【5月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

XMにログインできない原因と対処法|会員ページ・MT4/MT5・XMアプリ別の対策

XMにログインできない

XMTrading(エックスエム)では、会員ページ、MT4/MT5、XMアプリを利用する際にログインが必要です。

この記事では、XMのサービスにログインできない場合の原因と対処法を、画像を用いて詳しく解説します。

また、ログインできない原因によって表示される異なるエラーメッセージと、それらに対処する4つの対策も紹介しますので、参考にしてください。

\無料の13,000円ボーナスあり!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

>>XMの口座開設方法はこちら

ログインができない場合のエラーとその対処法を一覧にまとめましたので、問題の生じている箇所をご確認ください。原因ごとにクリックすると、対処法の詳細を確認できます。

原因対処法
ID・パスワードの間違い・口座開設時のメールから入力内容を確認
・メールを紛失した場合はサポートへ連絡
取引口座が凍結している・別の口座IDでログインする
・追加で取引口座を開設する
デモ口座しか開設していない公式サイトからリアル口座を開設する
アクセスするURLの間違い日本向け公式サイトからログインする
インターネット環境が不安定Wi-Fi、各種機器の動作を確認する
公式サイトのメンテナンス終了するまで待つ

>>会員ページにログインできない原因と対処法の詳細

目次

XMへログインできない時の主な原因と対処方法

XMTrading(エックスエム)へログインできない主な原因と対処方法を紹介します。

口座が凍結されている・ログイン情報を間違えているなど、下記の4つのケースがほとんどです。

それぞれ順番に解説していきます。

口座が凍結されている

XMTrading(エックスエム)では、口座が凍結されると「MT4/MT5」・「XMアプリ」・「会員ページ」にログインできなくなります。

口座が凍結される理由・原因は次の通りです。

  • 口座残高が500円未満の状態で90日間「取引」・「入出金」が行われなかった
  • XMTradingの利用規約・禁止事項に該当する取引を行った

口座残高が500円以上でも90日間取引・入出金の実績がないと「休眠口座」となり、さらに90日間放置すると「口座凍結」になるので、注意しましょう。

XMで口座凍結の対象になる禁止事項
  • 複数口座・複数業者での両建て
  • グループによる複数人での両建て
  • 経済指標の発表前後を狙った取引
  • AIを使った取引
  • アービトラージ(裁定取引)
  • 窓埋めのみを狙った取引
  • 接続遅延・サーバーエラー・レートエラーを狙った取引
  • ボーナスやキャッシュバックを不正に取得する行為
  • サーバーに過度な負担をかける取引

対処方法

  • 別口座のIDでログインする
  • 再度新規口座開設を行う

口座凍結に関する詳しい内容は下記の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

ログインID・パスワードが間違っている

XMTrading(エックスエム)では、ログインID・パスワードが間違っている場合もログインができなくなります。

ログインIDは、口座開設後にXMTradingから届く「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」といった件名のメールに「MT4/MT5のID」として記載されています。

また、パスワードは会員ページからリセット可能です。

対処方法

  • XMから届くメールを確認する
  • 日本語サポートへ連絡してログインIDを問い合わせる
  • パスワードをリセットする
ログインIDの確認方法

ログインIDは、口座開設後にXMTradingから届く「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」の「MT4/MT5のID」に記載されています。

メールを紛失してしまった場合は、「XMTrading公式日本語サポート」へ問い合わせを行いましょう。

パスワードのリセット方法

パスワードを忘れてしまった場合は、下記の方法でリセットすることができます。

パスワードのリセット方法
STEP
XMTrading公式サイトへアクセス

XMTrading公式サイトへアクセスして「会員ログイン」を選択する。

STEP
「パスワードをお忘れですか?」を選択

「会員ページへアクセス」の画面下部の「パスワードをお忘れですか?」を選択する。

STEP
ID・パスワードを入力

MT4/MT5の口座IDと口座開設時に登録したEメールアドレスを入力して「送信」を選択する。

「送信」を選択して下記の画面が表示されればリセット申請は完了です。

STEP
メールを確認

XMTradingより「パスワードのリセット依頼」という件名のメールが届くので、本文内の「こちらをクリック」を選択します。

STEP
パスワードをリセット

こちらをクリックを選択するとパスワードリセットの画面が表示されるので、「パスワード」・「パスワードの確認」・「MT4/MT5 ID」・「セキュリティ質問」を入力します。

