【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

IronFXでスキャルピングは可能|細かなルールとメリット・デメリットを解説

IronFXでスキャルピングは可能|細かなルールとメリット・デメリットを解説

IronFXではスキャルピングに制限がなく、自由に短期トレードができます

IronFXで行うスキャルピングにはいくつかメリットがありますが、一方でデメリットや注意点も少なからずあるため事前に確認しておきましょう!

海外FXのスキャルピングに最適な口座を探している方は「海外FXのスキャルピング口座ランキング」も参考にしてみてください。

\当サイト限定3,000円口座開設ボーナス!/

専用のGoogleフォームの提出が必須

IronFXの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にIronFXを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:IronFXの評判・口コミまとめ

目次

IronFXではスキャルピングに制限なし

IronFXはスキャルピング公認

上図は実際にIronFXの問い合わせチャットで「スキャルピングの制限」について問い合わせた際のキャプチャ画像です。

IronFX(アイアンエフエックス)は、スキャルピングに特に制限を設けていない海外FX業者です。

経済指標の発表タイミングや、ロット数に関係なく全ての口座タイプ・取り扱い銘柄を対象にスキャルピングが許可されています。

スキャルピングとは、数秒から数分単位で取引を完結させ、何度も取引を繰り返し利益を積み上げる取引方法です。スキャルピングでは、スピーディな取引を可能とする約定力やスプレッドの狭さが求められます。

\当サイト限定3,000円口座開設ボーナス!/

専用のGoogleフォームの提出が必須

IronFXでスキャルピングをするメリット

ここでは、IronFX(アイアンエフエックス)でスキャルピングを行う以下4つのメリットをご紹介します。

IronFXは、比較的スキャルピングが快適な海外FX業者です。

具体的にIronFXでスキャルピングをするメリットを詳しくみてみましょう。

スキャルピングの頻度・ロット数・銘柄に制限がない

IronFXでは、スキャルピングに制限がないことがメリットです。

具体的にIronFXでは、スキャルピングに関して以下の制限を設けていません。

  • スキャルピングの頻度
  • スキャルピングを行う際のロット数
  • スキャルピングを行う取引銘柄

海外FX業者によっては、スキャルピング自体を禁止していたり、ロット数の多い高頻度な取引を禁止している場合があります。

IronFXは、スキャルピングに制限がないため、ロット数や頻度を気にせず、トレードに集中することが可能です。

低スプレッドでスキャルピングが可能

IronFXでは、低スプレッドな環境でスキャルピングを行えることもメリットです。

IronFXが提供する口座タイプ「アブソルートゼロ口座」は、スプレッドが狭くスキャルピングトレーダーから高い評価を得ています。

口座タイプスタンダード口座アブソルートゼロ口座
(+片道取引手数料)
USDJPY
米ドル/日本円
1.8pips0.8pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
1.8pips0.8pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
1.7pips0.8pips
USDCHF
米ドル/スイスフラン
2.4pips0.8pips
XAUUSD
ゴールド
0.4pips1.0pips
アブソルートゼロ口座のスプレッド比較

アブソルートゼロ口座は、1ロット当たり片道5ドル相当(0.5pips相当)の取引手数料で、スタンダード口座より狭いスプレッドでスキャルピングが可能です。

IronFXのアブソルートゼロ口座は、CFD銘柄に関してはスタンダード口座の方がスプレッドが狭いため注意しましょう。

各種ボーナスを使って追加の資金が調達できる

IronFXでは3種類のボーナスキャンペーンを実施しており、追加のトレード資金を調達できることがメリットです。

  • シェアリングボーナス:入金額に対して100%相当のボーナス
  • 20%アイアンボーナス:入金額に対して20%相当のボーナス
  • 40%パワーボーナス:入金額に対して40%相当のボーナス

