【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

BigBoss出金方法4種類の違いを比較|手数料や最低出金額、着金時間を表まとめ

BigBoss出金方法4種類の違いを比較|手数料や最低出金額、着金時間を表まとめ

BigBossでの口座開設がまだ済んでいない方は「BigBossの口座開設方法と操作手順」のページを参考に、リアル口座を作成してみてください。実際の操作画面のキャプチャ画像に沿って、分かりやすくレクチャーしています。

口座開設ボーナス5,000円プレゼント!/

※公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

BigBossの評判・口コミ・評価が気になる方は以下の記事を参考にしてください。実際にBigBossを使ってみた体験談や、トレーダーの生の声からわかる安全性や信頼性、メリット・デメリットをまとめています。
関連記事:BigBossの評判・口コミまとめ

目次

BigBossの出金条件を確認しよう

BigBossでは以下の方法での出金手続きが可能です。

スクロールできます
出金方法手数料最低出金額出金上限額着金までの時間
国内銀行送金JPY口座:2,000円
USD口座:20ドル
制限なし500万円/1回2~5営業日以内
BXONE
(ビーエックスワン)
無料
※BXONEからの出金手数料500円
2,000円〜300万円/1回1~5営業日以内
bitwallet
(ビットウォレット)
無料
※bitwalletからの出金手数料777円
2,000円〜300万円/1回1~5営業日以内
仮想通貨
(暗号資産)
BTC口座:0.002BTC
ETH口座:0.01ETH
EXC口座:0.0015EXC
XRP口座:20XRP
RSVC口座:400RSVC
BXC口座:4000BXC
USDT口座:20USDT
制限なし500万円/1回1〜2営業日以内
BigBossの出金方法一覧

まずは、BigBossの出金条件について詳しく解説していきます。

BigBossでは4種類の出金手段が利用できる

BigBossでは、「国内銀行送金」「BXONE(ビーエックスワン)」「bitwallet(ビットウォレット)」「仮想通貨(暗号資産)」の4種類の出金手段が利用できます。

それぞれの出金方法には、利用可能な金額や手数料が異なるため、出金条件を確認することが大切です。

中でも、おすすめの出金方法はbitwalletです。

bitwalletは、対応業者も多く、資金を一元管理できるため、取引の管理が容易です。

また、手数料も安いので、コスト面でもメリットがあります。

出金先口座を登録するだけで、簡単かつスムーズな出金が可能です。

各個人で最適な出金方法は異なるので、それぞれの出金条件を確認し、自分に合った出金方法を選びましょう。

クレジットカード・デビットカードでの出金は不可

BigBossでは海外FXでもメジャーな出金手段として認知されている、クレジットカード/デビットカードでの出金はBigBossでは利用できません

取引で得た利益を出金する際には、「国内銀行送金」「BXONE(ビーエックスワン)」「bitwallet(ビットウォレット)」「仮想通貨(暗号資産)」のいずれかの方法を利用することになります。

