【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

ThreeTraderの評判・口コミ|圧倒的な低スプレッドで人気加速中の海外FX業者

ThreeTraderの評判・口コミを徹底調査|圧倒的な低スプレッドで人気加速中の海外FX業者

ThreeTraderは業界最狭スプレッドの業者で秒スキャも余裕などとSNSを中心に評判です。

中上級者向けのRawゼロ口座はドル円の平均スプレッドが0.3pips、スタンダード口座に当たるPureスプレッド口座でも0.8pipsと他の業者とは比べ物になりません。

ThreeTraderはとにかくスプレッドを抑えて短期トレードをしたいトレーダーの方におすすめの海外FX業者です。

ThreeTraderでの口座開設がまだ済んでいない方は「ThreeTraderの口座開設手順と本人確認方法」のページを参考にしてください。実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすく解説しています。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

目次

【結論】ThreeTraderは低スプレッドを求める方におすすめ

先に結論から申し上げると「ThreeTraderは低スプレッドを求める方におすすめ」です。

ThreeTraderは、海外FX業者の中でもNo.1を競うほどスプレッドの狭さに優れています。

特にThreeTraderのRawゼロ口座は、1ロット片道2ドルの格安取引手数料かつ最小0pipsの低スプレッドで快適にトレードが可能です。

ただし、最大レバレッジは500倍と低めなので、スキャルピングやデイトレードの取引が中心の中上級者トレーダーとの相性が抜群です。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderとは?【信頼性・安全性】

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)はどういった海外FX業者なのか以下の3つのポイントでご紹介します。

運営会社の信頼性や安全性について詳しくみてみましょう。

バヌアツの金融ライセンスを取得

ThreeTraderは、バヌアツ共和国に拠点をおくThreeTrader Global Limitedが運営する海外FX業者です。

ThreeTrader Global Limited:バヌアツ共和国金融庁(VFSC)登録番号:40430

VFSCは、日本からの利用制限のない、いわゆるマイナー金融ライセンスですが近年は以下の取得条件が強化されています。

  • 認可を受ける証券会社(FX業者)は最低でも5年以上の証券取引経験があること
  • 経営者・取締役のいずれかはバヌアツ共和国に1年のうち6カ月以上は滞在していること
  • 認可を受ける証券会社(FX業者)の独立法人は事前にVFSCで許可が必要
  • 専門職業賠償責任保険への加入が義務
引用:バヌアツ共和国金融庁

バヌアツ共和国金融庁から許可された独立法人から監査が行われることや、万が一に不祥事があった際も賠償保険の加入でカバーされています。

ThreeTraderは2021年設立の新興ブローカーです。しかし、VFSCの金融ライセンスを取得していることで、十分に信頼できる海外FX業者と言えるでしょう。

顧客資産は分別管理

ThreeTraderは、顧客資産の分別管理によってトレーダーの資金の安全性を確保しています。

1)預金口座の分離

バヌアツ規制の外国為替ブローカーは、別の信託口座に預金を保管する必要があります。これは、ブローカーが自身のポジションを取引または維持するために顧客の預金を使用できないことを意味します。お客様の資金は、すべて各々の証拠金要件を満たすために使用されます。

引用:ThreeTrader 会社概要

分別管理とは、顧客資金と自社の運用資金を独立した口座で保管する仕組みです。

ThreeTraderでは、信託口座へ顧客資産を預けています。

分別管理を行うことで、ThreeTraderが運営にトレーダーの資金を使うことなく、また万が一倒産した際にも資金の安全が確保されます。

日本の金融庁から警告は受けていない

2023年現在、ThreeTraderは日本の金融庁から警告を受けていません。

日本の金融庁からの警告とは、日本人・日本居住者を対象に営業・勧誘を行っている可能性のある海外FX業者に対する警告のことです。

海外所在業者であっても、日本居住者のために、又は日本居住者を相手方として、金融商品の取引を行う場合は、原則として、金融商品取引法上の登録が必要です。

引用:財務省

知名度のある海外FX業者は、ほぼ全て一度は警告を受けているため、ThreeTraderも同じく今後の警告対象となる可能性があります。

警告は日本居住者向けに勧誘・営業を行っている可能性がある海外FX業者に対して発出されます。日本居住者が海外FX業者を利用すること、また海外FX業者が日本居住者を受け入れることは問題ありません。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの評判|重要口コミまとめ【2023年最新】

