【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

Exnessのゼロ口座|スプレッドの特徴・手数料計算・デメリットを解説

Exnessのゼロ口座|スプレッドの特徴・手数料計算・デメリットを解説

Exness(エクスネス)のゼロ口座では、取引時間の95%の時間帯で主要通貨ペア30銘柄がゼロスプレッドで固定されます。

海外FXでは、時間とともにスプレッドが変動するため、特にスキャルピングにおける口座選びの条件として重要です。

この記事では、スキャルピングと大口取引におすすめのゼロ口座の詳細を解説し、事前に知っておきたいデメリットや注意点も説明します。

口座開設がまだ済んでいなければ「Exnessの口座開設方法と手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。画像の手順通りに進めるだけで迷わずExnessで取引が始められます。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

全ての口座タイプの比較については、「Exnessの口座タイプ5種類を比較」の記事をご覧ください。各口座の特徴やおすすめのトレードスタイルを解説しています。

目次

Exnessのゼロ口座の取引条件

Exness(エクスネス)のゼロ口座の取引条件は以下の通りです。

口座タイプゼロ口座
約定方式成行約定
(NDD Market Execution)
通常スプレッド変動制
(0.0 pip~)
固定スプレッド30銘柄:0pip
(95%の時間帯)
取引手数料変動手数料
(往復0.4ドル~/ロット)
最大レバレッジ無制限
ゼロカットあり
ロスカット0%
スキャルピングの制限なし
EAの制限なし
最小ロット数0.01ロット
最大ロット数200ロット
最大ポジション数無制限
初回入金額1,000USD相当
注文単位1ロット:100,000通貨
取扱商品FX通貨ペア
仮想通貨CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
株式CFD
株価指数CFD
取引ツールMT4、MT5、
Exnessトレードアプリ
Exnessのゼロ口座の取引条件

数ある海外FX業者の中でも、主要通貨ペアを中心に30銘柄もゼロスプレッドで固定するのはExnessのゼロ口座だけでしょう。

流動性が高くてスキャルピングに適しているユーロドルやドル円をはじめ、人気のゴールドやポンドもスプレッドがゼロになります。

まずは、ゼロ口座を利用するメリットとデメリットから確認しましょう。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessのゼロ口座のメリット

Exness(エクスネス)のゼロ口座のメリットを紹介します。

ゼロスプレッドのほか、大きな注文が通りやすいことにも注目です。

ゴールドなど30銘柄がゼロスプレッド

ゼロ口座はExnessで5種類ある口座タイプの中で唯一、取引時間の95%の時間帯で30銘柄がゼロスプレッドで固定されます。

ゼロスプレッド銘柄の一部

USD/JPY、EUR/USD、EUR/JPY、GBP/USD、GBP/JPY、AUDUSD、AUDJPY、NZDUSD、NZDJPY、XAU/USD、その他20銘柄

流動性が高いドルストレートとそのクロス円が対象になるので、スキャルピングの銘柄選びに困りません。

デイトレーダーにも人気のゴールドやポンド円も対象です。ロンドン~ニューヨーク市場であれば、一日で大きな値幅が狙えます。

ゼロ口座であれば、変動スプレッドのコストを気にすることなくスキャルピングに集中できます。

海外FXの変動スプレッドとは?
海外FX業者は、通常、時間経過とともにスプレッドが変わる変動スプレッド方式を採用しています。同じ銘柄であっても、時間帯によってスプレッド分のコストが増減します。

リクオートと約定拒否が起きにくい

ゼロ口座で注文すると自動でカバー先に流れるので、大きなロット数であってもリクオートや約定拒否が起きにくいです。

カバー先とは、Exnessと取引する金融機関のことです。一般的に、欧米の投資銀行や大手証券会社が海外FX業者のカバー先となっています。

トレーダー ⇄ Exness ⇄ カバー先
⇄注文

トレーダーからの注文をExnessで処理せずにカバー先に流すことは、成行約定(Market Execution)と呼ばれます。

Exnessは複数の金融機関と提携しているため、大きなロットで注文しても取りこぼしなく約定させられます。

大口注文を1回で約定できる

ゼロ口座の成行約定は、トレーダーからの注文を自動で複数のカバー先に流しています。カバー先では、Exnessのトレーダーからの注文を相殺するために十分すぎる量の取引が行われています。