クレジットカードでの入金は行えますが、出金は別の方法を選択する必要があります。

クレジットカードで入金するつもりの人は、クレジットカードで出金できない点を認識した上で利用しましょう。

ポジション保有中も出金申請可能

BigBossでは、ポジションを保有している状態でも出金申請を行うことができます。

これにより、資金の流動性が向上し、トレーダーにとって利便性が高まります。

ただし、出金申請を行う際には、証拠金維持率100%を下回らないように注意が必要です。

証拠金維持率を簡単に説明すると、現在の自分の投資資金がどれくらいの安全圏にあるのかを示す割合です。

証拠金維持率は、次のような計算式で求められます。

証拠金維持率(%) = (有効証拠金 / 必要証拠金) × 100

ここでの有効証拠金とは、口座にある資金(現在の取引での評価損益を含む)のことです。

一方、必要証拠金とは、現在の取引を維持するために必要な最低限の資金額です。

必要証拠金は、取引する通貨ペアや取引量、レバレッジによって変わります。

証拠金維持率は、これらの値を使って計算され、パーセントで表されます。

BigBossでは、ポジション保有中に出金申請を行なった場合、この証拠金維持率が100%を下回ると、出金申請がキャンセルされてしまいます

そのため、出金額を計算する際には、証拠金維持率を十分に考慮して決定しましょう。

また、出金申請後にポジションに大きな変動が生じた場合も、証拠金維持率が下がる可能性がありますので、適切なリスク管理を行うことが重要です。

出金するとボーナスが消失する

BigBossでは、口座にボーナスが残っている状態で出金を行うと時には注意が必要です。

なぜなら、出金が行われると、出金元口座や出金額に関わらず全口座内のボーナスが消失するからです。

この点を理解しておかないと、思わぬ損失を招くことがありますので、十分に注意しましょう。

ボーナスを活用して取引を継続する場合は、出金を検討する前に、ボーナスが消失することを考慮に入れて計画を立てることが重要です。

また、資金移動を行った場合にも、ボーナスが消滅してしまうので、資金移動を行う際も、そのルールを考慮して、適切な判断を行いましょう。

出金するには入金後に1回以上の取引が必要

BigBossの出金条件には、特定のルールが存在します。

そのルールとは、「最後の入金から一回以上の取引を行うまで出金ができない」という条件です。

この条件を満たさない場合、出金ができなくなるので注意が必要です。

特に、追加入金を行った場合には、最新の入金から取引が行われているかどうかを確認しておくことが重要となります。

この確認を怠ると、出金できない状況に陥る可能性があるため、最後の入金からの取引履歴をチェックしましょう。

こうした出金条件を理解しておくことで、円滑な出金手続きが可能となります。

快適な取引を行うためにも、BigBossの出金条件を把握し、適切に対応していくことが大切です。

BigBossの4種類の出金方法を解説

述したように、BigBossでは以下の4種類の出金方法が提供されています。

次に、BigBossで利用できる各入金方法の詳しい手順について確認していきましょう。

国内銀送金で出金する方法

BigBossの国内銀行送金では、日本円と米ドルに対応しています。

USD口座から日本国内銀行への出金も可能です。

BigBossで国内銀行送金にて出金する時には以下の操作が必要です。

国内銀行送金で出金する方法
  • 【STEP1】BigBoss公式サイトよりマイページへログインする
  • 【STEP2】ダッシュボードにて「出金」→「銀行出金」をクリックする
  • 【STEP3】「銀行情報の追加」から出金先の口座情報を登録する
  • 【STEP4】「出金元口座」「出金額」「出金先口座」「出金先通貨」を入力する
  • 【STEP5】出金内容を確認して、「同意する」にチェック&「出金する」をクリックする
  • 【STEP6】出金確認メールの受取メッセージを受け取り手続き完了

「銀行情報の追加」から出金先の口座情報を登録する時には、銀行コードやSWIFTコードが必要となります。

メジャーな銀行の銀行コード・SWIFTコード・英語表記は以下の通りです。

銀行名銀行コードSWIFTコード銀行名(英語表記)
三井住友銀行0009SMBCJPJTSumitomo Mitsui Banking Corporation
りそな銀行0010DIWAJPJTResona Bank,Ltd.
みずほ銀行0001MHCBJPJTMizuho Bank,Ltd.
三菱UFJ銀行0005BOTKJPJTMUFG Bank, Ltd.
楽天銀行0036RAKTJPJTRakuten Bank, Ltd.
ソニー銀行0035SONYJPJ1Sony Bank Inc.
住信SBIネット銀行0038NTSSJPJ1SBI Sumishin Net Bank, Ltd.
銀行コード・SWIFTコード一覧

上記の表を参考に銀行情報の追加を行なってください。

農業協同組合(JA)、漁業協同組合(JF)、証券会社の口座へは出金できません

また、BigBossでは、出金する際に2,000円/20ドルの手数料がかかるので、注意が必要です。

BXONE(ビーエックスワン)で出金する方法

BigBossでBXONEを利用した出金を使う時には、出金手数料が無料である点や、小額から高額まで対応している点がメリットです。

BigBossでBXONEにて出金する時には以下の操作が必要です。

BXONEで出金する方法
  • 【STEP1】BigBoss公式サイトよりマイページへログインする
  • 【STEP2】ダッシュボードにて「出金」→「BXONE出金」をクリックする
  • 【STEP3】「出金元口座」「出金額」「出金先アドレス」「出金先通貨」を入力する
  • 【STEP4】11から始まる8桁のBXONEアカウント番号を入力する
  • 【STEP5】出金内容を確認して、「同意する」にチェック&「出金する」をクリックする
  • 【STEP6】「BXONE出金の一次受付」というメールを受け取り、メール認証のリンクをクリックして手続き完了

