【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMTradingとTitanFXを比較|ボーナスだけじゃない実際の取引条件を確認

XMTradingとTitanFXを比較|ボーナスだけじゃない実際の取引条件を確認

XMとTitanFXを比較するとそれぞれ強み・弱みが異なり、おすすめできるトレーダーが異なります。

利用する取引口座に求める条件別にどちらがおすすめの業者なのか、そしてその理由となる口座スペックを解説していきます。

XMとTitanFXはどっちがおすすめ?
  1. XMTradingは初心者・少額トレーダーにおすすめ
  2. TitanFXはトレード環境を重視する中・上級者トレーダーにおすすめ
目次

XMTradingとTitanFXはどちらがおすすめ

先に結論から申し上げるとXMTradingとTitanFXでは、それぞれ以下のトレーダーにおすすめします。

ここでは、ボーナスとレバレッジに強いXMTradingがおすすめな方と、全体的なトレード環境に優れているTitanFXがおすすめな方を詳しくみてみましょう。

XMTradingは初心者・少額トレーダーにおすすめ

XMTrading(エックスエム)は、以下のいずれかに当てはまる方におすすめします。

XMTradingがおすすめな人
  • 海外FXもしくはFXを今から始める
  • トレード資金が10万円未満で少額か取引したい
  • スプレッドが多少広くてもレバレッジやボーナスが欲しい

最も知名度のある海外FX業者のXMTradingは、FXデビューを考えている少額トレーダーにおすすめします。

なぜなら、XMTradingでは様々なボーナスと最大1,000倍レバレッジを提供しているからです。

XMTradingで実施中のボーナス
  • 新規口座開設ボーナス:13,000円相当
  • 2段階入金ボーナス:最大10,500ドル相当(約1,400,000円相当)
  • ロイヤルティプログラム:取引毎に無制限のボーナス

XMTradingのスタンダード口座を使えば、各種ボーナスを受け取りつつ、最大1,000倍レバレッジでトレードが行えます。

できるだけ少額からFXを始めたいなら、TitanFXよりボーナスとレバレッジが優れているXMTradingがおすすめです。

TitanFXはトレード環境を重視する中・上級者トレーダーにおすすめ

TitanFX(タイタンエフエックス)は、以下のいずれかに当てはまる方におすすめします。

TitanFXがおすすめな人
  • 海外FX・国内FXのどちらかで取引経験が十分にある
  • レバレッジは高さより制限の少なさを重視したい
  • 約定力とスプレッドと取り扱い銘柄も妥協したくない

質の高いトレード環境が評判のTitanFXは、スプレッドや約定力といった取引条件を重視したい中・上級者トレーダーにおすすめします。

なぜなら、TitanFXは独自のゼロポイント・テクノロジーによって、以下の優れたトレード環境を提供しているからです。

  • 安定した低スプレッドの供給:専用システムで常に最適なスプレッド提示
  • 全取り扱い銘柄がECN方式:複数の金融機関との提携でCFDも低スプレッド
  • 遅延のないサーバー接続:東京サーバーもあり海外FXなのに遅延を感じない

例えば、高速スキャルピングで国内FXだと約定拒否(リクオート)が多かったり、海外FXの遅延によるスリッページ(※)に悩まされてきた方は、TitanFXのブレード口座をおすすめします。

TitanFXのブレード口座は、注文が金融機関のレートで直接取引され、遅延なく低スプレッドで快適にスキャルピングが可能です。

スリッページとは、注文を行ってから約定するまでに発生する遅延で、注文価格と約定価格に差が発生する現象です。

XMTradngとTitanFXの運営会社を比較

ここでは、XMTradingとTitanFXの運営会社を比較します。

XMTradingとTitanFXで運営会社の所在地や金融ライセンスや保証制度など、信頼性と安全性を比較しましょう。

XMTradingの運営会社

XMTradingは、以下の2社による共同運営がされている海外FX業者です。

運営会社所在地金融ライセンス
Tradexfin LimitedUnit E, F28, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychellesセーシェル金融庁(ライセンス番号:SD010
Fintrade Limited7TH FLOOR, TOWER 1, NEXTERACOM, CYBERCITY, EBENE 72201モーリシャス金融サービス委員会(ライセンス番号:GB20025835
XMTradingの運営会社

