【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

Exness(エクスネス)のゴールド取引条件や制限ルールまとめ

Exnessのゴールド取引条件|レバレッジや取引時間、スプレッド比較まとめ

Exnessのゴールド取引は、海外FX業界でいま一番注目度の高い業者と銘柄の組み合わせになっています。

レバレッジ無制限のハイレバとポンドを凌ぐボラティリティの高さで、短期間で高い利益を稼ぐのにこれほど適した環境はありません。

ただし、その分リスク管理の重要性も高いのが特徴です。

この記事ではExnessのゴールドの取引環境や制限ルールをまとめ、Exnessのゴールドで少額からでも利益を稼ぐコツも解説していきます。

むやみに利益を狙って資金を失うことのないようしっかりチェックしておきましょう!

口座開設がまだ済んでいなければ「Exnessの口座開設方法と手順」に沿って、取引のための口座を開いた上でこの記事に戻ってきてください。画像の手順通りに進めるだけで迷わずExnessで取引が始められます。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessって実際どうなの?という方は「Exness(エクスネス)の評判・口コミまとめ」の記事を参考にしてください。実際にExnessを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。

目次

Exness(エクスネス)のゴールド取引条件

ここでは、Exness(エクスネス)のゴールドの取引条件について以下5つのポイントでご紹介します。

Exnessのゴールドは、無制限レバレッジや低スプレッドな口座タイプを始めとする優れた取引環境が特徴です。

取引条件XAU/USD
(ゴールド)
スプレッド
(スタンダード口座)
2.0pips
スプレッド
(プロ口座)
1.25pips
ロングスワップ−35
ショートスワップ−2.6
最大レバレッジ無制限
Exnessのゴールドの取引条件

Exnessのゴールド:取扱銘柄

まず、他の海外FX業者とExnessのゴールドの違いとして、取扱銘柄の種類が豊富なことが挙げられます。

エクスネスでは以下の通貨との組み合わせでゴールドが取引できます。

シンボル銘柄
XAU/USDゴールド/米ドル
XAU/EURゴールド/ユーロ
XAU/GBPゴールド/ポンド
XAU/AUDゴールド/オーストラリアドル
ゴールドのクロスペア

海外FXで最も一般的なのは米ドルとの組み合わせの「XAUUSD(ゴールド/米ドル)」です。

取引量が世界的に多いため、他のペアと比べると圧倒的にスプレッドが狭く安定しています

Exnessでゴールドを取引するならXAUUSDがおすすめです。

ここからのゴールドの取引条件は基本的に「XAUUSD」に関しての情報を記述しています。

Exnessのゴールド:スプレッド

Exnessのゴールド(XAU/USD)のスプレッドは、各口座タイプでそれぞれ以下の通りです。

手数料が発生するプロ口座とロースプレッド口座は、スプレッドと取引手数料を合算した数値を示しています

口座タイプ平均スプレッド
(スプレッド+往復取引手数料)
スタンダード口座2.0pips
スタンダードセント口座2.0pips
プロ口座1.25pips
ロースプレッド口座7.0pips
(6.3+$7)
ゼロ口座1.6pips
(0+$16)
口座タイプ別のスプレッド

Exnessでは、スタンダード口座とスタンダードセント口座に関しては、ゴールドのスプレッドは共通です。

その他のプロ向け口座タイプに関しては、取引手数料とスプレッドを合計したトータルコストで比較する必要があります。

スクロールできます
口座タイプ合計コスト(往復)取引手数料スプレッド
プロ口座1.25pips無料1.25pips
ロースプレッド口座7.0pips
(6.3+$7)
1ロット/往復7ドル
(0.7pips)
6.3pips
ゼロ口座1.6pips
(0+$16)
1ロット/往復16ドル
(1.6pips)
0pips~
プロ向け口座の取引コスト

ゴールドを最も狭いコストで取引したい場合は「ゼロ口座」を選びましょう。
ただし、プロ向けの3口座タイプでは初回最低入金額が1,000ドル(約14万円)必要になります。資金が足りない場合は、一度「スタンダード口座」で資金を作ってからプロ向け口座に移行する方法もあります。

