【3月】海外FXの最新ボーナスランキングTOP7

AXIORYのスプレッド一覧|手数料を含めた取引コストを競合他社と比較

AXIORYのスプレッド一覧|手数料を含めた取引コストを競合他社と比較

AXIORYのスプレッドは海外FX業界でトップクラスの狭さを競い合っています。

ナノ/テラ口座のドル円スプレッドが0.0pip~となり、人気通貨ペアはもちろん、全商品で安定した狭いスプレッドを提示します。

取引1回の最大数量は1,000ロット(1億通貨)、179ms以下で98.4%を約定できることから、スキャルピングの大口取引にもおすすめです。

人気業者XMを含む6つの競合他社と比較して、AIXORYのスプレッドの狭さを評価するとともに、全商品・全銘柄のスプレッドを口座タイプごとに紹介します。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

目次

AXIORYの人気通貨ペアのスプレッド一覧

AXIORY(アキシオリー)は、口座タイプの違いによって人気通貨ペアのスプレッドに差があります

「スタンダード口座」「ナノ口座」「テラ口座」でFXができるので、まずは口座タイプごとのスプレッドを確認しましょう。
(※)ナノ口座とテラ口座のスプレッドは同じなので、ナノ/テラ口座とします。

シンボル(銘柄)スタンダード口座ナノ/テラ口座
USDJPY
(米ドル/日本円)
1.5pips0.9pips
(0.3+$6)
EURJPY
(ユーロ/日本円)
1.7pips1.0pips
(0.4+$6)
GBPJPY
(ポンド/日本円)
2.3pips1.3pips
(0.7+$6)
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1.3pips0.8pips
(0.2+$6)
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.8pips0.9pips
(0.3+$6)
XAUUSD
(ゴールド/米ドル)
3.3pips2.1pips
(1.5+$6)
人気通貨ペアのスプレッド一覧

ナノ/テラ口座は1ロットの取引で往復6ドルの手数料がかかります。6ドルをスプレッドに換算して、ナノ/テラ口座の純粋なスプレッドと合計(※)することで、スタンダード口座のスプレッドとの比較ができます。

(※)スプレッド分のコストと取引手数料を合計したコストを取引コストと呼びます。

ナノ/テラ口座の丸カッコ内の数値は取引手数料を除いた純粋なスプレッドです。

AXIORYの人気通貨ペアのスプレッドは、以下3つを押さえましょう。

  • ナノ口座とテラ口座のスプレッドは同じ
  • スタンダード口座は2つの口座タイプより取引コストが高い
  • ドルストレートのスプレッドが狭く、クロス円が若干広い

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

3つのポイントをふまえて、AXIORYの口座タイプの特徴を紹介します。

特にスキャルピングをする方は、取引コストの違いに注目してください。

スタンダード口座の特徴

AXIORYのスタンダード口座は取引手数料が無料のため、取引コストをスプレッドのみで計算できます。

人気通貨ペアにゴールドのスプレッドを加えた主要な取引条件は次の通りです。

項目内容
スプレッドの種類変動制
ナノ/テラ口座より広い
USDJPY(ドル円)のスプレッド1.5 pips
EURUSD(ユーロドル)のスプレッド1.3 pips
XAUUSD(ゴールド)のスプレッド3.3pips
取引手数料無料
FXの最大レバレッジ400倍
取引方式NDD方式
取引商品FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
取引プラットフォームMT4
cTrader
スタンダード口座のスプレッドと特徴

AXIORYのスタンダード口座は、競合他社の標準的な口座よりも狭いスプレッドを提示します。

約定スピードは業界最速クラスとして広く知られており、スリッページがほぼ発生しない(※)ことから、ストレスフリーでトレードできます。
(※)流動性が低い時間帯を除く

スタンダード口座に限定してスプレッドが特別に狭くなる銘柄はありません。全商品・全銘柄において、ナノ/テラ口座とのスプレッド差の比率が保たれる傾向です。

すべての銘柄が取引手数料無料ですが、スプレッド分のコストを合計した取引コストはナノ/テラ口座よりも高いことに留意してください。

取引コストと取引プラットフォーム以外の条件はナノ/テラ口座と同じです。

ナノ口座の特徴

AXIORYのナノ口座は海外FXで最も狭いスプレッドを安定して提供しています。

人気通貨ペアにゴールドのスプレッドを加えた主要な条件は次の通りです。

項目内容
スプレッドの種類変動制
スタンダード口座より狭い
USDJPY(ドル円)のスプレッド0.9pips
(0.3+$6)
EURUSD(ユーロドル)のスプレッド0.8pips
(0.2+$6)
XAUUSD(ゴールド)のスプレッド2.1pips
(1.5+$6)
取引手数料往復6.0ドル/ロット
FXの最大レバレッジ400倍
取引方式NDD方式
取引商品FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
取引プラットフォームMT4
cTrader
ナノ口座のスプレッドと特徴

ナノ口座の取引手数料分を含んだスプレッド(取引コスト)は、海外FX業界でNo.1の狭さを競い合っています。

1回の取引で1億通貨まで注文できる(※)ことや、保有するポジションの数量に上限がないことから、スキャルピングで大口取引する方にも選ばれる口座です。
(※)流動性が確保された時間帯に限る

加えて、業界最強の約定力と称される約定スピードとスリッページの狭さは、公式データが示す通りです。

  • スリッページ幅:-0.1 ~ 0.2pips内で70%弱が約定
  • 約定スピード:140ms以上 ~ 179ms以下で98.4%が約定 ※1ms = 1,000分の1秒

参考:AXIORY「取引統計

AXIORYの業界最狭スプレッドを可能にするシステムの概要は後ほど解説します。

また、ナノ/テラ口座に限定してスプレッドが特別に狭くなる銘柄はありません。全商品・全銘柄において、スタンダード口座とのスプレッド差の比率が保たれる傾向です。

こちらではナノ口座はスタンダード口座よりもスプレッドが狭く、取引手数料(往復6ドル)を加えた取引コストを比較してもナノ口座の方が安いことを押さえておきましょう。

往復とは:新規注文から決済までの取引のことで、新規注文や決済のみを片道と言います。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

テラ口座の特徴

AXIORYのテラ口座とナノ口座の違いは、取引プラットフォームが異なるだけです。

項目内容
スプレッドの種類変動制
スタンダード口座より狭い
USDJPY(ドル円)のスプレッド0.9pips
(0.3+$6)
EURUSD(ユーロドル)のスプレッド0.8pips
(0.2+$6)
XAUUSD(ゴールド)のスプレッド2.1pips
(1.5+$6)
取引手数料往復6.0ドル/ロット
FXの最大レバレッジ400倍
取引方式NDD方式
取引商品FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
取引プラットフォームMT5
cTrader
テラ口座のスプレッドと特徴

テラ口座ではMT5、ナノ口座ではMT4とcTraderを利用できます。

その他の取引条件は上記「ナノ口座の特徴」と同じであるため、取引プラットフォームに応じて口座タイプを選びましょう。

なお、取引プラットフォームの特徴を含めた口座タイプの違いは、以下の記事を参考にしてください。

アルファ口座の特徴

AXIORYのアルファ口座は長期投資に適した商品が豊富なため、他3つの口座タイプと完全に使い分けできます。

資産運用向けの口座ではあるものの、ヘッジなど短期トレードでも使えるレバレッジ型ETFがあるので、それらのスプレッドを含めたアルファ口座の特徴を紹介します。

項目内容
スプレッドの種類変動制
ProShares UltraShort (2x) Gold
(GLL.ARCX)
0.02 pips
ProShares UltraLong (2x) Natural Gas(BOIL.ARCX)0.01 pips
ProShares UltraShort (2x) MSCI Japan(EWV.ARCX)0.09 pips
取引手数料商品・銘柄・取引数量に応じて異なる
最大レバレッジ1倍
取引方式NDD方式
取引商品現物株式
ETF
取引プラットフォームMT5
アルファ口座のスプレッドと特徴

