【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

海外FXの大口向けおすすめ業者比較!最大ロットや取引制限&注意点も解説

海外FXの大口向けおすすめ業者比較|最大ロットや取引制限&注意点も解説

海外FXが大口のトレーダーに選ばれる理由を解説した後に、大口取引で有利な取引環境を提供する海外FX業者を厳選して紹介します。

国内FXで提供されている取引スペックとも比較しているので、海外FXの方が稼ぎやすいかの判断にも役立ちます。

海外FXでは、少額の資金であってもゼロカット付きのハイレバレッジを活用して、短時間の売買で大きな利ざやを抜くことも可能です。

海外FXで大口取引をする際に注目すべきポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

目次

大口取引できる海外FX業者おすすめ一覧

スクロールできます
海外FX業者最大ロット
(取引数量)
大口でおすすめの理由
AXIORY1,000ロット
(1億通貨)
AXIORYの解説
FBS500ロット
(5000万通貨)
FBSの解説
XMTrading50ロット
(500万通貨)
XMTrading解説
Exness200ロット
(2,000万通貨)
Exnessの解説
TradersTrust1,000ロット
(1億通貨)
TradersTrustの解説
TitanFX100ロット
(1,000万通貨)
TitanFXの解説
FXGT100ロット
(1,000万通貨)
FXGTの解説
大口取引でおすすめの海外FX業者

海外FXで大口取引をする際に、まずは1回で注文できる最大ロット(取引数量)を調べます。AXIORY(アキシオリー)やTradersTrust(トレーダーズトラスト)は、最低1本(100万ドル)単位で取引する機関投資家からの大口注文にも対応できます。

最大ロット数が1番小さいXMTrading(エックスエム)の50ロット(500万通貨)であっても、ドル円が140円のときに7億円分を1度で購入できるスケールです。

大口取引でおすすめの7社は最大ロット数が大きいこと以外にも、安定した高い約定力と追加証拠金が発生しないシステムの下でハイレバレッジが使えるといった特徴があります。

大口取引で海外FX業者を選ぶ際に、数百万通貨をストレスフリーで取引できる環境であることはもちろん、他にもチェックすべき条件があるので順番に解説します。

海外FXが大口トレーダーに選ばれる理由

プロの大口トレーダーが情報量の多い国内FXを差し置いてまで海外FXを選ぶ理由から確認しましょう。

国内FXでは実現できない、海外FXの大口取引で有利な点について解説します。

そもそも1ロットあたりの取引数量が大きい

海外FXと国内FXはそもそも1ロットあたりの取引数量が違います。ロットとは、数がたくさんあるもののかたまりの最小単位を表す言葉です。

FXでは数量を1通貨、2通貨と数えるのですが、このままだと1通貨、2通貨、・・・、1,000通貨、・・・、100,000,000,000通貨、・・・と幅が広すぎて取り扱いが不便です。そのため、各業者は1番小さな取引単位をロットと呼ばれる1つのかたまりで表現することにより、各種説明や計算を分かりやすくしています。

国内FXでは、1ロット10,000通貨が最も多く、1,000通貨を1ロットにしている業者もあります。ただし、業者が自由に指定できるロットの表現自体を使わない証券会社も複数あります。

海外FXでは、1ロット100,000通貨でほぼ統一されており、2023年6月現在もロットの表現を使うのが一般的です。

国内FXに慣れている方が海外FXを始めたばかりの頃は、注文するロット数に注意が必要です。同じ1ロットの注文であっても、必要証拠金が10倍も変わってしまいます。

ドル円が150円のとき
  • 国内FXの必要証拠金:150円 × 1ロット(10,000通貨)= 150万円
  • 海外FXの必要証拠金:150円 × 1ロット(100,000通貨)= 1,500万円

勘違いして保有したポジションが利益になれば良いですが、損失になった場合には想定よりも10倍のマイナス金額になってしまいます。

ここまでFXに限定して説明しましたが、CFD(貴金属・エネルギー・株式・株価指数など)や現物の全ての商品ごとにロット数が決められています。海外FX業者ごとに説明書が用意されているので、取引する銘柄については事前に確認しましょう。

国内FXより最大ロット数が大きい業者が多い

海外FXでは1回の取引で注文できる最大ロット(取引数量)が国内FXよりも大きい傾向にあります。主要な国内・海外FX業者を比較してみましょう。

海外FX業者最大ロット数
(取引数量)
AXIORY1,000ロット
(1億通貨)
TradersTrust1,000ロット
(1億通貨)
FBS500ロット
(5,000万通貨)
Exness200ロット
(2,000万通貨)
TitanFX100ロット
(1,000万通貨)
海外FXの最大ロット(取引数量)

最大ロット数が100ロット(1,000万通貨)であれば、ドル円が140円のときに1回の取引で14億円分購入できるので、個人の大口取引には十分な水準と言えるでしょう。

続いて、国内FXを見ていきます。

国内FX最大ロット
(取引数量)
SBI FXトレード1,000万通貨
※ロットを使わない
みんなのFX500ロット
(500万通貨)
MATSUI FX200万通貨
※ロットを使わない
楽天FX200万通貨
※ロットを使わない
DMM FX100ロット
(100万通貨)
国内FXの最大ロット(取引数量)

近年は純国産のFX会社であっても、大口取引への対応が進んでいます。SBI FXトレードであれば最大取引数量1,000万通貨となり、海外FXと比較しても大きめの水準でTitanFX(タイタンFX)と同じです。