スプレッドや取引手数料は通貨ペア・銘柄によって変わるものもあるので、他の銘柄についてはExnessのスプレッド一覧をご覧ください。

Exnessのゴールド:取引時間

Exnessのゴールドの取引時間は、それぞれ日本時間で以下の通りとなります。

  • 夏時間:月曜日07:05~土曜日05:59(休止時間05:59~07:01)
  • 冬時間:月曜日08:05~土曜日06:59(休止時間06:59~08:01)

※夏時間は3月第2日曜日(米国時間)から、冬時間は11月第1日曜日(米国時間)から

基本的にFX通貨ペアの取引と同様に、月曜日の朝から土曜日の朝まで取引ができて、週末は閉場しています。

Exnessのゴールドの取引時間では、毎営業日で2分間の休止時間があることに注意しましょう。

休止時間では、チャートの更新が止まり、新規注文の受付が停止します。

Exnessのゴールド:レバレッジ

Exnessではゴールドの取引でもレバレッジ無制限が利用できます。

ただし、Exnessのレバレッジ無制限を解放するには口座開設後に以下の条件をクリアする必要があります。

Exnessの無制限レバレッジ利用条件
  • 口座残高が1,000ドル相当未満
  • リアル口座で最低10回の取引実績
  • リアル口座で合計5ロット以上の取引実績

無制限レバレッジの条件を満たしていない場合は、ゴールドの最大レバレッジは2,000倍です。

Exnessのレバレッジ無制限を口座開設してすぐに使えるようにする方法は別記事にまとめています。

本記事執筆時点のゴールドの価格では、最大2,000倍レバレッジ・無制限レバレッジの必要証拠金目安は以下の通りになります。

ロット数最大2000倍の場合無制限(21億倍)の場合
1ロット14,269円0.01円
0.1ロット1,427円0.001円
0.01ロット143円0.0001円
ゴールドの必要証拠金目安

無制限レバレッジならほとんど証拠金がなくてもエントリーできますが、スプレッド分のコストを考慮して証拠金を保有する必要があります。

例えばスプレッド2.0pipsのスタンダード口座で1ロットのエントリーをしたいなら、最低でも約3,000円の証拠金が必要になります。

Exnessの最大レバレッジに関する詳しいは内容は下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

あわせて読みたい

Exnessのゴールド:スワップポイント

Exnessのゴールドのスワップポイントは以下の通りです。

  • ロングスワップ:−35
  • ショートスワップ:−2.6

※2023年9月20日現在

Exnessのゴールドのスワップポイントは、全口座タイプで共通のレートが適用されます。

また、ゴールドは招待制のスワップフリーの対象銘柄です。

Exnessの運営より、一定の取引実績(基準は非公開)が認められると、ゴールドのスワップフリーが適用されます。

Exnessのスワップポイントに関する詳細は下記の記事で解説しているので、参考にしてください。

あわせて読みたい

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)のゴールド取引で稼いだ人の事例

ここでは、Exness(エクスネス)のゴールド取引で稼いだ人の事例をみてみましょう。

SNSから実際の取引画面と共に投稿されている口コミをまとめました。

1万円から一撃で10万円

まずは少額から無制限レバレッジで一気に稼いでいる事例です。

Exnessの1万円チャレンジでしょうか?1万円から一撃で約9万円の含み益を稼いでいます。

無制限レバレッジのExnessとゴールドの組み合わせでは、手堅い順張りトレードでも十分に利益を伸ばしやすいです。

証拠金維持率を確認してみると、Exnessの代名詞とも言えるレバレッジ無制限により維持率の桁数がとんでもないことになっているのが分かります。

10万円から約30万円

次に10万円からのゴールドトレードを見てみましょう。

Exnessの無制限レバレッジは口座残高が1,000ドル(約14万円)未満のときだけ使えるため、今回はトレードの途中で最大レバレッジが2,000倍までに制限されています。