アルファ口座ではレバレッジ型ETF(プロシェアーズシリーズ)が狭いスプレッドで提供されています。

株式トレードでおすすめの銘柄をお探しなら、ナノ/テラ口座の株式CFDまたは株価指数CFDから選びましょう

株式CFDは最大レバレッジ5倍で米国優良株を含めた150銘柄、株価指数CFDは最大レバレッジ100倍で10銘柄をトレードできます。

さてアルファ口座の現物株式についてですが、AXIORYは欧米の大型成長株を厳選しています。

銘柄スプレッド
Apple
[AAPL.XNAS]
0.02pips
Microsoft Corp
[MSFT.XNAS]
0.04pips
Amazon.com
[AMZN.XNAS]
0.01pips
NVIDIA Corp
[NVDA.XNAS]
0.05pips
Alphabet
[GOOGL.XNAS]
0pips
Tesla
[TSLA.XNAS]
0.01pips
Johnson & Johnson
[JNJ.XNYS]
0.02pips
Meta Platforms, Inc.
[META.XNAS]
0.04pips
Exxon Mobil Corp
[XOM.XNYS]
0.01pips
Berkshire Hathaway class B
[BRK.B.XNYS]
0.04pips
AXIORYで投資できる時価総額上位10社

その他にも高配当が受け取れる配当貴族銘柄のエクソン、PG、コカ・コーラなども揃えられているので、投資手法を限定せずに銘柄を選べます。

個別銘柄の分析をする時間がない方は、アルファ口座のETFがおすすめです。バンガード/iシェアーズ/SPDRシリーズを押さえ、長期投資のポートフォリオに最適です。

AXIORYのスプレッドと競合FX業者を比較

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドを競合FX業者と比較して「狭いか、広いか」を銘柄ごとに紹介します。

AXIORYが負けている銘柄もありますが、取引には安定性や約定力が重要であることも含めて後ほど解説を入れていきます。

スタンダード口座を比較

AXIORYのスタンダード口座と、競合FX業者で同様のスペックの口座タイプにおいて、人気通貨ペアのスプレッドを比較します。

スクロールできます
口座タイプドル円
(USDJPY)
ユーロ円
(EURJPY)
ポンド円
(GBPJPY)
ゴールド
(XAUUSD)
最大レバレッジボーナス
AXIORY
(スタンダード口座)
1.5pips1.7pips2.3pips3.3pips400倍あり
(不定期)
Exness
(スタンダード口座)
1.1pips2.2pips2.5pips2.0pips無制限なし
XMTrading
(スタンダード口座)
1.7pips2.1pips3.2pips2.5pips1,000倍口座開設
入金
XMP
友達紹介
FXGT
(スタンダード+口座)
1.9pips2.4pips2.8pips3.5pips1,000倍口座開設
入金
BigBoss
(スタンダード口座)
1.8pips1.9pips2.5pips2.4pips1,111倍入金
取引
Titan FX
(Zeroスタンダード口座)
1.33pips1.74 pips2.45 pips2.23 pips500倍友達紹介
標準タイプの口座でスプレッド比較

主要通貨ペアのスプレッド比較

まず全体をまとめると、全ての銘柄においてスプレッドが狭い業者と広い業者は共通しており、各銘柄のスプレッドの狭さでランク付けした際にも順位が大きく入れ替わることはありません。

AXIORY(スタンダード口座)は、ゴールドのスプレッドが他の業者より広くなるものの、その他の通貨ペアではExnessと肩を並べています。

2022年7月に11周年を迎えたAXIORYのブランド力と、それを支える金融プラットフォームの安定した運営力が、若干のスプレッド負けをカバーしている状況です。

ナノ/テラ口座を比較

AXIORYのナノ/テラ口座と、競合FX業者で同様のスペック(スキャルピング向け)の口座タイプにおいて、人気通貨ペアのスプレッドを比較します。

スクロールできます
口座タイプドル円
(USD/JPY)
ユーロ円
(EURJPY)
ポンド円
(GBPJPY)
ゴールド
(XAUUSD)
最大レバレッジ取引手数料
AXIORY
(ナノ/テラ口座)
0.9pips
(0.3+$6)
1.0pips
(0.4+$6)
1.3pips
(0.7+$6)
2.1pips
(1.5+$6)
400倍往復6ドル
Exness
(プロ口座)
0.7pips1.4pips1.6pips1.25pips無制限無料
XMTrading
(KIWAMI極口座)
0.6pips1.0pips1.5pips1.3pips1,000倍無料
FXGT
(プロ口座)
0.8pips0.85pips1.3pips1.9pips1,000倍無料
BigBoss
(プロスプレッド口座)
1.8pips
(0.9+$9)
1.7pips
(0.8+$9)
2.0pips
(1.1+$9)
1,111倍往復9ドル
Titan FX
(Zeroブレード口座)
1.03pips
(0.33+$7)
1.44pips
(0.74+$7)
2.15pips
(1.45+$7)
2.81pips
(2.11+$7)
500倍往復7ドル
スキャルピング向け口座でスプレッド比較

全ての銘柄においてスプレッドが狭い業者と広い業者は共通しており、各銘柄のスプレッドの狭さでランク付けした際にも順位が大きく入れ替わることはありません。

「AXIORYのスプレッドの狭さは業界No.1クラスなの?」と疑問を持って当然ですね。

極めて狭いスプレッドの競合他社が表れる中でもAXIORYが選ばれる大きな理由は安定性です。

また、1回の取引で1億通貨まで注文できる(※)ことや、保有するポジションの数量に上限がないことからスケールしやすいメリットもあります。
(※)流動性が低い時間帯を除く

加えて、179ms以下で98.4%の注文を執行する約定力まで備わっています。競合他社の極狭スプレッドに負けないAXIORYの新サービスを楽しみにしておきましょう。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYの業界最狭スプレッドを可能にするシステム

海外FX業界で安定した最狭クラスのスプレッドを可能にするAXIORYの取引システムについて紹介します。

AXIORY(アキシオリー)は豪華ボーナスキャンペーンを開催しない分、取引環境への投資に余念がありません。

NDD方式でインターバンク市場レベルの価格を提供

AXIORYは金融機関(リクイディティプロバイダー)が売買するインターバンク市場レベルに近い価格をトレーダーに提供しています。

インターバンク市場とは:外国為替取引の中心的な役割を果たす金融機関同士が取引する場所であり、FXの流動性の源です。最低100万ドル単位(1億円超)の取引の中から価格が提供され、ユーザーの注文価格に最適なレートとマッチングしています。

トレーダーとインターバンク市場との間にAXIORYが入らないNDD(No Dealing Desk)方式を採用し、相対取引がメインの国内FXのように価格操作される心配がありません。

AXIORYはNYウォール街に隣接するEquinix(エクイニクス)社のデータセンター内にマスターサーバーを構え、リクイディティプロバイダーからの価格供給を処理した後、トレーダーに低スプレッドの価格を配信しています。

Equinix社とは:金融機関のグローバルハブの役割を担い、日本を含めて世界中にサーバー拠点を構えるナスダック上場企業。最速の約定を追求する海外FX業者が利用しています。

複数の金融機関から低スプレッドの価格を提示

AXIORYはインターバンク市場で売買する複数の金融機関から提供される価格を集約することで、スプレッド0.1pip単位の密度の高い価格で大きな数量を約定させることができます。

大手銀行らによる最低100万ドル単位(1億円超)の売買の中にAXIORYがアクセスすることで「インターバンク市場における」売りたい・買いたい価格と同等なレートをユーザーに提示できます。

AXIORYは、世界トップレベルの大手銀行と同じEquinix社内のマスターサーバーを核とした流動性供給システムを構築したことで、業界最狭クラスの低スプレッドを安定して供給できます。

堅牢なバックアップシステムで常時安定した高速約定を実現

AXIORYの安定した低スプレッドは、堅牢なバックアップシステムに支えられています。

世界各国にあるEquinixのデーターセンター内に実行コアを戦略的に配置し、システムの一部に何らかの障害が発生した場合にもバックアップできる体制です。

さらには取引プラットフォームごとにサーバーを使い分けて、データ処理の分散化による高速約定の実現ならびにリスク分散も図っています。

例えばエクイニクス東京データセンターTY3(東京都江東区枝川)にMT4サーバーが設置されています。

NYのマスターサーバーでリクイディティプロバイダーの価格供給を処理した後、TY3にあるMT4サーバーに価格がストリーミングされて、皆さまのMT4プラットフォームに低スプレッドの価格が提示される仕組みです。

AXIORYは日本の居住者の方がより狭いスプレッドで売買可能にするため、東京にもサーバーを構えてNYから高速光ファイバー網を通じ、常時安定した低スプレッドを提供しています。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYのスプレッドに関する基礎知識

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドに関する基礎知識を説明します。

1つずつ見ていきましょう。

スプレッドとは?

