【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

TitanFXスワップポイント一覧と高額ランキングTOP10

TitanFXスワップポイント一覧と高額ランキングTOP10

TitanFXのスワップポイントは他の海外FX業者に比べ、スワップポイントが高いためスワップポイント狙いの長期保有が可能です。

ただし、すべての口座タイプが同じスワップに設定されているので、スワップフリーでの取引はできないので、ポジションの決済タイミングには注意が必要です。

TTitanFXでは、銘柄ごとにスワップポイントが3倍になる曜日が異なるな独自のルールが設けられているので、あらかじめ把握しておきましょう。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TItanFXの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にTItanFXを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:TitanFXの評判・口コミまとめ

目次

Titan FXのスワップポイント基本情報 ※スワップカレンダーあり

スワップポイントとは、為替取引やCFD取引(差金決済取引)などで保有しているポジション(買いまたは売り)を翌日に持ち越す際に発生する、金利差に基づくポイントのことを指します。

スワップポイントを理解することは為替取引やCFD取引を行う上で重要です。

取引戦略を立てる際にスワップポイントが利益や損失にどのように影響するかを考慮し、適切なリスク管理を行うことでより効率よく利益を上げることが可能となります

TitanFXのスワップ関する基本情報は、以下の4つです。

それぞれ詳しい内容を順番に解説していきます。

スワップポイントが両方マイナスの銘柄もある

TitanFXでは2023年4月現在、下記の銘柄でスワップポイントが両方マイナスとなっています。

スワップポイントが両方マイナスの通貨ペア
銘柄ロングスワップショートスワップ
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
-3.61-2.23
AUDCAD
(豪ドル/カナダドル)
-4.5-0.75
AUDSGD
(豪ドル/シンガポールドル)
-2.06-4.36
EURAUD
(ユーロ/豪ドル)
-5.67-2.41
EURGBP
(ユーロ/ポンド)
-5.42-0.4
NZDUSD
(NZドル/米ドル)
-1.85-1.81
THBJPY
(タイランドバーツ/日本円)
-0.39-1.58
GBPCAD
(ポンド/カナダドル)
-2.92-5.6
GBPNZD
(ポンド/NZドル)
-6.87-3.69
USDCAD
(米ドル/カナダドル)
-1.62-5.06
EURSGD
(ユーロ/シンガポールドル)
-4.06-5.66
GBPTRY
(ポンド/トルコリラ)
-2037.07-30.76
NZDCAD
(NZドル/カナダドル)
-1.45-3.48
USDCNH
(米ドル/中国人民元)
-22.8-74.3
USDSGD
(米ドル/シンガポールドル)
-0.33-11.6
USDTHB
(米ドル/タイランドバーツ)
-11.1-7.18
EURNOK
(ユーロ/ノルウェークローネ)
-37.5-20.2
EURSEK
(ユーロ/スウェーデンクローナ)
-29.2-24.7
EURTRY
(ユーロ/トルコリラ)
-1907.07-658.93
NOKSEK
(ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ)
-1.4-3.83
USDTRY
(米ドル/トルコリラ)
-1278.3-378.26
スワップポイントが両方マイナスの通貨ペア
スワップポイントが両方マイナスのCFD銘柄
銘柄ロングスワップショートスワップ
仮想通貨CFD-25-15
米国株式CFD-2.73-2.27
XTIUSD
(WTI原油米ドル)
-1.59-11.9
XNGUSD
(天然ガス米ドル)
-9.74-4.29
COCOA/USD
(ココア/米ドル)
-73.88-21.14
COPPER/USD
(銅/米ドル)
-4.27-2.37
CORN/USD
(コーン/米ドル)
-41.42-88.96
COTTON/USD
(綿/米ドル)
-8.61-0.61
XAU/JPY
(金/日本円)
-38.4-45.6
XPD/USD
(パラジウム/米ドル)
-25.1-4.65
XPT/USD
(プラチナ/米ドル)
-20.7-2.65
AUS200
(オーストラリア200株価指数)
-12.1-2.08
CAN60
(S&Pトロント60指数)
-3.15-0.08
CN50
(FTSE中国50インデックス)
-17.5-3.76
EUSTX50
(欧州50株価指数)
-7.09-0.75
FRA40
(フランス40株価指数)
-11.3-1.62
GER30
(ドイツ株価指数)
-29-1.28
HK50
(香港50株価指数)
-35.87-8.97
HSCEI
(香港ハンセン総合指数)
-12.83-2.72
IND50
(インド50株価指数)
取扱無し取扱無し
JPN225
(日経225)
-13.6-14.8
NAS100
(ナスダック100)
-29.7-7.51
NETH25
(オランダ25株価指数)
-2.08-0.57
SING30
(シンガポール30株価指数)
-1.42-0.83
SWISS20
(スイス20株価指数)
-0.38-0.38
TWFTSE
(FTSE台湾)
-2.16-1.05
US30
(ダウ平均株価指数)
-67-17.9
US500
(S&P500)
-9.45-1.86
US2000
(ラッセル2000)
-4.63-0.51
USDX
(ドル指数)
-1.74-2.25
UK100
(イギリス100株価指数)
-16.8-2.21
VIX
(VIX恐怖指数)
-7.93-6.81
スワップポイントが両方マイナスのCFD銘柄