証拠金維持率は326%とかなりギリギリの数字になっていることが分かります。

証拠金維持率がギリギリでも含み益が乗っていけばなんの問題もありません。

スプレッドの広いスタンダード口座でも、ボラティリティの大きいゴールドなら「デイトレード・スイングトレード」が快適です。

Exnessで少額資金とゴールドの組み合わせは、資金をあまり入れなくても大きく稼ぎたい方に最適です。

Exnessでの1万円チャレンジのコツを別ページにまとめているので、少額から大きく増やしたい方は参考にしてください。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)でゴールドを取引するメリット

ここでは、Exness(エクスネス)でゴールドを取引する以下のメリット4つをご紹介します。

ボラティリティの高さから短期トレード対象としても人気のゴールドをExnessで取引するメリットを確認しましょう。

ゴールドも無制限レバレッジの対象

Exnessでゴールドを取引する最大のメリットは「無制限レバレッジ(実質21億倍)」です。

無制限レバレッジを使うことで、ゴールドの必要証拠金はほとんど1円未満となります。

商品名最大レバレッジ
FX通貨ペア無制限
貴金属CFD無制限
仮想通貨400倍
株価指数CFD400倍
株式CFD20倍
エネルギーCFD200倍
銘柄ごとの最大レバレッジ

必要証拠金がほぼないため、損切り価格までの含み損に耐えられるだけの口座残高があれば、ごく少額から大きな利益を狙うことが可能です。

Exnessのレバレッジ無制限の細かなルールについては別ページを参考にしてください。

ボラティリティが大きくスキャルピングも可能

ゴールドは、通貨ペアと比べてボラティリティが高く、スキャルピングとの相性が良いこともメリットです。

例えば、1日当たりの平均ボラティリティをゴールドと主要な通貨ペアで比較すると以下の通りになります。

通貨ペア・銘柄平均ボラティリティ(2023年9月)
XAUUSD150pips
USDJPY125pips
EURUSD82pips
GBPUSD102pips
ゴールドと通貨ペアのボラティリティ

無制限レバレッジとゴールド、そしてスキャルピングでごく短期間で資金を増やすことも可能です。

Exnessでは、全口座タイプ対象にスキャルピングが許可されています。

Exnessでのスキャルピングの取引ルールや稼ぐコツは別ページをご覧ください。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

長期トレードにも最適

Exnessのゴールドは、優待スワップフリーの対象銘柄です。

Exnessの優待スワップフリーとは、一定条件を満たしているユーザーを対象に適用されるスワップフリーになります。

優待スワップフリー対象銘柄
FX通貨ペア
シンボル銘柄
USDJPY米ドル/日本円
EURJPYユーロ/日本円
GBPJPYポンド/日本円
AUDJPY豪ドル/日本円
NZDJPYNZドル/日本円
EURUSDユーロ/米ドル
GBPUSDポンド/米ドル
AUDUSD豪ドル/米ドル
NZDUSDNZドル/米ドル
USDCAD米ドル/カナダドル
EURCADユーロ/カナダドル
NZDCADNZドル/カナダドル
USDCHF米ドル/スイスフラン
EURCHFユーロ/スイスフラン
GBPCHFポンド/スイスフラン
AUDCHF豪ドル/スイスフラン
EURGBPユーロ/ポンド
AUDNZD豪ドル/NZドル
EURNZDユーロ/NZドル
GBPNZDポンド/NZドル
EURAUDユーロ/豪ドル
FX通貨ペア優待スワップフリー銘柄
貴金属CFD
シンボル銘柄
XAUUSD金/米ドル
XALUSDアルミニウム/米ドル
XCUUSD銅/米ドル
XPBUSD鉛/米ドル
XNIUSD亜鉛/米ドル
貴金属CFD優待スワップフリー銘柄
エネルギーCFD
シンボル銘柄
UKOILブレンド原油
USOIL原油
XNGUSD天然ガス/米ドル
エネルギーCFD優待スワップフリー銘柄
仮想通貨
シンボル銘柄
BTCJPYビットコイン/日本円
BTCAUDビットコイン/豪ドル
BTCCNHビットコイン/オフショア中国人民元
BTCKRWビットコイン/韓国ウォン
BTCTHBビットコイン/タイバーツ
BTCZARビットコイン/南アフリカランド
BTCXAUビットコイン/金
BTCXAGビットコイン/銀
仮想通貨優待スワップフリー銘柄