DMM FXの100ロット(100万通貨)は国内FXでは標準的な水準なので、海外FXの方がスケールしやすい環境であると言えるでしょう。

なお、国内FXでは取引数量にロットを用いずに通貨単位で説明されていることが多いです。例えばSBI FXトレードでは、最小・最大取引数量について「1回の注文数量が1通貨から1,000万通貨」と記載されています。

国内FXよりハイレバレッジで大口注文できる

海外FXの大きなメリットは、少ない資金であってもハイレバレッジを使ってプロトレーダーのように大口注文ができることです。

日本の法律により国内FXの最大レバレッジは25倍に制限されているのに対して、海外FXはExness(エクスネス)の無制限レバレッジが象徴するように数百倍以上の大きさが当然となります。

海外FX業者最大レバレッジ
Exness2,000倍
(条件付きで無制限)
TradersTrust3,000倍
FBS3,000倍
FXGT1,000倍
XMTrading1,000倍
海外FX業者の最大レバレッジ

※参考:海外FXの最大レバレッジランキング

TradersTrust(トレーダーズトラスト)以下の全ての業者において、証拠金が少ない取引であれば1,000倍以上ものハイレバレッジで大口のダイナミックな取引が可能です。

XMTrading(エックスエム)のスタンダード口座であれば、有効証拠金残高が4万ドル(約560万円)まで1,000倍のレバレッジを使えるので、単純計算で56億円分を売買できます。

つまり海外FXでは、大口取引が資本力のあるトレーダーのみに許されたものではなく、ハイレバレッジによって誰でも売買代金を増やせるメリットがあります。

国内FXよりロスカット水準が低い上に追証なし

海外FXはロスカット水準が低いことで損切りされにくくなり、ハイレバレッジを活用しやすい環境です。

海外FX業者ロスカット水準
Exness0%
AXIORY20%
FBS20%
海外FX業者のロスカット水準

大半の海外業者はロスカット水準が20%のため、少ない資金でも大口注文のポジションを維持しやすくなります。Exness(エクスネス)は、ハイレバレッジに集中できる環境づくりの一環として、ロスカット水準0%を提供する希少な海外FX業者です。

続いて、国内FXのロスカット水準は以下の通りです。

国内FXロスカット水準
DMM FX50%
楽天FX80%
みんなのFX100%
国内FXのロスカット水準

国内FXは50%~100%をロスカット水準にしており、最大レバレッジ25倍も合わせると少ない資金で大口の取引に不向きであることが分かります。

また、海外FXでは入金した金額以上に損失が発生しないゼロカットシステムにより、追加証拠金が発生しない(追証なし)の環境の下でハイレバレッジを安心して利用できます。

ゼロカットとは、保有中のポジションが急激な価格変動に巻き込まれ、ロスカットが間に合わずに口座残高が0円を割った場合、マイナス金額分を海外FX業者が全額補填することです。

国内FXでは法律によりゼロカットを行うことが禁止されているので、追加証拠金を支払えなければ借金を負うことになります。

つまり、海外FXのゼロカット付きハイレバレッジは、少ない資金であってもリスクを軽減した大口注文を可能にすることから、短時間で大きく稼ぐための手段として適しています。

海外FXの大口取引とロットの関係

海外FXでは「大口」についての定義がないので、国内証券会社の説明を参考にします。また、最大ロットが意味する2つの内容についても確認しましょう。

まずは、海外FXにおける大口の使い方の例を解説します。

大口取引に相当するロット数とは

国内の金融取引で大口と言った際に、機関投資家の間では以下のように認識されています。

呼び方売買代金
超大型取引50億円超
大口取引5,000万円~50億円
準大口取引300万円~5,000万円
小口取引300万円まで
参考:東海東京証券「大口取引(おおぐちとりひき)

上表は東海東京証券の用語集を参考にまとめており、野村證券でも5,000万円を超える取引を大口取引と説明していることから、この記事では5,000万円以上を大口とします。

さて、海外FXでは通常1ロット=10万通貨なので、ドル円が140円のときの大口取引のロット数(取引数量)は以下の通りです。

大口のロット数 = 50,000,000円 ÷ 140円 ÷ 100,000通貨 = 約3.6ロット

よって、海外FXでは3.6ロット以上を取引できるようになったら大口トレーダーの仲間入りです。

1注文あたりの最大ロット数

海外FXにおける「最大ロット数」の1つ目の意味は、1回の取引で注文できる最大の取引数量のことです。

最大ロット数が50であれば、取引数量は「50ロット × 10万通貨 =500万通貨」という通貨量で表されます。

例えば、AXIORY(アキシオリー)の最大ロット数は1,000なので、取引数量は「1,000ロット × 10万通貨 = 1億通貨」となります。

また、取引数量が分かると売買金額を算出できます。ドル円が150円のときに1億通貨を取引した際の売買金額は「150円 × 1億通貨 = 150億円」となります。

1口座/複数口座で保有できる最大ロット数

「最大ロット数」の2つ目の意味は、1口座または複数口座(1アカウント)で保有できる合計の最大ロット数を意味することもあります。「1注文あたりの最大ロット数」とどちらを指しているかについては文脈から判断することになります。

一方で誤解を防ぐために、海外FX業者は「最大ポジション数・最大保有可能ポジション数」などとポジションをつけて「1注文あたりの最大ロット数」と区別しています。その他、FXGT(エフエックスジーティー)のように「最大保有可能ロット数(口座単位)」の丁寧な表記も見られます。