スプレッド(pips)とは買値と売値の価格差のことです。スプレッドは売買する銘柄によって異なり、同じ銘柄でも海外FX業者によって違ってきます。

実際にAXIORYのナノ口座のMT4/MT5の新規注文パネルより、ドル円のスプレッドを見てみましょう。

スプレッドとは買値と売値の金額差

買値と売値から算出できるスプレッドは次の通りです。

スプレッド = 132.967(買値)ー 132.962円(売値)= 0.005円 = 0.5pips (※)1円=100pips

この注文ではドル円を買った瞬間から0.5pips分の含み損を抱えることになります。また、新しい注文をする度にその時点のスプレッド分のコストが足されていきます

そのため、スプレッドが狭いほどトレーダーが負担する取引コストが安くなります。特に取引回数が多いスキャルピングでは無視できない金額になるため、スプレッドは海外FX業者を選定する重要な基準です。

AXIORYは変動スプレッドを採用

AXIORYは変動スプレッドを採用しているので、時間帯や相場状況に応じた価格変動でスプレッドが変化します。

国内FXで主流となっている固定スプレッドは、流動性が不足する時間帯には注文が約定しないことも多く、大口取引に対応できないケースが多いようです。

時間帯
(日本時間)
市場名
4:00~11:00ウェリントン市場
6:00~16:00シドニー市場
8:00~19:00東京市場
16:00~翌3:00ロンドン市場
22:00~翌6:00ニューヨーク市場
市場のオープン時間

一方で変動スプレッドであれば、東京・ロンドン・NY市場で取引が活発な時間帯にはスプレッドが狭くなるとともに、大口注文も約定しやすくストレスフリーな取引が可能です。

スプレッドの種類(価格と時間)

AXIORYと競合他社のスプレッドを比較するときには価格と時間に分けて考えます。

価格に注目した3種類のスプレッドは次の通りです。

種類内容
最大スプレッド一定期間における最も広いスプレッド
最小スプレッド一定期間における最も狭いスプレッド
平均スプレッド一定期間における中間的なスプレッド
価格別のスプレッド

時間に注目した2種類のスプレッドは次の通りです。

種類内容
過去スプレッド過去のある時点または過去の一定期間における平均スプレッド
リアルタイムスプレッド現時点のスプレッド
時間別のスプレッド

海外FXでは自社に有利な過去スプレッドを示す業者もあり、実際の取引で参考値よりも広いスプレッドになることがあります。

変動制スプレッドは取引する時間帯や相場状況で変わるため、リアルタイムスプレッドにおける価格の比較が重要です。

AXIORYの公式サイトでは全商品・全銘柄のリアルタイムスプレッドを公開しています。トレードの前や競合他社との比較に活用しましょう。

デモ口座とリアル口座は同じスプレッド

AXIORYのデモ口座はリアル口座と同じスプレッドが提示されます。

スタンダード口座とナノ/テラ口座でデモ口座を開設でき、FXとCFDのデモトレードでリアルタイムスプレッドを確認できます。

(※)アルファ口座ではデモ口座を開設できません。

ただし取引環境が全く同じ条件ではないため、約定力・約定スピードに差が生じるでしょう。

リアルトレードを体験したい方は、期間限定のボーナスキャンペーンを利用して、損失リスクの少ない1,000通貨からFXを始めていきましょう。

AXIORYのスプレッドの計算方法

スタンダード口座でドル円をトレードする際のスプレッド(pips)について、日本円で支払うコストに換算する方法を説明します。

スプレッドを支払コストに換算する計算式は次の通りです。

支払コスト = 取引数量(通貨)× スプレッド(pips)× 1pipの金額 

ドル円を含むクロス円の1pipの金額は0.01円なので覚えてしまいましょう。また、AXIORYでの取引単位は1ロット=100,000通貨です。

支払コストの一例として、取引数量が100,000通貨(1ロット)、スプレッドが1pipを上式に当てはめます。

支払コスト = 100,000通貨 × 1ロット × 0.01円 = 1,000円

同様にスプレッドが1pipのとき、取引数量の大小の違いによる支払コストを計算します。

  • 1,000,000通貨(10ロット)の取引:1,000,000 × 1 × 0.01円 = 10,000円
  • 100,000通貨(1ロット)の取引:100,000 × 1 × 0.01円 = 1,000円
  • 10,000通貨(0.1ロット)の取引:10,000 × 1 × 0.01円 = 100円

以上の通り、取引数量の数値を換えるだけで支払コストを算出できます。

続いて、スプレッド(pips)の違いによる支払コストを計算します。

  • スプレッド10pipsの取引:100,000 × 10 × 0.01円 = 10,000円
  • スプレッド1pipの取引:100,000 × 1 × 0.01円 = 1,000円
  • スプレッド0.1pipの取引:100,000 × 0.1 × 0.01円 = 100円

以上の通り、スプレッドの数値を換えるだけで支払いコストを算出できます。

AXIORYでスプレッドから日本円の支払コストに換算するとき、上記の計算式を活用してください。

スプレッドが狭い通貨はドル円やユーロ円など主要通貨ペア

AXIORYでは、ドル円やユーロ円などの主要通貨ペアのスプレッドが安定して狭く保たれています

シンボル(銘柄)スタンダード口座ナノ/テラ口座
USDJPY
(米ドル/日本円)
1.5pips0.9pips
(0.3+$6)
EURJPY
(ユーロ/日本円)
1.7pips1.0pips
(0.4+$6)
GBPJPY
(ポンド/日本円)
2.3pips1.3pips
(0.7+$6)
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1.3pips0.8pips
(0.2+$6)
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.8pips0.9pips
(0.3+$6)
XAUUSD
(ゴールド/米ドル)
3.3pips2.1pips
(1.5+$6)
人気通貨ペアのスプレッド一覧

ポンド円のスプレッドも狭いですし、その他のドルストレートも同様です。

上表は平均的なスプレッドですが、東京・ロンドン・ニューヨーク市場における流動性が高い時間帯にはさらに狭いスプレッドが提示されるので、スキャルピングにおすすめです。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

約定スピードとスリッページ率を開示

AXIORYの取引データの開示には透明性の高い経営姿勢が表れており、海外FXユーザーから高く評価されています。

約定スピードとスリッページ率、リアルタイムスプレッドの公開は、最高の取引インフラを提供することの証明となり、AXIORYの自信の表れとも言えるでしょう。

海外FX業者が開示している過去の平均スプレッドは、実際にトレードした際に広く乖離することがあるため信用性に欠けます。

その一方AXIORYでは、業界最狭水準のスプレッドに加えて、0.179秒以下で98.4%の注文を執行する約定力がデータで証明されています。

最先端技術を取り入れてユーザーファーストを追究するAXIORYの取引インフラをぜひ活用してください。

AXIORYのスプレッドが広がる時間帯

AXIORY(アキシオリー)を含めて変動制スプレッドを採用するFX業者では、特定の時間帯でスプレッドが広くなります

上記の時間帯にエントリーをすると、広がったスプレッド分だけ含み損が大きくなるので注意です。

日本時間の早朝(5~7時台)

AXIORYでスプレッドが広がる時間帯は、欧米が夏時間のときは5時台後半から7時台、冬時間のときは6時台後半から7時台です。

米国市場の閉場直前から東京市場の開場1時間前までが目安になります。

3月31日の4時半から11時におけるドル円・1分足のスプレッドをグラフ化しました。赤色が最大スプレッド、緑色が平均スプレッド、青色が最小スプレッドです。

日本時間の早朝に広がったドル円のスプレッド

ドル円以外の全商品・全銘柄も同様で、6時を前にしてスプレッドが大きく広がります。

日本時間の早朝にスプレッドが広がる現象はAXIORYに限らず、全ての海外FX業者に共通しています。米国の株式市場が閉場に近づくにつれて、流動性が低下することが原因です。

流動性とは:取引がどれくらい行われているかを表す尺度で、売買が成立しやすいかを示します。

FXができる外国為替市場では、大手金融機関(リクイディティプロバイダー)からの価格提供が激減します。

再び流動性が回復するのは、東京市場が開場する日本時間9時以降のため、夏時間と冬時間合わせて5~7時台はスプレッドが広がりやすくなります

AXIORYでは6時直前にスプレッドが広がった後、7時以降には狭いスプレッドに落ち着いて安定しています。

流動性不足によるスプレッドの広がりは避けられないため、競合業者と比較するときには、スプレッドが落ち着いてからの安定性にも注目してください。

重要な経済指標が発表される時間の前後

経済指標が発表される時間の前後は売買が控えられるため、流動性が低下してスプレッドが広がりやすくなります

重要な経済指標は、金融政策・景気・物価・雇用の4つに分類され、時期に応じて注目度が異なります。2022年は「インフレ抑制」がテーマになり、米国労働者の時給にまで焦点が当たりました。