優待スワップフリーの審査条件は非公開ですが「対象銘柄のポジションの持越しが少ないこと」が推奨されています。

スワップフリーが適用されると、ゴールドのポジションを持ち越すコストを気にすることなく長期トレードが可能です。

持ち越し・・・日を跨いでポジションを保有し続けること

Exnessのスワップポイントに関して詳しくは別ページを参考にしてください。

取引コストが安い

Exnessでは、ゴールドの取引コストが安いメリットがあります。

実際に取引では、スプレッド・取引手数料・レバレッジに基づく必要証拠金が取引コストとして必要です。

具体例として、取引手数料が無料で低スプレッドも両立させているプロ口座と他社口座で取引コストを比べてみましょう。

スクロールできます
口座タイプゴールドの
平均スプレッド
取引手数料最大レバレッジ
Exness
(プロ口座)
1.25pips無料無制限
XMTrading
(KIWAMI極口座)
1.3pips無料1,000倍
FXGT
(プロ口座)
1.9pips無料1,000倍
Titan FX
(Zeroブレード口座
2.81pips
(2.11+$7)
往復7ドル500倍
AXIORY
ナノ口座
1.8pips
(1.2+$6)
往復6ドル400倍
プロ口座と他社で取引コストを比較
※1ロットあたり

Exnessのプロ口座は、ゴールドのスプレッドが最も狭く、他社のコスパ重視口座と同様に取引手数料が無料です。

さらに、唯一無制限レバレッジおよび2,000倍レバレッジなので、取引コストが最安になります。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)でゴールドを取引するデメリット

ここでは、Exness(エクスネス)でゴールドを取引する際のデメリットを以下3つご紹介します。

Exnessの仕様で致し方ないデメリットや、ハイレバレッジ取引に関する本質的な部分を確認しましょう。

レバレッジ制限ルールが多い

Exnessのゴールド取引は、業界で最も高いレバレッジ倍率が一番のメリットです。

しかしレバレッジ倍率が高い海外FX業者ほど、リスク管理の観点から「レバレッジ制限ルール」が多くなります。

具体的なExnessのレバレッジ制限は以下の通りです。

  • 口座残高によるレバレッジ制限
  • 経済指標発表前後のレバレッジ制限
  • 取引時間終了前後のレバレッジ制限

口座残高が1,000ドル以上、経済指標発表時にゴールドを取引する、そして週末・週明けにゴールドを取引する場合のレバレッジ制限に注意しましょう。

無制限レバレッジは自己管理が超重要

レバレッジの高い取引は、利益と同時に損失も同じく大きくなることに注意しましょう。

特にExnessの無制限レバレッジ(実質21億倍)レバレッジは、意味なく高い倍率を使うと資金を大きく失います。

普段より大きくポジションを持つ場合は、以下のロットサイズと損益変動幅を参考にリスク管理を徹底しましょう。

スクロールできます
ロットサイズ1pips10pips100pips
0.01ロット
(1オンス)
0.1ドル1ドル10ドル
0.1ロット
(10オンス)
1ドル10ドル100ドル
1ロット
(100オンス)
10ドル100ドル1,000ドル
10ロット
(1,000オンス)
100ドル1,000ドル10,000ドル
ゴールドの損益変動幅

ゴールドの損益通貨は「米ドル」なので、例えば1ロット10pipsの利益は100ドル×ドル円レートで計算します。1ドル=140円なら、100ドルの利益は14,000円です。

