【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMで法人口座を開設できる?個人口座の転用リスクと税金対策の代替案

XMで法人口座を開設できる?個人口座の転用リスクと税金対策の代替案

2023年7月現在、XMでは法人口座を開設できません

XMの安全性と信頼性や優れた取引環境をそのままにして税金対策をしたいものの、何か代替案はあるのでしょうか。

この記事では、XMの個人口座を法人用に転用するリスクや、法人口座の開設を受け付けている海外FX業者の中でも、XM以上の取引サービスを提供している業者を紹介します。

税務署から一切の疑念を持たれないために、海外FX業者の法人口座を利用して節税するための参考にしてください。

目次

XMで法人口座を開設できない【2023年最新】

XMTrading(エックスエム)では法人口座を開設できません。2023年7月現在、公式サイトに以下の明示があります。

法人口座を開設できますか?

いいえ、現在、当社では法人口座を提供しておりません。しかし、当社では常に商品とサービスを追加しておりますので、将来的には導入する可能性がございます。

XMTradingヘルプセンター

今後、XMでも法人口座を利用できる含みを持たせていますが、実際のところどうでしょうか?

上記を踏まえて、将来の展開を考えていきましょう。

XMグローバル版でも法人口座を開設できない

2023年7月現在、XM.com(※)でも法人口座を開設できず、公式サイトには以下の明示があります。
(※)キプロスに拠点を構えて日本居住者以外の窓口になっているXMのグローバル版

Do you offer corporate accounts?

No, we don’t currently offer corporate trading accounts. But, we are constantly introducing new products and services, so this may be something we offer in future.

XM Help Center

日本向けにサービスを提供するXMTrading(エックスエム)と全く同じ回答です。またXMのグローバル版公式ブログにも法人口座(corporate account, business account)の案内はありません。

XMグループ全社が法人口座の開設を停止していると考えて良いでしょう。

2018年頃から法人口座の新規受付を停止

XMTradingは2018年に法人口座開設の新規受付を停止しました。その後、一時的な受付再開もなく2023年現在に至っています。

キプロス本社側(XM.com)も停止していることを考慮すると、回答にある「将来的には導入する可能性がございます」に期待して待つことが賢明な選択とは言えません。

XMTradingで法人口座を開設することを諦めて、別の税金対策を考えていきましょう。

XMで法人口座と同じ税金対策の方法はある?

XMTrading(エックスエム)で法人口座を開設できた場合と同じ節税効果が得られる方法を確認しましょう。

Web上には追徴課税の対象になりかねない方法が紹介されているので、先に個人口座の転用リスクから解説します。

個人口座を法人口座として運用するリスク

XMの個人口座を法人用に転用して税金対策を試みた場合、管轄する税務署によっては認められないことがあります。

税務署の立場で考えると「たくさん稼いでる海外FXトレーダーが累進課税による高い税金の支払いを避けるため、法人の立場を利用して課税逃れを企んでいる」と疑うのも自然でしょう。

年間所得が900万円を超えると個人口座の所得税率が33%~45%へ引き上がっていくのに対して、法人税率は上限23.2%のまま変わりません。

また、個人事業主であっても帳簿付けの手間を増やさないためにプライベートと事業の口座を分けることは当然のため、法人であればなおさらです。

上記だけを踏まえても、XMの個人口座を法人用に転用することが得策とは言えないでしょう。

いま一度、XMで法人口座を開設したい理由を考えてみてください。

ハイレバレッジや豪華ボーナスをはじめ、海外FX業界を先導するオールインワンの優れたサービスを法人としても利用したいことが最大の理由ではないでしょうか。

XMほどの総合力を持ち合わせた海外FX業者はないものの、ご自身が本当に重視するサービスに着目すると、XMより優れている業者があるはずです。

XMの個人口座を転用することは税金対策において余計な業務を増やすだけなので、他の海外FX業者で法人口座を開設することがベストな選択と言えます。

他の海外FX業者の法人口座を開設する

まずは、XMで個人口座を利用していたときに重視していたサービスを洗い出しましょう。

  • 最大1000倍のハイレバレッジ
  • KIWAMI極口座の狭いスプレッド
  • 最大10,500ドル分の入金ボーナス
  • 日本語サポートデスクの高品質対応