海外FXで大口の注文スペックを確認していて、最大ロット数が1,000ロットを超えていたら同時に保有できるポジション数を意味していることが多いです。

海外FX業者の大口の取引条件を比較

大口取引に対応している海外FX業者において、最大ロット(取引数量)と最大ポジション数を比較します。

知名度が高くて安全性の観点からも選りすぐった海外FX業者同士を比較しているので、大口取引で利用する候補として見ていきましょう。

最大ロット(取引数量)を比較

海外FX業者最大ロット
(取引数量)
AXIORY1,000ロット
(1億通貨)
TradersTrust1,000ロット
(1億通貨)
FBS500ロット
(5000万通貨)
Exness200ロット
(2,000万通貨)
TitanFX100ロット
(1,000万通貨)
FXGT100ロット
(1,000万通貨)
IronFX80ロット
(800万通貨)
ThreeTrader80ロット
(800万通貨)
HF Markets60ロット
(600万通貨)
BigBoss50ロット
(500万通貨)
MiltonMarkets50ロット
(500万通貨)
XMTrading50ロット
(500万通貨)
IS6FX30ロット
(300万通貨)
海外FX業者の最大ロット(取引数量)の比較

AXIORY(アキシオリー)とTradersTrust(トレーダーズトラスト)は機関投資家クラスの大口取引に対応できる取引環境です。

AXIORYはスリッページ幅:-0.2 ~ 0.2pips内で82%弱が約定、約定スピード:140ms以上 ~ 179ms以下で98.6%弱が約定(※)させる環境で大口取引に対応しています。
(※)公式サイトの取引データより算出(2023年6月11日時点) 

TradersTrustは2020年5月よりMT4の東京サーバーが運用開始されて以降、ユーザーとサーバー間の通信速度が改善されて決済スピードが短縮し、大口注文の約定が遅くなる現象を改善しました。

下位のXMTrading(エックスエム)の50ロットが決して小さな取引数量ではないことを取引金額から確認しましょう。

2023年6月現在、ドル円で10円幅を狙うトレードも現実的ですから、ロングのリスクリワード比率2として140円からのトレードを計算します。

  • 取引金額:140円 × 500万通貨 = 7億円
  • 値上がり:150円 × 500万通貨 = 7億5,000万円 → 利益:5,000万円
  • 値下がり:135円 × 500万通貨 = 6億7,500万円 → 損失:2,500万円

簡単な計算をするだけで、海外FXにおける大口取引のスケールを実感できるのではないでしょうか。最大ロット数が50ロットであっても、大口取引(5,000万円以上)に対応できることを押さえておきましょう。

最大ポジション数を比較

海外FX業者最大ポジション数
AXIORY無制限
BigBoss無制限
Exness無制限
FBS500ポジション
HF Markets500ポジション
TradersTrust350ポジション
FXGT200ロット分
IronFX200ロット分
ThreeTrader200ポジション
TitanFX200ポジション
XMTrading200ポジション
MiltonMarkets100ポジション
IS6FX30ポジション
海外FX業者の最大ポジション数の比較

AXIORY(アキシオリー)であれば、1注文につき1,000ロットのポジションを無制限に保有できることを意味します。BigBoss(ビッグボス)であれば50ロット/回、Exness(エクスネス)であれば200ロット/回の最大ロット数で何度も注文できます。

先に紹介した最大ロット(取引数量)を比較とこちらの最大ポジション数を掛け算することで、取引可能な合計金額を算出できます。

最大ポジション数については、多数のポジションを取るロジックのEA(自動売買)やAIによるシステムトレードの運用を考えている方がチェックする程度で良いでしょう。

最下位のIS6FX(アイエスシックスFX)であっても、30ロット(300万通貨)× 30ポジションによって合計で9,000万通貨を保有でき、ドル円が140円のときに126億円分もの売買が可能です。

大口取引でおすすめの海外FX業者ランキング

大口取引でおすすめの海外業者をランキング形式で紹介します。

スクロールできます
海外FX業者最大ロット(取引数量)大口でおすすめの理由
AXIORY1,000ロット(1億通貨)AXIORYの解説
FBS500ロット(5000万通貨)FBSの解説
XMTrading50ロット(500万通貨)XMTrading解説
Exness200ロット(2,000万通貨)Exnessの解説
TradersTrust1,000ロット(1億通貨)TradersTrustの解説
TitanFX100ロット(1,000万通貨)TitanFXの解説
FXGT100ロット(1,000万通貨)FXGTの解説
大口取引でおすすめ海外FX業者ランキング

AXIORYが第1位で最大ロット数が同じTradersTrustを下位にした理由、はたまた最大50ロットのXMTradingを第3位にランクインさせた理由を含めて確認していきましょう。

AXIORY

海外FXの大口でおすすめのAXIORY




取扱商品
FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
現物株式
ETF
最大レバレッジFX:400倍
最大ロット
(取引数量)
FX:1,000ロット
(1億通貨)
最大ポジション数無制限(※)
ロスカット水準20%
ゼロカット保証あり(追証なし)
AXIORYの大口取引の特徴

(※)1つの口座につき、1,000ロット以下の注文を無制限のポジション数で保有可能

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORY(アキシオリー)は機関投資家クラスの大口取引ができることから、FXやCFDで成功を収めている世界中のプロトレーダーが利用する海外FX業者です。

実際に海外FXのプロトレーダーが使う業者ランキングにもランクインしています。

ドル円が140円であれば1回あたり最大140億円分の取引が可能で、同額のポジションを無制限に保有できる取引環境を個人トレーダーにまで提供しています。

また、大口取引ではコスト削減が重要です。ナノ/テラ口座では業界トップクラスの狭小スプレッドが提供され、FXの取引手数料は往復6ドル/ロットにまで抑えられています。

