【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

ThreeTraderに出金拒否なし ※禁止事項への違反には注意

ThreeTraderに出金拒否あり?信頼性や安全性を調査

ThreeTraderは海外FXのおすすめランキングに載るようなメジャーな海外FX業者の中では、最も日本市場での歴が短い新進気鋭の業者です。

スプレッドや手数料などの取引コストは断トツで業界No.1であるものの、新しい業者を使うのは慎重になりたいと言う方もいるでしょう。

結論、ThreeTraderでは出金拒否がなく、新興業者でもランキングに掲載されているのも納得の安全性・信頼性があります。

ThreeTraderでの口座開設がまだ済んでいない方は「ThreeTraderの口座開設手順と本人確認方法」のページを参考にしてください。実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすく解説しています。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にThreeTraderを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:ThreeTraderの評判・口コミまとめ

目次

ThreeTraderは出金拒否のない信頼できるFX業者

ThreeTrader(スリートレーダー)でトレードを開始する上で確認しておきたいのは「出金拒否」の有無です。

実際にTwitterを利用して出金拒否について調査した結果、出金拒否の事例は確認できませんでした。

下記のように、500万円の高額出金も出金拒否されることなく、通常通りに出金できています。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderで起きたアービトラージのトラブル

ThreeTrader(スリートレーダー)は、禁止手法がないことを明言しており、中〜上級トレーダーから支持を得ています。

しかし、最近「アービトラージ」を使用したトレードを行っていたアカウントが凍結されたことで話題となりました。

アービトラージとは、さや取り・裁定取引とも呼ばれ、「複数の市場の価格差を利用して利益を上げる手法」です。

ThreeTraderの利用規約にはしっかりと「裁定取引を行った場合、ThreeTraderの判断で取引を強制的に操作できる」ことが明記されています。

アービトラージは、多くの海外FX業者が禁止している取引方法であり出金拒否や口座凍結の対象となるので、絶対に行わない様にしましょう。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの信頼性と安全性

ThreeTrader(スリートレーダー)は、VFSC(バヌアツ金融サービス委員会)ライセンスを取得しており、資金管理も分別管理を行っている信頼性・安全性が確立された海外FX業者です。

  1. VFSCライセンスを取得
  2. 顧客の資金は分別管理
  3. 日本の金融庁からは警告を受けている

それぞれ順番に解説していきます。

VFSCライセンスを取得

ThreeTrader(スリートレーダー)は、2021年にバヌアツ共和国に設立された海外FX業者で、「ThreeTrader Global.Limited」によって運営されています。

概要詳細
運営会社ThreeTrader Global.Limited
所在地Govant Building, Kumul Highway, 1st Floor, PortVila, Vanuatu
ライセンス番号VFSC:バヌアツ金融サービス委員会
(登録番号:40430)
設立2021年
ThreeTraderの概要

バヌアツ金融サービス委員会「VFSC」の金融ライセンスを取得しており、積極的に事業拡大を行っています。

ThreeTraderについて
バヌアツ共和国規制当局による規制
ThreeTrader は、バヌアツに拠点を置くバヌアツ外国為替取引(FOREX)証券会社です。

ThreeTraderは、バヌアツでの事業を基盤としており、弊社のお客様がより高いレバレッジにアクセスできるだけでなく、保護規制や財務の安定性にもアクセスできるようにしています。バヌアツの高度に規制された金融セクターと長期的な実績により、バヌアツは世界中のプロのトレーダーや投資家から高い評価を受けています。

引用元:ThreeTrader「弊社について」より一部抜粋

「VFSC」は以前、規制が緩い点を問題視されていましたが、2019年3月から規制強化を行って以来、信頼性の高いライセンスとして認知されています。

主な規制強化内容
  • 取締役は証券取引経験5年以上
  • 専門職業賠償責任保険に加入する
  • 監査法人が金融機関の監査を行うには、事前にVFSCの許可を得る

ThreeTrader以外で「VFSC」ライセンスを取得している海外FX業者には「TitanFX」・「FBS」などがあります。

顧客の資金は分別管理

ThreeTrader(スリートレーダー)は、投資家の資金と会社の運営資金を別々に管理する「分別管理」方式を採用しています。

1)預金口座の分離

バヌアツ規制の外国為替ブローカーは、別の信託口座に預金を保管する必要があります。これは、ブローカーが自身のポジションを取引または維持するために顧客の預金を使用できないことを意味します。お客様の資金は、すべて各々の証拠金要件を満たすために使用されます。