下記の一般的な重要経済指標とともに、市場が注目する旬な指標発表の前後はスプレッドが広がるので注意してください。

分類経済指標
金融政策中央銀行の政策金利など
景気GDP(国内総生産)など
物価CPI(消費者物価指数)など
雇用雇用統計など
スプレッドが広がる重要経済指標の例

イベント発生時とサプライズ報道直後

突発的なイベント発生時と、予想だにしないサプライズ報道直後もスプレッドが広がります。価格が一方的に動いて新規注文のポジションが偏り、流動性が失われることが原因です。

地政学的リスクが発生した際のリスクオフの円買いが有名です。円高方向に傾いた後、価格の方向性が分からずにトレードが控えられて流動性が滞り、スプレッドが広がります。

また中央銀行関係者など、FXへの影響力が高い人物が外国為替市場に与えるインパクトは絶大です。かつて黒田バズーカー発射後のドル円は、ボラティリティが高まりスプレッドが広がりました。

いずれも予想できないため、スプレッドが広がった後の保有ポジションの対処法だけでも事前に決めておきましょう。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYの最狭スプレッドは大口のスキャルピングにおすすめ

1回あたり数億円単位の金額でスキャルピングをする方に、AXIORYのナノ/テラ口座はおすすめです。

業界最狭スプレッドを可能にするシステム」で解説した通り、潤沢な流動性が確保された時間帯にはインターバンク市場と同等の条件でスキャルピングできます。

AXIORYの最大取引数量は1回あたり1,000ロット(1億通貨)で、ポジションの保有数量に制限がありません

リクイディティプロバイダーからの流動性が枯渇しない限り約定させることが約束され、約定スピードとスリッページは取引統計として公開されています。

  • スリッページ幅:-0.1 ~ 0.2pips内で70%弱が約定
  • 約定スピード:140ms以上 ~ 179ms以下で98.4%が約定 ※1ms = 1,000分の1秒

流動性が低下する時間帯では約定スピードが180ms以上でスリッページが生じ始めるため、上記の「スプレッドが広がる時間帯(流動性が低下する時間帯)」に留意してください。

ナノ口座でcTraderを使えば板取引ができるので、0.1pips単位の板情報を確認しながら数百万通貨単位

のポジションコントロールが容易になります。

AXIORYは狭いスプレッドを提供するのみでなく、高速かつ安定した約定力と最大1,000ロットのスケール力でスキャルピングの大口取引におすすめです。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYのリアルタイムスプレッドの表示方法(見方)

AXIORY(アキシオリー)の全銘柄に共通するリアルタイムスプレッドの表示方法を説明します。

STEP
MT4/MT5を起動して気配値を表示する
MT4/MT5で気配値を表示する

MT4/MT5を起動した後、画面上の「表示」をクリックしてから「気配値表示」を選びます。

STEP
気配値表示にスプレッドを表示する
MT4/MT5の気配値パネルにスプレッドを表示する

気配値表示のパネル上で右クリックをした後「スプレッド」を選びます。

STEP
スプレッドが表示された気配値
スプレッドが表示された気配値表示のパネル

銘柄ごとにリアルタイムスプレッドが表示されます。MT4/MT5の気配値には10倍の数値が示されるため、10で割った値が実際のスプレッドになります。

AXIORYのスプレッドに関する注意点

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドに関する注意点を5つにまとめました。

余計なコスト負担を防ぐためにも、順番に確認していきましょう。

取引手数料を加えて取引コストで比較する

AXIORYに支払うコストを少しでも安くするには、取引する銘柄ごとに取引コストを比較する必要があります。

取引コストはスプレッドに取引手数料を加えた合計のコストのことで、商品や銘柄で異なります。

一例としてFXと貴金属CFDの4銘柄の取引コストをご覧ください。

スクロールできます
商品または銘柄スタンダード口座ナノ/テラ口座
FX通貨ペア無料往復6ドル/ロット
ゴールド
(XAUUSD)
無料往復6ドル/ロット
シルバー
(XAGUSD)
無料往復6ドル/ロット
パラジウム
(XPDUSD)
無料無料
プラチナ
(XPTUSD)
無料無料
FXと貴金属CFDの取引コスト

FXの取引手数料は一律で決められていますが、貴金属CFDは銘柄によって違います。

全商品・全銘柄において、通常ナノ/テラ口座の取引コストはスタンダード口座よりも安くなる仕様です。

ただし、取引する銘柄によってはスタンダード口座のほうが取引コストが安くなる可能性もあることから、定期的にスプレッドと取引手数料を確認するのが良いでしょう。

スプレッドが広がる時間帯を避ける

スプレッドが広がる時間帯にエントリーしただけで、広がったスプレッド分のコストを余計に支払わなければなりません

ナノ/スプレッド口座でドル円のスプレッドが0.4pipsほどで推移していたのに、6:00頃にエントリーしただけでスプレッドが5pipsを超える(1ロット・10万通貨で5,000円超の含み損)事態が起こります。

日本時間の早朝はAXIORYのスプレッドも広がるので、以下の時間帯はトレードをしないようにしましょう。

  • 欧米の夏時間:3月の第2日曜日~11月第1日曜日、5時台後半から7時台
  • 欧米の冬時間:11月第1日曜日~3月第2日曜日、6時台後半から7時台

日本はサマータイム制度がないため、夏時間における7時台の流動性の低さが冬時間の8時台へとそのままスライドしませんが、大口取引は東京市場が開場してからをおすすめします。

米国市場が閉まる前からスプレッドが広がり始めることに注意してください。

雇用統計などの重要経済指標の前後も注意

早朝の拡大スプレッドのほか、特に米国が発表する雇用統計や非農業部門雇用者数など、重要な経済指標の前後にも注意してください。

発表前は売買が手控えられて流動性が低下し、発表後は一方的な価格の動きに対して方向感が定まらずにスプレッドが開いた状態が続きます。

結果発表からしばらくして通常のスプレッドに戻るので、それまではエントリーを控えましょう。

雇用統計やFOMCなど重要な経済指標は、「みんかぶ」などのニュースサイトで確認できます。

相場急変時はリアルタイムスプレッドを確認する

相場が急変したときは短時間に大きく稼げるチャンスですが、リアルタイムスプレッドが広がっているので注意です。

米国FRB議長の発言やFOMCの政策金利など、イベント前後のボラティリティに合わせてエントリーしたものの「表示レートから10pips分の含み損を抱えてた」なんてことが起こります。

AXIORYの公式サイトに掲載されている経済指標・予測カレンダーなどを参考にして、不用意なリスクを取らないようにしましょう。

取引画面のスプレッドには取引手数料が含まれていない

取引プラットフォーム「MT4/MT5とcTrader」の取引画面に表示されるスプレッドには、取引手数料が含まれません

FXの場合、スタンダード口座は無料ですが、ナノ/テラ口座では1件あたり往復6ドル/ロットの取引手数料が発生します。

スクロールできます
商品または銘柄スタンダード口座ナノ/テラ口座アルファ口座
FX通貨ペア無料往復6ドル/ロット
貴金属CFD無料往復6ドル/ロット
エネルギーCFD無料往復6ドル/ロット
株価指数CFD無料往復6ドル/ロット
日本株式CFD無料0.12%または
往復3,000円
米国株式CFD無料~150ロット:往復12ドル
150ロット~:往復0.08ドル
英国株式CFD無料取引価格/ロット × ロット数 × 0.08 %
または往復16ユーロ/ポンド
現物株式往復3ドル〜
EFT往復3ドル〜
FXとCFDの取引コスト

CFDは商品と銘柄により異なるため、公式サイトで確認しましょう。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYの全銘柄スプレッド一覧

AXIORY(アキシオリー)の「スタンダード口座」「ナノ口座」「テラ口座」で取引できる5つの商品のスプレッド一覧を紹介します。

まずはスプレッド一覧の見方に共通する5つのポイントをご覧ください。

  • ナノ口座とテラ口座は全商品・全銘柄で同じスプレッドになる
  • ナノ/テラ口座のスプレッドは取引手数料をスプレッドに換算して加算(取引コストを表示)
  • 特定の口座で特定の銘柄のスプレッドが極端に広く/狭く設定されていない
  • 流動性が高い時間帯はスプレッドがさらに狭くなることが多々ある
  • リアルトレードでは掲載スプレッドより上下20%の変動を目安にする