流動性が高い時間帯には、スリッページ幅:-0.2 ~ 0.2pips内で82%弱が約定、約定スピード:140ms以上 ~ 179ms以下で98.6%弱(※)を目安に大口注文を約定させられます。
(※)公式サイトの取引データより算出(2023年6月11日時点)

大口の新規注文から決済までをストレスフリーにするため、海外FXで最高クラスの取引環境を提供するAXIORYをご利用ください。

メリットデメリット
大口用の1億通貨/回かつ無制限ポジション対応
大口スキャルピングに有利なcTraderが使える
約定スピード&スリッページ率が公開されている
安定した狭小スプレッドで大口取引のコストを下げる The Financial Commissionへの加盟により最大2万ユーロ補償あり 過去に悪質な出金拒否・遅延の報告なし 節税目的で法人口座を開設できる
最大レバレッジが400倍で見劣りする
流動性が低い時間帯に約定力が低下する

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にAXIORYを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:AXIORYの評判・口コミまとめ

FBS

海外FXの大口でおすすめのFBS



取扱商品
FX
仮想通貨CFD
株価指数CFD
株式CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
最大レバレッジFX:3,000倍
(スタンダード口座)
最大ロット
(取引数量)
FX:500ロット
(5,000万通貨)
最大ポジション数500ポジション(※)
ロスカット水準20%
ゼロカット保証あり(追証なし)
FBSの大口取引の特徴

(※)1つの口座につき、500ロット以下の注文を500ポジション(合計250,000ロット)まで保有可能

FBS(エフビーエス)は3,000倍のハイレバレッジを利用した大口取引ができることから、資金効率よく稼ぎたい初級者から上級者にまで選ばれている海外FX業者です。

大口取引No.1のAXIORYに次ぐスケールメリットを活かし、ドル円が140円のときに1回あたり70億円分を購入できることに加えて、1つの口座で500ポジションまで保有できます。

ECN口座であれば無制限にポジションを持てるため、多数ポジションを保有するロジックのEA・AI自動売買を運用する大口のシステムトレーダーにもおすすめです。

FBSは市場価格で確実に取引を成立させる(※)ことを重視しているため、大口注文であってもほぼリクオートや約定拒否がほぼ発生しません。
(※)Market Execution(カウントダウン方式)を採用

2009年に設立されて以来、70種類を超える優秀なFXブローカーに授与される国際的アワードを受賞し、2023年現在、150カ国以上に事業展開をする国際的なブローカーとなりました。

FBSではAXIORYで取り扱われていない仮想通貨(暗号資産)を売買できるので、両社を併用することで海外FXにおける大半の商品・銘柄の大口取引をカバーできます。

メリットデメリット
最大3,000倍レバレッジの大口取引で一攫千金を狙える
大口用の5,000万通貨/回かつ500ポジション対応(ECN口座は無制限)
ビットコインドルを最大500ロットかつ500ポジションまで保有できる
キプロスの金融ラインセンスをはじめコンプライアンスを重視したグループ経営
過去に悪質な出金拒否・遅延の報告なし
節税目的で法人口座を開設できる
流動性が低い時間帯に約定力が低下する

\ 機関投資家クラスの大口取引ができる! /

XMTrading

海外FXの大口でおすすめのXM




取扱商品
FX
仮想通貨CFD
ソフトコモディティCFD
株価指数CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
最大レバレッジFX:1,000倍
最大ロット
(取引数量)
FX:50ロット
(500万通貨)
最大ポジション数200ポジション(※)
ロスカット水準20%
ゼロカット保証あり(追証なし)
XMTradingの大口取引の特徴

(※)1つのアカウント(口座数ではなくお客様1人あたり)につき、50ロット以下の注文を200ポジション(合計10,000ロット)まで保有可能

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

海外FXの大口取引におすすめの業者3位はXMTrading(エックスエム)です。日本人から人気No.1の不動の地位を確立して、初心者から大口トレーダーにまで選ばれ続けています

XMは1回あたり1億円単位の取引をする大口トレーダーにはおすすめできませんが、50ロット(約7,000万円)までを確実に約定させたい方におすすめです。

50ロットでも意外に稼げるもので、ドル円が140円のときに50ロット(7,000万円分)保有して、141円のときに利益確定するだけで50万円の利益です。最大200ポジション保有できるため、一括で約定させることよりも、分割して確実に約定させることを優先する大口取引に適しています。

また、最大ロットを50ロットに抑えることで、リクオートや約定拒否が起こりにくくなることも押さえてください。そもそもXMは海外FX業界No.1のユーザー数で潤沢な流動性を確保していることから、自社内で即時約定できる強みがあります。

人気大手の安全・安心なXMブランドの下で、50ロット未満を確実に約定させる取引をしたい方におすすめです。

メリットデメリット
50ロットまでの即時約定とスリッページほぼ0を実現
日本人ユーザー数No.1で業界を牽引するブランド力
世界最難関FCAラインセンスをはじめコンプライアンスを重視したグループ経営
過去に悪質な出金拒否・遅延の報告なし
節税目的で法人口座を開設できない
流動性が低い時間帯に約定力が低下する

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にXMを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:XMの評判・口コミまとめ

Exness

海外FXの大口でおすすめのExness



取扱商品
FX
貴金属CFD
エネルギーCFD
仮想通貨CFD
株式CFD
株価指数CFD
取扱商品FX:2,000倍
(または無制限)
最大ロット
(取引数量)
FX:200ロット
(2,000万通貨)
最大ポジション数無制限(※)
ロスカット水準0%
ゼロカット保証あり(追証なし)
Exnessの大口取引の特徴