引用元:ThreeTrader「弊社について」より一部抜粋

顧客の資金管理方法は、「分別管理」と「信託保全」の2種類があります。

分別管理は運営会社が破綻した場合にトレーダーの資金が差し押さえられる可能性がありますが、信託保全であれば差し押さえられることなく全額返金されます。

ThreeTraderは、会社内で分別管理しているのではなく外部の銀行で管理しているので、運営資金に充てられる心配はありません。

顧客資金はどこにありますか?

ThreeTraderは、規制に則りTier1銀行の顧客信託口座に顧客資金を保有しています。

引用元:ThreeTrader「よくある質問」より

日本で人気の海外FX業者が採用している資金管理方法は下記の通りです。

  • XMTrading:分別管理
  • Exness:分別管理
  • FXGT:分別管理
  • AXIORY:信託管理

ほとんどの業者が「分別管理」を採用しているので、特に気にする必要はないでしょう。

日本の金融庁からは警告を受けている

ThreeTrader(スリートレーダー)は、日本の金融庁から警告を受けています。

警告を受ける主な原因は、金融庁の認可を得ずに日本国内居住者に対して勧誘・勧誘に類する行為を行うことです。

これは「外国証券業者に関する法律 第三条」によって規制されているためです。

外国証券業者に関する法律 第三条

 外国証券業者は、証券取引法第二十八条(証券業の登録)の規定にかかわらず、当該外国証券業者がその国内における証券業の本拠として設ける一の支店(以下「主たる支店」という。)について金融再生委員会の登録を受けた場合に限り、当該主たる支店及び当該外国証券業者が設ける他の支店において証券業(第七条第一項各号に掲げる業務を除く。)を営むことができる。
 
2  前項の登録を受けない外国証券業者は、国内にある者を相手方として証券取引行為を行つてはならない。ただし、証券会社を相手方とする場合その他政令で定める場合は、この限りでない。

引用元:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」より一部抜粋

日本人向けのサービスを展開している「XMTrading」や「Exness」など、多くの海外FX業者が上記の警告を受けており、ThreeTraderも2024年1月に警告対象になりました。

ただし、警告を受けている海外FX業者を利用してトレードを行っても法律で罰せられることはないので、気にする必要はありません。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの出金拒否に関するトレーダーの口コミ

ThreeTrader(スリートレーダー)の出金拒否に関する口コミをSNSで調査してみました。

出金拒否されたトレーダーと出金拒否はないというトレーダーの両方の口コミを見つけたので紹介します。

  1. ThreeTraderで出金拒否されたトレーダーの口コミ
  2. ThreeTraderに出金拒否はないというトレーダーの口コミ

それぞれ順番に解説していきます。

ThreeTraderで出金拒否されたトレーダーの口コミ

ThreeTrader(スリートレーダー)で、出金拒否されたという口コミがあったので紹介します。

出典:Twitter「@2018kasou
出典:Twitter「@Masami_EA_Dake

上記の2件は、出金拒否に関する口コミを投稿していますが、明確な根拠が提示されておらず真相は不明ですが、信頼性は低いといえます。

ただし、禁止事項に該当するトレードやなりすまし・マネーロンダリングの疑いがある行為を行うと出金拒否なるので、事前に利用規約を確認しておきましょう。

マネーロンダリングとは:犯罪などの不正な手口で得た資金を送金や口座への入金を繰り返して出所を不透明にする方法です。

ThreeTraderに出金拒否はないというトレーダーの口コミ

ThreeTrader(スリートレーダー)に出金拒否はないというトレーダーの口コミを紹介します。

X(旧Twitter)でThreeTraderからの出金事例を検索すると多数の投稿がヒットします。

出典:Twitter「@sleeping_ponyo

出金拒否されたという口コミはほとんどなく、問題なく出金できた事例が多くありました。

また、出金日数も比較的早いとトレーダーから高評価を得ていました。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの出金に関する基本ルール