上記はほんの一例です。XMの各サービスを切り離して比較すると、XMより良い条件で利用できる上に日本向けに法人口座の開設まで受け付けている海外FX業者がいくつかあります。

これらの業者を利用すれば、節税効果を高めながら海外FXの強み・メリットを活用できて一石二鳥です。

XMに代わる法人口座でおすすめの海外FX業者3選

XMTrading(エックスエム)に勝るサービスを提供し、法人口座の開設を受け付けているおすすめの海外FX業者を紹介します。

各業者のサービス内容を一覧表で紹介した後に特徴と強みを解説しますので、ご自身の利用目的とマッチする海外FX業者を見つけていきましょう。

Exnessの法人口座

XMの法人口座の代わりとなるExness

XMに代わる法人口座として最初におすすめするのがExness(エクスネス)です。グループ会社が取得困難な英国金融行動監視機構(FCA)とキプロス証券投資委員会(CySEC)の金融ライセンスを保有し、グローバルに事業を展開しています。

金融ライセンスの取得数や企業の規模感からも、XMに引けを取りません。現に2023年1月にはアクティブな利用者数が初の40万人に到達、5月には51万人を超えて2023年中に60万人が視野に入ったことからも、グローバルな事業展開の成功が示されています。

運営会社E​xness(SC) Ltd
設立年2008年
登録住所9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles
金融ライセンスセーシェル金融サービス局(FSA)
ライセンス番号:SD025
資産管理方法分別管理







グループ会社
【ライセンス発行機関(略称)】
Exness(UK)Ltd
【英国金融行動監視機構(FCA)】
Exness(Cy)Ltd
【キプロス証券取引委員会(CySEC)】
Exness(VG)Ltd
【英領バージン諸島金融サービス委員会(FSC)】
Exness(MU)Ltd
【モーリシャス金融サービス委員会(FSC)】
Exness ZA(PTY)Ltd
【南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA)】
Tadenex Limited
【ケニア資本市場庁(CMA)】
Exness B.V.
【キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行(CBCS)】



取扱商品
FX
貴金属CFD
エネルギーCFD
仮想通貨CFD
株式CFD
株価指数CFD
最大レバレッジ2,000倍
(条件付きで無制限)
ゼロカットあり(追証なし)
スプレッドの特徴主要通貨ペアで0.0pip~の
固定スプレッドあり
最大ロット数
(最大取引数量)
FX:200ロット/回
(2,000万通貨/回)
最大ポジション数無制限
ボーナス・ポイントなし

サポート対応時間
Eメール:24時間365日
チャット:平日08:00~24:00
電話:平日08:00~24:00
メールアドレスsupport@exness.com
電話番号+120409740
Exnessの会社情報

Exnessを象徴する無制限レバレッジは法人口座でも利用できます。ロスカット水準が0%で資金効率を最大化でき、ゼロカットが付いているので追加証拠金が発生することもありません。

FXの主要通貨ペアのスプレッドが、1日の95%の時間帯でゼロスプレッドで提供されるゼロ口座や、即時約定でスリッページが発生しないプロ口座が用意されており、徹底的に取引コストを下げてハイレバレッジを活用できます。

Exnessで法人口座を作るには、個人口座を開設してからExnessプレミアと呼ばれる特別プログラムに参加する必要があります。

会員になるとステータス(プレミア階層)が得られ、取引量などの条件を満たすことで法人口座開設の申込が可能です。

プレミア階層入金額取引量その他条件
シグネチャー10万ドル四半期毎に2億ドル
エリート5万ドル四半期毎に1億ドル
プリファード2万ドル四半期毎に5千万ドル2期連続
Exnessの法人口座開設の申込条件

プリファード会員でも入金額が2万ドル、四半期毎の取引量が5千万ドルを2期連続で達成する必要があるため、Exnessは大口トレーダーのみを対象にして法人口座の開設を受け付けています。