(※)1つの口座につき、日中(7:00-20:59)に限って200ロット以下の注文を無制限のポジション数で保有可能。
(※)夜間から早朝(21:00-6:59)は新規注文が最大で20ロットに制限される。ただし、日中に200ロットのポジションを保有したまま夜間を迎えた場合、180ロットが強制決済されることはない。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

大口取引でおすすめの海外FX業者4位はExness(エクスネス)です。ハイレバレッジにフォーカスした海外FX業者としての地位を確立し、最大2,000倍(または無制限)のレバレッジで少額からでも億単位の大口取引を可能にしました。

スプレッドの狭さと取引手数料の安さはAXIORYよりも優れており、流動性が高い時間帯であれば主要通貨ペアの約定力が安定するので、AXIORYと比較しながら使い分けることで取引コストを削減できます。

また初心者から上級者まで利用されているスタンダード口座では、残高が1,000ドル未満であれば条件付きで無制限レバレッジが使えます

証拠金維持率を高くするための保守的な活用とともに、リスクを受け入れた上で、数億円単位の大口取引で数分間に100万円以上の利益を狙ってみるのも良いでしょう。

メリットデメリット
無制限レバレッジの大口取引で一攫千金を狙える
大口用の2,000万通貨/回かつ無制限ポジション対応
ロスカット水準0%で強制決済されにくい
取引量に応じてVIP待遇を受けられる
業界最安クラスの取引コスト
The Financial Commissionへの加盟により最大2万ユーロ補償あり
過去に悪質な出金拒否・遅延の報告なし
節税目的で法人口座を開設できる
無制限レバレッジは条件を満たす必要がある
スリッページがほぼ発生しない口座タイプでリクオート発生の報告が見られる
経済指標発表前後と取引時間によるレバレッジ制限が厳しい(2,000倍→200倍)
流動性が低い時間帯に約定力が低下する

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にExnessを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:Exnessの評判・口コミまとめ

TradersTrust

海外FXの大口でおすすめのTradersTrust



取扱商品
FX
貴金属CFD
エネルギーCFD
株価指数CFD
仮想通貨CFD
最大レバレッジFX:3,000倍
最大ロット
(取引数量)
FX:1,000ロット
(1億通貨)
最大ポジション数350ポジション
ロスカット水準20%(クラシック口座)
ゼロカット保証あり(追証なし)
TradersTrustの大口取引の特徴

大口取引でおすすめの海外FX業者5位はTradersTrust(トレーダーズトラスト)です。グローバルに事業展開する2009年創業の老舗FXブローカーで、大口取引をするプロからは定評がある海外FX業者の1つです。

TradersTrustが採用するNDD・STP方式(平均約定速度0.1秒)により、大口注文の大半はインターバンク市場で処理されることから、リクオート・約定拒否がほぼ発生しません。

AXIORYを上回る最大レバレッジと同じ最大ロット数ではあるものの、取引プラットフォームにMT5やcTraderがなく、日本居住者向けの会社が金融ライセンスを保有していないことから、AXIORYを優先しました。

ただし、TradersTrustが提供する大口取引のスペックは申し分ありません。くわえて、1日に10ロット(100万通貨)以上を取引した方を対象に、取引量に応じて毎日最大で20万円が受け取れるVIPキャッシュバック報酬が提供されています。

また、最低入金額が200万円のVIP口座であれば大口取引のコストを大幅に削減できます。近年、日本向けプロモーションを強化していることから、AXIORYやFBSに迫る魅力的なサービス展開に期待しましょう。

メリットデメリット
大口用の1億通貨/回かつ無制限ポジション対応
毎日最大20万円のVIPキャッシュバック報酬
東京設置のトレーディングサーバーで高速約定
過去に悪質な出金拒否・遅延の報告なし
節税目的で法人口座を開設できる
MT5が使えない
日本居住者向けの会社が金融ライセンスを保有していない
流動性が低い時間帯に約定力が低下する

\ 老舗ブローカーが提供する安定した約定力! /

TitanFX

海外FXの大口でおすすめのTitanFX



取扱商品
FX
仮想通貨CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
株式CFD
株価指数CFD
ソフトコモディティCFD
最大レバレッジFX:500倍
最大ロット
(取引数量)
FX:100ロット
(1,000万通貨)
最大ポジション数200ポジション(※)
ロスカット水準20%
ゼロカット保証あり(追証なし)
TitanFXの大口取引の特徴

(※)1つの口座につき、100ロット以下の注文を200ポジション(合計20,000ロット)まで保有可能

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

大口取引でおすすめの海外FX業者6位はTitanFX(タイタンFX)です。NYウォール街に隣接するデータセンターを拠点に完全なNDD・ECN方式の取引環境を構築し、大口注文にも安定した高い約定を示します。

AXIORYやFBSに対してスケールメリットでは劣るものの、100ロット(1,000万通貨)を1度に注文できることから個人の大口取引には十分と言えるでしょう。

また、有効証拠金の増加に応じてレバレッジ制限がない点に注目です。TraderTrustはダイナミックレバレッジ、他5つの業者は残高に応じたレバレッジ規制を設けているのに対して、TitanFXならポジション保有中に余計な心配をすることなく最大500倍のレバレッジをフル活用した大口取引が可能です。

2014年に設立されて以来、取引環境への投資に余念がなく、安定した低スプレッドと高い約定力を提供しています。AXIORYと同じくプロの大口トレーダーから厚い支持を得ている海外FX業者です。

