【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

TitanFXでおすすめの入金方法は?5種類の入金方法について解説

TitanFXでおすすめの入金方法は?5種類の入金方法について解説

TitanFXは、「国内銀行送金」・「クレジット/デビットカード」・「bitwallet(ビットウォレット)」・「STICPAY(スティックペイ)」・「仮想通貨(暗号資産)」の5種類の入金方法に対応しています。

「bitwallet(ビットウォレット)」は、多くの海外FX業者が対応している入金方法で最低入金額「110円」・即時反映と非常に使いやすい方法の1つです。

ただし、入金方法ごとに最低・最大入金額・反映時間が異なっているのでしっかりと確認しておきましょう。

TItanFXの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にTItanFXを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:TitanFXの評判・口コミまとめ

目次

Titan FXでの入金時の基本ルール

Titan FXでは、「国内銀行送金」「クレジット/デビットカード」「bitwallet(ビットウォレット)」「STICPAY(スティックペイ)」「仮想通貨(暗号資産)」の5種類の入金方法が提供されています。

スクロールできます
入金方法最低入金額最高入金額反映時間手数料
国内銀行送金10,000円~1,000万円1時間~1営業日以内無料
クレジット/デビットカード1円~1,000万円即時無料
bitwallet
(ビットウォレット)
110円~1,000万円即時無料
STICPAY
(スティックペイ)
3,000円~1,000万円即時無料
仮想通貨
(暗号資産)
6,891円~5,742,300円即時無料
Titan FXの入金方法一覧

まずは、TitanFXの入金方法についての基本情報を確認していきましょう。

全ての入金方法において入金手数料無料

TitanFXでは全ての入金方法において手数料が発生しません

入金方法入金手数料
国内銀行送金無料
クレジット/デビットカード無料
bitwallet
(ビットウォレット)
無料
STICPAY
(スティックペイ)
無料
仮想通貨
(暗号資産)
無料
Titan FXの入金手数料一覧

しかし、これは「入金媒体→Titan FX」への手数料が無料ということであって、入金媒体への送金の時にお金がかかるケースがあります。

例えば、国内銀行送金の場合、振込手続きに伴う手数料(0~880円)と、円建て以外の取引口座への入金時に発生する両替手数料(2%)は自己負担です。

また、オンラインウォレットへの送金手数料も自己負担となり、それぞれの手数料は以下のようになっています。

入金方法bitwalletSTICPAY
クレジットカード
デビットカード
8%〜
(※カードブランドによる)
・VISAとMastercardは3.85%
・UnionPayは5%
銀行送金0円〜2.00%
オンラインウォレットへ入金する際の手数料

仮想通貨のトランザクションフィーなども自己負担となるので、そういったコストも計算した上で、どの入金手段がいいか検討しましょう。

入金手続き後、即時に取引口座へ資金が反映

TitanFXで入金申請から口座へ反映されるまでの時間は以下の通りです。

入金方法口座反映時間
国内銀行送金1時間~1営業日以内
クレジット/デビットカード即時
bitwallet
(ビットウォレット)
即時
STICPAY
(スティックペイ)
即時
仮想通貨
(暗号資産)
即時
Titan FXの入金方法ごとの口座反映時間

国内銀行送金の場合は、Titan FXにて着金を確認後、1時間~1営業日以内に入金が反映されます

他の入金手段では、入金申請から即時口座反映されます。

ただし、仮想通貨ではブロックチェーンの混み具合により時間がかかるケースもあるので、ご注意ください。

入金方法毎に最低入金額・最高入金額が異なる

TitanFXでは、入金時の最低金額と上限額が定められています。

入金方法ごとの最低入金額・最高入金額は以下の通りです。

入金方法最低入金額最高入金額
国内銀行送金10,000円~1,000万円
クレジット/デビットカード1円~1,000万円
bitwallet
(ビットウォレット)
110円~1,000万円
STICPAY
(スティックペイ)
3,000円~1,000万円
仮想通貨
(暗号資産)
6,891円~5,742,300円
Titan FXの入金方法ごとの最低入金額と最高入金額