ゴールドは短期トレードの難易度が高い

ゴールドは、短期トレードの難易度が通貨ペアと比べて高いことがデメリットになります。

なぜなら、ゴールドのボラティリティは、主要な通貨ペアと比べてボラティリティが1.5倍~3倍となるからです。

実際にゴールドとドル円でボラティリティを比較してみましょう。

ゴールドとドル円のボラティリティ

ドル円と比べると、ゴールドのボラティリティが4倍近く変動する場合も多いです。

初めてゴールドを取引する場合は、ロットサイズを通貨ペアと比べて抑えて、ボラティリティの規模感になれることをおすすめします。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

他社とExnessのゴールド取引環境を比較

ここでは、Exness(エクスネス)のゴールドの取引環境を他社と以下の項目を比較していきます。

全体的にExnessのゴールドは、特に少額資金で取引したい方に最適な環境が特徴です。

Exnessのゴールドを他社比較:スプレッド

ここでは、Exnessのゴールドのスプレッドを他社と比較していきましょう。

結論から申し上げると、Exnessのゴールドは全口座タイプが他社と比べて狭い結果となっています。

まずは、Exnessのスタンダード口座でゴールドのスプレッド比較です。

業者名/口座タイプ平均スプレッド
Exness
(スタンダード口座)
2.0pips
XMTrading
(スタンダード口座)
2.5pips
FXGT
(スタンダード+口座)
3.5pips
BigBoss
(スタンダード口座)
2.4pips
Titan FX
(ZEROスタンダード口座)
2.23 pips
AXIORY
(スタンダード口座)
2.9pips
スタンダード口座のスプレッド比較

Exnessのスタンダード口座のゴールドは、他社のスタンダード口座と比べると「平均的なスプレッドの半分」のスプレッドとなりました。

続いて、取引手数料が無料で低スプレッドなプロ口座を他社同等の口座タイプと比較しましょう。

業者名/口座タイプ平均スプレッド
Exness
(プロ口座)
1.25pips
XMTrading
(KIWAMI極口座)
1.3pips
FXGT
(プロ口座)
1.9pips
Titan FX
(Zeroブレード口座)
2.81pips
(2.11+$7)
AXIORY
(ナノ口座)
1.8pips
(1.2+$6)
プロ口座のスプレッド比較

Exnessのプロ口座のゴールドは、他社の同等口座と比べると「0.4~1.5pipsほど狭いスプレッド」となりました。

取引コストを重視してゴールドを取引するなら、Exnessのプロ口座一択と言えます。

続いて、Exnessで最もスプレッドの狭いゼロ口座のゴールドを他社同等の口座タイプと比較しましょう。

業者名
口座タイプ
取引コスト
(スプレッド+往復取引手数料)
往復取引手数料
Exness
(ゼロ口座)
1.6pips
(0+$16)
16ドル相当
(1.6pips相当)
XMTrading
(ゼロ口座)
3.1pips
(2.1+$10)
10ドル
(1.0pips相当)
FXGT
(ECN口座)
2.4pips
(1.8+$6)
6ドル
(0.6pips相当)
ゼロ口座のスプレッド比較

Exnessのゼロ口座のゴールドは、他社の同等口座と比べると「他社より2分の1の実質スプレッド」となりました。

ゼロ口座は、取引手数料が他社口座より高いものの、平均スプレッド0pipsという超低スプレッドを実現しています。

Exnessのゼロ口座は、取引手数料+スプレッドで考えても、他社口座のゴールドより低コストで取引が可能です。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessのゴールドを他社比較:スワップポイント

ここでは、Exnessのゴールドでポジションを持ち越す際に発生するスワップポイントを他社と比較していきます。

Exnessと各社のゴールドに適用される本記事執筆時点のスワップポイントは以下の通りです。

業者名ロングスワップショートスワップ
Exness−35−2.6
XMTrading-27.2121.91
FXGT00
各社のスワップポイント比較

各社のスワップポイントを比較すると、ExnessのスワップポイントはXMと大きな差がなく、FXGTはマイナススワップがないことが分かります。

ただし、スワップフリーの適用範囲については、各社との仕様の違いに注意が必要です。

  • Exness:優待スワップフリー
  • XMTrading:KIWAMI極口座のみ
  • FXGT:最大6日間のスワップフリー

Exnessのゴールドは、招待制でスワップフリーが適用されます。

一方で、XMTradingのKIWAMI極口座は無条件でスワップフリー、FXGTは口座タイプに応じてエントリーから3日~最大6日がスワップフリーです。

口座開設直後からスワップフリーでゴールドを取引したい場合は、XMTradingやFXGTの取引条件との相性が良いでしょう。

Exnessのゴールドを他社比較:レバレッジ(必要証拠金)