メリットデメリット
有効証拠金や取引数量の増加によるレバレッジ制限がない
AXIORYと同等レベルの取引スペック(大口以外)
The Financial Commissionへの加盟により最大2万ユーロ補償あり
過去に悪質な出金拒否・遅延の報告なし
節税目的で法人口座を開設できる
ボーナスキャンペーン増加による取引スペックの低下懸念
流動性が低い時間帯に約定力が低下する

\短期トレーダーに大人気!/

※公式サイト:https://titanfx.com/jp

TitanFXの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にTitanFXを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:TitanFXの評判・口コミまとめ

FXGT

海外FXの大口でおすすめのFXGT




取扱商品
FX
仮想通貨CFD
GTi12指数CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
株価指数CFD
株式CFD
最大レバレッジFX:1,000倍
最大ロット
(取引数量)
100ロット
(1,000万通貨)
最大ポジション数200ロット分(※)
ロスカット水準20%
ゼロカット保証あり(追証なし)
FXGTの大口取引の特徴

(※)1つの口座につき、200ロット分までのポジションを保有可能

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

海外FX業界において、仮想通貨(暗号資産)FXといえばFXGT(エフエックスジーティー)が定着しています。独自性かつテーマ性の高い銘柄などを切り口とし、SNSで知名度を高めながら主要業者の1つとなりました。

仮想通貨をAXIORYが取り扱っていないことや、FBSとXMで取引できないビットコインの円建(BTCJPY)を2億2千万円相当まで(※)売買できることから、サブ口座としての準備をおすすめします。
(※)最大取引数量は50ロット、ビットコイン440万円で算出

世界最大の資産運用会社であるブラックロックがビットコインETFを上場申請したことが追い風となり、再び仮想通貨市場に資金が流入しています(2023年6月末時点)。2024年に半減期を迎えることも相まって大口投資家の売買が活発になっていくでしょう。

その他にも、ビットコインとイーサリアムなどの主要アルトコイン12銘柄で構成されたGTi12指数は、個別銘柄を調査する時間が取れない方から人気の商品です。

仮想通貨FX1本で勝負するならFXGTだけで良いですし、その他業者でビットコインの大口取引ができないときに補完する役割も果たしてくれます。

メリットデメリット
仮想通貨をテーマ別に投資&トレードできる
ビットコインを円建てで大口取引できる
GTi12指数でアルトコイン特有の流動性リスクを回避できる
他おすすめ6業者に不足する仮想通貨をカバーする
最大100万ユーロを補償するFXブローカー向け損害賠償責任保険を締結済み
過去に悪質な出金拒否・遅延の報告なし
節税目的で法人口座を開設できる
スタンダード+口座とミニ口座で仮想通貨のスワップフリー廃止
2019年設立のため老舗ブランドに信頼性で劣る
流動性が低い時間帯に約定力が低下する

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

FXGTの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にFXGTを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:FXGTの評判・口コミまとめ

海外FX業者を大口トレーダーが選ぶ基準

大口トレーダーが海外FX業者を利用する際に比較している取引スペックを中心に解説します。

小口取引では一切調べなくて良いポイントも含まれるので、順番に確認していきましょう。

最大ロット数と最大ポジション数

海外FXで大口取引をする場合、1回の注文で売買代金分のロット数が約定されるかを確認します。

例えば1回の取引で10億円分を注文したいとき、ドル円が150円であれば約67ロット(670万通貨)必要です。AXIORY(アキシオリー)であれば最大ロット数が1,000ロットなので注文できますが、XMTrading(エックスエム)は50ロットまでのため利用できません。

また、多数のポジションを保有するロジックのEA(自動売買)やAIによるシステムトレードの運用では最大ポジション数も確認しましょう。

その他、取引時間帯や有効証拠金残高の変化に応じた最大ロット数の制限には注意が必要です。例えばExness(エクスネス)では、夜間から早朝(21:00-6:59)の新規注文が最大20ロットに制限されて大口注文ができません。

変化する大口取引の制限は忘れてしまいがちなので、海外FX業者ごとのルール確認を忘れないようにしましょう。

国内FXを超えるハイレバレッジ

最大レバレッジが25倍に制限されている国内FXに対して、海外FXでは1,000倍以上が利用できる複数の業者があります。

Exnessで2,000倍~無制限・TradersTrustとFBSで3,000倍・FXGTとXMで1,000倍のため、AXIORYの400倍とTitanFXの500倍が小さく見えてしまいます。

大口取引をするプロトレーダーは、ハイレバレッジを優位性の高い局面で活用しています。例えばドル円が144円から145円のキリ番へ勢いよく動くとき、10万円にレバレッジ1,000倍をかけて1億円分を購入し、半日以内に1円の利ざやを抜いて約69万円の稼ぎです。

リスクが高くなるものの、海外FXならハイレバレッジを使った大口取引で資金効率を最大化できます。

ロスカット水準が低い

国内FXのロスカット水準が50~100%に対して、海外FXでは20%が業界のスタンダードです。

適切な資金管理ができる大口トレーダーであれば、証拠金維持率を高くするために1つの取引に資金を拘束する必要がありません。他の大口取引のために資金を充てて、トレードの循環を良くして収益性を高くできます

Exness(エクスネス)のロスカット水準0%は例外的な仕様です。AXIORY(アキシオリー)とFBS(エフビーエス)は20%で、大半の海外FX業者も同様の水準になります。