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)の評判に関する重要な口コミ以下7つをピックアップしてご紹介します。

2021年に設立された新興ブローカーThreeTraderが多くのトレーダーから良い評判である理由をみてみましょう。

有名レビューサイトFPAには未登録

海外FX業者の評判・口コミを確認する際に定番のレビューサイト「FPA(ForexPeaceArmy)」から確認してみましょう。

ThreeTraderのFPAの評価
引用:ForexPeaceArmy

2023年現在では、ThreeTraderの評価は未登録でレビューは1件のみ日本人ユーザーから投稿されていました。

評価:満点評価
サービスの使用:ライブ 使用期間:3〜6か月

すべてが良いです。

低レイテンシ、低スプレッド、低手数料。
信頼できるトランザクションの実行。
親切なサポート。

引用:FPA「ThreeTrader Review(原文を翻訳)

まだレビュー数がなく評価も未登録ですが、唯一投稿されているレビューではトレード環境とサポートが優れていると良い口コミが投稿されています。

スプレッドがとにかく狭い

ThreeTraderは、とにかく狭いスプレッドが良いと評判です。

スプレッドが狭いほど、狙う値幅の狭いスキャルピングやデイトレード、自動売買が有利なレートで取引できます。

ボラティリティの大きい人気CFDのゴールドも、ThreeTraderは最小0pipsからの低スプレッドで取引が可能です。

通貨ペア・銘柄Pureスプレッド口座
平均スプレッド
Rawゼロ口座
均スプレッド
USDJPY
米ドル/日本円
0.8pips0.3pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
0.6pips0.1pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
0.9pips0.5pips
AUDUSD
豪ドル/米ドル
0.7pips0.3pips
USDCHF
豪ドル/スイスフラン
1.1pips0.7pips
XAU/USD
ゴールド
1.3pips0.8pips
ThreeTraderの平均スプレッド

スキャルピングトレーダーを始め、スプレッド重視で口座を選びたい方からは、ThreeTraderのRawゼロ口座の評判が良いです。

ThreeTraderのスプレッドについて詳しくは別ページにまとめています。

取引手数料が格安

近年では、スプレッドの狭い海外FX業者が続々とアジア圏に進出しています。

低スプレッド競争が激化する中で、新規参入のThreeTraderが話題となっている理由は「取引手数料の安さ」です。

海外FXの低スプレッドな口座タイプでは、取引手数料が発生する場合が多いです。

ThreeTraderのRaw口座は、業界でもトップ水準の低スプレッドを格安の取引手数料で実現しています。

口座平均スプレッド
(実質スプレッド)
1ロット/片道取引手数料
ThreeTrader
Rawゼロ口座
0.5pips
(0.3pips)
2ドル相当
XMTrading
ゼロ口座
0.3pips
(0.8pips)
5ドル相当
AXIORY
ナノスプレッド口座
0.9pips
(1.2pips)
3ドル相当
TitanFX
ブレード口座
0.4pips
(0.75pips)
3.5ドル相当
TradeView
ILC口座
0.5pips
(0.75pips)
2.5ドル相当
Exness
ロースプレッド口座
0.2pips
(0.55pips)
3.5ドル相当
1ロット/片道取引手数料