スキャルピングに限らず、実際に取引で使える資金が多いことに越したことありません。

各種入金ボーナスを活用して、スキャルピングのトレード資金を増やすことが可能です。

スリッページが少ないと評判

IronFXは、スリッページが少ないためスキャルピングが有利に行えます。

スリッページとは、注文価格と実際の約定価格にズレが生じる現象です。

サーバーへ注文が送信されるまでの遅延や、FX業者の注文処理の早さや流動性などによってスリッページは発生します。

SNS上では、IronFXのスリッページ耐性の高さは評判が良いです。

ただし、IronFXでは口座タイプによってスリッページ耐性が変わるため注意しましょう。

発注方式とスリッページ耐性

IronFXでスリッページ耐性が高いのは、DD方式を採用するボーナス専用口座「スタンダード・プレミアム・VIP」の3種類です。

スプレッドの狭いゼロスプレッド口座・アブソルートゼロ口座に関しては、市場に応じて注文の処理方法が変更されるため、スリッページが発生しやすい場合があります。

\当サイト限定3,000円口座開設ボーナス!/

専用のGoogleフォームの提出が必須

IronFXでスキャルピングをするデメリット

ここでは、IronFXでスキャルピングをする際のデメリット以下4つをご紹介します。

スキャルピングに制限のないIronFXですが、細かな取引条件では他社に劣る場合もあるため、あらかじめデメリットを把握しておきましょう。

ボーナス専用口座のスプレッドが広い

IronFXでは、スプレッドが広いボーナス専用口座がスキャルピングに不向きです。

具体的にIronFXでボーナスが受け取れるボーナス専用口座とは、以下の3つの口座タイプになります。

  • スタンダード口座
  • プレミアム口座
  • VIP口座

ボーナス専用口座の平均スプレッドについては以下の通りです。

スクロールできます
口座タイプスタンダード口座プレミアム口座VIP口座
USDJPY
ドル円
1.8pips1.4pips1.2pips
EURUSD
ユーロドル
1.8pips1.4pips1.2pips
GBPUSD
ポンドドル
1.7pips1.5pips1.3pips
XAUUSD
ゴールド
0.4pips0.4pips0.4pips
ボーナス専用口座の平均スプレッド

スプレッドの広いボーナス専用口座ですが、各種ボーナスが受け取れること、そしてスリッページ耐性が高いといったメリットもあります。

また、固定スプレッドと変動スプレッドを選べるため、一定の値幅で自動売買にスキャルピングをさせたい場合に使いやすいです。

アブソルートゼロ口座は最大500倍レバレッジ

アブソルートゼロ口座は、低スプレッドでスキャルピングが可能なIronFXで人気の口座タイプです。

スキャルピングでは、他の取引方法と比べて、狭い値幅を狙うことが多いためスプレッドが狭いほど有利にトレードできます。

しかし、アブソルートゼロ口座は、他の口座タイプより最大レバレッジが低いことがデメリットです。

口座タイプ最大レバレッジボーナス
スタンダード口座1,000倍対象
プレミアム口座1,000倍対象
VIP口座1,000倍対象
セント口座1,000倍対象
ゼロ固定口座500倍対象外
手数料無し口座500倍対象外
ゼロスプレッド口座500倍対象外
アブソルートゼロ口座500倍対象外
口座タイプとレバレッジ

ボーナスが対象となる口座タイプは最大1,000倍レバレッジに対して、アブソルートゼロ口座を含む低スプレッドな口座タイプは最大500倍レバレッジとなります。

過去にレート操作の疑いがあった

真偽は不明ですが、IronFXのアブソルートゼロ口座でレート操作の疑いがある口コミが見受けられました。

発注した価格とちょうど1pips程度のズレが生じているとSNSに口コミが投稿されています。

証拠となる画像がないため真偽は不明ですが、アブソルートゼロ口座の場合は、成行注文だとスリッページが発生し、約定価格がズレる可能性がゼロではありません。

リクオートもスリッページもマーケット状況によって起こることはございますが、基本的にはほぼ起こりません。ただ、どちらが起こりにくいかということをあえて言及するならば、STP口座はスリッページが発生する可能性はございますが、リクオートはほとんどないです。反対にライブ口座はリスクが高いお取引の際にリクオートが発生する可能性はありますがスリッページの発生率はとても低いです。

引用:IronFX 日本語サポートより回答

IronFXでボーナス対象外の口座タイプでは、NDD STP/ECNの両方を採用する発注方式が採用されており、スリッページの発生頻度が変わります。

  • NDD STP方式:即時にFX業者が注文を決済・スリッページが起きやすい
  • NDD ECN方式:金融機関と注文がマッチング・スリッページが起きづらい

NDD STP方式で注文が処理された場合、スリッページが起きやすくなります。

直接管轄となる金融ライセンスがない

IronFXは、直接の管轄となる金融ライセンスがないことがデメリットです。

アジア圏から利用できるIronFXの運営会社「Notesco Limited」は、金融ライセンスなしでFX業者が運営できるバミューダで法人登録を行っています。

以下の金融ライセンスをIronFXのグループ会社で取得していますが、いずれも直接の管轄とはなりません。

  • Notesco Financial Services Limited:キプロス証券投資委員会(Cysec)登録番号:125/10
  • Notesco UK Limited.:英国金融行動監視機構(FCA)登録番号:585561
  • Notesco Pty Limited.:オーストラリア証券投資委員会(ASIC)登録番号:417482