それぞれ提供されるサービス内容は同じであるものの、管轄となる金融ライセンスが変わります。

2社の共同運営と金融ライセンスが分かれることで、万が一に規制変更で日本からの利用ができなくなっても、一方のライセンス下で継続利用できるメリットがあります。

また、XMTradingは業界大手のXMグループがアジア向けに運営している海外FX業者です。

XMグループでは、傘下の会社で以下の金融ライセンスも取得しています。

グループ会社の名称金融ライセンスとライセンス番号
Trading Point of Financial Instruments Ltdキプロス証券投資委員会(ライセンス番号:120/10
スペイン国家証券市場委員会(ライセンス番号:2010157773
イタリア企業および取引委員会(ライセンス番号:3046
ベリーズ国際金融サービス委員会(ライセンス番号:000261/309
Trading Point of Financial Instruments UK Limited英国金融行動監視機構(ライセンス番号:705428
TRADING POINT OF FINANCIAL INSTRUMENTS PTY LTDオーストラリア証券投資委員会(ライセンス番号:443670
Trading Point of Financial Instruments Ltd.ドイツ連邦金融監督局(ライセンス番号:10124161
XMグループのライセンス

複数の金融当局から認可を受けており、世界的に難関ライセンスとして知られる以下3つの認可をXMグループは受けています。

  • キプロス証券取引委員会(Cysec)
  • 英国金融行動監視機構(FCA)
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)

難関ライセンスの認可を受けているXMグループ傘下のXMTradingは、安全性・信頼性ともに申し分ないでしょう。

TitanFXの運営会社

TitanFX(タイタンエフエックス)の運営会社と金融ライセンスは以下の通りです。

運営会社所在地金融ライセンス
Titan FX Ltd1st Floor, Govant Building, Kumul Highway, Port Vila, Vanuatuバヌアツ金融サービス委員会(ライセンス番号:40313
TitanFXの運営とライセンス

TitanFXは、2014年設立のTitan FX Ltdによって運営されています。

XMTradingと比べると運営会社の規模は劣るものの、TitanFX公式サイトでは運営陣のプロフィールや経営体制までしっかり記載されています。

20年以上バヌアツに居住し、現在は市民権を得ているMartinは、Titan FXの成功を通じて、また金融センター協会会長(2015年~)、金融市場協会会長(2020年~)として、グローバル金融における同国の躍進を支えるきっかけとなっています。

引用:TitanFX 会社概要

TitanFXの代表取締役は、バヌアツで金融センター協会と金融市場協会の現会長です。

FX業者の代表が1つの国の公的機関で代表という事実から、TitanFXの信頼性・安全性の高さが評価できます。

XMTradingとTitanFXの取引条件を比較

ここでは、XMTradingとTitanFXの取引条件を以下のポイントで比較します。

実際のトレーダー目線で細かく詳しくみてみましょう。

また、XMTradingとTitanFXの各口座タイプの取引条件を簡単にチェックしたい方は、以下の一覧表を参考にどうぞ。

項目XMTradingTitanFX
取引プラットフォームMetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
発注方式NDD OTC方式NDD STP方式NDD ECN方式
証拠金通貨JPY/USD/EURJPY/USD/EUR/AUD/SGD
最大レバレッジ500倍
1,000倍
500倍
1,000倍
初回最低入金額5ドル相当額200ドル相当
1ロットの通貨単位10万通貨10万通貨
最小ロット・最大ロット数0.01ロット・50ロット0.01ロット・100ロット
取り扱い銘柄数127種類231種類
マージンコール証拠金維持率50%証拠金維持率90%
ロスカット証拠金維持率20%証拠金維持率20%
XMTradingとTitanFXの取引条件一覧

