【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

海外FXで出金拒否されたら?原因と対処法を紹介|安全な3業者を厳選

海外FXの出金拒否

海外FXにおける出金拒否は、SNSのX(旧Twitter)でときおり話題になっています。

これから海外FXを始める方は、何事もなくトレードの利益を出金できるかどうか、不安になることがあるでしょう。

この記事では、海外FXで出金拒否になる9つの原因と、それぞれの対処法を解説します。

トレード以外で余計な心配をすることなく、安心して海外FXを利用するための参考にしてください。

各業者の安全性も考慮した総合的におすすめの海外FX業者を「海外FXのおすすめ人気業者比較ランキング」にまとめているので、よろしければそちらもご覧ください。

目次

海外FXで出金拒否になる原因と対処法

ここでは、海外FXで出金拒否になる9つの原因とそれぞれの対処法をご紹介します。

出金拒否といっても、手続きや対処法を知っていれば簡単に解決できる場合が多いです。

悪質な海外FX業者が意図的に出金拒否をしている

日本から利用できる海外FX業者の中には、いずれの国でも金融ライセンスを取得せず、悪質な運営をしている場合があります。

なぜなら、海外FX業者は拠点を置く地域によっては、金融ライセンス不要でFX業務を運営できるからです。

悪質な業者では、顧客の注文を実際に市場へ流して約定させることなく、自社の利益とする「ノミ行為」が行われています。

ノミ行為をする悪質な海外FX業者では、顧客が取引で勝つと利益分が自社の損失となります。

そのため、顧客が大きな利益を得て業者が対応できない場合に、不当な出金拒否が行われるのです。

悪質な出金拒否が行われた場合、すぐに解決するのは難しいです。後述する「海外FXで不当に出金拒否された場合に取るべき行動」を参考にして、問題解決に向けて行動しましょう。

海外FX業者の運営で問題が発生している

海外FXの運営会社が資金繰りなどで問題を抱えている場合の出金拒否にも注意が必要です。

実際に、経営上の問題を理由に、出金の大幅な遅延や事実上の出金拒否が行われた事例もあります。

サービス停止に至った背景

集団による第3者名義貸し&口座転売
2022年中頃から集団による第3者名義貸し&口座転売にて利用規約違反によるボーナスアービが横行し大きな損失が発生。
決済代行会社(A社)による35,879,651 USD(約50億円)持ち逃げ
2022年後半、決済代行会社(A社)による約50億円の持ち逃げが発生。
決済代行会社(B社)による1,098,709,370円 (7,996,429.18 USD)の未払い
2022年後半、決済代行会社(B社)による約10億円の未払いが発生。
この3つが同時期に発生した事で資金難に陥り出金遅延が継続的に発生し、大幅な出金遅延につながりました。

引用:ウェブ魚拓「GEMFOREXがサービス停止に至った背景

海外FX業者の旧GEMFOREX(現在のGalaxy DAO)では、提携する決済代行業者による資金の持ち逃げが原因で経営状況が悪化し、顧客資金が返還されないままサービス停止となりました。

SNS上では、現在も口座の資金が出金できないという声が寄せられています。

運営会社側の問題が原因で出金拒否となっている場合は、公式の声明と出金に関する指示に従いましょう。

禁止取引・不正行為を行った

本来、出金拒否は正当な理由の元で海外FX業者が罰則として行うものです。

金融ライセンスを認可を受けている海外FX業者であっても、禁止取引・不正行為を行ったユーザーに対して出金拒否が行われます。

一般的に海外FX業者によって禁止されている取引や不正行為は以下の通りです。

  • 窓埋めのみを狙った取引
  • AIを使った高頻度な取引
  • 経済指標前後のみの取引
  • 複数口座・複数業者での両建て
  • 接続遅延・サーバーエラー・レートエラーを狙った取引
  • ボーナスやキャッシュバックを不正に取得するための取引
  • 自己アフィリエイト(自己IB)による取引

参考:XMの禁止事項リスト9項目|規約違反しなければ全てOK

利用規約で禁止されている取引方法で得た利益については、利益の取り消し(出金拒否)となることが多いです。

海外FXに限らず、各業者の利用規約を確認して出金拒否とならないように取引を行いましょう。

入金時と異なる方法で出金を申請した

入金時と異なる方法で出金を申請すると、出金拒否となる場合があります。

これは、多くの海外FX業者がマネーロンダリング防止のために、入金と出金の方法を一致させるルールを設けているからです。

複数の決済方法で入金した場合の出金はどうなりますか?