スワップポイントがプラスであれば利益となりますが、スワップポイントがマイナスの時には、そのマイナス分を毎日支払う形となります。

Titan FXではスワップフリー口座が提供されていないので、ポジションを長期間保有する際には、マイナススワップが取引コストとして加算されてしまいます

もし上記の銘柄で長期保有を行おうと考えている方は、マイナススワップによるコストも計算した上で、取引計画を立てるようにしましょう。

スワップ付与時間は日本時間の朝7時(もしくは6時)

Titan FXのスワップポイント付与は、インターバンク市場営業当日のセッション終了時(ロールオーバー時)にスワップポイントが付与されます。

セッション終了時間は、夏時間では日本時間6時、冬時間では日本時間7時となっております。

夏時間(サマータイム)と冬時間(ウィンタータイム)は、それぞれの季節に応じて時刻を調整する制度です。夏時間と冬時間が適用される時期は下記の通りです。

  • 夏時間:3月第2日曜日(米国時間)から11月第1日曜日まで
  • 冬時間:11月第1日曜日(米国時間)から3月第2日曜日まで

日本では採用されていませんが、サマータイム制度は主に節電や労働時間の効率化を目的として、多くの国や地域で採用されています。FXのように、世界各地の市場と連動している取引では各国の夏時間・冬時間の適用状況や時差を把握しておくことが重要です。

例えば、月曜日に保持していたポジションをそのまま決済せずに持ち越すと、セッション時間終了時の日本時間火曜日7時(夏時間では6時)にスワップポイントが付与されます。

スワップポイントはトレード結果に影響を与えるため、日を跨いでポジションを持ち越すようなトレードスタイルを利用している方は必ず理解しておかなくてはなりません

Titan FXでの取引を行う際は、スワップ付与時間を意識し、最適な取引戦略を立てるよう心がけましょう。

水曜日はスワップポイントが3倍(FX・貴金属)

Titan FXのスワップポイントは、他の多くの海外FX業者と同じく、土日には付与されず、その代わりに土日分のスワップポイントは、水曜日から木曜日へロールオーバーした時に上乗せされて付与されます。

そのため、水曜日のスワップポイント(木曜日の日本時間7時に付与されるスワップポイント)が3倍になります。

TitanFXのスワップカレンダーは以下の通りです。

FX通貨ペア・貴金属CFD

曜日スワップ付与量
月曜日
(付与時間:火曜日7時)
1日分
火曜日
(付与時間:水曜日7時)
1日分
水曜日
(付与時間:木曜日7時)
3日分
木曜日
(付与時間:金曜日7時)
1日分
金曜日
(付与時間:土曜日7時)
1日分
土曜日なし
日曜日なし
Titan FXのスワップカレンダー

ポジションを長期保有する際、水曜日から木曜日へのロールオーバー時には普段よりもスワップの影響を大きく受けるので、注意しましょう。

ただし、株式CFD・株価指数CFD・エネルギーCFD・ソフトコモディCFD・仮想通貨CFDはそれぞれ3倍になる曜日が異なります。

株式CFD・株価指数CFD・エネルギーCFD・ソフトコモディCFD

曜日スワップ付与量
月曜日
(金曜日から月曜日のロールオーバー時)
3日分
Titan FXの3倍のスワップポイントの付与曜日

仮想通貨CFD

曜日スワップ付与量
土曜日
(金曜日から土曜日のロールオーバー時)
3日分
Titan FXの3倍のスワップポイントの付与曜日

スワップで得た利益のみを出金することはできない

Titan FXでは、取引を行っている間にポジションを保有していてスワップポイントを通じて利益が生じるケースがあっても、そのスワップに関連した利益のみを個別に出金することは認められていません

実際に、スワップ益を出金することが可能になるシチュエーションは、ポジションをクローズし、それによって実現された利益がある場合に限られます。

ポジションが決済された後、スワップ益とそれ以外の取引による利益を合わせた総額が、出金可能な利益として認められます。

スワップ益を出金したい場合は、ポジションをクローズしてから出金申請を行いましょう。

Titan FXのスワップポイントを日本円で計算する方法

まだ海外FXに慣れていない人は、スワップポイントがどれくらいの数値かが分かっても、実際に日本円でいくらになるのかわからなければ、本当に十分な利益になるのかの判断が難しいかと思います。

次に、Titan FXのスワップポイントを日本円で計算する方法について確認してきましょう。

スワップポイントを日本円で計算する方法は、通貨ペアがクロス円かそれ以外かによって異なります

クロス円の場合(例:USD/JPY、EUR/JPYなど)は以下の計算式によってスワップポイントによる損益が計算可能です。

スワップポイント × 取引ロット × 為替レート = スワップポイントの損益(日本円)

クロス円の場合にスワップポイントを日本円で計算する方法の具体例

例えば、次の条件が与えられた場合を考えてみましょう。

  • スワップポイント:12.8
  • 取引ロット:1ロット(100,000通貨単位)
  • 為替レート(EUR/JPY):157.00円

「スワップポイント × 取引ロット × 為替レート = スワップポイントの損益(日本円)」に上記の条件を代入して計算すると以下のようになります。

12.8(ポイント) × 1(取引ロット) × 148.00(為替レート)= 2,009.6(スワップポイントの損益)

この例では、EUR/JPYで1ロットの取引を行った場合、スワップポイントによる1日分の損益は275円となります。

一方、クロス円以外の場合(例:EUR/USD、GBP/USDなど)は、上記の計算式とは異なり、以下の計算式を使ってスワップポイントによる損益を割り出します。

スワップポイント × 取引ロット × 為替レート × 決済通貨とクロス円のレート = スワップポイントの損益(日本円)