BXONE出金を利用する時には、BXONEのアカウントが必要です。

ただし、BXONEのサイトは日本語対応していないため、英語が苦手な方は利用しにくいかもしれません。

また、マネーロンダリング対策の観点から、BigBossの登録メールアドレスとBXONEアカウントのメールアドレスが一致している必要があります。

BigBossからBXONEへの出金手数料は無料で、BXONEから国内銀行への出金手数料は500円と安価です

普段からBXONEを利用している方や、「他の海外FXブローカーで使う資金も一元管理したい」という方には特におすすめの出金方法となります。

これらの点を踏まえて、BXONEでの出金が適切かどうか検討してみてください。

bitwallet(ビットウォレット)で出金する方法

BigBossでの出金方法の一つに、bitwallet(ビットウォレット)があります。

bitwallet出金の魅力としては、BXONEと同じく、出金手数料が無料である点や小額から高額まで対応している点が挙げられます。

さらに、完全日本語対応であるため、日本語での操作が可能です。

BigBossでbitwalletにて出金する時には以下の操作が必要です。

bitwalletで出金する方法
  • 【STEP1】BigBoss公式サイトよりマイページへログインする
  • 【STEP2】ダッシュボードにて「出金」→「bitwallet出金」をクリックする
  • 【STEP3】「出金元口座」「出金額」「出金先アドレス」「出金先通貨」を入力する
  • 【STEP4】出金内容を確認して、「同意する」にチェック&「出金する」をクリックする
  • 【STEP5】「bitwallet出金の一次受付」というメールを受け取り、メール認証のリンクをクリックして手続き完了

BXONE出金と同様にbitwallet出金では、bitwalletのアカウントが必要であり、BigBossの登録メールアドレスとbitwalletアカウントのメールアドレスが一致していなくてはなりません。

BigBossからbitwalletへの出金手数料は無料で、bitwalletから国内銀行への出金手数料は777円となっています。

BXONEよりも手数料が高いですが、「日本語対応している点」や「bitwalletに対応している海外FXブローカーの数の方がBXONEに対応している海外FXブローカーの数よりも多い点」などがbitwalletがBXONEよりも優れている要素だといえるでしょう。

これらの利点を考慮すると、bitwalletを利用した出金は、特に日本語対応が重要な方や他FX業者への資金移動を行いたい方におすすめです。

仮想通貨(暗号資産)で出金する方法

BigBossでは以前まで利用されていた仮想通貨取引所「FOCREX」が、2023年1月31日でサービス終了し、CRYPTOSへのサービス移行が行われました。

2023年2月1日時点でFOCREX口座に資産が残っている場合は、BigBoss側でCRYPTOS口座へ資金移動処理が行われています。

BigBossの仮想通貨(暗号資産)出金は、そんなCRYPTOS口座を使って出金手続きを行います。

BigBossで仮想通貨にて出金する時には以下の操作が必要です。

仮想通貨で出金する方法
  • 【STEP1】BigBoss公式サイトよりマイページへログインする
  • 【STEP2】ダッシュボードにて「資金移転」をクリックする
  • 【STEP3】「移転元口座」「金額」「移転先口座」を入力してスタンダード/プロスプレッド口座からCRYPTOS口座へ資金移動する
  • 【STEP4】ダッシュボードにて「出金」→「CRYPTOS口座出金」をクリックする
  • 【STEP5】「出金先アドレス情報の追加」から「ラベル名(メモ)」「出金先アドレス」「通貨」「宛先タグ」
  • を入力して出金先を登録する
  • 【STEP6】出金フォームにて「出金元口座」「出金先アドレス」「出金額」「出金先通貨」を入力する
  • 【STEP7】出金内容を確認して、「同意する」にチェック&「出金する」をクリックする
  • 【STEP8】「仮想通貨出金の一次受付(CRYPTOS)」というメールを受け取り、メール認証のリンクをクリックして手続き完了

BigBossの仮想通貨出金は、CRYPTOS口座を経由しなければ出金できません

また、BigBoss名義と同一名義の仮想通貨ウォレットにしか送金できない点にも注意が必要です。

CRYPTOS口座への資金移動は申請から0〜1営業日かかり、FX取引をしていて仮想通貨で出金する場合は手続きがひとつ増えます。

また、以下のように仮想通貨の種類によって異なる手数料が出金時にかかります。

・BTC口座:0.002BTC
・ETH口座:0.01ETH
・EXC口座:0.0015EXC
・XRP口座:20XRP
・RSVC口座:400RSVC
・BXC口座:4000BXC
・USDT口座:20USDT

仮想通貨での出金方法は手続きが煩雑であるため、CRYPTOS口座を利用していない方の場合は、他の出金方法を検討することをお勧めします。

BigBossで出金拒否が起こるという噂は本当?

BigBossで出金拒否が起こるという噂がありますが、実際には「ルールを守る限り出金拒否はない」というのが真相です。

SNSでの評判を見ると、「無事に出金できた」という旨の報告が多数見られます。

「出金拒否が起こった」という口コミをよく見ると、高額な出金のため手続きに時間がかかっているケースや出金ルールを守っていないケースなどがほとんどです

BigBossの禁止事項は他の海外FX業者と同様で、「両建て取引」「アービトラージ」「週初めの窓開けばかりを狙ったトレード」などがあり、特別厳しくはないものの、ルールを把握しておく必要があります。

また、出金可能なボーナスは限定されていることも覚えておく必要があるでしょう。

BigBossは金融ライセンス取得済みの安全性・信頼性の高いブローカーであり、資金を騙しとろうと思って出金拒否を行ったり、理由もなく出金拒否が発生したりすることはありません