Exnessは、1回の注文につき最大200ロット(2,000万通貨)まで受け付けています。日本時間の早朝など流動性が低い時間帯を除き、相当数の注文を1回で約定できるでしょう。

大口注文とは?
日本の証券会社は、5,000万円以上の取引を大口と呼んでいます。ドル円が150円のとき、約3.3ロット(33万通貨)です。なお、海外FXでは大口に定義はありません。

レバレッジ無制限のハイレバスキャルができる

Exnessは無制限レバレッジが使える数少ない海外FX業者です。

ゼロ口座なら、主要通貨ペアをゼロスプレッドのままハイレバスキャルできます。

手数料はユーロドルとドル円が往復7ドル/ロットなので、0.7pips分の値幅がとれたらプラス収支です。

その他、ボラティリティが高いゴールドやビットコインもゼロスプレッドになります。

取引手数料が安い人気銘柄をハイレバスキャルの対象にしてみてください。

無制限レバレッジを使用するための条件やルールは、以下の記事を参考にしてください。
関連記事:Exnessのレバレッジ規制、制限・ルールの詳細 

スキャルピングを禁止していない

Exnessは裁量トレードとEA(自動売買)ともに、スキャルピングを禁止していません。

海外FX業者の中には、サーバーへの負担を軽減するため、特にスキャルピングEAの運用を制限するものもあります。

一方でゼロ口座なら、ゼロスプレッドに固定される時間帯を狙ったスキャルピングにより、パフォーマンスを安定させやすくなります。

ゼロ口座をはじめ、Exnessをスキャルピングでおすすめする理由は、以下の記事を参考にしてください。ハイレバレッジを活かした手法やスキャルピングにおける注意点もまとめています。
関連記事:【総括】ExnessはスキャルピングOK!

仮想通貨などもゼロスプレッド

ゼロ口座のゼロスプレッドは、ゴールドや主要通貨ペアに限定されていません。

仮想通貨ならビットコインやイーサリアム、株ならテスラ、株価指数ならS&P500など、Exnessはいま人気の銘柄の平均スプレッドをゼロスプレッドにしてくれます(2023年9月付)。

銘柄平均スプレッド(pip)手数料(ドル)
(往復1ロット)
BTCUSD
(ビットコイン/ドル)
011.5
ETHUSD
(イーサリアム/ドル)
01.25
TSLA
(テスラ)
06.54
US500
(S&P500)
01.0
人気銘柄の平均スプレッドと手数料(2023年9月付)

特に、トレーダーに人気のビットコインはスプレッドの変動幅が大きく、業者によってはエントリーした時点で大幅なマイナスとなることも少なくありません。

その点Exnessのビットコイン・イーサリアムFXはほとんどの時間でスプレッドが0に固定されているため、安心してエントリーできます。

時間帯によってはスプレッドが生じることと、時期によってゼロスプレッドの対象銘柄が変わることだけ忘れないようにして、ゼロスプレッドを活用してみてください。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessのゼロ口座のデメリット

続いて、Exness(エクスネス)のゼロ口座のデメリットを確認します。

銘柄ごとで取引手数料が異なる

ゼロ口座のデメリットは、銘柄ごとで取引手数料が異なることです。

高額な手数料の銘柄があるので、複数の銘柄をトレードする方は必ず確認してください。

また、海外FXの変動スプレッドのように、Exnessのゼロ口座は変動手数料を採用しています。

往復0.4ドル/ロット~となり銘柄ごとで固定されていますが、調整が入ることを考慮して、定期的に確認しましょう。

スリッページが発生する

2つ目のデメリットは、スリッページが発生することです。

スリッページとは:トレーダーが注文した価格と約定した価格の金額差

ゼロ口座の成行約定(Market Execution)は、トレーダーからの注文をカバー先に流して約定させるので、ほぼ確実に売買を成立させる代わりにスリッページを許す仕組みです。