XMTradingとTitanFX:レバレッジを比較

ここでは、XMTradingとTitanFXで最大レバレッジと必要証拠金の目安を比較してみましょう。

まず、両社の口座タイプ別の最大レバレッジは以下の通りです。

  • XMTrading:最大1,000倍(ゼロ口座のみ最大500倍)
  • TitanFX:最大500倍(マイクロ口座のみ最大1,000倍)

XMTradingとTitanFXでは、どちらも口座タイプによって500倍から1,000倍の最大レバレッジが同じです。

ただし、CFD銘柄になると両社で最大レバレッジと必要証拠金に差が発生します。

銘柄XMTradingTitanFX
XAUUSD
ゴールド
1,000倍
(27,135円)
500倍
(54,271円)
JP226
日経平均株価
200倍
(14,550円)
500倍
(5,820円)
US30
ダウ平均株価
100倍
(46,735円)
500倍
(9,347円)
CFDのレバレッジと必要証拠金

ゴールドに関しては、XMTradingの方がレバレッジが高いものの、その他CFDに関してはTitanFXのレバレッジが高いです。

したがって、CFDを少額で取引するなら、ゴールドはXMTrading、ゴールド以外はTitanFXと使い分けると良いでしょう。

XMTradingとTitanFX:スプレッドを比較

ここでは、XMTradingとTitanFXでスプレッドを比較してみましょう。

スプレッド比較を行うのは、それぞれ以下の口座タイプで平均スプレッドを比較します。

スタンダード口座でスプレッド比較

まずは、XMTradingとTitanFXのスタンダード口座で、同期間の平均スプレッドを比較してみましょう。

通貨ペアXMTrading
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
USDJPY
米ドル/日本円
2.0pips1.5pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
2.0pips1.2pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
2.3pips1.5pips
AUDUSD
豪ドル/米ドル
1.8pips1.2pips
USD/CAD
米ドル/カナダドル
2.6pips1.6pips
スタンダード口座のスプレッド比較

取引手数料が無料のスタンダード口座同士の比較では、TitanFXの方がXMTradingより0.5pips~1.0pipsほど狭いスプレッドを提示していました。

スタンダード口座でスプレッドを重視する場合は、TitanFXのスタンダード口座の方が有利です。

KIWAMI極口座とスタンダード口座でスプレッド比較

次に、XMTradingのKIWAMI極口座とTitanFXのスタンダード口座で、同期間の平均スプレッドを比較してみましょう。

通貨ペアXMTrading
KIWAMI極口座
TitanFX
スタンダード口座
USDJPY
米ドル/日本円
1.0pips1.5pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
1.0pips1.2pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
1.0pips1.5pips
AUDUSD
豪ドル/米ドル
1.0pips1.2pips
USD/CAD
米ドル/カナダドル
1.7pips1.6pips
KIWAMI極口座とスタンダード口座のスプレッド比較

XMTradingのKIWAMI極口座は、ボーナス対象外の代わりに低スプレッドで取引が可能な口座タイプです。

KIWAMI極口座とTitanFXのスタンダード口座では、ややKIWAMI極口座のスプレッドの方が低スプレッドとなります。

取引手数料が無料の口座タイプで、ある程度の低スプレッドを求める場合はXMTradingのKIWAMI極口座がおすすめです。

ゼロ口座とブレード口座でスプレッド比較

次に、XMTradingのゼロ口座とTitanFXのブレード口座で、同期間の平均スプレッドを比較してみましょう。

通貨ペアXMTrading
ゼロ口座
(平均スプレッド+片道取引手数料)
TitanFX
ブレード口座
(平均スプレッド+片道取引手数料)
USDJPY
米ドル/日本円
0.8pips1.05pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
0.8pips0.65pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
1.1pips1.05pips
AUDUSD
豪ドル/米ドル
1.1pips0.75pips
USD/CAD
米ドル/カナダドル
1.3pips0.95pips
ゼロ口座とブレード口座のスプレッド比較