クロス円以外の場合にスワップポイントを日本円で計算する方法の具体例

例えば、次の条件が与えられた場合を考えてみましょう。

  • スワップポイント:3.0
  • 取引ロット:1ロット(100,000通貨単位)
  • 為替レート(GBP/USD):1.20
  • 決済通貨(USD)と日本円のレート(USD/JPY):110.00

「スワップポイント × 取引ロット × 為替レート × 決済通貨と日本円のレート = スワップポイントの損益(日本円)」に上記の条件を代入して計算すると以下のようになります。

3.0(スワップポイント) × 1(取引ロット) × 1.20(為替レート) × 110.00(USD/JPYレート) = 396(スワップポイントの損益)

この例では、GBP/USDで1ロットの取引を行った場合、スワップポイントによる1日分の損益は396円です。

上記の計算式を利用して、クロス円やクロス円以外の通貨ペアのスワップポイントを日本円で計算できます。

ただし、実際の取引では、スワップポイントや為替レートが毎日変動するため、計算結果も日々変わります

状況に応じて適切にスワップポイントの計算を行い、取引戦略に役立てましょう。

Titan FXの高スワップポイントおすすめランキング【2023年9月】

Titan FXの2023年9月時点での通貨ペア高スワップポイントランキングTOP10は、以下の通りです。

銘柄ポジションスワップポイント
USDMXN
(米ドル/メキシコペソ)
ショートスワップ154
EURZAR
(ユーロ/南アフリカランド)
ショートスワップ131
USDZAR
(米ドル/南アフリカランド)
ショートスワップ54
EURCZK
(ユーロ/チェココルナ)
ショートスワップ41.3
GBPJPY
(ポンド/日本円)
ロングスワップ19.4
EURPLN
(ユーロ/ポーランドズウォチ)
ショートスワップ16.4
USDJPY
(米ドル/日本円)
ロングスワップ15.2
USDSEK
(米ドル/スウェーデンクローナ)
ロングスワップ14
EURJPY
(ユーロ/日本円)
ロングスワップ12.8
CADJPY
(カナダドル/日本円)
ロングスワップ12.1
TitanFX通貨ペア高スワップポイントランキングTOP10

高金利通貨として有名なトルコリラや南アフリカランド、メキシコペソ、チェココルナなどに関連する通貨ペアが高スワップになっています。

ただし、これらの通貨はマイナーな通貨になり、ボラティリティが高いため価格変動のリスクが高い通貨ペアになります。

価格変動のリスクヘッジを十分に行なった上で、スワップによる利益を狙うようにしましょう。

Titan FXのスワップポイントで効率よく稼ぐ方法

FXトレードといえば為替差益を狙うことが王道なので、「スワップポイントによって効率的に利益を上げる」イメージが湧かない人もいるかと思います。

TitanFXでスワップポイントを効率よく稼ぐには、以下のポイントに注意して取引を行ってください。

  • スワップポイントが高い通貨ペアのポジションを保有する
  • 長期保有を前提にトレード戦略を立てる
  • 短期間の利益狙いを避ける
  • リスク管理を徹底する

Titan FXのスワップポイントは通貨ペアによって、かなりの差があります。

Titan FXの高スワップポイントおすすめランキング【2023年4月】」を参考にして、高いスワップポイントを提供している通貨ペアを選択し、ポジションを保有することで、スワップポイント収入を最大化しましょう。

加えて、スワップポイントはポジションを保有する期間が長ければ長いほど収益が積み上がるので、長期的なトレンドを見極め、長期間ポジションを保有することで、スワップポイント収入を増やすことができます。