それぞれの項目の入力が完了したら、「送信」を選択します。

入力事項入力内容
パスワード新しく設定するパスワードを入力します
パスワードの確認新たに設定したパスワードを再度入力します
MT4/MT5 IDパスワードをリセットするMT4/MT5のIDを入力します
セキュリティ質問口座開設時に設定したセキュリティ質問に回答します
パスワードのリセット時に必要な項目
STEP
リセット完了

送信を選択後、「パスワードが変更されました」と表示されれば、パスワードのリセットは完了です。

デバイス(パソコン・スマホ)の不具合

パソコンやスマホなどのデバイス自体の故障などによって、XMの「MT4/MT5」・「会員ページ」・「アプリ」にログインできないことがあります。

また、故障していなくても古いデバイスを使用していると、OSが最新版のMT4/MT5やXMアプリが対応していない場合があるので、注意しましょう。

特にMacOSの最新バージョンへの対応が遅れることが多い傾向があります。

対処方法

  • デバイスを対応しているものへ変更する
  • OSのバージョンアップを行う

それぞれのデバイスごとの最低スペックは下記の通りです。デバイスの状態によっては安定して動作しない場合もあるので、注意してください。

XMTradingのデバイスごとの最低スペック
Windows:MetaTrader 4 (MT4)
  • オペレーティングシステム:Microsoft Windows 7 SP1以上
  • プロセッサー:インテル・セレロンをベースとする1.7 GHz以上のCPU
  • RAM:256 MB以上のRAM
  • メモリ:50 MBの空ドライブスペース
Windows:MetaTrader 5 (MT5)
  • オペレーティングシステム:Microsoft Windows 7以上、 Windows 10の64ビットバージョン(推奨)
  • プロセッサー:最新の全CPUに適しているSSE2がサポートされているもの (Pentium 4/Athlon 64以上)
  • その他のハードウェア要件:プラットフォームの利用状況によって異なる(チャートの表示枚数等)
Mac:MetaTrader 4 (MT4)
  • オペレーティングシステム:macOS Ventura(推奨)
Mac:MetaTrader 5 (MT5)
  • オペレーティングシステム:macOS Ventura(推奨)
Android/Huawei:MetaTrader 4 (MT4)/MetaTrader 5 (MT5)
  • オペレーティングシステム:Android 5.0以上
iPhone/iPad:MetaTrader 4 (MT4)/MetaTrader 5 (MT5)
  • オペレーティングシステム:iOS11.0以上
XMTradingアプリ(Android)
  • オペレーティングシステム:Android 7.0以上
XMTradingアプリ(iPhone/iPad)
  • オペレーティングシステム:iOS14.0以上

ネットワークが不安定

ネットワーク接続の不安定さ、ブラウザやその拡張機能、ウイルス対策ソフトが原因で、XMTradingにログインできないことがあります。

Wi-Fiがつながらない場合、ルーターやモデム・デバイス(パソコン・スマホ)を再起動することで、解消することがあります。

対処方法

  • ブラウザの拡張機能・ウイルス対策ソフトを一時停止する
  • ブラウザのキャッシュをクリアする
  • Wi-Fiに再接続する
  • 電波障害が発生していないか確認する

XMの会員ページにログインできない原因と対処法

XMTrading(エックスエム)の会員ページにログインできない原因と対処方法を6つ紹介します。

会員ページは、リアル口座を開設していないとログインできないので注意しましょう。

それぞれ順番に解説していきます。

MT4/MT5 ID・パスワードを間違えている

XMTrading(エックスエム)の会員ページには、「MT4/MT5 ID(リアル口座)」と「パスワード」を間違えているとログインすることができません。

ログイン情報(MT4/MT5 ID・パスワード)を間違えていると上記のように「次のエラーが発生しました:入力されたログインまたはパスワードが正しくありません。」というエラーメッセージが表示されます。