お客様の資金の安全性を確保するために、全ての出金は、入金元にお戻しする必要があります。例えば、クレジットカード/デビットカードで入金された場合、出金リクエストは同カードにご資金をお戻しする必要があります。その後、他の方法での出金リクエストを行っていただけます。

引用:XMTrading「ヘルプセンター

まずは、入金した金額分を入金時と同じ方法で出金した後、口座の利益は銀行送金などの別の方法で出金リクエストをしましょう。

入金時と異なる方法で出金リクエストをしなければ、出金拒否とはなりません。

ボーナスキャンペーンの出金条件を達成していない

海外FX業者が提供するボーナスキャンペーンの専用口座から出金する際は、出金条件の有無を確認しましょう。

ボーナス専用口座からの出金には、特定の条件が設けられている場合があります。

新規登録ボーナスのみを利用しての取引で得た利益を出金するためには、2GTLot以上の取引要件を満たす必要があります。

引用:FXGT「15,000円 新規登録ボーナス

例えば、海外FX業者のFXGTでは、口座開設ボーナス専用の口座から利益を出金するには、一定のロット数の取引が必要です。

ボーナスを利用する際は、口座からの出金に条件がないかを確認し、条件達成後に出金リクエストをしましょう。

出金先の銀行口座の情報に誤りがある

海外FX業者から出金を行う際、出金先の銀行口座情報に誤りがあると処理が進められずに出金拒否となります。

出金先の銀行口座の振込情報を確認し、正しい内容で出金リクエストを行いましょう。

海外FX業者からの出金で必要な振込先情報は以下の通りです。

  • 受取人の名前
  • 受取人の住所
  • 銀行名(英語表記)
  • 銀行口座番号
  • SWIFTコード
  • 銀行所在地
  • 支店コード
  • 支店名

出金先の銀行に関する情報は、各銀行の公式サイトから確認できます。

正しい出金先の銀行情報で出金リクエストを行えば、出金拒否の問題は解決できるでしょう。

出金先の銀行が国際送金に対応していない

海外FX業者から国内銀行へ国際送金(海外送金)で出金する際、出金先として指定する銀行が対応していないことも出金拒否の原因になります。

ご利用中の国内銀行が対応しているかどうかは、公式サイトの検索欄で「海外からの送金」といったキーワードを入力することで確認できる案内が表示されます。

口座を持っている国内銀行が対応していない場合、利用が簡単なオンライウォレットを検討してみてください。また、仮想通貨を採用する海外業者も増えています。

カード会社の処理に時間が掛かっている

クレジットカードやデビットカードへ出金申請した際に、海外FX業者側で出金処理が完了していても、出金が完了しない場合があります。

これは出金拒否ではなく、カード会社側の処理に時間が掛かっていて、出金が遅延している可能性があります。

クレジットカードやデビットカードへの出金は、海外FX業者が出金処理を行うと、残りの手続きはカード会社側で行われます。

カード会社によって、出金や返金の処理にかかる日数が異なります。着金までに1カ月以上かかることもあるため、余裕を持って手続きをしましょう。

送金アドレスに誤りがある

近年では、仮想通貨を使った入出金に対応する海外FX業者も増えてきました。

仮想通貨で出金リクエストをする際、送金アドレスに誤りがあると出金拒否となります。

あらためて送金アドレスを確認し、正しい送金アドレスで再度出金リクエストを行いましょう。

仮想通貨で間違った送金アドレスへ出金してしまうと、基本的に取り消しや返金ができないため、特に注意が必要です。

海外FXで不当に出金拒否された場合に取るべき行動

ここでは、海外FXで不当に出金拒否された場合に取るべき3つの行動をご紹介します。

怪しい海外FX業者から悪質な出金拒否をされた場合、不正行為を行っていないにもかかわらず、出金拒否された際に取るべき対処法を知っておくことが重要です。

サポート窓口へ問い合わせる

出金拒否され、その原因が分からない場合や、開示された出金拒否の理由が思い当たらない場合は、まず海外FX業者のサポート窓口へ問い合わせましょう。

心当たりがなくとも、禁止取引を行っていたり、出金手続きに間違いがある可能性があります。

原因が不明の場合、自らの憶測で操作や手続きを進めるよりも、業者に直接聞いてみることで出金拒否の問題を早期に解決できるでしょう。

弁護士・国民生活センターへ相談する

海外FX業者へ問い合わせても返信がない、または出金拒否の理由について聞いても悪質な出金拒否であることが明確な場合は、専門家へ相談しましょう。

弁護士や国民生活センターに相談することで、一人で問題を考えるより、有識者から具体的にどうすべきかを聞くことができます。

専門の紛争解決機関へ相談する

出金拒否された海外FX業者が金融ライセンスの認可を受けている場合、ライセンスの発行元、または紛争解決を仲介する機関と提携していることがあります。

FSC許認可会社は、FSCの規定した以下の運用ガイドライン規則に従うことが義務づけられています。

また、AXIORYは投資家とブローカーの紛争解決に特化した機関である、The Financial Commissionに加盟しています。

引用:AXIORY「安全性

AXIORYのように、金融ライセンスを持つ海外FX業者の中には、The Financial Commissionなどの独立した紛争解決機関と自主的に契約しているところもあります。