ゼロ口座とブレード口座は、両社で最も狭いスプレッドを提示している口座タイプです。

ただし、ゼロ口座とブレード口座では、以下の取引手数料が発生します。

  • XMTradingのゼロ口座:1ロット当たり片道5ドル(0.5pips相当)
  • TitanFXのブレード口座:1ロット当たり片道3.5ドル(0.35pips相当)

単純なスプレッド差では、XMTradingのゼロ口座の方か狭いものの、取引手数料を加味した実質スプレッドではTitanFXのブレード口座の方が低スプレッドです。

それぞれの業者のスプレッド一覧は以下のリンクを参考にしてください。

XMのスプレッド一覧と比較
AXIORYのスプレッド一覧と比較

XMTradingとTitanFX:ボーナスを比較

ここでは、XMTradingとTitanFXのボーナスを比較しましょう。

両社のボーナスでは、以下のような違いがあります。

  • XMTrading:常時ボーナスを開催・期間限定のボーナスも積極的
  • TitanFX:常設ボーナスは無し・期間限定ボーナスは稀に開催

XMTradingはボーナスが豊富に提供されています。

一方で、TitanFXはボーナスの実施がほとんどなく、期間限定で年に1~2回程度のキャンペーンを実施する程度です。

例えば、XMTradingでは、以下のボーナスキャンペーンを常時開催しています。

XMTradingのボーナスキャンペーン
  • 新規口座開設ボーナス:13,000円相当
  • 2段階入金ボーナス:最大10,500ドル相当(約1,400,000円相当)
  • ロイヤルティプログラム:取引毎に無制限のボーナス

XMTradingでは、まず新規口座開設ボーナスを使い未入金でも13,000円相当のボーナスで取引を始められます。

さらに入金ボーナスや取引ボーナス(ロイヤルティプログラム)も充実しており、少額資金でもボーナスで追加の資金が調達可能です。

TitanFXも期間限定ボーナスがあるものの、入金と取引でキャッシュバックを受け取る仕組みで初心者には敷居が高いです。

XMTradingとTitanFX:取り扱い銘柄を比較

ここでは、XMTradingとTitanFXで取り扱い銘柄を比較してみましょう。

取り扱い銘柄XMTrading
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
通貨ペア5560
貴金属411
株価指数2421
コモディティ(商品先物)8
エネルギー55
仮想通貨3134
株式100
合計127231
取り扱い銘柄の比較

XMTradingでは、商品先物の取り扱いがあることが特徴です。

一方で、TitanFXでは商品先物の取り扱いがないものの、株式を100銘柄取り扱っています。

とうもろこしや小麦といった商品先物を取引する場合はXMTrading、株式を取引する場合はTitanFXを使いましょう。

XMTradingとTitanFX:約定力を比較

ここでは、XMTradingとTitanFXの約定力を比較しましょう。

約定力とは、注文が約定する約定スピードや、スリッページが発生しづらい正確性、大口取引でも約定拒否(リクオート)がない流動性を総合したFX業者の能力のことです。

結論から申し上げると、約定力ではXMTradingよりTitanFXの方が優れています。

なぜなら、TitanFXは約定力に優れる発注方式やインフラ整備に力を入れている海外FX業者だからです。

例えば、顧客の注文を処理する発注方式では以下の違いがあります。

  • XMTrading:顧客注文は自社で決済して必要に応じてカバー先へ流す(NDD OTC方式)
  • TitanFX:顧客注文は取引システムを介して金融機関の市場へ直接流す(NDD ECN方式)

XMTradingでは、顧客から受けた注文を自社で決済してからカバー先へ流す「NDD OTC方式」を採用しています。

もちろんスリッページは、取引するロット数やタイミングによって発生しやすさが変わり、MT4・MT5で許容スリッページの設定も可能です。

とは言え、許容スリッページが狭いほど、約定拒否になりやすいというデメリットもあります。

TitanFXでは、スタンダード口座・マイクロ口座では顧客の注文を即時に決済するNDD STP方式、ブレード口座は金融機関レートで直接約定するNDD ECN方式を採用しています。