金融ライセンスによって、顧客資金の管理体制など金融ライセンスを取得している他社と比べて安全面に不安があります。

\当サイト限定3,000円口座開設ボーナス!/

専用のGoogleフォームの提出が必須

IronFXの他にスキャルピングでおすすめの口座

ここでは、IronFX(アイアンエフエックス)の他にスキャルピングでおすすめの口座をご紹介します。

IronFXはスキャルピングに制限がないものの、より狭いスプレッドや高いレバレッジで取引できる他社口座もあります。

自身のトレードスタイルに合わせて、一番有利にスキャルピングができる海外FX業者を利用しましょう。

ボーナスを活用したい方:XMTrading

ボーナスを活用してスキャルピングをしたい方には「XMTrading(エックスエム)」がおすすめです。

IronFXが入金ボーナスの提供のみに対して、XMTradingでは3種類のボーナスキャンペーンが常時開催されています。

  • 新規口座開設ボーナス:13,000円相当
  • 2段階入金ボーナス:10,500ドル相当
  • ロイヤルティプログラム:取引毎に無制限

口座開設ボーナスから日々の取引でボーナスが手に入るロイヤルティプログラムまで、XMTradingでは豊富なボーナスを生かしてスキャルピングが可能です。

ロイヤルティプログラムで付与されるXMポイントは、クレジットと交換してスキャルピングの資金にできます。

未入金の口座へクレジットを付与できるため、自己資金なしのゼロリスクでハイレバレッジ取引も可能です。

XMのボーナスキャンペーン

XMTradingでは新規口座開設をするだけで取引に使える13,000円分のボーナスを配布中

通常3,000円のボーナスが大幅に増額されている今がチャンスです。

ボーナス自体の出金はできませんが、ボーナスを使って稼いだ利益は無制限に出金可能

さらに!入金額に応じて最大10,500ドル(約130万円)のボーナスがもらえる入金ボーナスキャンペーンも。
※対象はスタンダード口座、マイクロ口座のみ

資金2倍ボーナスを活用してFXトレードを有利に進めましょう!

\海外FXで人気No.1!/

※公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

>>>XMのボーナスの詳細はこちら

取引コストを抑えたい方:ThreeTrader

取引コストを抑えてスキャルピングをしたい方には「ThreeTrader(スリートレーダー)」がおすすめです。

ThreeTraderは、格安の取引手数料で市場に直結の超低スプレッドで取引できるNDD ECN方式を採用しています。

口座タイプIronFX
アブソルートゼロ口座
(平均スプレッド
+片道取引手数料)
ThreeTrader
Rawゼロ口座
(平均スプレッド
+片道取引手数料)
USDJPY
米ドル/日本円
0.8pips0.3pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
0.8pips0.2pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
0.8pips0.5pips
USDCHF
米ドル/スイスフラン
0.8pips0.5pips
XAUUSD
ゴールド
1.0pips0.8pips
低スプレッド口座で比較

ThreeTraderのRawゼロ口座は、IronFXのアブソルートゼロ口座と比べても非常に狭いスプレッドでスキャルピングが可能です。

取引手数料に関しても、アブソルートゼロ口座の半額、1ロット当たり2.5ドル相当なので、低コストで取引できます。

ThreeTraderの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にThreeTraderを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:ThreeTraderの評判・口コミまとめ

約定力を重視したい方:AXIORY

スキャルピングのトレード環境では、何より約定力を重視したいといった方には「AXIORY(アキシオリー)」がおすすめです。

AXIORYは、約定実績を公開しており、大口取引に向いています。

約定実績の開示
お客様への情報開示を常に心がけ、公平で透明性の高いトレード環境を提供すべく、前月のMT4の全ての注文約定実績(約定スピード、スリッページ率と時間ごとのスプレッド)を開示しています。
トレーダーの皆様に、いかに安定した環境を提供することができるか、1/1,000秒の実行スピードにこだわり、日々進化し続けています。