短期間で利益を狙うデイトレードやスキャルピングではスワップポイントを十分に活用することは難しく、スワップポイント狙いの方にはあまりおすすめできません。

スワップポイントを効率よく稼ぐためには、短期的な利益狙いよりも、中長期的な取引を検討することが有益です。

また、どの戦略を選択するとしても共通にして言えることですが、リスク管理は欠かせません。

ストップロスを設定し、自分が許容できるリスク範囲内で取引を行うことが、長期的にスワップポイントを効率よく稼ぐ上で重要です。

Titan FXのスワップポイントを他社と比較

次に、TitanFXと他の海外FX会社のスワップポイントを比べてみましょう。

比較する会社は、AXIORYXMExnessFXGTの4社です。

人気の高い銘柄を抜粋し、それぞれのロングスワップとショートスワップをそれぞれ一覧表にしています。

TitanFXと他社ロングスワップ比較
スクロールできます
銘柄TitanFXXMTradingFXGTExnessAXIORY
XAUUSD
ゴールド/米ドル
-33.10-31.23-32.3−35-32.347
USDJPY
米ドル/日本円
15.211.6711.3709.815
GBPJPY
ポンド/日本円
19.421.6720.87011.412
EURJPY
ユーロ/日本円
12.811.7714.1308.024
AUDJPY
豪ドル/日本円
8.506.658.5406.187
GBPUSD
ポンド/米ドル
-3.61-4.38-4.06−0.18708
-4.64
EURUSD
ユーロ/米ドル
-7.47-8.48-7.87−0.67162-7.14
AUDUSD
豪ドル/米ドル
-4.50-4.35-4.21−0.31774-4.47
USDCAD
米ドル/カナダドル
-1.62-2.33-2.060-0.93
EURGBP
ユーロ/ポンド
-5.42-5.75-6.31−0.51599-5.88
TRYJPY
トルコリラ/日本円
1.842.2
ZARJPY
南アフリカランド/日本円
1.5000.674
MXNJPY
メキシコペソ/日本円
2.41
0
TitanFXと他社のロングスワップ比較
TitanFXと他社のショートスワップ比較
スクロールできます
銘柄TitanFXXMTradingFXGTExnessAXIORY
XAUUSD
ゴールド/米ドル
23.2017.6714.88−2.69.522
USDJPY
米ドル/日本円
-24.5-27.21-31.91−2.89572-27.67
GBPJPY
ポンド/日本円
-31.5-32.94-35.63−3.38074-32.34
EURJPY
ユーロ/日本円
-19.6-22.93-23.57−2.32109-21.31
AUDJPY
豪ドル/日本円
-12.8-15.35-16.26−1.37485-13.21
GBPUSD
ポンド/米ドル
-2.23-3.18-3.16−0.11063-3.62
EURUSD
ユーロ/米ドル
2.741.521.9301.91
AUDUSD
豪ドル/米ドル
0.370.550.30-1.34
USDCAD
米ドル/カナダドル
-5.06-6.13-5.66−0.34527-4.97
EURGBP
ユーロ/ポンド
-0.400.951.1900.08
TRYJPY
トルコリラ/日本円
-13.71-3.798
ZARJPY
南アフリカランド/日本円
-2.27−1.88855-1.471
MXNJPY
メキシコペソ/日本円
-3.02−31.7276
TitanFXと他社のショートスワップ比較

Titan FXのスワップポイントは、ロングスワップとショートスワップともにマイナスが大きくなっています

クロス円など日本人に人気の通貨ペアでは、それほどスワップポイントによる利益の期待は持てません。

長期保有をする時には、スワップポイントによるコストに注意して取引しましょう。

スワップポイントにトレード結果を左右されたくないという方は、スワップフリーの利用がおすすめです。TitanFXではスワップフリーサービスが提供されていませんが、XMのKIWAMI極口座や、FXGTExnessの一部の取引銘柄ではスワップフリーとなっています。

Titan FXのスワップポイント一覧

TitanFXでの取り扱い銘柄全てのスワップポイントは下記の通りです。

各銘柄ごとに異なった数値となっているので、しっかりと確認しておきましょう。

メジャー通貨ペアのスワップポイント

Titan FXのメジャー通貨ペアのスワップポイントは以下の通りです。

TitanFXのメジャー通貨ペアのスワップポイント
メジャー通貨ペアロングスワップショートスワップ
USDJPY
(米ドル/日本円)
15.2-24.5
EURJPY
(ユーロ/日本円)
12.8-19.6
GBPJPY
(ポンド/日本円)
19.4-31.5
AUDJPY
(豪ドル/日本円)
8.5-12.8
CADJPY
(カナダドル/日本円)
12.1-17.3
NZDJPY
(NZドル/日本円)
10.6-14.8
CHFJPY
(スイスフラン/日本円)
7.5-13.2
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
-7.472.74
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
-3.61-2.23
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
-4.50.37
NZDUSD
(NZドル/米ドル)
-1.85-1.81
USDCAD
(米ドル/カナダドル)
-1.62-5.06
USDCHF
(米ドル/スイスフラン)
6.92-11.5
EURGBP
(ユーロ/ポンド)
-5.42-0.4
EURAUD
(ユーロ/豪ドル)
-5.67-2.41
EURCHF
(ユーロ/スイスフラン)
3.09-8.25
EURCAD
(ユーロ/カナダドル)
-8.571.36
EURNZD
(ユーロ/NZドル)
-133.89
GBPAUD
(ポンド/豪ドル)
1.03-12.5
GBPCAD
(ポンド/カナダドル)
-2.92-5.6
GBPNZD
(ポンド/NZドル)
-6.87-3.69
GBPCHF
(ポンド/スイスフラン)
10.4-13
AUDCAD
(豪ドル/カナダドル)
-4.5-0.75
AUDCHF
(豪ドル/スイスフラン)
3.23-6.75
AUDNZD
(豪ドル/NZドル)
-6.50.96
NZDCAD
(NZドル/カナダドル)
-1.45-3.48
NZDCHF
(NZドル/スイスフラン)
3.68-7.48
TitanFXのメジャー通貨ペアのスワップポイント