1ロット当たり片道3ドル前後が相場の取引手数料が、ThreeTraderは2ドルと格安で低スプレッドも両立しています。

出金処理が早い

ThreeTraderは、設立当初の時期に出金処理が若干遅いといった口コミが見受けられました。

新規のブローカーということで、やはり出金に関して不安を感じる声は多いようです。

しかし、現在は出金処理も早くなり、銀行送金による出金でも2~3日前後で着金すると評判が良いです。

新興ブローカーなので実績がないのは不安

ThreeTraderは、2021年に設立された新興ブローカーです。

やはり、10年以上の運営年数があるXMTradingやGEMFOREXといった大手と比べて、実績が少ないことへの不安もあります。

金融ライセンスによる認可や、実際の口コミが良くても不安・・・といった方は、ThreeTraderを無理に選ぶ必要はありません。

海外FX初心者といった方は、ボーナスが充実しているXMTradingから使ってみると良いでしょう。

日本語サポートの返信が遅い

ThreeTraderには日本語サポートがあります。

金曜日の遅い時間にメールを送信すると、混雑状況によって、週明けまで返信待ちとなる場合があるようです。

金曜日にサポートへ連絡したユーザーが3日ほど返信待ちとなった口コミがありました。

土日もメール自体の受付があるため、窓口が混雑すると返信に時間が掛かるのでしょう。

ThreeTraderの日本語サポート
  • メール:24時間受付
  • ライブチャット:平日の午前7時から午後8時

サーバー遅延の問題があった

サーバー遅延に関する問題がThreeTraderで過去に発生していました。

海外FX業者は、物理的にサーバーとの距離が遠いことが多く、接続遅延が問題になる場合があります。

利用者が増えると、サーバーへの接続も遅延しやすくなります。

TheeTraderは、設立からSNSで話題になるまでが早かったこともあり、ユーザー数の増加で一時的にサーバー遅延が問題となりました。

ThreeTraderライブサーバー2の構築は順調に進んでおり、

今月末~4月上旬にはご提供ができる予定となっております。

これによりライブサーバー1の大きな負担が軽減され、

どちらのサーバーも現在よりはるかにスムーズになります。

引用:ThreeTrader「MT4 サーバー問題につきまして

2023年4月からは、新サーバーの増設も行われ、現在のThreeTraderは遅延のない接続環境が整備されています。

TheeTraderは、遅延問題が発生してからの対応の早さ、新サーバーの実装から運営の対応の評判も良いです。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの基本情報【運営会社・口座タイプ・スプレッド】

ThreeTrader(スリートレーダー)は、2021年に設立された比較的新しい海外FX業者です。

Rawゼロ口座の低スプレッドと低取引手数料で話題となり、多くのトレーダーから良い評価を得ています。

ここでは、ThreeTraderの運営会社と2つの口座タイプの取引条件を一覧表にまとめました。

項目内容
運営会社の所在地1276, Govant Building, Kumul Highway, Port Vila, Republic of Vanuatu
金融ライセンスThreeTrader Global Limited:バヌアツ共和国金融庁(VFSC)登録番号:40430
顧客資金の管理分別管理
ThreeTraderの運営会社
口座タイプPureスプレッド口座Rawゼロ口座
発注方式NDD ECN方式NDD ECN方式
最小ロット0.01ロット
(1000通貨)
0.01ロット
(1000通貨)
最大ロット80ロット
(800万通貨)
80ロット
(800万通貨)
レバレッジ500倍500倍
取り扱い銘柄通貨ペア:60種類
貴金属CFD:3種類
株価指数CFD:20種類
エネルギーCFD:2種類
仮想通貨CFD:14種類
通貨ペア:60種類
貴金属CFD:3種類
株価指数CFD:20種類
エネルギーCFD:2種類
仮想通貨CFD:14種類
取引
プラットフォーム
MetaTrader4
(MT4)
MetaTrader4
(MT4)
ドル円
平均スプレッド
0.8pips0.3pips
取引手数料無料往復4ドル/ロット
最低入金額10,000円相当100,000円相当
マージンコール証拠金維持率80%以下証拠金維持率80%以下
強制ロスカット証拠金維持率20%以下証拠金維持率20%以下
ゼロカットありあり
ThreeTraderの取引条件