対処方法

  • 半角・全角・大文字・小文字入力を間違えていないか再確認する
  • コピー&ペーストを利用している場合は、余分なスペースが含まれていないか確認する

取引口座が凍結している

XMTrading(エックスエム)では、取引口座が凍結されていると会員ページにログインすることができません。

「口座残高が500円未満の状態で90日間放置する」または「禁止事項に該当する取引を行う」と口座は凍結されます。

一度凍結してしまった口座は、XMTradingのサポートデスクへ問い合わせでも復活できないので注意しましょう。

対処方法

  • 別の口座のIDでログインする
  • 再度新規口座開設を行う

デモ口座しか開設していない

XMTrading(エックスエム)の会員ページにログインできるのは、「リアル口座」を開設しているアカウントのみです。

デモ口座のみしか開設していない場合は、会員ページにログインできないので注意しましょう。

対処方法

  • XMTradingの「リアル口座」を開設する

「リアル口座」の開設は数分で完了しますが、「身分証明書」と「現住所確認書類」がそれぞれ1点ずつ必要になるので、事前の準備が必要です。

XMTradingの「リアル口座」の詳しい開設方法は下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

あわせて読みたい

URLを間違えている

XMTrading(エックスエム)には、日本向けの公式サイトと海外向けの公式サイトがあり、それぞれURLが異なります。

日本向けサイトで開設したアカウントは、海外向けのサイトではログインできないので注意しましょう。

それぞれのURLは下記の通りです。

対象国別URL

  • 日本向け:https://www.xmtrading.com/jp/
  • 欧州向け:https://www.xm.com/
  • その他海外向け:https://www.xmglobal.com/

対処方法

  • 日本向け公式サイトからログインを行う

日本向けサイトにはURLの末尾にJP表記があるので、ログインできなかった際には確認してみましょう。

インターネット環境が不安定

インターネット環境が不安定な場合も、XMTrading(エックスエム)の「会員ページ」にログインできなくなることがあります。

無線LANやテザリングで回線にアクセスしている場合は、一度ネットワーク環境の接続環境を確認してみましょう。

有線LAN接続の場合、LANケーブルの規格が対応していない・断線しているといったケースも多くあるので、注意が必要です。

対処方法

  • Wi-Fiのネットワーク環境を確認する
  • デバイス・ルーターを再起動する
  • LANケーブルの断線・規格を対応する
  • 電波障害が発生していないか確認する

公式サイトがメンテナンス中である

XMTrading(エックスエム)の公式サイトがメンテナンスを行っていると会員ページにログインすることができません。

メンテナンス中は、下記のようにメンテナンスモード画面が表示されます。

メンテナンスのタイミングは、基本的に為替市場が閉場している土日に行われますが、稀に平日に緊急メンテナンスが実施されることがあります。

XMTradingがメンテナンスを行う時間帯は下記の通りです。

XMTradingのメンテナンス時間
  • 冬時間:土曜日6:50〜月曜日7:05まで
  • 夏時間:土曜日5:50〜月曜日6:05まで

※XM冬時間と夏時間の期間は次の通りです。

  • 冬時間:10月の最終日曜日1時〜3月の最終日曜日1時まで
  • 夏時間:3月の最終日曜日1時〜10月の最終日曜日1時まで

対処方法

  • メンテナンスが終了する時間まで待つ(GMT時間は+9時間することで日本時間に変換できます)

XMのMT4/MT5にログインできない原因と対処法

XMTrading(エックスエム)のMT4/MT5にログインできない原因と対処方法を紹介します。

パソコン版はXM専用のMT4/MT5ですが、スマホ版のMT4/MT5は共通となっているので、間違えないように注意しましょう。

それぞれ順番に解説していきます。

ログインの操作だけでなく、MT4/MT5の全般的な操作方法については別途解説ページを設けていますので、そちらも参考にしてください。
>>XMのMT4の使い方完全ガイド
>>XMのMT5の使い方完全ガイド

ログインID・パスワードが間違っている

MT4/MT5のログイン情報(口座番号・パスワード)が間違っていると、パソコン版は「無効な口座」・スマホアプリは「認証失敗(Android)/不正な口座(iPhone)」とエラーメッセージが表示されます。

PC版MT4/MT5のログイン画面

アプリ版MT4/MT5のログイン画面

「ログインID」・「パスワード」を忘れてしまった場合の対処法はそれぞれ以下の通りです。

対処方法

  • ログインID:口座開設時にXMTradingから届く「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」に記載
  • パスワード:公式サイトにアクセスしてパスワードをリセットする