どちらも約定力が高く、スリッページが非常に少ないことが特徴です。

XMTradingとTitanFXの入出金対応を比較

ここでは、XMTradingとTitanFXで入出金方法を比較します。

海外FXでは、スピーディーな入出金方法が欠かせません。

基本的には両社ともに使いやすい入出金体制が整っていますが、主流となる入出金方法に違いがあります。

XMTradingは国内銀行送金が主流

XMTrading(エックスエム)では、以下の入出金方法に対応しています。

入出金方法入金反映目安出金反映目安利益分の出金
国内銀行送金1時間以内2~5営業日可能
クレジットカード・デビットカード即時カード会社による不可
Bitwallet(ビットウォレット)即時即時不可
STICPAY(スティックペイ)即時即時不可
BXONE(ビーエックスワン)即時即時不可
XMTradingの入出金方法

XMTradingでは、国内銀行送金のみが利益分を出金できるため主流となっています。

国内銀行送金は、XMTradingが提携する決済代行業者を使うため、入金は1時間以内、出金もほととんど2日以内に着金するため非常に早いです。

TitanFXはBitwalletが便利

TitanFX(タイタンエフエックス)では、以下の入出金方法に対応しています。

入出金方法入金反映目安出金反映目安利益分の出金
国内銀行送金1営業日以内3営業日以内可能
クレジットカード・デビットカード即時カード会社による不可
Bitwallet(ビットウォレット)即時即時可能
STICPAY(スティックペイ)即時即時可能
仮想通貨即時即時可能
TitanFXの入出金方法

TitanFXでは、入金に使ったBitwalletであれば、利益分を含めた出金が可能です。

国内銀行送金による入金と比べて、Bitwalletは即時反映なので重宝します。

また、TitanFXの国内銀行送金は3営業日以内に着金するため、Bitwalletから銀行へ出金する際と着金日数が変わりません。

Bitwalletは、対応する海外FX業者も多く他社間の資金移動に便利です。また、年間の利用量に応じて各種割引もあるため、海外FXヘビーユーザーにおすすめの入出金方法になります。

XMTradingとTitanFXの日本語サポートを比較

ここでは、XMTradingとTitanFXの日本語サポートをそれぞれ比較してみましょう。

日本語サポートは、海外FX業者でトラブルなく快適に利用する上で重要な要素です。

両社のサポートに関するSNSの口コミを含めて確認していきます。

XMTradingの日本語サポート

XMTrading(エックスエム)では、以下の日本語サポート体制を提供しています。

項目日本語対応
公式サイト
各種サービス
アプリ
MT4・MT5
ライブチャット
公式メール
XMTradingの日本語サポート
XMTrading:サポート営業時間
  • ライブチャット:月曜日から金曜日の24時間
  • メール:24時間受付で順次対応

XMTradingでは、全てのサービスを対象に完全な日本語サポート体制が整備されています。

ライブチャットや公式メールで対応するスタッフが、XMTradingは日本人スタッフです。

ネイティブの日本語でサポートが受けられるため、海外FX初心者の方でも安心してXMTradingは利用できます。

XMTradingのサポートは対応の早さがSNS上でも評判です。

例えば、入金で必要な事項の入力を間違えた場合なども、サポートへ連絡すれば解決方法がすぐに案内されます。

TitanFXの日本語サポート

TitanFX(タイタンエフエックス)では、以下の日本語サポート体制を提供しています。

項目日本語対応
公式サイト
各種サービス
アプリ
MT4・MT5
ライブチャット
公式メール
電話
TitanFXの日本語サポート
TitanFX:サポート営業時間
  • ライブチャット:月曜日から金曜日の24時間
  • メール:24時間受付で順次対応