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの悪い評判・口コミリスト4項目

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)に関する以下4つの悪い評判・口コミをご紹介します。

新興ブローカーのThreeTraderには、どういったデメリットや課題があるのか詳しくみてみましょう。

サーバーダウンがあった

ThreeTraderでサーバーダウンがあったという悪い評判・口コミがありました。

サーバーダウンが発生するとチャートの更新はもちろん、新規注文の受付やポジションの決済など全ての取引活動ができません。

しかし、2023年4月から新規サーバーを追加するなど、早い段階でThreeTraderのサーバー問題は解決されています。

ゼロカットは即時対応ではない

ThreeTraderのゼロカットは即時対応ではありません。

ThreeTraderのゼロカットは、自動ではなく担当部署による確認作業があるため即時対応ではありません。

ゼロカット適用の確認は、ゼロカットの悪用を防止する目的で行われています。

不正行為がなければ、ゼロカットが適用されるものの、ゼロカット前の入金は行わないようにしましょう。

ThreeTraderでは、ゼロカット適用前に入金すると自動的に損失補填へ使われてしまいます。

運営年数が浅いので不安

ThreeTraderは、2021年に設立されたばかりの海外FX業者です。

運営年数が浅いため実績の乏しさから不安といった口コミもあります。

また、海外FX業者は複数のグループ会社によってグローバル展開されている場合も多いです。

しかし、ThreeTraderの運営会社は、ThreeTrader Global Limitedの1社のみとなります。

金融ライセンスの取得や運営によるアップデートが積極的なThreeTraderですが、運営実績から海外FX業者を選びたい方は以下を選びましょう。

運営年数の長い海外FX業者
  • XMTrading:2009年設立
  • GEMFOREX:2010年設立
  • iFOREX:1996年設立
  • Exness:2008年設立

レバレッジが低い

ThreeTraderの最大レバレッジは500倍です。

近年の海外FX業者では、全体の平均が上がり最大1,000倍が1つの基準となっています。

海外FX業者最大レバレッジ
ThreeTrader500倍
XMTrading1,000倍
GEMFOREX1,000倍
FXGT1,000倍
AXIORY400倍
EXNESS無制限(実質20億倍)
IS6FX1,000倍
IronFX1,000倍
TitanFX500倍
BigBoss1,111倍
HFMarkets2,000倍
海外FX各社の最大レバレッジ

ThreeTraderの最大500倍レバレッジは、他社と比べても低い水準です。

実際にThreeTraderが公式行ったレバレッジに関するアンケートでも、1,000倍のレバレッジを求める意見が多くありました。

500倍超レバレッジを求める方にとっては、ThreeTraderのレバレッジは物足りなく感じられるでしょう。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの良い評判・口コミリスト6項目

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)に関する以下6つの良い評判・口コミをご紹介します。

新興ブローカーながら、海外FXユーザーから話題を集めているThreeTraderの具体的なメリットを詳しくみてみましょう。

業界トップクラスの低スプレッド

ThreeTraderは、大手の海外FX業者を圧倒する低スプレッドが最も多く見られる良い評判・口コミです。

SNS上では、上級者トレーダーからの人気のTradeViewよりTheeTraderのスプレッドは狭いと良い評判の口コミが投稿されていました。

実際に、ThreeTraderのRawゼロ口座と他社の低スプレッド口座で実質の平均スプレッドを比較してみましょう。

スクロールできます
通貨ペア・銘柄ThreeTraderXMTradingTradeViewAXIORYTitanFX
USDJPY
米ドル/日本円
0.5pips0.8pips0.5pips0.8pips0.4pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
0.3pips0.6pips0.6pips0.5pips0.7pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
0.7pips0.6pips0.9pips0.9pips0.9pips
AUDUSD
豪ドル/米ドル
0.5pips0.9pips0.8pips1.0pips1.3pips
USDCH
F豪ドル/スイスフラン
0.9pips0.9pips1.2pips1.0pips1.3pips
XAU/USD
ゴールド
1.0pips2.7pips2.1pips1.7pips1.7pips
他社の実質平均スプレッド(平均スプレッド+片道取引手数料)

