【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

TitanFXはスキャルピング公認!約定力と低スプレッドで有利なトレード環境

TitanFXはスキャルピング公認!約定力と低スプレッドで有利なトレード環境

スキャルピングをするならTitanFXでしょ、というのは以前から海外FX業界を見てきた方にとって共通認識となっています。海外FXのスキャルピング向き業者の中でも上位にランクインします。

独自のZeroPointテクノロジーによって安定した約定や低スプレッドの維持が可能です。

もちろんTitanFXではスキャルピングが禁止されていませんので、好きなだけ高速トレードができます。

TitanFXでのスキャルピングには業界トップクラスの取引スペックを誇るブレード口座がおすすめです。

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TItanFXの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にTItanFXを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:TitanFXの評判・口コミまとめ

目次

TitanFXではスキャルピングに制限なし

TitanFX(タイタンエフエックス)は、スキャルピングに一切の制限がありません。

Titan FX ではスキャルピングはできますか?
はい。スキャルピングの発注頻度、ポジション維持時間などの制限は特にありません。

引用:TitanFX

FX業者の中には、ロット数や頻度によってスキャルピングに制限を設けている場合もあります。

しかし、ロット数や頻度、ポジションの保有期間に関わらず、TitanFXは自由にスキャルピングが可能です。

TitanFXはスキャルピングに適したFX業者

TitanFX(タイタンエフエックス)は、特にスキャルピングに適した海外FX業者です。

スキャルピングで重要なスプレッドの狭さと安定性、そして取引タイミングを逃さない約定力の高さを備えています。

外国為替やフィンテックの豊富な経験と知識を誇るマネージメント及びサポートチームが、FX業界でもトップレベルの取引環境を、全ての個人・機関トレーダーの皆様へご提供致しております。

引用:TitanFXの企業理念

他社のようなボーナスキャンペーンはないものの、機関投資家仕様のトレード環境がTitanFXでスキャルピングをする強みです。

TitanFXでスキャルピングするならブレード口座一択

TitanFX(タイタンエフエックス)でスキャルピングを行う際は「ブレード口座」を使いましょう。

項目ブレード口座
取扱商品FX通貨ペア
仮想通貨CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
株価指数CFD
米国株式CFD
口座通貨日本円
米ドル
ユーロ
シンガポールドル
初回最低入金額200USD相当
通貨単位FX:100,000通貨/ロット
(商品により異なる)
注文方式ECN
スプレッド変動制(狭い)
取引手数料往復7.0/ロット
最小取引単位FX:0.01ロット
(商品により異なる)
最大取引単位FX:100ロット
(商品により異なる)
最大レバレッジ500倍
(商品により異なる)
ロスカット水準20%
ゼロカットあり
両建て可能(同一口座のみ)
EAの制限なし
取引プラットフォームMT4/MT5
(デスクトップ・WEB・モバイル全対応)
Titan FX Social
ボーナスキャンペーン友達紹介
ブレード口座の概要

なぜなら、TitanFXの以下3つの強みがブレード口座で最大限に発揮されるからです。

ここでは、スキャルピングにTitanFXのブレード口座をおすすめする理由を詳しくご紹介します。

約定力&低スプレッドの独自技術

TitanFXでは、安定した約定力と低スプレッドの供給を独自のZeroPointテクノロジーで実現しています。

スクロールできます
通貨ペアスタンダード口座ブレード口座マイクロ口座
USDJPY
(ドル円)
1.33pips1.03pips
(0.33+$7)
1.53pips
EURJPY
(ユーロ円
1.74 pips1.44pips
(0.74+$7)
1.94 pips
GBPJPY
(ポンド円)
2.45 pips2.15pips
(1.45+$7)
2.65pips
EURUSD
(ユーロドル)
1.2pips0.9pips
(0.2+$7)
1.4 pips
GBPUSD
(ポンドドル)
1.57pips1.27pips
(0.57+$7)
1.77pips
XAUUSD
(ゴールド)
2.23 pips2.81pips
(2.11+$7)
2.71 pips
各口座タイプの平均スプレッド・手数料比較

ZeroPointテクノロジーとは、以下の3つで構成されるTitanFX独自の技術です。

  • ZP-ASM:自動スプレッド最小化システム
  • ZP-DLA:ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション
  • ZP-OEO:約定スピード最適化機能