トレーダー → ① → Exness  カバー先

トレーダーからの注文(①)に対して、その価格と数量を十分に満たす反対の注文()がない場合にスリッページが発生します。

Exnessには、スリッページが発生しにくいプロ口座があります。小さなロット数でスキャルピングする方にとっては、ゼロ口座よりも高いパフォーマンスが期待できます。
関連記事:Exnessのプロ口座|利用条件まとめ

初回最低入金額が1,000USD相当

3つ目のデメリットは、ゼロ口座でトレードを始めるには1,000USD相当の入金が必要なことです。

日本円にして15万円相当が必要なため、特に海外FXが初めての方は、海外口座へ送金する際に抵抗を感じてしまうでしょう。

Exnessでは、初心者の方が気軽に海外FXへ挑戦できるように、10ドル相当の入金でスタートできるスタンダード口座を用意しています。

取引手数料が無料でコストの計算がしやすく、無制限レバレッジを含めてExnessの全てのサービスを体験できます。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessには5種類の口座タイプがあり、それぞれに異なる特徴があります。トレードスタイル別におすすめの口座タイプをまとめたので参考にしてください。
関連記事:Exnessの口座タイプ5種類を比較

Exnessのゼロ口座のスプレッドと手数料一覧

Exness(エクスネス)のゼロ口座でトレードできる6商品の平均スプレッドと取引手数料を一覧表にしました。

ゼロ口座のFX通貨ペアのスプレッドと手数料一覧

Exnessには3種類の通貨ペアがあり、流動性は以下の通りです。

流動性の高さ
  1. メジャー通貨ペア
  2. マイナー通貨ペア
  3. エキゾチック通貨ペア

スキャルピングであれば、流動性が高いメジャー通貨ペアがおすすめです。

流動性とは?
取引がどれくらい行われているかを表す度合いです。流動性が高いと言った場合、市場に買い注文と売り注文がたくさんあるため、希望の価格と数量で約定しやすくなります。

メジャー通貨ペアのスプレッドと手数料一覧

メジャー通貨ペアの全銘柄の平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
AUDUSD010
EURUSD07
GBPUSD09
NZDUSD013
USDCAD010
USDCHF0.19
USDJPY07
ゼロ口座のメジャー通貨ペアの平均スプレッドと手数料一覧

上記に加えて、ドルインデックス(DXY)も取り扱われています。売買のほか、米ドルの総合的な強さを測る指標としても活用できます。

ドルインデックスとは?
米ドル(USD)の相対的な価値を示す指数です。DXYは日本円・ユーロ・英ポンド・スイスフラン・カナダドル・スウェーデンクローネに対する米ドルの価値を指数化しています。

マイナー通貨ペアのスプレッドと手数料一覧

マイナー通貨ペアのクロス円における平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
AUDJPY09
CADJPY0.710
CHFJPY0.210
EURJPY010
GBPJPY015
HKDJPY0.68
NZDJPY0.215
ゼロ口座のマイナー通貨ペアの平均スプレッドと手数料一覧

エキゾチック通貨ペアのスプレッドと手数料一覧

エキゾチック通貨ペアのクロス円、および一部の高金利通貨(MXN・ZAR)ペアの平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
DKKJPY0.68
MXNJPY11.17
NOKJPY075
SEKJPY385
SGDJPY1.99
USDMXN109.415
USDZAR16.248
ZARJPY0.47
ゼロ口座のエキゾチック通貨ペアの平均スプレッドと手数料一覧

2023年9月現在、三大高金利通貨のメキシコペソ(MXN)と南アフリカランド(ZAR)の通貨ペアにプラスのスワップポイントがつきません。また、トルコリラ(TRY)を取り扱っていません。