通貨ペアだけでなく、ボラティリティの高さが人気のゴールドCFDもThreeTraderは業界最狭水準の低スプレッドで取引が可能です。

取引手数料が安く低コスト

スプレッドの狭さと低価格な取引手数料の両立によって、ThreeTraderのRawゼロ口座の評判が非常に良いです。

SNS上の口コミでは、手数料の安さと業界最狭水準の低スプレッドでThreeTraderのRawゼロ口座が選ばれていることが分かります。

新興ブローカーでも出金が早い

新興ブローカーで不安なのは、やはり出金のスムーズさでしょう。

ThreeTraderの出金は、大手と変わらず、非常に出金処理が早いと評判です。

ThreeTraderでは、入出金手数料が無料であり、送金先・送金元の銀行側で発生する手数料のみで簡単に入出金が行えます。

TheeTraderでは、1,000万円の高額出金に関する報告もTwitterに投稿されていました。

悪質業者では、高額出金に対して不正取引等があったなど嘘の理由で出金拒否を行われる場合もあるため、ThreeTraderの出金実績は安心できます。

複数口座の両建てが可能

ThreeTraderでは、複数口座の両建てが公認されている貴重なFX業者の1つです。

一般的に国内・海外を問わず、FX業者では複数口座の両建てが禁止されています。

複数口座の両建てが認められていると、同じ銘柄を対象に複数口座で自動売買(EA)が行えるなど、トレードの幅が広がることがメリットです。

ただし、ThreeTraderではゼロカットの悪用につながる悪質な両建てを禁止しているため注意しましょう。

CFDのスキャルピングも快適

通貨ペアだけでなく、ThreeTraderはCFD銘柄も低スプレッドでスキャルピングが快適といった良い評判も多くの口コミが投稿されていました。

特にゴールドは、ボラティリティが高く低スプレッドでスキャルピング環境として非常に優秀です。

独自ポイントで景品交換がある

ThreeTraderでは、独自のポイント制度も行っています。

ポイントは、キャッシュバックや景品と交換でき、内容が豪華だと評判が良いです。

ThreeTraderのポイントと交換できる景品には、人気のアップル製品や腕時計などがラインナップされています。

キャッシュバックも口座残高へ現金で付与されるため、そのまま出金が可能です。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderで現在実施中のボーナスは?

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)で過去・現在実施中のボーナスについて以下2つをご紹介します。

ThreeTraderは、ボーナスよりトレード環境に力を入れている海外FX業者です。

しかし、お得なボーナスや独自ポイントが実装されているため詳しくみてみましょう。

口座開設ボーナス:現在提供中(7月31日まで)

ThreeTraderでは、未入金で受け取れる口座開設ボーナスを不定期で実施しています。

項目内容
開催期間毎月17日に実施する場合が多い
対象の口座タイプPure スプレッド口座・Rawゼロ口座
ボーナス金額・上限10ドル相当
受け取り条件キャンペーン期間中に新規口座開設・本人確認
ThreeTraderの口座開設ボーナス

ThreeTraderの口座開設ボーナスは、未入金で10ドル相当のトレード資金が手に入ります。

また、常時開催ではないものの、毎月17日に開催される場合が多いです。

ボーナス金額が少額なので、基本的には追加で入金が必要になります。

ThreeTraderの独自ポイント:キャッシュバック&景品交換

TheeTraderでは、キャッシュバックや景品との交換が可能な独自のポイント制度を実施しています。

項目内容
開催期間常時開催
対象の口座タイプPure スプレッド口座・Rawゼロ口座
ボーナス金額・上限なし
受け取り条件通貨ペア・貴金属:往復1ロット当たり10ポイント
仮想通貨・エネルギー・株価指数:往復1ロット当たり1ポイント
ThreeTraderの独自ポイント