上記の技術によって、ブレード口座は金融機関から常に安定した低スプレッドが供給される状況でスキャルピングが行えます。

通貨ペア&CFD銘柄の取引コストが安い

TitanFXのブレード口座は、通貨ペアだけでなくCFD銘柄に関しても取引コストが安いです。

通常、ブレード口座のように金融市場と直結の方式(ECN方式)を採用している他社口座は、通貨ペアだけが低スプレッドとなります。

実際に取引手数料を踏まえた1週間単位の平均スプレッドを他社と比較してみましょう。

スクロールできます
海外FX業者USDJPY
(米ドル/日本円)
JP225
(日経平均株価)
US30
(ダウ平均株価)
XAU/USD
(金/米ドル)
TitanFX
ブレード口座
1.03pips
(0.33+$7)
8.0pips2.8pips2.1pips
XMTrading
ゼロ口座
1.1pips
(0.1+$10)
7.0pips2.6pips3.1pips
(2.1+$10)
Exness
ロースプレッド口座
0.7pips
(0+$7)
0.01pips
(0+$0.1)
2.7pips
(2.5+$2)
7.0pips
(6.3+$7)
ThreeTrader
Rawゼロ口座
0.6pips
(0.2+$4)
19.0pips2.7pips1.1pips
(0.7+$4)
FXGT
ECN口座
1.59pips
(0.39+$12)
3.0pips
(2.0+$8)
2.48pips
(1.88+$6)
1.48pips
(0.48+$10)
片道取引手数料+スプレッド比較

TitanFXのブレード口座は、通貨ペアだけでなくCFD銘柄も全体的にバランス良く低スプレッドを提示していることが分かります。

ストップレベルゼロで自動売買(EA)も可能

TitanFXのブレード口座は、自動売買(EA)でスキャルピングを行う際にも快適です。

TitanFXでは、EAによる自動売買に関しても、スキャルピングの制限がありません。

また、ストップレベルゼロなので、細かい値幅を狙った自動売買による高頻度取引も可能です。

ストップレベルとは、注文に設定できる市場価格との値幅のことです。ストップレベルがゼロだと、数pips単位の細かな自動売買が運用できます。

TitanFXのブレード口座とその他の口座タイプとの比較は別記事で詳しく解説しています。

TitanFXでスキャルピングをする際の注意点

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)でスキャルピングをする際の注意点として6つの禁止取引をご紹介します。

スキャルピングに制限はないものの、禁止取引に該当すると口座凍結や出金拒否といった罰則対象になるため注意が必要です。

複数口座の両建て取引

TitanFXでは「複数口座の両建て取引」を禁止しています。

両建て

Titan FXでは同一口座内の両建ては行っていただくことが可能ですが、複数口座間や他業者(2業者以上)間でのゼロカット狙い等の両建て取引は禁止させていただいております。

引用元:TitanFX公式サイト>よくある質問>用語集>「両建て」より一部抜粋

複数口座の両建てとは、同一銘柄を対象にA口座で買い、B口座で売り行う取引方法です。

TitanFXに限らず、多くのFX業者はスキャルピングを公認しても、複数口座の両建てを禁止しています。

また、複数口座の両建てには、TitanFXと他社口座間の両建ても禁止取引となるため注意しましょう。

他社口座間の両建ても注文が金融市場に流れる過程で、FX業者に知られる仕組みとなっています。

裁定取引(アービトラージ)