GoogleChrome等のブラウザで会員ページのログイン情報を記憶しており「会員ページ」にログインできる場合は、画面下部の「マイアカウントの概要」から「ログインID」を確認できます。

マイアカウントからの確認方法

MT4/MT5口座が凍結されている

取引口座が凍結しているとMT4/MT5へログインができなくなります。

会員ページのように「口座が凍結しています」といったエラーメッセージは表示されないので、注意しましょう。

複数の口座を保有しているのであれば、凍結されていない口座でログインできますが、該当口座のみしか保有していない場合は、新たに口座を開設する必要があります。

対処方法

  • 別の口座IDでログインする
  • 新たに口座開設を行う

口座が有効化されていない

XMTrading(エックスエム)で口座開設を行っても、口座が有効化されていないとMT4/MT5でログインすることができません。

口座を有効化するには「身分証明書」と「現住所確認書類」をそれぞれ1点ずつ提出する必要があります。

口座を有効化する際に必要な書類
  • 身分証明書:運転免許証・マイナンバーカード等
  • 現住所確認書類:国民健康保険証・公共料金の利用明細等

本人確認が認証されるまで1営業日ほど時間がかかるので、口座開設時に合わせて行っておきましょう。

対処方法

  • XMTrading公式サイトへアクセスして会員ページから口座の有効化を行う

詳しい口座の有効化の方法は下記の記事で解説しているので、参考にしてください。

あわせて読みたい

サーバーを間違えている

ログインID・パスワードの他に、サーバーを間違えているとMT4/MT5にはログインできません。

サーバーは口座開設後にXMTradingから「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」という件名のメール(下記の画像)に記載されています。

また、会員ページの「マイアカウントの概要」から確認することができます。

対処方法

  • XMTradingから届いた「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」で確認する
  • XMTrading公式サイトへアクセスして会員ページにログインし「マイアカウントの概要」で確認する

サーバーによっては初期状態では表示されていないことがあるので、手動で検索する必要があります。

XMのサーバー名をMT4/MT5に追加する方法
MetaTrader 4 (MT4)の場合
STEP
デモ口座申請を選択する

MT4を開き画面上部の「ファイル」→「デモ口座の申請」を選択する。

STEP
「スキャン」を選択する

「デモ口座の申請」を選択すると取引サーバーフォームが表示されるので、「スキャン」を選択します。

スキャンは数十秒ほどで完了します。

完了するとサーバー一覧に表示されるようになります。

MetaTrader 5 (MT5)の場合
STEP
「口座を開く」を選択する

MT5を開き画面上部の「ファイル」→「口座を開く」を選択します。

STEP
「会社を探す」を選択する

証券会社を探すフォームが表示されるので、画面上部の検索窓へ「XMTrading」を入力し「会社を探す」を選択します。

「次へ」を押さずにこの画面を閉じれば、サーバーが表示されるようになります。

STEP
サーバー名の追加が完了

ログイン画面を再度表示すると「サーバー名」が追加されています。

プラットフォーム(MT4/MT5)が異なっている

XMTrading(エックスエム)では、MT4・MT5どちらのプラットフォームでも口座を開設できますが、互換性は無くMT4で開設した口座はMT5では使用できません。

そのため、MT4口座を開設した状態でMT5でトレードしたい場合には、追加で口座を開設する必要があります。

PC版MT4/MT5

スマホ版MT4/MT5

上記のようにMT4とMT5では見た目にほとんど違いが無いので、ログインできない場合には再度確認してみましょう。

対処方法

  • MT4・MT5を間違えていないか確認してからログインを行う。

以下のボタンからマイページにログインした後、「追加口座開設」メニューにある「リアル口座」を選択することで、MT4またはMT5を指定した口座を追加できます。

MT4/MT5のバージョンが古い

古いバージョンのMT4/MT5を使っている場合、ログインできなくなることがあります。

MT4/MT5は定期的にアップデートを行っており、古いバージョンはサポート対象外になります。

2023年7月現在で開発元のMetaQuotes社が発表しているサポート対象外になるバージョンは下記の通りです。

サポート対象外になるバージョン

MT4:build1340より古いバージョン(2021年7月)

