips
(0.59+$0.6)
XTI/USD
(WTI原油/米ドル)
0.69pips0.63pips
(0.57+$0.6)
XNG/USD
(天然ガス/米ドル)
0.14pips0.08pips
(0.02+$0.6)
エネルギーCFDの平均スプレッド

エネルギーCFDに関しても、スタンダード口座よりブレード口座が低スプレッドで取引が可能です。

ただし、ブレード口座のエネルギーCFDは「1ロット当たり往復0.6ドル相当」の取引手数料が発生します。

マイクロ口座では、エネルギーCFDの取り扱いがありません。

TitanFXの仮想通貨CFDの平均スプレッド一覧

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)で取り扱う仮想通貨CFDの平均スプレッドを一覧表でご紹介します。

仮想通貨CFDの平均スプレッド一覧
仮想通貨平均スプレッド
BTCJPY
(ビットコイン/日本円)
1195.2pips
BTCUSD
(ビットコイン/米ドル)
179pips
BCHJPY
(ビットコインキャッシュ/日本円)
15.2pips
BCHUSD
(ビットコインキャッシュ/米ドル)
11.7pips
ETHJPY
(イーサリアム/日本円)
127.8pips
ETHUSD
(イーサリアム/米ドル)
79pips
LTCJPY
(ライトコイン/日本円)
11.4pips
LTCUSD
(ライトコイン/米ドル)
8.9pips
XRPJPY
(リップル/日本円)
2.3pips
XRPUSD
(リップル/米ドル)
1.2pips
LNKJPY
(チェーンリンク/日本円)
13.5pips
LNKUSD
(チェーンリンク/米ドル)
10.5pips
XLMJPY
(ステラ/日本円)
12.9pips
XLMUSD
(ステラ/米ドル)
10.4pips
DOTJPY
(ポルカドット/日本円)
9.8pips
DOTUSD
(ポルカドット/米ドル)
8.4pips
EOSJPY
(イオス/日本円)
12.5pips
EOSUSD
(イオス/米ドル)
10.1pips
BNBJPY
(バイナンスコイン/日本円)
16.3pips
BNBUSD
(バイナンスコイン/米ドル)
12.5pips
UNIJPY
(ユニスワップ/日本円)
9.8pips
UNIUSD
(ユニスワップ/米ドル)
8.5pips
ADAJPY
(エイダコイン/日本円)
11pips
ADAUSD
(エイダコイン/米ドル)
8.2pips
AVXJPY
(アバランチ/日本円)
15pips
AVXUSD
(アバランチ/米ドル)
11pips
DOGJPY
(ドージコイン/日本円)
11.4pips
DOGUSD
(ドージコイン/米ドル)
8.2pips
SOLJPY
(ソラナ/日本円)
11.4pips
SOLUSD
(ソラナ/米ドル)
8.6pips
MATJPY
(ポリゴン/日本円)
12pips
MATUSD
(ポリゴン/米ドル)
8.9pips
XTZJPY
(テゾス/日本円)
12.2pips
XTZUSD
(テゾス/米ドル)
9.8pips
AAVJPY
(アーベ/日本円)
119.4pips
AAVUSD
(アーベ/米ドル)
86.4pips
ATMJPY
(アトム/日本円)
133pips
ATMUSD
(アトム/米ドル)
97.3pips
CMPJPY
(コンパウンド/日本円)
127.1pips
CMPUSD
(コンパウンド/米ドル)
94.7pips
TRXJPY
(トロン/日本円)
7.8pips
TRXUSD
(トロン/米ドル)
5.4pips
GLMJPY
(グリマー/日本円)
150pips
GLMUSD
(グリマー/米ドル)
99.9pips
KSMJPY
(クサマ/日本円)
33pips
KSMUSD
(クサマ/米ドル)
23.3pips
NERJPY
(ニア/日本円)
16.8pips
NERUSD
(ニア/米ドル)
11.9pips
XDCJPY
(XDCネットワーク/日本円)
24pips
XDCUSD
(XDCネットワーク/米ドル)
16.8pips
仮想通貨CFDの平均スプレッド