ロスカット水準が低いことは、自主的に損切りができないと資金を全て失うリスクになり得ますが、大口取引をするプロであれば、資金効率を高めるメリットとなります。

スプレッドが狭くて取引手数料が安い

海外FXで大口取引を重ねるほど、スプレッドに取引手数料をプラスした取引コストが高くなります。そのため、大口トレーダーは取引コストの安さを比較して海外FX業者を選んでいます。

取引コスト =(スプレッド + 取引手数料)× ロット数

大口取引ではロット数が大きくなるほど取引コストが高くなるため、海外FX業者はトレードのスタイルや目的に合わせて複数の口座タイプから選べるようになっています。

海外FX業者口座タイプ
AXIORYナノ口座、テラ口座
FBSプロ口座、ECN口座
Exnessプロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座
TradersTrustプロ口座、VIP口座
TitanFXブレード口座
FXGTプロ口座、ECN口座
XMTradingKIWAMI極口座、ゼロ口座
海外FXで大口取引に適した口座タイプ

Exness(エクスネス)では各口座タイプに特徴を持たせており、ゼロ口座であれば、主要通貨ペアが1日の95%の時間帯でゼロスプレッドで提供されます。

200ロット以内のポジションであればExnessで対応できるため、ゼロスプレッドに固定された銘柄の大口取引ではExnessをメインにし、AXIORY(アキシオリー)をサブ口座として利用するのも良いでしょう。

海外FXでスプレッドや取引コストが安い口座の比較ランキングも参考にしてみてください。

レバレッジ制限が厳しくない

海外FXのプロトレーダーは、各種レバレッジ制限まで調べてフルレバレッジぎみの大口取引をした際に備えています。

海外FXではロールオーバーや経済指標発表前後でレバレッジを制限されることがあります。例えばExness(エクスネス)では、経済指標発表前後の新規ポジション(保有ポジションは含まない)は最大2,000倍から200倍にまで制限されます。またAXIORY(アキシオリー)では、同様の条件下で同社の裁量によってレバレッジを引き下げるかが決定されます。

その一方、XMTrading(エックスエム)は時間帯によるレバレッジ制限がないので、レバレッジをフル活用する大口取引がしやすい環境です。ただし、有効証拠金が増えると段階的に制限がかかるため、保有ポジションの含み益が増えた場合に注意が必要です。

実効レバレッジを高くして大口取引をする場合、レバレッジ制限が厳しくない海外FX業者は使い勝手がよくなります。

約定力が高く希望価格で売買できる

海外FXで大口の取引をする際に取引コストと並んで重視される条件が約定力の高さです。約定力とは指定した数量を希望の価格で約定させられる割合を指します。

約定力を直接表すデータは公開されていません。海外FXでは約定スピードやスリッページ率などの間接的なデータで約定力を計ります。

AXIORY(アキシオリー)ではこれらのデータが公開され、Exness(エクスネス)とTradersTrust(トレーダーズトラスト)はティック履歴(ヒストリカルデータ)がアーカイブされているので、約定履歴と照合できます。

その他にもMT4/MT5ではサーバーとの通信速度がping値で示されるので、約定スピードの参考になります。約定力の高さに定評があるTitanFX(タイタンFX)は約200ミリ秒で安定しています。

大口取引で本格使用する前に50ロット程度を試し打ちして、約定スピード・スリッページ・リクオート・約定拒否の程度を確認しましょう。

高額出金ができる

海外FXで1億円以上の大口取引を繰り返して成功している大口トレーダーは、出金する利益も高額になります。潤沢な資金をプールできない小規模な新興ブローカーであれば、1億円ほどの出金にも速やかに対応できません。

海外FX業者からは、個人情報保護により顧客の出金状況を回答してもらえないため、Twitterにおける大口アクティブユーザーの画像付き出金報告が参考になります。

悪質業者の存在によって、海外FXでは高額出金が拒否されやすいと勘違いされがちです。悪い評判と実状はかけ離れていて、主要業者であれば日本語サポートデスクが早く丁寧に対応してくれます。

過去に数千万円単位の出金事例があったXMTrading・Exness・TitanFX・AXIORYについては、以下の記事を参考にしてください。

VIP待遇(特別サービス・優待特典)あり

海外FXでは大口トレーダーを特別サービスや優待特典でVIP待遇をする業者もあります。

Exness(エクスネス)では「Exnessプレミア」と呼ばれるロイヤルカスタマー専用のプログラムを用意して、経営トップとの対談や年次プレミアムイベントへの招待など、一般会員では体験できない様々な優待サービスでおもてなしを受けられます。

TraderTrust(トレーダーズトラスト)ではVIPキャッシュバック報酬があり、1日の取引量が10ロットを超える大口トレーダーを対象に、毎日最大20万円をキャッシュバックしています。

大口取引で大きな利益を上げるとともに、特別報酬が自動的に入ってくるのは見逃せないポイントです。なお、ExnessとTradersTrustはVIP待遇のコストをスプレッドや取引手数料に上乗せしていない点でもおすすめです。

法人口座を開設できる

大口取引で安定して稼げるようになった後に節税することを考えて、法人化までを検討している方もいるでしょう。海外FXの大口でおすすめした7社の中では、XMTrading(エックスエム)以外の6社で法人口座を開設できます。

Exness(エクスネス)では大口取引をするExnessプレミア会員(入金額2万ドル~)に限定されている点に留意しましょう。いずれの海外FX業者も専用窓口が設けられているので、法人口座を開設する際にご利用ください。