TitanFXでも、全てのサービスが日本語に対応しています。

XMTradingと同様にメールとライブチャットによる日本語サポート窓口があるため、海外FX初心者の方でも比較的使いやすい環境です。

また、XMTradingでは現在終了した電話による日本語窓口がTitanFXでは提供されています。

TitanFXのライブチャットは、時間を問わず返答が早いことがSNSでも評判です。

上記の口コミでは、出金確認メールが受け取れず、深夜にライブチャットへ問い合わせても即時に解決したといった内容が寄せられています。

XMTradingとTitanFXの両方を使い分けもおすすめ

XMTradingとTitanFXで迷ったら、両方を使い分けるのもおすすめします。

なぜなら、取り扱い銘柄によって使い分ける方が、有利な取引条件で常にトレードできるからです。

例えば、定番CFDのゴールドを取引する場合は、以下のように使い分けられます。

  • XMTrading:最大1,000倍レバレッジで余力を残しやすいためスイングトレードに使う
  • TitanFX:低スプレッドで約定力が高いのでスキャルピングに使う

また、XMTradingとTitanFXの入出金はBitwalletに対応しています。

Bitwallet経由で即時に業者間で資金移動が可能です。

その日によって取引したい銘柄に合わせて、取引条件が有利な条件でトレードしましょう。

XMTradingとTitanFXに関するよくある質問

XMTradingの口座タイプは何がありますか?

XMTradingの全口座タイプと取引条件は以下の通りです。

XMTradingの口座タイプと取引条件
口座タイプスタンダード口座マイクロ口座KIWAMI極口座ゼロ口座
取引プラットフォームMetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
発注方式NDD OTC方式NDD OTC方式NDD OTC方式NDD OTC方式
証拠金通貨JPY/USD/EURJPY/USD/EURJPY/USD/EURJPY/USD/EUR
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍500倍
初回最低入金額5ドル相当額5ドル相当額5ドル相当額5ドル相当額
1ロットの基本数量10万通貨1000通貨10万通貨10万通貨
最小ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大ロット50ロット100ロット50ロット50ロット
最大ポジションサイズ10,000ロット20,000ロット10,000ロット10,000ロット
取り扱い銘柄通貨ペア:55
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
仮想通貨:31
【合計】127種類
通貨ペア:55
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
仮想通貨:31
【合計】127種類
通貨ペア:55
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
仮想通貨:31
【合計】127種類
通貨ペア:54
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
【合計】95種類
取引手数料無料無料無料1ロット/片道5ドル
XMTradingの口座タイプと取引条件
TitanFXの口座タイプは何がありますか?

TitanFXの全口座タイプと取引条件は以下の通りです。

TitanFXの口座タイプと取引条件
口座タイプスタンダード口座マイクロ口座ブレード口座
取引プラットフォームMetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
発注方式NDD STP方式NDD STP方式NDD ECN方式
証拠金通貨JPY/USD/EUR/AUD/SGDJPY/USD/EUR/AUD/SGDJPY/USD/EUR/AUD/SGD
最大レバレッジ500倍1,000倍500倍
初回最低入金額200ドル相当額200ドル相当額
1ロットの基本数量10万通貨1,000通貨10万通貨
最小ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大ロット100ロット100ロット100ロット
最大ポジションサイズ20,000ロット20,000ロット20,000ロット
取り扱い銘柄通貨ペア:60
貴金属:11
株価指数:21
株式:100
エネルギー:5仮想通貨:34
【合計】231
通貨ペア:34
貴金属:2
仮想通貨:1
【合計】37種類
通貨ペア:60
貴金属:11
株価指数:21
株式:100
エネルギー:5
仮想通貨:34
【合計】231
取引手数料無料無料1ロット/片道3.5ドル
TitanFXの口座タイプと取引条件
TitanFXでゼロカットはありますか?

はい、TitanFXでもゼロカットが採用されています。

XMTradingの仮想通貨は土日も取引できますか?

はい、XMTradingの仮想通貨CFDは土日も取引可能です。

XMTradingとTitanFXは日本から利用してもよいのですか?

はい、XMTradingとTitanFXは日本から利用して問題ありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次