MT5はサポート対象外にはなりませんが、最低バージョンとしてWindows 10 21H2(build19044/2021年11月)が推奨されています。

その他のサポート対象外に関するOS等の情報は次の通りです。

その他のサポート対象外
  • MT4:Windows XP/2003/Vistaなど古いバージョンのOS(最小許容OS:Windows7)
  • MT5:32ビットプラットフォーム版(2024年1月まで動作可能)

対処方法

  • Windows・Mac:XMTrading公式サイトから最新のバージョンをインストールする
  • Android:GooglePlayから最新バージョンへアップデート
  • iPhone:AppStoreから最新のバージョンへアップデート
PC・スマホでMT4/MT5のバージョンを確認する方法
MT4のバージョンを確認する方法(PC)
STEP
MetaTrader 4(MT4)を起動する

XMTradingのMetaTrader 4(MT4)を起動します。

STEP
「ヘルプ」→「バージョン情報」

MT4を起動後、画面上部の「ヘルプ」→「バージョン情報」を選択します。

STEP
バージョン情報を確認する

バージョン情報の画面左下にバージョンとビルド番号が表示されています。

MT5のバージョンを確認する方法(PC)
STEP
MetaTrader 5 (MT5)を起動する

XMTradingのMetaTrader 5 (MT5)を起動します。

STEP
「ヘルプ」→「バージョン情報」

MT5を起動後、画面上部の「ヘルプ」→「バージョン情報」を選択します。

STEP
バージョン情報を確認

バージョン情報の画面左下にバージョンとビルド番号が表示されています。

MT4のバージョンを確認する方法(スマホ)
STEP
MetaTrader 4(MT4)アプリを起動する

MetaTrader 4(MT4)アプリを起動します。

STEP
「気配値」を選択

MT4を起動後、画面上部の「気配値」を選択します。

STEP
バージョン情報を確認する

気配値を選択すると下記のようにメニューが表示されるので、「バージョン情報」を選択します。

「バージョン情報」を選択すると現在のバージョン(ビルド)が表示されます。

MT5のバージョンを確認する方法(スマホ)
STEP
MetaTrader 5 (MT5)アプリを起動する

MetaTrader 5 (MT5)アプリを起動します。

STEP
「気配値」を選択

MT5を起動後、画面上部の「気配値」を選択します。

STEP
バージョン情報を確認

気配値を選択すると下記のようにメニューが表示されるので、「バージョン情報」を選択します。

「バージョン情報」を選択すると現在のバージョン(ビルド)が表示されます。

通信環境が悪い

通信環境が悪い場合、MT4/MT5へログインできなくなります。

Wi-Fiルーターの位置が悪かったり、LANケーブルの不具合などによって通信が不安定になっている可能性があるので、ログインできない場合は再度確認してみましょう。

対処方法

  • Wi-Fiルーターの位置を調整する
  • ネットに再接続する
  • LANケーブルの接続状態を再確認する

メンテナンス中である

XMTrading(エックスエム)は、定期的にメンテナンスを実施しています。

基本的に為替市場が閉場している土日にメンテナンスが行われますが、緊急でメンテナンスが実施されることもあります。

メンテナンス中はログインできなくなるので、注意しておきましょう。

対処方法

  • メンテナンス終了のタイミングは公式サイトでアナウンスされているので、終了後まで待って再度ログインしてみる

他社のプラットフォームにログインしようとしている

スマートフォン版のMT4/MT5は、FX業者に関係なく共通でトレード可能ですが、パソコン版のMT4/MT5はXMTrading専用のプラットフォームとなっています。

そのため、XMTradingで開設したMT4/MT5口座は、「FXGT」など他の海外FX業者のMT4/MT5ではログインできないので注意しましょう。

「XMTrading」と他の海外FX業者で口座を開設している場合のログイン方法は次のようになります。

パソコンとスマートフォンのログイン方法の違い
MT4/MT5(パソコン)のログイン方法

パソコン版のMT4/MT5はそれぞれ下記のように、FX業者ごとに専用のプラットフォームが用意されています。

XMTradingのMT4/MT5口座情報を右側の「FXGT」のプラットフォームへ入力してもログインすることはできないので、注意しましょう。

MT4/MT5(スマホ)のログイン方法

スマートフォン版のMT4/MT5は、それぞれの業者ごとにプラットフォームは用意されておらず、共通のアプリとなります。

そのため、口座開設した業者に関係なく下記のアプリでログイン可能です。

対処方法

  • パソコンでログインする場合は、XMTradingの公式サイトから専用のプラットフォームをダウンロードしてログインする

パソコンでのログイン手順のほか、MT4/MT5の見方や操作方法については「XMの使い方PC編」の記事で詳しく解説していますので、必要であればぜひ参考にしてください。