仮想通貨CFDは、口座タイプによるスプレッドの違いがありません。スタンダード口座とブレード口座のどちらも同じ取引条件となります。

ただし、マイクロ口座に関しては、スプレッドが共通でも1ロット当たりの取引数量が異なるため注意しましょう。

マイクロ口座の仮想通貨CFD
  • BTCUSDm(ビットコイン/米ドル:マイクロロット)のみ取り扱い
  • スプレッドはスタンダード口座・ブレード口座と共通
  • 1ロット当たり0.1BTC

TitanFXの株価指数CFDの平均スプレッド一覧

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)で取り扱う株価指数CFDの平均スプレッドを一覧表でご紹介します。

株価指数CFDZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+片道取引手数料)
AUS200
(オーストラリア200種株価指数)
2.2pips1.06pips
(1.0+$0.6)
CAN60
(カナダ60種株価指数)
2.3pips1.16pips
(1.1+$0.6)
CN50
(中国50種株価指数)
4.2pips3.06pips
(3.0+$0.6)
EUSTX50
(ユーロストックス50)
3.2pips2.06pips
(2.0+$0.6)
FRA40
(フランス40種株価指数)
2.2pips1.06pips
(1.0+$0.6)
GER30
(ドイツ30種株価指数)
2.2pips1.06pips
(1.0+$0.6)
HK50
(香港50種株価指数)
9.8pips8.66pips
(8.6+$0.6)
HSCEI
(ハンセン中国企業指数)
4.8pips3.66pips
(3.6+$0.6)
JPN225
(日経平均株価)
9.2pips8.06pips
(8.0+$0.6)
NAS100
(ナスダック100種株価指数)
2.2pips1.06pips
(1.0+$0.6)
NETH25
(オランダ25種株価指数)
2.2pips1.06pips
(1.0+$0.6)
SING30
(シンガポール30種株価指数)
2.2pips1.06pips
(1.0+$0.6)
SWISS20
(スイス20種株価指数)
2.4pips1.26pips
(1.2+$0.6)
TWFTSE
(SGX FTSE 台湾総合指数)
2.2pips1.06pips
(1.0+$0.6)
UK100
(イギリス100種指数)
3.2pips2.06pips
(2.0+$0.6)
US2000
(ラッセル2000指数)
1.4pips0.26pips
(0.2+$0.6)
US30
(ダウ平均株価指数)
6.0pips4.86pips
(4.8+$0.6)
US500
(S&P500)
1.60pips0.46pips
(0.4+$0.6)
USDX
(ドルインデックス)
3.2pips2.06pips
(2.0+$0.6)
VIX
(VIX:恐怖指数)
2.0pips0.86pips
(0.8+$0.6)
株価指数CFDの平均スプレッド

株価指数CFDは、スタンダード口座・ブレード口座でスプレッドが異なります。

ブレード口座が最も低スプレッドで各株価指数の取引が可能です。

ただし、他のCFD銘柄と同様にブレード口座の株価指数CFDでは「1ロット往復0.6ドル相当」の取引手数料が発生します。

TitanFXのソフトコモディティCFDの平均スプレッド一覧

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)で取り扱うソフトコモディティCFDの平均スプレッドを一覧表でご紹介します。

ソフトコモディティCFDZeroスタンダード口座Zeroブレード口座
(スプレッド+往復取引手数料)
Cocoa
(ココア)
48.4pips48.36pips
(48.3+$0.6)
CoffArabica
(コーヒーアラビカ)
3.1pips3.06pips
(3.0+$0.6)
CoffRobusta
(コーヒーロブスタ)
48.5pips48.46pips
(48.4+$0.6)
Copper
()
3.1pips3.06ips
(3.0+$0.6)
Corn
(コーン)
8.1pips8.06pips
(8.0+$0.6)
Cotton
(綿)
17.1pips17.06pips
(17.0+$0.6)
HeatingOil
(灯油)
4.1pips4.06pips
(4.0+$0.6)
Soybean
(大豆)
13.1pips13.06pips
(13.0+$0.6)
Sugar
(砂糖)
4.1pips4.06pips
(4.0+$0.6)
Wheat
(小麦)
8.1pips8.06pips
(8.0+$0.6)
ソフトコモディティCFDの平均スプレッド

ソフトコモディティも他のCFD銘柄と同様に「1ロット往復0.6ドル相当」の取引手数料が発生します。

TitanFXの株式CFDの平均スプレッド一覧

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)で取り扱う株式CFDの平均スプレッドを一覧表でご紹介します。