プレミア会員のVIP待遇として、富裕層向けのコンテストや現金報酬、トップマネジメントの対談、年次プレミア祝賀イベントへの招待を受けられます。

法人口座を開設する場合、プリファード会員の方は「support@exness.com」へ問い合わせをし、エリート・シグネチャー会員の方は専属アカウントマネージャーに直接連絡をしてください。

Exnessのプレミア会員になって法人税対策をしつつ、トレードの成功をVIP待遇を通じて味わっていきましょう。

\ Exnessプレミアで節税&VIP待遇! /

Exnessの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にExnessを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:Exnessの評判・口コミまとめ

FXGTの法人口座

XMの法人口座の代わりになるFXGT

XMに代わる法人口座としてFXGTを紹介します。キプロス証券投資委員会(CySEC)の金融ライセンスをはじめ、各地域で適切なライセンスをグループ各社が取得してグローバルに事業を展開しています。

XMに勝る15,000円分の口座開設ボーナスに加えて、最大130万分の入金ボーナスを法人口座でも受け取れる上に、トレード環境についてはXMよりも優れた条件で提供されているサービスが多くあります。

運営会社360 Degrees Markets Ltd
設立年2019年
登録住所Room 12, First Floor, Kingsgate House, Victoria, Mahe, Seychelles
金融ライセンスセーシェル金融サービス局(FSA)
ライセンス番号:SD019
資産管理方法分別管理


グループ会社
【ライセンス発行機関(略称)】
TEC International (Cyprus) Ltd 
【キプロス証券取引委員会(CySEC)】
GT IO Markets (Pty) Ltd
【南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA)】
GT Global Markets Ltd
【バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)】



取扱商品
FX
仮想通貨CFD
GTi12指数CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
株価指数CFD
株式CFD
最大レバレッジ1,000倍
ゼロカットあり(追証なし)
スプレッドの特徴プロ口座のポンド円、ポンドドル、
ドル円のスプレッドが狭い
最大ロット数
(最大取引数量)
FX:200ロット/回
(2,000万通貨/回)
最大ポジション数200ロット分
ボーナス・ポイント15,000円分の口座開設ボーナス
最大130万円分の入金ボーナス

サポート対応時間
Eメール:24時間365日
チャット:24時間365日
電話:サポートなし
メールアドレスjpsupport@fxgt.com
電話番号
FXGTの会社情報

海外FX業界で仮想通貨を取引するならFXGTが定着しており、法人でも利用できる仮想通貨専用のCrypto Max(クリプトマックス)口座を開設すれば、15,000円の未入金ボーナスを受け取れてリスクゼロで仮想通貨FXを始められます

注目は取引手数料が無料のプロ口座です。日本人に人気のドル円とポンド円はExnessよりも狭いスプレッドを提示し(※)、XMでスキャルピング向けのKIWAMI極口座とは大半の主要通貨ペアで同等のスプレッドです。
(※)2023年7月までの調査、流動性が高い時間帯におけるリアルタイムスプレッドを比較

FXGTの法人口座を開設するには、登録ページで「法人」のタブを選択して新規登録を行い、以下の必要書類を提出します。

  • 代表者の本人確認書類
  • 代表者の現住所確認書類
  • 法人の各種証明書

法人の各種証明書に必要な書類が多いものの、テンプレートが用意されていますし、丁寧な日本語サポートを受けられるので安心してください。

FXGTの法人口座開設について、審査が厳しくて落とされたという報告が見当たりません。提出書類さえ揃えてしまえば速やかに手続きが進むので、法人化してから初めて口座開設をする方にもおすすめです。

\ 15,000円分のボーナスを無料プレゼント! /

FXGTの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にFXGTを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:FXGTの評判・口コミまとめ

ThreeTraderの法人口座

XMの法人口座の代わりになるThreeTrader

XMに代わる法人口座かつ取引コストを最安値にしたい方にThreeTrader(スリートレーダー)をおすすめします。ドルストレートとゴールドならびに主要なクロス円で業界最狭のスプレッドを提示する時間帯が長いです。

業界首位のスプレッドをExnessと競い合い、取引手数料を含む実質スプレッドが最も狭くなるように調整されているようです。

運営会社ThreeTrader Global Limited
設立年月2021年5月

登録住所
1276, Govant Building, Kumul Highway, Port Vila, Republic of Vanuatu

金融ライセンス
バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
ライセンス番号:40430
資産管理方法分別管理
グループ会社