ゼロ口座の仮想通貨CFDのスプレッドと手数料一覧

仮想通貨CFDのビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
BTCAUD015.38
BTCCNH025.3
BTCJPY9.610
BTCKRW1039.115
BTCTHB090.36
BTCUSD011.5
BTCXAG079.96
BTCXAU012.82
BTCZAR062.56
ETHUSD01.25
ゼロ口座の仮想通貨CFDの平均スプレッドと手数料一覧

ゼロ口座では、ビットコインとイーサリアムのドル建てがスワップフリーで、その他の銘柄は優待スワップフリーです。

優待スワップフリーとは:取引量など一定の条件(非公開)を満たすことでスワップフリーが適用されるExness独自のサービスです。

ゼロ口座の貴金属CFDのスプレッドと手数料一覧

貴金属CFDのゴールド(XAU)とシルバー(XAG)の平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
XAUAUD166.848
XAUEUR141.131
XAUGBP143.631
XAUUSD016
XAGAUD0170
XAGEUR0170
XAGGBP0170
XAGUSD0.1100
ゼロ口座の貴金属CFDの平均スプレッドと手数料一覧

ゼロ口座ではゴールドとシルバーの他、アルミニウム・銅・ニッケル・鉛・亜鉛をドル建てでトレードできます。

なお「海外FXのゴールドの取引環境を比較した結果」において、Exnessで取引するメリットを紹介しています。

ゼロ口座のエネルギーCFDののスプレッドと手数料一覧

エネルギーCFDの全銘柄の平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
UKOIL0.765
USOIL030
XNGUSD1070
ゼロ口座のエネルギーCFDの平均スプレッドと手数料一覧

ゼロ口座の株式CFDのスプレッドと手数料一覧

株式CFDの平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。米国市場に上場する、時価総額が大きい上位10銘柄となります。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
AAPL0.32.1
MSFT0.17.2
AMZN0.23.6
NVDA1.03.0
TSLA06.54
GOOGL0.15.4
META0.68.4
LLY2.43.94
UNH022
XOM07.2
ゼロ口座の株式CFDのスプレッドと手数料一覧

ゼロ口座では、株式CFDの全銘柄がスワップフリーです。マグニフィセント・セブン(GAFAM+NT)など、世界を代表する企業の長期保有に適しています。

マグニフィセント・セブンとは:GAFAM(グーグル、アップル、メタ(旧フェイスブック)、アマゾン、マイクロソフト)に、NT(エヌビディア、テスラ)を加えた7銘柄です。

ゼロ口座の株価指数CFDのスプレッドと手数料一覧

株価指数CFDの全銘柄の平均スプレッドと取引手数料は以下の通りです。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
AUS20013.21.3
DE3004.5
FR402.41.8
HK5002.8
JP22500.1
STOXX5024.51.0
UK10013.12.5
US300.54
US50001.0
USTEC3.52.5
ゼロ口座の株価指数CFDの平均スプレッドと手数料一覧

日本の午前にスキャルピングしやすい銘柄を探している方には、JP225(日経平均株価)がおすすめです。東京証券取引所が開いているため、流動性が保たれやすいです。

Exnessの他の口座タイプや海外FX業者とのスプレッドの比較は、以下の記事を参考にしてください。
関連記事:Exnessのスプレッド一覧

Exnessのゼロ口座をおすすめするトレーダー

Exness(エクスネス)のゼロ口座がどんなトレーダーにおすすめかを紹介します。

主要通貨ペアのハイレバスキャルパー

短期間で少ない資金を一気に増やしたい方には、ゼロ口座がおすすめです。ハイレバレッジをかけたスキャルピングで稼ぎやすい条件が揃っています。

ゼロ口座で一気に稼ぐ方法
  • 流動性が高いゴールドや主要通貨ペアを選ぶ
  • ゼロスプレッドに固定されたタイミングを狙う
  • 大きなロット数で売買を回転させる

Exnessを代表するサービス「無制限レバレッジ」を使用するための条件やルールは、以下の記事を参考にしてください。
関連記事:Exnessのレバレッジ規制、制限・ルールの詳細 