国内銀行送金では1万円以上の入金額が必須となっています。

入金に利用できる通貨は5種類

Titan FXでは口座の基本通貨として5種類の通貨を選択することが可能です。

基軸通貨詳細
JPY日本円
USD米ドル
EURユーロ
AUDオーストラリアドル
SGDシンガポールドル
入金可能な通貨一覧

日本円、アメリカドル、ユーロ、オーストラリアドル、シンガポールドルが選択可能で、入金手段としてもこれらの通貨が利用できます。

ただし、オーストラリアドルの新規/追加口座の受付は終了しているため、注意してください。

Titan FXの5種類の入金方法を解説

先述したように、Titan FXでは以下の5種類の入金方法が提供されています。

次に、TitanFXで利用できる各入金方法の詳しい手順について確認していきましょう。

国内銀行送金で入金する方法

国内銀行送金は最もメジャーな入金手段です。

国内銀行送詳細
入金手数料無料
入金反映時間即時
最低入金額10,000円
最大入金額1,000万円
国内銀行送金の概要

国内銀行送金にて入金すると口座の基本通貨に換金した額が反映されます

日本円以外を基本通貨にしている場合は、入金した時のレートに従って自動的に換算された外貨が自分の口座に反映されます。

Titan FXで国内銀行送金で入金する時には以下の操作が必要です。

国内銀行送金で入金する時の手順
  • 【STEP1】クライアントキャビネットへログイン
  • 【STEP2】ダッシュボードより入金メニューの選択
  • 【STEP3】入金先口座と入金方法の選択
  • 【STEP4】入金金額の入力と入金情報の送信
  • 【STEP5】規約の確認と振込方法の選択
  • 【STEP6】振込先銀行情報の確認と振込手続き
  • 【STEP7】入金完了通知の送付

入金情報を入力する時には、氏名はローマ字で入力してください。

銀行の営業時間内であれば、基本的には1時間ほどで反映されますが、銀行の営業時間を過ぎての入金は翌営業日扱いになります。

土日祝日なども営業時間外になるので、入金が翌営業日扱いになる点には注意しましょう。

入金手数料は無料ですが、振込手数料は自己負担です。

振込手数料に関しては、お使いの銀行にてご確認ください。

また、AML(アンチマネーロンダリング)規定に沿って、Titan FXへ振込証明書類をの提出が必要となるケースもあるのでその点も留意した上で使いましょう。

クレジット/デビットカードで入金する方法

Titan FXでは、クレジット/デビットカードでの入金にも対応しています。

クレジット/デビットカード詳細
入金手数料無料
入金反映時間即時
最低入金額1円
最大入金額1,000万円
クレジット/デビットカードの概要

以前までは、「VISA」「Mastercard」「AMEX(American Express)」「JCB」のクレジット/デビットカードを利用できましたが、現在は「AMEX(American Express)」「JCB」が調整中で利用不可となってます。

TitanFXでクレジット/デビットカードで入金する時には、以下の操作が必要です。

クレジット/デビットカードで入金する時の手順
  • 【STEP1】クライアントキャビネットへログイン
  • 【STEP2】ダッシュボードより入金メニューの選択
  • 【STEP3】「クレジットカード」をクリック
  • 【STEP4】カード情報入力画面にてカード番号などを入力
  • 【STEP5】カードと自分を撮影した2つの動画を本人確認ページにアップロード
  • 【STEP6】本人確認が済んだら再度「クレジットカード」の入金画面へアクセス
  • 【STEP7】入金額を送信して入金完了