株式CFD平均スプレッド
ADP1.7pips
AMD0.6pips
ActivisionBlizzard0.5pips
Adobe4.6pips
Alphabet0.6pips
Amazon0.5pips
Amgen1.3pips
Apple0.8pips
Biogen3.1pips
BookingHoldings318pips
Broadcom9.2pips
CME1.2pips
CSX0.5pips
CharterCommunications12.0pips
Cisco0.5pips
Comcast0.5pips
Costco3.9pips
eBay0.6pips
ElectronicArts1.5pips
Equinix16.3pips
Expedia1.0pips
Facebook1.6pips
GileadSciences0.6pips
21stCenturyFox0.6pips
Intel0.6pips
Zoom0.7pips
Intuit4.3pips
IntuitiveSurgical4.0pips
Marriott0.9pips
Microsoft3.5pips
Moderna1.3pips
Mondelez0.6pips
NVIDIA5.8pips
Netflix2.3pips
Novavax0.5pips
PayPal0.6pips
Pepsi0.8pips
QUALCOMM0.6pips
RegeneronPharmaceuticals11.3pips
Starbucks0.7pips
TMobile1.3pips
Tesla1.7pips
TexasInstruments1.3pips
TripAdvisor0.6pips
TrivagoAdr1.3pips
VertexPharmaceuticals4.1pips
WalgreensBoots0.6pips
WynnResorts0.7pips
AT&T0.3pips
AbbVie1.0pips
Abbott0.7pips
Alibaba0.6pips
Altria0.6pips
AmericanTower1.5pips
Amex1.1pips
BankofAmerica0.5pips
BestBuy0.7pips
Boeing1.8pips
Bristol-MyersSquibb0.5pips
CVS0.6pips
Carnival-US0.5pips
Chevron0.7pips
Citigroup0.6pips
Coca-Cola0.6pips
Disney0.5pips
ExxonMobil0.6pips
Ford0.5pips
GeneralElectric1.1pips
HomeDepot1.4pips
IntBusinessMach0.7pips
JPMorgan0.6pips
Johnson&Johnson1.0pips
LockheedMartin5.5pips
3M1.0pips
Macys0.5pips
YumBrands2.0pips
Mastercard2.8pips
McDonalds1.8pips
Merck&Co0.6pips
NIKE0.7pips
Oracle0.7pips
Pfizer0.6pips
PhilipMorris0.8pips
Procter&Gamble0.7pips
ResMed-US2.0pips
RoyalCaribbean4.0pips
SonyCorp1.1pips
Spotify8.5pips
Sysco0.7pips
Target1.0pips
ThermoFisher6.3pips
UBER0.6pips
UPS1.4pips
UnitedHealth3.0pips
Verizon0.5pips
Visa1.1pips
Walmart0.8pips
WellsFargo0.5pips
WesternUnion0.6pips
株式CFDの平均スプレッド

株式CFDは、すべての口座タイプが同じスプレッド・取引手数料無料で取引可能です。

TitanFXの平均スプレッドを他社比較

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)の平均スプレッドを他社と比較していきます。

それぞれ異なるスプレッドを提示している口座タイプで詳しく比べてみましょう。

スタンダード口座と他社のスプレッド比較

TitanFXのスタンダード口座で取り扱う主要通貨ペアを対象に、他社口座と平均スプレッドを比較しました。

スクロールできます
業者名USDJPY
(米ドル/日本円)
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
Titan FX
Zeroスタンダード口座
1.33pips1.20pips1.57pips1.52pips
XMTrading
スタンダード口座
1.60pips1.70pips2.10pips1.80pips
FXGT
スタンダード+口座
1.70pips2.00pips2.10pips1.70pips
Exness
スタンダード口座
1.10pips1.00pips1.20pips1.40pips
BigBoss
スタンダード口座
1.50pips1.50pips2.10pips2.40pips
AXIORY
スタンダード口座
1.60pips1.10pips1.80pips1.60pips
ThreeTrader
Pureスプレッド口座
0.59pips0.59pips0.74pips0.71pips
スタンダード口座をスプレッド比較