BigBossで出金する時の注意点

最後に、BigBossで出金する時に注意することについて確認しておきましょう。

出金ルールに背くと、口座凍結などの厳しい措置がとられてしまうこともあるので、知らない内容は必ず確認してくださいね。

出金は必ずBigBoss口座と同一名義で行う

他の海外FXブローカーと同様に、BigBossで出金を行う際には、BigBoss口座と同一名義であることが必須となっています。

その理由としては、セキュリティ面を重視し、第三者による不正出金やマネーロンダリングのリスクを軽減するため、出金元の口座名義と取引口座名義が一致していることが求められているからです。

この規則は、すべての出金方法に共通しており、国内銀行送金やbitwallet、仮想通貨出金など、どの方法で出金する場合でも同一名義であることが要求されます。

異なる名義で出金手続きが行われた場合、出金が拒否される可能性があるため注意が必要です。

もし、同一名義でない出金先に出金申請を行なってしまった場合は、すぐにBigBossのカスタマーサポートに連絡し、状況を伝えて対応を求めてください。

同一名義での出金を徹底することで、不要なトラブルを避けることが可能となります。

オンラインウォレットとBigBossの登録メールアドレスも一致させる

BigBossでの出金を円滑に進めるには、オンラインウォレットとBigBossの登録メールアドレスも合わせることが重要です。

アンチマネーロンダリング(AML)規定に基づき、出金元の口座名義と取引口座名義が一致する必要があるのと同時に、「登録メールアドレスも一致させる」という規則が設定されています。

BXONEやbitwallet等のオンラインウォレットを用いて出金する際、登録メールアドレスが違うことが発覚すると確認が必要となり、出金手続きが複雑になることが予想され、出金処理の遅延や出金拒否が起こる可能性もあります

オンラインウォレットを利用する場合は、予めBigBossの登録メールアドレスとオンラインウォレットのメールアドレスが一致しているか確かめましょう。

もし登録メールアドレスが異なる場合は、どちらかのサービスでメールアドレスを変更し、一致させてから出金申請を行なってください。

クレジットカードでの出金額分は60日間は出金できない

BigBossにおいて、「クレジットカードでの入金が行われた場合、クレジットカード入金額に関しては入金日から60日間出金が不可」というルールが存在しています。

この規制に関しても、アンチマネーロンダリングの観点から導入されているものです。

不正使用やクレジットカード取引を守るために設けられており、セキュリティ確保に役立っています。

カード入金日から60日未満でも、取引利益分に関しては出金が可能ですが、このルールに不都合を感じる人もいるでしょう。

その際は、別の入金方法の選択を検討すると良いでしょう。

例として、オンラインウォレット、仮想通貨、国内銀行送金などが代わりの手段として使えます。

これらの方法を利用すれば、60日間の制限を回避でき、出金計画に応じた柔軟な資金管理が可能となります。

入金方法を選択する際には、自分の取引スタイルや資金管理の要求に見合ったものを選ぶことが大切です。

適切に使い分けることで、スムーズな取引が実現できます。

BigBossの出金に関するよくある質問

BigBossでは出金申請から着金までどれくらいかかりますか?

最短でも1営業日は時間がかかります。

出金方法ごとの出金申請から着金までにかかる時間は以下の通りです。

  • 国内銀行送金:2-5営業日
  • bitwallet:1-5営業日
  • BXONE:1-5営業日
  • 仮想通貨:1-2営業日
BigBossで得た利益を出金した場合、税金がかかりますか?

海外FXで取引をして利益を得た場合、出金していなくても利益を確定した段階で課税対象となります。

利益が確定した時には必ず確定申告を行いましょう。

BigBossの出金ルールは?

BigBossの出金ルールとしては、以下の項目があげられます。

  • 出金先はBigBoss口座と同一名義にする
  • 本人確認書類の提出が必要
  • クレジットカード/デビットカードへの出金はできない
  • クレジットカード入金分は60日間は出金できない
  • 入金後は一回以上取引をしないと出金できない
  • 出金すると持っている全口座内のボーナスが消失する

上記の内容を確認した上で、出金手続きを行なってください。

BigBossの出金手数料はいくらかかりますか?

国内送金で出金を行う場合には、2,000円(または20.00ドル)の出金手数料が発生します。

仮想通貨出金にかかる手数料は以下の通りです。

  • BTC口座:0.002BTC
  • ETH口座:0.01ETH
  • EXC口座:0.0015EXC
  • XRP口座:20XRP
  • RSVC口座:400RSVC
  • BXC口座:4000BXC
  • USDT口座:20USDT

BigBossからBXONE、bitwalletへの出金に関しては手数料が無料となっていますが、BXONEからの出金には手数料が500円、bitwalletからの出金には手数料が777円がかかります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次