取扱商品
FX
貴金属CFD
エネルギーCFD
株価指数CFD
仮想通貨CFD
最大レバレッジ500倍
ゼロカットあり(追証なし)
スプレッドの特徴主要通貨ペアとゴールドで
業界最狭スプレッド
最大ロット数
(最大取引数量)
FX:80ロット/回
(800万通貨/回)
最大ポジション数200ポジション
ボーナス・ポイント豪華賞品と交換できる
ポイントプログラム

サポート対応時間
Eメール:平日07:00~20:00
チャット:平日07:00~20:00
電話:メールまたはチャットで事前予約
メールアドレスsupport@threetrader.com
電話番号
ThreeTraderの会社情報

VFSCは金融活動作業部会(FATF)および国際的な多国間グループと協力して活動しており、監査が厳しいことで知られています。

新興ブランドながらも取引環境への投資を重視してトレーダーファーストな経営を続けていることから、スキャルピングを得意とするプロの多くがThreeTraderの法人口座を利用しています。

同じくプロから支持されている2014年設立のTitanFXが同じVFSCライセンスを保有し、派手なキャンペーンを開催することなく取引サービスの改善を続けていることから1つのモデルになりそうです。

ThreeTraderの法人口座を開設するには、先に個人口座を開いてから「support@threetrader.com」へ問い合わせをするか、担当のアカウントマネージャーに連絡すると開設手順が案内されます。

なお、審査結果は3営業日以内を目安に分かります。アクティブな海外FXトレーダーの報告より、2023年も法人口座開設の審査が速やかに行われています。

\ 業界最狭スプレッドで大注目の新興ブローカー /

ThreeTraderの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にThreeTraderを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:ThreeTraderの評判・口コミまとめ

海外FXで法人口座のデメリット

海外FXで法人口座を開設した後のデメリットを確認しましょう。

全ての海外FX業者に共通して発生するコストを中心に解説します。

法人の設立費・維持費がかかる

1つ目のデメリットは、法人の設立費・維持費がかかることです。まず設立費についてですが、個人トレーダーの多くは株式会社か合同会社のいずれかを選択します。

株式会社の設立費は22万円以上が目安で、金額の内訳は収入印紙代(4万円、電子定款では不要)、定款の認証手数料(3~5万円)、謄本の発行手数料(約2千円)、登録免許税(通常15万円)です。合同会社の設立費用は10万円以上が目安になります。

法人の維持費としては赤字でも発生する法人住民税(均等割)、税理士の顧問料など専門家への報酬、社会保険料は個人トレーダーのときよりもコストが大きくなります。

海外FXの法人口座のデメリットや注意点を含む詳細を以下の記事にまとめたので参考にしてください。

法人の資金を自由に引き出せない

2つ目のデメリットは、法人の資金を自由に引き出せないことです。個人トレーダーのときと海外FXの法人は別人格です。各々の資産は別々に考えるため、ご自身で稼いだ利益であってもプライベートのために出金してはいけません。

仮に事業上の理由もなく法人口座から資金を引き出した場合、役員貸付金として処理されて、個人(資金を引き出した本人)は元本返済と利息の支払い義務が生じます。

法人口座と個人用を明確に線引していないと、税務署から書類提示を求められることがあり税務処理が増えるので注意しましょう。

赤字でも税金を支払う必要がある

法人になると赤字でも法人住民税(均等割)を支払う必要があります。東京都を参考にすると、従業員が50人以下・資本金等の額が1,000万円以下の法人で7万円(最低金額)です。

ポジショントレードや長期投資は、相場状況により年間を通じて黒字化できないことがあるでしょう。法人の維持コストとして、赤字でも税金が発生することに留意してください。