ここでは、Exnessのゴールドの最大レバレッジと必要証拠金を他社と比較しましょう。

業者名最大レバレッジ1ロットの必要証拠金
Exness2,000倍無制限
(実質21億倍)
2,000倍:14,269円
無制限:0.01円
XMTrading1,000倍28,530円
FXGT1,000倍28,530円
各社の最大レバレッジと必要証拠金の目安

ゴールドに適用される最大レバレッジでは、Exnessの2,000倍・無制限レバレッジが最も高い倍率となりました。

必要証拠金を見ると、1,000倍レバレッジの他社が約2.9万円に対して、Exnessは2,000倍レバレッジでも半分の約1.3万円です。

無制限レバレッジなら、計算上は1円未満の必要証拠金でポジションが建てられます。しかしポジション維持は、エントリー時点のスプレッドや相場変動による含み損も考慮する必要があるため注意しましょう。

Exnessのゴールドを他社比較:ロスカット水準

ここでは、Exnessでゴールドを取引する際のロスカット水準を各社と比較してみましょう。

業者名ロスカット水準
(証拠金維持率)
マージンコール水準
(証拠金維持率)
Exness0%30%
(スタンダード口座:60%)
XMTrading20%50%
FXGT20%
(ECN口座:40%)
50%
(ECN口座:70%)
ロスカット水準を他社比較

Exnessのロスカット水準は、他社と比べると最も低い証拠金維持率0%となっています。

ロスカットとなる水準が低いほど、最大で許容できる含み損が大きくなるため、ハイレバレッジで取引する場合に有利です。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)でゴールドの取引を始める手順

ここでは、Exness(エックスネス)でゴールドの取引を始める手順をご紹介します。

Exnessの口座開設方法と手順について、詳しくは別ページにまとめていますので参考にしてください。

Exnessでゴールドの取引を始める手順
STEP
Exnessのリアル口座を開設する
Exnessでゴールドの取引を始める手順その1

まずは、Exnessの口座開設フォームからリアル口座の開設を行いましょう。

STEP
ゴールドのトレード資金を入金

Exnessの会員ページから、ゴールドのトレード資金を入金しましょう。

Exnessが対応している入金方法は以下の通りです。

  • クレジットカード
  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • 仮想通貨
  • オンラインウォレット(bitwallet・STICPAY)
STEP
取引プラットフォームをインストール
Exnessでゴールドの取引を始める手順その2

リアル口座の開設が完了しましたら、Exness公式サイトからMT4・MT5をダウンロードしてインストールしましょう。

STEP
気配値からゴールドのチャートを表示

続いて、トレード環境に合った手順でゴールド(XAUUSD)のチャートを表示しましょう。

  • パソコンの場合:「表示」→「気配値表示」→「XAUUSD」を右クリックでチャート表示
  • スマートフォンの場合:「気配値」→「XAUUSD」をタップしてチャート表示