クレジット/デビットカードを始めて使う場合には、カードの登録手続きが必要になります。

「クレジットカード番号」「カード有効期限」「国」した後、ShuftiProという機能を使ってカードと自分を映した本人確認用動画を撮影して、動画を提出します。

動画は、「詳細なカード情報が映った動画」と「自分の顔を映した動画」の2つが必要です。

動画の編集はNGで、カード番号・有効期限・名前にピントが合うようにして、カードの一部が隠れたりしないように注意しつつ画角の中にカード全体を納めましょう。

顔認証動画は、帽子やメガネ、アクセサリーなどは身につけずに、画角に顔全体が納まるように注意して撮影しましょう。

bitwallet(ビットウォレット)で入金する方法

Titan FXではbitwalletでの入金にも対応しています。

bitwallet詳細
入金手数料無料
入金反映時間即時
最低入金額110円
最大入金額1,000万円
bitwalletの概要

bitwalletは海外FXでもよく使われている入金手段で、日本円、米ドル、ユーロの3通貨の入金に対応しており、入金手続き後、リアルタイムで資金が反映されます。

TitanFXでbitwalletで入金する時には、以下の操作が必要です。

bitwalletで入金する時の手順
  • 【STEP1】クライアントキャビネットへログイン
  • 【STEP2】ダッシュボードより入金メニューの選択
  • 【STEP3】「bitwallet」をクリック
  • 【STEP4】利用するbitwallet口座を選択し入金額を入力
  • 【STEP5】bitwalletへのログインする
  • 【STEP6】決済情報の確認して決済ボタンをクリック
  • 【STEP7】入金額を送信して入金完了

bitwalletを利用する際には、bitwalletの登録メールアドレスと、Titan FXの登録メールアドレスが一致している必要があります

もしも異なるメールアドレスを利用している場合、bitwalletまたはTitan FXのメールアドレスの変更を行わなくてはなりません。

また、bitwalletからの入金の場合は、決済はbitwalletの画面上で行います。

bitwalletへログインをすることが必須となるので、bitwalletのログイン情報も併せて用意しておきましょう。

STICPAY(スティックペイ)で入金する方法

STICPAYはbitwalletと同様に、海外FXでメジャーなオンラインウォレットサービスで、Titan FXでも利用可能です。

STICPAY詳細
入金手数料無料
入金反映時間即時
最低入金額3,000円
最大入金額1,000万円
STICPAYの概要

日本円、米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、シンガポールドルの全通貨における取引口座への入金に対応しており、入金手続き後、リアルタイムで資金が反映されます。

TitanFXでSTICPAYで入金する時には以下の操作が必要です。

STICPAYで入金する時の手順
  • 【STEP1】クライアントキャビネットへログイン
  • 【STEP2】ダッシュボードより入金メニューの選択
  • 【STEP3】「STICPAY」をクリック
  • 【STEP4】利用するSTICPAY口座を選択し入金額を入力
  • 【STEP5】STICPAYへのログインする
  • 【STEP6】決済情報の確認して決済ボタンをクリック
  • 【STEP7】入金額を送信して入金完了

STICPAYを利用する際には、STICPAYの登録メールアドレスと、Titan FXの登録メールアドレスが一致している必要があります

もしも異なるメールアドレスを利用している場合、STICPAYまたはTitan FXのメールアドレスの変更を行わなくてはなりません。

また、STICPAYからの入金の場合は、決済はSTICPAYの画面上で行います。

STICPAYへログインをすることが必須となるので、「メールアドレス」「パスワード」「生年月日」「認証コード(OTP設定した場合)」などのSTICPAYのログイン情報も併せて用意しておきましょう。

仮想通貨(暗号資産)で入金する方法

Titan FXでは、あまりまだ普及していない仮想通貨での入金にも対応しています。

仮想通貨詳細
入金手数料無料
入金反映時間即時
最低入金額6,891円
最大入金額5,742,300円
仮想通貨の概要

TitanFXの仮想通貨入金には、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)、リップル(XRP)、USDコイン(USDC)が利用可能です。

Titan FXで仮想通貨で入金する時には、以下の操作が必要です。

仮想通貨で入金する時の手順
  • 【STEP1】クライアントキャビネットへログイン
  • 【STEP2】入金メニューの選択
  • 【STEP3】入金先口座と入金方法一覧から「CRYPTO」の選択
  • 【STEP4】入金金額の入力と規約の確認して入金リクエストの送信
  • 【STEP5】送金手続きを行う仮想通貨を選択
  • 【STEP6】QRコードをスキャン、またはワンタイムアドレスをコピーして送金手続きを行う
  • 【STEP7】入金完了通知の送付