海外FXで法人口座のメリット

海外FXで法人口座を開設した後のメリットを確認しましょう。

個人よりも法人の方が節税効果が高いと言われる理由そのものです。

法人は個人より税金が安くなる

法人が支払う法人税と個人の所得税を比べた際に、年間所得が800万円を超えたあたりから法人口座の節税効果を実感できます。

法人口座の税率が上限の23.2%に達するのに対して、個人口座は累進課税により年間所得4,000万円以上の税率45%にまで上昇していきます。

年間所得法人口座の税率個人口座の税率
695万円~800万円15.0%23%
800万円超~899万9,000円23.2%23%
900万円~1,799万9,000円23.2%33%
1,800万円~3,999万9,000円23.2%40%
4,000万円以上23.2%45%
海外FXの法人口座と個人口座の税率比較

法人を設立した後の業務増加分のコストは、年間所得900万円を超えてからの明らかな節税メリットが打ち消してくれます。

税金対策のためにExness・FXGT・ThreeTraderのいずれかで法人口座を開設して税金対策をしていきましょう。

法人は個人より経費にできる項目が多い

法人化することで経費項目が増えることはよく知られていますが、その中でも家事按分していたものを全額経費にできる点に節税金額とは異なるメリットを実感できるでしょう。

家事按分とは:海外FXで使用した費用とプライベートの分で区別できない支出(パソコン代金など)に対して、海外FXの利用分を計算して経費として計上すること

家賃・デスク・椅子・インターネット通信・プリンタなど、個人のときにプライベートの使用割合と分けて計上していたもの全てを経費にできます。

その他、役員報酬・社長の生命保険料・退職金・家族同伴の社員旅行・社長用の車なども経費にして税金対策ができます。

法人は個人より損益通算の範囲が広い

3つ目の法人口座のメリットは、海外FXの利益を他の事業と損益通算できることです。XMの個人口座で稼いだ利益は雑所得のため、仮想通貨取引やAmazonを利用したせどりなどとの損益通算に限られます。

一方で、Exness・FXGT・ThreeTraderで法人口座を利用すれば、法人設立時に定款に記載した事業の全てと損益通算が可能です。しかも、赤字だった場合には10年間損失繰越ができることも押さえておきましょう。

XMの法人口座に代わる海外FX業者の選び方

XMTrading(エックスエム)の法人口座の代わりとして、Exness(エクスネス)のように最適な海外FX業者を選ぶ方法を解説します。

企業ブランドを重視するか、特定の取引サービスを重視するかによって選び方が変わる点に注目して確認しましょう。

海外FX業者の安全性と信頼性

XMの企業ブランドから得られる安心感を理由に、XMでの法人口座開設を希望する方もいるでしょう。利益を出金できないリスクを避けるためにも、海外FX業者の安全性と信頼性を調べる必要があります。

XMから学べる、信用できる海外FX業者の特徴は次のとおりです。

  • 金融ライセンスを保有している
  • 悪質な出金拒否・遅延の事例がない
  • SNSの評判が良い
  • 顧客資金を分別管理をしている
  • 日本語サポートの品質が高い
  • 日本語情報が充実した公式サイト
  • 入金・出金がかんたんで早い

Exnessは上記を満たしている上に成長が著しいため、XMと肩を並べる将来への期待が高まります。2023年7月現在、月間アクティブユーザー数51万人超、月間取引量3兆ドル以上のメガプラットフォームとなっています。

もう1つのポイントは、FXGTとThreeTrader(スリートレーダー)は企業の規模が小さいながらも、安全性と信頼性の条件を満たした上で際立って優れた取引サービスを提供し、年々アクティブユーザー数を増やしていることです。

海外FX業者の法人口座を選ぶ際には、企業規模のみではなく着々と積み上げている実績にも注目し、XMにはない優れたサービスにも焦点を当てていきましょう。

海外FX業者の取引スペック

XMのKIWAMI極口座やゼロ口座の狭いスプレッドと約定力を活かして稼いでいる方は、ハイスペックな環境で取引できる法人用の口座タイプをお探しでしょう。

プロトレーダーがXMで2つの口座タイプを選ぶ理由は以下の環境でトレードの優位性を高められるためです。

  • FX・仮想通貨(暗号資産)・株式など複数商品
  • 最大ロット数が50ロット(500万通貨)以上
  • 最大ポジション数が200以上
  • レバレッジ1,000倍以上
  • 両建てでリスクヘッジできる
  • 主要通貨ペアでゼロスプレッドを提供