Exnessでは口座タイプによってゴールドのシンボル名に「XAUUSDm」と末尾の記載が異なるため注意しましょう。

STEP
Exnessでゴールドの取引を開始

チャートを表示できましたら、自分のトレード戦略にそってゴールドの取引を開始しましょう。

Exness(エクスネス)でゴールドを取引する際のコツ

ここでは、Exnessでゴールドを取引する際のコツを以下3つご紹介します。

ゴールドの特徴を押さえて、Exnessの優れたトレード環境で利益を狙っていきましょう。

中長期トレンドを把握して取引する

ゴールドは、通貨ペアの取引以上に「中長期のトレンド」を把握することが大切になります。

なぜなら、ゴールドと通貨ペアでは、根本的に以下の違いがあるからです。

  • ゴールド:有限であり新しく増えないため希少価値が高い・長期的には上昇トレンド
  • 通貨ペア:増刷が可能で中央銀行が介入する・長期的にはレンジが多い

ゴールドと通貨ペアの特徴の違いは、チャートにも表れています。

実際にゴールドとドル円の比較チャートで確認してみましょう。

ゴールドと米ドルの比較チャート

長期的にみると、ゴールドは史上最高値を更新する上昇トレンドであり、ドル円はレンジです。

ゴールドの特徴として、長期的な上昇トレンドの継続を意識して取引することが重要になります。

FXのゴールド取引に関する基礎知識について勉強しておきたい方は、当サイトの別記事を読んでみてください。

関連の高い通貨ペア・経済指標を確認する

ゴールドは「米ドル・豪ドル・南アフリカランド・スイスフラン」といった通貨と相関性が強い特徴があります。

したがって、ドル円や豪ドル円などの経済指標も確認して、トレード戦略を考えることもゴールド取引のコツです。

各通貨に関連する経済指標は「Exness経済指標カレンダー」を活用しましょう。

損益変動の規模を把握する

ゴールドは、通貨ペアよりもボラティリティが大きいため、損益変動幅の規模を把握しておきましょう。

取引コストも踏まえて、ゴールドの取引に必要な資金と1pips当たりの損益幅は「Exness投資計算機」が便利です。

Exness投資計算機

簡単な項目の入力だけで、必要証拠金やスプレッドといった取引コストや、損益変動幅(Pip値)を計算できます。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exness(エクスネス)のゴールドに関する注意点

ここでは、Exness(エクスネス)のゴールドに関する注意点を以下5つをご紹介します。

ゴールドの取引にかかわるレバレッジ制限や口座タイプの仕様を確認しましょう。

口座残高によってレバレッジ制限がある

Exnessのゴールドは、通貨ペアと同様に最大レバレッジが無制限(実質21億倍)が適用されます。

口座残高によるレバレッジ制限に関しても、通貨ペアと同様に以下の基準で倍率の制限が発生するため注意しましょう。

口座残高(有効証拠金)レバレッジ
0~999.99ドル相当無制限(2,000倍)
1,000~4,999.99ドル相当2,000倍
5,000~2,999.99ドル相当1,000倍
30,000ドル相当~500倍
口座残高によるレバレッジ制限

経済指標の発表前後はレバレッジが制限される

Exnessのゴールドは、関連する経済指標の発表前後に以下のレバレッジ制限が発生します。

経済ニュース

関連する影響力の大きい経済ニュースの発表前後では、XAUとXAGのペアの新規ポジションのレバレッジは1:200に制限されます。これは、ニュース発表の15分前から5分後まで適用されます。

引用:Exness 貴金属の取引条件

ゴールド(XAUUSD)に関連する米ドルなどの経済指標の発表15分前から発表5分後までの新規ポジションを対象に最大200倍レバレッジとなります。

ゴールドに関連する経済指標は「Exness経済指標カレンダー」で確認しましょう。

口座タイプによってスリッページ・リクオート耐性が変わる

Exnessでゴールドを取引する際は、口座タイプによってスリッページとリクオート(約定拒否)への耐性が異なります。

スクロールできます
口座タイプ注文方式スリッページリクオート
スタンダード口座成行約定起きやすい起きにくい
スタンダードセント口座成行約定起きやすい起きにくい
プロ口座即時約定起きない起きやすい
ゼロ口座成行約定起きやすい起きにくい
ロースプレッド口座成行約定起きやすい起きにくい
口座タイプごとの約定方式の違い