通貨ペアの取引なら、1ロット当たり10ポイントで溜まっていき、キャッシュバックや豪華景品と交換が可能です。

具体的なキャッシュバック金額と景品については以下の通りです。

ThreeTraderポイントの交換キャッシュバック・景品【一部】
  • キャッシュバック10ドル:170ポイント
  • キャッシュバック5,000ドル:72,500ポイント
  • Apple Watch Ultra:36,000ポイント
  • ipad mini 256GB wifi:30,000ポイント

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの口座開設手順

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設手順をご紹介します。

ThreeTraderの口座開設手順
STEP
ThreeTraderの口座開設フォームを開く

まずは「ThreeTraderの口座開設フォーム」を開きましょう。

STEP
ライブ口座の開設を申し込む
ThreeTraderのライブ口座開設

ThreeTraderのライブ口座申し込みフォームで以下の項目を入力して口座開設を申し込みましょう。

  • 名前:ローマ字で入力
  • Eメール:必ず送受信が可能なメール
  • 国と地域:現在居住している国・地域を選択
  • 携帯電話番号:+81(国際番号)の後に電話番号を2桁目から入力
  • パスワード:アカウントのパスワードを設定する

上記を入力した後「追加情報」として生年月日・住所を日本語で入力して次に進みましょう。

STEP
ライブ口座の設定をする

最初に開設するライブ口座の口座タイプなど以下を選択&入力しましょう。

  • 口座タイプ:Pureスプレッド口座・Rawゼロ口座から選択
  • 口座通貨:口座の証拠金通貨を選択
  • 口座レバレッジ:口座の最大レバレッジを選択
  • パスワード:口座のログインパスワードを選択
STEP
本人確認を完了する

続いて本人確認の手続きを進めていきます。本人確認では、以下の身分証明書と現住所確認書類を各1点を

身分証明書
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住証明書
現住所確認書類
  • 国民健康保険証
  • 社会保険証
  • 住民票
  • 電気・ガス・水道などの公共料金請求書
  • 固定・携帯電話請求書
  • クレジットカード請求書
  • 納税証明書
本人確認の手続きページ

また、口座開設時に本人確認を行わない場合は、ThreeTraderの会員ページ「契約&ドキュメント」から本人確認の手続きを進めましょう。

STEP
提出書類の確認が完了

提出した身分証明書と現住所確認書類が受理されると、ThreeTraderの口座開設は完了です。

ThreeTraderの入金方法・出金方法

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)が対応している入出金方法を一覧表でご紹介します。

スクロールできます
入金方法入金手数料最低入金額反映時間
クレジットカード
デビットカード
(VISA/Master/AMEX/JCB)
無料10,000円相当即時反映
Bitwallet
(ビットウォレット)
無料10,000円相当即時反映
VND Instant Pay無料10,000円相当約20分
Phillipines Instant Pay無料10,000円相当約20分
国内銀行送金無料10,000円相当約20分
(銀行の営業時間内)
海外銀行送金無料10,000円相当1~3営業日
テザー無料10,000円相当即時反映
ThreeTraderの入金方法
スクロールできます
出金方法出金手数料最低出金額反映日数
クレジットカード
デビットカード
(VISA/Master/AMEX/JCB)
無料10,000円相当1~3営業日
Bitwallet
(ビットウォレット)
無料10,000円相当1営業日
VND Instant Pay無料10,000円相当1~3営業日
Phillipines Instant Pay無料10,000円相当1~3営業日
国内銀行送金無料10,000円相当1~3営業日
海外銀行送金
(日本)
無料10,000円相当1~3営業日
海外銀行送金
(グローバル)
無料10,000円相当1~3営業日
テザー無料10,000円相当1営業日
ThreeTraderの出金方法

ThreeTraderに関する注意点

ここでは、ThreeTrader(スリートレーダー)に関する以下5つの注意点をご紹介します。

新興ブローカーならではの注意点や仕様上の注意点を確認しておきましょう。

金融庁から警告を受ける可能性がある

ThreeTraderは、日本の金融庁から警告を受ける可能性があることに注意しましょう。

日本居住者向けに勧誘や営業を行っている海外FX業者は、一定の知名度があれば日本の金融庁から警告を受ける可能性が高いです。

日本居住者向けに直接の勧誘と営業は、日本の金融庁の認可を受ける必要があります。ThreeTraderは、日本居住者への直接勧誘や営業を行っておらず法的に問題はありません。