XMアプリでログインできない原因と対処法

XMTrading(エックスエム)のアプリでログインできない原因と対処方法を紹介します。

XMアプリにログインできない主な原因は下記の5つです。

それぞれ順番に解説していきます。

XMアプリでのチャート表示や、入出金と売買注文の出し方などについては「XMスマホアプリの使い方」の記事で詳しく解説していますので、必要であればそちらも参考にしてください。

アプリのログイン情報が間違っている

XMTradingのアプリは、ログイン時にMT4/MT5 ID(口座番号)と口座開設時に設定したパスワードが必要になります。

どちらかの情報が間違っていると下記のように「エラーが発生しました。再度お試しください」というエラーメッセージが表示されてログインできません。

対処方法

  • 半角・全角・大文字・小文字入力を間違えていないか再確認する
  • コピー&ペーストを利用している場合は、余分なスペースが含まれていないか確認する

口座が凍結されている

取引口座が凍結されていると「MT4/MT5」・「会員ページ」と同様にXMアプリへログインができなくなります。

XMTradingの取引口座は、トレード・入出金など何のアクションも無いまま90日が経過すると「口座凍結」となります。

口座が凍結されていると「何らかのエラーが発生しました・口座は凍結されています」というエラーメッセージが表示されます。

対処方法

  • 凍結されていない別の口座でログインする
  • 新たに口座を開設する

アプリのバージョンが古い

アップデートを行っていない古いバージョンのXMアプリを使用していると、ログインできなくなることがあります。

また、定期的なアップデートによりアプリの不具合を修正しているので、常に最新のバージョンにアップデートするようにしておきましょう。

対処方法

  • Androidは「GooglePlay」・iPhone/iPadは「AppStore」から最新のバージョンにアップデートして再度ログインを行う

ネットワーク環境が不安定

ネットワーク環境が不安定だと、XMアプリにログインできないことがあります。

ネットワークに不具合がある場合でも、下記のように「エラーが発生しました。再度お試しください」というエラーメッセージが表示されログインできません。

「ネットワーク環境に問題があります」といった詳細なエラーメッセージは表示されないので、正しいログイン情報を入力してもログインできない場合には、通信環境を見直してみましょう。

対処方法

  • Wi-Fiの接続状態を再確認する
  • キャリアで通信障害が発生していないか確認する

XMがメンテナンスを行っている

XMTrading(エックスエム)公式サイトでは定期的にメンテナンスを実施しており、メンテナンス中はXMアプリへのログインができない仕様となっています。

定期的なメンテナンスは為替市場が閉場しているタイミングで行われていますが、緊急メンテナンスに関しては事前のアナウンスは無いので、突然ログインできなくなることがあります。