例外があれば補足説明していますので、トレード対象について参考にしてください。なおクロス円以外の合成通貨(※)は取引手数料を加算していません。

FX通貨ペアのスプレッド・手数料一覧

シンボル(銘柄)スタンダード口座ナノ/テラ口座
AUDCAD
(豪ドル/カナダドル)
2.4pips1.6pips
(1+$6)
AUDCHF
(豪ドル/スイスフラン)
2.4pips1.4pips
(0.8+$6)
AUDJPY
(豪ドル/日本円)
2.1pips1.2pips
(0.6+$6)
AUDNZD
(豪ドル/ニュージードル)
2.6pips1.6pips
(1+$6)
AUDSGD
(豪ドル/シンガポールドル)
10.2pips8.9pips
(8.3+$6)
AUDUSD
(豪ドル/米ド)ル
1.7pips1pips
(0.4+$6)
AUDZAR
(豪ドル/南アフリカランド)
126.9pips98.5pips
(97.9+$6)
CADCHF
(カナダドル/スイスフラン)
2.6pips1.7pips
(1.1+$6)
CADJPY
(カナダドル/日本円)
2.3pips1.4pips
(0.8+$6)
CHFHUF
(スイスフラン/ハンガリーフォリント)
32.2pips19.4pips
(18.8+$6)
CHFJPY
(スイスフラン/日本円)
2.2pips1.5pips
(0.9+$6)
CHFZAR
(スイスフラン/南アフリカランド)
187.9pips125.5pips
(124.9+$6)
EURAUD
(ユーロ/豪ドル)
2pips1.5pips
(0.9+$6)
EURCAD
(ユーロ/カナダドル)
2.5pips1.7pips
(1.1+$6)
EURCHF
(ユーロ/スイスフラン)
2.1pips1pips
(0.4+$6)
EURCZK
(ユーロ/チェココルナ)
17.7pips10.1pips
(9.5+$6)
EURGBP
(ユーロ/ポンド)
1.6pips1.1pips
(0.5+$6)
EURHUF
(ユーロ/ハンガリーフォリント)
35pips16.2pips
(15.6+$6)
EURJPY
(ユーロ/日本円)
1.7pips1pips
(0.4+$6)
EURMXN
(ユーロ/メキシコペソ)
159.4pips119pips
(118.4+$6)
EURNOK
(ユーロ/ノルウェークローネ)
135.7pips30.2pips
(29.6+$6)
EURNZD
(ユーロ/ニュージードル)
3.4pips2.7pips
(2.1+$6)
EURPLN
(ユーロ/ポーランドズロチ)
20.6pips14pips
(13.4+$6)
EURRUB
(ユーロ/ロシアルーブル)
2664.3pips505.7pips
(505.1+$6)
EURSEK
(ユーロ/スウェーデンクローナ)
70.2pips23.6pips
(23+$6)
EURSGD
(ユーロ/シンガポールドル)
10pips9.4pips
(8.8+$6)
EURTRY
(ユーロ/トルコリラ)
324.7pips97.6pips
(97+$6)
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1.3pips0.8pips
(0.2+$6)
EURZAR
(ユーロ/南アフリカランド)
146pips112.8pips
(112.2+$6)
GBPAUD
(ポンド/豪ドル)
3.4pips1.8pips
(1.2+$6)
GBPCAD
(ポンド/カナダドル)
3.2pips1.8pips
(1.2+$6)
GBPCHF
(ポンド/スイスフラン)
2.8pips1.9pips
(1.3+$6)
GBPJPY
(ポンド/日本円)
2.3pips1.3pips
(0.7+$6)
GBPNZD
(ポンド/ニュージードル)
4.5pips2.9pips
(2.3+$6)
GBPSGD
(ポンド/シンガポールドル)
10.7pips9pips
(8.4+$6)
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.8pips0.9pips
(0.3+$6)
GBPZAR
(ポンド/南アフリカランド)
199.4pips119pips
(118.4+$6)
NOKSEK
(ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ)
34.6pips2.5pips
(1.9+$6)
NZDCAD
(ニュージードル/カナダドル)
2.8pips1.9pips
(1.3+$6)
NZDCHF
(ニュージードル/スイスフラン)
2.5pips1.6pips
(1+$6)
NZDJPY
(ニュージードル/日本円)
2.4pips1.6pips
(1+$6)
NZDSEK
(ニュージードル/スウェーデンクローナ)
54pips15.9pips
(15.3+$6)
NZDSGD
(ニュージードル/シンガポールドル)
10.4pips9.1pips
(8.5+$6)
NZDUSD
(ニュージードル/米ドル)
2.2pips1.3pips
(0.7+$6)
SGDJPY
(シンガポールドル/日本円)
6.8pips6.8pips
(6.2+$6)
TRYJPY
(トルコリラ/日本円)
8.7pips7.5pips
(6.9+$6)
USDCAD
(米ドル/カナダドル)
2.2pips1.5pips
(0.9+$6)
USDCHF
(米ドル/スイスフラン)
2.1pips1.3pips
(0.7+$6)
USDCZK
(米ドル/チェココルナ)
9.9pips7.7pips
(7.1+$6)
USDHKD
(米ドル/香港ドル)
37.5pips33.1pips
(32.5+$6)
USDHUF
(米ドル/ハンガリーフォリント)
24.6pips12.9pips
(12.3+$6)
USDILS
(米ドル/イスラエルシュケル)
107pips25.1pips
(24.5+$6)
USDJPY
(米ドル/日本円)
1.5pips0.9pips
(0.3+$6)
USDMXN
(米ドル/メキシコペソ)
142.5pips102.5pips
(101.9+$6)
USDNOK
(米ドル/ノルウェークローネ)
104.2pips23pips
(22.4+$6)
USDPLN
(米ドル/ポーランドズロチ)
9.9pips4.5pips
(3.9+$6)
USDRUB
(米ドル/ロシアルーブル)
2214.8pips513.6pips
(513+$6)
USDSEK
(米ドル/スウェーデンクローナ)
27.2pips12.7pips
(12.1+$6)
USDSGD
(米ドル/シンガポールドル)
9.5pips8.6pips
(8+$6)
USDTRY
(米ドル/トルコリラ)
452.5pips288.8pips
(288.2+$6)
USDZAR
(米ドル/南アフリカランド)
187.2pips85.6pips
(85+$6)
ZARJPY
(南アフリカランド/日本円)
6.6pips6pips
(5.4+$6)
FX通貨ペアのスプレッド・手数料一覧

ナノ/テラ口座の数値は取引手数料(往復6ドル/ロット)を加算したスプレッドです。スタンダード口座は全銘柄で無料です。

FX通貨ペアのスプレッドは3つのポイントを押さえましょう。

  • ナノ/スプレッド口座はスタンダード口座よりも取引コストが安い
  • 高金利通貨のトルコリラ/メキシコペソ/南アフリカランドのスプレッドが広い
  • 主要通貨(USD・JPY・EUR・GBP)の他「AUD・NZD・CAD・CHF」を加えた8つのクロス通貨のスプレッドも狭い

取引コストの安さより、AXIORYでスキャルピングをするならナノ口座またはテラ口座を利用しましょう。

3大高金利通貨はスワップポイントを稼ぐための長期投資におすすめです。短期トレードではスプレッドコストが高くなることに注意してください。

豪州/欧米時間に取引量が増えるAUD、NZD、CAD、CHFのクロス通貨のスプレッドも狭いので、流動性が確認されれば大口取引にも活かせます。

合成通貨の取引手数料をスプレッドに換算する方法

合成通貨の取引手数料をスプレッドに換算する方法は、クロス円と同様の計算式を使います。AXIORYでは利益の計算方法を用いて取引手数料をpipsに換算しています。

利益額 =(クローズ価格 ー オープン価格)× 契約サイズ × ロット

ドル円などのクロス円を米ドルに換算する計算式は次の通りです。

利益額 =(クローズ価格 ー オープン価格)× 契約サイズ × ロット× 日本円から米ドルへの換算レート

利益額に取引手数料6ドルを代入します。ドル円を130円として、1ロット(10万通貨)分の取引を計算します。

6 =(クローズ価格 ー オープン価格)× 100,000通貨 × 1ロット ×(1ドル ÷ 130円)
⇔ クローズ価格 ー オープン価格 = 0.0078 → 0.78 pips