引用:AXIORY「約定率

AXIORYの約定率は、業界で最も高い99.99%です。

約定力が高いため、1度に1,000ロットの同時発注が行えます。

例えば、他社でスキャルピングをする際は、複数回に分けてエントリーする手間があった方でも、AXIORYなら一度のエントリーで済み、取引機会を逃すことはありません。

AXIORYの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にAXIORYを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:AXIORYの評判・口コミまとめ

IronFXでスキャルピングをする際の注意点

ここでは、IronFX(アイアンエフエックス)でスキャルピングをする際の注意点を4つご紹介します。

レバレッジ制限や提示スプレッドなど、スキャルピングに関する注意点をみてみましょう。

21時以降の経済指標はレバレッジ制限がある

IronFXでは、以下の取引時間を対象に口座の最大レバレッジが100倍に制限されます。

  • 夏時間:土曜日の午前3時~午前6時(日本時間)
  • 冬時間:土曜日の午前4時~午前7時(日本時間)

レバレッジ制限は、新規注文だけでなく保有中のポジションにも適用されます。

レバレッジ制限の時間帯でスキャルピングを行う際は、ロット数を下げて行うか・取引自体を控えましょう。

取引する時間帯によるボラティリティの変動

スキャルピングを行う際は、取引する時間帯によって起こるボラティリティの変動に注意しましょう。

なぜなら、取引する時間帯によってメインとなる市場が変わり、ボラティリティの傾向や取引が活発な通貨が異なるからです。

時間帯(日本時間)メイン市場活発に動く通貨
午前8時~午後3時東京市場JPY(日本円)
SGD(シンガポールドル)
AUD(豪ドル)
午後4時~翌午前1時ロンドン市場EUR(ユーロ)
GBP(ポンド)
午後9時~翌午前6時ニューヨーク市場USD(米ドル)
時間帯別のメイン市場と通貨

ロンドン市場とニューヨーク市場は、世界的にみても取引量が多く、ボラティリティも高まりやすい傾向があります。

特に日本時間で午後9時から翌午前1時にかけては、特に取引量が多くなり、値動きも大きくなりやすいです。

スキャルピングを行う際は、ボラティリティの大きい相場の方が、利益幅も確保しやすく取引効率が良くなります。

固定スプレッドが適用される時間が決まっている

IronFXでは、ボーナス専用ライブ口座(スタンダード・プレミアム・VIP)で固定スプレッドが選択できます。

固定スプレッドでは、一定のスプレッドが維持されるため、固定された取引コストでトレードが可能です。

ただし、固定スプレッド口座は、日本時間で午前6時から9時まで、最小スプレッドが3pipsに拡大し、変動制スプレッドが適用されるため注意しましょう。

経済指標・要人発言の発表時はスプレッドが広がりやすい

経済指標や要人発言の発表時は、IronFXに限らずスプレッドが広がりやすくなります。

重要な経済指標が発表される前後では、リスクを避けるためにポジションを決済したい、発表に合わせて取引したいなど、様々な思惑で注文が多くなるからです。

価格の変動が激しくなれば、スプレッドも広がりやすくなります。

IronFXのスキャルピングに関するよくある質問

スキャルピングとは何ですか?

スキャルピングとは、数秒から数分単位で注文から決済までを完了する短い期間で行う取引方法です。

IronFXの出金方法は何がありますか?

IronFXが対応している出金方法は以下の通りです。

出金方法出金手数料着金目安
クレジットカード
デビットカード
無料1カ月
Bitwallet
(ビットウォレット)
無料1営業日
海外銀行送金無料3営業日
仮想通貨無料3営業日
IronFXの出金方法
IronFXでスキャルピングにおすすめの口座タイプは?

IronFXでスキャルピングにおすすめの口座タイプは「アブソルートゼロ口座」です。1ロット当たり片道5ドル相当の取引手数料で、スタンダード口座より狭いスプレッドでスキャルピングができます。

IronFXでスキャルピングに禁止事項はありますか?

IronFXではスキャルピングに禁止事項はありません。ただし、複数口座の両建ては禁止されているため、同一銘柄を対象に複数口座で自動売買によるスキャルピングは控えましょう。意図せず複数口座の両建てが行われる可能性があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次