TitanFXのスタンダード口座は、同じく取引手数料が無料の他社口座と比べて、十分に狭いスプレッドになります。

ただし、業界で最もスプレッドが狭いスタンダード口座とは言えません。

低スプレッドで有名なAXIORYやThreeTraderが、TitanFXよりワンランク上の低スプレッドを提示していました。

スクロールできます
業者名JP225
(日経平均株価)
US30
(ダウ平均株価)
XAU/USD
(金/米ドル)
TitanFX
スタンダード口座
3.20pips6.87pips
XMTrading
スタンダード口座
12.3pips3.10pips2.23pips
FXGT
スタンダード+口座
1.2pips25.0pips2.50pips
Exness
スタンダード口座
14.0pips6.90pips2.10pips
BigBoss
スタンダード口座
12.3pips0.10pips2.40pips
AXIORY
スタンダード口座
1.30pips
ThreeTrader
Pureスプレッド口座
27.0pips3.70pips
スタンダード口座のCFDをスプレッド比較

CFD銘柄に関しては、TitanFXのスタンダード口座は全体的に他社よりスプレッドが狭いです。

TitanFXnのスタンダード口座は、大手金融機関との提携で、CFD銘柄まで低スプレッドを実現していることが強みになります。

ブレード口座と他社のスプレッド比較

TitanFXのブレード口座で取り扱う主要通貨ペアを対象に、取引手数料が有料の他社口座と実質スプレッドを比較しました。

スクロールできます
業者名USDJPY
(米ドル/日本円)
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
TitanFX
ブレード口座
0.68pips0.55pips0.92pips0.87pips
XMTrading
ゼロ極口座
0.60pips0.60pips0.70pips0.90pips
Exness
ロースプレッド口座
0.35pips0.35pips0.60pips0.55pips
BigBoss
プロスプレッド口座
0.65pips0.95pips1.35pips1.55pips
AXIORY
ナノスプレッド口座
0.60pips1.10pips0.80pips0.90pips
ThreeTrader
Rawゼロ口座
0.27pips0.27pips0.46pips0.38pips
ブレード口座をスプレッド比較

TitanFXのブレード口座のスプレッドを他社と比較すると、全体のちょうど中間程度の狭さだと分かります。

ThreeTraderのRawゼロ口座と比べると、TitanFXのブレード口座はスプレッドが広いです。

通貨ペアによって偏らない、バランスの良い低スプレッドがTitanFXのブレード口座の特徴と言えます。

各社の1ロット毎の取引手数料
  • TitanFX:往復7ドル(スプレッド換算:0.7pips)
  • XMTrading:往復10ドル(スプレッド換算:1.0pips)
  • Exness:往復7ドル(スプレッド換算:0.7pips)
  • BigBoss :往復9ドル(スプレッド換算:0.9pips)
  • AXIORY:往復6ドル(スプレッド換算:0.6pips)
  • ThreeTrader:往復4ドル(スプレッド換算:0.4pips)
業者名JP225
(日経平均株価)
US30
(ダウ平均株価)
XAU/USD
(金/米ドル)
TitanFX
ブレード口座
9.80pips2.12pips2.17pips
XMTrading
ゼロ口座
7.00pips3.10pips3.20pips
Exness
ロースプレッド口座
9.20pips1.40pips
BigBoss
プロスプレッド口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
7.30pips3.90pips2.10pips
ThreeTrader
Rawゼロ口座
70.90pips6.70pips0.80pips
ブレード口座のCFDをスプレッド比較

CFD銘柄に関しては、ブレード口座も他社より狭いスプレッドとなりました。

特にダウ平均株価とゴールド(金)のスプレッドが狭く、CFD銘柄のスキャルピングならTitanFXのブレード口座はおすすめです。

また、ブレード口座はCFD銘柄の取引手数料が通貨ペアの取引より安いことも他社にない特徴になります。

各社の1ロット毎の取引手数料(CFD)
  • TitanFX:往復1.2ドル(スプレッド換算:0.12pips)
  • XMTrading:往復10ドル(スプレッド換算:1.0pips)
  • Exness:往復7ドル(スプレッド換算:0.7pips)
  • BigBoss :往復9ドル(スプレッド換算:0.9pips)
  • AXIORY:往復6ドル(スプレッド換算:0.6pips)
  • ThreeTrader:往復4ドル(スプレッド換算:0.4pips)