XMTradingによるメンテナンス中はユーザー側にできることは何もないので、終了まで待つしかありません。

対処方法

  • メンテナンス終了後、再度ログインしてみる

エラーメッセージパターン別の原因と対策

XMTrading(エックスエム)へログインできない時に表示されるエラーメッセージごとの原因と対処方法を4つ紹介します。

パソコンとスマートフォンでは、同じ原因でも表示されるエラーメッセージは違うので、下記の対処方法をしっかりと確認しておきましょう。

それぞれ順番に解説していきます。

何らかのエラーが発生しましたと表示される場合

XMTrading(エックスエム)で「何らかのエラーが発生しました」と表示されるのは、iPhone/iPad版のXMアプリ使用している場合です。

Android版のXMアプリを使用している場合は下記のように「エラーが発生しました。再度お試しください」と表示されます。

iPhone/iPad・Androidどちらのデバイスでもエラーメッセージが表示される原因は同じで、下記の4項目のいずれかが原因となります。

  • ログインID・パスワードを間違えている
  • 口座が凍結されている
  • ネットワーク環境が不安定
  • XMアプリのバージョンが古い

ログイン情報を間違えていたり、口座が凍結されていても、会員ページのように詳細が記載されたエラーメッセージはXMアプリでは表示されません。

そのため、考えられる原因を1つずつ確認していく必要があります。

対処方法

原因対処方法
ログインID・パスワードを間違えている半角・全角・大文字・小文字・空白などの入力間違いがないか再度入力してみる
口座が凍結されている・別の口座IDでログインする
・口座開設を再度行う
ネットワーク環境が不安定・Wi-FiのON・OFFを行ってみる
・ルーター・デバイスを再起動する
・通信障害が発生していないか確認する
・ウイルス対策ソフトを一時的に停止する
XMアプリのバージョンが古いXMTrading公式サイト・GooglePlay・AppStoreから最新のバージョンへアップデートする
何らかのエラーが発生しましたと表示された時の対処方法

回線不通と表示される場合

XMTrading(エックスエム)のMT4/MT5で「回線不通」と表示される原因は5つです。

  • 通信環境が不安定
  • 口座が凍結されている
  • セキュリティソフトによって利用が制限されている
  • 為替市場が閉場している
  • メンテナンス中・サーバーがダウンしている

通信環境が悪い時やセキュリティソフトの誤検知など、MT4/MT5へアクセスできない時に「回線不通」と表示されます。

為替市場が閉場している土日や正月等にアクセスしても回線不通と表示されますが、チャートを確認することはできます。

正常に通信が出来ている場合には下記のように通信速度が表示されています。

対処方法

原因対処方法
通信環境が不安定・Wi-Fiの接続状態を確認する
・LANケーブルの抜け・断線を確認する
・通信障害が発生していないか確認する
口座が凍結されている・別の口座IDでログインする
・再度口座開設を行う
セキュリティソフトによって利用が制限されているセキュリティソフトを一時的に停止する
為替市場が閉場している市場が開場するまで待つ
メンテナンス中・サーバーがダウンしているメンテナンス・サーバーが復旧するまで待つ
回線不通と表示された時の対処方法

上記の方法を試しても改善しない時は、一度アンインストールを行って再度ダウンロードしてからログインしてみましょう。

無効な口座と表示される場合

XMTrading(エックスエム)のMT4/MT5で「無効な口座」と表示される原因は3つです。

  • 取引口座IDを間違えている
  • パスワードが間違っている
  • 異なったサーバーを選択している
  • 取引口座が有効化されていない
  • デモ口座の有効期限が切れている

無効な口座は、ログイン情報(口座番号・パスワード・サーバー)・取引口座が有効化されていない・デモ口座の有効期限切れのいずれかを間違えている時に表示されるエラーです。

ログインしようとすると一時的に「回線不通」と表示されますが、しばらくすると「無効な口座」と切り替わります。

対処方法

原因対処方法
取引口座IDを間違えている・半角・全角・大文字・小文字・空白などの入力間違いがないか再度入力してみる
・XMから届くメールを確認する
・マイアカウントの概要から確認する
パスワードを間違えている・半角・全角・大文字・小文字・空白などの入力間違いがないか再度入力してみる
・パスワードのリセットを行う
異なったサーバーを選択している・XMから届くメールを確認する
・マイアカウントの概要から確認する
取引口座が有効化されていない「身分証明書」・「現住所確認書類」を提出して本人確認を行う
デモ口座の有効期限が切れている再度デモ口座の開設を行う
何らかのエラーが発生しましたと表示された時の対処方法

口座番号・パスワード・サーバーを忘れてしまった場合の解決方法は下記の通りです。

  • 口座番号:XMTradingから届く「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」の「MT4/MT5のID」に記載されている「お客様のMT4/MT5のID」欄を確認する
  • パスワード:XMTrading公式サイトへアクセスしてログインフォームの「パスワードをお忘れですか?」を選択してパスワードのリセットを行う
  • サーバー:XMTradingから届く「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」の「MT4/MT5のID」に記載されている「ご希望のMT4/MT5プラットフォームからサーバー」欄を確認する