The Financial Commissionは、顧客とFX業者間の仲介者として、不当な出金拒否の問題などを中立的な立場から取り扱います。

最終的な交渉結果に納得できない場合、The Financial Commissionから補償金が支払われることもあります。

海外FX業者のサービス運営を監督する機関の詳細や、その機関が発行する金融ライセンスの情報については「海外FXの金融ライセンスとは?」を参考にしてください。

海外FXで出金拒否されたら税金はどうする?

海外FXで出金拒否された場合の税金の支払においては、口座の取引履歴の表記が重要になります。

  • 取引履歴で取引自体がキャンセルされている場合:課税対象とならない
  • 取引履歴で取引自体が有効になっている場合:課税対象となる

税金が発生するタイミングは、銀行口座への出金時ではなく、取引による利益が取引口座の残高に反映された時点です。

取引履歴に取引のキャンセルが記載されている場合、取引による利益が発生していないため、税金も発生しません。

しかし、取引が有効であり、取引口座に利益として反映されている場合、たとえ出金拒否されたとしても課税対象になります。

出金拒否された状態で取引履歴が残っている場合、対象の取引をキャンセルしてもらうため、FX業者に問い合わせてみましょう。

海外FXで悪質な出金拒否に関する口コミ

ここでは、X(旧Twitter)に寄せられていた海外FXの悪質な出金拒否に関する口コミをご紹介します。

悪質な出金拒否を行っているとされる業者を避けるためにも、これらの情報を事前に確認しておきましょう。

FXBeyondは、現在FX Fairと名前を変えて運営している海外FX業者です。

SNS上では出金拒否されたという口コミが多く見られ、2023年11月時点でも出金できないという報告があがっています。

Xでは「fxfair 出金拒否」といった検索をすることで、最新の状況を確認できます。悪質な業者を見極めるための対策として参考にすると良いでしょう。

続いては、旧GEMFOREX(現在のGalaxy DAO)の出金遅延の事例を紹介します。

旧GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、2022年12月から出金遅延が発生し、ボーナスキャンペーンで口座開設や入金を促しながら、同時に出金の遅延を繰り返していたのです。

2023年11月現在も出金できない状況が続いているため、実質的な出金拒否と言えるでしょう。

2023年の中盤以降、悪質な出金拒否を行っている海外FX業者として最も口コミが多かったのは、AssassinFX(アサシンFX)です。

AssassinFXは、決済代行業者との契約が停止しており、現在も500人以上のユーザーが出金拒否されていると思われます。

2.出金遅延のお詫び
現在、一部のお客様に対して、本来弊社が提供している出金対応の日程から遅延が発生しております。
(中略)
本件の原因の一つとして、収納代行業者が停止したことにより送金が滞っております。
今後の対応については、収納代行業者に対しての対応及び、出金対応を順次迅速対応をさせていただきます。
既に頂いているご申請につきましては全てご対応させて頂きますので、
私どもから個別にご送金のご連絡が届くのを今暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます。
(後略)

引用: Wayback Machine「AssassinFX

AssassinFXは公式に、出金については個別に対応すると説明していましたが、X上では無事に出金できたという報告は見られません。

2023年11月現在、同社の公式サイトは閉鎖されており、ユーザーが問い合わせできない状態です。

出金拒否のリスクがない安心できる海外FX業者

ここでは、すでに日本の多くの方が利用しており、出金拒否のリスクがなく安心して利用できる3つの海外FX業者をご紹介します。

3つの業者はすべて金融ライセンスを取得しており、規制当局の監督の下で海外FXのサービスを提供しています。

XMTrading(エックスエム)

出金拒否をしないXMTrading

XMTrading(エックスエム)は、業界最大手のXMグループが運営する海外FX業者です。

2009年設立のXMグループは、10年以上の運営実績があり、サービスを提供する各国に適した金融ライセンスを取得して世界展開をしています。

XMグループがアジア圏で展開しているXMTradingも、2つの金融ライセンスを取得済みです。

運営会社登録住所金融ライセンス
Tradexfin LimitedUnit E, F28, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychellesセーシェル金融サービス庁
(ライセンス番号:SD010
Fintrade Limited7TH FLOOR, TOWER 1, NEXTERACOM, CYBERCITY, EBENE 72201モーリシャス金融サービス委員会
(ライセンス番号:GB20025835
XMの運営会社と金融ライセンス