TitanFXでは「裁定取引(アービトラージ)」を禁止しています。

裁定取引とは、各社の提示するスワップポイントや、銘柄のリアルタイム価格の差を狙った取引方法です。

裁定取引の性質上、複数口座の両建てを行う場合やFX業者の不利益に繋がる場合が多く、一般的に他社でも禁止されています。

サーバー間の接続遅延・レートエラーを狙った取引

TitanFXでは「サーバーとの接続遅延やレートエラーだけを狙った取引」を禁止しています。

TitanFXのサーバーや接続環境は、海外FX業者の中でも特に優れているため、基本的には通常の取引で気にする必要はないでしょう。

万が一、サーバーとの接続遅延が発生したら、不利なレートで約定する可能性もあるため、スキャルピングは控えるべきです。

週明けの窓(ギャップ)のみを狙った取引

TitanFXでは「週明けの窓(別名:ギャップ)のみを狙って取引する行為」を禁止しています。

「窓」とは、下図のように相場の急変動によってチャート上に空間ができる現象です。

窓とは

窓は、短時間で注文が殺到しやすい週明けに発生することが多いです。窓だけを取引する行為をTitanFXでは禁止しています。

TitanFXでスキャルピングをする際のコツ

ここでは、TitanFX(タイタンエフエックス)でスキャルピングをする際のコツ以下3つをご紹介します。

スキャルピングに向いている銘柄選定から、細かなリスク管理まで一緒に確認しましょう。

時間帯別のメイン市場を知る

効率よくスキャルピングを行うには、時間帯別のメイン市場を知ることが大切になります。

なぜなら、時間帯に応じたメイン市場に応じて、値動きの大きい通貨ペアが異なるからです。

以下の時間帯別のメイン市場を参考に、自分が取引する時間帯はどの通貨ペアが動きやすいかを確認しましょう。

時間帯(日本時間)メイン市場関連通貨
午前8時~午後3時東京市場日本円
シンガポールドル
オーストラリアドル
午後4時~翌午前1時ロンドン市場ユーロポンド
午後9時~翌午前6時ニューヨーク市場米ドル
時間帯別のメイン市場と通貨

値動きの大きい通貨ペア・銘柄を選ぶ

TitanFXでスキャルピングをするなら、値動きの大きい通貨ペア・銘柄を対象にトレードすると良いでしょう。

TitanFXは、マイナーな通貨ペア・銘柄でも約定力が落ちることなく、スキャルピングが快適です。

例:ボラティリティの大きい通貨ペア・銘柄
  • ドル円以外のクロス円通貨ペア(EURJPY・GBPJPYなど)
  • 欧州系通貨ペア(EURGBP・GBPUSDなど)
  • ゴールド(XAUUSD)

ボラティリティの大きい通貨ペアは、欧州系の通貨ペアやドル円以外のクロス円通貨ペアが挙げられます。

また、CFD銘柄では1日当たり平均200~300pips程度の変動があるゴールドもおすすめです。

必要証拠金とリスクリワードを考える

取引する時間帯や対象銘柄を選んだら、次は必要証拠金とリスクリワードを考えましょう。

TitanFXは、口座残高によるレバレッジ制限がなく、常に最大500倍レバレッジでスキャルピングに専念できます。

最大500倍レバレッジで取引する際の必要証拠金の目安は以下の通りです。

通貨ペア1ロット当たりの
必要証拠金
0.1ロット当たりの
必要証拠金
USDJPY
換算レート:149.375
29,875円2,987円
EURUSD
換算レート:1.05865
31,627円3,162円
GBPUSD
換算レート:1.21970
36,438円3,643円
XAUUSD
換算レート:1875.85
56,041円5,604円
必要証拠金の目安

例えば、通貨ペアの取引は約3万円の必要証拠金で1ロットのポジションが建てられます。

必要証拠金の目安が分かったら、次にリスクリワードを考えた取引を行いましょう。

(例)リスクリワードの簡単な考え方

例えば、リスクリワードが「3:1」の場合は、1回の勝ちトレードの利益が3回の負けトレードの利益に相当します。

  • 1回の勝ち当たりの利益が3,000円
  • 1回の負け当たりの損失が1,000円
  • 1回の勝ち=3回の負け分の損失額と同じ

つまり、4回の取引で少なくとも1回勝てば、口座残高が減ることはありません。

リスクリワードの優れた取引ほど、1回の利益が1回の負けより多くなるため求められる勝率も下がります。

仮にリスクリワード3:1のトレード戦略でスキャルピングを行った場合に求められる勝率は25%です。

TitranFXでスキャルピングが勝てない場合は?