以上より、ドル円が130円のとき、往復6ドル/ロットのスプレッドは0.78pipsと換算されます。

合成通貨についても日本円から米ドルへの換算と同様です。最新の為替レートはAXIORYの「取引計算シミュレーター」をご利用ください。

貴金属(ゴールドなど)のスプレッド・手数料一覧

シンボル(銘柄)スタンダード口座ナノ/テラ口座
XAUUSD
(ゴールド/米ドル)
3.3pips2.1pips
(1.5+$6)
XAGUSD
(シルバー/米ドル
3.2pips1.7pips
(1.1+$6)
XPDUSD
(パラジウム/米ドル
170.8pips123.7pips
(※)手数料無料
XPTUSD
(プラチナ/米ドル
40.3pips29.5pips
(※)手数料無料
貴金属CFDのスプレッド・手数料一覧

ナノ/テラ口座について、パラジウムとプラチナの取引手数料は無料ですが、ゴールドとシルバーには往復6ドル/ロットかかります。スタンダード口座の取引手数料は全銘柄で無料です。

貴金属CFDのスプレッドは2つのポイントを押さえておきましょう。

  • ゴールドとXAGUSDの取引コストはナノ/スプレッド口座がスタンダード口座よりも安い
  • パラジウムとプラチナをゴールドのように短期トレードの対象にしない
  • ロンドン時間のスプレッドは東京時間よりも狭い

貴金属CFDのスプレッドは時間帯による違いが大きく表れます。ロンドン時間をメインに取引されるゴールドに合わせた設計でしょう。

海外FXではゴールドも大人気で、業者が低スプレッドを競い合っています。流動性が高くてスキャルピングにもおすすめですが、同じ考えでパラジウムとプラチナをトレードしないようにしましょう。

なお人気のゴールドでさらに狭いスプレッドを求める方や、貴金属CFDをメインにする方はExnessやXMが取引コストが安くておすすめです。

海外FXのゴールド取引環境を比較した結果を別ページにまとめているので、興味があればご覧ください。

エネルギーのスプレッド・手数料一覧

シンボル(銘柄)スタンダード口座ナノ/テラ口座
CL
(WTI原油)
4.0pips4.0pips
NGAS
(天然ガス)
6.8pips6.8pips
BRENT
(ブレント原油)
4.2pips4.2pips
CL.i
(WTI原油インデックス)
4.0pips4.0pips
BRENT.i
(ブレント原油インデックス)
4.2pips4.2pips
エネルギーCFDのスプレッド・手数料一覧

ナノ/テラ口座のエネルギーCFDの取引手数料は、スタンダード口座と同じく全銘柄で無料です。スプレッドが同じため、取引コストに差がありません。

エネルギー価格には、需給・OPEC・政情不安・経済指標・市場心理の5大指標の影響がFXよりも大きく表れます。

中長期~ポジショントレードのポートフォリオとして、エネルギーCFDをお役立てください。

株価指数のスプレッド・手数料一覧

シンボル
(銘柄)
スタンダード口座ナノ/テラ口座
CAC
(フランス40)
2.2pips2.0pips
DAX
(ドイツ40)
1.2pips1.1pips
STOXX50
(ユーロ50)
2.2pips2.0pips
FTSE
(イギリス100)
2.0pips1.8pips
ASX
(オーストラリア200)
3.7pips3.3pips
NIKKEI
(日経225)
8.0pips7.0pips
NSDQ
(ナスダック100)
1.9pips1.8pips
SP
(S&P500)
0.6pips0.5pips
DOW
(NYダウ)
7.6pips6.6pips
HK50
(香港ハンセン50)
5.7pips5.4pips
株価指数CFDのスプレッド・手数料一覧

ナノ/テラ口座の株価指数CFDの取引手数料は、スタンダード口座と同じく全銘柄で無料です。

株価指数CFDのスプレッドは2つのポイントを押さえておきましょう。

  • ナノ/テラ口座のスプレッドはスタンダード口座よりも狭い
  • 欧米の株価指数のスプレッドが狭い

AXIORYは欧米先進国の主要株価指数を低スプレッドで提供しています。

流動性が乏しい銘柄のスプレッドを極端に広げる業者がある中、AXIORYの株価指数CFDは全銘柄で満遍なくスプレッドが狭いことが分かります。

欧米と日経225の流動性は高く、FXと同様のチャート分析が使えるので、スプレッドが狭い株価指数CFDでトレードのチャンスを広げていきましょう。

株式CFDのスプレッド・手数料一覧

シンボル(銘柄略称)スタンダード口座ナノ/テラ口座
Apple
[AAPL]
0.095pips0.095pips
Adobe
[ADBE]
0.495pips0.495pips
Autodesk
[ADSK]
0.278pips0.278pips
American International Group
[AIG]
0.081pips0.081pips
Advanced Micro Devices
[AMD]
0.024pips0.024pips
Amazon.com
[AMZN]
0.038pips0.038pips
Broadcom
[AVGO]
0.402pips0.402pips
American Express Company
[AXP]
0.087pips0.087pips
Boeing Company
[BA]
0.177pips0.177pips
Alibaba Group Holding
[BABA]
0.026pips0.026pips
Bank of America Corp
[BAC]
0.029pips0.029pips
Booking Holdings
[BKNG]
3.579pips3.579pips
Blackrock
[BLK]
0.955pips0.955pips
Berkshire Hathaway class B
[BRK.B]
0.091pips0.091pips
Citigroup
[C]
0.038pips0.038pips
Caterpillar
[CAT]
0.197pips0.197pips
CME Group
[CME]
0.117pips0.117pips
Costco Wholesale Corp
[COST]
0.457pips0.457pips
Salesforce.com
[CRM]
0.197pips0.197pips
Cisco Systems
[CSCO]
0.034pips0.034pips
Chevron Corp
[CVX]
0.055pips0.055pips
Walt Disney Company
[DIS]
0.057pips0.057pips
eBay
[EBAY]
0.053pips0.053pips
Equinix
[EQIX]
1.96pips1.96pips
Ford Motor Company
[F]
0.042pips0.042pips
FedEx Corp
[FDX]
0.155pips0.155pips
General Electric Company
[GE]
0.078pips0.078pips
General Mills
[GIS]
0.039pips0.039pips
General Motors Company
[GM]
0.057pips0.057pips
Alphabet
[GOOGL]
0.051pips0.051pips
Goldman Sachs Group
[GS]
0.095pips0.095pips
Home Depot
[HD]
0.21pips0.21pips
Hilton Worldwide Holdings
[HLT]
0.111pips0.111pips
Honeywell International
[HON]
0.039pips0.039pips
HP
[HPQ]
0.027pips0.027pips
International Business Machines Corp
[IBM]
0.032pips0.032pips
Intel Corp
[INTC]
0.031pips0.031pips
Johnson & Johnson
[JNJ]
0.061pips0.061pips
JPMorgan Chase & Co
[JPM]
0.025pips0.025pips
Coca-Cola Company
[KO]
0.041pips0.041pips
Lockheed Martin Corp
[LMT]
0.555pips0.555pips
Mastercard
[MA]
0.279pips0.279pips
McDonald”s Corp
[MCD]
0.311pips0.311pips
Moody’s Corp
[MCO]
0.195pips0.195pips
Mondelez International
[MDLZ]
0.032pips0.032pips
3M Company
[MMM]
0.053pips0.053pips
Microsoft Corp
[MSFT]
0.388pips0.388pips
Micron Technology
[MU]
0.036pips0.036pips
Netflix
[NFLX]
0.255pips0.255pips
Nike
[NKE]
0.034pips0.034pips
NVIDIA Corp
[NVDA]
1.059pips1.059pips
Oracle Corp
[ORCL]
0.093pips0.093pips
PepsiCo
[PEP]
0.072pips0.072pips
Pfizer
[PFE]
0.039pips0.039pips
Procter & Gamble Company
[PG]
0.061pips0.061pips
Philip Morris International
[PM]
0.071pips0.071pips
Prudential Financial
[PRU]
0.067pips0.067pips
PayPal Holdings
[PYPL]
0.053pips0.053pips
Qualcomm
[QCOM]
0.034pips0.034pips
Starbucks Corp
[SBUX]
0.027pips0.027pips
Schlumberger Limited
[SLB]
0.052pips0.052pips
AT&T
[T]
0.021pips0.021pips
Teva Pharmaceutical Industries Limited
[TEVA]
0.025pips0.025pips
Target Corp
[TGT]
0.117pips0.117pips
T-Mobile US
[TMUS]
0.069pips0.069pips
Tractor Supply Company
[TSCO]
0.19pips0.19pips
Tesla
[TSLA]
0.08pips0.08pips
Raytheon Technologies Corp
[RTX]
0.025pips0.025pips
VISA
[V]
0.087pips0.087pips
Verizon Communications
[VZ]
0.034pips0.034pips
Western Digital Corp
[WDC]
0.059pips0.059pips
Wells Fargo & Co
[WFC]
0.022pips0.022pips
Walmart
[WMT]
0.056pips0.056pips
Exxon Mobil Corp
[XOM]
0.03pips0.03pips
Covestro AG
[1COV]
560pips560pips
Mercedes-Benz Group AG
[MBG]
322pips322pips
Shell PLC
[SHEL]
166pips166pips
Meta Platforms, Inc.
[META]
1310pips1310pips
GRMN0.109pips0.109pips
株式CFDのスプレッド・手数料一覧