ThreeTrader(スリートレーダー)の出金拒否に関する基本ルールを4つ紹介します。

出金ルールを把握していないまま出金申請を行うと、出金拒否になる可能性が高くなるので、必ずチェックしておいてください。

  1. 本人確認書類の提出が必須
  2. クレジットカード・デビットカードへの出金は不可
  3. SWIFTコードがない銀行へは出金できない
  4. 一回も取引実績が無いと出金できない

それぞれ順番に解説していきます。

本人確認書類の提出が必須

ThreeTrader(スリートレーダー)では、取引口座の本人確認が完了していないと出金を行うことができません。

本人確認を完了するためには、次の2点の書類を提出する必要があります。

  • 本人確認書類
  • 現住所確認書類
本人確認書類
  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 写真付き身分証明書
  • 在留カード
  • その他カラーの顔写真付きのもの

※本人確認書類として以下の内容が記載されている必要があります。

  • 氏名
  • 発行日または有効期限
  • 生年月日
  • 書類の識別番号
現住所確認書類
  • 住民票・印鑑証明
  • 公共料金明細書(電気・ガス・水道)
  • クレジットカードの利用明細
  • 電話料金の請求書

※現住所確認書類は以下の内容が記載されている必要があります。

  • 発行から過去3ヶ月以内
  • 住所
  • 発行日
  • 発行元
  • 氏名
備考
  • 運転免許証・マイナンバーカードを本人確認書類として提出する場合、裏面の提出も必要です。
  • 提出書類は四隅が完全に写っている鮮明なカラー画像のみが有効です。
  • 提出する画像のファイル形式は「jpg」・「jpeg」・「png」・「PDF」のいずれかのみです。
  • アップロードできるファイルの最大サイズは10MB以下になります。

本人確認書類が承認されるまで、1日程度かかるので、時間がある時に行っておきましょう。

クレジットカード・デビットカードへの出金は不可

ThreeTrader(スリートレーダー)では、クレジット/デビットカードへ利益分を出金できません。

これは、クレジット/デビットカードへの出金はショッピング枠への返金処理となるためです。

クレジット/デビットカードで入金している状態で利益分を出金するには、「国内銀行送金」を選択すれば問題なく出金可能です。

項目/出金方法国内銀行送金
出金手数料無料
出金日数1~3営業日
最低出金額10,000円
最大出金額1,000,000円
国内銀行送金の概要

ただし、ThreeTrader(スリートレーダー)から国内銀行へ送金する場合「海外送金」扱いとなるので、「リフティングチャージ」と「被仕向送金手数料」が発生します。

ThreeTraderの出金手数料が無料でも、中間銀行では「リフティングチャージ」と「被仕向送金手数料」が必要なので注意しましょう。

手数料内容負担額
リフティングチャージ海外送金手数料の一種で、海外銀行を経由して資金を移動させる際には必ずかかる費用出金額の0.05%
(最低2,500円~)
被仕向送金手数料海外からの円建て送金の際にかかる受け取る側で支払う費用0円~3,500円程度
リフティングチャージ・被仕向送金手数料

「リフティングチャージ」・「被仕向送金手数料」は銀行によって金額は異なっており、「ソニー銀行」であればどちらの手数料も発生しないので、出金申請したそのままの出金額を受け取れます。

銀行名リフティングチャージ被仕向送金手数料
ソニー銀行0円0円
三井住友銀行出金額の0.05%
(最低2,500円~)
1,500円
三菱東京UFJ銀行出金額の0.05%
(最低2,500円~)
1,500円
楽天銀行3,000円2,450円
主な銀行の各種手数料

SWIFTコードがない銀行へは出金できない

ThreeTrader(スリートレーダー)は、SWIFTコードがない銀行を出金先に指定できません。

SWIFTコードとは:SWIFTアドレスまたはBIC番号と呼ばれ、Business Identifier Codes(BIC)の標準フォーマットで、世界中の銀行や金融機関を識別するために使われます。

実店舗のないネット銀行には、SWIFTコードがないことが多いです。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • イオン銀行

GMOあおぞらネット銀行のように「よくある質問」やサポートメニューで「海外送金」に関する情報が記載されているので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

Q.SWIFTコードはありますか。

A.当社では外国送金(海外送金)の取り扱いがないためSWIFTコードもございません。

引用元:GMOあおぞらネット銀行「よくある質問」より一部抜粋

また、じぶん銀行のようにSWIFTコードがあっても、海外銀行送金に対応していない銀行もあるので注意しましょう。

【全般】海外への送金、海外からの送金の受取はできますか?