警告によって具体的な罰則はなく、また海外FXを自らの意思で利用すること自体に問題はありません。

ThreeTraderの知名度が上がれば、警告を受ける可能性があることを知っておきましょう。

取り扱い銘柄によるレバレッジ制限がある

ThreeTraderでは、口座残高によるレバレッジ制限が発生しません。

トレードによって口座残高が変動しても、そのまま最大500倍レバレッジで取引が可能です。

ただし、取り扱い銘柄によって、最大レバレッジが異なるため注意しましょう。

ThreeTraderの取り扱い銘柄別の最大レバレッジ
  • 通貨ペア:最大500倍
  • エキゾチック通貨ペアのみ:最大50倍
  • エネルギーCFD:最大100倍
  • 株価指数CFD:最大100倍
  • 貴金属CFD:最大500倍
  • 仮想通貨CFD:最大20倍

口座のステータスが読み取り専用と表示される

ThreeTraderで新規口座開設・追加口座を開設すると、口座ステータスが「読み取り専用」と表示されます。

読み取り専用口座となる仕様であり、エラーではありません。

入金を行うと通常の取引口座のステータスとなる仕様なので注意しましょう。

ポイントには有効期限がある

ThreeTraderの提供する独自ポイントには、以下の有効期限があることに注意しましょう。

  • ポイント獲得から有効期限は2年間
  • 直近12カ月間、取引がない状態が続くと2年間の有効期限に関係なく消滅

したがって、ThreeTraderのポイントを上手に活用するなら、最低でも1年に1回の取引を行い、2年以内にキャッシュバックや景品と交換が必要です。

取引プラットフォームはMT4のみ

ThreeTraderは、取引プラットフォームがMT4のみとなります。

MT5には対応していないため注意しましょう。MT5のカスタムインジケーターや自動売買に使うEAは、MT4との互換性がありません。

MT5からMT4へ移行する場合は、必要に応じてMT4対応のカスタムインジケーターやEAを用意しましょう。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderに関するよくある質問

ThreeTraderは金融ライセンスを取得していますか?

はい、ThreeTraderの運営会社は以下の金融ライセンスを取得しています。

  • 運営会社の名称:ThreeTrader Global Limited
  • 金融ライセンス:バヌアツ共和国金融庁(VFSC)
  • 登録番号:40430
ThreeTraderで出金拒否はありますか?

はい、利用規約に違反する行為や禁止事項に該当する悪質な不正取引を行った場合に、罰則として出金拒否を行う可能性があります。

ThreeTraderで口座のステータスが「読み取り専用」になっています。

ThreeTraderでは、口座残高が未入金で有効化されていない口座のステータスが「読み取り専用」となります。口座への入金で口座が有効化されるため、そのままトレード資金を入金しましょう。

ThreeTraderのサーバーの場所はどこですか?

ThreeTraderのサーバーは、東京とニューヨークに設置されています。

ThreeTraderは学生でも口座開設できますか?

はい、18歳以上であれば学生でも口座開設が可能です。

ThreeTraderでデモ口座はありますか?

はい、TheeTraderではデモ口座を提供しています。

ThreeTraderでスキャルピングはできますか?

はい、ThreeTraderでスキャルピングは可能です。

ThreeTraderで自動売買(EA)は可能ですか?

はい、ThreeTraderで自動売買(EA)は使用できます。

ThreeTraderでおすすめの口座タイプはありますか?

TheeTraderでおすすめの口座タイプは「Rawゼロ口座」です。1ロット当たり片道2ドルの取引手数料が必要になるものの、業界でもトップクラスの低スプレッドで有利にトレードが行えます。もちろん、取引手数料を踏まえても、Pureスプレッド口座より取引コストが安いです。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次