XMTradingは、セーシェル金融サービス庁とモーリシャス金融サービス委員会からの認可を受けており、悪質な出金拒否がない健全なFX業者として一定の審査基準を満たしています。

また、各金融ライセンスでは不正行為を行ったFX業者を公開し、必要に応じてライセンスの取り消しを行なうので、業者の信頼性を保つ役割を果たしています。

なおXMTradingでは、新規で口座開設すると13,000円分のボーナスが提供され、そのままトレードの証拠金として使用できます。

自己資金を入金するのが不安であれば、まずは口座開設ボーナスを利用して取引環境を試し、XMの信頼性を確認した後で、本格的に資金を入金してみるのも良いでしょう。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingでは、以下の4つの口座タイプで異なる取引条件を提供しています。

口座タイプスタンダード口座マイクロ口座
取引プラットフォームMT4/MT5、独自アプリ
発注方式NDD OTC方式
最大レバレッジ1,000倍
初回最低入金額5ドル相当
1ロットの取引数量10万通貨1,000通貨
最小ロット0.01ロット
最大ロット50ロット100ロット
取扱商品:銘柄数通貨ペア:55
貴金属:5
株価指数:29
株式:1,300
コモディティ:8
エネルギー:8
仮想通貨:58
取引手数料無料
スタンダード/マイクロ口座の取引条件

初めてXMTradingを利用する際には「スタンダード口座」がおすすめです。口座開設ボーナスと入金ボーナスのすべてを受け取ることができ、海外FXの標準的な取引条件を試せます。

\新規口座開設で13,000円ゲット!/

公式HP:https://www.xmtrading.com/jp/

FXGT(エフエックスジーティー)

出金拒否をしないFXGT

FXGT(エフエックスジーティー)は、仮想通貨CFDの取引条件が優れている人気の海外FX業者です。

グループ各社が各国・地域で金融ライセンスを取得し、サービス運営に関する知見を共有しています。確かな経営体制のもとで開催されるボーナスキャンペーンにより、日本でもシェアを拡大しています。

運営会社登録住所金融ライセンス
GT Global LtdRoom 13, Kingsgate House, Victoria, Mahe, Seychellesセーシェル金融サービス庁
(ライセンス番号:SD019
FXGTの運営会社と金融ライセンス

日本から利用できるFXGTは、セーシェル金融サービス庁から認可を受けており、XMTradingと同じ規制当局の監督下に入っています。

なお、FXGTのグループ会社は、世界的にも難関ライセンスとして知られているCySEC(キプロス証券取引委員会)の認可を受けているため、グループ全体の安全性は十分とも言えるでしょう。

また、FXGTで新規登録をすると、15,000円分の口座開設ボーナスが提供され、そのままトレードの証拠金として使用できます。
(*)ミニ/スタンダード+/Crypto Max口座が対象です。

ボーナスのみの出金はできないため、FXや仮想通貨の取引に利用しながら、FXGTのサービス品質を確認してみてください。

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

FXGTでは、以下の5つの口座タイプで異なる取引条件を提供しています。

スクロールできます
口座タイプスタンダード+口座ミニ口座Crypto Max口座
取引プラットフォームMT4/MT5
発注方式NDD STP方式
最大レバレッジ1,000倍500倍
初回最低入金額5ドル相当
1ロットの取引数量10万通貨1通貨
最小ロット0.01ロット銘柄により異なる
最大ロット100ロット200ロット
取扱商品:銘柄数通貨ペア:55
貴金属:2
エネルギー:3
仮想通貨FX:33
シンセティック仮想通貨:9
株式:27
株価指数:8
通貨ペア:55
貴金属:2
エネルギー:3
仮想通貨FX:13
株式:9
株価指数:8
仮想通貨FX:40
シンセティック仮想通貨:9
GTi12指数(仮想通貨インデックス):1
取引手数料無料
スタンダード+/ミニ/Crypto Max口座の取引条件

FXGTを初めて利用する場合は「スタンダード+口座」がおすすめです。口座開設ボーナスと入金ボーナスのすべてを受け取れます。ボーナスを使い切ってから、ECN口座やプロ口座の低スプレッド環境で本格的にトレードを開始するのが良いでしょう。