円普通預金口座からの海外への送金、海外からの送金の受取口座としては、現時点ではご利用いただくことができません。

引用元:じぶん銀行「よくある質問

一回も取引実績が無いと出金できない

ThreeTrader(スリートレーダー)は、入金後一回も取引を行わずに出金申請を行っても出金できません。

取引実績が無い状態での出金申請は、マネーロンダリングの疑いがあるとして、出金拒否となります。

間違えて入金してしまった場合でも、最低ロットで一回は取引を行う必要があるので、注意しましょう。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderで出金拒否になるケース

ThreeTrader(スリートレーダー)で出金拒否になるケースを4つ紹介します。

ThreeTraderは悪質な出金拒否を行っておらず、ユーザー側に問題がある場合がほとんどなので、下記の項目をしっかりとチェックしておいてください。

  1. 利用規約に反した取引
  2. 入金方法と同一の出金方法で申請していない
  3. 取引口座と出金先の口座情報が間違っている
  4. 最低出金額・最大出金額を満たしていない

それぞれ順番に解説していきます。

利用規約に反した取引

ThreeTrader(スリートレーダー)は、高速スキャルピングやEA(自動売買)などの利用は禁止されていませんが、明らかに悪質な取引や常軌を逸した取引手法は禁止されています。

明確に禁止事項が公言されてはいませんが、通常通りのトレードを行っていれば出金拒否になる心配はありません。

「禁止手法が無い」ことで、人気のThreeTraderですが、不正な取引を判断されるようなトレードは控えておきましょう。

入金方法と同一の出金方法で申請していない

ThreeTrader(スリートレーダー)では、入金方法と同一の出金方法で出金申請を行う必要があります。

入金方法が国内銀行送金であれば、出金方法も国内銀行送金を選択します。

ただし、クレジット/デビットカードのみ仕様が異なり、入金額と同額までしか出金できません。

  • 口座残高:100,000円(クレジット/デビットカード入金額50,000円+利益50,000円)
  • 100,000円を出金申請
  • ①クレジット/デビットカードへ50,000円出金
  • ②利益分:国内銀行送金で50,000円出金

上記の場合、クレジット/デビットカードで50,000円入金しているので、利益分の50,000円は国内銀行送金での出金となります。

取引口座と出金先の口座情報が間違っている

ThreeTrader(スリートレーダー)の取引口座と出金先の口座名義は必ず一致させる必要があります。

家族や友人・会社名義の口座を出金先にした場合や入力ミスによって取引口座と違う情報で出金申請を行った場合、出金拒否となるので、注意しましょう。

これは、マネーロンダリングを防止するための措置であり、ThreeTraderだけでなくすべての海外FX業者に共通するルールです。

最低出金額・最大出金額を満たしていない

ThreeTrader(スリートレーダー)は、それぞれの出金方法ごとの最低出金額・最大出金額の範囲内で出金申請を行わなければ出金拒否になります。

それぞれの出金方法の最低出金額と最大出金額は次の通りです。

出金方法最低種金額最大出金額
クレジットカード
デビットカード
10,000円入金額と同額まで
国内銀行送金10,000円1,000,000円
bitwallet10,000円上限額無し
仮想通貨
(テザー)
10,000円上限額無し
海外銀行送金100ドル
(約15,000円)
10,000ドル
(約1,500,000円)
ThreeTraderの最低出金額・最大出金額

国内銀行送金は最大出金額が「1,000,000円」に設定されているので、それ以上の出金を行う場合には数回に分けて出金申請を行うことで解決できます。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderで出金拒否になった場合の対処法

ThreeTrader(スリートレーダー)で出金拒否になった場合の対処法を紹介します。

悪質な出金拒否を行った事例は報告されていないので、基本的にはユーザー側の入力ミス等による出金申請に不備があるケースがほとんどなので、しっかりと確認してから申請を行いましょう。