Titan FXのメジャー通貨ではプラススワップがそれほど大きくありません

そのため、メジャー通貨でスワップ益だけで十分な利益を得ようとすると、かなり長期間のポジション保有か、大きな取引量が必要となります。

また、プラススワップの数値が小さいのとは対象的に、マイナススワップの数値が大きいものがいくつかあります

GBP/CHFのショートスワップのようなマイナススワップの大きな通貨ペアを取引する時には、スワップによるコストも考慮して取引しましょう。

マイナー通貨ペアのスワップポイント

Titan FXのマイナー通貨ペアのスワップポイントは以下の通りです。

TitanFXのマイナー通貨ペアのスワップポイント
マイナー通貨ペアロングスワップショートスワップ
ZARJPY
(南アフリカランド/日本円)
1.5-2.27
NOKJPY
(ノルウェークローネ/日本円)
1.34-1.84
SEKJPY
(スウェーデンクローナ/日本円)
1.23-1.79
CNHJPY
(中国人民元/日本円)
1.08-2.42
MXNJPY
(メキシコペソ/日本円)
2.41-3.02
THBJPY
(タイランドバーツ/日本円)
-0.39-1.58
SGDJPY
(シンガポールドル/日本円)
8.17-14.3
CADCHF
(カナダドル/スイスフラン)
3.79-8.28
CHFSGD
(スイスフラン/シンガポールドル)
-13.53.06
USDCNH
(米ドル/中国人民元)
-22.8-74.3
USDCZK
(米ドル/チェココルナ)
-1673.78
USDMXN
(米ドル/メキシコペソ)
-527154
USDSGD
(米ドル/シンガポールドル)
-0.33-11.6
USDTHB
(米ドル/タイランドバーツ)
-11.1-7.18
USDZAR
(米ドル/南アフリカランド)
-27254
USDNOK
(米ドル/ノルウェークローネ)
8.91-70.1
USDPLN
(米ドル/ポーランドズウォチ)
-41.31.22
USDSEK
(米ドル/スウェーデンクローナ)
14-77.8
USDTRY
(米ドル/トルコリラ)
-1278.3-378.26
EURCZK
(ユーロ/チェココルナ)
-29841.3
EURSGD
(ユーロ/シンガポールドル)
-4.06-5.66
EURZAR
(ユーロ/南アフリカランド)
-429131
EURNOK
(ユーロ/ノルウェークローネ)
-37.5-20.2
EURPLN
(ユーロ/ポーランドズウォチ)
-65.216.4
EURSEK
(ユーロ/スウェーデンクローナ)
-29.2-24.7
EURTRY
(ユーロ/トルコリラ)
-1907.07-658.93
GBPSGD
(ポンド/シンガポールドル)
2.37-13.2
GBPTRY
(ポンド/トルコリラ)
-2037.07-30.76
GBPNOK
(ポンド/ノルウェークローネ)
2.53-93
GBPSEK
(ポンド/スウェーデンクローナ)
4.63-96.8
AUDSGD
(豪ドル/シンガポールドル)
-2.06-4.36
NOKSEK
(ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ)
-1.4-3.83
TitanFXのマイナー通貨ペアのスワップポイント

TitanFXのマイナー通貨ペアのスワップポイントの特徴としては、プラススワップの数値もマイナススワップの数値も大きいということが挙げられます。

スワップによる利益を狙いやすい数値設定といえますが、逆にマイナススワップの銘柄でポジションを長期保有してしまうと、それだけコストがかかってしまいます。

日を跨いでポジションを保有することになった場合、スワップのコストも考慮した上でトレード判断をするようにしましょう。

仮想通貨のスワップポイント

TitanFXの仮想通貨のスワップポイントは以下の通りです。

TitanFXの仮想通貨のスワップポイント
仮想通貨銘柄ロングスワップショートスワップ
BTCJPY
ビットコイン/日本円
-25-15
BTCUSD
ビットコイン/米ドル
-25-15
BCHJPY
ビットコインキャッシュ/日本円
-25-15
BCHUSD
ビットコインキャッシュ/米ドル
-25-15
ETHJPY
イーサリアム/日本円
-25-15
ETHUSD
イーサリアム/米ドル
-25-15
LTCJPY
ライトコイン/日本円
-25-15
LTCUSD
ライトコイン/米ドル
-25-15
XRPJPY
リップル/日本円
-25-15
XRPUSD
リップル/米ドル
-25-15
LNKJPY
チェーンリンク/日本円
-25-15
LNKUSD
チェーンリンク/米ドル
-25-15
XLMJPY
ステラ/日本円
-25-15
XLMUSD
ステラ/米ドル
-25-15
DOTJPY
ポルカドット/日本円
-25-15
DOTUSD
ポルカドット/米ドル
-25-15
EOSJPY
イオス/日本円
-25-15
EOSUSD
イオス/米ドル
-25-15
BNBJPY
バイナンスコイン/米ドル
-25-15
BNBUSD
バイナンスコイン/米ドル
-25-15
UNIJPY
ユニスワップ/米ドル
-25-15
UNIUSD
ユニスワップ/米ドル
-25-15
ADAJPY
エイダコイン/日本円
-25-15
ADAUSD
エイダコイン/米ドル
-25-15
AVXJPY
アバランチ/日本円
-25-15
AVXUSD
アバランチ/米ドル
-25-15
DOGJPY
ドージコイン/日本円
-25-15
DOGUSD
ドージコイン/米ドル
-25-15
SOLJPY
ソラナ/日本円
-25-15
SOLUSD
ソラナ/米ドル
-25-15
MATJPY
ポリゴン/日本円
-25-15
MATUSD
ポリゴン/米ドル
-25-15
XTZJPY
テゾス/米ドル
-25-15
XTZUSD
テゾス/米ドル
-25-15
TitanFXの仮想通貨のスワップポイント

2023年9月時点での仮想通貨のスワップポイントは全て一律となっています。

ただし、全てのスワップポイントがマイナスです。

今後変更される可能性はありますが、現状、仮想通貨でのスワップトレードは不可能となっています。

貴金属(メタル)のスワップポイント

TitanFXの貴金属(メタル)のスワップポイントは以下の通りです。

TitanFXの貴金属(メタル)のスワップポイント
貴金属銘柄ロングスワップショートスワップ
XAUJPY
金/日本円
-38.40-45.60
XAUUSD
金/米ドル
-33.1023.20
XAUEUR
金/ユーロ
-22.0015.5
XAUAUD
金/豪ドル
-40.2029.70
XAUGBP
金/ポンド
-25.2019.30
XAUCHF
金/スイスフラン
-12.403.78
XAGUSD
銀/米ドル
-0.410.31
XAGEUR
銀/ユーロ
-0.280.18
XAGAUD
銀/豪ドル
-0.500.35
XPDUSD
パラジウム/米ドル
-25.10-4.65
XPTUSD
プラチナ/米ドル
-20.70-2.65
TitanFXの貴金属(メタル)のスワップポイント