プロ口座では、注文価格と約定価格の差(スリッページ)が起きない即時約定方式を採用しています。

一方で、プロ口座以外の口座タイプで採用されているのは、約定拒否(リクオート)が起きづらい成行約定方式です。

その他、口座タイプ間にどんな違いがあるかは「Exnessの口座タイプ比較」のページをご覧ください。

複数口座の両建てが認められている

Exnessでは、ゴールドを含めた全銘柄・全口座タイプを対象に複数口座の両建てが禁止されていません。

一般的にFX業者では、複数口座の両建てが禁止されているため、他社との違いに注意しましょう。

エクスネスでは複数口座の両建てが認められているため、複数の口座でゴールドの自動売買(EA)を運用しやすいことが特徴です。

口座タイプごとに最低入金額が異なる

Exness(エクスネス)では、口座タイプごとに初回最低入金額が異なっており、取引コストが低いプロ向け口座は1,000ドルとなります。

口座タイプ初回最低入金額
スタンダード口座10ドル
(約1,450円)
スタンダードセント口座10ドル
(約1,450円)
プロ口座1,000ドル
(約145,000円)
ロースプレッド口座1,000ドル
(約145,000円)
ゼロ口座1,000ドル
(約145,000円)
口座タイプ別の初回最低入金額

スタンダード口座・スタンダードセント口座は、初回最低入金額が10ドルに設定されており、初心者でも利用しやすい口座タイプになっています。

\レバレッジ無制限×超低スプレッド!/

公式HP:https://www.exness.com/ja/

Exnessのゴールドに関するよくある質問

Exnessゴールドのスプレッド(取引コスト)は?

Exnessのゴールドのスプレッド(取引コスト)は、スタンダード口座2.0pips、スタンダードセント口座 2.0pips、プロ口座 1.25pips、ロースプレッド口座 7.0pips、ゼロ口座1.6pipsとなっています。これらは往復のスプレッドと取引手数料を合計したものです。

Exnessの無制限レバレッジの利用条件は?

Exnessの無制限レバレッジの解放条件は以下の通りです。

  • 口座残高が1,000ドル相当未満
  • リアル口座で最低10回の取引実績
  • リアル口座で合計5ロット以上の取引実績
Exnessでゴールドの取引におすすめの口座タイプは?

Exnessでゴールドの取引におすすめの口座タイプは「プロ口座」です。ただし、初回最低入金額が1,000ドル相当になります。1,000ドル未満の入金からゴールドを取引する場合はスタンダード口座を選びましょう。

Exnessで自動売買は使えますか?

はい、Exnessでは全口座タイプで自動売買(EA)が制限なく利用できます。

ExnessとXMでゴールドの取引条件を比べると?

ExnessとXMでゴールドの取引条件を比べると以下の通りです。

項目ExnessXMTrading
レバレッジ無制限1,000倍
スプレッド非常に狭いやや広い
スワップポイント優待スワップフリー常時スワップフリーあり
ボーナスなしあり
ExnessとXMのゴールド

レバレッジやスプレッドなどの取引条件ではExnessのゴールドの方が優れています。ただし、XMTradingではボーナスを使ってゴールドの取引ができるメリットもあります。トレード環境重視はExness、ボーナス重視はXMTradingがおすすめです。

Exnessでゴールドのスワップフリーを使うには?

Exnessのゴールドのスワップフリーは、Exness運営より「優待スワップフリー」の対象として認可を受けると適用されます。優待スワップフリーの条件詳細は非公開です。ただし、以下の銘柄を対象とした取引で、ポジションの持ち越しが少ない方が審査対象となることが公開されています。

FX通貨ペア:USDJPY・EURJPY・GBPJPY・AUDJPY・NZDJPY・EURUSD・GBPUSD・AUDUSD・NZDUSD・USDCAD・EURCAD・NZDCAD・USDCHF・EURCHF・GBPCHF・AUDCHF・EURGBP・AUDNZD・EURNZD・GBPNZD・EURAUD

貴金属CFD:XAUUSD・XALUSD・XCUUSD・XPBUSD・XNIUSD

エネルギーCFD:UKOIL・USOIL・XNGUSD

仮想通貨:BTCJPY・BTCAUD・BTCCNH・BTCKRW・BTCTHB・BTCZAR・BTCXAU・BTCXAG

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次