ここでは、TitanFXでスキャルピングをしても勝てない場合の解決策として以下3つをご紹介します。

スキャルピングで無理に勝つ必要はなく、スイングトレードを他社口座で行うなど自分に合った方法で資金を運用しましょう。

スイングトレードとは、数日間ポジションを保有して利益を狙う取引方法です。

スキャルピングより、取引期間が長いため、判断スピードはさほど重視されません。

XMTradingでスイングトレード

TitanFXでスキャルピングが勝てない場合「XMTrading(エックスエム)」でスイングトレードを試してみましょう。

XMTradingは、TitanFXの最大500倍レバレッジより高い、最大1,000倍レバレッジを実装しています。

スワップフリーも実装しているため、ポジションを持ち越しても、マイナススワップを支払う必要がありません。

XMTradingのスワップフリー銘柄をみる
KIWAMI極口座のスワップフリー
  • AUDCAD
  • AUDCHF
  • AUDJPY
  • AUDNZD
  • AUDUSD
  • CADCHF
  • CADJPY
  • CHFJPY
  • EURAUD
  • EURCHF
  • EURGBP
  • EURJPY
  • EURNZD
  • EURUSD
  • GBPAUD
  • GBPCAD
  • GBPCHF
  • GBPJPY
  • GBPNZD
  • GBPUSD
  • NZDCAD
  • NZDCHF
  • NZDJPY
  • NZDUSD
  • USDCAD
  • USDCHF
  • USDJPY
  • GOLD
  • SILVER
全口座タイプのスワップフリー
  • 仮想通貨CFDの全銘柄
  • 株価指数CFDの先物銘柄

また、総額10,500ドル相当以上の各種ボーナスでトレード資金を調達でき、ポジションを長く維持するスイングトレードに最適です。

FXGTでスイングトレード

TitanFXでスキャルピングが勝てない場合「FXGT(エフエックスジーティー)」でスイングトレードを試してみましょう。

FXGTでは最大1,000倍のレバレッジで仮想通貨CFD(ビットコインなど)の取引が可能です。

さらに、以下の仮想通貨CFDに関しては、スワップフリーも実現しており、有利にスイングトレードが可能です。

FXGTの仮想通貨CFDでスワップフリーの銘柄をみる
  • ビットコイン:BTCUSD/BTCJPY/BTCEUR
  • リップル:XRPUSD/XRPJPY/XRPEUR/XRPBTC
  • イーサリアム:ETHUSD/ETHJPY/ETHEUR/ETHBTC
  • ビットコインキャッシュ:BCHUSD/BCHJPY/BCHEUR
  • ライトコイン:LTCUSD/LTCJPY/LTCEUR/LTCBTC
  • ドージコイン:DOGUSD
  • シバイヌコイン:SHBUSD
  • ステラルーメン:XLMUSD/XLMJPY/XLMEUR/XLMBTC
  • カルダノ:ADAUSD/ADAJPY/ADAEUR/ADABTC
  • ポルカドット:DOTUSD/DOTJPY/DOTEUR/DOTBTC

仮想通貨CFDは、値動きが激しいため、スキャルピングよりもスイングトレードの方が初心者にとって扱いやすいでしょう。

TitanFXのコピートレードで運用を任せてみる

TitanFXで、どうしても短期間で利益が狙いやすいスキャルピングで口座を運用したい場合は「Titan FX Social」がおすすめです。

Titan FX Socialとは、TitanFXが運営するコピートレードのサービスになります。

ペリカントレーディング社により開発されたTitan FX Social(タイタンFXソーシャル)は、iOS、アンドロイドどちらにも対応したモバイルアプリで、有名なトレーダーや優良な取引実績のトップトレーダーをフォローしたり、その戦略を簡単にコピーすることを可能にします。

引用:Titan FX Socialのコピートレード

利用料は、トレードの利益から自動的に差し引かれるため、初心者でも気軽に始めることが可能です。

スキャルピングが苦手な方は、スキャルピングが得意なトレーダーにコピートレードで運用を任せましょう。

TitanFXのスキャルピングに関するよくある質問

TitanFXでスキャルピングはできますか?

はい、TitanFXはスキャルピングが可能です。

TitanFXで自動売買(EA)はできますか?

はい、TitanFXは自動売買(EA)が可能です。

TitanFXでスキャルピングにおすすめの口座タイプは?

TitanFXでスキャルピングにおすすめの口座タイプは「ブレード口座」です。ブレード口座は、注文が金融市場と直結のNDD ECN方式を採用しており、低スプレッドと約定力に優れています。

TitanFXの最大ロットは?

TitanFXでは、最大100ロットの同時注文が可能です。

TitanFXでは経済指標の発表時でもスキャルピングができますか?

はい、TitanFXでは経済発表時でも通常通りにスキャルピングが可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次