こちらでは、スキャルピングにおける固定スプレッドのメリットを確認するため、他の海外FX業者とドル円(1ドル=150円)における取引コストを比較します。

FX業者手数料
スプレッド
取引コスト
Exness
ゼロ口座
7ドル
0 pip
1,050円
なし
A業者6ドル
0 pip~
900円
+スプレッド分
B業者5ドル
0.1 pip~
750円
+100円(0.1pip分)
+スプレッド分
ゼロ口座と海外FX業者の取引コスト比較

スプレッド(pip)を日本円にするため、次のことを覚えてしまいましょう。

スプレッドを日本円にする計算
  • ドル円を1ロット(100,000通貨)取引した場合、1pipのスプレッドコストは1,000円です。
  • 1pipは0.01円なので「0.01円 × 100,000通貨 = 1,000円」と計算します。

A業者はゼロ口座よりも手数料が150円安いものの、海外FXは変動スプレッドなので、150円を超えるスプレッドコストが足されてしまうでしょう。

B業者はゼロ口座よりも手数料が2ドルも安いので一見お得に見えますが、スプレッド分を考えるとゼロ口座よりもコスト負担が大きくなりそうです。

つまり、ゼロ口座ではスプレッドが固定されているため、コスト計算が簡単になり、変動スプレッドを気にしない分だけトレードに集中できます。

ゼロ口座の手数料7ドル/ロットは、ドル円のスプレッド1pip相当です。勝ったときの平均利幅が1pipを超えている方は、ゼロ口座のハイレバレッジを活用して一気に稼いでいきましょう。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

数百万通貨を売買したい大口トレーダー

Exnessが1回あたり最大200ロット(2,000万通貨)もの注文を受け付けているのは、ゼロ口座に採用されている成行約定のおかげです。

カバー先の金融機関から提供される流動性の下で、リクオートがほぼ発生せずに約定されます。

トレーダー ⇄ Exness ⇄ カバー先
⇄注文

カバー先としては、欧米の大手投資銀行をはじめとする有名な金融機関と提携することが一般的です。

流動性が高いロンドンやニューヨーク市場に焦点を当て、大口取引に有利な環境を活用していきましょう。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessのゼロ口座の口座開設手順

Exness(エクスネス)でゼロ口座を開設する手順を説明します。

ゼロ口座を開設するための4つの手順
  • 新規会員登録の申請
  • 本取引口座を選択
  • 取引プラットフォームの選択
  • 口座開設完了

Exnessで口座開設すると、下図のように後から他の口座タイプを追加で口座開設できるようになります。

Exnessのゼロ口座の口座開設

1つのアカウントにつきMT4で100口座、MT5で100口座、合計で200口座まで開設できます。

これにより、トレードスタイルに合わせた口座の使い分けが可能で、資金の管理が簡単になります。

ただし、口座開設だけでは利益の出金や入金額などが制限されています。

口座有効化の手続きをすることで制限が解除されるので、手続きの詳細は「Exnessの口座開設方法と手順」を参考にしてください。

Exnessのゼロ口座の手数料を計算する

Exness(エクスネス)のゼロ口座の手数料を計算する方法を説明します。

取引コストとは、一般的にスプレッド分と取引手数料を合計したコストを意味します。

Exnessでは、取引ツールのMT4/MT5が取引コストを日本円に換算(*1)して、証拠金から自動で差し引きます。
(*1)口座開設のときに、口座通貨を日本円に指定した場合です。

こちらでは、単位が異なるスプレッド(pips)を取引手数料と同じ単位(円)に換算する方法を説明します。

ゼロ口座の取引コストの計算方法

まずは、ゼロ口座の取引コストの内訳を確認しましょう。

取引コストの内訳(※)

取引コスト(円)= スプレッド(pips)+ 取引手数料(円)