\15,000円分のボーナスを無料プレゼント!/

公式HP:https://fxgt.com/ja

Exness(エクスネス)

出金拒否をしないExness

Exness(エクスネス)は、2008年に設立されたXMTradingと並ぶ業界大手の海外FX業者です。

グループ全体で複数の金融ライセンスを保有し、その透明性の高い運営が特徴です。会計報告やTickデータ(レートの変動情報)まで公開されているため、上級トレーダーからも高く評価されています。

日本から利用できるExnessの金融ライセンスの情報は以下の通りです。

運営会社登録住所金融ライセンス
Exness (SC) LtdOffice 107, 1st Floor, Waterside Property Ltd, Eden Island, Mahe, Seychellesセーシェル金融サービス庁
(ライセンス番号:SD025
Exnessの運営会社と金融ライセンス

運営会社のExness (SC) Ltdは、XMTradingと同じくセーシェル金融サービス庁から監督を受けています。ライセンス要件に従い、透明性と安全性を重視した運営が行われています。

例えば、細かな取引条件と禁止取引についても、公式のヘルプセンターで公開されており、不当な理由で出金拒否されることはないでしょう。

また、Exnessが提供する取引条件は大変優れています。無制限のレバレッジやゼロスプレッドで固定する口座タイプが用意されているので、取引環境を重視する方におすすめです。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessでは、以下の5つの口座タイプで異なる取引条件を提供しています。

口座タイプスタンダード口座スタンダードセント口座
取引プラットフォームMT4/MT5、独自アプリ
発注方式NDD STP方式
最大レバレッジ無制限
最低入金額10ドル相当
1ロットの取引数量10万通貨1,000通貨
最小ロット0.01ロット
最大ロット200ロット
取扱商品:銘柄数通貨ペア:96
貴金属:15
株価指数:10
エネルギー:3
仮想通貨:35
株式:97
通貨ペア:34
貴金属:2
取引手数料無料
スタンダード/セント口座の取引条件

Exnessではボーナス提供がないため、トレードスタイルに応じて口座タイプを選びましょう。スイングトレードやデイトレードにはスタンダード口座とプロ口座が適しています。低スプレッドを重視したスキャルピングと自動売買には、ロースプレッド口座とゼロ口座がおすすめです。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

海外FXの出金拒否に関するよくある質問

海外FXの出金拒否に関するよくある質問をまとめたので、参考にしてください。

海外FXは出金しなければ税金は発生しませんか?

いいえ、海外FXでは出金しなくても、決済が完了した後の取引履歴に利益が反映されていれば、税金が発生する可能性があります。

海外FXで出金拒否されたら税金はどうなりますか?

海外FXで出金拒否された場合、実際の取引が完了して利益が発生しているかが重要になります。

  • 取引履歴で取引自体がキャンセルされている場合:課税対象とならない
  • 取引履歴で取引自体が有効になっている場合:課税対象となる

出金拒否の状態で、取引履歴でキャンセルされていない場合、業者に取引のキャンセルを依頼しましょう。取引履歴がキャンセルされなければ、利益が発生したとみなされ、課税対象になります。

海外FXの税金は高いですか?

海外FXで得た利益にかかる所得税は、所得金額に応じて税率が上がる累進課税が適用されます。そのため、税金が高いかどうかは個人の年間所得によって異なります。また、海外FXでの年間所得が多くなれば、法人口座を開設することで節税効果が期待できます。

出金拒否がない海外FX業者の見分け方は?

悪質な出金拒否がない海外FX業者は、以下の3つのポイントを基準に判断すると良いでしょう。

  • 金融ライセンスの有無と運営会社の規模
  • 禁止取引や禁止行為が明記されているかどうか
  • SNSでの悪質な出金拒否に関する口コミの有無

全ての基準を満たす業者の中から、自分のトレードスタイルに合った取引条件で選べば、快適なトレード環境を得られます。

海外FXのトラブルはどこで相談すればよいですか?

海外FX業者で出金拒否などのトラブルが発生した場合は、以下の窓口に相談しましょう。

  • 業者のサポート窓口に問い合わせる
  • 弁護士や国民生活センターに相談する
  • 専門の紛争解決機関に相談する

自分が気づかずに禁止行為を行っている場合も考えられますので、まずはFX業者のサポートへ問い合わせることをおすすめします。

海外FXで出金遅延が発生したらどうする?

海外FXで出金遅延が発生したら、まずはFX業者のサポートに問い合わせましょう。業者側での処理が完了している場合は、決済を中継する金融機関に問題が発生している可能性が高いです。カード出金の場合はカード会社に、銀行送金は銀行へ問い合わせてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次