仮想通貨による入金のメリットは、365日24時間いつでも入金手数料無料で利用できる点です。

ただし、送金元の外部ウォレット(仮想通貨取引所)で「マイニング手数料」「送金手数料」といったトランザクションフィーが発生する場合、その費用は自己負担となります。

Titan FXでおすすめの入金方法はbitwallet(ビットウォレット)

bitwallet詳細
入金手数料無料
入金反映時間即時
最低入金額110円
最大入金額1,000万円
bitwalletの概要

たくさんの入金方法が提供されているTitan FXですが、海外FXにあまり慣れていな人からするとどの入金手段が最適かわかりませんよね。

Titan FXで入金をする時には、まずbitwalletを使ってみるのがおすすめです。

bitwalletは最低入金額110円で、1回あたりの入金限度額も1,000万円まで対応しているため、小口で取引したい人から大口で取引したい方まで対応した入金方法といえます。

また、bitwallet経由で全ての資金の入金を行えば、利益分もまとめてbitwalletに出金ができます。

bitwalletから自分の手元への出金時の手数料も一律824円と格安なので、入金方法で迷っている方はbitwalletを使ってみましょう。

Titan FXで入金できない時の原因と対処法

TitanFXをはじめとするFXブローカーは、金融機関ということもあり、お金の動きに対して厳粛なルールを設けています

このルールに反すると、必ずお金の動きが止まってしまうため、注意が必要です。

Titan FXで入金できない時のよくある原因と対処法は以下の通りです。

原因対処法
名義が異なる入金手段を使っている本人名義の銀行口座やアカウントから入金する。
オンラインウォレットの登録メールアドレスがTitan FXのものと一致していない登録メールアドレスの変更手続きを行う
「AMEX(American Express)」「JCB」で入金しようとしているVISA・Mastercardのカードから入金する。
利用しているカード会社が海外への送金を制限している別のカードで入金するか入金方法を変える。
デビッドカードの残高不足デビットカードに紐付く銀行に入金する。
最大入金額を超えた金額を入金しようとしている最大入金額を上回らない範囲で入金する。
最低入金額に満たない金額を入金しようとしている最低入金額を下回らない範囲で入金する。
仮想通貨のウォレットアドレスの入力ミス入金前にアドレスに間違いがないかよく確認する。
Titan FXで入金できない時のよくある原因と対処法

TitanFXはライブチャット・電話・メールで問い合わせができるので、わからないことはカスタマーサポートに聞くようにしましょう。

Titan FXでの入金時の注意点

最後に、Titan FXで入金する時に注意することについて確認しておきましょう。

入金ルールに背くと、口座凍結などの厳しい措置がとられてしまうこともあるので、知らない内容は必ず確認してくださいね。

基本通貨によって利用可能な入金方法が異なる

先述したように、TitanFXでは日本円、アメリカドル、ユーロ、オーストラリアドル、シンガポールドルが口座の基本通貨として選択可能です。

しかし、基本通貨によって利用可能な入金方法が異なる点には注意する必要があります。

基本通貨ごとに利用できる入金手段は以下のようになっています。

スクロールできます
入金方法日本円
(JPY)
アメリカドル
(USD)
ユーロ
(EUR)
オーストラリアドル
(AUD)
シンガポールドル
(SGD)
国内銀行送金
VISA/Mastercard
bitwallet
(ビットウォレット)
××
STICPAY
(スティックペイ)
仮想通貨
(暗号資産)
×
基本通貨ごとに利用できる入金手段

日本円、アメリカドル、ユーロであればどの入金手段も利用できるので、迷っている方はこの3つのうちのどれかを選ぶのがおすすめです。

口座名義と同一名義以外受け付け不可

マネーロンダリング防止の観点から、海外FXでの入手金の際は口座名義と入金する口座の名義は同一でなければなりません

マネーロンダリング(資金洗浄)とは、犯罪によって得られた収益の出所や持ち主をわからなくする行為です。

麻薬取引、脱税、粉飾決算などの犯罪によって得られた資金(汚れたお金)を、資金の出所をわからなくするためにマネーロンダリングが行われます。

架空または他人名義の金融機関口座などを利用して、転々と送金を繰り返したり、株や債券の購入や大口寄付などでこのような行為が行われていますが、海外FX口座でもマネーロンダリングが行われてることがあります。