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TitanFXのスプレッドに関する注意点

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)のスプレッドに関する以下の注意点をご紹介します。

スプレッドの広がりやすいタイミング・仕様などを事前に把握して取引を行いましょう。

スキャルピング・自動売買(EA)ができる

TitanFXでは、スキャルピングおよび自動売買(EA)による取引が公認されています。

スキャルピング・自動売買は低スプレッドと相性がよく、もちろん大口取引も可能です。

また、2022年からTitanFXは独自のコピートレードアプリもリリースしました。

スキャルピングが苦手、自動売買は難しそう・・・といった方でも優れたトレーダーの取引を自動で再現するコピートレードで運用が可能です。

ブレード口座は取引手数料が発生する

TitanFXのブレード口座では、他の口座タイプと異なり取引手数料が発生します。

  • 通貨ペアの取引:1ロットあたり往復7ドル
  • CFD銘柄の取引:1ロットあたり往復0.6ドル

ブレード口座は、上記の取引手数料が発生するため、取引のコストは「スプレッド+取引手数料」で考える必要があります。

EURUSDを1ロットエントリーする際の取引コスト
  • スプレッド:0.2pips
  • 取引手数料:3.5ドル(0.35pips)
  • EURUSDのピップ値:1pips = 0.0001ドル
  •  0.0001ドル ×(0.2pips×0.35pips)= 0.000055ドル
  • 0.000055ドル × 1ロット(100,000通貨)= 5.5ドル
  • 円建て口座:5.5ドル × ドル円(130円)= 715円

例えば、EURUSD(ユーロドル)を取引する際のコストは上記の通りに計算します。

TitanFXの口座タイプごとの違いや比較は別ページに詳しくまとめています。

マイクロ口座はスプレッドが広い

TitanFXの口座タイプでは、マイクロ口座が最もスプレッドが広くなります。

マイクロ口座は、1ロット当たり1,000通貨の取引サイズとなる口座タイプです。

通貨ペアZeroスタンダード口座Zeroマイクロ口座
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1.20pips1.40pips
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.57pips1.77pips
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
1.52pips1.72pips
USDJPY
(米ドル/日本円)
1.33pips1.53pips
USDCHF
(米ドル/スイスフラン)
1.92pips2.12pips
スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッド比較

マイクロ口座は、スタンダード口座と同様に取引手数料が無料となります。

しかし、スプレッドは、スタンダード口座よりマイクロ口座が0.2pips広いため注意しましょう。

経済指標・要人発言でスプレッドが広がることがある

TitanFXに限らず、経済指標・要人発言のスプレッドが広がりやすい傾向があります。

米国の雇用統計や、中央銀行による金利の発表などは関連する通貨ペアの取引が活発になるためです。

注目度の高い経済指標発表前にポジションを決済したい、発表に乗じて取引したいなど、買い注文・売り注文が混雑するため、スプレッドが広がりやすくなります。

仮想通貨CFDは週明けに調整がある

TitanFXの仮想通貨CFDは、週明けの早朝でスプレッドが大幅に拡大しやすくなります。

なぜなら、TitanFXの仮想通貨CFDは、平日のみが取引時間だからです。

実際の仮想通貨市場は、365日休みがありません。

したがって、週明けに土日の価格変動を調整するため、仮想通貨CFDのスプレッドが広がりやすくなります。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TitanFXのスプレッドに関するよくある質問

TitanFXでスプレッドの狭い口座タイプは?

TitanFXでスプレッドが狭い口座タイプは「ブレード口座」です。

TitanFXでスプレッドの狭い通貨ペアは?

TitanFXでスプレッドの狭い通貨ペアは、主要なメジャー通貨ペア「EURUSD・GBPUSD・AUDUSD・USDJPY・USDCHF」です。

TitanFXのゴールドの平均スプレッドは?

TitanFXのゴールドの平均スプレッドは以下の通りです。

  • スタンダード口座:2.23pips
  • ブレード口座:2.17pips
  • マイクロ口座:2.71pips
TitanFXのブレード口座の最小スプレッドは?

TitanFXのブレード口座の最小スプレッドは0pipsです。

TitanFXでスリッページは発生しますか?

スリッページは、注文から約定までの間の遅延によってどのFX業者でも発生する可能性があります。TitanFXは、アジア向けのサーバーも完備しているため、遅延が少なく、スリッページは起きづらいです。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次