計算式より、スプレッドのpipsを円に換算すれば取引コストが算出されます。

ドル円などクロス円については、スプレッドを円に換算するために2つのことを覚えましょう。

  • スプレッド1pipは0.01円と同じ
  • 海外FXの1ロットは100,000通貨

ドル円を1ロット取引したとき、1pipのスプレッドコストは次の通りです。

0.01円 × 100,000通貨 = 1,000円

また、スプレッド2pipsのスプレッドコストは「0.02円 × 100,000通貨 = 2,000円」になります。

スプレッドが変わっても、取引コストの内訳(※)に当てはめて計算するだけです。

続いて、ユーロドルなどのドルストレートは、次のことを覚えましょう。

スプレッド1pipは0.0001ドルと同じ

ユーロドルを1ロット取引したとき、1pipのスプレッドコストは次の通りです。

0.0001ドル × 100,000通貨 = 10ドル

10ドルから日本円に換算するには、そのときのドル円のレートを適用します。今回は150円にして計算します。

10ドル × 150円 = 1,500円

例として、1ロットのユーロドルをトレードしたとき、スプレッドが2pipsで取引手数料が7ドル/ロットの取引コストを計算します。

取引コストの内訳(※): スプレッド(pips)+ 取引手数料(円)

⇔ 取引コスト(円)=(1,500円 × 2)+(7ドル × 150円)= 4,050円

スプレッドが変わっても、取引コストの内訳(※)に当てはめて計算するだけです。

MT4/MT5ではこのような計算を経て、ゼロ口座の証拠金から自動で取引コストが差し引かれます。

口座タイプごとの取引コストを比較

ゼロ口座と3つの口座タイプで、ドル円とユーロドルの取引コストを比較します。いずれもドル円のレートは150円です。

まずはドル円の取引コストを比較します。

口座タイプ平均スプレッド
取引手数料
取引コスト
ゼロ口座0 pip
7ドル
1,050円
プロ口座0.7 pips
無料
700円
ロースプレッド口座0 pip
7ドル
1,050円
スタンダード口座1.1 pips
無料
1,100円
ドル円の取引コスト比較

ゼロ口座とロースプレッド口座はドルベースの手数料が付くため、円安が進むと円換算した際の取引コストが高くなります。

続いて、ユーロドルの取引コストを比較します。

口座タイプ平均スプレッド
取引手数料
取引コスト
ゼロ口座0 pip
7ドル
1,050円
プロ口座0.6 pips
無料
900円
ロースプレッド口座0 pip
7ドル
1,050円
スタンダード口座1 pip
無料
1,500円
ユーロドルの取引コスト比較

取引コストが最も安いプロ口座は、ゼロ口座よりも主要銘柄のスプレッドの変動率が高いため、トレード前にはリアルタイムスプレッドを確認しましょう。

プロ口座は小口取引のスキャルピングにおすすめです。取引手数料が無料で、スプレッドは0.1pip~となります。
関連記事:Exnessのプロ口座|利用条件まとめ

Exnessのゼロ口座の注意点

Exness(エクスネス)のゼロ口座の注意点を確認しましょう。

新規注文時に往復手数料が発生する

ゼロ口座で新規に注文すると、MT4/MT5のチャートの下(*1)に往復の手数料が米ドル(USD)で表示されます。
(*1)MT4ではターミナル、MT5ではツールボックスと呼ばれています。

ドル円であれば片道3.5ドルですが、新規に注文した時点で売却したときの手数料をプラスした往復分が表示されます。

保有ポジションを決済したときに口座通貨に換算されて、口座残高から差し引かれます。

サフィックスが表示される

ゼロ口座では、銘柄の末尾にサフィックスの「z」が付いています。

サフィックスとは:どの口座タイプの銘柄を取引しているのかを一目で判断するための目印です。

プロ口座とロースプレッド口座にはサフィックスがなく、スタンダード口座には「m」が付きます。

ゼロ口座のサフィックス

ゼロ口座にログインしていれば、サフィックス「z」が付いていない銘柄を注文できない仕様(灰色の銘柄)です。

取引できる銘柄数が少ない

Exnessのゼロ口座は、プロ/スタンダード口座よりもマイナー/エキゾチック通貨ペアで取引できる銘柄数が少ないです。

取引ツールのMT5を使用したときにトレードできる銘柄数は以下の通りです。

商品名ゼロプロ/スタンダード口座
FX通貨ペア7295
仮想通貨CFD3334
貴金属CFD810
エネルギーCFD33
株式CFD9898
株価指数CFD1011
合計224251
MT5で取引できる銘柄数の比較