2023年9月時点では、貴金属でスワップトレードをしたいなら、ショートスワップの数値が大きいXAU/AUD(金/豪ドル)がおすすめです。

貴金属は安全資産という側面も持つため、経済状況によっては長期保有がしやすいケースもあります。

各銘柄の特徴を上手に活かして取引を行いましょう。

原油(エネルギー)のスワップポイント

Titan FXの原油(エネルギー)のスワップポイントは以下の通りです。

TitanFXの原油(エネルギー)のスワップポイント
原油銘柄ロングスワップショートスワップ
XTIUSD
WTI原油/米ドル
1.83-16.0
XBRUSD
ブレント原油/米ドル
-1.59-11.9
XNGUSD
天然ガス/米ドル
-9.74-4.29
TitanFXの原油(エネルギー)のスワップポイント

2023年9月時点では、XTI/USD(WTI原油/米ドル)のロングスワップのみプラススワップとなっていますが、その数値はあまり大きくありません。

スワップポイントで利益を得たいなら、他の銘柄を長期保有するほうがおすすめです。

株価指数(インデックス)のスワップポイント

Titan FXの株価指数(インデックス)のスワップポイントは以下の通りです。

TitanFXの株価指数(インデックス)のスワップポイント
株価指数銘柄ロングスワップショートスワップ
JPY225
日経225
-13.60-14.80
US30
ダウ平均株価指数
-67.00-17.90
US500
S&P500
-9.45-1.86
NAS100
ナスダック100
-29.70-7.51
EUSTX50
欧州株価指数
-7.09-0.75
UK100
イギリス株価指数
-16.80-2.21
GER30
ドイツ株価指数
-29.00-1.28
FRA40
フランス40株価指数
-11.30-1.62
AUS200
オーストラリア株価指数
-12.10-2.08
CAN60
S&Pトロント60指数
-3.15-0.08
CN50
FTSE中国50インデックス
-17.50-3.76
HK50
香港株価指数
-35.87-8.97
HSCEI
香港ハンセン総合指数
-12.83-0.57
NETH25
オランダ株価指数
-2.08-0.72
SING30
ストレーツ・タイムス指数
-1.42-0.83
SWISS20
スイス株価指数
-0.38-0.38
TWFTSE
FTSE台湾
-2.16-1.05
US2000
ラッセル2000
-4.63-2.25
USDX
ドル指数
-1.74-22.56
VIX
VIX恐怖指数
-7.93-6.81
TitanFXの株価指数(インデックス)のスワップポイント