海外FXの法人口座の効果的な使い方については別ページで詳しく掘り下げています。

海外FXの大口取引の注意点

海外FXで大口取引をする際の注意点を解説します。

余計なリスクをとらないために、大口トレーダーが気をつけている点を確認しましょう。

最大保有ポジション数またはロット数による制限

海外FXにおける最大保有ポジションについては、以下2つを確認してください。

  • 1口座あたりの最大保有ポジション数または合計ロット数
  • 複数口座(1アカウント)における最大保有ポジション数またはロット数

大口取引でおすすめの海外FX業者ランキングの中で、XMTrading(エックスエム)だけは複数口座(1アカウント)における最大保有ポジションを表記していました。

仮にスタンダード口座とKIWAMI極口座をもっていた場合にスタンダード口座で200ポジション(予約注文を含む)を保有すると、KIWAMI極口座では一切注文できなくなります。

一方でFXGTのように「1口座あたりの最大保有可能ロット数:200」「1ポジションあたりの最大ロット数:200」とスペック表に明示している業者であれば迷うことがありません。

この場合、FXGTのスタンダード口座で1回目の注文で190ロットを保有したら2回目以降の注文は残り10ロットまでとなります。ただし、FXGTのプロ口座も使っていたら、そちらではスタンダード+口座とは切り離して200ロット分を保有できます。

海外FX業者ごとで大口取引のルールが異なる点に注意しましょう。

レバレッジ制限によるロスカット

フルレバレッジぎみで大口注文をする場合、海外FX業者ごとに定められたレバレッジ制限によるロスカットに注意してください。

  • 有効証拠金残高
  • 口座残高
  • ロット数
  • 商品・銘柄別
  • 取引時間帯
  • 経済指標発表前後
  • 相場が不安定な期間

いずれもレバレッジ制限がかかった際の変化率の大きさがロスカットの原因となります。有効証拠金を例にすると、AXIORY(アキシオリー)であれば変化率が小さいのでフルレバレッジぎみのトレードでもある程度リスクをやわらげられます。

有効証拠金最大レバレッジ
0~100,000ドル400倍
100,001~200,000ドル300倍
200,001~300,000ドル200倍
300,001ドル以上100倍
AXIORYの有効証拠金に応じた最大レバレッジ

AXIORYでは有効証拠金が10万ドル増える度に、最大レバレッジが段階的に100倍ずつ引き下げられます。海外FXでは最大レバレッジが500倍から200倍へと数百倍単位で低下する場合があるため、フルレバレッジに近い大口取引のデメリットになります。

詳しくはAXIORYのレバレッジルールをご覧ください。

一方で、TitanFX(タイタンFX)では残高変化による最大レバレッジの引き下げがありません。高い約定力で安定した大口取引を提供しているため、AXIORYと肩を並べてプロトレーダーからの定評があります。

>>TitanFXのレバレッジルールはこちら

悪質な出金遅延や出金拒否の事例

海外FXでは、過去に悪質な出金遅延や出金拒否の事例があった業者で大口取引をしないでください

規約違反に該当するなどの理由を付けられて出金できない場合に正当な理由を持って請求するにしても、弁護士を引き連れて業者が拠点を置く国に出向き、日本と異なる法律で争うのは現実的ではありません。

近年はSNSで悪質な業者の情報がシェアされるため、出金遅延や出金拒否の事件を起こした業者はほぼ消滅していきますが、いまの時代でもユーザーの資金を持ち逃げする事件が発生しています。

大口取引をするプロトレーダーほど海外FX業者選びには慎重で、自己資金を長期で管理・運用できるかの調査に余念がありません。

とは言っても、初心者の方が独自に業者に潜むリスクまで調べるのは難しいでしょう。当サイトが紹介する海外FX業者は、大口に有利な取引環境を提供することはもちろん、安全性と信頼性まで考慮して厳選しているので安心してご利用ください。

海外FXの大口に関するよくある質問

最後に、海外FXの大口に関するよくある質問をまとめたので参考にしてください。

海外のFXの最大ロット数は?

海外FXの最大ロット数は、主要な業者では1,000ロットです。AXIORY(アキシオリー)とTradersTrust(トレダーズトラスト)が該当します。

海外FXの大口とはなに?

海外FXの大口とは、1銘柄あたり数千万円を超える取引をするトレーダーを指すことが慣習となっています。日本の証券会社は1銘柄あたり5,000万円以上の売買代金を大口取引と呼んでいます。

海外FXでポジション数に制限はある?

海外FXではポジション数に制限がある業者と、AXIORY(アキシオリー)やExness(エクスネス)のようにポジション数に制限がない業者に分かれています。

海外FX業者から億単位の出金はできる?

はい、一部の海外FX業者のアクティブユーザーによる出金報告からは億単位の出金を確認できています。ただし、個人情報保護により海外FX業者から顧客の出金情報が公表されることはありません。

海外FX業者で法人口座を開設できる?

はい、海外FX業者で法人口座を開設できます。AXIORY・FBS・Exness・TradersTrust・TitanFX・FXGTが対応しています。

大口取引でおすすめの海外FX業者は?

大口取引でおすすめの海外FX業者は、AXIORY(アキシオリー)・FBS(エフビーエス)・Exness(エクスネス)です。いずれも最大ロット数と最大ポジション数が多く、その他にも取引コストが安い口座タイプを用意するなど、大口取引で収益を得やすい取引環境を提供しています。

大口トレーダーが使う海外FX業者の特徴は?

大口トレーダーが使う海外FX業者の特徴は、最大ロット数が大きく、ゼロカット保証が付いたハイレバレッジを活用でき、大口取引で得た利益の速やかな出金が可能で安全性が高いことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次