もし、XMTradingからのメールを紛失してしまった場合には、「XMTrading公式日本語サポート」へ問い合わせを行いましょう。

不正な口座・認証失敗と表示される場合

XMTrading(エックスエム)で不正な口座・認証失敗と表示される原因は下記の6つです。

  • ログイン情報(取引口座ID・パスワード・サーバー)を間違えている
  • 取引口座が凍結している
  • 口座が有効化されていない
  • ネットワーク環境が不安定
  • 古いバージョンのMT4/MT5アプリを使用している
  • メンテナンス中

上記のいずれかが原因でログインできない場合、iPhone/iPadは「不正な口座」・Androidでは「認証失敗」と表示されます。

iPhone/iPad

Android

iPhone/iPadとAndroidで表示されるエラーメッセージは異なりますが、根本的な原因の違いは無いので下記の対処方法を実践してみてください。

対処方法

原因対処方法
ログイン情報(取引口座ID・パスワード・サーバー)を間違えている・半角・全角・大文字・小文字を正しく入力する
・余分なスペースが入っていないか確認する
取引口座が凍結している・別の口座IDでログインする
・口座開設を再度行う
口座が有効化されていない本人確認書類を提出して口座を有効化する
ネットワーク環境が不安定・通信環境を確認する
・デバイス・ルーターの再起動を行う
・通信障害が発生していないか確認する
古いバージョンのMT4/MT5アプリを使用している最新のバージョンへアップデートする
メンテナンス中メンテナンス終了後にログインする
不正な口座・認証失敗と表示された時の対処方法

XMへログインできないに関するよくある質問

XMTrading(エックスエム)へログインできないに関するよくある質問を紹介します。

XMTradingのMT4/MT5(パソコン)で「回線不通」と表示されログインできません。

MT4/MT5で「回線不通」と表示される原因は下記の通りです。

  • 通信環境が不安定
  • 口座が凍結されている
  • セキュリティソフトによって利用が制限されている
  • 為替市場が閉場している
  • メンテナンス中・サーバーがダウンしている
XMTradingのMT4/MT5(パソコン)で「無効な口座」と表示されログインできません。

MT4/MT5で「無効な口座」と表示される原因は下記の通りです。

  • ログインID・パスワード・サーバー名を間違えている
  • プラットフォーム(MT4/MT5)を間違えている
  • 口座が凍結されている
  • 取引口座が有効化されていない
  • デモ口座の有効期限が切れている
XMTradingのMT4/MT5(スマホ)で「不正な口座」と表示されログインできません。

IOS版のMT4/MT5で「不正な口座」と表示される原因は下記の通りです。

  • ログイン情報(取引口座ID・パスワード・サーバー)を間違えている
  • 取引口座が凍結している
  • 口座が有効化されていない
  • ネットワーク環境が不安定
  • 古いバージョンのMT4/MT5アプリを使用している
  • メンテナンス中
XMTradingのMT4/MT5(スマホ)で「認証失敗」と表示されログインできません。

android版で「認証失敗」を表示される原因は下記の通りです。

  • ログイン情報(取引口座ID・パスワード・サーバー)を間違えている
  • 取引口座が凍結している
  • 口座が有効化されていない
  • ネットワーク環境が不安定
  • 古いバージョンのMT4/MT5アプリを使用している
  • メンテナンス中
正しい情報を入力してもMT4/MT5へログインできません。

XMTradingにログインできない主な原因は「ログインID・パスワード」を間違っているケースです。特にコピー&ペーストを行った場合、余分なスペースが含まれていることがあるので、再度確認してみましょう。

XMTradingの会員ページにログインできません。

XMTradingの会員ページにログインするには「MT4/MT5の口座番号」と「パスワード」が必要になります。

XMTradingのサーバー名が不明でログインできません。

XMTradingのMT4/MT5で利用するサーバー名は、口座開設時に送付される「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」という件名のメールに記載されています。また、会員ページの「マイアカウントの概要」からも確認可能です。

XMアプリで「ログイン情報が無効です」と表示されログインできません。

XMアプリで「ログイン情報が無効です」と表示されるのは、ログインIDまたはパスワードが間違っている場合に表示されます。入力時にコピーアンドペーストを使用した場合は、余分なスペース等が含まれていないか再度確認してみましょう。

XMアプリで「口座は解約されています」と表示されログインできません。

XMアプリで「口座は解約されています」と表示されるのは、口座が解約(凍結)されている場合です。別の口座IDでログインするか、再度口座を新規開設する必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次