スタンダード口座の取引手数料について、株式CFDのみナノ/テラ口座と同じ金額が発生します。

上表のスプレッドには取引手数料分のスプレッドが加算されていません。株式CFDの取引手数料は取引数量が増えることで安くなる2段階方式です。

銘柄取引手数料(往復)最低取引手数料(往復)
日本企業0.24%3,000円
米国企業0.08ドル
(151ロット以上)
12ドル
(150ロット以下)
欧米企業取引価格/ロット × ロット数 × 0.08 %16ユーロ(ポンド)
株式CFDの取引手数料

株式CFDの取引コスト(スプレッド+取引手数料)は、上表のスプレッド分のコストに加えて取引数量に応じた取引手数料が加算されます。

株式CFDのスプレッドは、ナノ/テラ口座が狭くなる時間帯もありますが、概ねスタンダード口座と同じです。

公式サイトのリアルタイムスプレッドは株式CFDのリアルタイムスプレッドのみ異常値(※)を表示し続けることがあるようなので「リアルタイムスプレッドの表示方法」を参考にして、MT4/MT5から確認しましょう。

現物株式のスプレッド・手数料一覧

米国株式銘柄
銘柄(シンボル)スプレッド
3M Company
[MMM.XNYS]
0.1pips
Activision Blizzard
[ATVI.XNAS]
0.002pips
Adobe
[ADBE.XNAS]
0.0004pips
Advanced Micro Devices
[AMD.XNAS]
0.01pips
Alibaba Group Holding, ADR
[BABA.XNYS]
0.001pips
Alphabet
[GOOGL.XNAS]
0.004pips
Amazon.com
[AMZN.XNAS]
0.001pips
American Express Company
[AXP.XNYS]
0.00015pips
American International Group
[AIG.XNYS]
0.003pips
Apple
[AAPL.XNAS]
0.001pips
AT&T
[T.XNYS]
0.005pips
Autodesk
[ADSK.XNAS]
0.0003pips
Banco Bilbao Vizcaya Argentaria SA, ADR
[BBVA.XNYS]
5.4pips
Banco Santander SA, ADR
[SAN.XNYS]
0.001pips
Bank of America Corp
[BAC.XNYS]
0.004pips
Berkshire Hathaway class B
[BRK.B.XNYS]
0.1pips
Blackrock
[BLK.XNYS]
0.01pips
Boeing Company
[BA.XNYS]
0.01pips
Booking Holdings
[BKNG.XNAS]
0pips
Broadcom
[AVGO.XNAS]
0.06pips
Caterpillar
[CAT.XNYS]
0.01pips
Chevron Corp
[CVX.XNYS]
0.01pips
Cisco Systems
[CSCO.XNAS]
0.92pips
Citigroup
[C.XNYS]
0pips
CME Group
[CME.XNAS]
0pips
Coca-Cola Company
[KO.XNYS]
0.01pips
Costco Wholesale Corp
[COST.XNAS]
0.05pips
eBay
[EBAY.XNAS]
0.06pips
Equinix
[EQIX.XNAS]
0.01pips
Exxon Mobil Corp
[XOM.XNYS]
0.01pips
FedEx Corp
[FDX.XNYS]
0.12pips
Ford Motor Company
[F.XNYS]
0.01pips
Garmin Ltd
[GRMN.XNYS]
0.04pips
General Electric Company
[GE.XNYS]
0.01pips
General Mills
[GIS.XNYS]
0.03pips
General Motors Company
[GM.XNYS]
0.02pips
Goldman Sachs Group
[GS.XNYS]
0.01pips
Hilton Worldwide Holdings
[HLT.XNYS]
0.01pips
Home Depot
[HD.XNYS]
0.08pips
Honeywell International
[HON.XNAS]
0.01pips
HP
[HPQ.XNYS]
0.02pips
Intel Corp
[INTC.XNAS]
0.03pips
International Business Machines Corp
[IBM.XNYS]
0.03pips
Johnson & Johnson
[JNJ.XNYS]
0.01pips
JPMorgan Chase & Co
[JPM.XNYS]
0.01pips
Lockheed Martin Corp
[LMT.XNYS]
0.01pips
Mastercard
[MA.XNYS]
0.16pips
McDonald’s Corp
[MCD.XNYS]
0.11pips
Meta Platforms, Inc.
[META.XNAS]
0.03pips
Micron Technology
[MU.XNAS]
0.04pips
Microsoft Corp
[MSFT.XNAS]
0.01pips
Mondelez International
[MDLZ.XNAS]
0.01pips
Moody’s Corp
[MCO.XNYS]
0.01pips
Netflix
[NFLX.XNAS]
0.02pips
Nike
[NKE.XNYS]
0.01pips
NVIDIA Corp
[NVDA.XNAS]
0.01pips
Oracle Corp
[ORCL.XNYS]
0.01pips
PayPal Holdings
[PYPL.XNAS]
0.01pips
PepsiCo
[PEP.XNAS]
0.01pips
Pfizer
[PFE.XNYS]
0.03pips
Philip Morris International
[PM.XNYS]
0.04pips
Procter & Gamble Company
[PG.XNYS]
0.01pips
Prudential Financial
[PRU.XNYS]
0.01pips
Qualcomm
[QCOM.XNAS]
0.01pips
Raytheon Technologies Corp
[RTX.XNYS]
0.01pips
Salesforce.com
[CRM.XNYS]
0.05pips
Schlumberger Limited
[SLB.XNYS]
0.015pips
Starbucks Corp
[SBUX.XNAS]
0.02pips
T-Mobile US
[TMUS.XNAS]
0.004pips
Target Corp
[TGT.XNYS]
0pips
Telefonica SA, ADR
[TEF.XNYS]
0.005pips
Tesla
[TSLA.XNAS]
0.01pips
Teva Pharmaceutical Industries Limited, ADR
[TEVA.XNYS]
0.02pips
Tractor Supply Company
[TSCO.XNAS]
0.003pips
Verizon Communications
[VZ.XNYS]
0.03pips
VISA
[V.XNYS]
0.04pips
Walmart
[WMT.XNYS]
0pips
Walt Disney Company (The)
[DIS.XNYS]
0.02pips
Wells Fargo & Co
[WFC.XNYS]
0.04pips
Western Digital Corp
[WDC.XNAS]
0.04pips
米国株式銘柄のスプレッド・手数料一覧
欧州株式銘柄
銘柄(シンボル)スプレッド
Ahold Delhaize
[AD.XAMS]
0.005pips
Adidas AG
[ADS.XETR]
0.006pips
Allianz SE
[ALV.XETR]
0.01pips
ASML Holding
[ASML.XAMS]
0.003pips
Barclays Plc
[BARC.XLON]
0.001pips
BASF
[BAS.XETR]
0.2pips
Bayer AG
[BAYN.XETR]
0.02pips
Bayerische Motoren Werke AG
[BMW.XETR]
0.32pips
BP Plc
[BP.XLON]
0.31pips
British American Tobacco Plc
[BATS.XLON]
1.74pips
Burberry Group
[BRBY.XLON]
0.15pips
Commerzbank AG
[CBK.XETR]
0.04pips
Compagnie de Saint-Gobain
[COD.XLON]
0.01pips
Continental AG
[CON.XETR]
0.09pips
Deutsche Bank AG
[DBK.XETR]
0.01pips
Deutsche Lufthansa AG
[LHA.XETR]
0.01pips
Deutsche Post AG
[DPW.XETR]
0.01pips
Deutsche Telekom AG
[DTE.XETR]
0pips
E. ON SE
[EOAN.XETR]
0.03pips
Enel
[ENEL.XMIL]
0.01pips
Eni
[ENI.XMIL]
0.01pips
Ferrari NV
[RACE.XMIL]
0.01pips
Fresenius SE
[FRE.XETR]
0.39pips
GlaxoSmithKline Plc
[GSK.XLON]
0.01pips
HSBC Holdings Plc
[HSBA.XLON]
0.01pips
ING Group
[INGA.XAMS]
0.08pips
Intesa Sanpaolo
[ISP.XMIL]
0.03pips
Lloyds Banking Group Plc
[LLOY.XLON]
0.02pips
Marks & Spencer Group
[MKS.XLON]
0.01pips
Mercedes Benz Group
[MBG.XETR]
0.05pips
Munich Re
[MUV2.XETR]
0.02pips
Philips
[PHIA.XAMS]
0.01pips
Porsche Automobil Holding SE
[PAH3.XETR]
0.01pips
Rolls-Royce Holdings Plc
[RR.XLON]
0.01pips
Sainsbury (J) Plc
[SBRY.XLON]
0.06pips
SAP SE
[SAP.XETR]
0.01pips
Shell PLC
[SHEL.XLON]
0.02pips
Siemens AG
[SIE.XETR]
0.01pips
Unilever Plc
[ULVR.XLON]
0.2pips
Vodafone Group Plc
[VOD.XLON]
0.04pips
Volkswagen AG
[VOW.XETR]
0.15pips
欧州株式銘柄のスプレッド・手数料一覧