2023年9月時点では、どの銘柄、どのポジションであってもプラススワップがないため、長期保有をすると損失が発生します。

スワップポイントで利益を得たい方は、株価指数(インデックス)以外の銘柄を長期保有してください。

米国株式のスワップポイント

Titan FXの米国株式のスワップポイントは以下の通りです。

TitanFXの米国株式のスワップポイント
米国株銘柄ロングスワップショートスワップ
ADP
オートマチック・データ・プロセッシング
-2.73-2.27
AMD
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ
-2.73-2.27
ActivisionBlizzard
アクティビジョン・ブリザード
-2.73-2.27
Adobe
アドビ
-2.73-2.27
Alphabet
アルファベット
-2.73-2.27
Amazon
アマゾン
-2.73-2.27
Amgen
アムジェン
-2.73-2.27
Apple
アップル
-2.73-2.27
Biogen
バイオジェン
-2.73-2.27
BookingHoldings
ブッキング・ホールディングス
-2.73-2.27
Broadcom
ブロードコム
-2.73-2.27
CME
CMEグループ
-2.73-2.27
CSX
CSXコーポレーション
-2.73-2.27
CharterCommunications
チャーター・コミュニケーションズ
-2.73-2.27
Cisco
シスコ・システムズ
-2.73-2.27
Comcast
コムキャスト
-2.73-2.27
Costco
コストコ
-2.73-2.27
eBay
イーベイ
-2.73-2.27
ElectronicArts
エレクトロニック・アーツ
-2.73-2.27
Equinix
エクイニクス
-2.73-2.27
Expedia
エクスペディア
-2.73-2.27
Facebook
フェイスブック
-2.73-2.27
GileadSciences
ギリアド・サイエンシズ
-2.73-2.27
21stCenturyFox
21世紀フォックス
-2.73-2.27
Intel
インテル
-2.73-2.27
Zoom
ズーム
-2.73-2.27
Intuit
インテュイット
-2.73-2.27
IntuitiveSurgical
インテュイティヴ・サージカル
-2.73-2.27
Microsoft
マイクロソフト
-2.73-2.27
Moderna
モデルナ
-2.73-2.27
Mondelez
モンデリーズ
-2.73-2.27
NVIDIA
エヌビディア
-2.73-2.27
Netflix
ネットフリックス
-2.73-2.27
Novavax
ノババックス
-2.73-2.27
PayPal
ペイパル
-2.73-2.27
Pepsi
ペプシコーラ
-2.73-2.27
QUALCOMM
クアルコム
-2.73-2.27
RegeneronPharmaceuticals
リジェネロン・ファーマシューティカルズ
-2.73-2.27
Starbucks
スターバックス
-2.73-2.27
TMobile
T-モバイル
-2.73-2.27
Tesla
テスラ
-2.73-2.27
TexasInstruments
テキサス・インスツルメンツ
-2.73-2.27
TripAdvisor
トリップアドバイザー
-2.73-2.27
TrivagoAdr
トリバゴ
-2.73-2.27
VertexPharmaceuticals
バーテックス・ファーマシューティカルズ
-2.73-2.27
WalgreensBoots
ウォルグリーン・ブーツ
-2.73-2.27
WynnResorts
ウィン・リゾーツ
-2.73-2.27
AT&T
エイティアンドティ
-2.73-2.27
AbbVie
アッヴィ
-2.73-2.27
Abbott
アボット・ラボラトリーズ
-2.73-2.27
Alibaba
アリババ
-2.73-2.27
Altria
アルトリア・グループ
-2.73-2.27
AmericanTower
アメリカン・タワー
-2.73-2.27
Amex
アメリカン・エキスプレス
-2.73-2.27
BankofAmerica
バンク・オブ・アメリカ
-2.73-2.27
BestBuy
ベスト・バイ
-2.73-2.27
BeyondMeat
ビヨンド・ミート
-2.73-2.27
Boeing
ボーイング
-2.73-2.27
Bristol-MyersSquibb
ブリストル・マイヤーズスクイブ
-2.73-2.27
CVS
CVSヘルス
-2.73-2.27
Carnival-US
カーニバル・コーポレーション
-2.73-2.27
Chevron
シェブロン
-2.73-2.27
Citigroup
シティグループ
-2.73-2.27
Coca-Cola
コカ・コーラ
-2.73-2.27
Disney
ディズニー
-2.73-2.27
ExxonMobil
エクソンモービル
-2.73-2.27
Ford
フォード・モーター
-2.73-2.27
GeneralElectric
ゼネラル・エレクトリック
-2.73-2.27
HomeDepot
ホームデポ
-2.73-2.27
IntBusinessMach
インターナショナル・ビジネス・マシンズ
-2.73-2.27
JPMorgan
JPモルガン・チェース
-2.73-2.27
Johnson&Johnson
ジョンソン・エンド・ジョンソン
-2.73-2.27
LockheedMartin
ロッキード・マーティン
-2.73-2.27
3M
スリーエム
-2.73-2.27
Macys
メイシーズ
-2.73-2.27
YumBrands
ヤム・ブランズ
-2.73-2.27
Mastercard
マスターカード
-2.73-2.27
McDonalds
マクドナルド
-2.73-2.27
Merck&Co
メルク・アンド・カンパニー
-2.73-2.27
NIKE
ナイキ
-2.73-2.27
Oracle
オラクル
-2.73-2.27
Pfizer
ファイザー
-2.73-2.27
PhilipMorris
フィリップモリス
-2.73-2.27
Procter&Gamble
P&G
-2.73-2.27
ResMed-US
レスメド
-2.73-2.27
RoyalCaribbean
ロイヤル・カリビアン
-2.73-2.27
SonyCorp
ソニー
-2.73-2.27
Spotify
スポティファイ
-2.73-2.27
Sysco
シスコ
-2.73-2.27
Target
ターゲット
-2.73-2.27
ThermoFisher
サーモフィッシャーサイエンティフィック
-2.73-2.27
UBER
ウーバー
-2.73-2.27
UPS
ユナイテッド・パーセル・サービス
-2.73-2.27
UnitedHealth
ユナイテッドヘルス
-2.73-2.27
Verizon
ベライゾン・コミュニケーションズ
-2.73-2.27
Visa
ビザ
-2.73-2.27
Walmart
ウォルマート
-2.73-2.27
WellsFargo
ウェルズ・ファーゴ
-2.73-2.27
WesternUnion
ウエスタンユニオン
-2.73-2.27
TitanFXの米国株式のスワップポイント

米国株式のスワップは全て一律となっていて、ポイント単位で示される他の銘柄のスワップポイントとは異なり、パーセント単位でのスワップポイントとなっています。

例えばAmazonのケースでは、「ロングスワップ:-2.73、ショートスワップ:-2.27」と表示されており、これは年利-2.73%のスワップを意味するので、日本円に換算すると「ロングスワップ:-0.84円、ショートスワップ:-1.01円」ということになります。

他の銘柄とは少し違った計算になるので注意しましょう。

ソフトコモディCFDのスワップポイント

Titan FXのソフトコモディCFDのスワップポイントは以下の通りです。

Titan FXのソフトコモディCFDのスワップポイント
銘柄ロングスワップショートスワップ
COCOA/USD
(ココア/米ドル)
-73.88-21.14
COFFEE ARABICA/USD
(コーヒーアラビカ/米ドル)
4.88-8.19
COFFEE ROBUSTA/USD
(コーヒーロブスタ/米ドル)
43.02-66.66
COPPER/USD
(銅/米ドル)
-4.27-2.37
CORN/USD
(コーン/米ドル)
-41.42-88.96
COTTON/USD
(綿/米ドル)
-8.61-0.61
SOYBEAN/USD
(大豆/米ドル)
100.18-114.49
SUGAR/USD
(砂糖/米ドル)
1.99-6.11
US HEATING OIL/USD
(ヒーティングオイル/米ドル)
1.99-7.01
WHEAT/USD
(小麦/米ドル)
-25.9719.19
Titan FXのソフトコモディCFDのスワップポイント