そういった犯罪行為を抑制するために、アンチマネーロンダリング(AML)規約が設けられているのです。

アンチマネーロンダリング(AML)規約に従い、Titan FXでも、全ての入金は取引口座と同一名義人による場合のみ受付可能となっています。

入金方法と出金方法は一致させる

口座名義と同じように、マネーロンダリング防止の観点から、入金方法と出金方法を一致させるという施策が海外FXでは採用されています。

資金分別管理とアンチマネーロンダリング (AML) 規約について

アンチマネーロンダリング規約に従い、全ての入出金は、取引口座と同一名義人からのみ受付可能です。この規約はすべてのオンライン決済に適用され、また、ビットウォレット、スティックペイ に登録のメールアドレスは、Titan FXで登録のメールアドレスと同じである必要があります。

引用元:TitanFX公式サイト>クライアント>入出金>「入出金方法}より一部抜粋

TitanFXも例外ではなく、アンチマネーロンダリング(AML)規約に従い、原則として入金額までは入金した方法と同一の方法で出金しなくてはなりません。

このルールを守らなければ後々、出金拒否や口座凍結という措置が取られる可能性もあるため、注意しておきましょう。

入金額の累計が100万円以上になると本人確認が必要

Titan FXでは、SMS認証による口座開設をした場合、本人確認(KYC)をしなくてもbitwallet・STICPAY・クレジットカード(デビットカード)であれば入金できます。

ただし、SMS認証のみで入金できるのは、入金額の累計が100万円未満の場合のみです。

入金額の累計が100万円を超えると本人確認が必須となるので、注意しておきましょう。

入金ボーナスはない

海外FXでは、新規口座開設ボーナス(未入金ボーナス)や入金ボーナスなど、豪華なボーナスキャンペーンをセールスポイントとしているブローカーも少なくありません。

豪華なボーナスキャンペーンをどんどん開催しているブローカーもある中、Titan FXでは入金ボーナスを一切行わないという方針をとっています。

入金ボーナスだけでなく、新規口座開設ボーナス(未入金ボーナス)などの他のブローカーでよく提供されているボーナスも一切提供していません。

ボーナスが一切ない代わりに取引環境に力をいれているのがTitan FXの強みです。

例えば、TitanFXは他の業者と比較してもスプレッドが狭い点や、約定力の高さに定評がある点などがメリットとして挙げられます。

TitanFXは、ボーナスを目当てに海外FXを始めようと思っている方には不向きなブローカーなので、注意しておきましょう。

仮想通貨入金の時に時間がかかる可能性がある

海外FXでもまだあまり普及していない仮想通貨入金が利用できる点は、Titan FXの魅力です。

365日24時間いつでも入金手数料無料で利用できる点は仮想通貨入金ならではのメリットですが、利用者がたくさんいる時間帯には、入金処理に時間がかかるケースもあります

仮想通貨入金はブロックチェーンが混雑すると反映が遅くなり、混雑していると数時間かかることも珍しくありません。

入金処理に時間がかかる点も考慮した上で、仮想通貨入金を使うようにしましょう。

Titan FXの入金に関するよくある質問

Titan FXの入金手数料は何円ですか?

Titan FXでは全ての入金手段で入金手数料が無料となっています。

ただし、銀行への振込手数料や仮想通貨のトランザクションフィーなどは自己負担となります。

Titan FXではSkrillやNETELLERによる入金は可能ですか?

いいえ、SkrillやNETELLERを入金手段として利用することはできません。

SkrillやNETELLERは2021年5月26日をもって日本人向けサービスから撤退しています。

TitanFXではデビットカードでの入金にも対応していますか?

はい、TitanFXではデビットカードでの入金も可能です。

TitanFXに提出する振込証明書とはなんですか?

振込証明書とは、インターネットバンクの振込画面や入出金明細やスクリーンショットしたものです。

ATMの振込明細書や入金履歴が記載されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次