FX通貨ペア以外の商品には大きな差がありません。マイナー/エキゾチック通貨ペアを取引する方は注意しましょう。

必ず手数料とスプレッドを確認

4つ目の注意点は、必ず手数料とスプレッドをセットで確認することです。

クロス円もゼロスプレッドで固定されますが、取引手数料が高めなので、取引コスト(スプレッド + 手数料)は他業者と同じ水準です。

また、エキゾチック通貨ペアの中にはゼロスプレッドの一方で、取引手数料が数百ドルかかる銘柄があります。

銘柄平均スプレッド
(pips)
手数料(ドル)
(往復1ロット)
EURJPY010
GBPJPY015
GBPSEK0600
Exnessのゼロ口座の平均スプレッドと手数料

Exnessのゼロ口座の取引コストは、ドルストレートが安くなり、その他は業界水準に近いと言えます。

スプレッドは相場に応じて変動し、取引手数料は調整されることがあるため、正確な取引コストはトレード直前に計算する必要があります。

無制限レバレッジは999ドルまで

少ない資金でトレードする方への注意点は、無制限レバレッジには有効証拠金999ドルまでの上限があることです。

有効証拠金とは:口座残高に含み益と含み損を加えた証拠金残高です。

ゼロ口座のゼロスプレッドと無制限レバレッジでハイレバスキャルをする予定の方は注意しましょう。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

無制限レバレッジを使用するための条件やルールは、以下の記事を参考にしてください。
関連記事:Exnessのレバレッジ規制、制限・ルールの詳細 

Exnessのゼロ口座に関するよくある質問

Exnessのゼロ口座に関するよくある質問と回答をまとめたので参考にしてください。

Exnessのゼロ口座とプロ口座の違いは?

Exnessのゼロ口座とプロ口座の違いは、スプレッド、取引手数料、約定方式です。

Exnessのゼロ口座とロースプレッド口座の違いは?

Exnessのゼロ口座とロースプレッド口座の違いは、スプレッドと取引手数料です。

Exnessのゼロ口座の初回入金額はいくら?

Exnessのゼロ口座の初回入金額は、1,000USD相当(15万円相当)です。

Exnessのゼロ口座のデメリットは?

Exnessのゼロ口座のデメリットは、銘柄ごとで取引手数料が異なること、スリッページが発生すること、初回入金額が1,000USD相当必要なことです。

Exnessのゼロ口座の取引手数料はいくら?

Exnessのゼロ口座の取引手数料は銘柄によって異なるので、「Exnessのゼロ口座のスプレッドと手数料一覧」を参考にしてください。

Exnessのゼロ口座のスプレッドは?

Exnessのゼロ口座のスプレッドは、変動スプレッド方式のため銘柄によって異なりますが、主要通貨ペア30銘柄は、取引時間の95%の時間帯でゼロスプレッドに固定されます。

Exnessのゼロ口座のゴールドのスプレッドは?

Exnessのゼロ口座のゴールド(XAU)の平均スプレッドは、XAUUSDが0pipです。XAUAUD・XAUEUR・XAUGBPは140~170pipsです。

Exnessのゼロ口座のゴールドはスワップフリー?

Exnessのゼロ口座のゴールドは、通常スワップフリーではありません。ただし、ドル建てのXAUUSDは非公開の一定の条件を満たすことでスワップフリーが適用されます。

Exnessのゼロ口座のゴールドの取引手数料はいくら?

Exnessのゼロ口座のゴールド(XAUUSD)の取引手数料は、1ロットあたり往復16ドルです。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次