現物株式の取引手数料は、取引所ごとに計算方法が異なり以下のようになります。

米国株式の取引手数料

取引所最小取引手数料(往復)取引手数料(往復)
NYSE3ドル0.06ドル
NASDAQ3ドル0.06ドル
米国株式の取引手数料

米国株式の取引手数料は、取引ロット数に応じて算出されます。

1~50ロットは往復3ドル・51ロット以上は往復0.06ドルとなります。

欧州株式の取引手数料

欧州株式は、取引所・基軸通貨によってそれぞれ異なります。

取引所最小取引手数料(往復)取引手数料(往復)
XETRA700円
6.4ドル
5ユーロ
0.20%
ENXT AMSTERDAM700円
6.4ドル
5ユーロ
0.20%
MIB760円
7ドル
5.4ユーロ
0.30%
LSE650円
6ドル
5ユーロ
0.20%
日本円の場合の取引手数料

取引量に応じて取引手数料が算出されます。

例:LSE市場の株式を2ロット購⼊の場合(該当の株式の現在価格を10,000 JPYで計算)

2ロット×10,000 JPY(マーケット価格)×0.001=20 JPY

最⼩⼿数料以下となるので、⼿数料は650円(往復)となります。

ETFのスプレッド・手数料一覧

米国株式銘柄
銘柄(シンボル)スプレッド
ProShares Short S&P 500
[SH.ARCX]
0.01pips
ProShares Short Russell2000
[RWM.ARCX]
0.01pips
ProShares Short Dow30
[DOG.ARCX]
0pips
Proshares Short QQQ (NASDAQ)
[PSQ.ARCX]
0.01pips
ProShares UltraShort (2X) MSCI Brazil Capped
[BZQ.ARCX]
0.01pips
ProShares UltraShort (2x) FTSE Europe ETF
[EPV.ARCX]
0.01pips
ProShares UltraShort (2x) MSCI Japan
[EWV.ARCX]
0.06pips
ProShares UltraShort (2x) Crude Oil
[SCO.ARCX]
0.01pips
ProShares UltraLong (2x) Natural Gas
[BOIL.ARCX]
0.01pips
ProShares UltraShort (2x) Gold
[GLL.ARCX]
0.02pips
VanEck Vectors Social Sentiment ETF
[BUZZ.ARCX]
0.03pips
VanEck Vectors Video Gaming and eSports ETF
[ESPO.XNAS]
0.12pips
VanguardGlobal ex-U.S. Real Estate ETF
[VNQI.XNAS]
0.01pips
米国株式銘柄一覧
欧州株式銘柄
銘柄(シンボル)スプレッド
VIX Short-Term Futures ETF
[VIXY.XCBO]
0.01pips
iShares Core DAX UCITS ETF (DE)
[EXS1.XETR]
0.04pips
iShares FTSE 250 UCITS ETF
[MIDD.XLON]
0.006pips
iShares MSCI India ETF
[INDA.XCBO]
0.01pips
iShares MSCI Saudi Arabia Capped UCITS ETF
[IKSA.XLON]
0.013pips
iShares MSCI Eurozone ETF
[EZU.XCBO]
0.01pips
iShares Healthcare Innovation ETF USD
[HEAL.XLON]
0.01pips
iShares Global Water UCITS ETF
[DH2O.XLON]
0.09pips
iShares Digitalisation UCITS ETF
[DGTL.XLON]
0.0125pips
iShares Electric Vehicles and Driving Tech UCITS ETF
[ECAR.XLON]
0.01pips
iShares Agribusiness UCITS ETF
[ISAG.XLON]
0.04pips
iShares S&P 500 Information Technology Sector UCITS ETF
[IUIT.XLON]
0.02pips
欧州株式銘柄一覧

ETF銘柄は米国・欧州株式ごとに取引手数料・最低取引手数料が異なります。

米国株式の取引手数料

取引所最小取引手数料(往復)取引手数料(往復)
NYSE ARCA3ドル0.06ドル
NASDAQ3ドル0.06ドル
CBOE3.2ドル0.08ドル
米国株式の取引手数料

米国株式の取引手数料は、取引ロット数に応じて算出されます。

1~50ロットは往復3ドル・51ロット以上は往復0.06〜0.08ドルとなります。

欧州株式の取引手数料

欧州株式は、取引所・基軸通貨によってそれぞれ異なります。

取引所最小取引手数料(往復)取引手数料(往復)
XETRA700円
6.4ドル
5ユーロ
0.002%
LSE700円
6.4ドル
5ユーロ
0.002%
日本円の場合の取引手数料

取引量に応じて取引手数料が算出されます。

例:LSE市場の株式を2ロット購⼊の場合(該当の株式の現在価格を10,000 JPYで計算)

2ロット×10,000 JPY(マーケット価格)×0.001=20 JPY

最⼩⼿数料以下となるので、⼿数料は700円(往復)となります。

AXIORYのスプレッドに関するよくある質問

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドに関するよくある質問と回答をまとめます。

Q:AXIORYの現在のスプレッドの見方は?

A:AXIORYでスプレッドを確認する方法は「リアルタイムスプレッドの表示方法(見方)」を参考にしてください。

Q:AXIORYでスプレッドが狭いFX通貨ペアは?

A:AXIORYでスプレッドが狭い通貨ペアは、ユーロドル、ユーロ円、ドル円です。その後ポンドドルとポンド円が続き、いずれも業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

Q:AXIORYのスプレッドは海外FX業者と比較して狭い?

A:はい、AXIORYのスプレッドはスタンダード口座とナノ/テラ口座ともに、海外FX業者の同様のスペックの口座タイプと比較して狭いです。

Q:AXIORYのナノスプレッド口座のメリットは?

A:AXIORYのナノスプレッド口座のメリットを3つに絞ると「海外FX業界で最狭水準のスプレッド」「140ms以上 ~ 179ms以下で98.4%が約定する高速約定」「最大取引数量1,000ロット(1億通貨)を許容する約定力」です。

Q:AXIORYのナノスプレッド口座とスタンダード口座の違いは?

A:AXIORYのナノスプレッド口座とスタンダード口座の違いは、スプレッドの広狭と取引手数料の有無です。詳しくはAXIORYの口座タイプ比較のページをご覧ください。

Q:AXIORYでスプレッドが広がる時間は?

A:AXIORYでスプレッドが広がる時間は、欧米が夏時間のときは5時台後半から7時台、冬時間のときは6時台後半から7時台です。米国市場の閉場直前から東京市場開場の1時間前までが目安です。

Q:FXのスプレッドって何?

A:FXのスプレッドとは買値と売値の価格差です。ドル円の買値が100.050円、売値が100.000円のとき、スプレッドは5pipsまたは5銭となります。

Q:AXIORYはスプレッド0でトレードできる?

A:はい、AXIORYはスプレッド0でトレードできます。変動スプレッドなので、流動性が確保された時間帯にナノ/テラ口座でスプレッド0になる可能性が高くなります。

Q:AXIORYのスプレッドは広い?

A:いいえ、AXIORYのスプレッドは広くありません。詳細は「AXIORYのスプレッドと競合FX業者を比較」を参考にしてください。

\期間限定:最大3.5万円100%入金ボーナス!/

※公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次