  1. 再度出金申請を行ってみる
  2. 最大出金日数まで待ってみる
  3. サポートデスクに問い合わせてみる

それぞれ順番に解説していきます。

再度出金申請を行ってみる

ThreeTrader(スリートレーダー)で出金拒否になった場合には、再度出金申請を行ってみましょう。

出金拒否になる主な原因は「出金申請時の入力ミス」・「入金方法と出金方法が異なっている」の2つです。

「半角・全角」の違いや単純なスペルミスなどは、なりすまし・マネーロンダリング防止のために出金拒否となります。

また、入金方法と出金方法が同一でない場合も同様に出金申請が通りません。

特にクレジット/デビットカードで入金した時は、利益分を国内銀行送金を選択する必要があるので注意しましょう。

最大出金日数まで待ってみる

ThreeTrader(スリートレーダー)は、遅くても3営業日以内に出金が完了しますが、出金申請のタイミングによって3日ほど遅くなる可能性があります。

出金申請をし、着金されるまでにどのくらいかかりますか?

営業時間内でしたら出金申請を受取った後、担当部署にて申請処理を行いますが着金速度は出金方法によって異なります。同日着金するチャネルもありますが、殆どが出金申請→申請処理→決済会社や決済チャネル内での申請処理→お客様へ着金というプロセスに3営業日程度かかる可能性があります。

引用元:ThreeTrader「よくある質問」より

具体的には金曜日の深夜に出金申請を行った場合、ThreeTraderの出金処理は金曜日ではなく月曜日になり、銀行へ着金するのは水曜日になるケースです。

「bitwallet」・「仮想通貨(テザー)」は、1営業日以内に出金が完了しますが、クレジット/デビットカードでは決済会社の締め日の関係で最大で2ヶ月程度かかるので、注意しましょう。

出金方法最大出金日数
クレジット/デビットカード最大2ヶ月
国内銀行送金1~3営業日
bitwallet1営業日
仮想通貨
(テザー)
1営業日
海外銀行送金1~3営業日
ThreeTraderの最大出金日数

サポートデスクに問い合わせてみる

再度出金申請・最大出金日数まで待ってみても出金が確認できない場合には、ThreeTrader(スリートレーダー)のサポートデスクに問い合わせてみましょう。

出金処理の際に何らかのエラーが発生している可能性もあるので、下記の方法を利用してみてください。

取り合わせ方法対応時間
ライブチャット7;00〜20:00(月〜金曜日)
メール24時間
support@threetrader.com
問い合わせフォーム24時間
よくある質問24時間
ThreeTraderの問い合わせ方法一覧

2021年にサービスが開始されたばかりなので、「よくある質問」は数が少ないので、早急に対応してもらえる「ライブチャット」がおすすめです。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

ThreeTraderの出金拒否に関するよくある質問

ThreeTrader(スリートレーダー)の出金拒否に関するよくある質問を紹介します。

ThreeTraderで出金拒否はありますか?

いいえ、ThreeTraderでは出金拒否になることはありません。ただし、利用規約に反した取引を行った場合には、出金拒否・口座凍結のペナルティの対象となります。

ThreeTraderの出金方法を教えてください。

はい、ThreeTraderの出金方法は下記の通りです。

  • クレジット/デビットカード
  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • 仮想通貨(テザー)
  • 海外銀行送金
ThreeTraderの出金日数を教えてください。

はい、ThreeTraderの各出金方法の出金時間は以下の通りです。

  • クレジット/デビットカード:最大2ヶ月
  • 国内銀行送金:1~3営業日
  • bitwallet:1営業日
  • 仮想通貨(テザー):1営業日
  • 海外銀行送金:1~3営業日
ThreeTraderの出金に関するルールを教えてください。

はい、ThreeTraderには以下の4つの出金ルールがあります。

  1. 本人確認書類の提出が必須
  2. クレジットカード・デビットカードへの出金は不可
  3. SWIFTコードがない銀行へは出金できない
  4. 一回も取引実績が無いと出金できない
ThreeTraderの出金手数料を教えてください。

はい、ThreeTraderではすべての出金方法の手数料が無料です。

ただし、一部国内銀行では手数料が発生する場合があります。

ThreeTrader は楽天銀行へ出金できますか?

はい、ThreeTraderは楽天銀行への出金が可能です。

\業界最安スプレッド&取引コスト!/

※公式サイト:https://www.threetrader.com/jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次