今回XMの法人口座の代わりとしてExness(エクスネス)を1番におすすめする理由は、上記を全て満たした上で複数の取引条件がXMより優れているためです。

Exnessの法人口座の特徴をまとめた一覧表

FXGTは最大ポジション数が200ロット分にまで小さくなりXMに劣るものの、他の条件はXMより同等以上であり、仮想通貨では海外FX業界のリーダー的存在となっています。

ThreeTrader(スリートレーダー)は最大レバレッジが500倍に小さくなりますが、取引コストの安さは業界トップクラスです。ドルストレートとゴールドでは、常時ほぼ最狭の実質スプレッドを提示しています。実質スプレッドには取引手数料が含まれるので、決算申告で損金計上をすれば相当額を節税できます。

海外FX業者のボーナス・ポイント・VIP待遇

XMの入金ボーナスをハイレバレッジの資金にしたり、大口取引で貯まったXMポイントを現金に交換している方がチェックしておきたい内容です。

豪華キャンペーンやポイント還元率が高い業者はスプレッドが広く取引手数料が高くなりがちなので注意しましょう。この点について、FXGTは口座タイプ別にきっちり管理されています。

スプレッドについてはミニ口座とスタンダード口座で業界標準よりも広くなりがちなものの、法人によく利用されているプロ口座とECN口座では狭いスプレッドが提示され、手数料を加味したトータルコストはThreeTraderやExnessに次ぐ安さです。

XMポイントのように取引量に応じた独自ポイントの還元は、Exness・FXGT・ThreeTraderのいずれも実施していません。

VIP待遇についてはExnessプレミアに勝る優待特典を提供する海外FX業者はありません。年間取引2億ドル(約290億円)以上の売買をしたトレーダーのみが最高のおもてなしを受けられます。

XMの法人口座に関するよくある質問

最後にXMTrading(エックスエム)の法人口座に関するよくある質問をまとめたので参考にしてください。

XMで法人口座を開設できない?

はい、XMでは法人口座を開設できません。2018年に法人口座開設の新規受付を停止し、2023年も継続しています。

海外法人でXMの法人口座を開設できる?

いいえ、海外法人でもXMの法人口座を開設できません。日本居住者向けのXMTradingおよびグローバル版のXMともに新規受付を停止しています。

XMの個人口座を法人として利用できる?

XMの個人口座を法人として利用しても法的には問題ありませんが、会社の資金とプライベートを混同していることが疑われます。決算申告で調査対象とならないために、管轄の税務署で許可を得ることが推奨されます。

Exness(エクスネス)で法人口座を開設できる?

はい、Exness(エクスネス)で法人口座を開設できます。Exnessプレミア会員になった後、一定条件を満たすことで法人口座開設の申込が可能です。

FXGTで法人口座を開設できる?

はい、FXGTで法人口座を開設できます。登録ページで「法人」のタブを選択して新規登録を行い、指定された必要書類を提出した後に審査が行われます。

AXIORY(アキシオリー)で法人口座を開設できる?

はい、AXIORY(アキシオリー)で法人口座を開設できます。法人口座開設フォームから申し込み、指定された必要書類を提出した後に審査が行われます。

BigBossで法人口座を開設できる?

はい、BigBossで法人口座を開設できます。口座開設ページで「法人のお客様はこちら」をクリックした後に案内される手順通りに手続きを進めてください。

GEMFOREXで法人口座を開設できる?

いいえ、GEMFOREXでは法人口座を開設できません。2023年5月31日より全てのサービスが停止されています。

今後XMで法人口座が利用可能になる予定はある?

いいえ、XMで法人口座が利用可能になる予定はありません。一方でXMTrading公式サイトには「将来的には導入する可能性がございます」と明示されています。

XM以外で法人口座の開設におすすめの海外FX業者は?

XM以外で法人口座の開設におすすめの業者は、Exness(エクスネス)・FXGT・ThreeTrader(スリートレーダー)です。いずれもXMに勝る強みがあり、日本語による法人口座開設マニュアルとサポートが用意されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次