ソフトコモディでスワップトレードするなら、SOYBEAN/USD(大豆/米ドル)がおすすめです。

ただし、買いポジションで「100.18」ポイントですが、売りポジションでは「-114.49」ポイントになっているので注意が必要です。

Titan FXで発生中のスワップポイントの確認方法

Titan FXでは取引プラットフォームとしてMetaTrader4(MT4)とMetaTrader5(MT5)が提供されています。

スワップポイントは、このMT4/MT5の気配値から確認することが可能です。

スワップポイントを確認したい場合は、MT4かMT5をインストールして、以下の操作を行いましょう。

  • MT4/MT5を開いたら、気配値欄で任意の通貨ペアを選び、右クリックで「仕様」を選択
  • 選択後、仕様画面の中で、スワップポイントを確認

カスタムインジケーターを使ってスワップポイントを確認する方法もありますが、カスタムインジケーターの導入が必要になるため手間がかかってしまいます。

リアルタイムでスワップポイントを手軽に確認するなら、MT4/MT5上の気配値から行うのがおすすめです。

Titan FXのスワップポイントの注意点

最後に、Titan FXのスワップポイントを取引扱う際の注意点について確認していきましょう。

Titan FXのスワップポイントの注意点は、以下の3点です。

それぞれ順番に詳しい内容を解説していきます。

マイナススワップの銘柄が多い

スワップポイント一覧を見ていると、Titan FXではマイナススワップの通貨ペアが多いことに気付く方もいらっしゃるでしょう。

この傾向は、Titan FXに限らず、海外FX業者全般に見られる現象です。

海外FX業者が国内FX業者に比べてスワップポイントの条件が不利になる要因として、次のような理由が考えられます。

  • 規制の相違点
  • 取引コストの違い
  • 扱う通貨ペアの差

国内FX業者は日本の金融庁の厳格な規制が適用されていますが、海外FX業者は所持している国のライセンスに基づく規制が適用されます。

異なるライセンスは異なる規制を伴い、これがスワップポイントに大きな違いをもたらすことがあります

さらに、いくつかの海外FX業者は取引手数料を抑えることをアピールしている一方で、それによってスワップポイントが下がる場合があります。

この原因は、取引コストがスワップポイントに反映されていることにあります。

また、国内FXと比較して海外FX業者が取り扱う通貨ペアの種類が多いことも、マイナススワップの通貨ペアが増える理由の一つです。

海外FXでは様々な通貨ペアが扱われ、金利差の大きな通貨ペアも存在するため、海外FX業者でマイナススワップポイントの通貨ペアが多く見られることがあります。

スワップが3倍になる水曜日の持ち越しに注意

Titan FXをはじめとする多くの海外FX業者では、水曜日から木曜日にかけてのロールオーバー時に週末のスワップも含まれるため、留意が求められます。

3倍スワップポイント付与曜日対象銘柄
月曜日
(金曜日から月曜日のロールオーバー時)
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
ソフトコモディティCFD
木曜日
(水曜日から木曜日のロールオーバー時)
FX通貨ペア
貴金属CFD
土曜日
(金曜日から土曜日のロールオーバー時)
仮想通貨CFD
3倍スワップポイント付与曜日

プラススワップの場合、利益が3倍になりますが、マイナススワップの場合はコストも3倍に増加してしまうため注意しておかなくてはなりません。

マイナススワップによるコストを避けたい場合は、FX通貨ペア・貴金属CFDであれば木曜日の朝7時(サマータイムでは朝6時)前にポジションを解消しておくことが望ましいです。

スワップポイント狙いのハイレバ取引は避ける

Titan FXでは、最大500倍のレバレッジ(「Zeroマイクロ口座」は、最大レバレッジが1,000倍)が利用できます。

数千倍のレバレッジが利用できるブローカーも少なくない海外FXにとって、500倍という数値は低いように感じられますが、Titan FXでは口座残高やポジション保有数によるレバレッジ制限がありません

そのため、大きなポジションであってもハイレバレッジが利用できてしまいます。

CFD銘柄も最大500倍のレバレッジが利用でき、ハイレバレッジ取引が可能ですが、スワップポイント狙いでハイレバレッジ取引をするのはおすすめできません

スワップポイントは基本的には長期間ポジションを保有するので、ロスカットされないことが何よりも重要です。

しかし、レバレッジをかけすぎると少しの値動きでも含み損が大きくなってしまい、ロスカットされやすくなってしまいます

スワップポイント狙いでポジションを長期保有する時には、レバレッジをかけすぎないように注意してください。

Titan FXのスワップポイントに関するよくある質問

スワップポイントとは何ですか?

スワップポイントとは、取引通貨ペアの金利差に基づいて、保有ポジションに対して毎日発生する損益のことです。翌日に持ち越したポジションに対してスワップポイントが発生します。

Titan FXでは、どのタイミングでスワップポイントが発生しますか?

Titan FXでは、通常、日本時間の午前7時(夏時間では午前6時)にロールオーバーが発生し、スワップポイントが適用されます。

Titan FXでは水曜日にスワップポイントが3倍になりますか?

はい、他の多くの海外FXブローカーと同様に、Titan FXでも水曜日にスワップポイントが3倍となります。

水曜日から木曜日のロールオーバー時には、土・日曜日分のスワップポイントも加算されます。

プラススワップの場合は利益が3倍になりますが、マイナススワップの場合はコストが3倍に増えるのでご注意ください。

Titan FXでスワップポイントを効率よく稼ぐ方法はありますか?

スワップポイントを効率よく稼ぐためには、プラススワップが高い通貨ペアを選び、長期保有する戦略を立てることが効果的です。また、スワップポイント一覧を確認し、最も有利な通貨ペアを選択することが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次